現在の位置

広報はやしま平成28年4月号

広報はやしま
APR.
2016
4APR. 月号
P u b l i c R e l a t i o n s N o . 1 9 0 1
特集1 早島町施政方針
特集2 平成28年度当初予算
2月26日懸垂幕掲揚式に集まった人々

特集 早島町 施政方針
町長が示す平成28年度の町政と重要事項
早島町施政方針
 早島町議会3月定例会で、中川真寿男 町長が
本年度の施政方針を発表し、議会で議 案をご審議いただきました。
施政方針を基に今後の町の目指すべき 方向性と取り組みをお知らせします。

はじめに
 私は、昨年の8月に町長に就任し、今日までの8カ月余り、議員の皆さん、町民の皆さんのお力添えをいただきまして、「町民の皆さんが、安全、安心して暮らせ、豊かさが実感でき、いつまでも住み続けたい」と思うまちづくりを目標とし、その実現に向けて取り組んでまいりました。
 この間、公約にも掲げました、待機児童ゼロ作戦の展開につきましては、昨年の9月補正予算を議決いただき、今年の秋には幼稚園東分園跡地に保育園を開園することで待機児童の解消に目途を付けました。また、町民の意見を町政へ反映するための町民アンケートを実施するとともに、自治会の集会所に出向き「町長と語ろう!お茶カフェ集会」を現在までに5回開催し、町民の生の声を聞かせていただきました。そして、歴代初となる女性教育長の登用。町制施行120周年記念事業につきましては、平成28年度における事業の大枠を庁内検討委員会で固め、町民の実行委員会方式による事業実施に向け町民の皆さんから事業提案を募ったところです。
 2月26日には町制施行120周年を祝う懸垂幕掲揚式を行い、議員の皆さんと町民の皆さんからご祝福をいただき共に記念撮影を行うなど、120周年記念事業を町民の皆さんの記憶に残る事業としてスタートしたところです。
 短期間ではありますが、私が掲げた公約を一つひとつ確実に実現してきています。

 

町政運営に
あたっての姿勢
 さて、私の町政運営にあたっての姿勢は、昨年の9月議会の所信で申し上げましたが、全く変わっておりません。
 私は、民主主義の原点に立ち、民意を政治の原点とし、声なき声に耳を研ぎ澄まし、真の弱者に手厚い政治、心のつながりを大切にする社会、そして、大きな可能性を秘めている早島の個性と魅力を伸ばし、物の豊かさと心の豊かさを実現することによって、誰もが幸福を実感できる早島を創造する決意です。
 今を生きる私たちが、希望に溢れる早島を次世代に残す責任を果たすために、今こそ理念に基づく政治、未来に責任を持つ町政への転換が必要であり、そのためには、長年の行政経験を活かして健全な財政運営を行い徹底して無駄を削除して、未来に投資します。そして、経済はもとより文化の香り高い早島町を創造します。

 

目指すべき
将来の方向
 さて、岡山県が1月29日に2015年国勢調査結果の速報値を公表しました。本町の人口総数は12,159人で、2010年の前回確定値と比べ55人の減少、率にして0.5%の減となっています。過去の国勢調査結果を見ますと、本町の人口総数は1970年から増加で推移してきたところであり、今回の速報値の現実を見て、改めて「いつまでも住み続けたいまちの実現」の必要性を痛感したところです。
 本町は、政令市の岡山市と中核市の倉敷市という大都市に隣接しているという強みを持っていますが、人口の減少は自治体としての存立に致命的な影響を与えます。人口の規模もさることながら、多くの人が行き交う隣接市に対しても転出超過に陥らない関係を維持し続けなければ、将来にわたり持続可能なまちであり続けることはできません。
 本町が居住好適地であるためには、岡山市・倉敷市との一体的な発展、即ち連携中枢都市圏を形成し、都市基盤の整備や交通利便性などの水準が「遠くから見ると一体に見える」ことが必要であり、同時に、それら両市の間で居住地として選ばれるまちであるためには、教育や子育て、高齢者福祉などの差別化により「近寄ると際だって見える」まちであることが重要と考えています。私の公約においても、「子育てするなら早島町」と言わせてみせる、をキャッチフレーズとして掲げているところです。
 本町が自主自立のまちとして生き延びていくには、他都市のように観光や商工業ではなく、安全、安心して暮らせ、豊かさが実感でき、いつまでも住み続けたいと思えるまち、即ち「生活の場を提供するまち」であることが必要であり、本町が目指すべき将来の方向と考えています。
 


予算編成及び
財政状況の概要
 それでは、平成28年度当初予算編成と財政状況の概要につきまして説明します。
 当初予算編成につきましては、総合計画に掲げられた施策のうち、町民の皆さんへのアンケート結果や私の公約に関連する事業から、教育と子育ての充実、安全で安心できるまちづくりを念頭に置き、限られた財源の中で、事業の優先度を吟味し編成しました。
 その結果、一般会計は49億6,800万円で、対前年度当初比2.5%、1億2,500万円の減となりました。
 まず、歳入では、町税収入について、法人税割の税率引き下げや町内事業所の業績低迷の影響による町民税、設備投資の減少による固定資産税の減収などにより、全体では前年度当初予算から3,671万円、2.1%の減額を見込んでいます。一方で地方消費税交付金については、国の地方財政計画に基づき2,500万円、13.2%の増額、また地方交付税とその代替財源である臨時財政対策債を合わせた額については750万円、0.7%の増額を見込んでいます。
 また、歳出では、投資的経費として町営住宅整備、道路新設改良、地域福祉センター機能強化、小学校給食調理場改修などにかかる事業経費として7億5,551万円を見込んでいます。さらに本年2月の町制施行120周年を契機とした記念事業にかかる経費として既存事業を含め2,306万円を見込んでいます。一方で、医療・介護保険制度への繰出金、障害者自立支援給付費や小児医療費などの扶助費といった社会保障関連費の増加により経常的な経費は上昇し続けています。
 こうした収支の状況を踏まえ、投資的経費のうち主なものについては国庫支出金や町債を、町制施行120周年を記念した事業にはふるさとづくり基金を充当したほか、財源調整のため、財政調整基金1億7,640万円を取り崩すこととしています。
 特別会計の合計額は、35億2,914万円で、対前年度当初比0.3%、1,132万円の増、企業会計は、2億2,293万円で、対前年度当初比3.2%、749万円の減となりました。
 これらすべての会計を加えた予算の総額は、87億2,007万円で、対前年度当初比1.4%、1億2,116万円の減額となりました。
 この当初予算編成後、一般会計の借入金残高は48億6,445万円で、対前年度当初比8,675万円の増加、基金残高は19億4,803万円で、対前年度当初比3,495万円の減少となっています。これにより、実質公債費比率は7.0%程度、経常収支比率は94.0%程度と推計しています。
 本町においては、前述のとおり2015年国勢調査人口がわずかに減少していることからも、今後支え手となる生産年齢人口、年少人口は減少し、高齢者など支えられる世代が増加していくと考えられます。これを財政運営の面からとらえると、町税収入等の一般財源の大幅な伸びが期待できない中で、社会保障関係費の増大、公共施設等老朽化に伴う維持補修関係費の増大など、本町の財政運営を取り巻く環境は厳しさを増していくものと見込まれます。
 今後とも限られた財源の有効な活用と適正な配分に努め、新たな税財源の確保、人口増加に向けた施策展開に戦略性をもって取り組みます。

 


「子育て支援の
早島町」を実現
 保育園・幼稚園の
 5歳児保育料の一部無償化
《教育・子育て》
 教育施策につきましては、「学力県内No.1の早島町」を実現するために、小学校・中学校での少人数学級の実施に取り組むとともに、電子黒板機能付プロジェクターの導入など、充実した学習環境を整えることで、「個に応じた指導」と「活用する力の育成」など、きめ細かい指導による基礎学力の向上を図ります。また、「教育のまち・早島」宣言のもと、早島町学校教育ビジョンの具現化に取り組みます。地域や教育の場における共有、実践を進めていく中で、その第一として、子どもと学校を中心にして、すべての町民が学び合い、育ちあう環境をつくることで「協働・協学・協育」の町づくりを目指し、学校の教育活動の再構築が必要となります。
 学校給食の現状を見ますと、小学校は、平成11年設置の食器洗浄機を使用し食後の食器類の洗浄を行っていますが、老朽化に伴う故障による機能停止の可能性が高まっていることから、食器洗浄機を更新し、安定的に給食が供給できる環境を整えます。
 「生涯学習の早島町」を推進するために、地域への愛着と誇りを育み、ESD(持続可能な開発のための教育)につながる講座として「まなびの舎講座」を開設し、町民の皆さんの学習機会の充実や学習要求に応える資料提供に努めます。また、生涯スポーツ社会の実現に向けて年齢を問わずスポーツとレクリエーションに親しめる総合型スポーツクラブの設立について検討します。地域の情報センターである図書館においても、資料の収集とサービスの向上を図り、町の知的オアシスとしての役割を充実させます。
 子育て施策につきましては、「子育て支援の早島町」を実現するために、子どもの健やかな成長を願い、子育て家庭の経済的な負担の軽減を図るため、引き続き中学生までの医療費を公費負担とするとともに、新たに保育園・幼稚園の5歳児保育料の無償化を含む一部負担軽減を行います。また、低所得者保育料の軽減や第3子以降の0~2歳児の保育料の無償化拡大につきましても、国・県の制度改正を見据え、実施に向けて検討します。
 そして、待機児童の解消に向けては、民間保育所に施設整備に関する助成を行い、幼稚園東分園跡地に今年の秋頃までに保育園を整備していただき、待機児童の解消を図ります。
 また、保護者が仕事などで昼間家庭にいない子どもたちに、安全な遊びや生活の場を提供する児童館については、就労支援というだけでなく、子どもたちがのびのびと楽しい時間を安心して過ごせ、楽しい遊びや体験活動などを通じて心豊かにいきいきと育つ場として、引き続き充実させていきます。
 身近にある既存の広場については、幼児(親子)や子ども、高齢者など各世代のニーズを踏まえ、目的や機能を特化・充実させることにより地域活動の場となるよう利用促進に努めるとともに、公園の一元管理を行います。

 

移り住みたい 住み続け
たいまち・早島
《安全・安心(医療・福祉・防災・土地利用)》
 福祉施策につきましては、「人の輪・和を大切にした早島町」を強力に推進するために、元気なシニアの皆さんが生きがいを持てる環境の整備について検討します。
 また、健康づくり推進運動としては、平成25年度を「健康づくり元年」とし、町民の皆さんが主体となって取り組んでいます。引き続き「健康チャレンジ大作戦」を実施するとともに、地域での健康教室の開催、各種健康診査の受診率の向上に努め、健康寿命の延伸に取り組みます。
 ゆるびの舎2階のトレーニングルームは、年間利用者が1万2千人と年々増加しており、現在では1日当たりの平均利用者が50人を超える状況です。中でも人気のあるランニングマシンでは順番待ちの状態となっていることから1台増設し、利用環境の向上を図るとともに、町民皆さんの健康寿命の延伸を積極的に後押ししていきたいと思います。
 「早島町の包括ケアシステム」を構築するために、引き続き、地域包括支援センターを中心として、町民の皆さんへの啓発活動や、多職種連携等を充実させていくほか、関係団体のご協力をいただいて、生活支援サービスの体制づくりも進めます。また、平成29年度から実施する介護保険制度の新総合事業に対応すべく、地域福祉センターのホールの一部に相談室を設置するとともに、手狭となっている事務室の増床を行うなど、福祉施策の拠点施設として機能強化を図ります。更に、本町も少子高齢化の傾向であり、高齢者が地域の中で社会的に孤立している状況を解消するため、高齢者を一人ぼっちにさせないまちづくりに取り組むため、各地区の公民館や空き家などを利用して、高齢者が交流できる「たまり場」をモデル事業として実施します。
 「障がい福祉サービスの充実と自立支援体制」を確立するために、平成22年に地域活動支援センター(栴檀の家)を整備し、障がい者の自立支援や地域との交流を促進してきました。引き続き、障がいのある人が自立した日常生活や社会生活を営むことのできる体制づくりを推進し、住み慣れた地域で安心して暮らせるよう支援します。障害福祉サービス・障害児通所支援を利用するすべての利用者の人にサービス等利用計画の作成を進め、今後はより一層、必要に応じてタイムリーに相談支援が受けられることができるよう努めます。
 国民健康保険事業につきましては、増え続ける医療費の現状の中、被保険者の健康維持と重症化に伴う高額な医療費の抑制のために、特定健診の充実が重要となります。そのために、昨年度に引き続き特定健診データの見える化と集団健診における無料化に加え、毎年行う9月の集団健診の期間に加え11月にも未受診者のための集団健診を行います。 また、データヘルス計画に沿っての重症化予防の保健事業やジェネリック医薬品の普及啓発やレセプト点検を引き続き行い、医療費の抑制に努めます。今後の国民健康保険事業の運営につきましては、安定的な財政運営や効率的な事業確保などの観点から、平成30年度には県が主体となって広域化運営を行うこととなり、本町においてもこの広域化に対応していくこととなります。
 住宅施策につきましては、町営住宅建替事業に引き続き取り組み、住宅困窮者の居住安定を図ります。現在、住宅建替計画戸数70戸のうち平成27年度末までに46戸が完成。平成28年度には24戸の建替を実施し、平成29年度中の事業完了を目指します。
 公共施設のトイレ洋式化につきましては、ゆるびの舎の文化ホールはすべて温水洗浄便座付きの洋式トイレに改修するとともに、宮山グランドのトイレも洋式化し、町民の皆さんが快適に利用できる環境を整備します。
 防災対策につきましては、町民、地域、行政が一体となって住民への防災意識の普及啓発、自主防災活動の活性化、避難訓練など地域の防災力の向上に努め、地域や関係機関との情報通信体制の整備など、防災・減災に取り組みます。そして、8月末までには災害時に各地区と役場との情報伝達を迅速かつ確実に行える防災行政無線を整備する予定ですので、各地区の自主防災組織や自治会、町内の事業所や病院などと連携を図り、9月に実施する防災訓練をより実践的な訓練としたいと考えています。
 防犯対策につきましては、犯罪のない安全で住みよいまちの実現に向け、「自らの地域は自らが守る」という町民の防犯意識の高揚を図り、警察、防犯ボランティアと行政が一体となった防犯活動を推進します。防犯環境をさらに向上させるため、公用車に青色回転灯を装備し、職員が業務に併せて防犯パトロールに取り組みます。また、犯罪抑止のための環境整備といたしまして、引き続き自治会への助成を行いLED防犯灯の設置を促進するとともに、町内各所に防犯カメラを設置します。
 浸水対策につきましては、平成23年9月の12号台風の降雨によってどのように雨水が滞留し浸水被害をもたらしたか解析を行いました。この雨水の流れの解析結果を踏まえ、低地の浸水軽減を図るための対策を検討します。
 本町が持続可能なまちづくりを進めていくためには、中長期的な視野に立ち、土地利用の転換を図る必要があります。また、「住もうと思っても住む場所がない」現状もあります。
 総合計画で示した新定住促進地区であるJR早島駅周辺と町役場周辺において、医療・福祉・商業・金融などの生活機能を誘導するとともに、町内の他の地域拠点を結ぶ公共交通ネットワークの充実や基盤施設の整備などにより、子育て世帯や高齢者が歩いて暮らせる生活空間を形成する必要があります。JR早島駅周辺では、通勤・通学の利便性をいかし、重点的に定住の促進を図る地区として、コンパクトで暮らしやすい住空間の形成を目指し都市的な土地利用の推進に努めます。そのために、JR早島駅周辺と町役場周辺の土地利用計画策定に取り組みます。
 農業の土地利用につきましては、JR宇野線以南の農業振興地域に関して、今後の事業の方向性を探る資料とするため、地権者に意向確認するアンケートを実施します。
 土地利用の計画的な推進につきましては、今後を見据え、都市的な土地利用と農業の土地利用の調整による均衡ある発展を目指します。
 生活道路の整備につきましては、通学路など町民の生活に密着した道路として歩行者や自転車が安全に通行できるよう、現場に応じた道路施設の整備を計画的に進めます。そして、平成26年度から5か年計画で実施している橋梁、法面、擁壁、舗装などの総点検を引き続き行い、適正な維持管理に努めます。
 通過交通対策につきましては、現在事業中の県道早島松島線4車線化事業の早期完了を引き続き事業者である岡山県に要望します。なお、事業進捗状況は、平成27年度末事業費ベースで約30%と聞いています。また、計画路線ではありますが、本町のまちづくりに重要となる都市計画道路駅前バイパス線につきましても、広域的な交通ネットワークの形成の観点からその必要性を認識していただけるよう、引き続き岡山県に要望します。
 空き家対策につきましては、空家等対策の推進に関する特別措置法のもと空き家の状況を把握するために、町内の空き家の実態調査を実施します。そして、実態調査結果を踏まえ、空き家条例の制定など必要な措置について検討します。また、良質な空き家につきましては、4月には県内14の自治体が加入している「岡山県空き家情報流通システム」に参加し、町内への定住・移住を希望する若者などに情報提供ができるよう環境を整えます。

 


行政改革の断行
《広聴・行政運営・財政運営》
 行財政改革を行うには、簡素で効率的な行政経営を目指し、限られた資源の中で町民ニーズに即した各種政策を的確に進める必要があります。
 町民の皆さんの意識や関心事を適時に把握するため、アンケート調査を行い町政に反映します。また、引き続き「町長と語ろう!お茶カフェ集会」を開催し、町民の皆さんのご意見をしっかり受け止めます。
 行政運営効率化の推進につきましては、弾力的な組織編成など、業務の拡大や時代のニーズに合わせた組織改革を行い、柔軟かつ効率的な人員配置や、プロジェクトチームなどによる機動性の高い組織編成を行います。また、住民本位のサービス提供体制の確立のため、ワンストップ体制や休日開庁を実施し、住民が手軽に手続きを行える体制を整えます。現在、各種証明書のコンビニ交付に向け先進地事例の情報収集を始めたところで、早島町に住めば24時間、いつでも、どこにいても証明書が取得できるといった環境の提供に向けて取り組みます。
 財政運営効率化の推進につきましては、収支見通しの見直しを行い、財政規模に見合った健全で持続可能な財政運営を構築します。また、複式簿記の導入と固定資産台帳の整備による新地方公会計制度に向けて、庁内推進体制を立ち上げ、統一的な基準による財務書類の作成に向け準備を進めます。
 ファシリティマネジメントの推進につきましては、既存施設を有効に活用し、適正な維持管理及び長寿命化を図るとともに、建物の維持管理費を縮減するために公共施設等総合管理計画基本方針を策定します。
 財源の確保につきましては、住民税や固定資産税など租税収入の拡大に努めるとともに、収納体制の強化、使用料、手数料など公共料金の見直し、国庫・県支出金の活用にも取り組みます。下水道使用料の見直しにつきましては、平成26年度中に着手すべき事項でしたがなされておりませんので、直ちに平成28年度中の見直しに向け着手したところです。公共料金などについては、受益者負担の原則に基づき、他自治体と均衡を取りながら定期的な見直しが必要と考えています。

 以上、これから町政を担当するに当たっての所信の一端を述べさせていただきましたが、町政の運営に当たりましては、町議会の皆さんはもとより関係機関、関係団体、そして広く町民の皆さんのご参加とご協力を賜り、互いに相携えて早島町をもっと前へ進めるために全力で取り組む所存です。これからも一層のご協力とご鞭撻をよろしくお願いいたします。

特集2 平成28年度 当初予算
平成28年度
当初予算

 平成28年度当初予算が平成28年3月定例会で成立しました。
 予算規模は、一般会計が49億6,800万円(前年度比97.5%)、特別会計35億2,914万円(前年度比100.3%)、公営企業会計2億2,293万円(前年度比 96.8%)となっています。
 総務課 (086・482・0611)

予算規模
一般会計*49億6,800万円(前年度比97.5%)
特別会計*35億2,914万円(前年度比100.3%)
公営企業会計*2億2,293万円(前年度比96.8%)
合 計 *87億2,007万円(前年度比98.6%)


一般会計
歳入の特徴
・町税は、法人税及び固定資産税の減少により全体で2.1%減の17億5,006万円を見込んでいます。
地方交付税(臨時財政対策債含む)は、0.7%増の11億 260万円を見込んでいます。
・国庫・県支出金は、年金生活者等支援臨時福祉給付金給 付事業及び町営住宅の整備など補助対象事業の実施に より19.9%増の10億4,243万円を見込んでいます。
・町債(臨時財政対策債除く)は、普通建設事業費の減少 により42.6%減の3億6,150万円を見込んでいます。
・分担金及び負担金は、保育園保育料の減少により
 16.4%減の6,896万円を見込んでいます。


用語の意味
1_町民税や固定資産税など
2_基金の取り崩しなど
3_施設の利用料など
4_保育所の利用料など
5_預金利子、配分金など

6_財政力に応じて国から配分されるもの
7_事業に対する国からの補助金・負担金など
8_町の借入金
9_事業に対する県からの補助金・負担金など
10_地方消費税の一定割合が交付されるもの
11_一定基準より国税が配分されるもの

歳入
49億6,800万円

自主財源43.5%
町税1
17億5,006万円(35.2%)
繰入金2
2億 130万円(4.1%)
使用料及び手数料3
8,107万円(1.6%)
分担金及び負担金4
6,896万円(1.4%
諸収入5 5,107万円(1.0%)
その他   891万円(0.2%)

依存財源56.5%
地方交付税6
11億 260万円
(22.2%)
国庫支出金7
7億5,240万円
(15.2%)
町債8
3億6,150万円
県支出金9
2億9,003万円
(5.8%)
地方消費税交付金10
2億1,380万円(4.3%)
地方譲与税11
 3,590万円(0.7%)
その他 
5,040万円(1.0%)

歳出の特徴
・人件費では、臨時非常勤職員の雇用形態の変更などにより16.8%増の9億4,588万円を見込んでいます。
・扶助費では、年金生活者等支援臨時福祉給付金給付事業などにより9.5%増の9億4,023万円を見込んでいます。
・普通建設事業費では、町民総合会館への太陽光発電設備設置や防災行政無線整備などの終了により22.8%減の7億5,551万円を見込んでいます。
・物件費では、臨時非常勤職員の雇用形態の変更などにより19.0%減の6億913万円を見込んでいます。
・維持補修費では、道路修繕費などの増加により4.5%増の1億6,933万円を見込んでいます。

用語の意味
1_職員給料など
2_障がい者福祉費、小児医療費など
3_町営住宅、道路などの整備費用
4_特別会計に対する支出

 
5_委託料、光熱水費など
6_団体への補助など
7_借入金の返済
8_施設の維持補修費など


歳出
49億6,800万円
人件費1
9億4,588万円
(19.0%)
扶助費2
9億4,023万円
(18.9%)
普通建設事業費3
7億5,551万円
(15.2%)
繰出金4
7億1,553万円
(14.4%)
物件費5
6億  913万円
(12.3%)
補助費等6
4億4,171万円
(8.9%)
公債費7
3億7,100万円
(7.5%)
維持補修費8
1億6,933万円(3.4%)
その他
1,968万円(0.4%)

特別会計・公営企業会計

 早島町には、一般会計のほかに5つの特別会計と1つの公営企業会計があります。
 これらは特定の料(税)金収入によって運営されていて、一般会計とは区別されています。

特 別 会 計*
国民健康保険会計*17億4,574万円(前年度比98.9%)
介護保険会計(保険事業勘定)*10億5,659万円(前年度比101.4%)
介護保険会計(介護サービス事業勘定)*  1,162万円(前年度比108.8%)
後期高齢者医療会計*1億6,659万円(前年度比116.5%)
公共下水道事業会計*5億4,860万円(前年度比98.6%)
公営企業会計*水道事業会計*2億2,293万円(前年度比96.8%)

平成28年度の主な事業

 平成28年度の主な事業はつぎのとおりです(金額の単位は万円)。
 主要事業の詳細は、町ウェブサイトでご覧いただけます。

潤いと活力が暮らしを彩るくつろぎのまち
若者定住促進事業*1,113
空き家等利活用助成事業*150
地区公園維持管理事業*146
地域公共交通利用促進事業*4
ごみ減量化推進事業*350
斎場管理運営事業*1,910
ごみ収集処理事業*12,768
農業振興事業意向調査実施事業*65
農業用施設修繕事業*930
地場産業等振興事業*789
観光センター運営事業*1,320
木造住宅耐震改修等助成事業*310
都市公園等管理運営事業*3,723
町営住宅運営事業*433
町営住宅整備事業*44,902
都市の機能と人のつながりが安全と安心を支えるまち
防犯灯運営事業*725
防犯カメラ整備事業*487
県道等建設改良事業*4,000
道路施設点検事業*1,400
道路新設改良事業*13,924
空き家調査実施事業*363
消防業務委託事業*16,923
消防施設整備事業*1,015
防災体制整備事業*781
自主防災組織育成事業*70
早島処理区下水道管渠長寿命化計画策定調査事業*2,800
配水設備整備事業*4,160
地域とともに学び育む次代を担う人づくりのまち
歴史文化ゾーン構想策定事業*108
一貫教育事業*257

はやしま学推進事業*675
放課後学習サポート事業*61
不登校対策事業*137
ICT教育推進事業*1,757
学力向上事業*267
1年生グッドスタート事業*398
小学校施設整備事業*4,321
小学校給食食器等整備事業*251
小学校長期宿泊体験活動推進事業*149
中学校施設整備事業*271
語学向上教育事業*594
教育支援員活用事業*192
幼稚園施設整備事業*1,247
町制120周年記念写真集作成事業*146
図書館運営事業*1,531
町民総合会館運営事業*5,469
町民総合会館施設整備事業*537
いかしの舎運営事業*355
生涯スポーツ推進事業*811
心と体の健康づくり推進事業*22
体育施設整備等事業*1,396
心豊かにいきいきと暮らせるやすらぎのまち
男女基本計画策定事業*149
民生児童委員活動支援事業*168
早島町社会福祉協議会支援事業*2,671
地域福祉センター改修事業*1,045
高齢者等住宅改造助成事業*266
老人クラブ助成事業*214
早島町シルバー人材センター助成事業*500
在宅ねたきり老人等介護支給事業*317
高齢者交通費助成事業*363
コミュニティバス運行事業*2,242
障がい者医療費給付事業*1,759
障がい者自立支援給付事業*21,589
障がい者地域生活支援事業*1,658
地域活動支援センター運営事業*1,278
保育所運営事業*32,126
児童手当支給事業*25,020
ひとり親家庭等医療給付事業*317
児童館運営事業*3,414
愛育・栄養委員会活動支援事業*90
健康増進事業*1,501
母子保健事業*2,143
後期高齢者健康増進事業*298
感染症対策事業*3,715
小児医療費給付事業*7,220
幼稚園預かり保育事業*150
医療費適正化特別対策事業*340
国民健康保険特定健康診査等実施事業*1,402
ジェネリック医薬品啓発事業*97
町民とともにつくる開かれたまち
町制120周年記念式典実施事業*128
マイナンバー法及び行政不服審査法改正対応事業*346
新地方公会計制度導入事業*421
町政アンケート実施事業*166
庁舎空調設備地下燃料タンク改修事業*318
まちづくり基本調査実施事業*550
自治活動推進事業*1,213
町制120周年記念事業*136
ふるさと納税制度推進事業*151
OA機器維持管理事業*1,519
滞納整理システム導入事業*907

保育園・幼稚園・小学校・中学校の活動

  第3回早島町教育研究会の開催
 1月20日、早島幼稚園東分園で、第3回早島町教育研究会が行われました。早島町の保・幼・小・中学校の教員が集まり、保育を参観し、研究協議をしました。元気いっぱい活動し、遊びを広げている子どもたちの姿から多くの学びを得ました。 
 「幼稚園での学びの芽、子どもの育ちの現状」を理解することをテーマに、協議や意見交換を行いました。研究協議では「幼児期の活動が、小・中学校の学びの基礎になっている」「教師のかかわりによって、幼児は自分で考え、遊びを工夫していた」との声が多くあがりました。幼小の接続スタートカリキュラムの大切さを確認し合いながら、来年度に向けて、教育課程を作成しているところです。

  ALTとの外国語活動(小学校)
 未来プロジェクトでは「世界で活躍できる国際人としての基礎を培うこと」をねらいとし、小中の連携を図って、児童が英語に触れる機会を増やしています。まず、小学校から中学校9年間の系統性を重視した外国語活動にするために、1年生から各学年とも、わくわくするコミュニケーション活動を展開しています。これに伴い、ALTもこれまでの週1日から週2日に増やしました。さらに、中学校英語教師が一緒に授業に入るなど、小中の外国語学習が互いにスムーズにつながる取組を行っています。
 児童にとって、外国語の時間はいつも待ち遠しい時間になっています。

I like pineapples.
What fruit do you like?

外国語ルームで「好きなくだものは何?」

 

  白熱した『百人一首大会』(中学校)
 1月8日に、毎年恒例の『百人一首大会』を生徒会・図書委員会主催で行いました。冬休み前に、百人一首プリントが配布され、しっかり覚えて全員でチャレンジしました。
 競技が始まると、図書委員の詠む歌を必死に探し、大きな声で「はい」と勇ましく札を取る様子が見られました。上級生が貫録を見せるテーブルや下級生に先手を奪われて苦笑いの表情が見られるテーブルなど、真剣に、和気あいあいと百人一首に親しむ姿が見られました。「ミニ作戦タイム」の時間を取り、必勝に向けた作戦を練り直している生徒もいました。多くの札を手に、笑顔一杯の表情があちらこちらで見られ、大いに盛り上がる大会となりました。
白熱した対戦風景

公開保育

研究協議


はやしま子ども議会開催
子どもたちの地域提案に感銘!

はやしま子ども議会開催
子どもたちの地域提案に感銘!
 役場庁舎3階議場で2月20日に早島町学校教育ビジョンの一環として、「はやしま子ども議会」を開催しました。
 小池 宏治議長による開会のあいさつの後、第1部では、幼稚園・小学校・中学校の子どもたちが、「議員」として役場の職員に質問や提案などを行いました。川の汚れ、福祉問題など多岐にわたる質問に対し、町執行部からは分かりやすくていねいな答弁があり、子どもたちにとって大変よい学習になりました。
 中川真寿男町長から、「いろいろな分野にわたる質問をいただき、これから早島町としても取り組んでいきたい課題がたくさんあった。皆さんもしっかり勉強し、これからの早島町を背負っていただきたい」と講評がありました。
 第2部では、中学生が執行部席に移動し、町議会議員からの質問に自分の考えを堂々と答えました。最後に徳山 順子教育長から、「今まで総合的な学習の時間で学んだことを活かして、誰もが住みやすい町にするために、さまざまな視点からの提案があり、早島を愛する心が伝わってきた。これからも持続可能な社会の担い手として、常に感謝の思いをもって、周りの人のために時間を使える人になってほしい」と総括がありました。

【幼稚園児からの要望】
・町内の川を、水が流れ、魚が見えるようなきれいな川にしてほしい。
【小学生からの主な質問・提案】
・早島駅はホームの改善がみられましたが、早島町の施設のバリアフリー化は進んでいますか。
・私も復興支援に協力したいのですが、先日の台湾地震の復興支援を町で行っていますか。
・合同の行事などを通して、視野を広げるために、他の小学校とも交流をしたいのですが。
【中学生からの主な質問・提案】
・登下校などで通行する際、危険なので用水路にガードレールをつける等の対応はできないでしょうか。
・山陽本線や伯備線を利用する町民のために、コミュニティバスを中庄駅まで運行できないでしょうか。
・早島のイ草製品について、「ゆるキャラをつくる」「新商品を開発する」「後継者を全国に公募する」など、全国にPRしてはどうでしょうか。


【生徒感想】
 子ども議会はとても緊張したけど、しっかり話すことができたのでよかったです。このような雰囲気の中で話すことはなかなかないので、貴重な体験ができるよい機会になりました。子ども議会を通して、早島の良いところや、足りないところに気づき、議員さんや役場の方の大変さや思いを知ることができました。
 この経験を生かして、早島がもっと良い町になるように、私たちにできることを実践していきたいと思いました。
           (早島中学校2年)

 議会の後の子どもたちの表情は充実感にあふれ、いきいきと輝いていました。多数の人に傍聴席にお越しいただき、本当にありがとうございました。
 当日の詳細な議事録については、後日早島町のウェブページに掲載します。ぜひご覧ください。

 学校教育課 (086・483・2211)

早島町職員募集
社会人経験者10月採用
 「やさしさと希望にみちたまち 早島」の実現に向けて、あなたの力を活かしてください!詳細については広報紙5月号及びウェブサイトで順次公表予定です。

職  種
 事 務 職(社会人経験者対象)/若干名
 土木技術職(社会人経験者対象)/若干名
採用予定日 平成28年10月1日
試験日程  一次試験 6月19日(日曜日)
      二次試験 7月下旬を予定
受験資格
共   通 昭和51年4月2日以降に生まれた人で高校卒業程度の学力を有する人。
  ただし、日本の国籍を有しない人、地方公務員法第16条各号のいずれかに該当する人は受験できません。
事 務 職 直近10年間のうち民間企業等における職務経験が5年以上ある人(平成28年3月31日現在)
土木技術職 直近5年間のうち民間企業等における土木工事の設計、施工管理、都市計画等の職務経験が2年以上ある人(平成28年3月31日現在)
 総務課(086・482・0611)

 

犬の登録と狂犬病予防注射を
4月16日(土曜日)・17日(日曜日)に行います

 4月16日(土曜日)・17日(日曜日)の両日、町内5ヶ所で、犬の登録受付と狂犬病予防注射を行います。お近くの会場へお越しください。
 狂犬病は、人間はもちろん野生動物にも感染し、発病すると死に至る恐ろしい病気です。平成18年には、狂犬病流行国で犬にかまれ、日本に帰国後に狂犬病を発病し死亡した例が2件報告されています。現在、日本では発生はありませんが、世界各国で発生しており、様々な種類のペットが輸入されている現状ではいつ国内に侵入し発病するかわかりません。この狂犬病を防ぐため、予防注射を受けるように「狂犬病予防法」で定められています。犬を飼っている人は必ず注射を受けてください。
 また、未登録の犬は、必ず登録してください。登録は、生涯1回だけです。

※注射日時を確認してお越しください。
対象 生後91日以上の犬
料金 登録手数料3,000円(未登録の犬)
注射料  2,800円
(注射済票交付手数料550円含む)

※犬の体調に異常がある場合は、注射を受ける前に獣医師に申し出てください。
※注射を受けさせるときは首輪が抜けないようにしてください。
犬の死亡・譲渡・所在地の変更、その他問い合わせは町民課まで。
※個別接種を受けた場合は、注射済証を持って、役場町民課で注射済票(550円)の交付を受けてください。

  町民課 (086・482・0613)

日にち*会 場 *時 間
4月16日(土曜日)*大谷荘(若宮) *13:00~13:15
塩津公民館*13:30~13:45
早島町役場 *14:00~14:30
4月17日(日曜日)*西コミュニティ
センター(金田)*9:30~9:45
いぶき荘(長津)*10:00~10:15
早島町役場*10:30~11:10

 

固定資産課税台帳の縦覧

 納税者が所有する土地や家屋の価格とほかの土地や家屋の価格とを比較し、ご自分の土地や家屋が適正に評価されているかどうかを確認していただくために、固定資産などを記載した土地価格等縦覧帳簿または家屋価格等縦覧帳簿をご覧いただく制度です。なおご自身の資産について価格等を確認されたい場合は、縦覧制度とは別に、「固定資産税課税台帳」を閲覧(無料)することができます。
縦覧期間 4月1日(金曜日)~5月2日(月曜日)8:30~17:15(土・日・祝日を除く)
手 数 料 無料
縦覧できる人 固定資産の所有者(納税者)、納税管理人・相続人・代理人(固定資産の所有者からの委任状が必要)
※早島町の土地・家屋価格等縦覧帳簿を縦覧できるのは、早島町の固定資産税の納税者のみです。
 他市町村の納税者は早島町の縦覧帳簿 を見ることはできません。
持参するもの 印鑑と本人の確認ができるもの(運転免許証、旅券、固定資産納税通知書など)
※ 代理の場合は、必ず委任状持参
縦覧場所 税務課
※なお平成28年度の納税通知書は4月15 日(金曜日)頃発送します。
 税務課
 (086・482・2484)

 

未登記家屋に異動があった場合は手続きを

 毎年1月1日現在で家屋(住宅・事務所・農業倉庫など)を所有している個人・法人には固定資産税が課税されます。
 未登記家屋について、新築・増築や滅失、所有者の変更等の異動があった場合、早島町税務課で手続きをお願いします。届出には印鑑をご持参ください。
 なお、登記している家屋で、法務局で手続きを行っているものについては早島町税務課での手続きの必要は、ありません。
以下の場合は、早島町で手続きが必要です。
1. 未登記家屋を新築・増築した場合
2. 未登記家屋を滅失した場合
3. 未登記家屋の所有者変更

 税務課
 (086・482・2484)

 

軽自動車税について

■廃車手続きはお済みですか?
 軽自動車税は、4月1日現在で、原動機付自転車、小型特殊自動車、軽二輪、二輪の小型自動車、軽自動車を所有している人に納めていただく税です。4月2日以降に廃車した場合も、その年度分の税金は全額課税されますので、注意してください。車両の譲渡・廃棄などにより所有しなくなった場合は、早めに名義変更・廃車の手続きをしてください。
■減免制度があります
 障がいのある人が軽自動車などを所有する場合、障がいの程度により減免が受けられる場合があります。今まで減免を受けていた人も、買い替えなどにより車両の変更があった場合は再度申請が必要です。また、家族が所有する軽自動車が該当する場合もあります。詳しくは、税務課までお問い合わせください。
 税務課
 (086・482・2484)

献血のお礼

 2月26日には、お忙しい中、献血にご協力いただきましてありがとうございました。厚くお礼申しあげます。
 献血の実施状況についてご報告します。
 今後ともご支援ご協力よろしくお願いします。
 早島町で行われる次回献血は、平成28年7月26日(火曜日)の予定です。
400?献血
献血受付者数44
献血者数37
献血の出来なかった人7

 健康福祉課
 (086・482・2483)

ふれあいの森公園の利用について4月から一部変更します
 いつも、早島町ふれあいの森公園の施設をご利用頂きありがとうございます。このたび、平成28年4月から早島町ふれあいの森公園内の施設利用について利用する人のニーズにあわせ、下表の内容に変更します。これからも多くの皆さんのご利用をお待ちしています。詳細についてはお問い合わせください。

■使用期間及び利用時間
区分*使用の期間*利用の時間
キャンプ施設*デイキャンプ*4月1日~10月31日*午前10時~午後3時
宿泊キャンプ*4月1日~<SPA CLS=EN>9月30日*午後4時~翌日の午前9時
研修室 *4月1日~<SPA CLS=EN>3月31日*午前9時~午後9時30分
野外ステージ*4月1日~10月31日*午前10時~午後3時

■施設の休日
・月曜日(月曜日が祝日の場合は、次の平日)
・年末年始
 (12月28日~1月4日)

■使用料
<デイキャンプ使用料>
区分*単位*金額(円)
基本料*1団体あたり*1,000
使用料*小学生以上1人あたり*200
施設料*炊事棟*1釜*500
持ち込みテント*1張*1,000

<宿泊キャンプ使用料>
区分*単位*金額(円)
基本料*1団体あたり*1,000
使用料*小学生以上1人あたり*300
施設料*炊事棟*1釜*500
持ち込みテント*1泊1張*1,000
貸テント*1泊1張*2,000
キャンプファイヤー*1回*3,000

<研修室使用料>
区分*使用料(円/1回あたり)
午前*午後*夜間
9:00~13:00*13:00~17:00*17:00~21:30
研修室*1,000*1,000*1,000

<野外ステージ使用料>
区分*単位*金額(円)
野外ステージ*1日*5,000

  建設農林課(086・482・0614)


後期高齢者医療制度加入の皆さんへ
高額介護合算療養費の
申請はお済みですか?
 被保険者の属する世帯が、後期高齢者医療制度と介護保険制度のどちらの制度にも自己負担金を支払っていて、その一年間の自己負担金の合計が右記の自己負担限度額を超えた場合に、後期高齢者医療広域連合と介護保険者から高額介護合算療養費が支払われます。
 支給対象となる人には、岡山県後期高齢者医療広域連合から、平成28年1月に支給申請のお知らせが届いています。申請がまだお済みでない人は、お早めに町民課まで申請してください。

■合算する場合の自己負担限度額
(平成26年8月から27年7月まで)
所得区分*自己負担限度額
現役並み所得者*67万円
一 般*56万円
低所得者2.*31万円
低所得者1.*19万円

※後期高齢者医療制度に加入していることが条件のため、同じ世帯の異なる医療制度に加入している人 の支払った金額は合算することができません。
  町民課 (086・482・0613)


□2月入札分

【総務課】
■早島町防災行政無線整備工事管理業務委託
工事場所 町内一円
請負業者 株式会社ニュージェック
契約金額 6,847,200円
工  期 契約日から8月31日
概  要 防災行政無線整備工事    管理業務

【建設農林課】
■町内一円舗装改良工事
工事場所 町内一円
請負業者 杉本道路株式会社
契約金額 5,616,000円
工  期 契約日から3月31日
概  要 舗装工、地盤改良工など

■町道80号線道路拡幅工事
工事場所 前潟地内
請負業者 東洋建設工業株式会社
契約金額 11,124,000円
工  期 契約日から3月31日
概  要 舗装工、地盤改良工など

■町道138号線法面復旧工事
工事場所 早島地内
請負業者 東洋建設工業株式会社
契約金額 3,780,000円
工  期 契約日から3月31日
概  要 道路土工、法面工など

■長津地内道路護岸修繕工事
工事場所 早島地内
請負業者 株式会社横本組
契約金額 1,782,000円
工  期 契約日から3月31日
概  要 道路土工、排水構造物     工など
■中山地内道路護岸修繕工事
工事場所 早島地内
請負業者 株式会社ふうりん
契約金額 1,749,600円
工  期 契約日から3月31日
概  要 道路土工、排水構造物     工など

■塩津地内水路改修工事
工事場所 早島地内
請負業者 有限会社長田建設
契約金額 3,024,000円
工  期 契約日から3月31日
概  要 プレキャスト開渠工、     作業土工など

■都市公園施設修繕工事
工事場所 矢尾地内
請負業者 株式会社ニシガーデン
契約金額 1,506,600円
工  期 契約日から3月31日
概  要 園路広場設備工、遊具     施設整備工など

■町内一円道路施設等清掃業務委託
工事場所 町内一円
請負業者 有限会社長田建設
契約金額 1,814,400円
工  期 契約日から3月31日
概  要 排水施設清掃工、路面     清掃工など

■町営住宅噂島団地3工区建物解体等設計業務委託
工事場所 早島地内
請負業者
 東洋コンサルタント株式会社
契約金額 2,430,000円
工  期 契約日から3月31日
概  要 建物解体等設計業務

■町営住宅噂島団地3工区造成実施設計業務委託
工事場所 早島地内
請負業者 備南測量設計株式会社
契約金額 1,512,000円
工  期 契約日から5月31日
概  要 道路詳細設計業務、造     成実施設計業務

■町道343号線交差点設計業務委託
工事場所 早島地内
請負業者
 西部技術コンサルタント株式会社
契約金額 2,160,000円
工  期 契約日から3月31日
概  要 交差点設計業務

【上下水道課】
■県道早島吉備線配水管詳細設計業務委託
工事場所 早島地内
請負業者 株式会社アクアプランニング
契約金額 4,752,000円
工  期 契約日から3月31日
概  要 配水管詳細設計業務

【学校教育課】
■早島中学校校舎東非常階段塗装修繕工事
工事場所 早島地内
請負業者 株式会社ナルミ
契約金額 1,213,920円
工  期 契約日から3月31日
概  要 管理施設整備工

【生涯学習課】
■早島町町民テニスコート整備工事
工事場所 前潟地内
請負業者 株式会社山下体育社
契約金額 2,260,440円
工  期 契約日から3月24日
概  要 敷地造成工、グラウン     ド・コート舗装工など
 総務課
  (086・482・0611)

「4月6日(水曜日)~15日(金曜日)は 春の交通安全県民運動
「あの道この道慣れた道安全確認もう一度」

 昨年の県内の交通事故死者数は87人(前年比3人減)、また負傷者数は12,686人(前年比2,059人減)と死者数、負傷者数ともに前年と比べ減少し、特に死者数は昭和28年の85人以来62年ぶりに80人台になりました。
 しかしながら、交通事故死者が減少しているとはいえ、未だに87人もの尊い命が失われており、交通事故をさらに1件でも減らしていく努力を続けていかなければなりません。
  こうした現状のなか、交通事故を防止するためには、県民一人ひとりが平素の交通行動を振り返り、交通ルールに従った思いやりのある行動をとることが極めて重要です。
  4月6日(水曜日)から4月15日(金曜日)までの10日間、「平成28年春の交通安全県民運動」が県内一斉に展開されます。また4月10日(日曜日)は「交通事故死ゼロを目指す日」です。
 町内で交通安全運動を実施します。これを機会に、ドライバーの人はもちろん、すべての人々が、交通事故を起こさない、また交通事故に遭わないよう安全な行動を心がけましょう。


子どもと高齢者の
交通事故防止のために
 子どもは身近な大人の行動を見て、それをまねすることで、いろいろなことを学んでいきます。交通ルールも同じです。子どもの安全のためにも、まず大人が交通ルールを正しく理解し安全な行動を実践して、手本を示しましょう。また、夜間の事故が多発しています。高齢者の皆さん、夕方・夜間に外出するときは、明るい色の服を着て、夜光タスキなどの反射材用品やLEDライトを必ず身につけましょう。


平成27年 交通事故発生状況(岡山県内)
区分*総事故件数*人身事故*物損事故件数
発生件数*うち死亡事故*負傷者数
件数*死者数
平成27年*59,159*10,627*86*87*12,686*48,532
前年対比
増減数*△307*△1,644*△3*△3*△2,059*1,337

平成27年 人身交通事故発生状況*
町内での発生件数*町民が起こした事故
件数*死者*件数*死者
*前年比**前年比**前年比**前年比
99*△17*2*1*52*△27*0*0

早島町内 人身交通事故発生状況(平成28年1月分)
*件数*死者数*負傷者数
1月*11*0*12
(前年比)*5*0*6

県内市町村別人口1万人当たりの地域内発生率(全人身事故)
順位*市町村名*発生率
1位*早島町*81.29
2位*岡山市*68.47
3位*倉敷市*59.91
4位*里庄町*58.88
5位*総社市*53.39

〔最重点目標〕
○子どもと高齢者の交通事故防止
〔重点目標〕
◯全国共通重点目標
・自転車の安全利用の推進(特に、岡山県自転車安全利用5則の周知徹底)
・後部座席を含めたすべての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
・飲酒運転の根絶
◯岡山県の重点目標
・合図の徹底(進路変更3秒前・交差点等右左折時30m手前の合図遵守)
・信号の厳守(「赤色・黄色信号は止まれ」の遵守)
・スピードダウンの励行

 総務課(086・482・0611)

4月から一部の事業について町役場の担当課が変わります

 町では事務分掌の見直しを行い、職員の事務負担軽減と事業の効率化を求め、左記の事業について担当課の見直しを行いました。4月から左記の事業について担当課が変わります。
 総務課(086・482・0611)

事務名*前担当課*新担当課#
コミュニティバス*健康福祉課*まちづくり企画課#
ふるさと納税*総務課*まちづくり企画課#
まちづくり企画課#
公園管理*まちづくり企画課
(汐入公園、真磯台公園、
王山せせらぎ公園)*建設農林課#
健康福祉課
(児童公園)


国民年金についてお知らせ
平成28年4月から国民年金保険料がかわります

 平成28年度の国民年金保険料は月16,260円になります。
 日本年金機構から送付される納付書で、金融機関またはコンビニで納付ができます。また、便利な口座振替で納付することもできます。なお、まとめて前払いすると割引が適用されます。

学生納付特例制度をご存知ですか?
 日本国内に住むすべての人は、20歳になった時から国民年金の被保険者となり、保険料を納めていただくことになります。しかし、学生の人には、学生本人の前年所得が一定額以下の場合、申請により在学中の保険料の納付が猶予される「学生納付特例制度」が設けられています。

◆対象となる学校
 学校教育法に規定する大学(大学院)、短大、高等学校、高等専門学校、専修学校及び各種学校など
※各種学校は、修業年限が1年以上で都道府県知事の認可を受けている学校が対象となります。

◆手続きに必要なもの
・年金手帳
・印鑑(認印)
・学生証の写し(両面)または在学証明(平成28年度は平成29年3月31日まで有効期限が確認できるもの)

◆学生納付特例の承認期間
平成28年度の承認期間は平成28年4月から平成29年3月まで。
※申請は毎年度必要です。なお、平成27年度に学生納付特例の承認を受け、平成28年度以降も在学予定の場合、日本年金機構から「国民年金保険料学生納付特例申請書(ハガキ形式)」が送付されますので、お早めに返送してください。

 町民課(086・482・0613) 倉敷東年金事務所(086・423・6153)


4月1日
から
障害者差別解消法が施行されます

 この法律は、障がいのある人への差別をなくすことで、障がいのある人もない人も共に生きる社会をつくることを目ざしています。

 障害者差別解消法では、「不当な差別的扱い」と「合理的配慮をしないこと」が差別になります。

「不当な差別的取扱い」
・お店に入ろうとしたら、車いすを利用していることが理由で、断られた。
・アパートの契約をするとき、「私 には障がいがあります」と伝え ると、障がいがあることを理由 にアパートを貸してくれなかっ た。
・スポーツクラブや習い事の教室 などで、障がいがあることを理 由に、入会を断られた。

など、障がいのない人と違う扱いを受けていること。


「合理的配慮をしないこと」
・災害時の避難所で、聴覚障がいのある人がいると管理者に伝えたのに、必要な情報が音声でしか伝えられなかった。
・交通機関を利用したいとき、どの乗り物に乗ったらいいのかわからないので職員に聞いたが、わかるように説明してくれなかった。
・役所の会議に呼ばれたので、わかりやすく説明してくれる人が必要だと伝えていたが、用意してもらえなかった。

など、障がいのない人にはきちんと情報を伝えているのに、障がいのある人には情報を伝えないこと

Q.「合理的配慮」とは何ですか。具体的な例を教えてください。
A. 合理的配慮とは、障がいのある人が日常生活や社会生活で受けるさまざまな制限をもたらす原因となる<RUBY CHAR="社","※">会的障壁を取り除くために、障がいのある人に対し、個別の状況に応じて行われる配慮をいいます。
   典型的な例としては、車いすの人が乗り物に乗る時に手助けを受けることや、窓口で障がいのある人の障がいの特性に応じたコミュニケーション手段(筆談、読み上げなど)で対応することなどが挙げられます。

 ただし、合理的配慮のために例えばお金がかかりすぎたりすることもあります。その場合、他の工夫ややり方を考えることになります。

※社会的障壁…社会における事物(通行・利用しにくい施設・設備など)、制度(利用しにくい制度など)、慣行(障害のある人の存在を意識していない慣習・文化など)、観念(障害のある人への偏見など)のこと。

 障がいのある人の特性を理解し、自分にできる配慮を心がけることで、障がい者差別を解消し、お互いに人格と個性を尊重しあいながら共生する、安全で安心して自由に暮らせるバリアフリー社会を実現していきましょう。

 健康福祉課
(086・482・2483)


*役所など、
国の行政機関・
地方公共団体*会社・お店などの民間事業者#
不当な差別的
取扱い*禁止*禁止#
障がい者への
合理的配慮*法的義務
しなければならない*努力義務
するように努力

高齢者・障がいのある人のための
町の福祉サービスのご案内

 高齢者、障がいのある人のためのさまざまなサービスを行っています。ご利用ください。


■福祉タクシー助成事業
 高齢者や障がいのある人の社会参加、生活支援を図るため福祉タクシー助成事業を実施しています。
申請開始 4月1日(金曜日)
申請場所 健康福祉課窓口
持参するもの 印鑑
対象となる人
  町内に住所を有する在宅者で前年分の住民税所得割が非課税の世帯の人で、次のいずれかの要件に該当する人(4月1日から5月31日までの間に申請される場合にあっては、前々年分の住民税所得割)
1.75歳以上だけの世帯に属する人(75歳未満の人と世帯分離している人は除きます)
2.身体障害者手帳1、2級を所持している人
3.療育手帳Aを所持している人
4.精神保健福祉手帳1、2級を所持している人
助成内容
  500円限度のチケットカードを月4枚とし、申請月分から年度末分まで一括交付します。


■緊急通報装置給付・貸与事業
 ひとり暮らしの高齢者等の突発的な事故や急病等の緊急時に速やかな対応を図るため、緊急通報装置を給付・貸与します。
対象となる人
 固定電話を設置して次の要件に該当する人
1. おおむね65歳以上のひとり暮らしの人
2. 70歳以上のみの高齢者世帯の人
3. 心身に障がいのある人
※ 利用者世帯の課税状況により、利用者負担額が必要になる場合があります。


■老人日常生活用具給付事業
 在宅支援の必要な高齢者及びひとり暮らしの高齢者に日常生活用具を給付することにより、日常生活の便宜を図ります。火災警報器、自動消火器、電磁調理器が給付対象です。
対象となる人
 町内に住所を有する在宅の人で、次の要件に該当する人
・おおむね65歳以上のひとり暮らしまたは寝たきりの人
 (電磁調理器については、心身機能の低下に伴い防火等の配慮が必要なひとり暮らしの人)
※ 利用者世帯の課税状況により、利用者負担額が必要になる場合があります。


■介護手当支給事業
 要介護認定において要介護3以上と認定された人で、寝たきりの高齢者や認知症高齢者を6ヶ月以上自宅で常時介護している介護者に介護手当を支給します。
助成内容
 自宅で介護した月を対象に、月額8,000円(6ヶ月ごとに支給)


■住宅改造助成事業
 自宅で生活する高齢者で、手すりの取付け、段差の解消など住宅の改造を行う場合、その一部を予算の範囲内で助成します。
※予算には上限があるため、先着順となります。
申請開始 4月1日(金曜日)
対象となる人
要介護認定において、要支援または要介護と認定された人で介護保険料の区分が第1段階から第5段階までの人
助成内容
 対象工事費の2/3(ただし、上限額333,000円)


■高齢者等生活用具給付事業
 在宅の寝たきり高齢者及びひとり暮らし高齢者に生活用具を給付することにより、日常生活の便宜を図ります。杖、老人手押車等が対象です。
対象となる人
 町内に住所を有する在宅の人で、次の要件に該当する人
・おおむね65歳以上のひとり暮らしまたは寝たきりの人
※利用者世帯の課税状況により、利用者負担額が必要になる場合があります。


■特定疾患患者等療養通院費助成
 特定疾患の療養のため医療機関へ通院している人に、通院費の一部として助成金を支給しています。
対象となる人
・特定疾患患者で当該疾患の療養のため医療機関に通院している人
・早島町に住所を有し、前年分の住民税所得割が非課税の世帯の人
助成内容
 通院した月が対象で、月額4,000円(6ヶ月ごとに支給)


■難聴児補聴器購入費等
 助成金交付事業
 早島町内在住の両耳の聴力レベルが30dB以上で、身体障害者手帳の交付の対象とならない18歳未満の難聴のある児童を対象に補聴器の購入費を助成します。
 なお、本人または世帯員のうち、市町村民税所得割の最多納税者の納税額が46万円以上の場合は交付対象外となります。
助成内容
 新規及び更新の補聴器購入費の2/3(ただし、別に定めた基準価格を限度額とします。更新の場合は、原則として前回購入日から5年経過後とします)


■コミュニケーション支援事業
 早島町に在住または在勤の聴覚、言語機能、音声機能その他の障がいのある人に、意思疎通を図りやすくするため、手話通訳者等の派遣を行います。利用料は無料ですが事前に手続きが必要ですので早めにご相談ください。

 健康福祉課
 (086・482・2483)

 


早島ふれあい・サポート・センター
会員募集のお知らせ

 町では、「子育ての援助を希望する人(おねがい会員)」と「子育ての援助を提供する人(おまかせ会員)」の相互援助を行う『早島ふれあい・サポート・センター』を運営しています。


随時会員を募集しています。会員登録は無料です。

会員の条件
おねがい会員(援助を希望する人)
*生後3ヶ月~小学6年生の子どものいる人
*早島町在住または在勤の人
おまかせ会員(援助を提供する人)
*早島町在住の人(年齢・性別・資格は問いません)
*心身ともに健康で、積極的に活動できる人
援助活動の一例
*保育園などの施設や習い事への送迎
*保育が困難な場合の一時保育など
利用料金など
600円/時間(おねがい会員からおまかせ会員に直接支払います)
※兄弟姉妹も預かる場合2人目からは半額
援助活動時間帯
 7:00~20:00(宿泊不可)

 早島ふれあい・サポート・センター(早島児童館内) 
 (・ 086・482・1777)


おまかせ会員おねがい会員
子育ての援助を
希望する人
子育ての援助を
提供する人
会員登録は無料

平成28年度
高齢者を対象にした肺炎球菌ワクチン予防接種のお知らせ
定期接種の対象者は毎年異なるため、接種の機会を逃さないようにご注意を!

◇肺炎球菌ワクチンとは
  肺炎球菌には90種類以上の血清型があり、定期接種で使用される「23価肺炎球菌ワクチン(一般名:23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン、商品名:ニューモバックス NP)」は、そのうちの23 種類の血清型を予防の対象としたワクチンです。この23 種類の血清型は、平成25年には成人における侵襲性肺炎球菌感染症の原因の約6割を占めるという研究結果があります。
 ※侵襲性感染とは本来は菌が存在しない血液、髄液、関節液などから菌が検出される感染症の ことをいいます。
       

接種期間  平成29年3月31日(金曜日)まで
接種場所  岡山県内の協力医療機関
接種費用の一部を公費で負担する平成28年度の定期接種対象者
 早島町在住の今までに23価肺炎球菌ワクチンを接種したことがない人で、下記の年齢となる接種希望者及び※に該当する接種希望者

対 象 者*生 年 月 日
65歳となる人*昭和26年4月2日~昭和27年4月1日生
70歳となる人*昭和21年4月2日~昭和22年4月1日生
75歳となる人*昭和16年4月2日~昭和17年4月1日生
80歳となる人*昭和11年4月2日~昭和12年4月1日生
85歳となる人*昭和6年4月2日~昭和7年4月1日生
90歳となる人*大正15年4月2日~昭和2年4月1日生
95歳となる人*大正10年4月2日~大正11年4月1日生
100歳となる人*大正5年4月2日~大正<SPA CLS=REL WD=-4>6年4月1日生
※60歳から65歳未満の人で心臓、腎臓、呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害やヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害がある人

○この制度では、今までに成人用肺炎球菌ワクチンを接種したことがない人を対象に、
 平成30年度までの間に1人1回、定期接種の機会を設けています。
○対象となる年度においてのみ、定期接種として公費助成が受けられます。
 対象となる人には対象者となる年度にご案内します。

自己負担金  3,500円
 住民税非課税世帯、生活保護世帯の人で減額・減免を希望する人は接種前に健康福祉課に申請してください。接種後に減額・減免する制度はありません。
減額・減免申請に必要な物 印鑑、個人通知のはがき
接種方法 かかりつけの医師にご相談のうえ、直接医療機関へ申し込んでください。

医療機関へ持っていく物
 健康保険証または後期高齢者医療被保険者証、個人通知のはがき
上記表※に該当する人は、身体障害者手帳または診断書

 健康福祉課(086・482・2483)


4月2日は「世界自閉症啓発デー」
 平成19年12月の国連総会において、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」とすることが決議され、全世界の人々に自閉症を理解してもらう取組が行われています。それにあわせて、我が国では、4月2日から8日を「発達障害啓発週間」としています。
 自閉症をはじめとする発達障がいについて理解を深めることは、発達障がいのある人だけでなく、誰もが幸せに暮らすことができる社会の実現につながります。
 皆さんのご理解とご支援をお願いします。

 発達障がいとは
 発達障がいとは、自閉症スペクトラムや学習障がい(LD)、注意欠陥多動性障がい(ADHD)など、脳の機能に何らかの障がいがあり、そのことによって行動や発達の遅れ、偏りといった症状が現れるものをさします。
 生まれつき脳の発達が通常と違っているために、幼児のうちから症状が現れ、通常の育児ではうまくいかないことがあります。成長するにつれ、自分自身のもつ不得手な部分に気づき、生きにくさを感じることがあるかもしれません。ですが、その特性を本人や家族・周囲の人がよく理解し、その人にあったやり方で日常的な暮らしや学校や職場での過ごし方を工夫することが出来れば、持っている本来の力がしっかり生かされるようになります。


発達障がいについての
相談窓口
 お子さんの成長の過程で発育の遅れ、言葉が遅い、落ち着きがないといった悩みがある時は、町健康福祉課、備中保健所、児童相談所、医療機関や療育支援事業所などに気軽にご相談ください。

 健康福祉課
  (086・482・2483)


4月保健ガイド
知的障がい者相談
日 時 4月13日(水曜日)
    13:00~15:00(相談時間)
場 所 栴檀の家

こころの健康相談(要予約)
日 時 4月27日(水曜日)
    13:00~14:00
場 所 栴檀の家

 健康福祉課
     (086・482・2483)


早島の人の動き
(平成28年3月1日)
前月比
町人口/12,287人(- 15人)
男 性/5,955人 (- 13人)
女 性/6,322人 (-  2人)
世帯数/4,781世帯(-  5世帯)


おくやみ
申し上げます
井上 淳子 88歳(2月1日、市場)
小郷喜代子 102歳(2月5日、金田)
藤原 智子 85歳(2月11日、弁才天)
岡 基美み 88歳(2月14日、日笠山)
佐藤 くに子 86歳(2月16日、前潟)
吉田だ 正まさ治はる 66歳(2月21日、矢尾)
栗坂 嘉子 61歳(2月28日、下前潟)

春のイベント

早島公園夜桜ライトアップ
日時4月1日~4月10日
時間平日 19:00~21:00
   土・日 19:00~21:30
会場早島公園(城山公園、国鉾公園)
※桜の開花状況により期間を変更する場合があります。また、天候不良の場合は点灯しない場合があります。


お花見を楽しむ心得4ヶ条
 気持ちよくお花見を楽しんでいただくために、次のことを守りましょう。
■路上駐車、飲酒運転をしない
■ゴミは持ち帰ること
■木の枝を折らない
■その他、他人に迷惑をかけない

コミュニティバス
下記の日程で臨時運行します。
時間は通常ダイヤです。
4月2日(土曜日)・9日(土曜日)

早島公園さくら写生大会
 早島公園のさくらの写生作品を募集します。入選作品は、表彰・展示などを行います。多数の参加をお待ちしています。
募集部門 保・幼・小・中学生及び一般
応募締切 4月13日(水曜日)までに町役場まちづくり企画課までお届けください。町内の学校関係者は、園・学校へ提出することもできます。
その他 画用紙の配布、画板の貸し出しを行います。希望者は町役場まちづくり企画課まで(数量限定、先着順)。


早島公園さくら写生講習会
日時4月4日 13:30~16:30
      受付   12:30~13:30
※雨天の場合は、4月5日(火曜日)同時刻へ順延。
集合場所 早島公園(すべり台付近)
講  師 直原 清美 氏
参加費 無料(どなたでも参加できます)
準備物 写生用具、画板、敷物等は各自でご持参ください。なお、画用紙は主催者で準備します。画板は貸出分がありますが数量限定、先着順になります。

戸川家記念館を開館します
日程4月5日・6日・7日
時間10:00~15:00
※雨天時には開館しない場合があります。
 期間中は、ボランティアガイドが戸川家記念館を
詳しく紹介します。この機会に、ぜひお越しください。
 まちづくり企画課 (086・482・0612)

早島花の銀行友の会会員募集
 花の銀行友の会の活動をご存知ですか?ハナショウブやアサガオ、菊の展示会、寄せ植え講習会、先進地への視察など、楽しいイベントが盛りだくさんです。会員に花苗や球根の配布も行っています。
 早島花の銀行友の会では、平成28年度会員を募集しています。現在、町内外から約180名の人が会員になっています。あなたも一緒に楽しく花を育てませんか。
受付場所 中央公民館 年会費 1,000円
 生涯学習課(086・482・1511)

No.215ゆるびWEEKENDコンサート
親子で楽しむ四季の音楽会
その2・春らんまん
日時4月22日
   開場18:30 開演19:00
会場ゆるびの舎・エントランスホール
※入場無料
出演者 谷口加津子(クラリネット)
     平井哲実・田中和江(ピアノ)
演奏曲目
 こいのぼり~春の小川~さくらファンタジー
 (ピアノ連弾)
 春~おぼろ月夜~早春賦(クラリネット独奏)
 ハナミズキ 他(アンサンブル)
 ゆるびの舎(086・482・4800)

お詫びと訂正
広報はやしま3月号25ページの「平成28年度スポーツ少年団団員一次募集 早島女子ミニバスケットボールスポーツ少年団」の掲載内容に誤りがありました。お詫びして訂正します。
早島女子ミニバスケットボールスポーツ少年団
入団資格  (誤)新小学1年生~6年生 女子
      (正)新小学2年生~6年生 女子  
定例活動日 (誤)17:30~19:30(水曜日) 9:00~12:00(土曜日)
       (練習予定表により、月に数回午後練習があります)
(正)17:30~19:30(水曜日) 9:00~12:00(土曜日)


図書館だより

◆ご家庭で読み終わった本の
     寄贈をお待ちしています◆
 図書館では図書の寄贈を随時受け付けています。特に、以下のような本は図書館の蔵書として活用させていただきますので、ご家庭にあればぜひ寄贈をお願いします。
・出版後およそ5年以内の本
・「るるぶ」などの旅行書や実用書(出版後およそ3年以内)
・予約の多い本(図書館WEBで確認できます)
・子どもたちのための児童書
・早島町に関する本
(ご注意)汚れ、破れ、書き込みがあるものや、すでに図書館にある本は蔵書として受入できません。お持ち帰りいただくか、図書館に処分を一任していただきますのでご了承ください。

★図書館ボランティア募集!!
 図書館で活動してくださるボランティアを随時募集しています。気軽におたずねください。
 現在図書館で活動しているボランティアグループは以下の3つです。
・はやしま本だいすきの会…図書館でお話や工作などをし ながら、町内幼稚園や保育園でのお話会も企画運営。
・おはなしの会かたつ夢り…図書館や早島小学校などでス トーリーテリングを行い、質の高いお話を目指して月1 回勉強会も実施。
・布絵本の会…布を使って温かみのある絵本を製作。図書 館でのお話会などにも参加。

☆ストーリーテリング
4月2日(土曜日) 15:00~ 1階おはなしのへや
図書館ボランティア おはなしの会かたつ夢り
 ろうそくを灯してお話を語ります。お話の世界を一緒に楽しみましょう!

☆おはなしの時間
毎週木曜日10:30~11:00
1階おはなしのへや(4月7,14,21日)
 職員による読み聞かせなどをしています。

図書館カレンダー 4月のお休み
4,11,18,25,28日
☆4/28は電話対応可☆
 町立図書館(086・482・1513)

☆かみしばいのじかん
4月10日(日曜日) 14:00~ 
1階おはなしのへや 
図書館ボランティア はやしま本だいすきの会
 絵本・紙芝居の読み聞かせや工作などをしています。

★ブックスタート★
対象者 平成27年4月生まれ以降の乳児健診対象者。
(町民課でお申し込みいただくと、図書館からお知らせハガキが届きます。
図書館でも随時実施していますが混み合うことがありますので、なるべく下記実施日をご利用ください)
実施日 4月12日(火曜日) 13:30~
実施場所 乳児健診会場(健康づくりセンター)
*ブックスタートについては、図書館に問い合わせいただくか、ウェブサイトを参照ください。
 http://www.bookstart.net

Hello Babies
こんにちは赤ちゃん

2月生まれの赤ちゃん

竹野 來夢むちゃん男の子(2月4日・備南台)父・新吾、母・歩美
住吉 美春ちゃん女の子(2月6日・中山団地)父・一正、母・千鶴
川崎 丈ちゃん男の子(2月15日・頓行)父・佑真、母・真規
大野の 鈴乃ちゃん女の子(2月21日・市場)父・雄一、母・佳子
岩津 葵仁ちゃん男の子(2月22日・若宮)父・圭亮、母・公乃美

江原 大智ちゃん男の子(平成27年7月31日生・前潟)父・邦治、母・真由子
月齢0歳7か月
メッセージ
暴れん坊&甘えん坊の大智くん。
これからも元気で大きくなってね。

赤ちゃんの写真を掲載しませんか?
詳細はまちづくり企画課
(086・482・0612)へ。
kikaku@town.hayashima.lg.jp


For Health
保健情報

「予防接種でお子さんの健康を守りましょう!」

 子どもは発育と共に外出の機会が多くなり、感染症にかかる可能性も高くなります。予防接種で免疫をつけ、丈夫な身体をつくりましょう。4月からの入園・入学に備えて、必要な予防接種をすませましょう。

◎水痘(みずぼうそう)ワクチン
 対象者 生後12か月~36か月に至るまで(1歳の誕生日前日   から3歳の誕生日の前日まで)の児
◎麻しん・風しん混合ワクチン
 対象者  1.第1期  生後12か月~24か月未満の児
          2.第2期  5歳~7歳未満で小学校入学前の1年間に    ある児
◎二種混合(ジフテリア・破傷風)ワクチン
 対象者  小学6年生(11歳~13歳未満)の児
◎ヒブ(インフルエンザ菌b型)ワクチン
対象者  生後2か月~5歳未満の児
◎小児用肺炎球菌ワクチン
対象者  生後2か月~5歳未満児
◎日本脳炎
対象者  生後90か月未満(標準は3歳)
※特例措置対象者(平成7年4月2日~平成19年4月1日生ま れで20歳未満の人)は、1期および2期の不足分(1~4回)
 を受けることができます。
《予防接種の受け方》
 1.かかりつけの医療機関で、受けようとする予防接種の接種日時などを確認し、直接予約して接種してください。
 2.予防接種予診票は、医療機関に備えてありますので、直接受診してください。
《持っていく物》
 ・健康保険証・母子健康手帳・小児医療費受給資格者証
  健康福祉課(086・482・2483)


4月こども保健ガイド

場所 ゆるびの舎・健康づくりセンター
 健康福祉課・保健師 (086・482・2483)

育児学級(4~5ヵ月児)
日時 7日(木曜日) 10:00~12:00
対象 4~5ヵ月児とその保護者
内容 親子の交流、離乳食(初期)のすすめ方
   試食など
※対象者には個人通知します。
保育相談
日時 12日(火曜日) 10:00~10:30(受付)
対象 就学前の乳幼児
内容 身体計測、栄養相談、歯科相談など
※母子健康手帳・問診票をご持参ください。
乳児健診
日時 12日(火曜日) 13:30~14:00(受付)
対象 4・7・9・12ヵ月児
内容 身体計測、内科診察、栄養相談、歯科相談など
※母子健康手帳・問診票をご持参ください。
1歳6ヵ月児健診
日時 21日(木曜日) 13:30~14:00(受付)
対象 平成26年8月~10月生まれ
内容 身体計測、内科診察、歯科診察、各種相談など
※対象者には個人通知します。

 

はやしま児童館
だより

利用できる人 0歳から18歳までの子どもとその保護者/子どもの健全育成活動を進めている団体など
休館日  毎週火曜日・国民の休日
開館時間 10:00 ~ 17:00

問い合わせ先 早島児童館
 電話/ファックス 086・483・2358
 早島町早島1297-1(早島小学校の北隣)
※駐車場はトマト銀行の北側にあります。
 自転車で来る人は小学校正門前の土壁の前に止めてください。


★ピンポンをしよう2日(土曜日)
14:00~15:00どなたでも コーチに教わりながら、楽しくピンポンを練習しましょう。自分のラケットやシューズがある人は持って来てください。初めてラケットを持つ人も参加できます。
○絵本タイム4日・11日・25日(月曜日)
14:00~14:30
18日(月曜日)
16:00~16:30小学生対象 3冊ほどの絵本や紙芝居などを読んでいます。ゆったりと聞きに来ませんか。
★オセロ大会9日(土曜日)
14:00~15:00どなたでも オセロの好きな人、トーナメントで対戦してみましょう。ルールのわかる人ならどなたも参加できます。2時からくじで対戦相手を決めますので、遅れないように来てください。
○ふれあいサロン15日(金曜日)
10:30~乳幼児親子 児童館で子どもを遊ばせながら、お母さん方もおしゃべりを楽しみましょう。10時30分頃から約1時間、役場の保健師が来ます。子育ての悩みなど気軽に話してみませんか。
○おやこひろば
「こいのぼりを作ろう」22日(金曜日)
10:00~11:00乳幼児親子 親子でわらべうたやふれあい遊び、絵本、こいのぼりの製作などを楽しみましょう。ペンやのりを使いますので、汚れても良い服装でお越しください。予約は必要ありませんので、気軽にご参加ください。
★スクエアダンスを
 して遊ぼう23日(土曜日)
14:00~15:00どなたでも 板屋澄代氏の指導で、スクエアダンスをしましょう。音楽に合わせてラジオ体操のように踊りを楽しみます。幼児から大人まで参加できます。動きやすい服装で参加してください。
★…要申し込み(就学前の幼児は保護者同伴)


かんだ子育て支援センター
あそびのひろば

〒701-0304
都窪郡早島町早島4849-1
かんだ保育園内 086・480・0580
k-shien@kurukuru.or.jp
開園日 月~土曜日
利用時間 10:00~16:00
お休み 日・祝・年末年始
*上記以外でも園行事の関係でお休みになることがあります。詳細については気軽に問い合わせてください。

4日(月曜日)11:00~お花見会
7日(木曜日)13:30~(参加自由)赤ちゃんサロン 対象 1歳半までの親子
10日(日曜日)10:00~16:00 お花見開放 お花見にいらっしゃいませんか?一日開放していますよ!
11日(月曜日)11:00~おはなしなあに
12日(火曜日)10:30~おさんぽの日 「しばふ公園に行こう」
18日(月曜日)10:00~ こいのぼり作り 親子で簡単なこいのぼりを作ろう
19日(火曜日)10:30~公園であそぼう inぞうさん公園
20日(水曜日)10:00~にこにこ赤ちゃん1回目
25日(月曜日)11:00~親子でふれあいあそび
27日(水曜日)10:00~にこにこ赤ちゃん2回目

★お花見にどうぞ10日(日曜日) 10:00~16:00
 保育園に桜の花が咲いています。お弁当もOKですよ!
(他の日もお花見を楽しんでね)

★一時保育(要事前登録)
 お子さんのお世話ができない時、一時的にお預かりします。
 早島保育園  直通電話(086・486・1231)
 かんだ保育園 直通電話(086・480・1489)
  詳しくは各保育園にお問合せください。

★にこにこ赤ちゃん〈2回で1つのコースです〉
 日 時 20日(水曜日)、27日(水曜日) 10:00~12:00
 対 象 1歳までの赤ちゃん(8組要申込)
 参加費 200円(資料代)
 場 所 早島町地域福祉センター 2Fプレイルーム
     おしゃべりしながら、情報交換!子育て仲間つくりましょ バスタオルを持ってきてね。

早島町シルバー人材センター
からのお知らせ
 
◇新規会員募集中
・当センターでは、家事援助サービスの事業をシルバーの会員になって、お手伝いをしてくれる人を募集しています。資格などは必要ありません。
・清掃、草取、埋立処分地でのごみの分別作業、ポスティング、ダンプ運転手などの仕事をしてくれる人の募集もしています。
◇今月の入会説明会は
日時 4月11日(月曜日)13:30~14:30
会場 早島町シルバー人材センター
 事務所
◇お仕事募集中
 キャリアを生かして、お役に立ちます。気軽にお電話で申し込みください。
※4月3日(日曜日)開催の「早島さくらまつり」に出店
・ 早島町早島1291ー7
 (トマト銀行裏)
 公益社団法人早島町シルバー人材 センター事務所
 (086・480・0335)
(Fax086・480・0337)
 hayashima@sjc.ne.jp


防衛省からのお知らせ
 平成28年度採用の「幹部候補生」採用試験を実施します
受付締切日 5月6日(金曜日)
 詳しくは、左記までお問い合わせください。
 自衛隊倉敷地域事務所
 (086・422・7358)
 倉敷市昭和2ー<SPA CLS=REL WD=-1>1ー3
         コスモビル3階
http://www.mod.go.jp/pco/okayama
 早島町募集相談員 黒田 澄
 (086・483・0208)
 早島町早島3991ー109


求職者支援訓練受講者募集
 求職者支援訓練とは、雇用保険を受給できない求職者の人などを対象に、全国の民間教育訓練機関が実施する「就職」を目的とした公的な職業訓練です。今回、5~6月開講コースの受講者を順次、募集します。
募集科 基礎コース・実践コース(介 護福祉、医療事務、事務分野など)
※開講日、訓練期間(3~6ヵ月)な どは各コースによって異なります。
受講料 原則無料(テキスト代などは自己負担)
※一定の要件(収入・資産など)を満たす人に対して、「職業訓練受講給付金(月10万円+交通費(所定の額))」
 が支給されるケースがあります。
 ハローワーク倉敷中央
 (086・424・3333)


JICAボランティア募集
 独立行政法人国際協力機構(JICA)は、「青年海外協力隊」及び「シニア海外ボランティア」の2016年度春募集を行います。
募集期間 4月1日(金曜日)~5月9日 (月曜日)(消印有効)
体験談&説明会
日時 4月10日(日曜日)
   11:00~シニア
   14:00~青年
会場 岡山国際交流センター7階
詳しくはホームページをご覧ください。
 JICA中国
 (082・421・6305)
http://www.jica.go.jp/volunteer/


囲碁クラブ例会報告
(2月28日 21人参加)
【成績順位】
1.森下 晴夫  初段 五勝
2.林田 正彰  6級 四勝
▽三勝者 中村 行雄 六段 ほか6人
▽昇段者 林田 正彰 6級→5級
*定例会は毎月第4日曜日開催。
*次回は、4月24日(第4日曜日)9:00~
*場所 中央公民館 会費 600円
 どうぞご参加ください。

 

いかしの舎  4月
講座・イベント情報のお知らせ
・ いかしの舎(086・483・1243)

●うたごえ喫茶
 4月7日(木曜日)
 13:15~14:45
 4月26日(火曜日)
 10:00~11:30
 参加費1,500円
 ※1ドリンク、お茶菓子付
 会場 母屋2階
●折り紙教室
 4月12日(火曜日)
 10:00~12:00
 参加費1,620円
 (1ドリンク、材料費含む)
※初めての人1ドリンク、材料費 のみ、要予約
 会場 第二展示室

 

今月の情報 Pick up!
はやしまふれあい講座にご参加ください

4月の
講座
ウォーキング
おかえり、シニア世代 健康にいいことしていますか?
歴史探訪「早島の4ヶ所寺院めぐり」

●日  時 4月15日(金曜日)9:00~12:00
      雨天決行 国鉾公園で休憩、早島公園で写真撮影
●集合場所 早島中央公民館
●講  師 事業担当者
●写真代 200円
●定  員 50名
●その他 傷害保険料含む

 町民活動支援センター(中央公民館内 086・482・3771)
  NPO法人ふれあいネットはやしま・渡辺(090・4145・2374)


第11回早島町民グラウンド・ゴルフ大会のご案内

 第11回早島町民グラウンド・ゴルフ大会ペア戦にふるってご参加ください。
日  時 5月16日(月曜日)雨天の場合は5月23日(月曜日)
場  所 深砂運動公園 野球場
資  格 早島町在住者
大会内容 夫婦ペア・男女ペア・女性ペア・男性ペア
午前の部 9時集合 9時30分ゲーム開始
午後の部 13時集合 13時30分ゲーム開始
     (申込時に全ペア抽選で午前・午後の部に組み分け)
参加費 1ペア 500円
申込み 受付 4月14日・15日(木・金)9時~12時厳守
     早島町中央公民館 町民活動支援センター
主  催 早島町グラウンド・ゴルフ実行委員会
後  援 早島町・早島町教育委員会・町民活動支援センター
問合せ先 実行委員会 磯山(090・7974・0238)


鬼面づくり教室受講生募集
 早島伝統の技法で鬼面づくりに挑戦してみませんか?秋祭りには完成した鬼面をかぶって町を練り歩きます。鬼の面を通してみる町の景色は、いつもと違って見えるかもしれません。秋祭りの他にも、オリジナルの鬼面の出番はたくさんあります。ぜひ挑戦してみてください。
開講日
4月20日(水曜日)18:30~
以降原則として第1・3・5水曜日
18:30~20:00
 詳しい日程は次のとおり
4月20日、5月18日、6月1日・15日・29日、7月6日・20日、8月3日・17日・31日、9月7日・21日、10月5日
全13回予定
参加費 7,000円 (材料費含む)
募集人数
 15名程度(町内・初心者優先)
主  催 百鬼会
申込み 4月10日(日曜日)まで
 中央公民館
 (086・482・1512)


平成29年 歌会始

お題 「野」
詠進の期間 9月30日(金曜日)まで
 詳しくは、郵便番号・住所・氏名を書き、返信用切手を貼った封筒を添えて左記へ問い合わせるか、宮内庁ホームページをご覧ください。

 宮内庁式部職儀式第二係
 〒100-8111
 東京都千代田区千代田1-1
 http://www.kunaicho.go.jp/

心映の投句
俳句・短歌

第478回早島俳壇定例句会作品坪井日出夫 選
薄氷の動き大きく溝動く 石井 宏幸
  溝に張り詰めていた薄氷が朝日に緩んだのか、瞬間少しだけ動いた。と、薄氷全体が動き、まるで溝全体が大きく動いたかのように見えた。

霜解の珠と光りてこぼれけり^t郷原 和美
  梢の霜かあるいは草の霜か。朝日に解けた滴が、まるで美しい真珠のように光り輝きながらこぼれ落ちた。

丸窓や土ときめきて福寿草     佐藤惠美子
  丸窓があると言えば洋風な建物なのかあるいは寺院か。ようやく春がやって来たとときめく土に、その春を告げるかのように福寿草が黄色の可愛い花を咲かせた。


空に住む夫より便り春の雪     大崎 弘子
啓蟄や止まれば聴こゆ重力波    豊澤  武
風花のしなやかに風したたかに   坪井 信幸
早春の光に励む母の試歩      滝沢 寿子
太陽の下へ下へと冬の雲      佐野  緑
春泥を避けて外野へノツクする   谷水 勝利
牡丹の冬芽紅満を持す       中村 清子
春の庭日ごとに色の増えにけり   石井美由紀
温む水こはさぬやうに手を洗ふ   青葉 恵子
寒風に竹の切り口笛奏ず      佐々木正俊
湯気立てて裸相搏つ会陽かな    佐藤  寛
早梅の庭にほつほつ旅戻る     筑後 道明

春寒しまだ適はぬと聞く見舞    坪井日出夫

▽石井宏幸特選三句
紅梅や犬語人語と込み合へる    豊澤  武
春光や大窯展の五石甕       佐野  緑
畑打つて打つて孤独を遠ざくる   坪井 信幸
 *毎月第二日曜日13時30分から中央公民館で句会を行っています。
 *俳句は五・七・五であること、季語が入っていることが約束です。
 *どなたでも十句を用意してご参加ください。
 *問い合わせ
坪井(086・483・2157)
筑後(086・482・2339)


早島短歌会二月詠草小見山 輝 選
春に咲く金鳳花の花がはやも咲き正月の今日も咲きつづく不思議      岡本 稔子
自らが光を放つごと光り北斗七星は北天にかかる             川上 安代
昆布巻を黒豆を煮てきんとんを作りお節を整へて正月を待つ        篠田 邦子
看護師になりたいといひゐし孫娘が「合格した」と電話してくる      鈴木 信子
心まで流されてはならぬと言ふ釜石の人の言葉に涙を流す         田中美代子
鬼ノ城の上より見てゐる吉備平野その<RUBY CHAR="昔","かみ">ここはすべて海なりし       溝手 和子
毎年の年末年始の<RUBY CHAR="族","うから">の集ひは十五人を数ふ大家族なり           安原 敏子
陽がさせば汗ばむほどの暖かさ空では白雲を北風が押す          安原 知子

▽撰者詠草
木枯しが銀の砂子を置いてゆきし大路の辻に明日が来てゐる

 *どなたでも「一首から五首まで」お持ちくだされば参加できます。
 *短歌会は奇数月は第三土曜日、偶数月は第四土曜日いずれも9時30分から12時まで、早島町中央公民館で開催。
 *講師 小見山 輝 氏
 *問い合わせ安原(086・482・1808)


祝町制120周年
町役場に懸垂幕
町制施行120周年を迎えた2月26日、町役場前で懸垂幕の掲揚式を行いました。多数の来賓と町民が見守る中、「祝 町制施行120周年」と記された懸垂幕を掲揚しました。掲揚式では、万歳三唱をして、120年の歴史を祝うとともに今後のさらなる町の発展を祈念しました。最後に会場に集まった人たちと、懸垂幕を背景に集合写真を撮影し、町の記録に新たな1枚が加わりました。
 町では、平成28年度に町制施行120周年記念事業の実施を予定しており、今後、広報紙や町ウェブサイト、公式フェイスブックページを通じて詳しい内容をお知らせする予定です。

美しい歌声で観客を魅了
第18回“ゆるび”コーラスフェスティバル

第18回“ゆるび”コーラスフェスティバルが2月21日、ゆるびの舎・文化ホールで開催され、早島町とその近隣のコーラスグループ11団体が一堂に会し、美しい歌声を披露しました。
 各コーラスグループはこのコーラスフェスティバルのために日々練習を重ね、年々レベルアップされた歌声とグループごとに違った個性的な演出で毎年観客を魅了しています。全団体の演奏後、観客・出演者全員で童謡の「ゆき」「春が来た」「ふるさと」を大合唱し、終演となりました。来場からは「元気をもらった」「各団体、選曲や衣装が色々楽しめた」などの感想が寄せられました。


100歳おめでとうございます
渡邉 春子さん(長津・畑岡)

2月28日、渡邉 春子さんが満百歳を迎えられました。町ではお祝状と記念品を手渡し、長寿をお祝いしました。
 渡邉さんは大正5年2月28日、岡山市南区内尾生まれで、結婚を機に早島町に来られました。夫婦で米やい草を栽培し、手芸を楽しまれていたそうです。2男1女を育てられ、現在は孫6人ひ孫7人がおられます。
 長寿の秘訣は、好き嫌いをせずに食事をすることだそうです。今後も長寿をお祈りしています。


空手 白蓮会館
第2回ローズカップ
  福島茜さん 3位に!!

空手道選手権大会が福山市緑町屋内競技場ローズアリーナで開催され、白蓮会館から初級小学3・4年女子の部に出場。福島茜さんは、横蹴り・膝蹴りの技が得意。みごと3位となりました。今後の活躍が楽しみです。


アルペンスキーで国民体育大会 冬季大会に出場
鎌田 楓加さん(市場)

2月20日から岩手県安比高原スキー場で開かれた第71回国民体育大会冬季大会 アルペンスキー ジャイアントスラローム少年女子の部に鎌田 楓加さん(市場)が出場しました。
 スキーは幼少期に始め、小学生からはアルペンスキーに取り組み、冬場は県北や鳥取、春には長野で練習を積み、国体では少年女子の部132人参加のなか、62位となりました。国体のコースは難しいものでしたが、全力を尽くしました。


早島っ子サポートボランティアの皆さんに感謝!
学校応援団に加わっていただける人を
募集しています

心豊かに、たくましく、未来を拓く早島っ子が育つ町づくりに向けて、「早島っ子サポートボランティア」の皆さんが地域貢献の活動に尽力されています。朝早くから、登下校の見守りや子どもたちへのさわやかな声かけにと、子どもたちはボランティアの皆さんから多くの元気をいただいています。また、学校の草刈りや机の天板の整備、放課後・土曜はやしま塾の学習支援や放課後教室での子どもたちの見守りなど、地域のボランティアの皆さんの温かい思いや眼差しが、子どもたちの健やかな成長に大きくかかわっています。皆さんの心遣いに心から感謝しています。
 幼稚園の保育や小学校・中学校の授業、放課後・土曜はやしま塾の学習支援、部活動支援、環境美化や施設整備、絵本の読み聞かせや図書館での読書活動のお手伝いなど、得意分野を活かした学校応援団に加わっていただける人を募集しています。気軽にお問い合わせください。

 教育委員会学校教育課(担当 野田)
(086・483・2211)
E-mail:hayashimagaku@town.
hayashima.lg.jp


第10回町民グラウンド・ゴルフ大会(選手権大会)
河北憲一さん(日笠山)
チャンピオンに

2月8日矢尾G・G場で町民グラウンド・ゴルフ大会27年度各大会上位者64名による選手権大会を開催。河北さんが日頃の練習成果を発揮し、好スコアで栄冠を勝ち取り、表彰式では高橋 潔副町長から栄誉を称えられました。今年度は各大会参加者も増え、健康増進、親睦交流、地域間交流を図り、生涯スポーツ活動の輪が広がりました。次回大会に多数の参加をお待ちしています。

記録・成績表(敬称略)
高齢者表彰
男性 安原 武志(塩津・83歳)23位
女性 川上 政子(イトーピア・81歳)7位

1位*河北 憲一*日笠山#
2位*亀山 吉裕*宮 崎#
3位*大井 典子*舟 本#
4位*小田 徳義*日笠山#
5位*佐藤 英治*前 潟

亀山さん

河北さん

大井さん

 

4月の無料相談
教育相談 7日・14日・21日・28日(木曜日) 13:00?17:00 ゆるびの舎 学校教育課086・483・2211
行政相談 12日(火曜日) 13:00?14:00 オアシス早島 総務課086・482・0611
心配ごと相談・児童相談1 2日(火 ) 13:00?14:00 オアシス早島健康福祉課086・482・2483
人権相談 13日(水曜日)  9:00?12:00  ゆるびの舎2階集会室 町民課086・482・2482
知的障がい者相談 13日(水曜日) 13:00?15:00  栴檀の家 健康福祉課086・482・2483
夜間納税相談 13日(水曜日)・14日(木曜日) 17:30?20:00  町役場 税務課086・482・2484
こころの健康相談(要予約) 27日(水曜日) 13:00?14:00  栴檀の家 健康福祉課086・482・2483


早島町ふるさと納税
タイアップ事業者を募集します
 町では、ふるさと納税返礼品を町と連携して寄附者に贈呈していただける事業者(個人)を募集します。
 早島町ふるさと納税タイアップ事業者として、町へふるさと納税寄附金をお寄せいただいた人に返礼品を送付いただき、町が事業者(個人)に商品代金を支払うものです。
 商品の販路拡大、宣伝効果も見込める事業です。町内事業者(個人)もしくは町にゆかりのある事業者(個人)の皆さん、ぜひご応募ください。
 なお、詳細は、早島町ふるさと納税タイアップ事業者募集要項をご覧ください。
 募集要項は、まちづくり企画課にあります。また町ウェブサイトにも掲載しています。


〈寄附から返礼品の発送、支払いまでの流れ〉

1.早島町に寄附が行われ、返礼品が選択される。
2.早島町が事業者へ返礼品を発注する。
3.事業者が寄附者へ返礼品を発送する。
4.事業者が早島町へ代金を請求する。
5.請求後概ね30日以内に早島町が事業者へ代金を支払う。

・寄附の申込み
 返礼品の選択
・返礼品の発注・発送依頼
・返礼品の発送
・代金請求
・支払い(請求後概ね30日以内)

 

まちづくり企画課 (086・482・0612)
 kikaku@town.hayashima.lg.jp


広報はやしま 4月号
 平成28年4月1日発行  (通巻1901号)
■編集・発行 早島町役場まちづくり企画課
 〒701-0303 岡山県都窪郡早島町前潟360-1
■電話 086・482・0612 ■ファックス 086・482・3405
■E-mail  kikaku@town.hayashima.lg.jp
■URL http://www.town.hayashima.lg.jp

お問い合わせ先
早島町役場 まちづくり企画課
〒701-0303 岡山県都窪郡早島町前潟360-1
電話番号:086-482-0612

お問い合わせはこちらから

みなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか。
内容は分かりやすかったですか。
役に立ちましたか。