早島で「なんでも鑑定団」収録 町民らお宝の結果に笑いと驚き

観覧希望者の平均競争率はおよそ4.25倍に
 人気テレビ番組「開運!なんでも鑑定団」(テレビせとうちなどテレビ東京系)の出張鑑定の公開収録が10月23日に町民総合会館ゆるびの舎で行われました。町制施行120周年を記念したイベントで、会場には平均競争率およそ4.25倍をくぐり抜けた町民ら約500人が「お宝」をめぐる鑑定結果の行方を見守りました。 
 

松尾伴内氏の軽妙な司会に笑いが
 町内外の6人が、焼き物や掛け軸など自慢のお宝とともに登場し、入手したいきさつや購入額、お宝にまつわる話などを披露。各々自己評価額を設定しました。会場では出場者の友人、知人らが応援の横断幕を掲げ、タレント、松尾伴内氏の軽妙な司会ぶりに笑いが広がりました。鑑定士は中島誠之助氏、田中 大氏が務めました。
 

町内から林 作治氏と大橋喜代美氏が出品
 町へ申込のあったお宝出品希望者は、69人、お宝の数にして118件。テレビ局の審査の結果、放映は6人、6品に絞られました。町内からは、林作治氏が掛け軸、大橋喜代美氏が備前焼の抹茶茶碗を出品。お宝にくだされた意外な評価額に会場は笑いと驚きに包まれました。林氏も大橋氏も各々プレートを高々と掲げ、最後は笑顔となりました。
 

鑑定の模様はテレビせとうちで11月15日に放映予定です。

 

林 作治氏

古い掛け軸だからと燃やしていた人から無料で譲り受けた。町制120周年を記念して評価額を120万円に。

大橋 喜代美氏

主人が私に内緒で購入した抹茶茶碗の真贋のほどを確かめたい。

お問い合わせ先
早島町役場 まちづくり企画課
〒701-0303 岡山県都窪郡早島町前潟360-1
電話番号:086-482-0612

お問い合わせはこちらから

みなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか。
内容は分かりやすかったですか。
役に立ちましたか。