現在の位置

インフルエンザ警報を解除します

 平成29年1月26日に「インフルエンザ警報」が発令されましたが、患者発生数が減少を続け解除基準を満たしたため、平成29年3月23日に警報が解除され、「インフルエンザ注意報」に切り替わりました。

 なお、流行のピークは過ぎたもののしばらくはインフルエンザの流行は続くと思われますので、引き続き、外出後の手洗いを励行するなど感染の予防に気をつけましょう。

注意事項

インフルエンザの予防

・家に帰ったら、手洗いをしましょう。

・人混みに入る場合には、マスクを着用しましょう。

・特に高齢者や慢性疾患を持っている人などは、人混みを避けましょう。

・十分な睡眠、バランスの良い食事などに気を付けて、抵抗力をつけましょう。

・室内では、加湿器を使うなど適度な湿度を保ちましょう。

かかったかな?という時は

・早めに医療機関を受診し、確実に治療しましょう。

・できるだけ昼間に受診し、必ずマスクを着用して受診しましょう。

・周りの人にうつさないように「咳エチケット」を心がけましょう。

・水分を十分とり、安静にして休養をとりましょう。

・家庭に残っている解熱剤は勝手に使用しないで、医師に相談してください。

・乳幼児ではまれに脳症を起こすことがあります。次のような症状がみられるときは、すぐに医療機関に相談しましょう。・

○水分をとった後すぐに吐いてしまい元気がない。

○意識がはっきりせず、うとうとしている。

○けいれんを起こす。

・予防接種を受けた方でもかかることがありますので、油断せずに注意をしましょう。(ただし、予防接種を受けた場合は、受けなかった場合と比べて、かかっても軽症であるとされています。)

咳エチケット

・咳、くしゃみが出たら、他人にうつさないためにマスクを着用しましょう。マスクを持っていない場合は、ティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけ1m以上離れましょう。咳をしている人にマスクの着用をお願いしましょう。

お問い合わせ先
早島町役場 健康福祉課
〒701-0303 岡山県都窪郡早島町前潟360-1
電話番号:086-482-2483

お問い合わせはこちらから

みなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか。
内容は分かりやすかったですか。
役に立ちましたか。