現在の位置

広報はやしま平成30年7月号

今月の表紙は、6月2日に行われた中学校体育会リハーサルで、翌日の本番に向かって「ムカデ競争」の最終練習に励む1年生の一コマです。
4月に入学したばかりの1年生にとっては、初の体育会。学年別、個人と様々な競技がある中で、ムカデ競争は全学年が行う種目でしたが、2年生3年生の先輩たちに負けないように、クラスで力を合わせて頑張っていたようです。運動場ではかんかん照りの太陽に負けない笑顔がいっぱいでした。
さて今月は暑い夏に欠かせない、い草の魅力いっぱいの「花ござまつり」が開催されます。裏表紙には熱中症予防のお話も。本格的な夏もすぐそこです。今年の夏も元気に乗り切りたいですね。


今月号の主な内容
P 2 - 3 花ござまつりにお越しください
P 4 - 7 まちからのお知らせ
「早島町の教育」「町議会議員選挙
  立候補予定者説明会」「水道料金
  改定のお知らせ」ほか
P 8 -16 健康&福祉ガイド
「後期高齢者医療制度のご案内」
「国民健康保険に加入している人へ」など
P17-19 イベントガイド
P20-21 こどもガイド
P22-25 まちかど情報、投句
P26-29 まちのできごと

 

早島・倉敷花ござまつりにお越しください

初夏の恒例行事、花ござまつりが今年も開催されます
26回目となる今年も、県南のメーカーや問屋を多数迎え、特別価格での畳表替えや、国産の花ござやい草小物など、多彩な「い草製品」が集結します。い草にまつわる楽しい体験も盛りだくさんです。い草文化の根付く早島ならではの初夏のおまつりに、ぜひお越しください。

7月7日 9:00~17:00
7月8日 9:00~16:00
(2日間)※雨天決行
会場 早島町役場西特設会場
(早島町役場西駐車場、早島町中央公民館等)
 
問 岡山特産花ござまつり実行委員会事務局
(早島町まちづくり企画課)電話086・482・0612

オープニング
倉敷商業高校書道部による書道パフォーマンス!
7月7日 (土曜日)9:20~

 

夏に向かって、い草製品が欲しい!

○地元メーカーや問屋がイベント特別価格で大直売!花ござ、上敷き、その他高品質のい草製品が格安です。

○畳表消費拡大キャンペーン!
花ござまつりの特別価格を機に表替えしてみては?煙お楽しみ抽選会もい草製品3,000円以上の購入で、抽選券がもらえます。


見る!遊ぶ!学ぶ!

○花ござピンポン(卓球)
早島で誕生した花ござラケットを使った卓球体験ができる!ござの凹凸で跳ね返りは予測不能?!白熱の卓球体験をぜひ。ラケットの制作体験もできます。

○花ござ手織実演&ミニ織機体験
昭和の手織り織機が今も心地よい音を響かせる花ござ手織り伝承館。時代を超えて受け継がれた伝統の技を見学してみよう!ミニ織機による手織体験もできます。

○畳製作実演&ミニ畳製作体験
畳製作の実演とミニ畳のワークショップ。好きな畳縁を選んで自分だけのオリジナルミニ畳を作ってみては?

○い草の小物づくり体験
うちわやコースターなどのい草を使った小物づくりができます。小さな子どもさんも楽しめる体験コーナーです。

○い草刈取り 実演&体験
真冬に植えたい草が刈取りシーズンを迎えています。会場では、い草の刈取りと泥染めの実演が行われ、希望者は体験もできます!

○歴史民俗資料館見学
早島ならではのい草の資料館。花ござまつり期間中は観光ボランティアガイドが詳しい説明をします。い草の歴史を学んでみませんか?

○早中美術部い草作品展
早中美術部の皆さんがい草まつりのために、い草をテーマにした作品を作ります。会場を彩る「い草」作品にご注目!

○い草かご職人 須浪隆貴氏ワークショップ 7日午後
日本各地で新しいモノづくりに挑む匠を応援する「レクサスニュータクミプロジェクト」で選出された須浪氏のい草かごワークショップ。20名限定のため事前に申し込みを。

○赤ちゃんハイハイ大会 on the 畳 8日10時~
1歳未満の歩き出す前の赤ちゃんによる畳上のハイハイレース!
見ているだけで楽しくなるレースに熱い応援を!


食べる
 商工会など地元の業者によるグルメテントが多数!産直野菜の販売もあります。
お食事は畳敷きの休憩室でどうぞ ※イベント開催時は利用できない時間帯があります。

 

 早島の教育
協働・協学・協育の町づくり
~自立・共生・郷土早島を愛する心の育つ町へ~
 

◆学校教育ビジョンを策定しています
早島町では、平成25年10月に「早島町学校教育ビジョン」を策定し、「地域とつながり 未来を拓く 早島っ子」の育成に向けて、育みたい資質・能力として「自立、共生、郷土早島を愛する心」を掲げています。保幼小中の連携を深め、小中一貫教育の充実に取り組むとともに、「喜んで登校・満足して下校、行きたい・行かせたい学校園」を目指し、協働・協学・協育の町づくりに向けて町民一体となった取組を進めています。

◆一貫教育の充実
持続可能な「教育のまち・早島 の実現に向けて、保幼小中の管理職等を中心とした学校教育ビジョン推進員会を組織しています。また、校種を越えて、全教職員が4部会(ESD部会、保幼小中連携部会、からだ部会、こころ部会)のいずれかに属し、高校入学の15歳の春を見据え、道徳や英語、基本的な生活習慣など、一貫したカリキュラムの再構築を図っています。
また、保幼小中の保育や授業参観を通した合同研修や、新学習指導要領に向けて道徳やESD等の合同研修も含め、校内でのOJTの充実に努めることで、「教職員の指導力を高める町 を目指しています。そのためにも、「早島町働き改革 において、部活動指導員や教育支援員の配置、小学校への専科英語教員やALTの配置、ICTの整備等を通して、教材研究の時間の確保に努めています。

◆「はやしま学」の推進
学校教育では、ESDの視点を踏まえた、総合的な学習の時間等での単元学習プログラムの構築や、教科等を中心とした教科横断的な学習プログラムの構築、夏の教職員フィールワーク研修など、「はやしま学」を通して、「主体的・対話的で
深い学び」につながる授業づくりに取り組んでいます。
また、社会教育では、はやしま学協働本部のコーディネーターを中心に、子どもの学びの場として、放課後や休日等を利用した、はやしま塾や英会話塾、ロゲイニング、漢字検定・英語検定など多くの学びの場を提供することで、地域の魅力発
見や社会貢献意識の高揚に努めるとともに、地域に根付く学習の場となるよう地域の人や教員OB、大学生にサポーターとして参画・協力していただいています。
さらに、地域の皆さんには、大人はやしま塾として、「まなびの舎」講座を開講しています。ESD(ふるさと)・歴史・健康の3視点で展開され、30単位取得で講座の運営等に参画でき、100単位取得で講師として活躍できる場づくりを行っています。
こうして地域社会と学校が深く関わり、「大人も子どもも共に学び、共に育つ 体制づくりに取り組んでいます。

子どもの活躍の場の提供
キャリア教育の視点を柱に、学校では子どもが主体となって活動する場を設定し、地域では子どもが学んだことや考えたことを情報発信する場を設けています。例えば、地域課題について子どもと大人で意見交流する「熟議 や「子ども議会 、
「子どもフォーラム など、社会の一員として、子どもたちが地域に提案・発信する姿を通して、学校教育への理解・協力を促すとともに、早島を愛し、誇りに思う子どもや大人に育ってほしいと願っています。

 

新学習指導要領の実施
~小中学校で道徳の教科化、
小学校で英語・プログラミング教育の実施~

未来の社会で活躍する子どもたちを見据えて、10年ごとに学習指導要領が改訂されます。今年度は新学習指導要領の移行期間で、早島町では、小学校では「道徳」が教科となりました。また、「外国語活動」を3・4年生で1時間、5・6年生で2時間の授業を先行実施し、英語専科教員とALTを配置して英語でのコミュニケーション能力を高めています。今後、小学校は2020年度から、中学校は平成2021年度から、新学習指導要領に基づいた授業を全面実施します。
生産年齢人口の減少やグローバル化、人口知能の進化等により、社会変化は加速度的に進む中、子どもたちは変化を前向きに受け止め、感性を働かせて、社会をより豊かなものにしていくことが求められています。
そこで、これからの学校教育は、子どもたちが様々な変化に積極的に向き合い、他者と協働して課題を解決していくことや、様々な情報を見極めて再構成し、新たな価値につなげていくことができるようにすることが大切になります。新学習指導要領では、学校と地域社会が連携・協働し、新しい時代に求められる資質・能力を育むため、「社会に開かれた教育課程」を策定していきます。これは「早島町学校教育ビジョン」の具現化につながっており、協働・協学・教育の町づくりをいっそう推進していきます。

●「社会に開かれた教育課程」の実現
1.よりよい学校教育を通じてよりよい社会を創るという目標をもち、教育課程でその目標を社会と共有すること
2.子どもたちが社会や世界と向き合い、自らの人生を切り拓いていくために求められる資質・能力を教育課程で明確化し育むこと
3.学校教育を学校内に閉じず、地域の人的・物的資源を活用し、土日等を活用した社会教育との連携を図りながら、その目標を実現すること
子どもたちに「生きる力」を育むために、資質<CODE NUM=00A5>能力の3つの柱、「知識・技能」「思考力、判断力、表現力等」「学びに向かう力、人間性等」を踏まえ、各教科等の「学ぶ意義」を明確にするとともに、生涯にわたって能動的に学び続けることができるよう、「主体的・対話的で深い学び」に向けた授業改善に取り組んでいます。
 
●育成すべき資質・能力の3つの柱
 子どもたちに「生きる力」を育むために、資質・能力の3つの柱、「知識・技能」「思考力、判断力、表現力等」「学びに向かう力、人間性等」を踏まえ、各教科等の「学ぶ意義」を明確にするとともに、生涯にわたって能動的に学び続けることができるよう、「主体的・対話的で深い学び」に向けた授業改善に取り組んでいます。


 わくわくサマーホリデー
夏休み中の子どもたちに学びと体験を提供する「わくわくサマーホリデー」をご存知ですか?地域の皆さんに指導に入っていただき、アットホームな雰囲気の中で、学習や体験活動をしています。今年は例年よりも開催日数を増やして実施するため、小学生の学習指導ができる人を募集しています。
内容 小学4年~6年生(約80名) の宿題・学習の指導および安全 管理
日時 7月20日・23日・24日・25日・ 26日・27日・28日・30日・ 31日
8月1日・2日・6日・7日・8日・9日・16日・17日・18日・20日・21日・22日・23日・24日・27日・29日・30日 9時~12時
会場 いぶき荘 他
募集対象
・学習等の指導ができる人
・教員志望の学生
備考 謝礼の支給があります (1,000円/時間)
申込み 所定の用紙(ゆるびの舎にて配 布)またはWEBの申込フォームから
問 生涯学習課 (電話086・482・1511)

 

早島町議会議員選挙立候補予定者説明会
早島町議会議員選挙立候補予定者のための説明会を開催します。立候補予定者、選挙事務責任者の届けなどの手続きについて説明します。関係者は出席してください。
日時 7月20日(金曜日)10時~
場所 町役場2階 第1会議室

問 早島町選挙管理委員会事務局 (電話086・482・0611)
 

入札結果の公表4月分

問 総務課 (電話086・482・0611)

【建設農林課】
■町道280号線道路植栽工事
工事場所 早島地内
請負業者 株式会社ふうりん
契約金額 2<SPA CLS=REL WD=-25>,559<SPA CLS=REL WD=-25>,600円
落札 率 87<SPA CLS=REL WD=-22>.8%
工期 契約日から平成30年7月31日
概要 中低木植栽

 
降雨期の交通事故防止について
雨の多いこの時期は、交通事故が多発しています。次のことに特に注意して、安全運転を心がけましょう。

1 できるだけ公共交通機関を利用しましょう
雨の日の運転は、スリップや視界不良などの悪条件が重なり、特に気を使います。できるだけ公共交通機関を利用しましょう。
2 運転はゆとりをもって!
雨の日は渋滞が起こりやすく、気分がイライラしがちです。いつも以上に心と時間にゆとりを持ちましょう。また、スピードは控えめに、車間距離も十分とりましょう。
3 ライトは早めに点灯しましょう
雨の日は、昼間でも薄暗いため、暗いと感じたら迷わずライトを点灯し、視界を確保するとともに、周りに自分の存在を知らせましょう。
4 心と車の状態をチェック!
体調を崩したときや、気分が優れないときは、できるだけ運転を控えましょう。また、タイヤの溝や空気圧、ワイパーの状態など、車の点検も運転前に十分に行いましょう。
5 自転車の運転も十分注意して!
自転車の傘差し運転は、自分だけでなく、周囲にも危険を及ぼすため、絶対にやめましょう。
6 反射材などで自分をアピール!
雨の日は、自動車から歩行者や自転車が見えにくくなります。明るい色の服装や反射材を身に付け、自転車はライトを点けて、自分の存在をアピールしましょう。
 

早島町が「高齢者交通安全重点地区」に選ばれました
高齢者交通安全重点地区とは、警察各署が、高齢者の交通事故が多い地区を年度ごとに指定し、高齢者の交通安全への取り組みを強化するものです。
早島町では、町と早島町老人クラブ連合会が主体となって、警察とともに交通安全教育や情報発信など、高齢者の交通安全対策を推進していきます。
また、倉敷交通安全協会による町内巡回や交通安全の講話、反射材などの配布も予定されています。  交通事故を一件でも減らすため、より一層の交通安全へのご協力をお願いします。

問 総務課 (電話086・482・0611)

 
水道料金改定のお知らせ(8月請求分から) 問 上下水道課 (電話086・482・0617)
広報はやしま1月号でお知らせした水道料金の改定(平成29年12月議会可決)が、8月請求分(5月使用分、7月中旬から検針)から適用となります。ご負担をおかけしますが、より効率的な事業運営と健全経営に努めてまいりますので、ご理解くださいますようお願いします。なお、下水道料金については従前のとおりで改定はありません。

 

~国民年金保険料の免除制度をご存知ですか~
所得が少ないときや失業等により保険料を納めることができない場合には、本人の申請によって、保険料の納付が免除される制度があります。

1.免除(全額免除・一部免除)申請
本人、配偶者、世帯主それぞれの前年所得が一定額以下の場合や、失業等の事由がある場合に、保険料が全額免除または一部免除となります。
2.若年者納付猶予制度
50歳未満の人(学生を除く)で、本人、配偶者それぞれの前年所得が一定額以下の場合に、納付が猶予されます。
3.学生納付特例申請
学生で本人の前年所得が一定額以下基準の場合に、納付が猶予されます。
※付加年金または国民年金基金に加入中の場合に、免除等が承認されると脱退となります。

■過去2年まで遡って免除申請ができます。
平成26年4月から法律が改正され、保険料の納付期限から2年を経過していない期間について、遡って免除等を申請できるようになりました。
ただし、申請が遅れると万一のときに障害年金が受け取れないなどの不利益が生じる場合がありますので、すみやかに申請してください。
■「納付・全額免除・一部免除・納 付猶予」と「未納」の違い
※1保険料を納めた場合と比べて、受け取る年金額が次のとおりとなります。(平成21年4月以降の免除期間)
・全額免除の場合…2分の1
・4分の3免除の場合…8分の5
・半額免除の場合…4分の3
・4分の1免除の場合…8分の7
※2<SPA CLS=EN>一部免除については、減額された保険料を納めないと「未納」と同等の扱いとなります。

問 倉敷東年金事務所 (電話086・423・6150)
町民課 (電話086・482・2482)

平成29年度における情報公開制度・個人情報保護制度・審議会等の会議公開制度の運用状況をお知らせします
■情報公開制度運用状況
開示請求件数等は次のとおりです。

■個人情報保護制度運用状況
平成29年度末現在、実施機関が届け出た個人情報を取り扱う事務は次のとおりです。なお、自己情報の開示請求は0件でした。

■審査会等の会議公開制度運用状況
審議会等の会議の公開状況は次のとおりです。
問 総務課 (電話086・482・0611)


人権相談
お困りごとはありませんか?差別・体罰・虐待・いじめ・DV・セクハラ・プライバシー侵害・誹謗・中傷・家族関係・近隣関係・不法行為など
日時 7月11日(水曜日)9時~12時
場所 町民総合会館(ゆるびの舎) 2階集会室 担当者 早島町人権擁護委員
田中 良
日笠 きよし

問 町民課 (電話086・482・2482)

 

後期高齢者医療制度のご案内

「後期高齢者医療制度」は、75歳以上の人全員と、一定の障がいがある65歳以上の人で申請により認定された人が加入する高齢者の医療制度です。
75歳の誕生日の前月に後期高齢者医療被保険者証が普通郵便で届きますので、誕生日以降は、新しい保険証を医療機関に提示して医療を受けてください。
また、65歳以上75歳未満で、一定の障がいのある人(下記参照)は、障害認定を申請することで、後期高齢者医療制度に加入することができます。後期高齢者医療制度への加入については、ご本人の選択になり、加入後はこれまで加入していた健康保険(国民健康保険や職場の健康保険など)を脱退することになります。
また、障害認定を受けて後期高齢者医療制度に加入した場合でも、75歳になるまでの間は、脱退して他の医療保険に加入することができます。加入を希望する場合は、個別にご相談ください。医療を受ける際の負担割合は、所得により1割または3割(現役並みの所得の人)となります。なお、保険料については、下記をご覧ください。

一定の障がいとは、おもに下記に該当する障がいなどです。
・身体障害者手帳の1級から3級、4級の一部(音声、言語に関する障がい、下肢に関する障がいの一部)
・療育手帳の重度障害A
・精神障害者保健福祉手帳の1級、2級
・国民年金法などにおける障害年金の1級、2級

問 町民課 (電話086・482・0613)


保険料率が変わります

  平成30度から後期高齢者医療の保険料率が変更になります。保険料率は、2年ごとに見直すもので、岡山県内均一となります。また、保険料は、被保険者全員が負担する「均等割額」と被保険者の所得に応じて負担する「所得割額」の合計となります。平成30年度から、保険料の軽減措置について、「被扶養者であった人に対する特例」、「所得割額の軽減」、「均等割額軽減の基準」の一部が次のとおり変更となっています。

◇岡山県後期高齢者医療広域連合の保険料(平成30・31年度)年額

9.17%(所得割率)(所得-33万円)× 所得割額+46,600円均等割額=一人当たりの保険料(限度額62万円)

※一人当たりの保険料は、100円未満を切り捨てます。
※保険料は年度(4月から翌年3月までの12か月)で計算され、年度の途中で加入した場合は加入した月から計算されます。
※所得とは、雑(年金)所得、事業所得、給与所得、譲渡所得などの合計額をいいます。(遺族・障害年金等は除く)


軽減措置
◇保険料の軽減措置
【被扶養者であった人に 対する特例】
後期高齢者医療制度の被保険者となった日の前日に、健康保険組合や協会けんぽ、共済組合など(国民健康保険や国民健康保険組合は除く。)の被扶養者であった人は、保険料の「均等割額」が5割軽減され、「所得割額」はかかりません。ただし、所得の低い人に対する軽減にも該当する人については、いずれか大きい方の額が軽減されます。

【所得割額の軽減】
平成29年度までは「賦課のもととなる所得金額」が58万円以下の人は、特例の軽減措置として「所得割額」が軽減されていましたが(平成29年度は2割軽減)、平成30年度からはこの軽減措置が廃止され、制度本来の「所得割額」を負担いただくようになります。

 

軽減措置

【均等割額軽減の基準】
所得の低い人は、世帯の所得水準に応じて保険料の「均等割額」が軽減されます。
軽減割合 世帯主及びその世帯の被保険者の合計総所得金額等が下記の金額以下の世帯
9割軽減 33万円(基礎控除額)を超えない世帯で、被保険者全員の所得(年金の所得控除額は80万円として計算)が0円
8.5割軽減 33万円(基礎控除額)
5割軽減 33万円(基礎控除額)+27.5万円×被保険者数
2割軽減 33万円(基礎控除額)+50万円×被保険者数

※軽減の判定は、賦課期日現在で行われます。
※軽減判定の際には、基礎控除(33万円)はありません。
※所得が公的年金の場合は、総所得金額から年金所得の範囲内で、最大15万円を控除し判定します。
※軽減判定時の総所得金額等では、専従者控除、土地・建物等の譲渡所得の特別控除は適用されません。
※世帯主及びその世帯の被保険者に所得の不明な人がいる場合は、基準に該当するかどうか判定できないため、軽減が適用されません。


被保険者証の更新について
現在お持ちの被保険者証の有効期限は平成30年7月31日です。

・被保険者証の更新
後期高齢者医療被保険者証(被保険者証)は毎年8月で更新されますので、7月下旬に新しい被保険者証を郵送します。8月以降に医療機関などで受診する際には、必ず新しい被保険者証を窓口に提示してください。
※新しい被保険者証は紫色です。
・一部負担金の割合の見直し
医療機関などの窓口で支払う一部負担金の割合は、所得区分に応じて決まります。所得区分は前年の所得により毎年判定されるため、新しい被保険者証では、割合が変更されている場合があります。

 【一部負担金の割合】
現役並み所得者…3割
一般・低所得者2.・低所得者1.…1割
 

 【所得区分】

現役並み所得者
住民税の課税所得(各種控除後)が145万円以上の被保険者及び同世帯の被保険者※。ただし、次の要件に該当する場合には、申請により1割負担となります。
・世帯内の被保険者が1人であり、収入額が383万円未満
・世帯内の被保険者が2人以上であり、収入額の合計が520万円未満
・世帯内の被保険者が1人で、世帯内の70歳以上75歳未満の人も含めた収入額の合計が520万円未満
※昭和20年1月2日以降生まれの被保険者及びその属する世帯の被保険者については、旧ただし書き所得(総所得から基礎控除33万円を
差し引いた額)の合計が210万円以下の場合、1割負担となります。
一般
現役並み所得者、低所得者2.、低所得者1.以外の人
低所得者2.
世帯の全員が住民税非課税の人(低所得者1.以外の人)
低所得者1.
・世帯の全員が住民税非課税で、必要経費・控除を差し引いた世帯全員の所得(年金の所得控除額は80万円として計算)が、0円となる人
・世帯の全員が住民税非課税で、老齢福祉年金を受給している人

 

限度額適用・標準負担額減額認定証の更新について
現在お持ちの被保険者証の有効期限は平成30年7月31日です

○減額認定証の更新

所得区分が住民税非課税世帯の低所得者2.または1.の被保険者の人が医療機関などで受診する際には、申請により交付される後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証(減額認定証)を、医療機関などに提示することで、窓口で支払う医療費が自己負担限度額までとなり、入院時には1食あたりの食事代も減額されます。現在、減額認定証をお持ちで、8月以降も所得区分が低所得者2.または1.となる場合には、新しい減額認定証を保険証に同封し、7月下旬に送付しますので、申請の手続きは必要ありません。ただし、次に該当する人はご注意ください。

1.世帯内に所得の未申告者がいる人
世帯内に所得の未申告者がいる場合は、新しい減額認定証は送付されません。所得がない場合でも「なし」の申告が必要ですので、お住まいの市町村で、6月末までに申告を行ってください。申告により、所得区分が低所得者2.または1.となった場合は、減額認定証が引き続き交付されます。

2.長期入院をした人
平成29年8月1日以降、所得区分が低所得者2.で減額認定証をお持ちだった期間内に、90日を超える入院日数がある人は、お住まいの市町村で申請をしてください(岡山県の後期高齢者医療保険加入前の医療保険において区分2.・区分オの認定証の交付を受けている入院期間も含む)。
申請が認められた場合、1食あたり160円となる減額認定証が交付されます。ただし、平成29年8月1日から平成30年4月30日までの間で入院が90日を越える人は、申請の手続きは必要ありません。

問 町民課 (電話086・482・0613)
岡山県後期高齢者医療広域連合 (電話086・245・0090)


「介護者の集い」参加してみませんか。

介護の悩みや不安をひとりで抱えこんでいませんか?町では、介護をしている皆さんが、日頃の悩みや不安を気軽に相談し合える『介護者のつどい』を開催しています。介護と上手に向き合うヒントにしていただくため、介護方法や介護に関する情報などもお知らせしています。忙しい毎日の中、時には「ちょっと息抜き」しませんか?初めての人も、ぜひお気軽にご参加ください。

日時 7月27日(金曜日) 10時~11時30分
場所 ドリームハウス 多目的室
内容 「健康づくり、まずお口から!」講話、歯磨き指導、茶話会
参加ご希望の人は電話でお申し込みください。

申・問 地域包括支援センター 三宅・大 (電話086・482・2432)

 

70歳以上の皆さんへ

平成30年8月から高額療養費の上限額が変わります

高額療養制度とは、ひと月に医療機関に支払った額が高額になった場合に、定められた上限額を超えて支払った額を払い戻す制度です。上限額は、個人や世帯の所得に応じて決まっています。平成30年8月から上限額(月ごと)が下の表のように変わります。あわせて「限度額適用認定証」が必要になる場合がありますので、ご留意ください。

年収が約370万から1,600万円 (課税所得は145万から689万円)の人はご注意ください!!

※年収は年金収入のみの人の金額

平成30年8月以降、ひと月にひとつの医療機関での支払いが高額になる可能性がある人は必ず、「限度額適用認定証」の交付を申請してください。
【申請窓口】
ご自身が加入している公的健康保険(健康保険組合・協会けんぽの都道府県支部・国民健康保険・後期高齢者医療制度・国保組合・共済組合など)

※国民健康保険・後期高齢者医療に加入の人は、役場町民課で申請してください。
※「限度額適用認定証」が提示されない場合、医療機関での支払額が高額になる場合があります。(ただし、その場合でも、上限を超えて支払われた額を後日払い戻すよう申請することができます)

 

愛育委員・栄養委員は地域の健康づくりボランティア

早島町長から委嘱をうけた本年度の愛育委員・栄養委員とその活動内容を紹介します。愛育委員・栄養委員は、地域の皆さんの子育て支援・食育支援・健康づくりをお手伝いします。地域の皆さんのご理解とご協力をお願いします。
問 健康福祉課 (電話086・482・2483)

愛育委員とは

愛育委員は、乳幼児から高齢者まですべての住民にとって、健康で明るく住みよい町となるように、行政と協力しながら活動する健康づくりボランティアです。「子どもがのびのび育ち、誰もが個性や能力を最大限に発揮できる社会をつくりましょう」をスローガンに地域で活動しています。

若宮 福田千恵子 安原 純子
矢尾 林 博子
イトーピア 鷲尾 榮子
日笠山 後藤留美歌
中山団地 神ざき 佳子 高田 直美
大池 林 篤子
備南台 田中与志江 喜屋武昭江
金田 小郷小夜子 坪井 陽子
噂島 平岡 博子
塩津 金森 郁代
無津 はまさき 真理子
真磯台 鈴木 信子 畑 京子
市場 長島眞紀子 安原惠美子
塩地 納所 康子
頓行 大和 洋子 増成 智代
小浜 栗坂 明美
片田 中元 保子
舟本 石田 恒子 森下 明見
久々原 溝手 恒子
長津・畑岡 小川 玲子 渡邉 浩子
宮崎 森岡登羽子
弁才天 蜂谷理枝子
前潟 田中 洋子 岡野 優子
村松紫津子 谷本 幸子
下前潟 平松 薫
(敬称略)


主な活動内容

各種検(健)診への協力
町内の幼稚園・保育園・スーパーなどで「検(健)診を受けましょう」とチラシを配って呼びかけています。

地区活動
地区の健康教室やサロンなどで、旬の健康情報の発信や参加者同士の交流を行い、地域のつながりづくりを行っています。

声かけ・見守り
ベビママサロンや保育相談などの行事で、お母さん方との交流や、託児を行っています。育児学級では離乳食エプロンをプレゼントし、欠席者には訪問して手渡し、地域の身近な相談者となれるよう見守りをしています。

禁煙啓発
世界禁煙デーの活動として、中学校・早島駅前で、たばこの害についてのパンフレットを配り、「たばこを吸わないように」と呼びかけを行っています。

いきいき広場で健康チェック
乳がん触診モデル、健康に関する展示など生活習慣を見直す様々な楽しい体験や測定を通じて、自分の健康について考えるきっかけづくりの場を提供しています。

 

 

栄養委員とは

栄養委員は、「私たちの健康は私たちの手で」をスローガンに、食を通じた健康づくりの担い手として地域で活動している健康づくりボランティアです。町民の食生活の改善を図り、「食事」「運動」「休養」のバランスのとれた生活習慣や食習慣などを普及するため、地域で活動をしています。


若宮 佐伯 芳子 武野 厚子
矢尾 林 友枝
日笠山 甲野惠美子
中山団地 小郷 寛子 福田エミ子
ニュー早島 磯村 祐子
備南台 原田 澄江
金田 坪井千代子
下野 小郷 光子
噂島 平岡 博子
塩津 安原美恵子
真磯台 杉本 圭子
市場 杉原 眞弓 寺山 玲子
頓行 澤田 啓子
小浜 溝手 啓子
片田 貝原しのぶ
舟本 井谷由美子 半田 里美
三軒地 溝手 和子
長津・畑岡 立古紗代子
宮崎 熊野 容子
弁才天 岡本 孝子
前潟 井川 純子 中西由美子

(敬称略)

主な活動内容

子ども料理教室
夏休みに小学4~6年生を対象に料理教室を実施し、調理実習や講話を通して食の大切さについて学ぶ機会を作っています。

ベビママサロン・わんぱく広場
ベビママサロンでは「離乳食」、わんぱく広場では「こどものかむ力を育てる栄養たっぷりのおやつ」を作り、お母さん、子どもたちの食生活支援を行っています。

いきいき広場
いきいき広場でのブース出展で、食育の推進を行っています。
平成29年度から始めた食育ツリーでは、来場者に食生活の目標を記入して日頃の食生活を振り返っていただきました。

地区活動
栄養教室で行った献立配布や調理実習等を行い、地域の健康づくりを推進しています。
◇その他
・健康はつらつはやしま21の推進
・食育の推進(おぎゃっと21への参加など)
・各種研修会の参加
・減塩食普及活動(地域で健康レシピ の紹介、伝達講習、交流会など)
・地区での世代を超えた交流 など

 

国民健康保険に加入している人へ

交通事故などで国民健康保険を使う場合は必ず届出をしてください!

≪第三者行為による傷病届の提出に ついて≫
交通事故や暴力行為によるケガ、また、犬に咬まれてケガをした場合や飲食店での食事が原因で食中毒を起こした場合など、自分以外の第三者の行為が原因のケガや病気の治療費は、加害者が負担すべきものです。これらの第三者の行為が原因で、国民健康保険を使って治療した場合は、必ず「第三者行為による傷病届」を町民課に提出してください。この傷病届は、後日、早島町国民健康保険がご本人に代わって加害者や加害者側の損害保険会社などに、早島町国民健康保険が立て替えている治療費等を請求するために必要な届出です (ホームページからもダウンロードできます)。


≪早島町国民健康保険からのお尋ね について≫
早島町では、国民健康保険を使って治療をした場合、
1.第三者行為によるケガや病気ではないのか?
2.仕事中や通勤途中のケガではないのか?
などを判断するため、ケガや病気の原因を、電話や訪問、文書等でお尋ねすることがあります。大変お手数ですが、お尋ねがあった時は必ずご回答くださいますようお願いします。
第三者の行為が原因のケガや病気の治療で国民健康保険を使用したにも関わらず「傷病届」が提出されない場合は、皆さんの納付していただく保険税で本来負担する必要のない費用を負担することになってしまいます。必ず届出をお願いします。


≪届出に必要な書類≫
・国民健康保険証
・印鑑
・交通事故証明書(交通事故の場合)
・第三者行為による傷病届
(事故発生状況報告書・同意書)

問 町民課 (電話086・482・0613)


柔道整復師(整骨院・接骨院)のかかり方

整骨院や接骨院で柔道整復師の施術を受けるとき、国民健康保険が使える場合と使えない場合があります。ご注意ください。

保険が使える場合
・打撲
・捻挫
・挫傷 (肉離れなど)
・骨折・脱臼
※骨折・脱臼については医師の同意が必要です。 (応急措置を除く)

保険が使えない場合 (全額自己負担)
・慢性的な肩こりや筋肉疲労
・スポーツによる筋肉疲労・筋肉痛
・病気 (神経痛、リウマチ、五十肩、関節炎、ヘルニアなど)が原因の痛みやこり
・脳疾患後遺症などの慢性病や、症状の改善がみられない長期の施術
・保険医療機関で療養中のもの など

◇柔道整復師(整骨院・接骨院)にかかるときの注意点
・負傷の原因を正しく伝えましょう
負傷の原因が仕事中などで労働災害に該当する場合は、国民健康保険の保険給付は行われません。交通事故による場合で国民健康保険を使用したときは、必ず町民課へお知らせください。
・保険医療機関 (病院、診療所など) との重複受診はしない
同一の負傷で、同時期に柔道整復師の施術と保険医療機関での治療を重複して受けることはできません。
・領収書は必ずもらいましょう
国民健康保険を使った場合は、後日、町から「医療費のお知らせ」を送付しますので、医療機関や整骨院、接骨院の領収書と請求内容を確認してください。なお、領収書は「医療費控除」を受ける際にも必要となるため、大切に保管してください。
◇国民健康保険からのお願い
・治療内容について町民課からお尋 ねすることがあります
医療費の適正化を目的に、文書や口頭で施術日や施術内容等を問い合わせをすることや、訪問にて施術内容等をお尋ねすることがあります。
施術の記録や領収書などを保管していただき、照会がありましたらご自身で回答できるようご協力をお願いします。
問 町民課 (電話086・482・0613)

 

~介護予防普及啓発事業~
介護予防講演会のお知らせ

超高齢化社会を迎え、人生100年時代と言われる中、いつまでも元気でいきいきと生活するためには、日頃から運動や食事・栄養などに気を付けて、社会参加をする等介護予防に努めることが大切です。今回は将来4人に1人は認知症とその予備軍となることが予想されている「認知症」をテーマに講演会を行います。ぜひご参加ください!

演題 「認知症の発症予防と治療~備えよう認知症~」
講師 岡山慈圭病院
副院長 石津 秀樹 医師

日時 7月24日(火曜日) 13時30分~15時 (受付13時~)
開場 ゆるびの舎2階研修室

参加費 無料
定員 70名
申込 7月20日(金曜日)までに 電話か窓口にて申込み。
申・問 地域包括支援センター 担当 吉浦 (電話086・482・2432)


<介護予防教室参加者追加募集!!>
内容 運動・栄養・認知症予防等
日時 7月3日、8月7日、9月4日、10月2日、11月6日、12月4日 13時30分~15時 ※11月は10時~13時
会場 オアシス早島 2階会議室
対象 65歳以上の町民

詳しくは地域包括支援センターまでお問い合わせください

 

~防ごう高齢者虐待~
高齢者をみんなで守ろう!
高齢者虐待の発生防止と早期発見のためには、地域の見守りや助け合いが大切です。
■こんなことが「高齢者虐待」にあたります。
身体的虐待…暴力を加えること(例:殴る、つねる、ける、無理やり食事を口に入れる、外部と接触させないなど)
心理的虐待…著しい精神的苦痛を与える言動を行うこと(例:怒鳴る、ののしる、悪口を言う、意図的に無視するなど)
介護・世話の放棄・放任(ネグレクト)…介護が必要な高齢者の世話を放棄・放任すること。(例:劣悪な環境のまま放置する、食事や水分を与えない、適切な医療や介護サービスの利用を制限するなど)
経済的虐待…養護者や親族が、本人の財産を不当に処分したり、本人に必要な金銭の使用を理由なく制限すること(例:本人の年金や貯金を勝手に使用する、必要な生活費を渡さないなど)
性的虐待…わいせつな行為をしたり、わいせつな行為をさせること(例:罰として下半身を裸にして放置するなど)
もしかして「虐待かも…」と思ったら、地域包括支援センターへ連絡を!
・高齢者の中には、自分で相談できない人がいます。
・大きな問題が発生する前に支援するためには、みなさんの気づきが大切です。
・「虐待」の可能性があると思ったら早めに連絡してください。
◇「介護に疲れた」など介護に関する悩みがある時も、ひとりで抱え込まず早めに相談を
≪連絡者についての秘密は厳 守します≫

申・問 地域包括支援センター (電話086・482・2432)

 

献血のお知らせ
交通事故での負傷、手術で輸血をする、病気の治療などで血液を必要とする人に血液を届けるため、次の日程で献血を行います。一人でも多くのご協力をお願いします。

 早島町愛育委員会から 先着80名様に粗品の プレゼントがあります。

実施日時 7月27日(金曜日) 9時~12時 13時~14時45分
場所 ゆるびの舎 健康づくりセンター
対象者 男性17~69歳、女性 18~69歳までの、体重50キログラム 以上の人
献血の種類 400<CODE NUMTYPE=UC NUM=3396>献血
注意 65~69歳の人については、献血する人の健康を考え、60から64歳の間に献血経験がある人に限ります。
その他 次に該当する場合は献血をご遠慮ください。
●エイズ(HIV)検査が目的の人
●輸血や臓器の移植を受けたことがあ る人
●B型やC型肝炎ウイルスやエイズウ イルスの保有者の人
●昭和55年以降、ヨーロッパの対象国 に滞在(居住)した人
●海外から帰国(入国)して4週間以 内の人
●献血日前3日間に、出血を伴う歯科 治療(歯石除去を含む)を受けた人

問 健康福祉課 (電話086・482・2483)

 

早島町配食サービス事業のご案内
在宅高齢者が健康で自立した生活を送ることができるよう、栄養バランスを配慮した弁当を定期的に配達し、安否確認を行う配食サービス事業を行っています。

【利用対象者】
町内に住所を有する人で次のいずれかに該当する人
・65才以上のひとり暮らしで調理等が困難な人
・高齢者のみの世帯で調理等が困難な人
・その他町長が必要と認めた人

【事業内容】
・事業委託業者が自宅までお弁当を配達し、安否確認及び異常時の町への伝達を行います。
・利用者が負担する配食サービス代の一部(1回につき300円)を補助します。

【利用上の注意】
1.安否確認を行っていますので、お弁当は手渡しで受け取ってください。
2.お弁当は1日1回、昼食です。
3.月曜日から土曜日のうち、週2回まで利用できます。
4.祝祭日、年末年始はお休みです。
5.月の途中で業者変更はできません。
6.配達時間、支払い、キャンセル等詳細は、業者と相談して決めます。

【利用までの流れ】

申請者
ケアマネジャー
・地域包括支援センターへ相談
調査(アセスメント)・申請手続き
利用が決定したら、業者に連絡し、曜日、時間等打ち合わせ
利用開始


問 地域包括支援センター (電話086・482・2432)


7月保健ガイド

身体障がい者相談
日時 7月3日(火曜日) 10:00~12:00(相談時間)
場所 栴檀の家

こころの健康相談(要予約)
日時 7月25日(水曜日) 13:00~14:00
場所 栴檀の家
※専門医師が相談に応じます。
 
問 健康福祉課 (電話086・482・2483)
 

早島の人の動き (平成30年6月1日) 前月比
町人口/ 12,483 人 (-10人)#
男 性/ 6,026 人 (-4人)#
女 性/ 6,457 人 (-6人)#
世帯数/ 4,945 世帯 (-2世帯)
 

お悔やみ申し上げます
渡邉 春子(わたなべはるこ) 102歳
(5月12日、長津・畑岡)

 

夏休みチャレンジ!
夏休みこども料理教室のご案内
 
早島町栄養委員会では、こどもの「食べ物をえらぶ力」を養うことを目的に夏休みこども料理教室を開催します。栄養や食生活について学んでみませんか。当日は、美味しく、栄養満点メニューの調理実習を行います!みなさんの参加をお待ちしています!

日時 8月2日(木曜日) 9:30~13:00(受付9:15~)
場所 オアシス早島(地域福祉センター) 2階 会議室・調理室
対象 早島町在住の小学校4年生・5年生・6年生(先着20名)※教室は児童のみの参加です。
参 費 無料
持参物 エプロン、三角巾、ふきん、筆記用具
申先 早島町役場健康福祉課

申込方法 電話でお申し込みください。
※土曜、日曜及び祝日を除く8:30~17:15
申込期限 7月26日(木曜日)まで
※定員になり次第締め切ります
主催 早島町栄養委員会
申・問 健康福祉課 (電話086・482・2483)

 
涼を求めて公民館へ
第51回アサガオ展
早島花の銀行友の会会員の皆さんが大切に育てたアサガオを展示します。ぜひご覧ください。
日時 7月25日(水曜日)~7月27日(金曜日)
場所 早島町中央公民館
問 生涯学習課 (電話086・482・1511)

 
早島夏の風物詩
備中はやしま夏まつり2018
町内団体による模擬店、見どころいっぱいのステージと故郷自慢の盆踊り。ぜひ総踊りにご参加ください。フィナーレの花火もお楽しみに!
日時 8月11日(土曜日) ※雨天12日(日曜日)
場所 南グランド

プログラム
16:00~ おまつり広場開店
17:00~ 開会式
20:00~ いぐさ太鼓
20:25~ 花火
21:00~ 閉会

当日はコミュニティバスの臨時運行をします。

協賛金・花火募金を募集しています。詳しくは生涯学習課窓口または町ウェブサイトをご覧ください。
問 生涯学習課 (電話086・482・1511)

 

 郷土はやしまを歌おう
早島ふるさと音楽祭2018出演者募集
早島ふるさと音楽祭は、ゆるびの舎開館15周年記念事業として町民の皆さんから募集した「詞」を基にして創られた組曲「ふるさと早島」の発表の場として、2013年から開催しています。早島の良いところがすべて詰まった、組曲「ふるさと早島」を一緒に歌いませんか。下記募集内容に承諾していただける団体の参加をお待ちしています。

日時 12月9日  開場13:30 開演14:00
会場  ゆるびの舎・文化ホール
内容
第1部 ゲスト演奏
第2部 グループ発表
第3部 組曲「ふるさと早島」演奏
募集内容 第2部・第3部出演、もしくは第3部のみ出演
参加資格   団体であること。コーラスグループでなくても可 前日のリハーサル、当日リハーサル・本番すべてに参加できること。
募集期間 7月1日~7月31日(定員になり次第募集は終了します)
募集定員 先着5団体(昨年の出演団体を優先します)
申込方法 ゆるびの舎窓口でお申し込みください。

問 ゆるびの舎 (電話086・482・4800)


舞踊と演劇のエンターテイメント
はやしまアートフェスティバル2018
今までにないエンターテイメント性あふれる独創的な舞踊とファンタジーでハイスピードな演劇をお楽しみください。
日時 9月16日(日曜日) 開場13:30 開演14:00
会場 ゆるびの舎・文化ホール
入場料 1,000円(全席自由)
早島小学校・中学校に在籍する児童・生徒は無料で招待します。なお、入場には整理券が必要です。(7/14から配布)
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者福祉手帳保持者、または、介護保険区分の要介護1から5までの人は入場料が半額になる減免措置があります。
チケット発売 7月14日(土曜日)~ゆるびの舎で販売します。
出 演 花柳大日翠(日本舞踊家)、EN劇集団さんたばっく

問 ゆるびの舎 (電話086・482・4800)
 
若さあふれる音色が響く
吹奏楽フェスティバル2018in ゆるび
 
日 時 7月27日(金曜日) 開場13:00 開演13:30
※開演時間が変更になりました。
会 場 ゆるびの舎・文化ホール
入場料 無料(要整理券)
整理券はゆるびの舎で配布中
出 演 早島中学校吹奏楽部、倉敷高校吹奏楽部、 東陽中学校吹奏楽部、多津美中学校吹奏楽部
プログラム 各校の発表、合同演奏(予定)
倉敷高校吹奏楽部紹介
平成28年度、県内外で活躍するメンバーが集い、新生吹奏楽部がスタート。第57回全日本吹奏楽コンクール中国大会(高校小編成部門)に岡山県代表として出場。
昨年の第58回岡山県吹奏楽コンクールでは、高校生A部門に出場し金賞を受賞。

問 ゆるびの舎(電話086・482・4800)

 

No.246“ゆるび”WEEKENDコンサート
ENJOY MUSIC,ENJOY LIFE
日 時 7月27日(金曜日)
開場18:30 開演19:00
会 場 ゆるびの舎・エントランスホール
     ※入場無料
出  演 藤井義満add9
プログラム 学園天国、また君に恋してる、福笑い 他

問 ゆるびの舎(電話086・482・4800)
 

図書館だより
布絵本とストーリーテリングによる「おとなのためのおはなし会」
 ストーリーテリングは物語を覚えて語ること。
図書館ボランティア「おはなしの会かたつ夢り」の語るおはなしと、「布絵本の会」が制作した布の紙芝居をあなたも一緒に体験しませんか?
日 時 7月6日(金曜日)10:00~ 
場所 ゆるびの舎2階集会室  
プログラム 布絵本
・どんどこどん
・パンダなりきりたいそう
ストーリーテリング 
・ぼたもちをたべたかんのんさま (岡山の昔話) 
・雨のち晴 (創作)
・死人の恩返し (イタリアの昔話) 他

チャレンジ図書館員募集!
 図書館の仕事を体験してみたい小学生を募集します。
 どんな仕事があるのかな?一緒に体験しましょう。
日時 7月28日(土曜日) 午前の部 9:30~11:30 午後の部 14:30~16:30
対象 小学生
定員 12人まで(午前・午後6人ずつ)希望者が多い時は、抽選になります。昨年参加できなかった人を優先します。
申込み 6月1日(金曜日)から7月20日(金曜日)まで
図書館1階で受け付けますので、希望の時間を教えてください。
 
☆ストーリーテリング
7月7日(土曜日) 15:00~ 1階おはなしのへや
図書館ボランティア おはなしの会かたつ夢り
ろうそくを灯してお話を語ります。お話の世界を一緒に楽しみましょう。
 
☆かみしばいのじかん
7月8日(日曜日) 14:00~ 1階おはなしのへや
図書館ボランティア はやしま本だいすきの会
絵本・紙芝居の読み聞かせや工作などをしています。
 
☆おはなしの時間
第1,2,3 木曜日10:30~11:00
1階おはなしのへや(7月5,12,19日)
職員による読み聞かせなどをしています。
 
★ブックスタート★
対象者
平成29年7月生まれ以降の乳児健診対象者。(町民課でお申し込みいただくと、図書館からお知らせ葉書が届きます。図書館でも随時実施していますが混み合うことがありますので、なるべく下記実施日をご利用ください。)
実施日 7月10日(火曜日) 13:30~
実施場所 乳児健診会場(健康づくりセンター)
*ブックスタートについては、図書館にお問い合わせくださるか、ホームページをご参照ください。 http://www.bookstart.net
 
図書館カレンダー 7月のお休み
2,9,17,23,26,30日
☆7/26は電話対応可☆

問 町立図書館 (電話086・482・1513)
 

Hello Babies
こんにちは赤ちゃん

5月生まれの赤ちゃん

赤堀 駿也(あかほり しゅんや)ちゃん男の子(5月2日・長津・畑岡)父・哲也、母・雅子
城坂 拓海(しろさか たくみ)ちゃん男の子(5月2日・宮崎)父・昌浩、母・由江
赤木 明育(あかぎ めい)ちゃん女の子(5月7日・市場)父・良輔、母・エリカ
多田 樹生(ただ いつき)ちゃん男の子(5月13日・前潟)父・智哉、母・芙美
佐藤 成琉(さとう なる)ちゃん男の子(5月13日・市場)父・宏之、母・恵美
福田 翔斗(ふくだ しょうと)ちゃん男の子(5月23日・若宮)父・純大、母・明子
富尾 翠翔(とみお あきと)ちゃん男の子(5月24日・若宮)父・凌輔、母・瑞穂
三村 小百合(みむら さゆり)ちゃん女の子(5月29日・真磯台)父・一平、母・綾美


For Health
保健情報

予防接種を受けましょう!

感染症にかからないように、また他の人にうつさないために予防接種で免疫をつけましょう!以下は定期予防接種の一部です。

◎麻しん・風しん混合ワクチンの予防接種
対象者は下記のとおりです。
第1.期 生後12か月から24か月未満の児
第2.期 5歳から7歳未満で小学校入学前の1年間にある児
◎二種混合(ジフテリア・破傷風)の予防接種
小学6年生のお子さんは、二種混合の予防接種の対象年齢(11歳~13歳未満)になります。
◎日本脳炎の予防接種
日本脳炎の予防接種は、標準的には1.期を3歳で2回、4歳で1回、2.期を9歳で1回(合計4回)受けることになっています。また、
以下の1.または2.に該当する人には特例措置があります。
1.平成19年4月1日以前生まれで20歳未満の人
1.期および2.期の不足分(1~4回)を接種可能。
2.平成19年4月2日~平成21年10月1日の間に生まれた人
1.期の対象年齢(生後6か月~ 90か月未満)の間に1.期の接種が完了しなかった人は、2.期の対象年齢(9歳~ 13歳未満)の期間中
に1.期の未接種分(1~3回)を接種可能。7歳6か月~9歳未満の間は不可。
《予防接種の受け方》
1.かかりつけの医療機関で、受けようとする予防接種の接種日時等を確認し、直接予約して接種してください。
2.予防接種予診票は、医療機関に備えてありますので、直接受診してください。
《持っていく物》
・小児医療費受給資格者証・健康保険証・母子健康手帳

問 健康福祉課 (電話086・482・2483)


7月こども保健ガイド

場所 ゆるびの舎・健康づくりセンター

問 健康福祉課・保健師 (電話086・482・2483)

保育相談
日時 10日(火曜日)10:00~10:30(受付)
対象 就学前の乳幼児
内容 身体計測、栄養相談、歯科相談など
※母子健康手帳をご持参ください。
つどいの広場
日時 10日(火曜日)10:00~11:30
対象 就学前の乳幼児とその保護者
対象 ふれあい遊び、自由遊び、親子の交流など
乳児健診
日時 10日(火曜日)13:30~14:00(受付)
対象 4・7・9・12か月児
内容 身体計測、内科診察、栄養相談、歯科相談など
※母子健康手帳・問診票をご持参ください。
1歳6か月児健診
日時 11日(水曜日)13:30~14:00
対象 平成28年11月~平成29年1月生まれ
内容 身体計測、内科診察、歯科診察、各種相談など
※対象者には個人通知します。
ベビママサロン2回目
日時 24日(火曜日)10:00~12:00
対象 ベビママ(7~8か月児とその保護者)
※対象者には個別通知します。
内容 同月齢児を持つ保護者の交流、乳児の歯の手入れとむし歯の予防について、離乳食(中期)の進め方

 

はやしま児童館だより
利用できる人
 0歳から18歳までの子どもとその保護者/子どもの健全育成活動を進めている団体など
休館日 火曜日・祝日
開館時間 10:00~17:00
問い合わせ先 早島児童館 〒701-0304早島町早島1297-1(早島小学校の北隣) 電話/ファックス 086・483・2358
※駐車場はトマト銀行の北側にあります。
 自転車で来る人は小学校正門前の土壁の前に止めてください。
 
○絵本タイム 2日・9日(月曜日)16:15~16:4523日・30日(月曜日)14:00~14:30 小学生対象  三冊ほどの絵本や紙芝居などを読んでいます。ゆったりと聞きに来ま
せんか。
○おやこひろば「水遊び」 6日(金曜日)10:00~11:00 乳幼児親子  園庭にプールを出して遊びます。水着(またはそれに代わる物)やタオルを持って来てください。
雨天時にも軒下で水に触れて遊びますので、着替え等を持って来てください。
★ピンポンをしよう 7日(土曜日)14:00~15:00 どなたでも  コーチの喜屋武 昭江 氏の指導で、楽しくピンポンを練習しましょう。自分のラケットやシューズがあ
人は持って来てください。初めてラケットを持つ人も参加できます。
★オセロ大会 14日(土曜日)14:00~15:00 どなたでも  オセロの好きな人、トーナメントで対戦してみましょう。ルールのわかる人ならどなたも参加できます。
14:00からくじで対戦相手をめますので、遅れないように来てください。遊戯室2階のわくわくルームで行います。
★はやしま朗読ボラン ティア福来朗 21日(土曜日)10:00~10:45 どなたでも  ゆったりと、絵本やことば遊びなどを楽しみませんか?ぜひ友だちや家の方と一緒に聞
きに来てください。遊戯室で行います。
★けん玉教室 25日(水曜日)
1.10:00~10:20
2.10:25~10:45
3.10:50~11:10
4.11:15~11:35 どなたでも  森岡 雅夫 氏と一緒にけん玉の基本を楽しく練習しましょう。初めてけん玉を持つ初心者向けの教室です。城山学級の小学1年生の人と一緒に練習しますが、学年に関係なく参加できます。好きな時間帯に申し込みをしてください。
○避難訓練(火災) 25日(水曜日)13:00~13:30 全員参加  20分間ほどの防災のビデオを見ます。来ている人は全員視聴します。
★作って遊ぼう 「プラ板キーホルダー を作ろう」  26日(木曜日)10:30~11:30 小学生以上 定員:16名  透明な薄いプラスチックの板に油性ペンで好きな絵を描い
てオーブントースターで焼くと、縮んで分厚く硬くなります。金具やひもを付けてキーホルダーにしましょう。申し込みは7月7日(土曜日)から受け付けます。
★カプラのインストラ クターと遊ぼう 30日(月曜日)10:00~12:00 どなたでも  日野 定幸 氏の指導で、たくさんのカプラ(長方形の板ブロック)を使って、不思議なカプラの世界を楽しみましょう。
★…要申し込み(就学前の幼児は保護者同伴)


かんだ子育て支援センター あそびのひろば
 〒701-0304 都窪郡早島町早島4849-1 かんだ保育園内 電話086・480・0580 k-shien@kurukuru.or.jp
利用時間 10:00~16:00
開園日 月~土曜日 (ただし、日曜日・祝日・年末年始は除きます)
*上記以外でも園行事の関係でお休みになることがあります。詳細については気軽に問い合わせてください。

2日(月曜日) 10:30~ 子育て教室
 ~夏の病気~ 何でも病気相談
看護師:松尾 千恵子氏
3日(火曜日) 10:00~ わかみや保育園へ行ってみよう
3日(火曜日) 13:30~ 赤ちゃんサロン
対象:1歳半までの親子
5日(木曜日) 10:00~
定員8組
要申込 すまいるキッズ1回目
6日(金曜日) 10:00~
定員8組
要申込 地域交流企画「たなばた会」
お友達と一緒に昔ながらの伝統行事を楽しみましょう。
9日(月曜日) 11:00~ わらべうた
 
12日(木曜日) 10:00~
定員8組
要申込 すまいるキッズ2回目
23日(月曜日) 11:00~ おはなしなあに
30日(月曜日) 11:00~ 6,7月誕生会
 
★すまいるキッズ 〈2回で1つのコースです〉
 日 時 7月5日(木曜日)・12日(木曜日) 10:00~
 対 象 1~3歳の親子(8組:要申込)
 給食代 500円
 お外で遊ぼう&ミニ講座、毎回給食体験!
*すまいるキッズで部屋を使います。午前中あそびのひろばは、お外のみOKです。ご了承ください。
 
〔予告〕
★にこにこ赤ちゃん 〈2回で1つのコースです〉
 日 時 8月2日(木曜日)、9日(木曜日) 10:00~
 対 象 1歳までの赤ちゃん(8組:要申込)
 資料代 200円
 場 所 早島町地域福祉センター(2F プレイルーム)
 はいはいのひみつや絵本のことなどについて一緒に考えて みませんか?カフェタイムもあるよ! おしゃべりしながら子育て仲間をつくりましょう<CODE NUMTYPE=UC NUM=2665>
★一時保育(要事前登録)
 お子さんのお世話ができない時、一時的にお預かりします。
 早島保育園 直通電話(電話086・486・1231)
 かんだ保育園 直通電話(電話086・480・1489)
 詳しくは各保育園にお問合せください。

 

早島町シルバー人材センターだより

※高齢者活躍人材育成事業受講者募集
 地域の高齢者の皆さんに、人手不足分野等で活躍していただくため、知識・技能が習得できる技能講習です。
受講対象者 岡山県在住の60歳以上の高齢者で、シルバー人材センター会員として就業を希望する人
受講料 無料
講習名
・介護補助・家事援助スタッフ講習
・介護補助スタッフ講習
・介護施設等調理補助スタッフ講習
・子育て支援・ベビーシッター講習
・ビル清掃スタッフ講習
・店舗補助スタッフ講習
・農林管理・森林保全スタッフ講習
・公園施設等管理スタッフ講習 
 詳しくは、お問合せください。
※新規会員募集中
 剪定・草刈・草取作業、屋内外の軽作業
 高齢世帯等の家事支援事業(町内の高齢者を対象に家事のお手伝い)
 派遣作業(簡単な仕分等経験がなくてもできます)
※お仕事募集中
 皆さんのお役にたちます。お気軽にご相談ください。
※今月の入会説明会
日時 7月10日(火曜日) 13時30分~14時30分
場所 早島町シルバー人材センター 事務所
問 公益社団法人早島町シルバー人材センター
  早島町早島1291-7
  (電話086・480・0335)
  (ファックス086・480・0337)
  E-mail hayashima@sjc.ne.jp


公開技能講座 受講生募集

日時 7月29日(日曜日)9時~12時
場所 岡山県立南部高等技術専門校
対象者 小学生(保護者の同伴が受 講条件)
講座内容 1.水鉄砲の製作
     2.黒板の製作
     3.丸腰掛けの製作
受講料 無料
定員 いずれも10組(20名)
 定員を超えた場合は、抽選により 受講者を決定。なお申込者にはそ の結果を封書でお伝えします。
申込期間 7月9日(月曜日)~
     7月20日(金曜日)
申込方法 講座名・受講者名(ふりが な)・保護者氏名・住所・電話番号を 記入して郵送またはホームページで。
問・問 岡山県立南部高等技術専門 校(電話086・424・3311)
 〒710-0038 倉敷市新田3241
http://www.pref.okayama.jp/soshiki/199/


求職者支援訓練
(8~9月開講コース)受講者募集

 求職者支援訓練とは、雇用保険を受給できない求職者などを対象に、全国の民間教育訓練期間が実施する「就職」を目的とした公的な職業訓練です。今回8~9月に開講するコースの受講者を順次、募集しています。
募集科 基礎コース・実践コース(介 護福祉、医療事務、事務分野など)
※開講日、訓練期間(2~6か月)などは各コースによって異なります。
受講料 原則無料(テキスト代など は自己負担)
※一定の要件(収入・資産など)を満たす人に対しては、「職業訓練受講給付金(月10万円+交通費(所定の額))」が支給されるケースがあります。(所定の手続きが必要となります。)
問 ハローワーク倉敷中央 (電話086・424・3333)


土曜夜市inいかしの舎2018
夏の夜のお楽しみ!子どもから大人まで楽しめる催しがいっぱい!夕涼みがてら遊びにきませんか?
日時 7月28日(土曜日)17:00~21:00
場所 いかしの舎母屋周辺
内容 歌のステージ(ナベカズ、ア・リスほか)、遊び(宇宙くじ、射的等)
飲食 軽食、カクテル、ビール、かき氷等
主催 いかしの舎
共催 早島絆の会、な~さんと愉快な仲間たち、居酒屋さんど、学研早島neo教室
問 いかしの舎(電話086・483・1243)


前潟・下前潟
合同夏まつり2018
 今年もやります!どうぞお越しください。
日時 7月15日(日曜日) 16時30分~19時30分
場所 役場前駐車場

 

くらしき地域若者サポートステーションからのお知らせ

くらしき地域若者サポートステーションでは、仕事をしたいが一歩を踏み出せない若者を対象に就労に向かえるよう相談員が自立を支援しています。
対象 15歳~39歳まで
開所日 月曜日~土曜日(祝日を除 く)9時~18時
秘密厳守、相談無料
面談の申し込み方法など詳しくはお問い合わせください。
問 くらしき地域若者サポートステ ーション(電話086・430・5 602)倉敷市阿知3-20-29元町ビル2F


夏休み親子自由研究!高梁川流域の豊かさにふれる食育・木育ツアーの参加者募集

親子で高梁川の農林水産の恵みを体験するバスツアーです。
主催 高梁川流域経済成長戦略会議 農林水産部会、農林中央金庫(森林CSR事業)
※当ツアーは予告版としてご案内しています。当選者(参加権利者)には、8月上旬に改めて正式なご案内を送付します。ツアーに参加するには、ご案内の書面を確認後、株式会社農協観光と募集型企画旅行契約を締結することとなります。
日にち 8月26日(日曜日)
内容 高梁川の上流である新見市・高梁市を訪ね、直売所見学・木育教室等を行う。流域の特産品を使った流域特製弁当有り。
集合場所 JR倉敷駅またはJR総 社駅
対象 高梁川中下流域(総社市・早島町・倉敷市・矢掛町・井原市・浅口市・里庄町・笠岡市)に居住する小学4~6年生とその保護者(2名1組)
定員 抽選で15組30名
参加費 1名あたり1<SPA CLS=REL WD=-26>,500円を 事前振込(振込先は当選後に提示)
申込方法 7月31日(火曜日)までに「住所」「氏名」「連絡先電話番号」「本ツアーに参加を希望する旨」をハガキで(〒700-0826 岡山市北区磨屋町9-18株式会社農協観光岡山支店業務課宛)

問 企画・実施 株式会社農協観光岡山支店 (電話086・225・6630、


はやしまふれあい講座

主催 町民活動支援センター
運営 NPO法人ふれあいネットはやしま

7月の講座
 落語 「はやしま寄席」

●日時 7月8日(日曜日)14:00~
●集合場所 ゆるびの舎 2階研修室
●講師 噺の会 じゅげむ岡山支店
●参<SPA CLS=EN>加<SPA CLS=EN>費 無料
●申込締切 7月6日(金曜日)まで
●申込方法
中央公民館1階「町民活動支援センター」または、ゆるびの舎1階ロビーに申込用紙と応募箱があります。記載の上、投函ください。
問 町民活動支援センター(中央公民館内 電話086・482・3771)
NPO法人ふれあいネットはやしま・渡辺(電話090・4145・2374)
 


 消費相談窓口からのお知らせ
インターネット予約の旅行に注意!!

インターネットで予約した旅行に関するトラブルが、近年大幅に増加しています。ネット上の旅行サイト等で予約した際に、思っていたものと違う予約内容になっていたり、予想外の解約料を請求される場合があります。
また旅行サイト側のシステムエラー等が原因で、予約が取れていなかったり、二重に代金を請求されるなど注意しても防ぎきれないトラブルもあります。

(アドバイス)
・旅行サイトの事業者について調べる
トラブルが起こった際に、きちんと対応できる事業者を選ぶことが重要です。海外の事業者の場合、日本語での顧客対応窓口がなかったり、日本の法律が適用されず交渉が難しい場合があります。そのため事業者の所在地、問い合わせ先等をよく確認しましょう!
また、前払いで全額支払いを求める業者は危険なので、慎重に判断しましょう!
・予約内容や、解約料等の契約条件を確認する
・事業者からの予約確認メール等は旅行終了まで大切に保管する

困ったときはひとりで悩まずお気軽にご相談ください。
消費者ホットライン 電話188(いやや)
問 まちづくり企画課 (電話086・482・0612)

 

「6次産業化初心者講座」受講生募集

6次産業化をめざす農業者を対象に、加工品製造の基礎知識や実習による技術を学ぶ講座を8月30日(木曜日)、10月(中旬)、11月1日(木曜日)の3回、総社市他で開催します。定員20名程度、受講料各回1,000円(実習経費・昼食代)。受講の可否は、締切後、申込者に直接連絡します。詳しくは、お問い合わせください。

問 備南広域農業普及指導センター (電話086・434・7047)


ペタンクを愛する人募集

初心者、経験者問わず歓迎!
初心者にはルール、方法、マナーを懇切丁寧に指導します。すぐにプレーに参加できます。
【活動概要】
練 習 日 月・水・金曜日 9時から10時30分 (雨天中止)
場 所 山川池グランド
対外試合 年間3種類合計30試合
希望者すべて参加可能
年間会費 なし

【活動の目的】
・健康寿命を延ばす
・親睦を深め友人を増やす
問 早島ペタンク研究会 代表 尾?(ペタンク日本連盟の 正式指導者、審判員) (電話086・483・0304)


いかしの舎 7月 講座・イベント情報のお知らせ
申・問 いかしの舎(電話086・483・1243) 
●うたごえ喫茶
7月5日(木)13:15~14:45
7月24日(火)10:00~11:30
参加費1,500円 ※1ドリンク、お菓子付
会場 母屋2階
●折り紙教室
7月10日(火)10:00~12:00
7月24日(火)10:00~12:00
参加費1,620円(1ドリンク、材料費含む)
※初めての人1ドリンク、材料費のみ、要予約
会場 第二展示室
●ヨガ教室
毎週水 木 土 11:00~12:00
毎週火水木金 14:00~15:00
初回500円 女性限定
講師:アサコ(全米ヨガアライアンスRYT200認定講師)
会場 長屋門
※初めての方はいかしの舎にご予約ください。

 

囲碁クラブ例会報告( 5月27日 18人参加)
【成績順位】
1.林田 正彰 4級 五勝
▽三勝者 吉田 元輝 二段
沢田 尚之 二段 ほか7人
*定例会は毎月第4日曜日開催
*次回は、7月22日(第4日曜日)9:00~
*場所 中央公民館 会費 600円
どうぞご参加ください。

 

心映の投句
俳句・短歌

第505回早島俳壇定例句会作品 石井宏幸 選

闇潜り光となりて滴れり 坪井 信幸
森にしみこんだ天水は、何年、何十年の時を
経て、地中から地表へ表出する。その時、闇を
潜ってきた歳月は、一瞬にして光となり滴る。
その一滴、一滴の時の凝縮。

水面の青空散らし田植かな 石井美由紀
いよいよ水を張った代田が青空を移す。その
一枚の青空に足を踏みしめ、苗を空に埋め込ん
でゆくが、その度に水は揺らぎ、一瞬、青空が
散るように揺らぐ。農という丹精の足許にある
空が、まさに濡れるように美しい。

雨の香のゆらぎむらさき懸藤 郷原 和美
懸り藤そのものではなく、雨の中でさえも強
く匂ってくる藤の香が、それもその揺らぎが紫
だと言う。読む者に、紫とは確かにそうした奥
行きや陰影を持つ色かもしれないと思わせる言
葉の構成と感性が秀逸。

じつとりと猫の足裏の走り梅雨 佐藤惠美子
五月来ぬサラダの皿の白さにも 佐野 緑
大山を超ゆるが如く燕 筑後 道明
暗闇の底より牡丹咲き満つる 中村 清子
葱坊主抜かれ横たふ長さかな 大崎 弘子
島影に沈む夕日を追ふヨット 佐々木正俊
若葉風受けて一服庭掃除 佐藤 寛
玉藻城の堀は海水鱚光る 谷水 勝利

耕の沖の一つが家族の灯 石井 宏幸
稽古着を夏に着替へてよりの凛 坪井日出夫

▽坪井日出夫特選三句
薔薇の香の王妃のごとく壁なせる 石井 宏幸
暗闇の底より牡丹咲き満つる 中村 清子
若葉風指ほぐれゆく子の眠り 坪井 信幸
 

*毎月第2日曜日13時30分から中央公民館で句会を行っています。
*俳句は五・七・五であること、季語が入っていることが約束です。
*どなたでも十句を用意してご参加ください。
*問い合わせ 坪井(電話086・483・2157) 筑後(電話086・482・2339)


早島短歌会4月詠草 小見山 輝 選

(詠み手五十音順)
花水木を好みし友の逝きてよりはや二十年花は咲き継ぐ 岡本 稔子
亡き夫が夢に立つなどといふことも無し墓には明るく草が伸びてゐる 川上 安代
まだ四月といふに気温が跳ね上がる暑さに慣れねば悲鳴をあぐる 篠田 邦子
風に乗り鈴蘭の香の漂ひくれば私の気分は穏やかになる 鈴木 信子
毎日毎日落葉を掃きし椿の木の葉がつやつや日に光りをり 田中美代子
青色のカーネーションを瓶に挿しその人工の青を楽しむ 溝手 和子
鏡台に桜舞ひ散るよき日なり「お経の会」の老女の集ひ 安原 敏子
青々とみどりの萌ゆる土手を行く今年の桜は見ぬ間に散りて 安原 知子

▽選者 小見山 輝 詠草
風落し海辺の道を行きながら波のうねりを身に感じをり
 
*どなたでも「一首から五首まで」お持ちくだされば参加できます。
*短歌会は奇数月は第3土曜日、偶数月は第4土曜日いずれも9時30分から12時までです。
*講師 小見山 輝 氏
*問い合わせ 安原 (電話086・482・1808)

 

視野を広げる休日を!
土曜英会話塾がスタート

今年度の英会話塾がスタートしました。英会話塾は、小学校5年生から中学校3年生を対象に開催し、環太平洋大学や岡山大学の留学生が、英語で楽しくレッスンします。第1回は、環太平洋大学のモンゴルやベトナムの留学生が22人参加し、チャンツやスキットを使って一緒に英語に親しみ、異文化にふれ合いました。第2回は、岡山大学のインドネシア、タイ、台湾の留学生が4グループに分かれ、互いの国の特色について英語で交流しました。参加した子どもたちは、生きた英語にふれることで、間違いを恐れず自分の考えを英語で表現することにチャレンジしています。ぜひ参観に来てください。


早島の魅力再発見!
ロゲイニング in はやしま開催

5月12日、第1回「ロゲイニングinはやしま」を実施しました。ロゲイニングはエリア内にあるチェックポイントを、制限時間内にできるだけたくさん探す競技で、早島のことを楽しく知ろうと、小学3年生から6年生を対象に4年前から実施しています。
今回は子どもと大人の7チームに、環太平洋大学の留学生や地域の人も加わり熱戦を繰り広げました。今回のコースとなった前潟周辺は、役場や戸川家陣屋跡、金毘羅往来の道標など、多くの施設や歴史的な名所が密集していて、チェックポイントでは地域の人から解説が入り、子どもたちは目を輝かせながら町の歴史を学びました。また活動中に留学生から外国語のあいさつを教えてもらうなど、異文化の交流も深まり、たくさんの人と交流することができた一日でした。


協力して友情を深めました
子ども会野外研修

5月19日(土曜日)、早島公園と早島児童館を会場に、子ども会野外研修会が開催され、各地区の子ども会から児童約100名が参加しました。4人から6人ずつの班に分かれ、会場内の様々な場所に隠されたクイズを協力して見つけて答えを考えるクイズラリーを行いました。保護者も約30名が参加して、救護やクイズ採点等で運営を支援したり、低学年の児童と一緒に活動をするなど子どもたちの頑張りを温かく見守りました。子どもたちも自然と親しみながら、高学年のリーダーを中心に班全員で協力して活動し、友情を深めた有意義な野外研修となりました。

 

100歳おめでとうございます
小橋節子さん(5月14日)

小橋節子さんが5月14日、満百歳を迎え、町ではお祝状と記念品を手渡し、長寿をお祝いしました。小橋さんは大正7年5月14日生まれ。児島の木見の出身で、花莚の経糸を巻く「整経」という仕事をしていました。早島町に顧客が多かったことをきっかけに早島へ。その仕事は70歳ごろまで続けたそうです。趣味の編み物を90歳を超えるまで続け、親戚中の人々が小橋さんが編んだものを身に着けていたそうです。長寿の秘訣はよく食べること。食べ物の好き嫌いはなく何でも食べられるそうです。これからも健康にお気をつけてください。
 
 
健闘しました!!
早島中学校女子バスケットボール部

4月28日~30日に倉敷市中学校バスケットボール優勝大会が開催され、早島中学校女子バスケットボール部がベスト4に入る快挙を成し遂げました。出場校全28校の中で、3試合勝ち進み、見事準決勝に進出。準決勝では強豪チームに負けてしまいましたが、積極的なディフェンスと強気なチームプレーで大奮闘しました。日々の練習をますますがんばって、県大会出場を狙います!!


第19回町民グラウンド・ゴルフ大会 ペア戦
仲良しペア・仲良し夫婦 優勝
5月14日深砂運動公園で、19回目を迎えた町民グラウンド・ゴルフ大会が開催され、午前、午後の部に合わせて84組168名が参加しました。開会式では実行委員会加戸会長から、「参加者の平均年齢が76歳を超え、後期高齢者も多くなりましたが健康年齢延伸のためにも活発に活動しましょう。」と挨拶があり、続いて中川町長から、「医療費負担等上昇に歯止めをかけるため百歳体操はじめグラウンドゴルフ等の活動で元気に過ごして欲しい。」と激励がありました。午前の部では、林久江さんが5回ホールインワンを達成。プレーオフを制した仲良し女性ペアが優勝しました。午後の部ではグランドコンディションが変化して難しい中、仲良し夫婦が実力を発揮し優勝しました。
 
記録・成績表(敬称略)
午前の部
最高齢者ペア表彰
サクランボE (噂島)西村久美恵・池辺 清江(ペア合計171歳)
1位  フジ 塩地・頓行 葭本志げ子・蜂谷 宜子 62
2位  サクランボG 噂島   駒井 賢二・駒井 和恵 62
3位  日笠山H 日笠山 今井 寿夫・河北 憲一 63
4位  日笠山A 日笠山 中島 靖治・中島 和子 65
5位  さくら 若宮   平井 正和・野口 裕子 67


午後の部
最高齢者ペア表彰
塩津A (塩津) 安原 武志・四宮 勝典(ペア合計167歳)
1位  前潟A  前潟 佐藤 英治・佐藤喜多子 71
2位  若宮M  若宮 宗平 健治・宗平 六子 72
3位  汐入4  片田・三軒地 圓山三太郎・薦田紀久男 72
4位  汐入3  片田・舟本 江口 月美・小河原幸子 74
5位  宮崎A  宮崎A 亀山 吉裕・亀山 光子 75
 
※1位から5位の20名は選手権出場権を獲得しました。

 

熱い戦いが繰り広げられました
第87回町民ソフトボール大会を開催

4月22日、第87回町民ソフトボール大会が開催されました。前週は雨で順延となったため、出場チーム数は少なくなりましたが、快晴の下、熱戦が繰り広げられました。第1ブロック(深砂グランド)6チーム、第2ブロック(南グランド)3チームでトーナメント戦が行われ、結果は次のとおりとなりました。

【第1ブロック】
優 勝 頓行
準優勝 下前潟
3 位 コンパネーロ
3 位 金田・下野A

【第2ブロック】
優 勝 早島タクシー
準優勝 舟本
3 位 塩津

こちら早島町消防団!
岡山県消防操法訓練大会
第65回岡山県消防操法訓練大会が、5月20日、岡山県消防学校で開催されました。この大会は、消防技術の向上を図るため毎年開催されているもので、ホースを延長し、収納するまでの動作の正確性、時間、規律などにより競われます。県内各地区の予選を勝ち上がった35チームが2部門に出場し、早島町消防団からは、自動車ポンプの部に第3部が出場しました。出場団員は、それぞれの仕事の合間をぬって、夜間や休日に訓練を重ねてきましたが、惜しくも入賞はなりませんでした。消防団では、今後も訓練に取組み、消防技術向上に努め、町民が安心して暮らせる安全な地域づくりのために活動していきます。

 
子どもたちを交通事故から守りましょう
早島幼稚園で親子交通指導
5月25日に、早島幼稚園で親子で交通ルールを学ぶ交通安全教室が行われました。園児は保護者と一緒に交通安全のDVDを見て、倉敷署の警察官から交通安全に関する話を聞いた後、園庭で保護者とともに横断歩道を渡る練習をしました。その後は、白バイやパトカーの前で写真を撮るなど、楽しく交通安全の大切さを学びました。これからも家庭・地域・関係機関が連携して交通安全の取り組みを進め、子どもたちを交通事故から守りましょう。
 

英語暗唱コンテスト国際ソロプチミスト賞受賞者
駐大阪・神戸米国総領事館を表敬訪問

5月14日(月曜日)、舩越楓花さん(高2)と井川翔太さん(中2)が、駐大阪・神戸米国総領事館を表敬訪問しました。2人は第1回と第2回英語暗唱コンテストで国際ソロプチミスト賞に輝き、その副賞として国際ソロプチミスト岡山さつきから、今回の表敬訪問の機会が贈られました。訪問では2人とも持てる英語力を十分に発揮して目をキラキラとさせながら積極的に話をしていました。その真剣な姿にブルックマン・スペルマン領事もゆっくりとした英語で応え、英語で会話を楽しみました。
 

マスカット杯優勝・IWAMIカップ準優勝
早島男子ミニバスケットボールスポーツ少年団
4月14、15日に第19回マスカット杯が倉敷市で開催されました。中国地方の強豪24チームを3つのリーグに分けて予選が行われ、早島は順調に通過しました。決勝リーグでは、予選を勝ち抜いたチーム相手にプレーでも気持ちでも負けることなく、優勝を飾りました。また、5月3、4日に鳥取県岩美町で開催された、第13回IWAMIカップチャンピオンシップの部では、予選リーグを接戦で勝ち抜き、決勝戦では惜しくも敗れましたが、最後まで諦めないプレーをみせました。随時団員募集中です。毎週木曜日17時半~19時半、土曜日14時~17時に早島小学校体育館で練習しています。 いつでも見学、体験に来て下さい。
 

横井交歓大会(新人戦)・西部杯2大会共準優勝!
早島ソフトボールスポーツ少年団

3月25日に開催された横井交歓大会(新人戦)に新6年生が出場しました。決勝戦で横井に3対4で敗れ準優勝となりました。また、新5年生(新4年生・3年生)もBチームとして出場し、ソフトの楽しさやチームプレーを学びました。4月15日の西部杯大会では、春の全国大会予選で敗れた倉敷チームに1対0で惜しくも敗れました。悔しい結果となりましたが、より一層監督・コーチと日々の練習をがんばっていきます。現在団員募集中です。まずは、体験にお越しください。
 

7月の無料相談
身体障がい者相談  3日(火曜日) 10:00~12:00 栴檀の家 健康福祉課電話086・482・2483
保育相談 10日(火曜日) 10:00~10:30 ゆるびの舎・健康づくりセンター 健康福祉課電話086・482・2483
行政相談 10日(火曜日) 13:00~14:00 オアシス早島 総務課電話086・482・0611
心配ごと相談・児童相談 10日(火曜日) 13:00~14:00 オアシス早島 健康福祉課電話086・482・2483
人権相談 11日(水曜日)  9:00~12:00 ゆるびの舎・2階集会室 町民課電話086・482・2482
夜間納税相談 11日(水曜日)・12日(木曜日) 17:30~20:00 町役場 税務課電話086・482・2484
教育相談 12日・26日(木曜日) 13:00~17:00 ゆるびの舎 学校教育課電話086・483・2211
こころの健康相談(要予約) 25日(水曜日) 13:00~14:00 栴檀の家 健康福祉課電話086・482・2483
法律相談 25日(水曜日) 13:00~16:00 町役場 総務課電話086・482・0611
 

7月5日「緊急地震速報」試験放送のお知らせ
 緊急地震速報を見聞きしてから強い揺れがくるまでの時間はごくわずかです。この短い間にあわてずに身を守るためには、日頃からの対応を考えておくことが重要です。 7月5日(木曜日)10時頃から全国一斉の試験放送が実施されます。放送の際には、町の防災行政無線(屋外スピーカー)で放送を行います。放送に合わせて自分の身を守る行動を行いましょう。 なお、テレビやラジオ、携帯電話(緊急速報メール/エリアメール)では、試験用の緊急地震速報は放送または送信されません。
問 総務課(電話086・482・0611)


防ごう!熱中症
~熱中症は、ちょっとした注意で防ぐことができます。
 元気に夏を乗り切りましょう!~

1.休息・睡眠を十分に取る
 疲労の蓄積は集中力の低下につながり、体の機能が正常に働かなくなります。睡眠不足も免疫機能低下によって熱中症を引き起こしやすくなります。睡眠を十分にとり、生活リズムを整えましょう。 夏場は暑くて眠れないときもありますが、無理にクーラーや扇風機で冷やし過ぎないようにしてください。

2.水分と塩分(ミネラル)の補給を適度に行う
 のどが渇いていなくても水分はこまめに取ってください。のどが渇いた状態になってからでは遅いので、水分は常に携帯しておきましょう。また、発汗によって失われた水分と塩分を補給するためにもスポーツドリンクなどの飲み物を用意しておくと良いでしょう。

3.服装に気をつける
 夏の直射日光を防ぐためにも、外で活動するときには帽子をかぶるようにしましょう。有害な紫外線を浴びないためにも帽子は有効です。服装の色については、白めの服装が良いとされています。白い色は熱を吸収しにくいためです。反対に、黒めの服装は避けるようにします。

4.涼しい場所を確保する
 できるだけ直射日光を避け、日陰になっているような涼しい場所にいましょう。
 通風を確保することも大切です。作業服にも通風に優れたものがあります。家の周りに水をまいて、水の気化熱を利用して気温を下げるのも効果的です。また、屋内と外気温との温度差が大きくなると体に負担となることがあります。クーラーなどは、風が直接体にあたらないようにする、扇風機と併用して効率的に冷気を循環させるなど、上手に使うコツを身につけましょう。

問 健康福祉課 電話086・482・2483)
 
■E-mail  kikaku@town.hayashima.lg.jp
■URL http://www.town.hayashima.lg.jp
 平成30年7月1日発行  (通巻1928号)
 広報はやしま  7月号
 ■編集・発行 早島町役場まちづくり企画課
 〒701-0303 岡山県都窪郡早島町前潟360-1
■電話 086-482-0612 ■ファックス 086-482-3405

お問い合わせ先
早島町 まちづくり企画課
〒701-0303 岡山県都窪郡早島町前潟360-1
電話番号:086-482-0612

お問い合わせはこちらから

みなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか。
内容は分かりやすかったですか。
役に立ちましたか。

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。

広報はやしま音声読み上げページ

場面別で探す

  • 手続きナビゲーション
  • 妊娠・出産・子育て
  • 教育・文化
  • 就職・退職
  • 住まい・くらし
  • 結婚・離婚
  • 健康・医療
  • 高齢・介護
  • 障がい・福祉
  • おくやみ
  • その他