現在の位置

広報はやしま平成31年4月号

今年も桜の季節がやってきました。表紙はふれあいの森公園の桜です。桜と言えば早島公園を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、ふれあいの森公園も桜が美しい場所です。
町の北西部に位置するふれあいの森公園には豊かな自然が広がり、桜の季節は公園のあちこちがピンク色に染まります。
小さな町内に意外とたくさんの桜スポットがある早島町、お気に入りの場所を見つけてみてくださいね。

今月号の主な内容
P  2~11 平成31年度施政方針、早島町の教育の今後
P12~19 まちからのお知らせ
「平成31年度当初予算」「県議会議員選挙」「狂犬病予防注射」ほか
P20~26 健康&福祉ガイド
「受診費用の一部補助」ほか
P27~29 まちのイベントガイド
「花の銀行友の会 会員募集」
「早島公園さくら写生大会」ほか
P30~31 こどもガイド
P32~35 まちかど情報、投句
P36~38 まちのできごと

 

 

平成31年度 早島町施政方針

~誰もが住み続けたいと思う「質の高いまち」の実現~

【まちづくりの基本姿勢】
本町の平成31年2月1日現在の人口は12,555人と過去最高となりました。総務省が1月末に発表した2018年の人口移動報告では、本町は67人の転入超過となり、直近5年間はすべて転入超過と良い結果となっています。しかし、本町が将来にわたり持続可能なまちであり続けるためには、人口減少局面が本格化する前に、生産年齢人口の割合を低下させないバランスのとれた人口構成への転換を図る必要があります。そのためには、「高い出生率を活かし、いち早く人口の安定を図る」、「働く人に選ばれる住生活の環境・基盤を早急に整える」、「子育てを支える、子育てと両立する仕事を創出する」ことが重要であり、社会動態が増加しているこの好機を着実にものにしたいと考え、開発可能な土地を創出しながら若年層を呼び込み、企業進出を促進して新たな歳入と雇用を確保するなど、戦略的なまちづくりに取り組んでいます。

さて、私は町長就任にあたり町政運営の基本方針として、4つの基本方針を掲げました。ここで、就任以来の主な取り組みについて、簡潔にご報告させていただきます。

 

「子どもは未来のたからもの 女性が子育てをしながら、働きやすい環境の支援体制を整えます」

子育て支援の早島町を実現するために、平成29年度に「子育て世代包括支援センター」を設置し、妊娠・出産・子育ての切れ目ない支援に取り組んでいます。また、子育てのための経済的支援として中学3年まで医療費の公費負担を継続するとともに、保育料については4、5歳児の一部無償化を実現しました。待機児童の解消については、町内3か所目となる保育園の開設と保育士の処遇改善に取り組
みましたが、保育士不足により待機児童解消には至っていません。
学力県内No1の早島町を実現するために、30人程度の少人数学級や電子黒板、タブレットPCをはじめとするICT機器など充実した教育環境を整え、「個に応じた指導」と「活用する力の育成」に努め、きめ細かい指導による基礎学力の向上に取り組んできました。
その成果もあり、全国学力調査において全国平均を上回る結果を残すことができました。小学校施設では平成30年度からトイレの洋式化に着手し、早期完了に向け順次取り組んでいます。
このように、子育てしやすい環境整備に努めたことは、本町の平成29年の合計特殊出生率が1.73と、国の1.43、県の1.54に比べ高い数値結果として表れています。合計特殊出生率は、子どもを生み育てやすい環境であるかどうかを示す指標でもあると考えており、今後とも、安心して子どもを生み育てられるよう、子育て支援に取り組んでいきます。
生涯学習の早島町を推進するために、「まなびの舎講座」を中心として地域への愛着と誇りを育み、ESDにつながる講座、教室などを開催し、地域のコミュニティ活動を担う指導者の養成と社会教育の充実に努めてきました。このような活動が評価され、平成30年11月には早島町中央公民館が文部科学省の全国優良公民館表彰を受賞しました。関係者の弛まない努力の結果と考えています。また、総合型地域スポーツクラブの設立については現在検討に着手しており、ボルダリング、スラックライン、グランドゴルフなど子どもから高齢者まで気軽にスポーツやレクリエーションに親しめる環境整備に向け取り組んでいきます。

 

「あなたの笑顔が見たいから 住み慣れた地域で、自分らしい暮らしができる早島町を実現します」

人の輪・和を大切にした早島町を強力に推進するために、高齢者の方々が生涯現役として地域や社会との関わりを持ち、元気に活躍することができる環境整備に取り組んできました。高齢者が健康な暮らしを維持し病気の予防が重要と考え、特定健診の受診率向上に取り組み、健診データの見える化と集団健診における無料化、9月の集団健診の期間に加え11月にも未受診者のための集団健診を行うなど、町民の健康増進施策の充実に不断の努力をしてきました。また、町内を循環するコミュニティバスの運行を継続するとともに、平成30年4月から始めた運転免許返納者への定額タクシーチケット配布は92名に交付しました。町外移動のニーズ調査として、70歳以上の方と妊婦の方を対象に、実証実験として平成30年12月から始めたタクシー助成事業には144名(内妊婦4名)の登録をいただいています。そして、ゆるびの舎をはじめ公共・公益施設のトイレの洋式化も実施し、高齢者の方々が気軽に外出できる環境整備に取り組んできました。
早島町の包括ケアシステムを構築するため、地域包括支援センターを中心として町民の皆様への啓発活動や多職種連携等を充実させていくほか、関係団体のご協力をいただいて、生活支援サービスの体制づくりを進めています。そして、高齢者の方が地域の中で社会的に孤立している状況が見受けられることから、高齢者が交流できる「たまり場」を創設し高齢者を一人ぼっちにさせないまちづくりに取り
組んできました。現在23団体において介護予防体操(100歳体操)や高齢者同士または世代を超えた地域住民の交流活動が、地域住民主体で取り組まれています。
障がい福祉サービスの充実と自立支援体制を確立するために、平成30年3月に「障害者保健福祉計画・障害福祉計画」を策定し、障がい者の自立支援を計画的に推進し、障がいのある方が自立した日常生活や社会生活を営み、住み慣れた地域で安心して暮らせるよう支援に取り組んでいます。また、みんなで助け合う社会の実現を目指して、平成30年8月からヘルプマーク、ヘルプカードの配布を開始
しました。

 

「今日の安全、明日の安心 地域の安全安心は、最重要課題。防災・防犯・交通安全対策を進め、安全な早島町を実現します」

生活道路の整備については、生活に密着した道路として歩行者・自転車が安全に通行できるよう、その現場に応じた必要な道路施設整備に努めてきました。懸案でありました小浜の樋交差点への信号設置については、粘り強く要望した結果、現在実現に向けて動いています。通過交通への対応については、生活空間への通過交通の流入を防ぐため事業中の都市計画道路早島大砂線の早期完了を事業者である岡山県に要望しています。そして、国道2号の慢性的な交通渋滞対策については、主要な交差点の立体化等による解消に向け、県知事を会長とする国道2号岡山バイパス渋滞対策促進期成会を結成し、平成30年9月7日に私も副会長として県知事とともに国に要望しました。
犯罪を防ぐ第一は人の目として、「自らの地域は自らが守る」という町民の防犯意識の高揚を図り、警察、防犯ボランティアと行政が一体となって防犯活動を推進してきました。防犯カメラについては、早島交番自主パトロール隊の助言をいただき通学路を中心に33か所設置しました。防犯灯のLED化については、平成29年度から環境省の補助事業を活用し町内全ての防犯灯を対象に実施しており、年度末までに1,736灯の防犯灯がLED防犯灯に切り替わります。町民の方々からは、明るくなって、安心して歩くことができる。ありがとう。」との声をいただいています。
特定空き家対策については、早島町空家等の適正管理に関する条例を制定し、危険性の高い空き家(特定空き家)の解体、撤去及び処分に係る費用の一部を助成することで、3件(4棟)の特定空き家を除去することができました。
防災意識の高い早島町を実現するために、町民、地域、行政が一体となって住民への防災意識の普及啓発、自主防災活動の活性化、防災訓練の実施など地域の防災力を向上させるとともに、避難所への情報通信施設の整備、雨水流出解析調査の結果を踏まえた樋門の整備など、防災・減災のための基盤整備に取り組んできました。現在自主防災組織は22団体となり、昨年の防災訓練では急遽時期を変更したにもかかわらず960人の方々に参加していただき、防災意識が高まりつつあると実感しました。また、地域防災計画で避難場所に指定している早島小学校外6施設に災害発生時の通信手段確保のためWi-Fiアクセスポイントを整備しました。さらに、町内に流入する雨水は汐入川を通じて児島湾に流す以外に排水経路はなく、大雨による浸水被害がたびたび発生し、今まで浸水したことのなかった地区も浸水するなど、汐入川が本町の排水の生命線であることを県知事に認識していただき、汐入川の改修に取り組んでいただけるよう直接強く要望しています。

 

「持続可能な地域の創造、女性の力の活用 地域経済の活性化に女性の力は不可欠。魅力ある早島づくりに取り組みます」

女性の積極的な登用については、歴代初となる女性教育長の登用をはじめ、役場内において管理職や係長など主要ポストへ多くの女性を登用し、彼女らが持つ個性と能力を最大限発揮していただいています。
徹底して無駄を削除し、未来への投資については、行財政改革を行うには町民ニーズに即した各種政策を的確に進める必要があることから、町民アンケートを実施するとともに、町長就任時から実施している「町長と語ろう!お茶カフェ集会」を26回開催し、生の声を聞かせていただきました。また、健全な財政運営の推進のため、毎年向こう3か年の収支見通しを試算し、不要・不急な事業の見直しや経費の削減に努めるとともに、町民の皆様のご理解をいただきながら平成28年度には下水道使用料の改定、平成29年度には水道料金の改定、そして平成30年度には国民健康保険税の税率改定に取り組んできました。各種証明書のコンビニ交付については、平成30年1月から住民票の写しと印鑑登録証明書の交付を、平成31年1月から所得証明等税証明書の交付を実現しました。
中小地場産業の活性化と育成については、平成29年度に中小企業応援制度を創設し、中小企業者等の新たな事業展開等を応援し地域経済を支える中小企業者等の競争力を高め地域産業の振興に取り組んできました。これまでの実績は、起業家支援事業が8件、販路開拓事業が3件となっています。
土地利用の計画的推進と住宅地の造成による均衡ある発展については、定住・移住や企業進出の需要に応えられない土地利用の現状を県知事と共有し、県においては岡山県開発審査会案件運用基準の一部改定を、町においては金田・下野地区地区計画を都市計画決定し、早島インターチェンジ周辺に企業が進出しやすい環境をお互いに整え企業進出に結び付けました。企業立地雇用促進制度も創設し、進出企業と町民雇用のマッチングに努めています。また、魅力ある住みよいまちにするには都市機能を適正に配置することが重要となることから、現在立地適正化計画の策定に取り組んでいます。
地方創生によるまちづくりの推進については、町の特徴を生かした地方版総合戦略を早島町定住促進マスタープランとして平成28年3月に策定し、「移り住みたい・住み続けたいまち・早島」の実現に向け、各種施策を展開しています。また、町制施行120周年記念事業を町民の実行委員会方式により1年間かけて実施しました。懸垂幕の掲揚を皮切りに、町主催事業、町民提案事業、町民有志による事業など多種多様な36事業が開催され、町民皆様の交流が深まり盛り上がっている姿を拝見し、記念事業開催の意義を改めて実感したことを思い出します。
以上、報告をいたしましたが、ここに至るには、町議会の皆様並びに町民の皆様のご理解とご協力があればこそのものであり、改めて感謝申し上げます。

 

【平成31年度の主要な取り組み】

■ 子どもは未来のたからもの

女性が子育てをしながら、働きやすい環境の支援体制を整えます 「子育て支援の早島町」を実現します!

働く子育て世帯が十分な支援を得られるだけでなく、子育てを優先しながら柔軟に働き続けられる環境をつくっていくことが重要となります。平成31年4月の本町の待機児童数は6人です。保育士の確保が待機児童対策に大きく関わってくることから、保育士の処遇改善とともに平成31年度からは保育士の離職防止対策に努め、待機児童解消に向け取り組みます。子育ての経済的支援については、子どもを持つことが困難なご夫婦に対し、希望が叶うよう治療費を助成する制度を創設するとともに、中学3年までの医療費の公費負担と4、5歳児の保育料の一部無償化を継続するとともに、3歳児への拡大を考えています。また、早島幼稚園では食育の観点から給食の実施について協議を行い、保護者にアンケートを行ったところ、「子どもに栄養バランスの取れた食事を与えられて安心」「家事の手間が減り助かる」といった賛成意見が7割以上を占めたため、平成31年度から幼稚園に給食を導入し、その費用の一部を町で負担していきたいと考えています。
子育て支援の充実を図るため、平成31年度末までに「子ども子育て支援事業計画」を策定し、安心して子どもを生み育てられる環境整備に総合的かつ計画的に取り組みます。

「学力県内No1の早島町」を実現します!

2月18日に文部科学省に出向き、柴山昌彦文部科学大臣と面会し、義務教育学校についての陳情と文部科学省の補助で実施した中学生の起業活動体験活動についてのお礼を言い、これからの支援をお願いしてきました。
早島町学校教育ビジョンの具現化を目指し、小学校と中学校が一つの教職員組織で9年間の質の高い学びを創る「義務教育学校」について、検討をスタートさせます。初年度は構想期として義務教育学校整備検討委員会を発足させ検討を進めていきたいと考えています。
今年度新たに創設した実用英語技能検定の検定料の助成を引き続き行っていきます。
中学校では起業体験活動を昨年初めて実施しました。地域の企業や商工会と連携し早島町の特産品である「IGUSA」を用いた商品開発の企画・体験や地域の課題解決学習等の活動を引き続き実施していただくことを中学生に期待するとともに、しっかり支援したいと考えています。
学校教育施設の充実については、小学校では、安全で安定した校内LANを構築し学習用ソフトウエアをサーバ等による一元管理を可能とし、Web教材「CULTEK」による振り返り学習や放課後の補充学習、そして実技教科の映像教材を動画で視聴可能とするなど環境整備に取り組み、授業の質の向上と学習の理解度を深め学力向上に繋げたいと考えています。小学校と幼稚園のトイレの洋式化は、優先順位を考慮しながらすべてのトイレを対象に取り組んでいきます。中学校図書館の蔵書充実は3か年計画の2年目となり1,100冊程度の購入を予定しています。学校図書館の充実により、生徒が様々な本を読むことで言語活動が充実し感性が磨かれ、表現力や想像力が高まることが期待され、望ましい読書習慣の確立や「朝読・家読」に繋げたいと考えています。

「生涯学習の早島町」を推進します!

生涯学習のまちづくりに向け、地域課題や社会的課題の解決に向けESD(持続可能な開発のための教育)に取り組みながら地域への愛着と誇りを育み、地域コミュニティの活性化につながる学習プログラムの提供に努めていきます。家庭教育支援事業として、ファシリテーター養成講座による家庭教育に関する指導者の育成、親育ち応援学習プログラム等の実施による親同士の学び合い、家庭教育支援チ
ーム員による相談や訪問型家庭教育支援活動、プレーパークの開催による子どもの遊び場と親の集いの場の提供を行うなど、地域全体で家庭教育を充実させる環境整備に取り組みます。また、子どもパスポート事業の拡大として、高梁川流域圏に加え、平成31年度からは岡山連携中枢都市圏でも実施することとなりました。本町を含む県内21の自治体が子どもパスポート事業に参加することとなり、圏域内の社会教育施設等の利用を促進し、小学生により多くの学習機会を提供します。新たな事業「Engl1.shBus」はバスの中で英語の練習(会話)をしながら大学等を訪ね、英語活動や国際交流活動を行うものです。子どもたちにグローバル人材としての国際感覚を養ってもらうには、まず相手のことを知ること、国際理解を深めることが重要となります。
昨年初開催した「早島IGUSA花ござピンポン世界大会」は大変好評でした。町の伝統産品・花ござをあしらったラケットで卓球を楽しむニュースポーツで、大会には留学生を含め町内外から150人余りの人が参加し、「また参加したい」との声が多く寄せられ地域の魅力を大いに感じてもらえたという手応えがありました。中高生、留学生、地域住民と共に町の名物行事として毎年開催していきたいと思っています。
不老のみち灯籠再生事業として、不老のみち沿道に点在する灯籠にソーラーライトを設置し、再びあかりを灯すことで、地域資源を線で結ぶ不老のみちの魅力発信に取り組みます。
町民総合会館ゆるびの舎は、昨年開館20周年を迎え、記念事業として特選落語会を開催しました。当日は満席となり、来場者からの喜びの声が多く届けられ、大いに笑い楽しみながら20周年を町民の皆様と祝うことができました。平成31年度には新規事業として、親子向けの音楽会「音楽の絵本」や若者による演劇「高校演劇 in ゆるび(仮称)」を開催し、幅広い芸術・文化活動の振興を図ります。
町立図書館については、システム更新により小・中学校図書館との連携が可能になりました。図書資料の充実に取り組み、更なる利用促進を図ります。また、町立図書館は町の知的オアシスとしての役割だけでなく、連携中枢都市圏内の図書館としての役割も持っています。
岡山連携中枢都市圏市町との広域利用が本格化したことにより、更なる利用の増加が予想されることから、新刊図書を購入し広域連携図書館としての機能強化に努めます。

■ あなたの笑顔が見たいから

住み慣れた地域で、自分らしい暮らしができる早島町を実現します 「人の輪・和を大切にした早島町」を強力に推進します!

平成31年2月1日時点の本町65歳以上の人口は3,476人となり、高齢化率は27.7%となっています。年々高齢化率が高まっている状況です。元気なシニアの活躍の場づくり、健康寿命の延伸、高齢者の生きがいづくりが重要と考えています。高齢者が自然の中を散策しながら知らず知らずのうちに体力づくりを行える環境や、長年培ってきた知識や経験をいかして地域社会に参加して生きがいを持てる環境整備に取り組みます。
誰もが健康で豊かな生活を送るためには、若年期から健康管理意識を高め、バランスのとれた食事・運動・休養を中心とした生活習慣づくりに取り組むことが必要です。がんや心疾患、脳血管疾患、糖尿病などの一次予防を強化するとともに、地域医療の連携体制を強化し、疾病の早期発見・早期治療に向けた保健・医療・福祉の一体的な推進を図り、すべての町民の健康寿命の延伸に努めます。平成31年度からは、保健師を1名雇用し直接電話や訪問するなど積極的な相談体制を構築し、生活習慣病の発生と重症化を予防するとともに、医療費の適正化に努めます。また、多剤・重複服薬指導事業、39歳以下健診事業の新規2事業にも取り組み、薬剤による健康被害の防止と食生活の改善を促します。
コミュニティバスは、平成21年10月東コースと西コースの2コースで運行を開始しました。平成28年10月には南コースを新設し、現在まで町内における交通弱者の移動支援の一つとしてその一翼を担い、延べ利用者数は約52万人となりました。昨年8月には西コースのバスがエンジン故障のため廃車となり、今年の2月から新しいピンクのバスが走っています。東コースの緑のバスも今年の夏頃までには新しいバスとする予定です。今年の10月にはコミュニティバス運行開始から10年となり、運行実績を見つめ直すなど総括をしたいと考えています。また、現在コミュニティバスのアンケート調査を実施しており、早島町地域公共交通会議などを通じて次期移動手段のあり方を検討していきたいと考えています。 また、病院や商業施設がある倉敷市への移動手段充実を求める町民の声を受け、1月から町外へ出
かける際のタクシー代を助成する実証実験を実施しており、事業化を視野に有効性を見極めたいと考えています。

「早島町の包括ケアシステム」を構築します!

地域包括ケアとは、誰もが住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるように、介護や医療、生活支援といった社会的サービスを適切につなぎ、提供していく仕組みのことです。地域包括支援センターを中心として、町民の皆様への啓発活動や多職種連携等関係団体のご協力をいただきながら介護予防・日常生活支援総合事業を実施しています。主な事業としては、元気アップ塾を通所型短期集中サービス事業として事業化し、専門員による集中的な指導により総合事業対象者の心身機能の向上に取り組みます。生活支援サービス事業として高齢者の見守りと食の確保のため配食サービスをしており、従来週2回を限度していましたが平成31年度からは週5回と充実を図ります。引き続き、本町独自の地域包括ケアシステムの強化に努めます。
高齢者を一人ぼっちにさせないまちづくりに取り組むため、高齢者が孤立しない居場所づくり「たまり場」事業をスタートさせました。
高齢者の心身機能低下予防のための介護予防体操(100歳体操)や高齢者同士または世代を超えた地域住民の交流活動をサポートするもので、地域主体で取り組んでいただいているところです。身近な場所で気軽に集える場づくりを地域の方々のご協力のもと、さらに拡大したいと考えています。
認知症カフェについては、平成29年11月に町内の特別養護老人ホーム内でスタートしました。認知症患者やその家族の支援に向け看護師ら専門家が相談に応じてくれるもので、レクリエーションやお茶を飲みながら会話を楽しんだり、日頃の悩みや心配事を他者と分かちあったりする場です。町としても事業内容等積極的な情報発信に努めていきます。

障がい福祉サービスの充実と自立支援体制を確立します!

昨年策定した「障害者保健福祉計画・障害福祉計画」のもと、障がい者の自立支援を画的に推進し、障がいのある方が自立した日常生活や社会生活を営み、住み慣れた地域で安心して暮らせるよう支援します。また、障がいの有無にかかわらず、相互に人格と個性を尊重しながら、共生する社会の現実と、障がいのある方などが社会参加しやすい環境づくりが求められています。今後とも、すべての人々が住み慣れた地域で支え合いながら生活できるまちづくりに取り組みます。

■ 今日の安全、明日の安心

地域の安全安心は、最重要課題 防災・防犯・交通安全対策を進め、安全な早島町を実現します生活道路の整備と通過交通に対応します!

本町は自動車交通の結節点となっており、朝夕の通勤時間帯においては、国道2号や高速道路に向かう通過車両が町内に多く流入し、町民が交通事故に巻き込まれる危険があります。悲惨な交通事故を防ぐために、一人ひとりが交通ルールを守り正しい交通マナーを実践することが何よりも大切です。
生活道路の整備については、生活に密着した道路として歩行者・自転車が安全に通行できるよう、その現場に応じた必要な道路施設の整備に取り組んでいます。町道の総延長は92キロメートル余りあり、地域からの道路改良や修繕のご要望に対してまだまだ十分に対応しきれていません。
ご要望のあった個所には現場に行きその現状を確認のうえ、緊急度等勘案し優先順位をつけて生活道路の整備に取り組んでいますのでご理解をお願いします。道路ストック点検事業では、橋梁、法面、擁壁、舗装など計画的な点検と長寿命化計画の策定に取り組み、適正な維持管理に努めます。
幹線道路の整備については、通過交通の流入を防ぐため、事業中の都市計画道路早島大砂線の早期完了を、引き続き事業者である岡山県に要望します。また、都市計画道路駅前バイパス線の整備についても、本町のまちづくりに重要な路線であることから、広域的な交通ネットワークの形成の観点からその必要性を認識していただけるよう、引き続き岡山県に要望します。そして、国道2号の慢性的な交通渋滞対策については、交通事故が多発している現状もあることから、主要な交差点の立体化等によるこれらの解消に向け、岡山県及び近隣自治体とも連携を図りながら、国に対し要望活動を積極的に展開します。

犯罪を防ぐ第一は、人の目!

犯罪のない安全で住みよいまちの実現に向け、「自らの地域は自らが守る」という町民の防犯意識のもと、早島交番自主パトロール隊の青色回転灯装着車による巡回パトロールや、児童の登下校時の見守り活動など、住民ボランティアによる防犯活動が行われています。公用車の青色回転灯装着による巡回も行っています。また、防犯カメラは通学路を中心に町内33か所設置し、犯罪抑止に努めています。引き続き、警察、防犯ボランティアと行政が一体となった防犯活動が図れるよう、防犯に関する情報提供、防犯ボランティアへの活動支援に取り組みます。
防犯灯のLED化については、平成29、30年度と事業推進した結果、約90%の防犯灯がLED防犯灯に切り替わり、残りの岡山県総合流通センター内と個人宅の壁や塀に設置されている防犯灯を平成31年度にLED防犯灯に切り替えます。これにより、温室ガス削減効果が期待できるとともに、防犯の面では夜間の歩行者等の安全性を高め、町民を犯罪から守る環境整備となります。

防災意識の高い早島町を実現します!

本町は倉敷消防署と町消防団との連携を図りつつ、全町的な防災訓練の実施や防災マニュアル・防災マップの作成、自主防災組織の活動支援など防災意識の高揚を図ってきました。昨年の西日本豪雨災害など、大災害がいつどこで発生してもおかしくない状況を踏まえ、消防防災施設の整備と浸水対策など防災のための基盤整備とあわせ、情報の伝達や災害が発生した際の各自の行動が具体的に想定できる段階へと進める必要があります。
防災対策の推進については、早島町地域防災計画に基づき「減災」の考え方を取り入れた防災体制を整えるとともに、町民・地域・行政が一体となった地域防災力の向上に取り組みます。また、消防組織・体制の強化として小型ポンプ積載車1台の更新と三軒地地内にホース乾燥塔を設置し消防団装備の充実を図るとともに、消防団員の報酬見直しを行い団員確保に努めます。地域防災力の向上を図るため、各地区へ防災機材(土のうステーション)を整備し災害発生時の初動体制の強化に努め、各地区で組織されている自主防災組織と連携し防災対策の推進に取り組みます。
浸水対策の推進については、低地の浸水対策として弁才天地内に新たに樋門を設置する工事に着手しており、早期の完成を目指しています。
また主要水路の改修を農業基盤整備と浸水対策の両面から実施していきます。岡山県には、汐入川が本町の排水の生命線であることを認識していただき、汐入川の河川改修が実現するよう粘り強く要望していきます。
空き家対策については、平成31年度から、「早島町空家等対策計画」に基づき、活用策も含めた空き家に関する施策を総合的かつ計画的に推進していきます。良質な空き家は岡山県空き家情報流通システムを活用し、町内への定住や移住を希望する若者などに情報を提供します。

■ 持続可能な地域の創造、女性の力の活用

地域経済の活性化に女性の力は不可欠、魅力ある早島づくりに取り組みます女性の登用を積極的に行います!
男女共同参画の推進については、第3次早島町男女共同参画基本計画(はやしまウィズプラン)に基づき、男女が対等なパートナーとして個性と能力を発揮できる社会の実現に向け各種施策を推進します。

徹底して無駄を削除し、未来に投資します!

健全な財政運営の推進については、毎年向こう3ヵ年収支見通しを試算し、不要・不急な事業の見直しや経費の削減に努めています。また、資産や債権債務の実質的な把握を行うため、新地方公会計制度に基づく財務書類を用いて、資産の利活用や負債の圧縮などに取り組んでいます。国が示す地方公会計統一基準に基づき、発生主義会計によって正確な行政コスト、資産、負債の総体を把握し財務書類を作成します。財源の確保については、住民税や固定資産税など租税収入の拡大に努めるとともに、収納体制の強化、使用料、手数料など公共料金の見直し、国庫・県支出金の活用にも取り組みます。公共料金については、受益者負担の原則に基づき定期的な見直しが必要と考えています。
保険料年間納付額通知サービス事業を創設し、確定申告時に利用される保険料(国保・介護・後期)の納付額を郵送でお知らせすることにより、納税者が納付額を把握できるよう住民サービスの向上を図ります。
カーボンマネジメント強化事業については、昨年度から公共施設の温室効果ガス削減に向けた施設整備や体制づくりについて検討を行ってきました。その結果を踏まえ、温室効果ガスの削減効果が大きい庁舎及びゆるびの舎の空調設備やLED照明をリース方式で調達します。

中小地場産業の活性化や育成

つくぼ商工会と連携して、ニーズに即した中小企業応援補助金制度を創設し、既存商店の振興を図るとともに新規事業者の出店に取り組んできました。引き続き中小企業応援補助金制度の周知に努め、新規出店を目指す起業予定者や販路開拓に取り組む事業者を支援します。プレミアム付き商品券については、利用できる店舗を地元商店とすることで地域の活性化に結び付けたいと考えています。観光振興として、岡山駅地下道に岡山県観光連盟が管理するコルトン(内照式の看板)を活用し、町の情報発信に努めます。

土地利用の計画的推進と住宅地の造成による均衡ある発展

早島インターチェンジ周辺地区においては、広域交通の利便性を活かした計画的な土地利用を誘導する必要があることから、現在、金田・下野地区地区計画を決定しています。この度、区域拡大の必要が生じたことから、都市計画の変更に必要となる調査・計画策定に取り組みます。
新定住促進地区(役場・駅周辺)の実現に向け、現在立地適正化計画の策定に取り組んでいます。その中で市街化編入候補地と位置付けた早島駅・役場周辺エリアを対象に、地域の広域的特性や整備課題等の概要を簡潔に整理した基本構想案を作成し、市街化区域編入に向け岡山県と協議を進めます。
早島町景観計画の見直しについては、引き続き景観特性に応じた地区区分や届け出対象行為などについて検討を進めます。
JR早島駅は交通結節点だけの機能に留まらず、まちの顔としての賑わいづくりとして多世代交流型児童館、行政サービス等、子育て支援にかかる複合型拠点機能の導入を検討するなど、誰もが安全・安心・便利・快適に利用できるようにJR西日本と協議を進めます。
下水道事業については、本町の公共下水道は供用開始から25年以上経過しているため下水道管の老朽化が進行しています。下水道ストックマネジメント計画に基づき管渠点検等現地調査に入り施設の現状把握と対応策等の検討を行い、既存施設の長寿命化を図ります。また、平成26年度に策定した下水道事業計画が目標年度を迎えることから変更計画の策定に取り組みます。今年度下水道用のカラーマンホール蓋を製作し、町内20か所に設置しました。また、今後このカラーマンホールを下水道広報プラットホームの公式マンホールカードに登録し、マンホールカードとして発行できるよう準備を進めています。
水道事業については、老朽化した水道管等の早急な更新と耐震化を推進し、将来にわたりライフラインとして安定した水道供給に努めます。
日笠山団地及び若宮団地の老朽した配水管を耐震仕様の配水管に順次更新します。

地方創生によるまちづくり!

現行の改訂第4次早島町総合計画の計画期間が平成32年度までとなることから、次期総合計画の策定に着手します。また、早島町まち・ひと・しごと総合戦略についても、国の総合戦略の改訂状況を見ながら改訂に取り組みます。
小浜地区の個人から寄付を受けた蔵については、昨年までに行ったワークショップ等の意見を踏まえ、蔵の具体的な活用用途の検討を進めます。
地方創生によるまちづくりを推進するには、コミュニティの一体感を醸成する必要があります。自治会が主体的に地域の課題解決に取り組めるよう、年間3回の連絡会議を開催しコミュニティ活動の情報提供とコミュニティ意識の高揚に努め、その活動拠点となる施設や設備に対する支援も行います。地域コミュニティの自立支援と地域コミュニティの連携促進に努め、住民と行政の協働のまちづくりを推進します。
地域間連携については、連携中枢都市である倉敷市及び岡山市との連携協約のもと、経済、交通、医療、教育、文化などの分野で連携を強化し、連携中枢都市圏を形成する連携市町の一員として圏域の発展に努めます。
以上、私の町政運営に関する所信の一端を述べましたが、町議会の皆様はもとより関係機関、関係団体、そして広く町民の皆様のご参加とご協力を賜り、互いに相携えて早島町をもっと前へ進めるために全力で取り組む所存でございます。これからも早島町発展に一層のご協力をよろしくお願いいたします。

 

 

早島町の教育の今後
~義務教育学校に向けて検討を進めています~

【これまでの取り組み】
早島町は、平成25年に早島町学校教育ビジョンを策定し、この具現化に向けて、保幼小中が連携し、様々な教育の取り組みを進めてきました。全国的な動きとしては、平成28年4月に学校教育法一部改正が行われ、義務教育学校が新たな学校の種類として規定されました。義務教育学校は、義務教育の9年間を、柔軟な学年区切りを設定し、系統性を確保した教育課程を編成するもので、1町に小中学校が1校の早島町にとって一つの選択肢ではないかと、平成28年3月に早島町小中一貫教育検討委員会において、義務教育学校に向けての活用報告書がまとめられました。

義務教育学校とは
小中一貫教育の類型の一つ。小中一貫型が、前期6年、後期3年と区切られているのに対し、義務教育学校においては、1年生から9年生までの系統性を確保した教育課程の編成で、「4-3-2」や「5-4」など、学年区切りを柔軟に設定することも可能。

【早島町一貫教育検討委員会 審議会の結論】(H28・3)

(1)義務教育学校制度を活用する
メリット
早島町一貫教育検討委員会では、「現在の中学校地で小学校高学年が生活する分離型の義務教育学校に移行することを前提にして義務教育学校にすることへのメリットについての検討」が行われ、次のような提言がありました。(一部抜粋)
・小学校高学年が中学校で学ぶことで向上心を刺激し高い志を培う
・小学校教員が中学校で勤務することで、「連携」を「一貫」に高める
・地域住民が新たな学校づくりに参画することで、小さな町に大きな活力を生む
(2)総論
早島町学校教育ビジョンで掲げる「地域とつながり 未来を拓く 早島っ子の育成」の実現に向けて、「義務教育学校」という新たな国の制度を活用するメリットがある。当面は、数年後に「義務教育学校」に移行することを目標に掲げ、現在の枠組みでもできることを試行しつつ、校長を中心に全ての教職員が学校教育ビジョンに対する理解を深めるとともに、「はやしま学」のカリキュラムや「学び合い」、「ICT活用」を高いレベルで機能させることを通して、早島町に誇りをもつ子どもや教職員の育成を目指すことが求められる。また、町教育委員会事務局において、教職員の負担感に十分に配慮しつつ、「はやしま学」などを高いレベルで機能させることができるよう教職員の研修、学校運営協議会や学校協働地域本部の計画的な実施を進めるとともに、国の制度を活用した新たな学校づくりの意義や魅力を保護者や地域住民に発信することが求められる。

【実現に向けて】

こうしたことを踏まえ、教育委員会では、保幼小中が一体となった学校教育ビジョン推進委員会を立ち上げ、全教員による4部会で一貫教育に向けたカリキュラムの検討を進めているところです。今年度は、ハード面についても検討していく予定です。
  小中が一つの教職員組織で9年間の質の高い学びを創る「義務教育学校」の整備検討に向け、早島町長は、2月28日文部科学省に赴き、柴山昌彦文部科学大臣に陳情しました。

 

 

平成31年度当初予算
 
平成31年度の予算規模は、一般会計が47億6,400万円(前年度比99.6%)、特別会計27億7,713万円(前年度比96.2%)、公営企業会計9億999万円(前年度比 108.3%)となっています。

問 総務課 (電話086・482・0611)

予算規模
 
一般会計*47億6,400万円(前年度比 99.6%)
特別会計*27億7,713万円(前年度比 96.2%)
公営企業会計* 9億999万円(前年度比108.3%)
 合計  *84億5,112万円(前年度比 99.3%)
 
一般会計
 
歳入の特徴
・町税は、法人税及び固定資産税の増加により全体で5.9%増の20億3,029万円を見込んでいます。
・地方交付税(臨時財政対策債含む)は、8.8%減の8億8,440万円を見込んでいます。
・国庫・県支出金は、民間保育所運営費負担金等の増加により3.9%増の9億351万円を見込んでいます。
・町債は、建設事業費の減少により62.6%減の5,570万円を見込んでいます。
・分担金及び負担金は、保育料の減少により27.9%減の5,005万円を見込んでいます。
 
歳出の特徴
・扶助費では、保育所運営費、施設型・地域型保育給付事業、障害者自立支援給付事業費等の増加により5.8%増の11億1,866万円を見込んでいます。
・人件費では、職員数の増加等により5.0%増の9億9,783万円を見込んでいます。
・補助費等では、ごみ収集業務にかかる一般廃棄物焼却委託料、地域住民生活等緊急支援事業交付金等の増加により8.4%増の4億8,969万円を見込んでいます。
・公債費では、臨時財政対策債、公営住宅整備事業にかかる元金償還の増加により9.7%増の4億1,189万円を見込んでいます。
・普通建設事業費では、農業用施設整備の事業規模縮小、町営住宅整備の事業完了により51.1%減の1億9,654万円を見込んでいます。
 
 用語の意味
1_町民税や固定資産税など
2_基金の取り崩しなど
3_施設の利用料など
4_預金利子、配分金など
5_保育所の利用料など
 
6_財政力に応じて国から配分されるもの
7_事業に対する国からの補助金・負担金など
8_事業に対する県からの補助金・負担金など
9_地方消費税の一定割合が交付されるもの
10_町の借入金
11_一定基準より国税が配分されるもの
 
 用語の意味
1_障がい者福祉費、小児医療費など
2_職員給与など
3_委託料、光熱水費など
4_特別会計に対する支出
 
5_団体への補助など
6_借入金の返済
7_道路などの整備費用
8_施設の維持補修費など

 

 

特別会計・公営企業会計
 
早島町には、一般会計のほかに4つの特別会計と2つの公営企業会計(公営企業法が適用されるものとそうでないもの)があります。
これらは特定の料(税)金収入によって運営されていて、一般会計とは区別されています。
 
平成31年度の主な事業
 
平成31年度の当初予算に計上した主な事業はつぎのとおりです。(金額の単位は万円)
主要事業の詳細は、早島町ウェブサイトでご覧いただけます。
 
潤いと活力が暮らしを彩るくつろぎのまち

若者定住促進事業           192
空き家等利活用助成事業       50
早島駅周辺基本計画策定事業 497
ごみ減量化推進事業         326
ごみ収集処理事業      15,538
農業用施設修繕事業         810
農業用施設整備事業      3,250
地場産業等振興事業         895
プレミアム付商品券発行事業 511
観光センター運営事業       915
木造住宅耐震改修等助成事業 298
特定空家除却費用助成事業   100
都市公園等管理運営事業  3,263
町営住宅運営事業           462

都市の機能と人のつながりが安全と安心を支えるまち

小浜地内蔵再生事業            100
交通安全対策事業              180
防犯対策事業                  761
防犯灯LED化事業               482
県道等建設改良事業         4,403
道路施設点検事業           1,151
道路新設改良事業           3,703
市街化編入計画平面図策定事業  140
地区計画更新事業              210
消防業務委託事業         17,001
消防施設整備事業              877
防災対策事業                 b828
自主防災組織育成事業            65
下水道管渠施設点検調査事業 1,400
流通団地ポンプ場更新事業      770
配水設備整備事業         18,400

地域とともに学び育む次代を担う人づくりのまち

義務教育学校整備検討事業        29
一貫教育事業                  310
はやしま学推進事業            787
放課後学習サポート事業          58
不登校対策事業                242
ICT教育推進事業            1,934
起業体験推進事業                30
学力向上事業                  341
1年生グッドスタート事業        82
小学校教具等充実事業          314
小学校施設整備事業            262
小学校給食食器等整備事業      347
小学校語学向上教育事業        581
中学校部活動指導員設置事業    541
だっぴプログラム実施事業        15
中学校図書整備事業            198
中学校教具等充実事業          294
中学校施設整備事業            425
中学校語学向上教育事業        557
教育支援員活用事業            586
コミュニティ施設管理運営事業    84
図書館運営事業             2,149
図書資料等充実事業              99
町民総合会館運営事業       6,087
町民総合会館施設整備事業      370
生涯スポーツ推進事業          730
総合型スポーツクラブ運営事業  323
心と体の健康づくり推進事業      19

心豊かにいきいきと暮らせるやすらぎのまち

男女共同参画推進事業              29
人権問題啓発事業                  32
民生児童委員活動支援事業        181
社会福祉協議会支援事業       2,791
社会福祉協議会設備整備事業      363
高齢者等住宅改造助成事業        167
老人クラブ助成事業              201
シルバー人材センター助成事業    500
在宅ねたきり老人等介護支給事業  353
高齢者交通費助成事業            552
コミュニティバス運行事業     3,414
障がい者医療費給付事業       1,728
障がい者自立支援給付事業   26,995
障がい者地域生活支援事業     1,598
地域活動支援センター運営事業 1,246
子ども・子育て支援計画策定事業  308
保育所運営事業             48,552
児童手当支給事業           24,840
ひとり親家庭等医療給付事業      375
児童館運営事業               3,661
愛育・栄養委員会活動支援事業      90
健康増進事業                 1,815
母子保健事業                 2,983
後期高齢者健康増進事業          361
健康はつらつ早島21計画策定事業  336
感染症対策事業               4,418
小児医療費給付事業           7,556
幼稚園給食提供事業              484
幼稚園預かり保育事業            241
幼稚園施設整備事業              300
国民健康保険医療費適正化特別対策事業  356
国民健康保険ヘルスアップ事業          600
国民健康保険特定健康診査等実施事業    869
国民健康保険ジェネリック医薬品啓発事業  47

町民とともにつくる開かれたまち

会計年度任用職員制度導入事業          319
庁舎等駐車場整備事業               5,883
まち・ひと・しごと総合戦略改訂及び第5次総合計画策定事業   300
自治活動推進事業                   1,152
ふるさと納税制度推進事業              328
OA機器管理事業                     2,270
町長選挙                              442

 

 

倉敷市都窪郡選挙区
4月7日(日曜日)は岡山県議会議員選挙の投票日です
 
【投票】
投票日 4月7日(日曜日)
投票時間 7時~20時
投票場所 早島小学校 体育館
投票できる人
日本国民(日本国籍を有する人)で次の要件を満たしている人です。ただし、他市町村の選挙人名簿に登録された人や選挙法令の選挙権を有しない者に該当している人は投票できません。
(1)平成13年4月8日(8日を含む)以前に生まれた満18歳以上の人
(2)平成30年12月28日(28日を含む)までに早島町において住民票が作成され、平成31年3月28日時点で引き続き早島町の住民基本台帳に記録されている人
※県内のいずれかの市町村の選挙人名簿に登録され、県内に引き続き在住の人は、選挙人名簿に登録されている市町村で投票できます。
詳しくは選挙人名簿に登録されている市町村の選挙管理委員会にお問い合わせください。
持参するもの
投票所入場券(ハガキ)
入場券を事前送付していますが、届いていない人・紛失等した人は、投票所入口で係員に申し出てください。
【開票】
開票日 4月7日(日曜日)
開票時間 20時45分~
開票場所
早島町中央公民館 多目的室
※今回から開票場所を早島町中央公民館に変更します。開票開始時間も20時45分からに変更していますので、参観の際はお気をつけください。
【期日前投票】
投票日当日に次の(1)~(5)に該当する人で投票所へ行くことができない人は、期日前投票所で投票することができます。投票所入場券が届いている場合は、裏面の宣誓書に必要事項をご記入のうえ、ご持参ください。
(1)仕事や親族の冠婚葬祭がある人
(2)旅行、レジャー、買い物などの用事で早島町外に出かけて不在の人
(3)疾病、出産あるいは身体障がいなどのために歩行が困難な人
(4)住所移転のために他の市町村に居住する人
(5)天災または悪天候により投票所に到達することが困難な人
期間 3月30日(土曜日)~4月6日(土曜日)
時間 8時30分~20時
場所 早島町期日前投票所
(町役場2階)
【不在者投票等】
次のような場合は、不在者投票等を利用して投票することができます。
(1)岡山県選挙管理委員会の指定した病院、老人ホームなどに入院(所)中の人は、その施設内で投票できます。詳しくは入院(所)施設でご確認ください。
(2)仕事や旅行で期日前期間中も早島町に不在の人は、あらかじめ手続きを行えば、滞在先の選挙管理委員会で投票することができます。詳しくは早島町選挙管理委員会にお問い合わせください。
(3)期日前投票に来た時点で満18歳に達していない人は、期日前投票でなく、不在者投票が適用されます。
(4)身体障がい者手帳又は戦傷病者手帳の交付を受けている人で選挙法令の一定の障がいに該当する人または介護保険被保険証をお持ちで要介護状態区分“要介護5”の人は、あらかじめ手続きを行えば、郵便等投票することができます。

問 早島町選挙管理委員会
(電話086・482・0611)
〒701-0303
岡山県都窪郡早島町
前潟360番地1
 

平成30年7月豪雨早島町災害義援金受付期間を5月31日まで延長します

平成30年7月豪雨により住家が被災された世帯に対して、町内をはじめ全国の皆様から寄せられた義援金を、次のとおり配分します。
※お預かりした義援金は、その全額を被災者の皆様にお届けします。
配分対象
災害義援金の対象及び申請者は、平成30年7月豪雨により被災した早島町内の住家にその当時居住していた世帯の世帯主です。
配分額
床下浸水 15,000円以内
※義援金の配分状況により、減額 することがあります。
提出書類
・平成30年7月豪雨早島町災害義援金申請書兼口座振込申出書
・世帯主名義の口座の通帳等の写し
・町が発行するり災証明書の写し
※り災証明書の交付を受けていない場合は、被害の状況の分かる写真等が必要となります。
※被害の分かる写真等がない場合は、自治会長・民生委員・自主防災組織の会長等、第3者の証明が必要となります。
申請期限 5月31日(金曜日)まで
問 健康福祉課
(電話086・482・2483)
 

 

犬の登録と狂犬病予防注射について

4月20日(土曜日)・21日(日曜日)の両日、町内5ヵ所で、犬の登録受付と狂犬病予防注射を行います。注射日時を確認のうえ、お近くの会場へお越しください。
対象 生後91日以上の犬
注射料2,800円(注射済票 交付手数料550円含む)
※犬の体調に異常がある場合は、注射を受ける前に獣医師に申し出てください。
※注射を受けさせるときは首輪が抜けないようにしてください。
※個別接種を受けた場合は、注射済証を持って役場町民課で注射済票(550円)の交付を受けてください。
狂犬病は、人間はもちろん野生動物にも感染し、発病すると死に至る恐ろしい病気です。平成18年には、狂犬病流行国で犬にかまれ、日本に帰国後に狂犬病を発病し死亡した例が2件報告されています。現在、日本では発生はありませんが、世界各国で発生しており、様々な種類のペットが輸入されている現状ではいつ国内に侵入し発病するかわかりません。
この狂犬病を防ぐため、予防注射を受けるように「狂犬病予防法」で定められています。犬を飼っている人は必ず注射を受けてください。
また、未登録の犬は、必ず登録してください。(登録は、生涯1回だけです。)
犬の死亡・譲渡・所在地の変更、その他問い合わせは町民課まで

問  町民課
(電話086・482・0613)
 

大型連休中のごみ収集日について
 
4月27日(土曜日)から5月6日(月曜日)の大型連休中におけるごみ収集は、通常の収集日となります。
なお、連休期間中(日曜日を除く)にごみを施設に直接持ち込みするときは、4月26日(金曜日)までに町役場で許可書の発行を受けておいてください。

問 町民課
(電話086・482・0613)
 
 
ご注意ください
元号改正対応のため、4月23日コンビニ交付サービスが停止します
 
  4月23日(火曜日)は、元号改正のためのメンテナンスにより、コンビニ等で提供している早島町の証明書交付サービスが停止します。住民票、印鑑証明、所得証明の必要な場合は、事前に取得いただくか、開庁時間内に役場の窓口にて取得してください。

サービスが利用できない日時
4月23日(火曜日)終日
停止するサービス
コンビニ交付サービス対応のマルチコピー機設置店での証明書発行サービス
対象証明書
住民票、印鑑証明、所得証明

問 町民課(住民票、印鑑証明)
(電話086・482・2482)
税務課(所得証明)
(電話086・482・2484)

 

 

年金についてのお知らせ

年金を受給している人が所在不明になったときはお届けが必要です。年金を受けている人の所在が1月以上明らかでないときは、その世帯の世帯員は所在不明についての届出を速やかに行う必要があります。
お届けいただいた後、受給権者ご本人の健在を確認し、所在が不明な場合は、年金の支払いが一時止まります。年金の支払いが止まっている人の所在が明らかになったときは、年金のお受け取りを再開するための手続きが必要になります。
詳しくは『ねんきんダイヤル』またはお近くの年金事務所へ。お問い合わせの際には、基礎年金番号が分かるものをご用意下さい。
【ねんきんダイヤル】
(電話0570・05・1165)
<受付時間> 月曜日8時30分~19時
※月曜日が祝日の場合、翌開所日は19 時までとなります。
火~金曜日8時30分~17時15分
※祝日(第2土曜日を除く)
第2土曜日9時30分~16時

問 倉敷東年金事務所
(電話086・423・6150)


学生納付特例制度をご存知ですか?
 
日本国内に住むすべての人は、20歳になった時から国民年金の被保険者となり、保険料を納めていただくことになります。しかし、学生には、学生本人の前年所得が一定額以下の場合、申請により在学中の保険料の納付が猶予される「学生納付特例制度」が設けられています。
◆対象となる学校
学校教育法に規定する大学(大学院)、短大、高等学校、高等専門学校、専修学校及び各種学校など
※各種学校は、修業年限が1年以上で都道府県知事の認可を受けている学校が対象となります。
◆手続きに必要なもの
・年金手帳・印鑑(認印)
・学生証の写し(両面)又は在学証明(平成31年度は2020年3月31日まで有効期限が確認できるもの)
◆学生納付特例の承認機関
平成31年度の承認期間は2019年4月から2020年3月まで。
※申請は毎年度必要です。なお、平成30年度に学生納付特例の承認を受け、平成31年度以降も在学予定の場合、日本年金機構から「国民年金保険料学生納付特例申請書(ハガキ形式)」が送付される場合もありますので、その場合はお早めに返送してください。
承認された猶予期間は…
・障害基礎年金や遺族基礎年金を受けるための必要な期間に算入されます。
・老齢基礎年金を受けるための必要な期間(10年)に算入されます。ただし、受給できる年金額には反映されません。

  1. ※承認期間後10年以内であれば、さかのぼって納付することができます(『追納制度』)。この制度を利用して後から納付することにより、老齢基礎年金を満額に近づけることができます。ただし、2年以上経過後に追納する場合は、当時の保険料に一定の加算額が加わります。

問 倉敷東年金事務所
(電話086・423・6150)
 

早島町ふれあい農園利用者募集

早島町ふれあい農園は、町内で野菜や花などの栽培を通じて、のびのびと自然に親しんでもらうため平成12年4月に開園し、多くの人に利用されています。申込方法は、次のとおりです。
応募資格
1. 町内在住者、町内勤務者で家族を含め農業者ではない人
2. 町内在住者、町内勤務者で構成されたグループ等
貸付区画 1世帯又は1団体につき1区画(募集数に達しない場合は複数可能)
空き区画
14区画(平成31年3月1日現在)
利用金額(年額)
・30平方メートル未満=4,700円
・40平方メートル未満=5,500円
・40平方メートル以上=6,300円
利用期間 契約の日から2021年3月31日まで

申込方法 早島町役場建設農林課に備え付けの利用申込書に必要事項を記入のうえ、建設農林課に提出してください。(他人名義では申込みできません)
申込期間 随時(祝日を除く月曜日~金曜日の8時30分~17時15分)
※申込受付順で空き区画がうまり次第締め切ります。
留意事項 定められた事項を守らなかったり、農園の放置、営利栽培や過剰農薬の使用など、他人や農園等に迷惑を及ぼすときは、利用を取り消す場合があります。
詳細は建設農林課に備え付けの募集のしおりに掲載しています。

問 建設農林課
(電話086・482・0614)
 

人権相談
 
お困りごとはありませんか?差別・体罰・虐待・いじめ・DV・セクハラ・プライバシー侵害・誹謗・中傷・家族関係・近隣関係・不法行為など
日時 4月10日(水曜日)9時~12時
場所 町民総合会館(ゆるびの舎)
2階集会室 担当者 早島町人権擁護委員
尾崎 照美・竹井 悦子

問 町民課
(電話086・482・2482)
 

 

固定資産課税台帳の縦覧

固定資産課税台帳の縦覧とは…
納税者が所有する土地や家屋の価格とほかの土地や家屋の価格とを比較し、自分の土地や家屋が適正に評価されているかどうかを確認するために、固定資産などを記載した土地価格等縦覧帳簿または家屋価格等縦覧帳簿をご覧いただく制度です。なお自身の資産について価格などを確認したい場合は、縦覧制度とは別に、「固定資産税課税台帳」を閲覧(無料)することができます。
縦覧期間 4月1日(月曜日)~5月7日(火曜日)8時30分~17時15分(土日・祝日を除く)
手数料 無料
縦覧できる人 固定資産の所有者(納税者)、納税管理人・相続人・代理人(固定資産の所有者からの委任状が必要)
※早島町の土地・家屋価格等縦覧帳簿を縦覧できるのは、早島町の固定資産税の納税者のみです。他市町村の納税者は早島町の縦覧帳簿を見ることはできません。
持参するもの 印鑑と本人の確認ができるもの(運転免許証、旅券、固定資産納税通知書など)※代理の場合は、必ず委任状持参
縦覧場所 町役場税務課窓口
※なお平成31年度の納税通知書は4月12日(金曜日)頃発送します。

問 税務課
(電話086・482・2484)
 

今月号の折り込みでコミュニティバスの時刻表をお配りします
 
早島町では無料のコミュニティバスを運行しています。東西コース4ルート、南コース1ルートがあり、みなさまの町内移動をサポートしています。どなたでも無料で利用可能です。
今月号の折り込みで時刻表をお届けします。また、町ホームページから便利なバス時刻検索も可能です。ぜひコミュニティバスをご利用ください。
問 まちづくり企画課
(電話086・482・0612)
 

入札結果の公表 1月分
 
【上下水道課】
■矢尾地内配水管布設工事
施工場所 早島町矢尾地内
請負業者 株式会社船倉建設工業
契約金額 2,382,480円
落札率 89・3%
工期 契約日から平成31年3月29日
概要 配水管布設工等
■町道385・395号線舗装復旧工事
施工場所 早島町矢尾地内
請負業者 東洋建設工業株式会社
契約金額 1,508>,760円
落札率 84・7%
工期 契約日から平成31年3月29日
概要 舗装工、区画線工

【建設農林課】
■久々原地内水路改修工事
施工場所 早島町前潟地内
請負業者 倉敷工建有限会社
契約金額 13,969,800円
落札率 85・7%
工期 契約日から平成31年3月29日
概要 開渠工、舗装工
■町道293号線道路改良工事
施工場所 早島町早島地内
請負業者 日笠土木株式会社
契約金額 23,466,240円
落札率 86・7%
工期 契約日から平成31年3月29日
概要 掘削工、アスファルト舗装工等
■頓行地内道路護岸修繕工事
施工場所 早島町早島地内
請負業者 株式会社ふうりん
契約金額 2,298,240円
落札率 85・5%
工期 契約日から平成31年3月29日
概要 道路拡幅工事等
■町内一円交通安全施設整備工事(その2)
施工場所 早島町町内一円
請負業者 日笠土木株式会社
契約金額 2,907,360円
落札率 85・7%
工期 契約日から平成31年3月29日
概要 道路反射鏡、区画線等
■早島公園舗装修繕工事
施工場所 早島町早島地内
請負業者 東洋建設工業株式会社
契約金額 2,813,400円
落札率 85・7%
工期 契約日から平成31年3月22日
概要 舗装工、区画線工

【学校教育課】
■早島小学校食堂棟屋上スラブ防水修繕工事
施工場所 早島町早島地内
請負業者 株式会社カワイ
契約金額 7,074,000円
落札率 95・6%
工期 契約日から平成31年3月29日
概要 屋根部全面改修等
 

長年のご愛顧ありがとうございました
観光センターの喫茶は4月をもって終了します
 
観光センター開館時から開設しておりました喫茶を、施設の運営見直しにより、この度廃止することとなりました。
長年ご愛顧いただきありがとうございました。なお、喫茶コーナーには、今後自動販売機を設置する予定です。2月からは子ども服のリユース事業も始まっています。引き続き観光センターをご利用ください。

問 まちづくり企画課
(電話086・482・0612)

 

 

第5回教育のまち・はやしま子どもフォーラム
~自立・共生・郷土早島を愛する心の育つ学校園に!~
 
3月2日(土曜日)、ゆるびの舎で「はやしま子どもフォーラム」が開催され、ESD持続可能な教育の町づくりを目指して、学校園の代表から地域への提案を含めた一年間の探究の学びを発表しました。

オープニングでは、保育園幼稚園児合同で英語の歌と「ありがとうの花」を歌い、やさしさあふれる町にしたいという思いが伝わってきました。小学3年生は「IGUSA本」を作り、早島の伝統であるい草の魅力を発信しました。中学1年生は、地域との交流を通じて福祉の視点で自分たちにできることを考え発案しました。中学2年生は、キャリア教育の一環としてい草文化を世界に発信したいと、い草を用いたスイーツや商品開発のプロセスや、い草ラケット大会について堂々と発表しました。
会場は大いに盛り上がり、多くの応援メッセージが寄せられました。これからも、学校園と地域が一体となり、理想の「はやしま学園」を目指していきます。


【会場アンケートから】
・小さいときからいろんなことに取り組んでいて、幼稚園・保育園から中学2年生まですばらしい発表でした。私の子どもたちの時から、こんな取組があったらよかったと思いました。感動しました。
・とても素晴らしい!の一言です。今の時代、一貫教育の大切さを多くの人々に知っていただき、町民全員が協力してもらえる体制を育てていきたいと思いました。協働・協学・協育の町づくりを一緒に進めていきたいと強く思いました。
・園児・小学生・中学生が、それぞれ探究してきたことを発表し、私の知らないことも多く、改めて早島の魅力を子どもたちから教わった気がします。司会者もしっかりと司会をしてくれて、たのもしい限りでした。
・パワーポイントも子どもたちが作ったとお聴きしました。たのもしい限りですね。チームワークが見てとれるようです。こうした提案する行為はきっと自己肯定感を育てることでしょう。
 

 

 

平成31年度 早島『学び』の一年予定表

★第1回英語検定
一次試験 2019年6月2日(日曜日)
試験場所 早島小学校
二次試験 2019年6月30日(日曜日)
申込締切 2019年4月25日(木曜日)
応援制度締切 4月17日(水曜日)
★★第2回英語検定
一次試験 2019年10月5日(土曜日)
試験場所 早島中学校
二次試験 2019年11月3日(日曜日)
申込締切 2019年9月9日(月曜日)
応援制度締切 9月2日(月曜日)
★★★第3回英語検定
一次試験 2020年1月26日(日曜日)
試験場所 早島中学校
二次試験 2020年2月23日(日曜日)
申込締切 2019年12月9日(月曜日)
応援制度締切 12月2日(月曜日)

【早島町英検受験応援制度】
早島町内在住の小中学生を対象に、英検3級(3,900円)準2級(4,900円)2級(5,500円)を受験する際、同級の受験に対して1回のみ受験料を無料とします。しっかり学習して、どんどんチャレンジてください!!

今年度から数検も始めます!町民の皆さん、ご家族で各種検定に挑戦してみませんか。

★第1回漢字検定
試験日 2019年6月16日(日曜日)
試験場所 早島小学校
申込締切 2019年5月9日(木曜日)
★★第2回漢字検定
試験日 2019年10月26日(土曜日)
試験場所 早島小学校
申込締切 2019年9月19日(木曜日)
★★★第3回漢字検定
試験日 2020年2月8日(土曜日)
試験場所 早島小学校
申込締切 2019年12月20日(金曜日)

★第1回数学検定
試験日時 2019年6月15日(土曜日)
11:00~12:00
試験場所 いぶき荘(土曜はやしま塾の後)
★★第2回数学検定
試験日時 2019年8月24日(土曜日)
11:00~12:00
試験会場 小学校(わくわくサマーホリデー)
★★★第3回数学検定
試験日時 2019年11月16日(土曜日)
11:00~12:00
試験場所 いぶき荘(土曜はやしま塾の後)


はやしま学 ~地域とつながり未来を拓く早島っ子を育てよう~

■土曜はやしま塾 (小1~中3)
「わからないには夢がある」をキャッチコピーに

楽しい学びの90分
日時 4/27、5/11・18、6/15・22、7/6・13・20、9/7・14・28、10/12・19、
11/2・9・16、12/ 7・21、1/11・18、2/1・15・22・29、3/14・21 
9時~10時30分(8時50分集合)
会場 いぶき荘(小・中学生)/大谷荘(小学生)
■放課後はやしま塾 (小1~3・中1~3)
☆小学1~3年生(算数)
日時 毎週水曜日15時10分~50分(15時集合)
場所 ランチルーム
☆中学1~3年生生(数学、英語)
日時 毎週水曜日16時10分~
場所 第2パソコン室
■わくわくサマーホリデー(小4~6)
夏休み14日間の学習サポートと8日間の体験活動
日時 7/22・23・24・25・26・29・30・31、8/1・2・5
・6・7・8・9・16・19・20・21・22・23・24
9時~12時
■Enjoy ・土曜英会話塾(小5~中3)
外国人講師による楽しい15回の英会話レッスン
日時 5/11・18、6/8・22、7/6・20、9/14・21・28、10/12・19、11/2・9・16、12/7
13時半~15時(13時20分集合)
会場 中央公民館
■サイピア科学バスツアー(小4~中3)
日時 ゴールデンウィーク、夏休み
場所 人と科学の未来館サイピア
■Englishバスツアー(小5~中3)
日時 未定
場所 環太平洋大学

問 早島町教育委員会(電話086・483・2211)

 

 

高齢者・障がいのある人のための町の福祉サービスのご案内

早島町では、高齢者・障がいのある人のためのさまざまなサービスを行っています。ご利用ください。

福祉タクシー助成事業
高齢者や障がいのある人の社会参加、生活支援を図るため福祉タクシー助成事業を実施しています。
申請開始 4月1日(月曜日)
申請場所 健康福祉課窓口
持参するもの 印鑑、対象者であることが確認できる書類
対象となる人
町内に住所を有する在宅者で次のいずれかの要件に該当する人
1.前年分の住民税所得割が非課税の世帯の人で、次のいずれかの要件に該当する人(4月1日から5月31日までの間に申請される場合にあっては、前々年分の住民税所得割)
ア.75歳以上だけの世帯に属する人(75歳未満の人と世帯分離している人は除く)
イ.身体障害者手帳1、2級を所持している人
ウ.療育手帳Aを所持している人
エ.精神保健福祉手帳1、2級を所持している人
2.運転免許証を自主返納し、おかやま愛カード、若しくは運転経歴証明書を所持する65歳以上の人
助成内容
500円限度のチケットカードを月4枚とし、申請月分から年度末分まで一括交付します。


緊急通報装置設置事業

ひとり暮らしの高齢者等の突発的な事故や急病等の緊急時に速やかな対応を図るため、緊急通報装置を設置します。
対象となる人
1.おおむね65歳以上のひとり暮らしの人
2.70歳以上のみの高齢者世帯の人
3.心身に障がいのある人
※利用者世帯の課税状況により、利用者負担額が必要になる場合があります。


老人日常生活用具給付事業

在宅支援の必要な高齢者及び、ひとり暮らしの高齢者に日常生活用具を給付することにより、日常生活の便宜を図ります。火災警報器、自動消火器、電磁調理器が給付対象です。
対象となる人
町内に住所を有する在宅の人で、次の要件に該当する人
・おおむね65歳以上のひとり暮らしまたは寝たきりの人
(電磁調理器については、心身機能の低下に伴い防火等の配慮が必要なひとり暮らしの人)
※利用者世帯の課税状況により、利用者負担額が必要になる場合があります。

介護手当支給事業
要介護認定において要介護3以上と認定された人で、寝たきりの高齢者や認知症高齢者を6ヵ月以上自宅で常時介護している介護者に介護手当を支給します。
助成内容
自宅で介護した月を対象に、月額8,000円(6ヵ月ごとに支給)

住宅改造助成事業
自宅で生活する高齢者で、手すりの取付け、段差の解消など住宅の改造を行う場合、その一部を予算の範囲内で助成します。※予算には上限があるため、先着順となります。
対象となる人
・要介護認定において、要支援または要介護と認定された人で介護保険料の区分が第1段階から第5段階までの人
助成内容
対象工事費の3分の2(ただし、上限額333,000円)

 

 

 

高齢者等生活用具給付事業

在宅の寝たきり高齢者及び、ひとり暮らし高齢者に生活用具を給付することにより、日常生活の便宜を図ります。杖、老人手押車等が対象です。
対象となる人
町内に住所を有する在宅の人で、次の要件に該当する人
・おおむね65歳以上のひとり暮らしまたは寝たきりの人
※利用者世帯の課税状況により、利用者負担額が必要になる場合があります。


特定疾患患者等療養通院費助成

特定疾患の療養のため医療機関へ通院されている人に、通院費の一部として助成金を支給しています。
対象となる人
・特定疾患患者で当該疾患の療養のため医療機関に通院している人
・早島町に住所を有し、前年分の住民税所得割が非課税の世帯の人
助成内容
通院した月が対象で、月額4,000円(6ヵ月ごとに支給)


難聴児補聴器購入費等助成金交付事業

早島町内在住の両耳の聴力レベルが30dB以上で、身体障害者手帳の交付の対象とならない18歳未満の難聴のある児童を対象に補聴器の購入費を助成します。
なお、本人の属する世帯員のうち、市町村民税所得割の最多納税者の納税額が46万円以上の場合は交付対象外となります。
助成内容
新規及び更新の補聴器購入費の3分の2(ただし、別に定めた基準価格を限度額とします。更新の場合は、原則として前回購入日から5年経過後とします。)


コミュニケーション支援事業

早島町に在住または在勤の聴覚、言語機能、音声機能その他の障がいのある人に、意思疎通を図りやすくするため、手話通訳者等の派遣を行っています。利用料は無料ですが事前に手続きが必要ですので早めにご相談ください。
詳しくは健康福祉課までお問い合わせください。

問 健康福祉課
(電話086・482・2483)


「ほっとパーキングおかやま」 駐車場利用証制度

車いすマークの駐車場を利用できる方を明らかにした上で、その対象者に利用証を交付し、県と協定を結んだ施設の駐車スペースを優先して利用できるよう、車いすマークの駐車場の適正利用を図るものです。

申請場所 健康福祉課窓口
持参するもの 印鑑、対象者であることが確認できる書類
対象者 次のいずれかに該当し、歩行が困難な人
1.身体障害のある人
(障害の等級や区分によって 対象にならない場合があります。詳しくはお問い合わせください。)
2.知的障害のある人
(程度欄「A」)
3.精神障害のある人
(等級「1級」)
4.高齢の人(要介護1~5)
5.難病の人
6.けが人
(医師の意見書、診断書による)
7.妊産婦
(妊娠7ヵ月~産後1年)

 

 

平成31年度高齢者を対象にした肺炎球菌ワクチンの予防接種のお知らせ
定期接種の対象者は毎年異なります。接種の機会を逃さないようにご注意ください。

接種期間 2020年3月31日(火曜日)まで
接種場所 岡山県内の協力医療機関
接種費用の一部を公費で負担する平成31年度の定期接種対象者

 対象者 生年月日
A
 65歳となる人 昭和29年4月2日~昭和30年4月1日生
 70歳となる人 昭和24年4月2日~昭和25年4月1日生
 75歳となる人 昭和19年4月2日~昭和20年4月1日生
 80歳となる人 昭和14年4月2日~昭和15年4月1日生
 85歳となる人 昭和 9年4月2日~昭和10年4月1日生
 90歳となる人 昭和 4年4月2日~昭和5年4月1日生
 95歳となる人 大正13年4月2日~大正14年4月1日生
100歳となる人 大正 8年4月2日~大正9年4月1日生
100歳以上の人 平成30年度末に100歳以上となる人
B 60歳から65歳未満の人で心臓、腎臓、呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害や、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害がある人


◇この制度では、今までに成人用肺炎球菌ワクチンを接種したことがない人を対象に、平成31年度までの間に1人1回、定期接種の機会を設けています。
◇対象となる年度においてのみ、定期接種として公費助成が受けられます。対象となる人には対象年齢となる年度にご案内します。
自己負担金 3,500円
※住民税非課税世帯、生活保護世帯で減額・減免を希望する人は、接種前に健康福祉課窓口で申請してください。また、住民非課税世帯の人で、減額を希望する場合は、申請書に世帯全員の署名が必要となります。接種後に減額・減免はできません。
減額・減免申請に必要な物
印鑑、個人通知のはがき
接種方法 かかりつけの医師にご相談のうえ、直接医療機関へ申し込んでください。
医療機関へ持っていく物
健康保険証または後期高齢者医療被保険者証、個人通知のはがき。上記 表のBに該当する人は、身体障害者手帳または診断書

<肺炎球菌とは>
肺炎球菌は主に気道の分泌物に含まれる細菌で、唾液などを通じて飛沫感染し、気管支炎や肺炎、敗血症などの重い合併症を引き起こすことがあります。
肺炎はわが国の死亡原因の第3位となっています。また、日常的に生じる成人の肺炎のうち4分の1から3分の1は肺炎球菌が原因と考えられています。
<予防接種の効果>
肺炎球菌には90種類以上の血清型があり、定期接種で使用される「23価肺炎球菌ワクチン」は、そのうちの23種類の血清型を予防の対象としたワクチンです。この23種類の血清型は、成人の重症の肺炎球菌感染症の原因の約6割を占めるという研究結果があります。

問 健康福祉課(電話086・482・2483)

 

 

 

はじまります
不育治療費の一部を助成します

平成31年4月1日以降に、不育治療を受けた場合、その治療費の一部を助成します。

対象者
次のいずれにも該当する人
1.治療開始時に法律上の婚姻をしている夫婦で、申請日において、夫婦のいずれか一方が本町に住所を有する夫婦であること。
2.申請日において、対象者及び世帯員に町税の滞納がないこと。
3.夫及び妻の前年の所得の合計額が730万円未満であること。
4.治療期間の初日における妻の年齢が43歳未満であること。
5.一般社団法人日本生殖医学会が認定した生殖医療専門医が所属する医療機関において当該専門医により不育症と診断され、その治療を
行っていること。
6.他の市町村から不育治療に対する同種の助成を受けていないこと。

助成内容
医療保険対象外治療において、受診証明書に記載されている治療費等の2分の1以内の額で、1回あたり上限15万円まで(1,000円未満は切り捨て)
※入院時の差額ベッド代や食事代等直接治療に関係ない費用は除く
助成上限 1対象者につき3回まで
※通算年度問わない

申請方法
健康福祉課の窓口に、治療費の支払いが終了した日の属する年度末(3月最終開庁日)までに申請してください。後日、指定の口座に助成金を振り込みます。
※但し、3月15日から3月31日までに治療費の支払いを終了した場合は、翌年度4月最終開庁日まで申請可能

【申請に必要なもの】

1.早島町不育治療助成金支給申請書
2.生殖医療専門医医療機関受診証明書
3.医療機関の発行する領収書
4.戸籍謄本(外国人であっては法律上の夫婦であることを証明する書類)
5.振込口座が確認できるもの
6.印鑑
※1.2.の様式については4月から町ホームページに掲載予定です。

問 健康福祉課
(電話086・482・2483)
 

平成31年度木の実会(母子クラブ)会員募集!
 
木の実会は、幼稚園入園前の乳幼児とその保護者の親子サークルです。親子のふれあい活動や、同世代のお友だちと遊んだり、育児の悩みを相談したり、新しい仲間づくりの場です。
毎月1回程度定例会を開催し、夏祭り、遠足、クリスマス会など季節の行事や調理実習などを行っています。
木の実会で楽しい時間をみんなと一緒にすごしませんか。

会費
1人2,000円/年
2人目からは 1人1,200円/年

問・申
健康福祉課 保健師
(電話086・482・2483)
 

献血のお礼
3月1日(金曜日)には、お忙しい中、献血にご協力いただきまして厚くお礼申しあげます。
献血の実施状況についてご報告します。今後ともご支援ご協力よろしくお願いいたします。
早島町で行われる次回献血は、7月30日(火曜日)の予定です。
 
400ml献血
献血受付者数 43人
献血者数 33人
献血の出来なかった人 10人
 

 

 

めざせ元気!!<SPA CLS=EN>ころばん塾活動紹介
 
住民主体の介護予防や地域交流を目的としたたまり場の事業として、早島町では平成28年から「いきいき百歳体操」を行う『めざせ元気!!ころばん塾』の普及を行っています。
 
【活動状況】
現在町内では19グループが週1回から2回、自主的に活動しています。(平成31年3月時点)
体操に参加したい、どんな体操をしているか見てみたいという人は、各グループの代表者や参加者にお尋ねください。また代表者や参加者が分からない場合は、お気軽に地域包括支援センターまでお尋ねください。
 

活動状況 一覧表
   グループ名      実施曜日(毎週)・時間  実施会場
 1 おげんきクラブ       水:10時~11時30分 ゆるびの舎
 2 ほがらかクラブ       水:14時~15時30分 ゆるびの舎
 3 えがおの集い         木:10時~11時30分 ゆるびの舎
 4 なかよし会 木          :14時~15時30分 ゆるびの舎
 5 ころばん塾つつじ会   月:14時~木:10時~ 塩地公民館
 6 たのしく体操みのり会 木:13時30分~ 三軒地公民館
 7 金田ころばん塾 水      :14時~ 西コミュニティセンター
 8 まいそさくら会       月:13時30分~ 真磯自治会館
 9 大池ころばん塾       水:10時~ 大池公民館
10 塩津いきいきクラブ   水:10時~ 塩津公民館
11 長津畑岡100歳体操の会金:10時45分~ いぶき荘
12 宮崎ころばん塾   火・金:9時~ 宮崎公民館
13 若宮ころばん塾       金:10時~ 大谷荘
14 市場ころばん塾   月・金:10時~ 市場公民館またはさつき荘
15 日だまり広場         月:14時~ 個人宅
16 夢ポケットの家       水:13時~ 夢ポケットの家
17 中山おたっしゃクラブ 金:13時~ 中山団地集会所
18 日笠山ころばん塾     木:14時~ 日笠山公民館
19 矢尾ころばん塾       水:13時30分~ 矢尾公民館

 
【『めざせ元気!!ころばん塾』を行うには?】

☆活動開始の条件
・町内在住の65歳以上の人が5人以上いること
・週1回、3か月以上継続すること
・住民の皆さんが主体となり自分たちで実施すること
・誰でも参加できること
 
☆必要なもの
・血圧計、DVDを映す機材、テレビ、背もたれのある安定した椅子
・公会堂やコミュニティハウス・個人の家など、体操ができるスペースが必要です

活動開始から1ヵ月間は、地域包括支援センターの職員や理学療法士が体操の指導に伺います。その後は参加者の皆さんで自主的に活動を継続します。
新たにグループの立ち上げを検討されている場合は、まずは説明会を行いますのでお気軽にご相談ください。
 

 

 

認知症初期集中支援チームをご存じですか?
 
認知症初期集中支援チームとは、認知症の人(その疑いのある人)やその家族を訪問し、相談・支援を行う医療や福祉の専門職からなるチームです。病院受診や介護サービスの利用に向けた支援や家族への支援を集中的(およそ6ヵ月以内)に行います。


【支援対象者】
早島町内の在宅で生活している40歳以上で認知症が疑われる人または認知症の人で、以下のいずれかに当てはまる人
1.医療サービス、介護サービスを受けていない、または中断している人
2.医療サービス、介護サービスを受けているが、認知症の行動・心理症状が顕著なために対応に苦慮している人

こんな時はご相談ください
・親に認知症があるようで病院に連れて行きたいが、行きたがらない。
・認知症で問題行動があり、どう対応したらよいか困っている。
・近所の高齢者に物忘れがあるようで、自宅もゴミ屋敷の様になっている。

認知症は早期診断・早期対応が大切です。早めに予防に取り組んだり、医療・介護サービスを利用することで、その後の進行が穏やかになることもあります。
認知症の相談や支援チームへの依頼は、まずは地域包括支援センターにお問い合わせください。
 

もの忘れ相談会のご案内
 
今年度も、もの忘れ相談会を開催します。「最近、物を探すことが増えた」「親のもの忘れが心配だ…」等、ご本人や家族からのご相談をお聞きします。お気軽に
ご連絡下さい。
毎月第4火曜日 9時~12時(予約制)
当日は地域包括支援センターまでお越しください。
 
問・申 地域包括支援センター(役場内) (電話086・482・2432)

 

 

ほのぼの会会員募集

「ほのぼの会」とは、早島町内にお住まいの精神障がいをお持ちの人やそのご家族が、病気を抱えながらも前向きに充実した日が過ご
せるように活動している会です。
気軽にお茶を飲みながら病気のことや日常生活のことについてお話ししたり、いろいろな活動を通して会員同士の交流を深めています。
主な活動内容としては、お花見、カラオケ、調理実習、精神科医師との座談会、ペタンク、体操教室など、会員で話し合って内容を決
めています。気軽にご参加ください。

活動場所 地域活動支援センター
「栴檀の家」
活動時間 13時30分~15時30分
(内容により変更あり)
開催日 毎月いずれかの水曜日
(内容により変更あり)

参加してみたい、詳しいことが聞きたいなど、ご質問・ご相談がある人はお気軽にご連絡ください。

問 健康福祉課 保健師
(電話086・482・2483)
 

喜楽会会員募集
 
「喜楽会」とは、早島町内にお住まいの難病の人やそのご家族が、病気を抱えながらも前向きに充実した日が過ごせるように活動している会です。
気軽にお茶を飲みながら病気のことや日常生活のことについてお話しし、会員同士の交流を深めています。
主な活動内容としては、茶話会(交流会)、ペタンク、体操教室、調理実習、製作活動(絵てがみ等)など、会員で話し合って内容を決めています。気軽にご参加ください。

活動場所 地域活動支援センター「栴檀の家」
活動時間 13時30分~15時30分
(内容により変更あり)
開催日
毎月第2または第3月曜日(内容により変更あり)

参加してみたい、詳しいことが聞きたいなど、ご質問・ご相談がある人はお気軽にご連絡ください。

問 健康福祉課 保健師
(電話086・482・2483)
 

4月保健ガイド

知的障がい者相談
日時 4月10日(水曜日)
13:00~15:00(相談時間)
場所 栴檀の家
 
こころの健康相談(要予約)
 
日時 4月24日(水曜日)
13:00~14:00
場所 栴檀の家
※専門医師が相談に応じます。


早島の人の動き
(平成31年3月1日)
前月比
町人口/ 12,550 人 (-5人)
男性/ 6,057 人 (-5人)
女性/ 6,493 人 (±0人)
世帯数/ 5,001 世帯 (+5世帯)
 
佐藤 繁子 95歳(2月8日、頓行)
竹岡 恭平 69歳(2月17日、ニュー早島)
西本 昌司 91歳(2月17日、若宮)
青葉不二子 84歳(2月18日、花町)
渡邉多喜夫 95歳(2月20日、長津・畑岡)
吉田 仁子 75歳(2月23日、舟本)
 
問 健康福祉課
(電話86・482・2483)
 

 

 

一緒に花のある生活を楽しみませんか?
早島花の銀行友の会 会員募集

 花の銀行友の会の活動をご存知ですか?花や植物が大好きな人のサークルです。ハナショウブやアサガオ、菊の展示会、寄せ植え講習会、県内外の先進地への視察など、花にまつわる楽しいイベントが盛りだくさんです。会員には、毎年セレクトの花苗や球根の配布も行っています。
 早島花の銀行友の会では、新年度会員を募集しています。現在、町内外から約150名の人が会員になっています。あなたも一緒に楽しく花を育てませんか。
入会手続き
受付場所 中央公民館
年会費 1,000円
※公民館の開館時間に随時受付。
 自宅の庭を開放し、誰でも自由に見学できる「オープンガーデン」をしてくれる人を募集!!

問 生涯学習課(電話086・482・1511)


No.255“ゆるび”WEEKENDコンサート
平成のおわりに ~懐かしい歌謡曲とともに~

日時4月26日(金曜日)
   開場18:30 開演19:00
会場 ゆるびの舎・エントランスホール
    ※入場無料
出演 花音(剣持 和乃子、大嶋 樹美江、久保木 純湖)
内容 詩と音楽のコラボレーション
プログラム ヴァルトシュタイン第2・3楽章
      (ベートーベン)、バラード第3番(ショパン)

問 ゆるびの舎(電話086・482・4800)


図書館だより

★ゴールデンウィークは、図書館開館★
 今年は4月下旬から10連休。図書館は開館しています。ゆっくりとお休みに読書はいかがですか。どうぞご利用ください。
★4月23日は「子ども読書の日」、4月23日~5月12日は「こどもの読書週間」です。
 図書館では新設されたキッズコーナーの絵本を中心に、受賞本の展示などを行います。子どもたちの読書のきっかけづくりなどにぜひお役立てください。
 
☆ストーリーテリング
4月6日(土曜日) 15:00~ 1階おはなしのへや
図書館ボランティア おはなしの会かたつ夢り
 ろうそくを灯してお話を語ります。お話の世界を一緒に楽しみましょう。
 
☆かみしばいのじかん
4月14日(日曜日) 14:00~ 1階おはなしのへや
図書館ボランティア はやしま本だいすきの会
 絵本・紙芝居の読み聞かせなどをしています。

☆おはなしの時間
休館日を除く毎週木曜日10:30~11:00 
1階おはなしのへや(4月4,11,18日)
 職員による読み聞かせなどをしています。

★ブックスタート★
対象者
平成30年4月生まれ以降の乳児健診対象者。(町民課でお申し込みいただくと、図書館からお知らせ葉書が届きます。図書館でも随時実施していますが混み合うことがありますので、なるべく下記実施日をご利用ください。)
実施日 4月16日(火曜日) 13:30~
実施場所 乳児健診会場(健康づくりセンター)
*ブックスタートについては、図書館にお問い合わせくださるか、ホームページをご参照ください。
 http://www.bookstart.net
 
図書館カレンダー 4月のお休み
1,8,15,22,25日
☆4/25は電話対応可☆
問 町立図書館(電話086・482・1513)

 

 

やってきました、桜のシーズン!

参加者募集
早島公園さくら写生大会講習会

早島公園のさくらを、講師の先生の指導を受けながら描いてみませんか?完成した作品は、写生大会へ!!
日時 4月3日(日曜日) 13:30~16:30
※雨天の場合は、4月4日(木曜日)同時刻へ順延
受付 12:30~13:30
集合場所 早島公園(すべり台付近)
講師 直原清美先生
参加費 無料(どなたでも参加できます)
準備物 写生用具、画板、敷物等は各自でご持参ください。なお、画用紙は主催者で準備します。画板は貸出分も用意していますが、数量限定、先着順となります。
主催 早島町観光協会、早島町
問 まちづくり企画課 (電話086・482・0612)

「早島さくらまつり」についてのお知らせは、折込チラシで!
夜桜ライトアップ情報は裏表紙をチェック!!


思い思いのさくらを
早島公園さくら写生大会
 
早島公園のさくらの写生作品を募集します。入選作品は、表彰・展示を行います。美しい早島の桜を絵にしてみませんか?多数のご参加をお待ちしています。
募集部門 保育園・幼稚園児、小学生、中学生、一般
応募締切 4月12日(金曜日)までに町役場まちづくり企画課までお届けください。町内の学校関係者は、園・学校へ提出することもできます。
その他 画用紙の配布、画板の貸し出しを行います。希望者は役場まちづくり企画課まで(画板は数量限定、先着順)
問 まちづくり企画課 (電話086・482・0612)
 

お花見のついでに立ち寄ってみませんか
戸川家記念館お花見シーズン臨時開館

日時 3月30日(土曜日)・4月6日(土曜日)
時間 10時~15時
臨時開館日は、早島観光ボランティアガイドが戸川家記念館を詳しくご案内します。貴重な資料が収蔵された町の記念館です。この機会にぜひお立ち寄りください。
※早島さくらまつり当日の7日(日曜日)は通常開館です。
問 まちづくり企画課 (電話086・482・0612)
 

 

 

Hello Babies
こんにちは赤ちゃん
 
2月生まれの赤ちゃん

太田 美心ちゃん女の子(2月1日・前潟)父・雄二、母・恵
太田 櫂ちゃん男の子(2月1日・前潟)父・雄二、母・恵
吉岡 慶志郎ちゃん男の子(2月1日・弁才天)父・時人、母・友美
地面 柑那ちゃん女の子(2月18日・大池)父・尚貴、母・理恵
鳥取 結ちゃん女の子(2月22日・前潟)父・周作、母・弘美
 
赤ちゃんの写真を掲載しませんか?詳細はまちづくり企画課
(電話086・482・0612)へ。
E-mail kikaku@town.hayashima.lg.jp


For Health
保健情報
 
予防接種を受けましょう!
 
 感染症にかからないように、また他の人にうつさないために予防接種で免疫をつけましょう!以下は定期予防接種の一部です。
 
◎麻しん・風しん混合ワクチンの予防接種
  対象者は下記のとおりです。
 第1期 生後12か月~24か月未満の児
 第2期 5歳~7歳未満で小学校入学前の1年間にある児
◎二種混合(ジフテリア・破傷風)の予防接種
  小学6年生のお子さんは、二種混合の予防接種の対象年齢(11歳~13歳未満)になります。
◎日本脳炎の予防接種
  日本脳炎の予防接種は、標準的には1.期を3歳で2回・4歳で1回、2.期を9歳で1回(合計4回)受けることになっています。
また、以下の1.または2.に該当する人には特例措置があります。
1.平成19年4月1日以前生まれで20歳未満の人
 1.期および2.期の不足分(1~4回)を接種可能。
2.平成19年4月2日~平成21年10月1日の間に生まれた人
 1.期の対象年齢(生後6か月~ 90か月未満)の間に1.期の接種が完了しなかった人は、2.期の対象年齢(9歳~ 13歳未満)の期間
中に1.期の未接種分(1~3回)を接種可能。7歳6か月~9歳未満の間は不可。
《予防接種の受け方》
 1.かかりつけの医療機関で、受けようとする予防接種の接種日時等確認し、直接予約して接種してください。
 2.予防接種予診票は、医療機関に備えてありますので、直接受診してください。
《持っていく物》
・小児医療費受給資格者証
・健康保険証
・母子健康手帳

 問 健康福祉課(電話086・482・2483)

 
4月こども保健ガイド
 
場所 ゆるびの舎・健康づくりセンター
問 健康福祉課・保健師 (電話086・482・2483)
 
ベビママサロン1回目
日時 4日(木曜日)10:00~12:00
対象 4~5か月児とその保護者
   ※対象者には個別通知します。
内容 同月齢児を持つ保護者の交流、離乳食(初期)の進め方、作り方と試食 など
1歳6か月児健診
日時 10日(水曜日)13:30~14:00
対象 平成29年8月~10月生まれ
内容 身体計測、内科診察、歯科診察、各種相談など
※対象者には個人通知します。
保育相談
日時 16日(火曜日)10:00~10:30(受付)
対象 就学前の乳幼児
内容 身体計測、栄養相談、歯科相談など
※母子健康手帳をご持参ください。
つどいの広場
日時 16日(火曜日)10:00~11:30
対象 就学前の乳幼児とその保護者
内容 ふれあい遊び、自由遊び、親子の交流など
乳児健診
日時 16日(火曜日)13:30~14:00(受付)
対象 4・7・9・12か月児
内容 身体計測、内科診察、栄養相談、歯科相談など
※母子健康手帳・問診票をご持参ください。
 

 

 

はやしま児童館だより

利用できる人
 0歳から18歳までの子どもとその保護者/子どもの健全育成活動を進めている団体など
休館日 火曜日・祝日
開館時間 10:00~17:00
問い合わせ先 早島児童館 〒701-0304早島町早島1297-1(早島小学校の北隣)
 電話/ファックス 086・483・2358
※駐車場はトマト銀行の北側にあります。
※自転車で来る人は小学校正門前の土壁の前に止めてください。

○絵本タイム 1日(月曜日)14:00~14:30 8日・15日・22 日(月曜日)16:15~16:45 小学生対象  三冊ほどの絵本や紙芝居などを読んでいます。ゆったりと聞きに来ませんか。
★ピンポンをしよう 6日(土曜日)14:00~15:00 どなたでも 喜屋武 昭江氏の指導で、楽しくピンポンを練習しましょう。自分のラケットやシューズがある人は持って来てください。初めてラケットを持つ人も参加できます。
○避難訓練(火災) 12日(金曜日)14:00~14:15 全員参加  全員参加で火災の避難訓練をします。雨天の場合は延期です。
★オセロ大会 13日(土曜日)14:00~15:00 どなたでも  オセロの好きな人、トーナメントで対戦しましょう。ルールのわかる人ならどなたも参加できます。14:00からくじで対戦相手を決めますので、遅れないように来てください。
○ふれあいサロン 19日(金曜日)10:30~12:00  乳幼児親子  児童館で子どもを遊ばせながら、お母さんたちもおしゃべりを楽しみましょう。10:30から約1時間、役場の保健師が来ます。子育ての悩みなど気軽に話してみませんか。
○おやこひろば「こいのぼりを作ろう」 26日(金曜日)
10:00~11:00 乳幼児親子  親子でわらべうたやふれあい遊び、絵本、こいのぼりの製作などを楽しみましょう。絵の具やペンを使いますので汚れても良い服装で参加してください。

★…要申し込み(就学前の幼児は保護者同伴)

かんだ子育て支援センター
あそびのひろば

〒701-0304
都窪郡早島町早島4849-1
かんだ保育園内 086・480・0580
k-shien@kurukuru.or.jp
利用時間 10:00~16:00
開園日 月~土曜日
(ただし、休日・祝日・年末年始は除きます)
*上記以外でも園行事の関係でお休みになることがあります。詳細については気軽に問い合わせてください。

8日(月曜日) 11:00~ 親子でふれあいあそび
11日(木曜日) 10:00~定員8組 要申込 にこにこ赤ちゃん1回目
15日(月曜日)~26日(金曜日) 10:00~ 作ってあそぼう親子で簡単なこいのぼりを作ろう
16日(火曜日) 10:30~ 公園であそぼう  in ぞうさん公園
22日(月曜日) 11:00~ おはなしなあに&わらべうた
23日(火曜日) 13:30~ 赤ちゃんサロン 対象:1歳半までの親子
25日(木曜日) 10:00~定員8組 要申込 にこにこ赤ちゃん2回目

★にこにこ赤ちゃん〈2回で1つのコースです〉
 日時 11日(木曜日)、25日(木曜日) 10:00~
 対象 1歳までの赤ちゃん(8組:要申込)
 資料代 200円
 場所 早島町地域福祉センター(2F プレイルーム)

 ハイハイのひみつや絵本のことなどについて一緒に考 えてみませんか?カフェタイムもあるよ!
おしゃべりしながら子育て仲間をつくりましょう
★一時保育(要事前登録)

 お子さんのお世話ができない時、一時的にお預かりします。
 早島保育園 直通電話(電話086・486・1231)
 かんだ保育園 直通電話(電話086・480・1489)
詳しくは各保育園にお問合せください。

 

 

早島町シルバー人材センターだより

◇4月7日(日曜日)開催予定の 「さくらまつり」に出店します。
◇新規会員募集中
 保育士の資格をお持ちの人
 高齢世帯等の家事支援事業(町内の高齢の方を対象に家事のお手伝い)
 剪定・草刈・草取作業、屋内外の軽作業
 派遣作業で鉄工所(切粉の運搬など)、樹脂加工の事業所(原材料投入など)
◇今月の入会説明会
日時 4月10日(水曜日) 13時30分~14時30分
場所 早島町シルバー人材センター 事務所(早島町早島1291-7)
問 公益社団法人早島町シルバー
  人材センター
  (電話086・480・0335)
  (ファックス086・480・0337)
  E-mail hayashima@sjc.ne.jp


リトルプレイスはやしま4月のイベント案内

第5回映画観賞会 『happy ~しあわせを探すあなたへ』
日時 4月8日(月曜日)20日(土曜日)25日(木曜日)10時~12時
チケット 予約1000円 当日1300円
 今回の上映作品は数々の国際映画賞を受賞し、全米の著名メディアで話題となっている映画です。あなたを幸せにする映画かもしれません。一緒に鑑賞しませんか。
第6回読書会 今月のスペシャルゲスト:Happyリーディングカウンセラー 森 智恵先生
日時 4月20日(土曜日)13時~16時 
持物 自己紹介代わりの本
 お互いの本を紹介しながら様々なお話を楽しみましょう。手相 人相 姓名判断 星のタロットカードで、わくわくHappyになれる楽しいリーディングも体験可能です。
はやしmamaルシェ@リトルプレイスはやしま Vol.7
日時 4月27日(土曜日)10時~12時
料金 無料(ワークショップは材料費が必要)
 親子で楽しめるはやしmamaルシェ!今回はワークショップに多肉植物で作るパフェが登場♪4月から開設予定の親子deリトミックの体験コーナーや大人気のパネルシアター、絵本の読み聞かせも。お菓子のつかみ取りもお楽しみに!

問 リトルプレイスはやしま
 (電話080・9795・1140)


自衛官募集のお知らせ

 2019年度採用の「予備自衛官補」及び「陸・海・空 一般幹部候補生」、「一般曹候補生」を募集しています。
■予備自衛官補(一般公募)
 受付期間 4月12日(金曜日)まで
 試験日 4月20日(土曜日)・21日(日曜日)
■一般幹部候補生(陸・海・空)
 受付期間 5月1日(水曜日)まで
 試験日 5月11日(土曜日)・12日(日曜日)
■一般曹候補生(陸・海・空)
 受付期間 5月15日(水曜日)まで
 一次試験日 5月25日(土曜日)
 二次試験日 6月26日(水曜日)から7月1日(月曜日)までの間
詳しくはお問い合わせください。
問 自衛隊倉敷地域事務所(倉敷市 昭和2-1-3 コスモビル3F)
 (電話086・422・7358)
 http://www.mod.go.jp/pco/okayama/


求職者支援訓練
(5~6月開講コース)受講者募集のご案内

 求職者支援訓練とは、雇用保険を受給できない求職者の人などを対象に、全国の民間教育訓練期間が実施する「就職」を目的とした公的な職業訓練です。
 今回、5~6月に開講するコースの受講者を順次、募集しています。
【募集科】基礎コース・実践コース
 (介護福祉、医療事務、事務分野等)
※開講日、訓練期間(2~6か月)等は各コースによって異なります。
【受講料】原則無料
 (テキスト代などは自己負担)
※一定の要件(収入・資産等)を満たす人に対しては、「職業訓練受講給付金(月10万円+交通費(所定の額))」が支給されるケースがあります。(所定の手続きが必要となります。)

問 ハローワーク倉敷中央
  (電話086・424・3333)


協会けんぽからのお知らせ
健康保険料率および介護保険料率が引き上げとなります

 協会けんぽは、中小企業等で働く従業員とその家族の皆さんが加入する健康保険です。
 平成31年3月分(4月納付分)からの健康保険料率は、10.15%を10.22%へ、介護保険料率は、1.57%を1.73%へ引上げとなります。(任意継続被保険者の人は平成31年4月分から変更)
 協会けんぽの保険料率については、毎事業年度において、都道府県ごとに地域の医療費を反映し算定しています。

問 協会けんぽ岡山支部  (電話086・803・5780)
  協会けんぽ岡山 検索

問 独立行政法人国立病院機構南岡山医療センター
(緯086・482・1121)

 

 

正派若柳流 若柳会
若柳紫穂利舞踊会

日時 4月21日(日曜日)開場10時30分開演11時
演目 一部古典舞踊子どもたちも踊ります
二部 若竹会による新舞踊
会場 ゆるびの舎(入場無料)
主催 若竹会、早島日本舞踊子供教室
後援 倉敷市
協賛 倉敷市文化連盟
共催 早島町教育委員会

問 若柳 紫穂利
(電話086・463・1550)


映画「かみいさん!」上映会atゆるびの舎

2018年製作・公開の日本映画。倉敷市児島を舞台に、美容師を志す男子高校生を通じて仕事の大切さを学びながら成長していく姿を描く青春映画です。早島町の子どもたちに「仕事への関心」「働く事の意味」「生きる事の大切さ」を学んでもらう機会を設けたいと上映会を開催します。上映会終了後には、出演女優の星光子さんと桑田浩一監督を迎えてトークセッションも開催します。

時5月6日(月・祝)
会場 ゆるびの舎
開場 9時30から 上演10時から
トークセッション 11時から
料金 1,000円(前売り)、1,300円(当日)
チケット ゆるびの舎
(電話086・482・4800)
※高校生以下を対象に無料招待チケット50枚あり

問 はやしまブランディングプロジェクト
(電話080・9795・1140)


はやしまふれあい講座

主催 町民活動支援センター
運営 NPO法人ふれあいネットはやしま

4月の講座ウォーキング
自治会訪問シリーズ・下野自治会
事業所見学・さん太しんぶん館
●日時 4月12日(金曜日)8:30~12:00 雨天決行
●集合場所 中央公民館
●講師 観光ボランティア・事業所担当者
●参加費 無料
●定員 40名
動きやすい服装・靴で参加してください。
●申込締切 4月10日(水曜日)まで
●申込方法
中央公民館1階「町民活動支援センター」または、ゆるびの舎1階ロビーに申込用紙と応募箱があります。記載の上、投函ください。

問 町民活動支援センター
(中央公民館内 電話086・482・3771)
NPO法人ふれあいネットはやしま・渡辺
(電話090・4145・2374)
 

第23回早島町民グラウンド・ゴルフ大会のご案内
 
グラウンド・ゴルフ愛好者の皆さん、楽しく親睦交流を深め、健康増進を図りませんか?多数の参加をお待ちしています。
日時 5月20日(月曜日)
※雨天の場合は5月27日(月曜日)
場所 早島町南グランド(早島町役場東)
資格 早島町在住者、町内企業従事者
1グループ(午前の部) 8時30分集合 9時スタート
2グループ(午後の部) 13時集合 13時30分スタート
※午前、午後の部は申込時の抽選で決めます。
ルール
日本グラウンド・ゴルフ協会ルール及びローカル・ルールを適用
詳細は、参加者に資料配布、開催時周知
A、B 2コース設定、A・Bで2ゲームプレーする。
4ゲーム32ホールプレーとする。
組み合わせは実行委員会大会開催担当で決定する
参加費 500円
申込 早島町中央公民館 町民活動支援センター
受付日時 4月26日(金曜日)9時~12時厳守
その他 大会参加による事故等による傷害は各人で処理をお願いします。なお、団体傷害保険には主催団体で加入します。
主催 早島町グラウンド・ゴルフ実行委員会
後援 早島町・早島町教育委員会・町民活動支援センター

問 実行委員会 加戸(電話090・8242・4172)
 

 

 

春まるごとフェスタin早島おまつり広場
出店者募集!

5月12日(日曜日)に早島町役場西駐車場で行われる「春まるごとフェスタin早島 おまつり広場」への出店者を募集しています。
応募資格は町内のグループ、または商店の人。
申込締切 4月12日(金曜日)
問・申 町民活動支援センター(駒井) 電話090・4144・5070
 

囲碁クラブ例会報告( 2月24日 20人参加)
 
【成績順位】
1.中村 行雄 六段 四勝
2.片山 智之 四段 四勝
3.加藤 雅巨 三段 四勝
▽三勝者 野口 義太 初段 ほか4人
*定例会は毎月第4日曜日開催
*次回は、4月28日(第4日曜日)9:00~
*場所 中央公民館 会費 600円
どうぞご参加ください。
 
いかしの舎4月
講座・イベント情報のお知らせ
問・申 いかしの舎(電話086・483・1243)
 
●うたごえ喫茶
4月11日(木曜日)13:15~14:45
4月23日(火曜日)10:00~11:30
参加費 1,500円 ※1ドリンク、お菓子付
会 場 母屋2階
●ヨガ教室
火・金 14:00~
水・木 11:00~・14:00~
土 11:00~
初回  500円 女性限定
講師  アサコ (全米ヨガアライアンスRYT200認定講師)
会場 長屋門
●お琴教室
第2第4金曜日  10:00~12:00
詳しくはいかしの舎迄お問い合わせください。
 

消費生活相談窓口からのお知らせ
 
無視してください!!あなたの携帯電話番号が記載された架空請求が増えています!!

【事例】
「重要」と書かれた封書で『訴訟最終告知のお知らせ』という書面が届いた。書面には氏名、携帯電話番号の記載があり、「貴方の携帯電話で利用されていた、契約会社ないし運営会社側から契約不履行による民事訴訟として、身辺調査の開始、訴状の提出がされましたことを通知します」と書かれており、差出人には身に覚えがない。架空請求だろうか。

【アドバイス】
こうした相談が全国の消費生活センターに寄せられています。訴訟や差し押さえ等があると消費者の不安をあおり、「裁判取り下げなどのご相談」に関しては、問い合わせ先へ連絡するように誘導してきます。(問い合わせ先は、裁判所や法務省、消費生活センター等の名称を不正に使用しています。)こうした封書が届いても絶対に連絡を取らないようにしてください。
また正式な裁判手続では、訴状は、「特別送達」と記載された、裁判所の名前入りの封書で郵便職員が直接手渡すことが原則になっており、郵便受けに投げ込まれることはありません。

困ったときはひとりで悩まずお気軽にご相談ください。
消費者ホットライン188(イヤヤ)
問 まちづくり企画課
(電話086・482・0612)
 

 

 

心映るの投句
俳句・短歌

第514回早島俳壇定例句会作品 石井宏幸 選
大寒の 激浪群れて 居るばかり 石井 淳也
波は立つ。群れるとは言わない。しかし群れると言って波の一つひとつに命を与え、その激しさがあたかも意志を持ったように犇めく迫力を表現した。折しも大寒。目前の水面の凄まじさは止むことがない。

一本の 土筆に空の 広ごりぬ 郷原 和美
土筆がやっと一本だけ生えた。土筆が小さいために、その上に広がる空はただの空ではなく、小さい土筆が伸びる、限りない広さの大空になったのだ。土筆を見つけた喜びも春の空にぐんと広がる。

枯菊の 茎はさ緑 香りくる おおさき 弘子
哀れな枯菊となっても香は残る。焚いてその香に一年の丹精を惜しむこともあるほど。作者が手にしたその茎にまだ淡い緑が残っていることを見出したとたんに、残る命を、香りを強く感じたのだ。視覚の嗅覚への転換が見事。


立春の 光溶け込む 水となる 石井美由紀
春の猫 町内会を つくる気か 谷水 勝利
立春と 書いてある風 吹いて来る 青葉 恵子
寒星の ふたつ並びて 何語らふ 中村 清子
紅梅や 底抜けと言ふ 空のあり 坪井 信幸
朝戸操る 梅に広ごる 空青く 筑後 道明
漆黒の 烏城が影し 冬日向 佐々木正俊
節分や 孫に追はれて 爺は鬼 佐藤 寛

下天どの 樹冠も冬芽 天守台 石井 宏幸
春を待つ どれも欠かせぬ 祝ひ事 坪井日出夫

▽坪井日出夫特選三句
マスクして 四角貼り付く 無表情 石井 宏幸
歳時記の 手擦れ未だし 春隣 中村 清子
せせらぎの 光のしらべ 春の霜 郷原 和美
 
*毎月第2日曜日13時30分から中央公民館で句会を行っています。
*俳句は五・七・五であること、季語が入っていることが約束です。
*どなたでも十句を用意してご参加ください。
*問い合わせ 坪井(電話086・483・2157)
筑後(電話086・482・2339)


早島短歌会1月詠草   濱田 棟人 選

(作者は、あいうえお順)
品物を 手にとり言葉 かはしをり 見知らぬ人と スーパーの中 岡本 稔子
山鯨 食べてみられえ 薬食ひの 代表格ぞ 低脂肪なる 川上 安代
年明けの 初詣にて いつも会ふ 家族連れと共に お参りをする 篠田 邦子
餅つきに 旭町まで孫娘を 連れて来たりぬ 積雪の中 鈴木 信子
小寒の 日差しの温し 紫の えひめあやめの 花が咲き初む 田中美代子
思ひがけぬ人からもらひし年賀状に 白百合の花が添へて貼られあり 溝手 和子
わが夫に認知症が来ぬ内に 謝りて欲しき事あれど教へず 安原 敏子
雲のない 空を見上げて 日向ぼこ 山茶花の花と いつしよに 安原 知子

▽選者 濱田 棟人 詠草
父母の 世代の人ら おほかたは 去りてこの世を あきつ群れ飛ぶ
 
*短歌会は中央公民館で毎月第3土曜日、14時から行っています。
*「一首から五首まで」お持ちくだされば、どなたでも参加できます。
*入会希望者は、ゆるびの舎または中央公民館にお申し込みください。
 

 

 

第22回早島町民グラウンド・ゴルフ大会(選手権大会)
林 敬一さん(大池) 平成最後のチャンピオンに

2月18日(月曜日)矢尾グラウンドゴルフ場で第22回町民グラウンド・ゴルフ大会(選手権大会)が開催されました。
開会式では加戸会長から、「平成時代最後の町民大会を3大会の上位者64名でプレーします。最高のコンディションの中、楽しく安全に思い出の大会にしてください」と挨拶があり、続いて中川真寿男町長から、「栄誉ある大会で各個人が輝くことを期待するとともに、コミュニティでの活動にいかしてください」と激励がありました。
参加者一同は熱戦を繰り広げ、林敬一さん(大池)が優勝に輝きました。閉会式では高橋潔副町長から、「健康で活動を続け、輝き続けることが大切。」との言葉があり、各種表彰が行われました。
4月からの新年度も生涯スポーツ活動の輪を広げ、元気な笑顔で大会に参加いただけることをお待ちしています。
 
記録・成績表 (敬称略)
1 位 林 敬一(大池)  76
2 位 船越くるみ(花町)  77
3 位 蜂谷 章夫(塩津)  78
4 位 野口 裕子(若宮)  80
5 位 佐藤 弘道(イトーピア) 80
高齢者表彰
男性 林 計治(矢尾・85歳)
女性 田辺 信子(金田・89歳)
ベストゲーム賞
男性 林 敬一(スコア:12)
女性 野口 裕子(スコア:11)
出場者 64名(男性37名・女性27名)
平均年齢 76歳(男性77歳・女性75歳)
 

倉敷交通安全協会
早島小学校・早島支援学校へ交通安全啓発品を寄贈
 
4月に小学校と中学校、早島支援学校へ入学する児童生徒の交通安全に活用してほしいと3月7日、倉敷交通安全協会早島支部圓山三太郎支部長から越宗倫生早島小学校長とたかはし章二早島支援学校長に、交通安全クリアファイルと夜光タスキが寄贈されました。
交通安全協会では、不幸な交通事故が1件でも少なくなるように願いを込めて毎年新一年生に交通安全啓発品を贈っています。
 

石川硝子工藝舎
城山学級3年生へマイコップをプレゼント

2月20日(水曜日)、城山学級に石川硝子工藝舎の石川夫妻が訪れ、卒会する3年生にガラスコップが贈られました。
石川さんは一人ひとりと話しをしながら、目の前で名前を彫りあげていきました。子どもたちは自分の名前が入ったガラスコップを手にして目を輝かせて大喜び。また、石川さんからガラス作りの話や紙芝居があり、工房に飾ってあるという「健康で無駄がなく真面目で威張らない」という大好きな言葉も教えていただきました。子どもたちはお話を真剣に聞き、最後にお礼の気持ちを込めて全員で「ありがとう」を合唱しました。子どもたちにとって、あたたかく素敵な思い出となりました。

 

 

アルペンスキーで全国大会へ!
全国中学校スキー大会出場・国体出場

1月9日わかさ氷ノ山スキー場で、岡山県中学校総合体育大会が開催され、鎌田温夢さん(天城中3年)が回転1位、大回転3位、鶴旨諒大さん(早島中2年)が大回転4位の成績をおさめ、2月4日から新潟で開催される第56回全国中学校スキー大会への出場を決めました。
また、1月18日大山スキー場で国体スキー岡山県選考会が開催され、鎌田楓加さんが女子成年Aにおいて1位の成績をおさめ、2月15日札幌での第74回国民体育大会冬季大会に出場が決まりました。
練習の成果が出せるよう頑張ってきます!


声高らかに歌う
第21回“ゆるび”コーラスフェスティバル

2月17日(日曜日)、コーラスフェスティバルがゆるびの舎・文化ホールで開催され、早島町とその近隣のコーラスグループ10団体迎えが一堂に会し、美しい歌声を披露しました。各コーラスグループはこのコーラスフェスティバルのために日々練習を重ね、年々レベルアップされた歌声とグループごとに違った個性的な演出で毎年観客を魅了しています。
21回目を迎えた今回は、全団体の演奏後、観客・出演者全員で「春が来た」「どこかで春が」「春の小川」を大合唱し、終演となりました。観客からは「元気をもらった」「素敵な演奏ばかりだった」などの感想が寄せられました。
 

親子で楽しみました
親子で楽しむ“ゆるび劇場2019”
 
2月24日(日曜日)、ゆるびの舎文化ホールで「倉敷市立短大 子どもの劇場」と「くらしき作陽大学ぱれっと」の公演が行われました。
出演の子どもの劇場・ぱれっと共に子どもを対象にした公演活動を多数行っている県内有数の学生劇団です。
公演では、最初に「ぱれっと」が歌遊びで子どもたちを楽しませた後、人形の動きと音楽だけの人形劇「おすわりくまちゃん」を表現豊かに演じました。
続いて「子どもの劇場」が、森にすむ虫達が力を合わせて悪い虫を退治して、友情を取り戻してゆく劇「クワドンがやってくる」を力強く演じました。
それぞれ、子どもにも分かりやすく、大人でも楽しめる内容に、来場者からは「子どもが見入っていた」「迫力ある演技に感極まった」などの感想が寄せられました。

 

 

4月の無料相談
 
行政相談  9日(火曜日) 13:00~14:00 オアシス早島 総務課 電話086・482・0611
心配ごと相談・児童相談  9日(火曜日) 13:00~14:00 オアシス早島 健康福祉課 電話086・482・2483
人権相談 10日(水曜日)  9:00~12:00 ゆるびの舎・2階集会室 町民課 電話086・482・2482
知的障がい者相談 10日(水曜日) 13:00~15:00 栴檀の家 健康福祉課 電話086・482・2483
保育相談 16日(火曜日) 10:00~10:30 ゆるびの舎・健康づくりセンター 健康福祉課 電話086・482・2483
夜間納税相談 17日(水曜日)・18日(木曜日) 17:30~20:00 町役場 税務課 電話086・482・2484
こころの健康相談(要予約) 24日(水曜日) 13:00~14:00 栴檀の家 健康福祉課 電話086・482・2483
教育相談 随時(平日)  8:30~17:00 ゆるびの舎 学校教育課 電話086・483・2211


さくらの季節がやってきました
早島公園夜桜ライトアップ
 
 今年も桜の開花期間に合わせて、桜の名所「早島公園」のライトアップを行います。

期間▼3月29日(金曜日)~4月14日(日曜日)
時間▼月~金曜日 19時~21時
   土・日曜日 19時~21時30分
場所▼早島公園(城山公園、国鉾公園)
※桜の開花状況により期間を変更する場合があります。また天候不良の場合には点灯しないことがあります。
お花見を楽しむ心得4ヵ条
気持ちよくお花見を楽しんでいただくために、次のことを守りましょう!
●路上駐車、飲酒運転をしない
●ゴミは必ず持ち帰る
●木の枝を折らない
●その他、他人に迷惑をかけない

問 まちづくり企画課
  (電話086・482・0612)

2019早島さくらまつり
日時▼4月7日(日曜日) 9時30分~14時
場所▼早島公園
 ステージイベントや屋台が盛りだくさんです。詳しくは折込チラシで!
 
 
広報はやしま 4月号
          平成31年4月1日発行  (通巻1937号)
■編集・発行 早島町役場まちづくり企画課
 〒701-0303 岡山県都窪郡早島町前潟360-1
■電話 086-482-0612 ■ファックス 086-482-3405
 
■E-mail  kikaku@town.hayashima.lg.jp
■URL http://www.town.hayashima.lg.jp

お問い合わせ先
早島町 まちづくり企画課
〒701-0303 岡山県都窪郡早島町前潟360-1
電話番号:086-482-0612

お問い合わせはこちらから

みなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか。
内容は分かりやすかったですか。
役に立ちましたか。

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。

広報はやしま音声読み上げページ

場面別で探す

  • 手続きナビゲーション
  • 妊娠・出産・子育て
  • 教育・文化
  • 就職・退職
  • 住まい・くらし
  • 結婚・離婚
  • 健康・医療
  • 高齢・介護
  • 障がい・福祉
  • おくやみ
  • その他