現在の位置

不妊治療費の一部を助成しています

平成27年4月1日以降に、岡山県不妊に悩む方への特定治療支援事業の助成を受けた早島町民の人で、県の助成金を超える医療費がかかった場合は、超えた額の2分の1(上限10万円)を町が助成します。

 

対象者

次のいずれにも該当する人
1.岡山県不妊に悩む方への特定治療支援事業の支給決定を受けていること。
2.申請日において、夫婦いずれか一方が早島町に住所を有する法律上の婚姻をしている夫婦であること 。
3.申請日において、対象者及び世帯員に町税の滞納がないこと。
 

助成内容

岡山県の助成金を除いた額の2分の1以内で、助成金の限度額は1回当たり10万円まで、男性不妊については、5万円まで(1000円未満端数切捨て)

 

初めて助成を受けた際の治療開始時の妻の年齢による助成回数

・40歳未満:子ども1人につき6回

・40歳以上:子ども1回につき3回 (いずれも妻が43歳になるまで)

申請方法

健康福祉課の窓口に治療費の支払が終了した年度末(3月31日)までに申請してください。後日、指定の口座に助成金を振り込みます。

申請に必要なもの

  1. 早島町不妊治療支援事業助成金支給申請書(下記より様式ダウンロード)
  2. 岡山県不妊に悩む方への特定治療支援事業承認決定通知書の写し
  3. 不妊に悩む方への特定治療支援事業受診証明書又はその写し
  4. 本町に居住していることを証明する書類 (住民票、免許証、マイナンバーカードなど)
  5. 振込口座が確認できるもの
  6. 印鑑

令和4年4月からの不妊治療の保険適応に伴う助成事業の廃止と経過措置について

令和4年4月1日から特定不妊治療の保険適応に伴い、この助成制度は廃止されますが、令和4年度については、国の方針に応じた経過措置を実施します。

対象となるのは、年度をまたぐ1回分の治療(令和4年3月31日以前に治療を開始し、令和4年度中に治療を終了する保険適応外で実施した治療)です。

※対象者、助成金額、申請に必要な書類は、上記と同様です。

  ご不明な点があればお問い合わせください。

 

早島町不妊治療支援事業助成金支給申請書(PDF:45.9KB)

岡山県不妊に悩む方への特定治療支援事業(令和4年度経過措置)

お問い合わせ先
早島町 健康福祉課
〒701-0303 岡山県都窪郡早島町前潟360-1
電話番号:086-482-2483

お問い合わせはこちらから

外部リンク「電子申請サービス」へ

みなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか。
内容は分かりやすかったですか。
役に立ちましたか。

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要な場合があります。PDFファイルが閲覧できない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。