備前・備中国境標石

(写真)備前・備中国境標石

早島の歴史は、宇喜多堤築堤に始まる児島湾干拓の歴史でもあります。
まちの南東に広がる干潟(後の興除新田)の開発をめぐり、備中の村々と対岸の備前児島の村々が激しく対立し、争いは、約100年にわたって繰り広げられました。
その結果、幕府は、もともとあった備中方の新田の堤を備前・備中の国境とし、それより南の干潟と海は備前領とする裁定が下しました。この干潟は、備前領の村々によって拓かれ「興除新田」と名づけられました。
備前・備中国境標石は、文化11年(1814)の裁許の後、国境を示すために建てられた10本のうちの1つです。

住所 早島町前潟742

お問い合わせ先
早島町役場 まちづくり企画課
〒701-0303 岡山県都窪郡早島町前潟596
電話番号:086-480-1560


お問い合わせはこちらから

みなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか。
内容は分かりやすかったですか。
役に立ちましたか。