現在の位置

新型コロナウイルス感染症の影響による介護保険料の減免について

 新型コロナウイルス感染症の影響により収入が著しく減少するなど、介護保険料の納付が困難な状況となった場合、申請により介護保険料の減免が受けられます。

 申請の際は、下記の申請書類にご記入、押印のうえ、必要書類の写しとともにご提出ください。なお、申請を受けてから減免の可否の判定を行い、判定結果を通知いたします。

 詳細については役場健康福祉課までお問い合わせください。

 

1.減免の対象者と減免額

介護保険第一号被保険者で、以下の要件に該当する方

(1)新型コロナウイルス感染症により、その者の属する世帯の主たる生計維持者  

   が死亡し、又は重篤な傷病を負った場合

    → 全額

 

(2)新型コロナウイルス感染症の影響により、その者の属する世帯の主たる生計  

   維持者の事業収入、不動産収入、山林収入又は給与収入(以下「事業収入

   等」という。)の減少が見込まれ、次のすべてに該当する場合

 

  ア 世帯の主たる生計維持者の事業収入等のいずれかの減少額(保険金、損

     害賠償 等により補填されるべき金額を控除した額)が前年の当該事業収 

     入等の額の10分の3以上であること

 

      (注)収入が10分の3以上減少する見込みの場合でも、令和元年中の当該

        所得が0円以下の方はこの制度を利用することができません。

 

  イ 世帯の主たる生計維持者の収入減少が見込まれる事業収入等に係る所得 

     以外の前年の所得の合計額が400万円以下であること

 

     → 【表1】で算出した対象保険料額に、【表2】の前年の合計所得金額の区分

     に応じた減免割合を乗じて得た額((A×B/C)×(d))

 

【表1】

 

対象保険料額=A×B/C

A:当該第一号被保険者の保険料額

B:第一号被保険者の属する世帯の主たる生計維持者の減少することが見込

  まれる事業収入等に係る前年の所得額

C:第一号被保険者の属する世帯の主たる生計維持者の前年の合計所得金額

 

【表2】

 

主たる生計維持者の前年の合計所得金額

減額又は免除の割合(d)

200万円以下

全部(10/10)

200万円を越えるとき

10分の8

※事業等の廃止や失業の場合には、前年の合計所得金額にかかわらず、対象保

  険料額の全額を免除します。

 

 

2.減免の対象となる介護保険料

令和2年2月1日から令和3年3月31日までの納期限(特別徴収の場合は、特別徴収対象年金給付の支払日)のもの

 

 

3.申請に必要なもの

1 介護保険料減免・徴収猶予申請書

   所定の様式があります。

 

2 収入等申告書

   所定の様式があります。

 

3 対象者(1)に該当する場合

   死亡診断書、医師の診断書又はその他証明できる書類(写しで可)

 

4 対象者(2)に該当する場合

廃業届、休業届、解雇通知、事業主等による証明書、雇用保険受給資格証明書、源泉徴収票、給与明細書、売上げの分かる帳簿等その他証明できる書類(写しで可)

 

5 保険金・損害賠償等により補填される場合がある場合

   帳簿、保険契約書などの写し

 

お問い合わせ先
早島町 健康福祉課
〒701-0303 岡山県都窪郡早島町前潟360-1
電話番号:086-482-2483

お問い合わせはこちらから

みなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか。
内容は分かりやすかったですか。
役に立ちましたか。

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。

障がい・高齢・介護

場面別で探す

  • 手続きナビゲーション
  • 妊娠・出産・子育て
  • 教育・文化
  • 就職・退職
  • 住まい・くらし
  • 結婚・離婚
  • 健康・医療
  • 高齢・介護
  • 障がい・福祉
  • おくやみ
  • その他