現在の位置

平成29年度古典文学講座「復曲能吉備津宮の世界」

平成29年度古典文学講座「復曲能吉備津宮の世界」の詳細
分野

講座

生涯学習,図書館,文化・芸術

復曲能吉備津宮の世界

復曲能吉備津宮の世界(PDF:693.9KB)

日時

8月19日(土曜日)8月26日(土曜日)
14時~15時30分 

場所 ゆるびの舎2階研修室
講師

木下 華子 氏

ノートルダム清心女子大学文学部日本語日本文学科准教授

内容
内容

2017年5月、観世流能楽師・林宗一郎氏によって復曲された能「吉備津宮」が後楽園能舞台で初披露されました。岡山市北区吉備津に鎮座する吉備津神社の縁起を語る神能(脇能)で、主題は桃太郎伝説のモデルとなった吉備津彦命による温羅退治です。あらすじは、朝廷から遣わされた「いさせり彦」が「吉備津火車」(=温羅)との攻防の末に「吉備津」の名を譲られ、「吉備津彦」と名乗るというものですが、珍しいことに、主人公(シテ)は勝者である吉備津彦ではなく、現在も吉備津神社内に祭られる吉備国の地主神・岩山の神。曲内では、敗者である「吉備津火車」の勇猛な戦いにスポットが当てられています。いわば、温羅側・吉備国側から見た桃太郎伝説の様相を呈しているのです。本講座では、そのような岡山ゆかりの能「吉備津宮」の世界をご紹介し、曲に込められた思いを読み解いてみたいと思います。

対象

定員45名

料金
500円(2回分)
申込み

申込必要

2017年06月10日~2017年08月26日

お問い合わせ先
早島町立図書館
〒701-0303 岡山県都窪郡早島町前潟370-1
電話番号:086-482-1513

お問い合わせはこちらから

みなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか。
内容は分かりやすかったですか。
役に立ちましたか。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要な場合があります。PDFファイルが閲覧できない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

イベント・講座・健診・相談

場面別で探す

  • 手続きナビゲーション
  • 妊娠・出産・子育て
  • 教育・文化
  • 就職・退職
  • 住まい・くらし
  • 結婚・離婚
  • 健康・医療
  • 高齢・介護
  • 障がい・福祉
  • おくやみ
  • その他