清澄家住宅

(写真)清澄家住宅

明治41年(1908)建築の洋風2階建て住宅で、町内に残る唯一の明治洋風住宅です。眼科医院として建てられたもので、玄関を中心に両翼を張り出した左右対称の美しい景観を見せ、両翼を張り出したコの字の平面になっています(町指定重要文化財)。
外壁は、下見板張り、窓は上げ下げ窓とし各壁面に一つずつ開けられ、内部は和風部分と洋風部分とに分かれている。
玄関土間の天井は鋼板をプレスしたもの、診療室は打上げ天井、2階西側の小室は折上げ格天井にするなど特色ある天井となっています。
内部の改変も少なく、明治の雰囲気を今に伝える貴重な建物です。

住所 早島町早島344

みなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか。
内容は分かりやすかったですか。
役に立ちましたか。