教育委員会

早島から世界への扉を開く!~地域とつながり 未来を拓く 早島っ子の育成~

平成27年6月17日の「教育のまち・早島」宣言のもと、早島町学校教育ビジョンの実現に向けて、保育園・幼稚園・小学校・中学校の連携のため、「めざす子ども像」を共有し、情報連携や園児・児童・生徒の交流を一層深めています。また、小・中学校の義務教育9年間のカリキュラムの連続性・一体性のあるものにすることで、一つの「早島学園(通称)」として、子どもたちを一貫して教育していくために、現在、小中一貫教育を推進するための教育課程づくりや授業改善、総合的な学習の時間での「はやしま学」の探究活動の充実などに取り組んでいます。「地域とつながる」早島っ子とは、「早島町のことをよく知り、早島町の発展のために協力・協働でき、早島町を愛し続けることができる」子どものことであり、「未来を拓く」早島っ子とは、「確かな学力を身につけ、自主的・協働的に課題を解決できる力と、高い志をもち、世界でも活躍できる力を身につけた」子どものことです。子どもと学校を中心にして、すべての町民が学び合い、育ち合う環境をつくることで、子どもたちは早島で学ぶことを誇りに思い、町民も共に学び育つ地域を誇りに思います。このような「協働・協学・協育」の町づくりをめざし、学校の教育活動の再構築を行っています。

 

学校教育課

   

 

「わくわくする学び」と「いきいきとした地域」をめざして

早島町では、生涯学習の町づくりを進めるために、平成22年「早島町生涯学習推進計画」を策定し、早島町がめざす生涯学習のビジョンとして、「わくわくする学び」と「いきいきとした地域」を掲げました。「わくわくする学び」をめざすために、町民のみなさんの学習要求に応える講座・教室の提供や学習情報の発信、生涯学習関連施設の整備に取り組んでいきます。また、「いきいきとした地域」をめざし、町民一人一人が生涯学習を通じて豊かな人生を築き、その成果を積極的に地域に還元していけるよう、学びあい支えあえる地域社会づくりに取り組みます。

 

生涯学習課

 

教育長のあいさつ

このたび12月26日付けで教育長に就任いたしました徳山 順子です。これまでの教職生活での充実した日々とすべての出会いを宝物として、屋敷 欣一前教育長の思いや考えをしっかり引き継ぎながら、「協働・協学・協育」の町づくりをめざし、「教育のまち・早島」の具現化に尽力してまいる所存です。大きな夢の力とあきらめない心が私の誇りです。
早島は夢の宝島。地域愛と笑顔あふれるこの町で、夢や志、思いやりをもった子どもたちの健やかな成長を支援する教育課程・環境を創造してまいります。皆さんには早島ファミリーの一員として、学校園の力強い応援団になっていただくとともに、「世界を学びのキャンパス」として地域とのかかわり・つながりを大切にした、愛され信頼される「チーム学校」を全職員でめざします。挑戦と飛躍を胸に、ご支援・ご協力の程よろしくお願いいたします。

教育長 徳山順子

教育長 徳山順子写真