現在の位置

広報はやしま平成28年8月号


早島の良さをPR
早島町への定住促進に向けた
新たな取組を実施!

 早島町では、子育て世代をはじめとした定住人口の増加による持続可能な地域づくり、活力あるまちづくりを推進するため次の事業を新たに実施します。

結婚定住奨励事業
 結婚したら早島へ!倉敷結婚相談所に登録していた人が結婚後夫婦で早島町に定住する場合、町内の商店等で利用できる10万円分の商品券を交付します。

3年間のモデル事業として実施し、新生活に向けた費用負担の軽減を図ります。
倉敷結婚相談所へ夫婦いずれかが登録していたことが必要です。
平成28年4月1日から平成31年3月31日までの間に結婚し、その時点で夫婦いずれかの年齢が40歳未満であることが必要です。
夫婦ともに結婚から2か月以内に早島町へ住民登録しており、町への定住の意思を有していることが必要です。

空き家情報バンク制度の開始
 空き家の利活用を考えている人はいませんか?
 町内に空き家をお持ちの人から物件情報を登録いただき、町への移住を希望する人へ空き家の購入・賃貸情報を提供する「空き家情報バンク」制度を開始しました。(一社)岡山県宅地建物取引業協会・不動産協会と協定を締結し、ウェブサイト「住まいる岡山」にて情報提供を行うなど、官民協働で定住促進を進めます。
空き家バンク制度の流れ
1空き家所有者は、所有物件の登録を町に申請します。
2町は宅地建物取引業協会・不動産協会が運営する協議会に、取引の仲介を希望する宅地建物取引業者を募集し、空き家所有者・仲介業者を交えた空き家下見会を実施するなど、両者のマッチングを支援します。
3空き家所有者は取扱希望のあった仲介業者の中から1社を選定し、媒介契約を締結します。
4町は「空き家情報バンク」に物件情報を登録し、ウェブサイトにて情報提供を行います。
5空き家利用希望者は物件の内容について仲介業者に直接問い合わせを行い、その仲介で空き家所有者との間で契約を締結します。
注意.提供いただいた情報のうち、物件情報に限り公表します。登録者の氏名・連絡先等は仲介する宅地建物取引業者にのみお知らせします。
注意.町は契約等の交渉へ直接関与しません。また登録物件について、買取りや借受け、修繕等の維持管理を行うことはありません。

空き家利活用助成事業
 町内に所在する空き家について、居住のための改修費用や家財道具の処分整理等に要する費用について助成を行います。3年間のモデル事業として実施し、空き家を利活用できる状態にして、定住人口の増加と地域の活性化を図ります。

改修等に対する助成について
 空き家の居住部分の機能回復のための修繕工事や設備改善のための改修工事について、その1/3を助成します。
30万円以上の工事を実施している場合に限ります。
助成の上限額は、1件につき30万円です。
外構、植栽工事やエアコン等電化製品の購入・設置などは対象外です。


家財整理に対する助成について
 空き家内の家財道具の搬出や処分委託、ハウスクリーニング等に要する経費について、その1/2を助成します。
10万円以上の事業を実施している場合に限ります。
助成の上限額は、1件につき20万円です。
業者に委託せず、自ら処分等を実施する場合などは対象外です。

注意.早島町空き家情報バンクへの登録物件が対象です。
一物件に対して、改修等と家財整理で各1回の助成を受けることができます。
空き家について売買・賃貸借契約等が成立後、6か月以内に着手する事業が対象です。

その他詳しい内容・条件については、まちづくり企画課までお問い合わせください。
問 まちづくり企画課(?086・482・0612)

特集2
町制120周年を迎える我が町
はやしま役場ものがたり

 今年は町制施行120周年の記念の年です。120周年の記念式典は12月4日(日曜日)を予定していますが、今から29年前の昭和62年3月27日、町制施行90周年の記念式典と合わせて役場新庁舎の落成式が開催されました。
 新庁舎の落成にともない75年間早島の歴史とともに歩んできた旧庁舎は解体され、跡地は小学校の小運動場に生まれ変わりました。
 現在の役場庁舎は、実は3代目。今回はこの3代にわたる役場庁舎の歴史をたどってみましょう。

【始まりは借家から】
 明治9年(1876)、早島村東分・西分と金田村、宮崎村が合併し、現在の町域には早島村、前潟村、矢尾村の3つの村が存在しました。そして明治16年(1883)、この3つの村を管轄する戸長役場が早島村に置かれ、事務所は後に町の収入役を勤めた太田 淳二の持ち家を借り受けて業務にあたりました。その時の様子を太田 淳二が残した「晴軒日誌」に次のように記されています。
 
 7月12日 晴
   瓜生茂三九より小生宅持ち家なる向店を、本村役場に借し呉まいかとの事、家賃は1ケ月2円位
 7月13日 晴
   向店取換に決定し、片付
 7月15日 晴
   本日向店へ役場移転す

 早島の役場の始まりです。場所は県道に面した今の中国銀行のあたりといいます。それまでは、戸長の自宅を事務所代わりに使っていたのかもしれません。
 その後明治22年(1889)町村制が施行されると、早島、前潟、矢尾の3村が合併して早島村となり、7年後の明治29年(1896)町制を施行し、現在の早島町が生まれました。こうして地方制度が整備され、町村の組織、権限なども定められる中で、役場の仕事も増え、借家住まいでは手狭になっていきました。
 明治31年の「晴軒日誌」6月19日の記述に「町会に出席し、明治30年度の決算報告があった。(中略)繰越金608円のうち550円を1カ年の定期貯金とし、役場建築準備金とする」とあり、町制施行の早い時期から役場建築の計画があったことが分かります。

【自治行政ノ重要ナルヲ感知シ】
 しかし、実際に役場庁舎が建設されたのは、早島が町制を施行してから16年後の大正元年(1912)のことでした。この間、町では宇野線の早島駅誘致運動や、日露戦争などさまざまな課題に直面しており、庁舎の建設は先送りされたのかも知れません。
 さて、当時の工事報告を見ると、旧庁舎は、駐在所や小学校の納屋などと合わせて建てられ、経費削減のため小学校の校舎の廃材や、製材の残木なども利用したとあります。
 建築場所は県道に面した、旧陣屋・小学校の南、建物の本体工事は明治45年7月1日(同年7月30日明治から大正に改元)に着工し、大正元年9月24日に竣工しました。役場の敷地面積は106坪、建物は木造2階建てで48坪余り、建築費は当時の金額で1358円で町内の上田 峰助が請け負いました。外観は、長い板材を横に用い少しずつ重なり合うように取り付けた下見板張り、ペンキ塗装という洋風のモダンなものでした。
 庁舎の竣工式で、町長の佐藤 禎太郎は、「…断然(庁舎)新築の議を決し、工事の完成に勉められたるは、全く自治行政の重要なるを感知し、本町の発展を熱望せらるる結果に外ならず…」と式辞で役場が自治行政、町政発展の拠点となることの決意を新たにしました。
 その後、大正の米騒動、第2次世界大戦、戦後の諸改革、藺草産業の盛衰、国道2号バイパスの開通と団地の造成等など、75年の長きにわたり、早島町の姿を見守ってきた庁舎も老朽化や手狭さから、新庁舎の建設が望まれるようになりました。しかし、時の大崎 英雄町長は、

  (旧庁舎は)自治体の仕事量の増加、人口増に伴う職員数増加による狭隘感、住民サービス面での構造上の欠陥、建物の沈下、傾斜等からくる危険感等、日毎年毎に不自由、不便感が増大しておりましたが、老朽化した教育施設、住民の福祉施設優先という考えから、辛抱するという方針で庁舎建築を伸ばしてまいりました。(新庁舎落成式式辞)

と、新庁舎建設を先送りしてきました。
【住民自治、地域福祉の拠点として】
 新庁舎建設が具体的に動き始めたのは、昭和47年に「早島町役場庁舎建設整備基金」の設置条例が可決され、建築資金の積み立てが始まってからでした。新庁舎建設に当たっては昭和50年、当時流布されていた中央公民館隣接説に反対する住民運動が起こるなど、建設場所が大きな問題となりました。
 そこで町では、新庁舎とインターチェンジ建設を特別課題として盛り込んだ「早島町土地利用計画」を昭和53年に策定し、翌54年には「新庁舎建設に関する調査研究協議会」を設置しました。協議会では町の20年後を想定した新庁舎の機構、規模、付帯施設、面積などを検討し、昭和55年にこれら基本事項について答申を行いました。そして、この答申を受け翌56年1月16日、「新庁舎建設用地調査審議会」を設置、土地利用計画で示されたA案(現在地=旧役場)B案(県道に沿った東西移動案)C案(国道2号を北限とした南北移動案)の3案にこだわらず自由な立場で、前後5回にわたり集中審議し、4月22日に「南移動で用地選定」を骨子とする答申をまとめました。
 その後、昭和58年から用地買収に着手し、昭和62年3月27日に前述の町制施行90周年記念式典と合わせて、竣工式が行われました。
 その日の式辞の中で大崎町長は庁舎新築の意義について次のように述べています。

  庁舎はいくら立派であっても、建物そのものが直接に住民の福祉を高めるものではありません。毎日ここに勤める全職員が、心を一つにして公務員精神に徹すること、つまり住民への心からの奉仕、住民福祉を守り高めることを唯一の責務として精励すること、それ以外にないと考えます。優しく、親切ていねいに、いつも笑顔で、しかも誠実に、おごらずたかぶらず、毎日の仕事に真剣に取り組むことができれば、はじめて住民の皆さまから、庁舎の新築について祝福をうけられるものと思います。

 かつては、時の為政者の命令を伝える場所であった役場も、時代とともにその果たす役割は変化していきました。役場庁舎が現在の地に移転して30年が経過しようとしている今、この式辞に込められた思いを、私たち職員一人ひとり、常に問い直してまいります。
 そしてさらに、この町政施行120周年を機に、町の歩んだ120年を見直し、新たな未来を見つける、町づくりの拠点、シンボルとして皆さんにより親しまれる役場として新たな一歩を踏み出していきます。

【明治41年頃の役場】
 『当時の町役場は、今の中銀早島支店のあるところで民家を使用し、島村町長、早川助役庶務、太田収入役、畑書記勧業係、栗坂書記衛生係、友野書記戸籍兵事係、寺山書記と私とが税務係、使丁(用務員)は青葉 五三郎氏の計九名とほかに外部まわりの臨時使丁がおりました。
 以上の役場員は、畳の上に机、椅子での執務をしており、時間の制限もなく通常日歿までの勤務、徴税令書発送二、三日前は徹夜が続き、徹夜勤務のばあいは、町費で夜食うどんが出ました。
 役場職員の服装は全員和服、ただ畑書記のみは夏は「せいじ」、夏以外は「びんろうじ」の紋付羽織常用で目立っていました。
 その当時の町会議員は、一流の人格者のつどいで、選挙運動などは皆無に近く、有権者は、年齢、納税額の制限をうける男子のみに限られていたため少数でした。会議場は妙法寺を多く使用していました。』
(はやしま週報版「早島七〇年史話」太田 宗高氏寄稿文より 昭和41年6月2日号)

【始まりは借家から】
 明治9年(1876)、早島村東分・西分と金田村、宮崎村が合併し、現在の町域には早島村、前潟村、矢尾村の3つの村が存在しました。そして明治16年(1883)、この3つの村を管轄する戸長役場が早島村に置かれ、事務所は後に町の収入役を勤めた太田 淳二の持ち家を借り受けて業務にあたりました。その時の様子を太田 淳二が残した「晴軒日誌」に次のように記されています。
 
 7月12日 晴
   瓜生茂三九より小生宅持ち家なる向店を、本村役場に借し呉まいかとの事、家賃は1ケ月2円位
 7月13日 晴
   向店取換に決定し、片付
 7月15日 晴
   本日向店へ役場移転す

 早島の役場の始まりです。場所は県道に面した今の中国銀行のあたりといいます。それまでは、戸長の自宅を事務所代わりに使っていたのかもしれません。
 その後明治22年(1889)町村制が施行されると、早島、前潟、矢尾の3村が合併して早島村となり、7年後の明治29年(1896)町制を施行し、現在の早島町が生まれました。こうして地方制度が整備され、町村の組織、権限なども定められる中で、役場の仕事も増え、借家住まいでは手狭になっていきました。
 明治31年の「晴軒日誌」6月19日の記述に「町会に出席し、明治30年度の決算報告があった。(中略)繰越金608円のうち550円を1カ年の定期貯金とし、役場建築準備金とする」とあり、町制施行の早い時期から役場建築の計画があったことが分かります。

【自治行政ノ重要ナルヲ感知シ】
 しかし、実際に役場庁舎が建設されたのは、早島が町制を施行してから16年後の大正元年(1912)のことでした。この間、町では宇野線の早島駅誘致運動や、日露戦争などさまざまな課題に直面しており、庁舎の建設は先送りされたのかも知れません。
 さて、当時の工事報告を見ると、旧庁舎は、駐在所や小学校の納屋などと合わせて建てられ、経費削減のため小学校の校舎の廃材や、製材の残木なども利用したとあります。
 建築場所は県道に面した、旧陣屋・小学校の南、建物の本体工事は明治45年7月1日(同年7月30日明治から大正に改元)に着工し、大正元年9月24日に竣工しました。役場の敷地面積は106坪、建物は木造2階建てで48坪余り、建築費は当時の金額で1358円で町内の上田 峰助が請け負いました。外観は、長い板材を横に用い少しずつ重なり合うように取り付けた下見板張り、ペンキ塗装という洋風のモダンなものでした。
 庁舎の竣工式で、町長の佐藤 禎太郎は、「…断然(庁舎)新築の議を決し、工事の完成に勉められたるは、全く自治行政の重要なるを感知し、本町の発展を熱望せらるる結果に外ならず…」と式辞で役場が自治行政、町政発展の拠点となることの決意を新たにしました。
 その後、大正の米騒動、第2次世界大戦、戦後の諸改革、藺草産業の盛衰、国道2号バイパスの開通と団地の造成等など、75年の長きにわたり、早島町の姿を見守ってきた庁舎も老朽化や手狭さから、新庁舎の建設が望まれるようになりました。しかし、時の大崎 英雄町長は、

  (旧庁舎は)自治体の仕事量の増加、人口増に伴う職員数増加による狭隘感、住民サービス面での構造上の欠陥、建物の沈下、傾斜等からくる危険感等、日毎年毎に不自由、不便感が増大しておりましたが、老朽化した教育施設、住民の福祉施設優先という考えから、辛抱するという方針で庁舎建築を伸ばしてまいりました。(新庁舎落成式式辞)

と、新庁舎建設を先送りしてきました。
【住民自治、地域福祉の拠点として】
 新庁舎建設が具体的に動き始めたのは、昭和47年に「早島町役場庁舎建設整備基金」の設置条例が可決され、建築資金の積み立てが始まってからでした。新庁舎建設に当たっては昭和50年、当時流布されていた中央公民館隣接説に反対する住民運動が起こるなど、建設場所が大きな問題となりました。
 そこで町では、新庁舎とインターチェンジ建設を特別課題として盛り込んだ「早島町土地利用計画」を昭和53年に策定し、翌54年には「新庁舎建設に関する調査研究協議会」を設置しました。協議会では町の20年後を想定した新庁舎の機構、規模、付帯施設、面積などを検討し、昭和55年にこれら基本事項について答申を行いました。そして、この答申を受け翌56年1月16日、「新庁舎建設用地調査審議会」を設置、土地利用計画で示されたA案(現在地=旧役場)B案(県道に沿った東西移動案)C案(国道2号を北限とした南北移動案)の3案にこだわらず自由な立場で、前後5回にわたり集中審議し、4月22日に「南移動で用地選定」を骨子とする答申をまとめました。
 その後、昭和58年から用地買収に着手し、昭和62年3月27日に前述の町制施行90周年記念式典と合わせて、竣工式が行われました。
 その日の式辞の中で大崎町長は庁舎新築の意義について次のように述べています。

  庁舎はいくら立派であっても、建物そのものが直接に住民の福祉を高めるものではありません。毎日ここに勤める全職員が、心を一つにして公務員精神に徹すること、つまり住民への心からの奉仕、住民福祉を守り高めることを唯一の責務として精励すること、それ以外にないと考えます。優しく、親切ていねいに、いつも笑顔で、しかも誠実に、おごらずたかぶらず、毎日の仕事に真剣に取り組むことができれば、はじめて住民の皆さまから、庁舎の新築について祝福をうけられるものと思います。

 かつては、時の為政者の命令を伝える場所であった役場も、時代とともにその果たす役割は変化していきました。役場庁舎が現在の地に移転して30年が経過しようとしている今、この式辞に込められた思いを、私たち職員一人ひとり、常に問い直してまいります。
 そしてさらに、この町政施行120周年を機に、町の歩んだ120年を見直し、新たな未来を見つける、町づくりの拠点、シンボルとして皆さんにより親しまれる役場として新たな一歩を踏み出していきます。

陣屋 年頭被露絵図屏風
 江戸時代の役所といえば陣屋。陣屋は御役所と呼ばれ、必要に応じて庄屋などの村役人を呼び出し命令などを伝えました。

新築当時の町役場

現在の庁舎

早島郵便局電信室
 民家に間借りの役場の執務風景もこんな様子だったのかも知れません。


わかみや保育園入園児募集
入園申込受付期間 8月15日(月曜日)~8月31日(水曜日)
         (土・日は除く 8:30~17:15)
 入園申込書・申込案内は8月8日(月曜日)から町役場健康福祉課の窓口で配布します。

 わかみや保育園の開園は本年11月です。わかみや保育園の11月の入園児を募集します。
●申し込み
 1.入園申込書 2.支給認定申請書 3.印鑑 4.就労証明書など  その他関係書類を添えて提出してください。
  書類に不備がある場合は受付できませんので申込案内をよく読んで申し込みをしてください。
 ※新規申込の人 1.~4.が全て必要です。
 ※町内の他の保育園等に入園希望を出している人(待機中) 1.、3.が必要です。
  入園申込受付期間は8月15日(月曜日)から31日(水曜日)までです。ご記入後は町役場健康福祉課に提出してください。
  なお、必要書類は8月8日(月曜日)から町役場健康福祉課でお渡しします。
●対 象
  早島町在住で、保育を必要とする次のいずれかの事由に該当し、保育所での保育が必要であると認められた乳幼児
 1.自宅外で労働をしている。
 2.自宅内で家事以外の労働をしている。
 3.出産前後2ヶ月以内である。
 4.疾病、心身の障がいで児童の保育が困難である。
 5.病人などの看護で児童の保育が困難である。
 6.家屋を失うなどの災害を受けてその復旧を行っている。
 7.求職活動を継続的に行っている。
 8.保護者の就学により児童の保育が困難である。
 9.児童虐待が行われているまたは行われるおそれがある。 
 ※労働を理由に申し込みをされる人は、週4日以上勤務し、週16時間以上(月64時間以上)の就労を常態としている場合。
●募集定員等
 約60名(生後57日から就学前までの児童)
●保育時間・開所時間
 月~土曜(7:00~19:00) 
 ※18:00~19:00については、別途延長保育料が必要です。
●承諾通知(入所の諾否)
 平成28年10月上旬送付予定
 ※入所は申込受付順ではありません。
 ※希望者が多数の場合には入所できないことがあります。
 ※受付期間を過ぎて提出した場合は希望月に入所できないことがあります。
 ※申込書の記載内容について、勤務先等に確認させていただく場合があります。
 ※わかみや保育園についての詳しい内容は申込案内を参照ください。
 ※12月以降の途中入所の申込は、希望月の2ケ月前までに書類を提出してください。

問 健康福祉課
(086・482・2483)

夏の交通事故防止
 夏休みの時期は、イベントや旅行など外出の機会が増えます。ちょっとした油断で、楽しい行事が悲しい思い出と
ならないよう、次のことに注意しましょう。

思いやり  車社会の  あいことば

■早島町内 人身交通事故発生状況 (平成28年1月1日~5月31日)
件数 死者 負傷者数
 対前年比  対前年比  対前年比
39 △6 0 △2 44 △9


1 旅行の計画は
  ゆとりを持って!
  レジャーシーズンは道路が大変混雑します。計画を立てるときには、事前に地図やインターネットなどで行き先までの交通状況を十分に調べておきましょう。また、交通渋滞に巻き込まれることも予測して、時間的に無理のない余裕のある計画を立てておきましょう。

2 運転はゆとりをもって
  交通ルールの遵守が大切!
  交通渋滞により道路が混雑すると気分的にイライラしがちですが、決して焦らずゆとりのある運転を心がけましょう。また、旅行などでは、運転が長時間・長距離にわたることがあり、特に帰りには疲れがたまりますので、あまり無理をせず、早めに休憩をとるとともに、合図、信号などの基本的な交通ルールを遵守しましょう。

3 全席シートベルト・
  チャイルドシートを
  着用しましょう!
  夏はシートベルト等の非着用による死傷者が増加する傾向にあります。シートベルトは、万一の際、あなたや家族を守る命綱です。車に乗ったら、必ず全ての座席でシートベルトを着用しましょう。また、6歳未満の子どもを同乗させる際には、必ずチャイルドシートを着用しましょう。

4 子どもの事故に
  気をつけましょう!
  夏休みには、子どもたちの外出機会が増えます。子どもたちが出かける前に、「交通事故に気をつけて」と一声かけるなど、家庭でも注意してください。また、車を運転する時は、子どもたちの動きに十分注意し、思いやりと早めのブレーキを心がけましょう。

5 夜間は特に注意が
  必要です!
  夏祭りや花火大会など、夏は夜に外出する機会が増えます。夜間に出かけるときは、運転者が早く気づくよう、夜光タスキなどの反射材やLEDライトを着用しましょう。また、運転者も、視界が悪くなる夕暮れ時から夜間には、早めのライト点灯と上向きライトへのこまめな切り替えで、危険を早期に発見できるようにしましょう。

6 飲んだら絶対に
  車に乗ってはいけません!
  飲酒運転は、お酒の量や乗る距離は関係ありません。地域の夏祭りなどでお酒を飲んだら、たとえ近所でも、車の運転は絶対にしてはいけません。また、周りの人にも皆で注意して、絶対に飲酒運転をさせないようにしましょう。

7 安全運転、
  それは自転車も同じです!
  自転車も車両です。油断すると大きな事故を引き起こしかねません。子どもであっても加害者になることがあります。自動車、歩行者に注意して、必ずルールを守って、安全運転をしましょう。

問 総務課
(086・482・0611)

親子で考えよう!
スマホ・ネットのこと

 子どもに「スマホを買って」と言われたら、あなたはどう返事をされますか?すぐに購入するということではなく、お子さんに、「なぜ必要なのか」「どう使うのか」を詳しく聞いてみましょう。その理由が保護者を納得させる理由でなければ、まだ持たせる時期ではないでしょう。また、安全のために持たせるのであれば、それ以外の手段はないのか、家族でよく考えてみましょう。利便性の向上とともに、スマホを使う人の心が問われています。利便性を活かすためには、相手の立場に立った使い方が大切です。
 次の5つのステップで話し合いを始めましょう。それぞれの考え方を伝えあい、親子で納得できる約束をつくることが大切です。

5つのステップで話し合いを始めよう
1.「使用目的」と「心構え」を聞く
  子どもの考えを知る絶好のチャンスです。しっかり話を聞きましょう。

2.「使用条件」を見せる
  親の願いをていねいに伝えましょう。
 ・フィルタリングを利用する。
 ・スマホの使用制限アプリや機能を利用する。
 ・困ったときは、必ず相談する。
 ・使い方に問題があったときは、スマホの中身を見せる。
 ・勝手に課金しない。
 ・知らない人とは、やりとりをしない。
 ・人の悪口や自分の個人情報は絶対に書かない。

3.「我が家の約束」をつくる
  使用時間、使用場所などを、子ども自身に考えさせます。親子で納得できる約束をつくり、紙に書いて、よく目にするところに掲示しておきましょう。
 ・午後9時になったら親に預ける。
 ・スマホは自分の部屋では使わない。
 ・勉強中や食事中は使わない。
 ・知らない人とメール等のやりとりをしない。

4.「守れなかったときの約束」をつくる
  守れなかったときの約束をつくります。違反一回目は「三日間禁止」、違反二回目は「一週間禁止」、違反五回目は「解約」など。約束をつくり守ることが大切です。

5.成長に合わせて「約束」を見直す
  学年や成長段階に合わせて、約束を見直していきましょう。
  購入した後も、子どもに関心をもち、ルールを守る態度やマナーを身につけさせ、危険から子どもの心身を守ることが大人の役目です。

●無関心になったりあきらめたりしないように!
・リスクの低い利用になるように、子ども自身の気づきを手助けしましょう。
・分からないことがあれば、子どもの話や思いを聴いて一緒に考えましょう。
●困ったときにいつでも相談相手になりましょう!
・子どもが発しているSOSに気づき、一声かけて悩みを聞きましょう。
●モラルやコミュニケーション能力の育成を!
・現実社会において許されない行為はネットの社会でも許されないことです。常に相手を大切にするコミュニケーションを心がけていきましょう。

~今、子どもにこんなことが
起きています~
★ネットにつながるのは、パソコンやスマホだけではありません
 携帯電話やスマホを持っていなくてもゲーム機や携帯音楽プレーヤー等の一部の機種ではネットを利用することができます。またネットへの接続を契約しなくても、Wi―Fiなどの無線LANを提供する場所(コンビニ等)では、無料でネットが利用できます。これは、回線契約が切れた古いスマホ等でも同様です。

★ネットの長時間利用は、依存への注意が必要です
 ゲームや動画には、子どもの興味関心を引くものがたくさんあります。例えば、オンラインゲームでは、複数で戦うことが必要なため、自分だけ抜けられなかったり、アイテムを手に入れる時間が決まっているため離れることができなかったりして、結果的に長時間利用につながります。このことにより、学習時間や睡眠時間が不足し、授業に集中できないだけでなく、心身の健康面で悪い影響を及ぼすこともあります。

★やめたくても自分ではやめられない場合もあります
 携帯電話やスマホを手放さない理由の一つとして、友達とのメッセージのやりとりやゲームへの誘いを断れず、自分ではやめられない場合があります。特に無料通信アプリの一つである「LINE」などは、短文でやりとりするので手軽にコミュニケーションを楽しめますが、メッセージを読むと相手に既読の文字が表示されるため、すぐに返事をしないと「既読無視」として、「LINE外し」などによる仲間外れにされることもあります。

★文字だけのやりとりでは誤解が生じることがあります。
 LINEやSNSでのメッセージのやりとりには短文やイラストが多く用いられています。そのため、真意が伝わりにくく、誤解から生じるトラブルが発生しがちです。誤った解釈によって、たとえ腹がたったとしても、相手の嫌がる写真等を送ったり、悪口を他の人に広めたりすることは絶対にしてはいけません。子どもは大人と違い、心のブレーキが効きにくい面もありますので、メールを送る前に、今一度立ち止まって考えるよう助言することも必要です。

★一度流れた個人情報は、削除することは困難です
 何気ない気持ちで掲載した写真が相手を傷つけるなど、ネット上の行為は、子どもが簡単に「被害者」にも「加害者」にもなります。また、掲載された個人情報や画像は、加工されて誹謗・中傷の対象として悪用されたり、写真に含まれている位置情報から自宅の住所等が特定されたりすることがあります。一度流出した個人情報は一瞬にして全世界に広がり、コピーが繰り返されて拡散するため、削除をすることは非常に困難です。
★子どもはたくさんの危険に囲まれています
 無料といわれているオンラインゲーム等でも、アイテムやキャラクター等の追加に夢中になるうちに課金が繰り返されたり、知らないうちに有料サイト等にアクセスして高額な請求をされたりすることがあります。また、ネットの世界では、相手を確認することが難しいため、ことば巧みに近付いてくる大人に騙されて犯罪被害にあい、心身共に大きな傷を抱え、それがネットへの恐怖心や大人に対する不信感を生むこともあります。
問 学校教育課
(086・483・2211)

 夏休みは生活リズムの向上を!
 ~保幼小中連絡協議会からのお願い~
 楽しい夏休みを心身ともに安全に過ごすために、子どもたちへの声かけや励ましをよろしくお願いします。
 ○学校園での約束
 ・周りの人に自分から進んであいさつをします。
 ・早寝早起きをして規則正しい生活をします。
 ・交通安全や自転車のルールを守ります。
 ・危険な遊びをしません。
 ・リミットスクリーンを守ります。
  【ゲームは1時間まで、スマホは午後9時まで】  
 ・地域の行事やボランティア活動に積極的に参加します。
 ・計画的に学習、苦手科目の克服、発展的な学習や体験的な学習に積極的に取り組みます。
 ・外出時は、行き先・目的・帰宅時間などを必ず家の人に伝えます。
 ・図書館を活用し、様々なジャンルの本を読み、心にも体力をつけます。

早島町職員募集
 町では、平成29年4月1日採用の保健師、社会福祉士、幼稚園教諭を募集します。
あなたの力を町の発展に活かしませんか。
■ 職 種
 保健師、社会福祉士、幼稚園教諭/各若干名

■ 試験日程
 1次試験  9月18日(日曜日) 教養試験・専門試験・適性検査
 2次試験 10月30日(日曜日) 試験内容は1次試験合格者に通知します。

■ 受験資格
 保健師 昭和51年4月2日以降に生まれた人で、保健師免許を有する人または平成29年3月31日までに当該免許を取得する見込みの人


 社会福祉士 昭和51年4月2日以降に生まれた人で、社会福祉士の資格を有する人または平成29年3月31日までに当該資格を取得する見込みの人
 
 幼稚園教諭 昭和62年4月2日以降に生まれた人で、幼稚園教諭普通免許を有する人または平成29年3月31日までに当該免許を取得する見込みの人
 ※共通 1.日本の国籍を有しない人、2.地方公務員法第16条各号のいずれかに該当する人は受験できません。

■ 試験会場 
 早島町中央公民館(都窪郡早島町前潟240)ほか

■ 申込期間 
 8月8日(月曜日)~8月23日(火曜日)8時30分~17時15分(土・日・祝日を除く) 郵送の場合は、23日(火曜日)必着。電子申請の場合は、23日(火)中の申請有効。

■ 受験案内・受験申込書兼受験票の入手方法
  町ウェブサイトでダウンロード可。総務課、学校教育課窓口でも配布します。郵便により請求する場合は、宛て先明記の返信用封筒(A4サイズの書類が入る大きさ、120円切手貼付)を同封して、総務課へ請求してください。なお、電話、メールでの受験申込書等の送付請求はできません。


問 [保健師、社会福祉士] 総務課(?086・482・0611) 
問 [幼稚園教諭] 学校教育課(?086・483・2211)
■申 [保健師、社会福祉士、幼稚園教諭] 
   総務課 〒701-0303 都窪郡早島町前潟360-1
   http://www.town.hayashima.lg.jp/

 

一般職非常勤職員募集
一般職非常勤職員を 登録制度により 募集します
 町では、事務職、専門職などの一般職非常勤職員を登録制度により募集します。このたびは保健師、看護師、一般事務補助員及び主任図書館司書を募集します。

□ 登録要件
・地方公務員法第16条の欠格事項に該当しない人
・資格等が必要な職種は、当該免許等を有する人
□ 登録から採用まで
  「一般職非常勤職員等登録申込書」に記入のうえ、総務課まで提出してください。免許等が必要な職種は、当該免許を証明するものの写しを添付してください。
  採用にあたっては、各職場において一般職非常勤職員が必要となった際に、担当課で申込み内容・希望職種等を確認し、書類審査及び面接審査等により選考を行います。その後、総務課から合格者に採用の通知を送付します。
 ※登録した人全員が選考(面接審査等)の対象になるとは限らず、採用されるとは限りません。
□ 提出方法
 持参(開庁日の執務時間内)または郵送
□ 申込書
 町ウェブサイトから様式をダウンロード、もしくは総務課で配布しています。
  ■ 保健師
募集人員 若干名
職務内容 保健師業務全般及び関連する行政事務
勤務条件 土・日・祝日を除く8時30分~17時
待  遇 日額8,250円、健康保険・厚生年金保険・雇用保険・有給休暇
  任用期間は、9月1日から3月31日を予定(再任の場合有り)
応募資格 保健師免許を有し、パソコン(ワード、エクセル)の操作ができる人
  「一般職非常勤職員等登録申込書」を8月8日(必着)までに提出した人で「保健師」を希望する人
選考方法 面接審査、事務適正検査
 8月21日(日曜日)
  ■ 看護師
募集人員 若干名
職務内容 看護師業務全般及び関連する行政事務
勤務条件 土・日・祝日を除く8時30分~17時
待  遇 日額8,250円、健康保険・厚生年金保険・雇用保険・有給休暇
  任用期間は、9月1日から3月31日を予定(再任の場合有り)
応募資格 看護師免許を有し、パソコン(ワード、エクセル)の操作ができる人
  「一般職非常勤職員等登録申込書」を8月8日(必着)までに提出した人で「看護師」を希望する人
選考方法 面接審査、事務適正検査
  8月21日(日曜日)
  ■ 一般事務補助員
 募集人員 1名
 職務内容 案内、受付、事務補助業務及び課内または庁舎内の雑務
 勤務条件 週休2日(交代制)、月曜日(祝日を除く)を除く8時30分~20時00分のうち7時間30分
 待遇 日額6,810円、健康保険・厚生年金保険・雇用保険・有給休暇
   任用期間は、10月1日から3月31日を予定(再任の場合有り)
 応募資格 パソコン(ワード、エクセル)の操作ができる人
   「一般職非常勤職員等登録申込書」を8月22日(必着)までに提出した人で「一般事務」を希望する人
 選考方法 面接審査、事務適正検査  9月4日(日曜日)
  ■ 主任図書館司書
 募集人員 1名
 職務内容 図書館司書業務、図書館に関する事務・行政業務全般
 勤務条件 週休2日(交代制)、月曜日(祝日を除く)を除く9時45分~18時15分
 待遇 月給208,000円、健康保険・厚生年金保険・雇用保険・有給休暇
   任用期間は、10月1日から3月31日を予定(再任の場合有り)
 応募資格 図書館司書資格を有しパソコン(ワード、エクセル)の操作ができる人
   「一般職非常勤職員等登録申込書」を8月22日(必着)までに提出した人で「司書」を希望する人
選考方法 面接審査 9月4日(日曜日)

■申・問 
 〒701-0303 岡山県都窪郡早島町前潟360―1
 早島町役場 総務課
(086・482・0611)


町総合防災訓練の
お知らせ
 町では、災害に強い町づくりを目指し、毎年9月に総合防災訓練を実施しています。今年度の訓練は、大規模地震を想定した避難訓練を自主防災組織や自治会の参加のもと、防災関係機関の協力を得て行います。
 小学校・中学校・支援学校などの各避難所では、講習会等を開催し、町民の皆さんの防災意識の高揚に努めます。災害による被害を最小限に食い止めるためには、日ごろの備えと災害時にどれだけ適切な行動がとれるかが大切です。訓練に参加して、この機会に身のまわりの防災対策をチェックしましょう。
日 時 9月25日(日曜日)8:00から
場 所 早島小学校等町内各所

生ごみは水を切って出しましょう
 夏場は家庭から出る燃やせるごみが多くなる季節です。この時期は水分が多い食べ物の消費が多くなり、生ごみの重量が増えることが原因です。
 日ごろから台所の排水口にごみ受けを設置したり、三角コーナーを活用したりして、生ごみの水分を取り除くように心がけましょう。水を切ることにより、量が減るだけでなく、悪臭の発生を抑えることにもつながります。
 また、生鮮食品は計画的に購入して余らせないようにし、料理の作りすぎを控えることで食べ残しを減らし、生ごみの発生自体を抑制する取り組みを行いましょう。
 そして、生ごみをごみ袋に入れる前にはもう一度水を切って、さらなる減量化にご協力ください。

  ●ごみの出し方5カ条
1.分別して… 燃やせるごみ、燃やせないごみ、資源ごみにきちんと分別しましょう。
2.決められた日に… 出す曜日は、ごみの種類ごと、地区ごとに決まっていますので、「家庭ごみの出し方」で確認して出しましょう。
3.指定袋で… 燃やせるごみ、燃やせないごみは、町指定のごみ袋に入れて、名前を書いて出しましょう。
4.決められた集積場所へ… 可燃ごみ・不燃ごみは「ごみステーション」へ、資源ごみは「リサイクルステーション」へ出しましょう。
5.朝8時30分までに … 収集日の朝8時30分までに出しましょう。


  ●ゴミ減量のポイント
 台所の生ゴミは、できるだけ「生ゴミ処理機」などで処理しましょう。
補助制度 購入価格に応じて補助します。【上限あり】

☆電気式生ゴミ処理機の場合☆
例)購入価格 50,000円×補助率1/2=25,000円
 補助上限額 10,000円
 自己負担  40,000円

☆コンポスターの場合☆
例)購入価格 8,600円×補助率3/5=5,160円
 百円未満切り捨て 5,100円 補助上限額 4,000円
 自己負担  4,600円
※購入前に補助金交付申請の手続きが必要です。詳しくは、お問い合わせください。

問 町民課 (086・482・0613)

 

人権相談
 お困りごとはありませんか?差別・体罰・虐待・いじめ・DV・セクハラ・プライバシー侵害・誹謗・中傷・家族関係・近隣関係・不法行為など
 日 時 8月10日(水曜日)
     9:00から12:00
 場 所 町民総合会館(ゆるびの舎)2階集会室
 担当者 早島町人権擁護委員
     日笠 清
     竹井 悦子
問 町民課
(086・482・2482)

戦没者等ご遺族の皆さんへ
第10回特別弔慰金の申請を受け付けています
 戦後70周年(平成27年)に当たり、戦没者等の遺族に一層の弔慰の意を表すため、償還額を年額5万円に増額して特別弔慰金(記名国債)を支給します。
○対象者
  平成27年4月1日の基準日において恩給法による公務扶助料や戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金などを受ける人(戦没者等の妻や父母等)がいない場合、戦没者等の死亡当時の遺族の人で次の順番による順位のご遺族お1人が対象になります。
 1.弔慰金の受給権者
 2.戦没者等の子
 3.1.父母2.孫3.祖父母4.兄弟姉妹 ※戦没者等の死亡当時、生計関係を有していることなどの要件を満たしているかどうかにより、順番が入れ替わります。
 4.上記1から3以外の三親等内の親族(戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上生計関係を有していた人)
○支給内容
 額面25万円、5年償還の記名国債
○必要な書類
  請求書、印鑑等届出書、現況申立書(健康福祉課窓口にあります)、請求者本人の戸籍謄本(抄)本、その他必要に応じて同意書など
○請求申請期限
 平成30年4月2日(月曜日)まで
■申・問 健康福祉課
(086・482・2483)

都市計画に関する公聴会開催のお知らせ
 県が決定する次の都市計画について、このたび案がまとまりましたので次のとおり縦覧します。
 案に対してご意見のある人は縦覧期間中に意見書を提出することができます。
○都市計画原案の内容
 「岡山県南広域都市計画流通業務地区」の変更
○縦覧及び意見書の受付期間
 8月23日(火曜日)~9月6日(火曜日)まで
 (土曜・日曜を除く8:30~17:15)
○縦覧の場所
 岡山県都市計画課、町役場建設農林課
○意見書
 公聴会で意見を述べようとする人は、意見書を縦覧期間中に縦覧場所へ提出してください。
○公聴会
(公述人の選定)
 意見書を提出した人が多数の場合は、公述人の人数または時間をあらかじめ制限することがあります。また、原案に関係のない意見は述べることができません。※縦覧期間中に意見書の提出がなかった場合は、公聴会は中止されます。なお、中止の場合は県公報及び県都市計画課ホームページでお知らせします。
日 時 9月14日(水曜日)13:30~
場 所 早島町役場2F 第一会議室
問 岡山県都市計画課(086・226・7492)
  早島町建設農林課(086・482・0614)

仏送り

 「仏送り」を次のとおり行います。
 お供え物を8月15日(月曜日)17時30分から20時までに各会場へお持ちください。なお、当日は早島小学校補助グランド周辺は混雑が予想されます。
 車での来場はご遠慮ください。
会 場 対 象 地 区
山川池西側「人間裁判」
記念碑付近 矢尾・日笠山・官舎・若宮
三軒地・消防機庫横 三軒地・久々原
金田警鐘台横 金田・下野・噂島
早島小学校補助グランド 上記以外の地区
 ※お願い
 伝染病などが多発する時期ですので、お供え物に食品類はご遠慮ください。近くの溝や川、池などへお供え物を流さないでください。送り火のたいまつなどはお供えせず、備え付けの缶へ入れてください。
問 町民課(086・482・0613)

 

写真で見る お便り紹介  同窓会の集い
「我が学び舎はやしま同窓会応援事業」を活用して同窓会を開催した皆さ
         んから便りが届きました。同窓生と過ごす楽しいひとときが写真や便りから伝わってきます。
  
  ○早島小学校第77回・早島中学校第9期卒業生喜寿同窓会
 喜寿の年を迎えて5月25日に倉敷市内で、町内外から38名が参加して同窓会を開催しました。
 私たちも還暦の祝い、古希の祝いの同窓会を経て、長寿の3番目のお祝いが、小学校卒業が77回目、数え年が77歳と77並びの偶然が重なっためずらしい同窓会となりました。
 久方振りに懐かしい顔ぶれの同期の桜が一堂に会して、お互いに人生の年齢を感じつつ、当時の面影を思い出しながら、歓談に花が咲いて時間の経つのも忘れるほど、大変楽しいひと時を過ごすことが出来ました。
 子や孫の成長を楽しみながら、健康に留意して次回の傘寿同窓会での再会を約束して散会しました。
文責 小池 宏治氏

入札結果の公表

  □6月入札分 

【建設農林課】
■町内一円側溝修繕工事(その2)
工事場所 早島地内
請負業者 株式会社ふうりん
契約金額 2,484,000円
工  期 契約日から8月31日
概  要 道路土工、排水構造物工など

■町内一円側溝修繕工事(その3)
工事場所 早島地内
請負業者 東洋建設工業株式会社
契約金額 3,715,200円
工  期 契約日から8月31日
概  要 道路土工、排水構造物工など

■町内一円側溝修繕工事(その4)
工事場所 早島地内
請負業者 東洋建設工業株式会社
契約金額 2,970,000円
工  期 契約日から8月31日
概  要 道路土工、排水構造物工など

■町内一円側溝修繕工事(その5)
工事場所 早島・前潟地内
請負業者 株式会社ノザキ工業
契約金額 3,488,400円
工  期 契約日から8月31日
概  要 道路土工、排水構造物工など

【上下水道課】
■大隅マンホールポンプ場更新工事
工事場所 前潟地内
請負業者 株式会社日圧機販
契約金額 2,354,400円
工  期 契約日から10月31日
概  要 機械設備工、電気設備工


【学校教育課】
■早島幼稚園空調設備等増設工事
工事場所 前潟地内
請負業者 有限会社弥高電気
契約金額 8,132,400円
工  期 契約日から8月31日
概  要 電気設備工事、空気調和設備工事など

■早島小学校給食調理場洗浄室改修工事
工事場所 早島地内
請負業者 東洋建設工業株式会社
契約金額 30,240,000円
工  期 契約日から8月31日
概  要 建築工事、電気設備工事など

問 総務課
(086・482・0612)

「健康チャレンジ大作戦2016」参加者を募集開始します!

 健康チャレンジ大作戦は、16種類の健康づくり実践メニューの中から2コース以上を選んで、60日間チャレンジしていただく取り組みです。健康に暮らし充実した毎日を過ごせるように、自分にあった健康づくりを探して、始めてみませんか?
参加方法
1.広報はやしま8月号の折込または、健康福祉課窓口にある申込書付き案内パンフレットをご覧ください。町内にお住まいの人が参加できます。
2.16種類の健康づくり実践メニューの中から、できるだけ普段取り組んでいる健康づくり以外のコースを2コース以上選んでください。
(コース例)
・ウォーキングコース 今より1,000歩多く歩こう(週3日以上)
・野菜をかかさないコース 毎食野菜をとろう(週5日以上)
・きっぱり禁煙コース たばこをやめよう(60日間禁煙を継続する) など
 詳しくは、案内パンフレットをご覧ください。
3.申込書に住所・氏名・年齢・電話番号・選択コースをご記入のうえ、健康福祉課にお申し込みください。
4.チャレンジ期間は60日間!チャレンジを達成した人には、もれなく達成賞を進呈します。
応募締切 12月16日(金曜日)
■申・問 健康福祉課
(086・482・2483)

お盆はし尿の
くみ取りを休みます

 8月12日(金曜日)から16日(火曜日)まで、し尿のくみ取りを休みます。
 くみ取りを希望する人は、早めにお申し込みください。

問 町民課
  (086・482・0613)

上下水道指定業者廃止のお知らせ

 左記の指定業者を早島町上下水道指定業者から廃止しましたのでお知らせします。
指定工事事業者名 有限会社長田建設
住 所  早島町早島3529―1
連絡先電話番号
  (086・482・2450)
問 上下水道課
(086・482・0617)

産後ケア事業 産後のお母さんを応援します!

 出産後自宅に帰っても、ご家族などから十分な家事・育児などの援助が受けられない、赤ちゃんのお世話の仕方が分からないなどで、不安や心配があるお母さんと赤ちゃんが、町が委託した医療機関において、宿泊や日帰りで、お母さんと赤ちゃんのケアや授乳指導・育児指導等を受けることができるサービスです。町では、利用料金の一部を助成します。

【対象者】
 下記に当てはまる、早島町内に住所がある出産後1か月未満のお母さんと赤ちゃん
1.お母さんの体調不良や育児不安等がある。
2.産後に家事や育児などを手伝ってくれる人がいない。
3.医療行為が必要でない。

【内容】
 委託医療機関(病院、産婦人科医院)での産後ケア
 宿泊型ケアとデイサービス型ケアがあります。
・お母さんと赤ちゃんの健康管理および生活面の指導
・乳房のケア
・授乳や沐浴等の育児指導
・その他必要な保健指導

【町からの助成額】
宿泊型ケア 1泊2日あたり
      (上限)20,000円
デイサービス型ケア 1日あたり
      (上限)10,000円
※宿泊型ケアとデイサービス型ケア合わせて10日間利用可能です。
【自己負担額】
 利用したサービスの総額から、町の助成額を差し引いた金額が自己負担となります。
 自己負担額は、利用施設によって金額が異なります。
■申・問 健康福祉課
(086・482・2483)


母子(父子)自立支援相談

 家庭児童母子(父子)自立支援相談を行います。
 相談はいずれも無料で、女性の相談員がお話をお聞きします。
 なお、個人の秘密は守られます。
日 時 8月5日(金曜日)、9月2日(金曜日)
    平成29年1月13日(金曜日)
    13:00?15:00
相談員 備中県民局健康福祉部
    ひとり親自立支援員
場 所 町役場
内 容 ひとり親家庭の悩み・相談対応
※事前予約もできます。
■申・問 健康福祉課
(086・482・2483)

児童扶養手当の現況届の提出について

 現在児童扶養手当を受給している人は、毎年現況届を提出することになっています。現況届及び関係書類を提出しないと、支給が停止され資格がなくなったり、支給額が減額になる場合がありますので、必ず次の期間中に手続きを行ってください。


現況届受付期間
 8月1日(月曜日)~31日(水曜日)(土・日・祝日を除く
 8:30から17:15)

※前年度所得超過等で支給されなかった人も、所得額の減額などにより支給される場合があります。詳細はお問い合わせください。
児童扶養手当とは
 児童扶養手当は、父母の離婚などで、父または母と生計を同じくしていない児童を育成する家庭の生活の安定と自立の促進に寄与し、児童の福祉の増進を図ることを目的として、支給される手当です。
児童扶養手当を受けることができる人
 次の条件に当てはまる「児童」を養育している父母または養育者
 1.父母が婚姻を解消した児童
 2.父または母が死亡した児童
 3.父または母が重度の障がいの状態にある児童
 4.父または母の生死が明らかでない児童
 5.父または母に1年以上遺棄されている児童
 6.父または母が母または父の申し立てにより保護命令を受けた児童
 7.父または母が引き続き1年以上拘禁されている児童
 8.母が婚姻によらないで懐胎した児童
 9.母が児童を懐胎した当時の事情が不明である児童
※事例により、手当が支給されないことがあります。詳細は窓口へ問い合わせてください。
■申・問 健康福祉課
(086・482・2483)

特別児童扶養手当所得状況届の提出について

・特別児童扶養手当所得状況届
  20歳未満の精神または身体に障がいを有する児童を家庭で養育している人には特別児童扶養手当が支給されます。
受付日 8月12日(金曜日)~9月9日(金曜日)(土・日曜日を除く8時30分~17時15分)
※ただし、次の場合は受給できません。
1.児童が障がいを事由に受けることができる公的年金を受給している場合
2.児童福祉施設に入所している場合
3.受給者や配偶者などの所得が限度額を超える場合

ご注意ください
※現在受給中の人、また毎年届を出している人には8月上旬に通知しますが、届を忘れると次回から受給できなくなることがあります。
※前年度所得超過等で申請しなかった人も、所得額の減額などにより対象となる場合があります。詳細はお問い合わせください。
■申・問 健康福祉課
(086・482・2483)

ふるさと納税寄付金にご協力いただきました
 ありがとうございました。有効に活用させていただきます。

お名前(都道府県・市町村名)
 上野 純一 氏(山形県尾花沢市)
 綱島 健二 氏(岡山市)
 若藤 貴春 氏(倉敷市)

食中毒に
気をつけましょう

 今年もまた暑い季節がやってきました。6~9月の高温多湿の時期は食中毒の起こりやすい時期です。食中毒を正しく予防して、楽しい夏を過ごしましょう。

  予防の3原則
付けない・持ち込まない
 ○手洗いを徹底しましょう(作業前・作業毎・トイレの後)
 ○調理器具等は、使い分け(肉・魚・野菜等)、十分に洗浄・消毒をしましょう。
 ○自分自身・家族の健康状態に注意し、下痢・嘔吐・発熱などの症状がある場合は、食品を直接取り扱う作業をしないようにしましょう。
増やさない
 ○食品は、65℃以上または10℃以下で保存しましょう。
 ○冷蔵庫(10℃以下)、冷凍庫(-15℃以下)の温度を確認しましょう。
やっつける
 ○加熱しましょう。(細菌 75℃1分間以上 ノロウイルス 85~90℃90秒間以上)
 ○調理器具などは、十分に洗浄後、熱湯または塩素消毒しましょう。

●塩素消毒液の作り方
 食器・調理器具等の消毒や拭き取り200ppmの塩素消毒液 嘔吐物等で汚染されたものの消毒1,000ppmの塩素消毒液
次亜塩素酸ナトリウム
製品の濃度 液の量 水の量 液の量 水の量
12% 5ml 3L 25ml 3L
6% 10ml 3L 50ml 3L

正しい手の洗い方
手洗いの前に

○爪は短く切っておきましょう。
○時計や指輪は外しておきましょう。

1  流水でよく手をぬらした後、石けんをつけ、手のひらをよくこすります。
2  手の甲をのばすようにこすります。
3  指先、爪の間を念入りにこすります。
4  指の間を洗います。
5  親指と手のひらをねじり洗いします。
6  手首も忘れずに洗います。

8月保健ガイド


知的障がい者相談
日時 8月10日(水曜日)
   13:00?15:00(相談時間)
場所 栴檀の家

こころの健康相談(要予約)
日時 8月24日(水曜日)
   13:00から14:00
場所 栴檀の家
※専門医師が相談に応じます。
問  健康福祉課(?086・482・2483)

早島の人の動き
 (平成28年7月1日)
          前月比
 町人口/ 12,278人 (+5人)
 男 性/ 5,949人 (±0人)
 女 性/ 6,329人 (+5人)
 世帯数/ 4,786世帯 (+5世帯)
 
 おくやみ
申し上げます
松尾 賢子 84歳
(5月30日、弁才天)
山西 淳子 83歳
(6月18日、舟本)
○お詫びして訂正します
  広報7月号おくやみ欄に誤りがありました。正しくは齊藤 威  71歳
(5月10日、下野)

 


チケット発売中
妹尾美穂&Okayama Civichall Brassファミリーコンサート
日 時?9月18日日 開場13:30
                開演14:00
会 場?ゆるびの舎・文化ホール

入場料 一般1,000円、高校生500円 ※全席自由

 早島町在住で中学生以下の人は無料で入場できます。なお、入場には整理券が必要です。入場整理券はゆるびの舎窓口で配布します。(先着200名)
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者福祉手帳保持者、または、介護保険区分の要介護1から5までの人は減免措置があります。
プログラム
  リベルタンゴ、ルパン三世のテーマ、名探偵コナンのテーマ、365日の紙飛行機 他
 ※お家に鍵盤ハーモニカがある人はお持ちください。みんなで一緒に演奏しよう♪のコーナーもあります。
<出演者プロフィール>
○妹尾 美穂
 岡山県出身。くらしき作陽大学音楽学部ピアノ専攻卒業。8年間小学校で音楽講師を務め、ピアニストへ転向。
鍵盤ハーモニカを楽しく演奏できるようになるインターネットTV番組『ぴあんぱとあそぼう』に出演中。
大人の部活動として東京、名古屋、岡山で大人の鍵盤ハーモニカ部「ソラノオト」を展開中。
○Okayama Civichall Brass(オカヤマシビックホール ブラス)
 岡山市民会館を活動の拠点とし、2011年に結成。県内在住の学生や社会人を中心に構成されており、現在、岡山市内にとどまらず、岡山県内各地でミニコンサートや慰問演奏を通じて音楽をお届けしています。
問 ゆるびの舎(086・482・4800)

No.220“ゆるび”WEEKENDコンサート
オカリナ♪アイリスコンサート
世界の土笛に乾杯
日 時 8月26日金  開場18:30
                開演19:00
会 場 ゆるびの舎・エントランスホール
      ※入場無料
出  演 オカリナ♪アイリス、吉井 恵美子(ピアノ)、藤井  史恵(アイリッシュハープ)、藤原 幸子(ウクレレ)
演奏曲目 見上げてごらん夜の星を、コンドルは飛んで行く、365日の紙飛行機 他
問 ゆるびの舎(086・482・4800)

町制120周年記念 花火1,200発打ち上げ
備中はやしま夏まつり

 町内団体による模擬店とステージイベント、そして夏の風物詩である盆踊りを行い、フィナーレでは地元の「早島イ草太鼓」による演奏ののち花火で締めくくります。
詳細は折り込みチラシをご覧ください。
日 時 8月13日土 ※雨天14日(日曜日)
     16:00 おまつり広場開店
     17:00 開会式
会 場 町南グランド

   当日はコミュニティバスが運行します。
     駐車場はありませんので、徒歩・自転車また
    はコミュニティバスでお越しください。
問 生涯学習課(086・482・1511)

いかしの舎で味わう観月の宴
仲秋の夕べ

 情緒漂ういかしの舎で味わう観月の宴。
 艶やかな日本舞踊の舞と一服のお茶で、秋の夜長をお過ごしください。
日 時 9月17日土 開場18:00
                 開演19:00
会 場 いかしの舎

内 容 
<舞踊>正派若柳流若柳会
     若柳 紫穂利・若竹会・早島日本舞踊子供教室
<演目>一部 古典舞踊 
     二部 新舞踊
<呈茶>裏千家 小野 宗生と一門
※当日は、茶房いかしの舎(喫茶)を19時まで営業します。
 当日は駐車スペースが、限られますので、「ゆるびの舎」駐車場をご利用ください。入館には、お茶券が必要です。
 (前売券500円/8月16日から「ゆるびの舎」「いかしの舎」で発売)
問 ゆるびの舎(?086・482・4800)
  いかしの舎(086・483・1243)

 

力作お待ちしています
八ヵ郷用水写真コンクール作品募集

 第4回目となる八ヵ郷用水写真コンクールの出展作品を募集します。応募期間は9月からです。渾身の力作をお待ちしています。
応募受付期間 9月1日(木曜日)から9月30日(金曜日)必着
応募作品 
 ・撮影対象地域(対象地域詳細はWEB、チラシ(公民館などで配布中)をご覧ください)で平成26年10月以降に撮影され、他のコンテストなどで入賞していないもの
 ・カラーまたはモノクロで、サイズは4つ切、ワイド4つ、A4
 ・デジタル技術による合成は不可
 ・応募者本人が撮影した作品で、枚数は一人5点まで
応募方法 所定の応募票(WEBまたはチラシ)を作品裏に添付のうえ、下記まで。
賞   金賞20,000円(1名)、銀賞8,000円(3名)、銅賞2,000円相当賞品(6名)
展  示 ゆるびの舎で10月上旬?11月上旬頃を予定
その他 詳細はコンクールチラシでご確認ください。
主  催 はやしま生涯学習まつり実行委員会
問 生涯学習課(?086・482・1511)

図書館だより
★『疎開生活絵巻』出版記念講演会
 「少女の見た戦争」
 1945年東京大空襲のあと、新潟県に集団疎開した著者が、戦後70年の年に「疎開生活絵巻」として学童疎開の日常を描いた本を出版。出版にあたって、10歳の少女の目に映った日常と戦争の記憶についての貴重なお話を聞かせていただけることになりました。ぜひご参加ください。
講 師 石田 米子氏(岡山大学名誉教授)
日 時 8月20日(土曜日)14:00から15:30
場 所 ゆるびの舎2階 研修室
定 員 45名(要申込、参加無料)

★夏の夜のおはなし会
 はやしま本だいすきの会による、毎年恒例のお話会です。夏休みの終わりのひとときを皆でにぎやかに過ごしましょう!楽しいプログラムを準備してお待ちしています!
日 時 8月26日(金曜日)18:30から20:00頃まで
場 所 ゆるびの舎2階 研修室
申込不要、参加無料
プログラム ロールシアター、絵本、ブラックライトシアター、工作
*おうちにあったらもってきてね はさみ、クーピー、のり
◆館内AVコーナーを廃止します
 機器の老朽化、利用率、他図書館の状況やご家庭の状況などを考慮し、図書館内のAVコーナーを廃止することになりました。ビデオなどの貸出はできますので、閲覧は各ご家庭でご利用ください。ご理解ご協力よろしくお願いします。

☆ストーリーテリング
8月6日(土曜日) 15:00? 1階おはなしのへや
図書館ボランティア おはなしの会かたつ夢り
 ろうそくを灯してお話を語ります。お話の世界を一緒に楽しみましょう。

☆かみしばいのじかん
8月14日(日曜日) 14:00から 1階おはなしのへや
図書館ボランティア はやしま本だいすきの会
 絵本・紙芝居の読み聞かせや工作などをしています。

☆おはなしの時間
毎週木曜日 10:30から11:00
1階おはなしのへや (8月4,11,18日)
 職員による読み聞かせなどをしています。

★ブックスタート★
対象者 平成27年8月生まれ以降の乳児健診対象者。(町民課でお申し込みいただくと、図書館からお知らせ葉書が届きます。図書館でも随時実施していますが混み合うことがありますので、なるべく下記実施日をご利用ください)
実施日 8月9日(火曜日) 13:30から
実施場所 乳児健診会場(健康づくりセンター)
*ブックスタートについては、図書館にお問い合わせいただくか、町ウェブサイトを参照ください。
 http://www.bookstart.net

図書館カレンダー 8月のお休み
1,8,13,15,22,25,29日☆8/25は電話対応可☆
問 町立図書館 (086・482・1513)



出演者募集
みんなのスタインウェイ・
ピアノリレーコンサート

日 時 10月15日土 開場12:30
                 開演13:00
    10月16日日 開場9:30
                 開演10:00
会 場 ゆるびの舎・文化ホール

募集内容 スタインウェイピアノの演奏(独奏・連弾、他の楽器とのアンサンブル・弾語り など)
参加資格 ピアノが演奏できる人とその共演者で、募集要項の内容を承諾した人。
【申し込み】
申込方法 参加申込書に必要事項を記入し、参加費とともに窓口に提出してください。
     なお、Eメール・ファックスでも申込できます。
 注1)募集初日の申込書提出は1人1枚で、演奏者本人、もしくはご家族の人に限ります。
 注2)Eメール、ファックスでの受付は到着日の翌日受付分とし、窓口受付を優先とします。
 注3)Eメール・ファックスで申込をした人は、参加費を出演前日までに窓口でお支払いいただくか、定額小為替で郵送してください。
 注4)お支払された参加費は原則としてお返しできません。
参加費・演奏時間 1枠   500円(1枠=5分以内)
         2枠1,000円(2枠=10分以内)
 注1)2枠の申し込みは、一人で5分以上演奏する場合に限ります。
 注2)演奏時間は入退場・セッティングを含む。
 注3)1枠5分の時間内であれば、何人でも出演できます。
募集定員 150枠(15日:60枠、16日:90枠)
※申込時に出演日を指定してください。(出演時間は指定できません)
募集期間 8月27日(土曜日)9月3日(土曜日)9:00?
※定員に達し次第、募集は終了します。
出演時間通知 9月25日(日曜日)を目安に出演時間をハガキでお知らせします。
 注1)出演順のハガキは申込代表者に発送します。
 注2)出演時間・出演順は申込順とは関係なく年齢や曲目を考慮の上、決定します。なお、申込書に記入された演奏時間でタイムテーブルを作成しますので、申込書には正確な演奏時間を記入してください。
申・問 ゆるびの舎(086・482・4800)

第8回
児島湾干拓和太鼓
フェスティバル

 児島湾干拓ゆかりの地で活動する和太鼓グループによる魂の演奏をお楽しみください。
日 時 10月10日月・●祝 開場13:30
                    開演14:00
会 場 ゆるびの舎・文化ホール

入場料 500円 ※全席自由

※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者福祉手帳保持者、または、介護保険区分の要介護1?5までの人は減免措置があります。詳しくは電話でお問合わせください。

チケット発売 8月13日(土曜日)9:00から
出演団体 早島イ草太鼓、和太鼓 風人、ふじた傳三郎太鼓、茶屋町鬼太鼓、豊洲如水太鼓
問 ゆるびの舎(086・482・4800)

早島町観光センター施設展示利用案内
観光センターを芸術作品などの
展示に利用できます

 12月27日までの期間、下記の内容で観光センターを芸術作品などの展示に利用することができます。

利用対象 町内で芸術活動などを行っている団体
利用料金 無料
利用できる場所 観光案内蔵2階展示室、東棟1階(旧パン屋)
利用できる日時 9時~17時(月曜日・年末年始は除く)
申し込み方法 観光センター施設使用許可申請書に誓約書を添付してまちづくり企画課にお申し込みください。

問 まちづくり企画課(086・482・0612)

 

今年も10月に実施
クリーンウォーキング&児島湖流域清掃大作戦について

 今年のクリーンウォーキング&児島湖流域清掃大作戦は、10月30日(日曜日)に開催します。詳細は広報はやしま10月号でお知らせします。
問 町民課(086・482・0613)

昔の写真を募集します
早島町の昔の写真をお持ちではありませんか

 町では、戦後に写された早島町の写真を保存し、未来に伝えていくために、昔の写真を下記の通り募集します。ご提供いただける写真がありましたら、町生涯学習課までお寄せください。
 お寄せいただいた写真は町で保存し、広報活動などで活用させていただくほか、写真集を作製し発行する予定です。
1.募集する写真
 ・戦後の早島町で撮影された風俗、生活風景、町並み、風景などの写真
 ・公表・二次使用可能なもので、公序良俗に反さないもの
 ・デジタルデータ(10メガバイト以下のJPEG形式)、プリント写真いずれでも可。
 ・応募にあたっては、個人のプライバシーにご留意いただくようお願いします。
2.募集期間 随時
3.提供方法
  応募用紙に必要事項を記入の上、メール(syogai@town.hayashima.lg.jp)、郵送または持参でご提供ください。
 (応募用紙はWEBでダウンロードもしくはゆるびの舎にて配布)

問 生涯学習課(086・482・1511)

岡山市との紙面交流
第16回おかやま桃太郎まつり
今年も桃太郎伝説発祥の地、岡山ならではのまつりを開催します。
●納涼花火大会
 約5,000発の打ち上げ花火と仕掛け花火、スターマインでまつりを華々しく演出。
◆日時
 8月6日(土曜日)
 19:30~20:30
 (悪天候の場合は、8月10日(水曜日)に延期)
◆場所 旭川西中島河原一帯
 
●うらじゃおどり
 今年で23回目を迎えるうらじゃ踊り。演舞やパレード、総おどりで、夏の岡山はうらじゃ一色に。

【うらじゃパレード・演舞】
◆日時
 8月6日(土曜日)9:30~17:40
 8月7日(日曜日)9:30~19:30
◆場所 表町・駅前各商店街、市役所筋、下石井公園ほか市内各演舞場

【うらじゃ総おどり】
◆日時 8月7日(日曜日)20:00~21:00
◆場所 市役所筋(幸町交差点~大供交差点)
●ファミリーフェスタ
 キャラクターショーや大道芸、遊具ゾーンなど家族で楽しめるイベント。
◆日時
 8月6日(土曜日)11:00~17:00
 8月7日(日曜日)10:00~14:00
◆場所 さん太広場(山陽新聞社本社ビル・岡山市北区柳町二丁目)

【交通規制】
 8月6日(土曜日)は、18:30~21:30の間、旭川西中島河原付近一帯。(一部17:30から、または22:00までの箇所あり)
 8月7日(日曜日)は、13:30~21:30の間、市役所筋(幸町交差点~大供交差点)の交通が規制されます。
 当日は、大変混雑が予想されますので、できるだけ公共交通機関をご利用ください。
 JR北長瀬駅前には無料駐車場(約1,000台)が有ります。

※花火大会開催時の臨時列車・バスの運行
 8月6日(土)の納涼花火大会開催時には、JR各線、各社路線バスなど臨時便の運行を予定しています。詳しくは、各社ホームページなどでご確認ください。

問 岡山市観光コンベンション推進課
(086・803・1332)

こんにちは赤ちゃん
6月生まれの赤ちゃん

杭田かなでちゃん
女の子(6月2日・前潟)
父・崇、母・幸恵
柴田 歩奈ちゃん
女の子(6月6日・前潟)
父・洋志、母・理恵
永野 理子ちゃん
女の子(6月11日・ニュー早島)
父・純一、母・知悠樹
江良 南咲ちゃん
女の子(6月13日・長津・畑岡)
父・智彦、母・智子
林 奈那子ちゃん
女の子(6月14日・矢尾)
父・王晃、母・久美子
?瀬 綾人ちゃん
男の子(6月21日・前潟)
父・匡宏、母・潤子
高木 芽依ちゃん
女の子(6月21日・片田)
父・秀明、母・のぞみ

For Health
保健情報

予防接種を受けましょう!

 感染症にかからないように、予防接種で免疫をつけましょう!
 
◎二種混合(ジフテリア・破傷風)の予防接種
 小学6年生のお子さんは、二種混合の予防接種の対象年齢(11歳?13歳未満)になります。
 
◎日本脳炎の予防接種
 平成7年4月2日?平成19年4月1日生まれの人は、接種時20歳未満であれば、日本脳炎の不足回数分を無料で接種することができます。
※すでに1期接種を1回または2回受けた人は、前回の接種から接種間隔が空いていても差し支えないので、(6日以上の間隔をおいて)残りの回数を接種してください。
 既に必要回数(4回)の接種が完了している人は接種する必要はありません。
 
《予防接種の受け方》
1.かかりつけの医療機関で、受けようとする予防接種の接種日時などを確認し、直接予約して接種してください。
2.予防接種予診票は、医療機関に備えてありますので、直接受診してください。          
 ※お子さんの体調の良い時に受けるようにしましょう。
 
《持っていく物》
・健康保険証・母子健康手帳・小児医療費受給資格者証

問 健康福祉課(086・482・2483)

8月こども保健ガイド
場所 ゆるびの舎・健康づくりセンター
  健康福祉課・保健師(086・482・2483)
 母親学級
日時 6日(土曜日)9:30から12:00
対象 妊娠5から8か月の人
内容 妊娠、出産、育児に役立つ情報、保健サービスの紹介、妊娠中の食生活、歯の健康、貧血予防、減塩食の試食など
※対象者には個人通知します。

 保育相談
日時 9日(火曜日)10:00から10:30(受付)
対象 就学前の乳幼児
内容 身体計測、栄養相談、歯科相談など
※母子健康手帳をご持参ください。

 乳児健診
日時 9日(火曜日)13:30から14:00(受付)
対象 4・7・9・12か月児
内容 身体計測、内科診察、栄養相談、歯科相談など
※母子健康手帳・問診票をご持参ください。

 つどいの広場
日時 9日(火曜日)10:00から11:30
対象 就学前の乳幼児とその保護者
内容 ふれあい遊び、自由遊び、親子の交流など

 3歳児健診
日時 18日(木曜日)13:30から14:00(受付)
対象 平成24年12月から平成25年2月生まれ
内容 身体計測、尿検査、内科診察、歯科診察、発達相談、栄養相談、歯科相談など
※対象者には個人通知します。

 育児学級(4から5か月児)
日時 23日(火曜日)10:00?12:00
対象 4から5か月児とその保護者
内容 親子の交流、離乳食(初期)のすすめ方、試食など
 ※対象者には個人通知します。

 

はやしま児童館だより
利用できる人 0歳から18歳までの子どもとその保護者/子どもの健全育成活動を進めている団体など
休館日 毎週火曜日・国民の休日・盆(8/13~8/15)
開館時間 10時から17時まで
問い合わせ先 早島児童館
 電話/ファックス 086・483・2358
 早島町早島1297-1(早島小学校の北隣)
※駐車場はトマト銀行の北側にあります。
 自転車で来る人は小学校正門前の土壁の前に止めてください。
○絵本タイム 1日・8日・22日・29日(月曜日)
14:00~14:30 小学生対象  3冊ほどの絵本や紙芝居などを読んでいます。ゆったりと聞きに来ませんか。
★けん玉教室 3日(水曜日)
10:00~10:45
10:45~11:30 どなたでも  森岡 雅夫氏の指導で、けん玉を楽しく練習しましょう。初心者向けの教室です。城山学級の小学3年生の人と一緒に練習します。学年に関係なく参加できます。好きな時間帯に申し込みをしてください。
★作って遊ぼう
 「小麦粉粘土で遊ぼう」 4日(木曜日)
10:30~11:30 小学生対象
定員16名  小麦粉に食紅と水を加えてよくこねるとカラフルな小麦粉粘土ができます。感触を楽しみながら自分の好きな物を作って遊びましょう。
★ピンポンをしよう 6日(土曜日)
14:00~15:00  どなたでも  コーチの喜屋武 昭江氏の指導で、楽しくピンポンを練習しましょう。自分のラケットやシューズがある人は持って来てください。初めてラケットを持つ人も参加できます。
★押し花でしおりを作ろう 7日(日曜日)
10:30~11:30 小学生以上
参加費200円
定員16名  難波 光子氏の指導で、いろいろな押し花をアレンジして、きれいなしおりを作りましょう。
○銭太鼓 17日(水曜日)
10:30~11:30 どなたでも  児島稗田地区の銭太鼓有志の皆さんが来てくださいます。銭太鼓に合わせた歌や鳴子のリズム、マジックショーなどを楽しみましょう。遊戯室で行いますので、自由にご参加ください。
○マジックショー 19日(金曜日)
10:30~11:30 どなたでも  岡山県立大学奇術部のお兄さんお姉さんたちの不思議なマジックを楽しみましょう。遊戯室で行いますので、自由にご参加ください。
★オセロ大会 20日(土曜日)
14:00~15:00 どなたでも  オセロの好きな人、トーナメントで対戦しませんか。ルールのわかる人ならどなたも参加できます。遊戯室2階のわくわくルームで行います。友だちも誘って参加してね。
○避難訓練(火災) 24日(水曜日)
11:15~11:30  全員参加 全員参加で火災の避難訓練をします。雨天の場合は中止します。
★…要申し込み(就学前の幼児は保護者同伴)

かんだ子育て支援センター
あそびのひろば

〒701-0304
都窪郡早島町早島4849-1
かんだ保育園内 086・480・0580

開園日 月~土曜日
利用時間 10:00~16:00
お休み 日・祝・年末年始
*上記以外でも園行事の関係でお休みになることがあります。詳細についてはお気軽にお問い合わせください。

1日(月曜日) 11:00~ わらべうた
3日(水曜日) 10:00~
定員8組
要申込 にこにこ赤ちゃん1回目
4日(木曜日) 13:30~ 赤ちゃんサロン
対 象 1歳半までの親子
8日(月曜日) 10:00~
定員8組
要申込 作ってあそぼ
「ペットボトルで手作り
おもちゃを作ろう」
対 象 子育て中の親子
持参物 350ml以下のペットボトル
10日(水曜日) 10:00~
定員8組
要申込 にこにこ赤ちゃん2回目
22日(月曜日) 11:00~ 親子でふれあいあそび
29日(月曜日) 11:00~ おはなしなあに
30日(火曜日) 10:00~
定員8組
要申込 リフレッシュ企画
「スクラップブッキング」
対 象 子育て中の親子
講 師 こみやさおり氏
材料費 300円
持参物 写真2枚程度
    スティックのり
場 所 早島町地域福祉センター
     2F プレイルーム
★にこにこ赤ちゃん〈2回で1つのコースです〉
日 時 3日(水曜日)、10日(水曜日) 10:00~12:00
対 象 1歳までの赤ちゃん(8組 要申込)
参加費 200円(資料代)
場 所 早島町地域福祉センター(2F プレイルーム)
 はいはいのひみつや絵本のことなどについて
一緒に考えてみませんか?カフェタイムもあるよ!
おしゃべりしながら子育て仲間をつくりましょう?
★一時保育(要事前登録)
お子さんのお世話ができない時、一時的にお預かりします。
早島保育園  直通電話(486・1231)
かんだ保育園 直通電話(480・1489)
     詳しくは各保育園にお問合せください。
【予告】★すまいるキッズ 〈2回で1つのコースです〉
日 時 9月7日(水曜日)・14日(水曜日) 
対 象 1~3歳の親子(8組 要申込)
参加費 500円(給食代2回分)
お外で遊ぼう&ミニ講座、毎回給食体験!
*すまいるキッズで部屋を使います。午前中あそびの
 ひろばは、お外のみOKです。ご了承ください。

 

早島町シルバー人材センターからのお知らせ
*今月の入会説明会は
日 時 8月10日(水曜日)
    13:30~14:30
場 所 早島町シルバー人材センター事務所(トマト銀行北)
*屋内外軽作業、草取・草刈作業 する人を募集しています。
*お仕事募集中
 網戸や障子の張替、部屋の掃除をいたします。ご連絡ください。
問 (公社)早島町シルバー人材センター事務所
*8月12日(金曜日)から15日(月曜日)まで事務所はお休みさせて頂きます。
 (086・480・0335 
 Fax.086・480・0337


 境界問題合同相談会
日 時 8月26日(金曜日) 9:00から
場 所 倉敷市役所 1階相談室
    倉敷市西中新田640
相談内容 土地の境界に関する相談
担当者 岡山地方法務局登記官
    岡山県土地家屋調査士会所属の土地家屋調査士
費 用 無料
 要予約
問 相談予約電話受付
  岡山土地家屋調査士会
  (086・222・4606)

 平成29年度入学
 岡山県農業大学校学生募集!
 農業大学校は、将来農業経営を志す人や農業に関心の高い人が、農業に関する幅広い技術と知識を身につけるために設けられた教育施設です。農業に興味と意欲のある若い人を募集しています。
願書受付期間
 ◇推薦入試 8月24日(水曜日)?9月7日(水曜日)
 
 ◇一般前期 10月12日(水曜日)?10月26日(水曜日)
 ◇一般後期 平成29年1月4日(水曜日)?1月11日(水曜日)
   ただし、後期試験は合格状況によって実施しない場合があります。
受験資格 平成29年3月末時点で高等学校を卒業している人、またはこれと同等以上の学歴があると認められる人
■申・問 岡山県農林水産総合センター 農業大学校
 (086・955・0550)〒701―2223 岡山県赤磐市東窪田157

第12回 早島町民
グラウンド・ゴルフ大会開催案内
 団体戦と個人戦の部があります。
申込み 中央公民館 町民活動支援センター
     8月25日(木曜日)・26日(金曜日)
     9:00から12:00厳守
日  時 9月26日(月曜日)
     (雨天10月3日(月曜日))
場  所 矢尾グラウンド・ゴルフ場
資  格 町内在住者
大会内容 団体戦 4名1チームでスコア上位3名の合計打数で順位決定/ゲーム数3ゲーム
     (チーム編成困難な場合3名でも可とする)
     個人戦 個人で順位決定
     ※申込時に抽選で部を分けます。
 午前の部  8:30集合  9:00ゲーム開始
 午後の部 13:00集合 13:30ゲーム開始
参加費 200円(但し年間パスポートが無い場合は500円)
問 実行委員会 磯山(?090・7974・0238)

いかしの舎  8月
講座・イベント情報のお知らせ
問・申 いかしの舎 
(086・483・1243)

●うたごえ喫茶
 8月4日(木曜日)13:15~14:45
 8月23日(火曜日)10:00~11:30
 参加費1,500円※1ドリンク、お菓子付
 会場 母屋2階

●夏休み和紙ちぎり絵~親子工作教室
 8月10日(水曜日)9:30~12:30
 8月24日(水曜日)9:30~12:30
 受講料 3,000円(親子2名昼食付)
 ※要予約

●笑顔になるパステルアート体験会
 夏休みの宿題に!30分で描くことができるアートです
 8月17日(水曜日)10:00?11:00
 受講料 無料(材料費のみ800円要)
 ※要予約
 ※小さいお子さんは保護者同伴で
 会場 第1展示室

「若者就職支援セミナー」を
 開催します!
 おかやま若者就職支援センターでは、就職をめざす若者のために、若者就職支援セミナーを開催しています。受講料は無料です。お気軽にご参加ください。
受講内容 効果的な自己PR法の習得、模擬面接の実施など
受講資格 就職を目指す概ね40歳までの人
     ※雇用保険受給者は、就職活動にカウントされます。
日  時 8月17日(水曜日)、9月15日(木曜日)、10月24日(月曜日)、11月28日(月曜日)、12月21日(水曜日)
場  所 岡山会場(第一セントラルビル5階)
申込方法 電話、ファックスまたはHPにて、住所・氏名・年齢・電話番号・受講希望日・受講場所をご連絡ください。
■申・問 おかやま若者就職支援センター
 〒700―0901 岡山市北区本町6―36 第一セントラルビル7階
 (?086・236・1616)
 http://www.y-workokayama.jp/

 求職者支援訓練(9月?月開講コース)受講者募集
募集科 基礎コース・実践コース(介護福祉、医療事務、事務分野など)
受講料 原則無料(テキスト代は自己負担)
    ※一定の要件(収入・資産など)を満たす人に対しては、「職業訓練受講給付金(月10万円+交通費(所定の額))」が支給されるケースがあります。
 所定の手続きが必要となります。
問 ハローワーク倉敷中央
  (086・424・3333)

 戦後、外地から引き揚げてこられた人やその家族の皆さんへ!
 税関では、お預かりしている次の通貨及び証券などをお返ししています。
 ◇終戦後、外地から引揚げてこられた人が、上陸地の税関、海運局に預けられた通貨及び紙幣。
 ◇外地の集結地において、総領事館などに預けられた証券などのうち、日本に送還されたもの。
 返還の申し出は、本人だけでなく、家族でも結構です。
 ◇“おじいちゃんやおばあちゃんから聞いたことがある”という覚えのある人はお問い合せください。
問 水島税関支署総務課
 (086・448・3302 または
  086・448・3375)

 平成年度キャリアアップ講座(岡山)の受講者募集
 詳細はお問い合わせください。
申込受付 8月5日(金曜日)~27日(土曜日)までに受講申込書を郵送してください。
受講期間 9月6日(火曜日)~10月18日(火曜日)10:00?16:00
     期間内の毎週火曜日~金曜日の24日間(但し、祝日を除く)
受講料 無料 ただし教材費・検定受講料は実費負担(合計1万円程度)
■申・問 ウィズセンター(岡山県男女共同参画推進センター)
 〒700―0807 岡山市北区南方2―13―1 きらめきプラザ6階
 (086・235・3307)

8月の講座
音楽観賞会
●日  時 8月28日(日曜日)14:00~
●場  所 中央公民館 1階多目的教室
●定  員 70名
●講  師 岡山シビックホールブラス
●申込締切 8月26日(金曜日)まで
●今後の予定
開催日 時間 講座名 講師 開催場所
9月10日(土曜日) 14:00? 健康講座
「運動と休養の科学」 川崎医療福祉大学 医療技術学部
健康体育学科
矢野 博己 教授 ゆるびの舎
2階研修室
10月7日(金曜日) 8:30? ウォーキング
地域を知る
「事業所訪問」 NPO法人ふれあいネットはやしま
会員&町内事業所担当者 集合場所 中央公民館

問 町民活動支援センター(中央公民館内 086・482・3771)
  NPO法人ふれあいネットはやしま・渡辺(090・4145・2374)
□ 「ふれあいネットはやしま」では賛助会員を募集中!
 賛助会費 個人、団体ともに1口1,000円
※あわせて会員も募集中です。詳しくは問い合わせてください。

水稲共済(一筆方式)の被害申告
 自然災害または病虫害により3割以上の減収が見込まれる水田は、被害申告を行ってください。
■申告期間 
 8月8日(月曜日)~10月21日(金曜日)
※刈取直前に被害申告を提出された場合は、評価できないことがあります。
■申告場所
 町役場建設農林課
 倉敷地区農業共済事務組合
 岡山西農協早島町支店
問 倉敷地区農業共済事務組合 
  倉敷市美和1丁目13―33
  (086・430・1717)

 自衛官募集のお知らせ 
 平成28年度採用の「航空学生」「一般曹候補生」及び「自衛官候補生」を募集しています。
■試験日
 航空学生 一次試験日 
  9月22日(木曜日)
 一般曹候補生 一次試験日 
  9月16日(金曜日)・17日(土曜日)の1日
 自衛官候補生 9月14日(水曜日)~28日(水曜日)の間のいずれか1日
■受付締切日 9月8日(木曜日)
 詳しくは左記まで問い合わせてください。
問 自衛隊倉敷地域事務所
 (086・422・7358)
 URL http://www.mod.go.jp/pco/okayama/
      夏休みキッズ法廷を
 開催します
内容 裁判手続などの説明、模擬裁判員裁判の体験、法廷見学など
日時 8月10日(水曜日)
   午前の部 10:00~12:00
   午後の部 14:00~16:00
場所 岡山地方裁判所
   岡山市北区南方1-8-42
対象 岡山県内在住の小学5・6年生とその保護者
応募締切 8月5日(金曜日)17:00まで(募集人員に達し次第、締切り)
■申・問 岡山地方裁判所事務局 総務課広報係
 (086・222・6771(内線3222))

 

8月は「道路ふれあい月間」
岡山国道ボランティア・
ロード参加団体募集!!
 岡山国道事務所では、日頃から道路の美化・清掃活動を行う「ボランティア・ロード」団体を募集しています。
 ボランティア・ロードは、地域住民、地元自治体及び道路管理者(国)が協力して、道路の美化・清掃活動を行い、地域住民共有の生活空間である道路への愛着心を深めるとともに、道路利用者のマナー向上を啓発することを目的としています。
 ボランティア・ロード登録を行い、活動される団体には以下の支援を行います。
○清掃用具(ほうき、ちりとり)、剪定用具(剪定バサミ、鎌)などの貸与
○花壇・植裁帯の手入れに関する支援(種苗、肥料、ゴミ袋など消耗品の支給)
○ゴミ処理
○ボランティア活動保険費の支払
 
 清潔で美しい道路はそれだけで心が和むものです。地域の皆さんの力を貸していただけませんか? 
 ※ボランティア・ロード登録箇所は岡山国道事務所が管理する国道2号に限ります。詳細は、 http://www.cgr.mlit.go.jp/okakoku/volunteer/index.htm、または下記問合せ先まで
問 国土交通省岡山国道事務所 管理第一課
    (086・214・2472(直通))

囲碁クラブ例会報告
(6月26日、22人参加)
【成績順位】
1.加藤 雅巨 四段 五勝
2.林田 正彰 5級 四勝
3.藤原 栄二 5級 四勝
▽四勝者 佐藤 伊智郎 1級
▽三勝者 森下 晴夫 初段 ほか3人
*定例会は毎月第4日曜日開催
*次回は、8月28日(第4日曜日)9:00?
*場所 中央公民館 会費 600円
どうぞご参加ください。

夏季の水難事故を防ごう
 夏休みを利用して、家族や友人などと海や川、プールなどで遊ぶ機会が増えるこの季節。しかし一方で、毎年全国で水難被害に遭われる人が多くいます。注意事項をしっかり守って、楽しい夏休みを過ごしましょう!

【保護者の皆さんへ】
1.目を離さない
 小さなお子さんは、少し目を離した隙に見失ってしまう可能性があります。目を離さないようにしましょう。
2.遊泳禁止場所での注意
 遊泳禁止場所は、水難に遭う危険性が高い場所です。絶対に遊ばないようにしましょう。また、子どもを遊ばせないようにして、遊んでいる人がいたら注意してあげましょう。
3.単独で遊ばない
 海、川などの水のある場所では、1人で遊ぶことはやめましょう。また1人でなくても、小さい子どもだけで遊ぶことは避け、必ず保護者の人が付き添い、安全を確保しましょう。
問 倉敷警察署 地域課
(086・426・0110)


「料理の鉄人 ムッシュ湯浅」 コーディネート
男性料理教室開催

 今年も婦人会と町の共催で、男性料理教室を開催します。
 今年のテーマは「健康を考えた料理」。野菜を美味しく使う、身体にやさしいメニューです。
 料理が苦手でも大丈夫。女性、お子さんの参加もお待ちしています。
日 時 8月25日(木曜日)
    9:00~13:00
場 所 オアシス早島(地域福祉センター)調理室
講 師 湯浅 薫男氏
料 金 500円【小学生以下無料】
携行品 エプロン、布巾、手ぬぐい、あれば三角巾(またはバンダナ)をお持ちください。
定 員 20名(先着順)※定員になり次第締切とします。
申込み 8月17日(水曜日)まで
 右記QRコードまたは電話、ウェブ
 サイトで申し込みください。
 ※男性の参加を優先します。
問 早島町婦人会・町役場まちづくり
  企画課(086・482・0612)

 キャリアアップ講座(パソコン会計)の受講者募集
 岡山県男女共同参画推進センター(ウィズセンター)では、チャレンジ支援事業として、結婚・出産・育児・介護等でいったん仕事を中断し、再就職を希望する女性を対象に、簿記の基礎知識や会計ソフトの使い方等を学ぶ講座を開催し、再就職を支援します。詳細はお問い合わせください。
申込受付 9月9日(金曜日)~10月7日(金曜日)
  受講申込書を郵送でウィズセンターにお送りください。
受講期間 10月18日(火曜日)~10月28日(金曜日)
 期間内の火~金曜日(8日間)
 10:00?13:00
会  場 株式会社東京リーガルマインド岡山支社(岡山市北区本町10―22)
応募資格 結婚・出産などで仕事を中断し、再就職を希望する女性で8日間出席できる人
受講料 無料(教材費を2千円程度実費負担)
募集人数 15人
問 岡山県男女共同参画推進センター(ウィズセンター)
  (086・235・3307)

犯罪や非行を防止し、立ち直りを支えよう
社会を明るくする運動にご協力を

社会を明るくする運動とは、犯罪や非行を防止し、立ち直りを地域で支えようとするもの。この運動が始まって、今年で66年目を迎えます。
 6月24日、保護司の山? 章五さんや更生保護女性会のメンバーらが中川 真寿男町長を表敬訪問し、犯罪や非行をする人を生み出さない家庭や地域づくりを行う旨の法務大臣の文書を手渡し、協力を要請しました。

 

心映の投句
俳句・短歌

第482回早島俳壇定例句会作品 坪井日出夫選

噴水のおのがひかりを追ふも水 石井 宏幸
  噴水の水が高く上がって落ちる。光をまといながら。その光を追うのも噴水が零す同じ水である。太陽の光を浴びながら噴き零れる水の状況が手に取るように目に浮かぶ。しっかり観察出来た句!

いつまでもこころに由迦の螢かな 豊澤  武
  以前は早島でも蛍は沢山飛んでいたが、最近ではわずかな箇所でしか見られなくなった。作者はこれまでに色んな場所で螢を見て来たが、由迦で見た螢火の美しさに勝るものはない。一生の思い出!

夕風や卯の花垣に白紛る 郷原 和美
  美しく咲き誇っている卯の花に夕風が吹き渡る。と、風に踊る卯の花に、今まで目立たなかった白色が紛れているではないか!新しい発見!

水掴む間もなく走り水馬 青葉 恵子
燕の子口一杯の夕日かな 佐野  緑
夜濯ぎを終へて隣家は闇となる 石井美由紀
再会のレディースランチ夏暖簾 大崎 弘子
太陽の熱さもろとも茄子洗ふ 坪井 信幸
舞ひ上がる螢火星に上がるかと 筑後 道明
亡き人を偲べば雨の花菖蒲 中村 清子
案内図に探る近道街薄暑 谷水 勝利
青き画布神馬の駆ける聖五月 佐藤惠美子
懐かしき父の薀蓄新茶汲む 佐藤  寛
若葉雨古き家並の温泉の町 滝沢 寿子
せせらぎは山のコーラス風薫る 佐々木正俊

アマリリス家族ぐるみで孫見せに 坪井日出夫

▽石井宏幸特選三句
木天?の白の喝采てふ日差 郷原 和美
少年のズックの白き夏は来ぬ 中村 清子
ぼうたんのおのが艶麗知りて咲く 石井美由紀

 *毎月第二日曜日13時30分から中央公民館で句会を行っています。
 *俳句は五・七・五であること、季語が入っていることが約束です。
 *どなたでも十句を用意してご参加ください。
 *問い合わせ 坪井(電話 086・483・2157)
              筑後(電話 086・482・2339)

早島短歌会6月詠草 小見山 輝選

  (詠み手五十音順)
すくなくはなりしが牛蛙が今日も鳴く一匹なけば答へる声あり 岡本 稔子
八幡宮のお百度石の石段をつつじが被ひ昼の明るさ 川上 安代
梅雨空を見上げてわれは曇りのままか降つてくるのか迷ひに迷ふ 篠田 邦子
災害を起さぬばかりのこの大雨を関東の人に分けてやりたし 鈴木 信子
退院後二週間を家で過ごしし後安原良一さん安らかに逝く 田中美代子
新幹線より見ゆる梅雨空京都に近くなればいくらかどんよりとする 溝手 和子
若き日の浴衣をほどきワンピースを縫ふ色香もありし昔を思ひつつ 安原 敏子
雨音の烈しくなりて昼なれど日暮れのやうに暗しこころも 安原 知子

▽撰者詠草
油豆に麦酒といふはなつかしき図式にていま目の前にある

 *どなたでも「一首から五首まで」お持ちくだされば参加できます。
 *短歌会は奇数月は第三土曜日、偶数月は第四土曜日いずれも9時30分から12時までです。
 *講師 小見山 輝 氏
 *問い合わせ 安原(電話 086・482・1808)


 


清澄邸竜舌蘭
90年の眠りからの目覚め

清澄 幸子氏(市場)の庭に咲く竜舌蘭。過去90年にわたり、開花したことはありません。
 このたび竜の鱗を思わせる見事な株から新芽が出て5月5日に株分けをしたところ、5月8日から突然枝が伸び、蕾が少しずつつき、膨らみつつあります。いよいよ90年の眠りから目覚め、花を咲かせるかというところ。楽しみですね。

いも苗植え体験
保育園園児が
早島有機の郷を訪問

初夏の風が心地よい6月14日、早島保育園年長児が早島有機の郷(代表 織田 知之氏)を訪ね、さつま芋の苗植えを体験。さつま芋の育ちの話を織田さんから聞いた園児たちはそっとさつま芋の苗に触れ、丁寧に植えることができました。

早島花の銀行友の会
第29回ハナショウブ展

6月4日から10日まで、中央公民館で「第29回ハナショウブ展」が開催されました。
金賞
藤井 昭爾さん(若宮)
銀賞
井上 千恵子さん(塩地)
銅賞
安藤 寿美子さん(前潟)
努力賞
安藤 正明さん(前潟)
花銀賞
福田 健さん(若宮)
山田 経子さん(塩地)

 会員さんが丹精込めて育てたハナショウブが45点出品され、中央公民館の来館者の目を楽しませてくれました。
 4日には審査が行われ、上記の皆さんが入賞されました。
 また、4日には、ハナショウブのご案内とハナショウブに関しての質問について、花の銀行友の会顧問の藤井 昭爾さん(若宮)が案内人として質問に答えてくださり、ハナショウブを見にこられた人々は熱心に耳を傾けていました。

前潟自主防災防犯会
防災講演会を開催

6月19日、前潟自主防災防犯会が防災講演会を開催し、50人以上もの人が参加しました。
 はじめに、はやしまBLSの日笠 博元代表が、熊本県の被害状況について説明を行い、その後NPO法人まちづくり推進機構岡山の徳田 恭子理事が家庭でできる防災対策について講話を行いました。
 講演会の中では、家の中で地震が発生したときにどうすればよいか、家具固定の重要性、防災クイズ、新聞紙で作る紙コップやスリッパなど非常にたくさんの内容をお話いただきました。
 参加者の表情も序々に真剣に。「地震はいつ起きるか分からない。平素の備えの大切さが分かりました」という感想も聞かれ、有意義な研修となりました。

国家公務員地方自治体実地体験
教育のまち・早島を実感

6月20日から24日までの5日間、国家公務員の新採用職員3名が、地方自治体実地体験研修を早島町で行いました。この体験研修は、中央省庁採用の国家公務員が地方自治体の業務に触れ、現場を見聞きすることで、地方自治体の実態について理解を深めるとともに国と地方との関係について考えることなどを目的としています。
 早島町に派遣された、総務省の平野 光友さん、財務省の冨田 絢子さん、農林水産省の田中 高英さんは、まちの歴史について学び、町の窓口業務体験や保育園、幼稚園、小中学校を訪れ、子どもたちと触れ合うなどの体験を積みました。「教育環境が素晴らしい。教育のまちの推進に力を注いでいる」と感想を聞かせてもらいました。

中学生と地域の人で町を花でいっぱいに
色鮮やかなお花が皆さんをお出迎え

6月11日と6月21日に、松尾坂にある花壇で、中学生ボランティアと地域の人が草取り、花苗植えを行いました。ボランティアの皆さんのおかげで、きれいな花壇に生まれ変わりました。お近くをお通りの際はぜひ観賞してください。
 また、地域の皆さんが協力して、あちらこちらでお花を植えてくださっています。県道倉敷妹尾線沿いや裏川筋通りでは、色鮮やかなお花が皆さんをお出迎え。お花を通して、地域コミュニティを育みませんか。お花を育ててくださる人を募集しています。
問 生涯学習課
(086・482・1511)

ホウ酸団子を害虫駆除に役立てて
つくぼ商工会女性部

6月10日は商工会の日。つくぼ商工会女性部(副部長 大橋 喜代美氏)では、平成27年度に続き、6月10日にホウ酸団子をつくり、町へ贈呈を行いました。
 町では町役場1階の窓口等に箱に入れて置き、希望者が持ち帰れるようにしたところ、6月中で箱が空になりました。「今年も楽しみにしていたのよ」「驚くほどゴキブリがいなくなる」との声も聞かれ、皆さんに喜ばれました。

 

24回目を迎えた「早島・倉敷花ござまつり」
赤ちゃんハイハイ大会、花ござ体験コーナー人気集まる

早島町と倉敷市の伝統産業であるイ草製品を格安で販売する「早島・倉敷花ござまつり」。7月9日、10日に行われたまつりも早24回を迎え、14,000人を超える来場者で賑わいました。
 来場者は、ずらりと並んだテントの多種多彩な商品の中から、自分のお気に入りの商品を品定めする姿があちらこちらで見られました。2日目に行われた、「赤ちゃんハイハイ大会 on the 畳」では50名の赤ちゃんが勢ぞろい。可愛い赤ちゃんが畳の上でハイハイする様子は愛らしく、若い世代にも畳の良さを再認識いただく良い機会となりました。
 また町制120周年を記念して拡充したイ草に関する実演・体験・ワークショップのブースは2日間終日大賑わい。小さい子どもを中心に、若者からおじいちゃん、おばあちゃんまで皆がイ草に関する物づくりに触れていました。歴史民俗資料館の解説や、イ草の刈取りの体験や実演は、早島を支えてきたイ草の魅力を来場者にたっぷりと紹介する機会となりました。

生まれ育った早島町を
もっと綺麗な町に
前田 晴通さん(片田)

前田 晴通さん(片田)は、株式会社アクレス早島(株式会社コパックスのグループ企業)に勤務しています。そのかたわら、町内のごみ拾いを継続して行っています。6月11日に「自発的かつ継続的に地域社会の美化に大きな貢献」を行ったことに対して、企業従業員250名の前で表彰されました。
 前田さんは、「生まれ育った早島町がもっと綺麗な町になって欲しい。これからもごみ拾いを続けていきます」と喜びを語っています。

コミュニティバス乗車体験
片田10組合

梅雨の晴れ間となった6月26日、片田10組合では10名が参加して、コミュニティバスの乗車体験を行いました。この日のルートは、片田停留所からコンベックス岡山を経由して、早島駅経由で片田停留所へ帰るというもので、町内を走るコミュニティバスを見かけることはあっても、乗車するのは初めてという人も。
 乗車すると会話が弾み、「南岡山医療センターにもバス停があって便利」、「時間が正確で待たなくていい」という感想も。
 終了後の反省会では皆さんから「実際にバスに乗ってみて大変良かった。これからは、もっとバスを利用したい」という意見が出ました。

広報はやしま8月号 平成28年8月1日発行(通巻1905号)

■編集・発行 早島町役場まちづくり企画課
 〒701-0303 岡山県都窪郡早島町前潟360-1
■電話 086-482-0612 ■ファックス 086-482-3405

■E-mail  kikaku@town.hayashima.lg.jp
■URL http://www.town.hayashima.lg.jp

8月の無料相談
教育相談 4日・18日・25日(木曜日) 13:00~17:00 ゆるびの舎 学校教育課
086・483・2211
保育相談 9日(火曜日) 10:00~10:30 ゆるびの舎・健康づくりセンター 健康福祉課086・482・2483
行政相談 9日(火曜日) 13:00~14:00 オアシス早島 総務課
086・482・0611
心配ごと相談・児童相談 9日(火曜日) 13:00~14:00 オアシス早島 健康福祉課
086・482・2483
人権相談 10日(水曜日) 9:00~12:00 ゆるびの舎 2階 集会室 町民課
086・482・2482
知的障がい者相談 10日(水曜日) 13:00~15:00 栴檀の家 健康福祉課
086・482・2483
夜間納税相談 17日(水曜日)・18日(木曜日) 17:30~20:00 町役場 税務課
086・482・2484
こころの健康相談(要予約) 24日(水曜日) 13:00~14:00 栴檀の家 健康福祉課
086・482・2483

熊本地震義援金受付を終了 ご協力ありがとうございました
 4月に発生した熊本地震の被災地支援を行おうと、本町では4月15日から6月30日まで義援金の受付を行いました。町民や企業、団体等の皆さんからの義援金は、総計で280,519円に達しました。ご協力に感謝申し上げます。
 ご協力いただきました義援金は、日本赤十字社を通じて被災地へ送金しました。

義援金をお預かりした各種団体
 ◆弁才天・宮崎自衛消防 ◆民生児童委員会
 ◆長津・畑岡グランドゴルフの会
 ◆有限会社妹尾産業

 弁才天・宮崎自衛消防(代表 佐藤 守氏)では、町に義援金を寄託。弁才天・宮崎自衛消防は、佐藤 守氏の尽力により平成9年2月に組織化。6月23日に佐藤 守氏と谷川 正氏が町役場を訪れ、中川真寿男町長に義援金を手渡しました。
 長津・畑岡グランドゴルフの会(会長 三宅 實氏)から4名の皆さんが、7月1日に町役場を訪れ、会員27名を代表して中川町長に義援金を手渡しました。

お問い合わせ先
早島町役場 まちづくり企画課
〒701-0303 岡山県都窪郡早島町前潟360-1
電話番号:086-482-0612

お問い合わせはこちらから

みなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか。
内容は分かりやすかったですか。
役に立ちましたか。