現在の位置

広報はやしま令和元年7月号

6月10日(月曜日)、小学校でプール開きが行われました。
おじゃましたのは3年生のプール開きです。真夏と違ってまだ少し水の冷たい6月ですが、みんなとっても楽しそう。
実はこのプール開きに向けて、5月の終わりに5年生と6年生が清掃を行っていました。いろいろな災害がある中で、今年も無事にプールが使えるのはありがたいこと、プールに入れることを感謝しましょう、そんな先生の言葉を受けて、ピカピカに磨きあげました。
今年の夏も透き通ったプールで元気な声が聞けそうです。


今月号の主な内容
P2~5 特集「高梁川嘉永洪水絵図を読む(下)」
P6~12 まちからのお知らせ
「花ござまつりにお越しください」
「8月4日町長選挙が行われます」ほか
P13~20 健康&福祉ガイド
「後期高齢者医療制度のご案内」ほか
P21~23 まちのイベントガイド
「備中はやしま夏まつり2019」ほか
P24~25 こどもガイド
P26~29 まちかど情報、投句
P30~31 まちのできごと

 

 

 

高梁川嘉永洪水絵図を読む(下)
~深き事滄海の如く、水亡難渋の人夥し、前代未聞の大変~
 
はじめに
前回は、東西2つに分かれ、氾濫を繰り返した高梁川が大正時代の大改修で、現在のような姿になったこと。そして今、小田川の付け替え工事が急ピッチで行われていることなど、高梁川の今昔について紹介しました。
今回は、過去に起きた高梁川の洪水の中で、早島に大きな被害を与えた嘉永3年(1850)の大洪水について詳しく見ていきたいと思います。

高梁川嘉永洪水絵図
嘉永3年の洪水については、様々な記録文書が残されていますが、今回ご紹介する「高梁川嘉永洪水絵図」(以下「洪水絵図」)は、被災した地域が俯瞰的に描かれ、被害や救助の様子などが詳しく記されたビジュアル的にも優れた第一級の資料です。
この「洪水絵図」は、当時の御崎宮(現鶴崎神社)の宮司太田崇喬(梅園)が、災害の恐ろしさを子孫に伝えようと、被災地を実際に見分して描いたものです。崇喬の描いた「洪水絵図」は、2つ残されていますが、今回取り上げるのは、帯高の豪農片山南分家に伝わったもので、故片山新助氏から早島町に寄贈された一枚です。

東高梁川安江・四十瀬の堤決壊
嘉永3年(1850)5月27日(今の暦に直すと7月6日にあたり、まさに昨年の西日本豪雨の日と重なります)、午前中から降り始めた雨は、翌28日の晩には大雨となり、6月1日の夕方、柿木村(旧清音村柿木)付近で高梁川の堤を押し破り、その後軽部村中島、古地村の堤も次々と破壊し、辺り一帯は大洪水となりました。さらに、支流小田川の堤も2か所で決壊、箭田村や有井村なども大きな被害を受けま
した。
翌2日には下流の酒津付近の堤や八カ郷用水の樋が危険になり、帯江や早島村にも加勢の要請が来るなど、緊張が一気に高まりました。
そして3日夜、ついに倉敷安江村の東高梁川の堤が50間余(約90m)にわたり決壊。続いて四十瀬村の堤も90間程(約160m)が押切れ、大量の土砂と水が村々を襲いました。安江村の元庄屋四郎右衛門の弟勇治は、堤が切れたその時の恐怖を次のように語っています。

「堤が切れ、逃げようとしたその瞬間、水が真っ逆さまに落ちて来た。思わず庭にあった柿木に取りついたが、水の勢いで根こそぎ引きはがされて、木と一緒に浮き沈みしながら沖村まで流され、傷だらけになってしまった。」

倉敷川小瀬戸・有城の堤決壊
こうして、東高梁川の堤を押し破った水は、倉敷の村々を呑み込んだ後、4日の朝には福島、羽島と倉敷川の小瀬戸、有城の2方面から帯江、早島の村々を襲い、4日夕方には妹尾村の西、汗入川まで迫りました。
先の片山家の東分家に残る日記には、その様子を「六月四日四つ頃、有城の堤や加須山の小瀬戸の堤が切れ、天城川の茶屋鼻三ツ角あたりから逆流した水が四間堀と六間川を越え、亀山村から早島、箕島村まで押寄せあたり一面海のようになった。水は、妹尾村の汗入川の堤で漸くせき止めた。興除新田の西畴や曽根も一面水に浸り、誠に前代未聞の大変事、一同大騒動となった」と、記しています。
また、近くに様子を見に行った五日市村の年寄光右衛門は、羽島村から水が左右一面白波となって水押し寄せてくるのを目撃、あっという間に足元まで水が来てあわてて逃げ帰ったと、後の記録に書いています。

未曾有の被害・早島古田・新田地域水没
それでは次に被害の様子を「洪水絵図」で見てみましょう。
まず安江村の決壊場所付近では、「六軒の家が流され、古庄屋の家の一部は児島郡の八浜まで流された」「この付近一帯、押流された土砂が三尺(0.9m・一尺は約30センチメートル)余も堆積した」と、大量の土砂が堆積したのが分かります。下流の八軒屋、粒浦、粒江などでは八尺余も浸水し、「綿は勿論稲株もなく哀れなる次第」となり、小瀬戸、有城辺りは6尺。帯江領の二日市、高沼村で5尺の浸水。早島周辺では、丘陵部を除く全域が水没し、金田、長津など古田部で6、7尺余り浸水、特にこの辺りは「風が吹いて水が替わらず、稲株もなく、特に大水亡の地である」とあり、古田部の被害が大きかったことが分かります。その他前潟村で6尺、久々原が5尺。沖新田村で6、7尺浸水しています。
また、現在の倉敷美観地区あたりも本町以外は残らず水没したとあります。さらに児島郡の興除新田にも水が落ち込み、東高梁川以東の旧児島湾北西部の新田地帯一円が水に沈むという、まさに前代未聞の大洪水だったことが分かります。
眼前に広がる往古の「吉備の穴海」のような光景に人々は、愕然としたのではないでしょうか。

人は勿論、牛馬まで残らず御救い
この未曾有の洪水に早島の役所ではいち早く数十艘の舟を用意、人はもちろん牛馬に至るまで救助し、城山や国鉾などの丘陵地に避難させました。「洪水絵図」にはこうした救助の舟や食料の米俵を運ぶ舟などが細かく描かれ、役所の対応を筆者の崇喬は「御仁政の至り也」と評しています。
また、別の記録には、帯高の片山本家に大勢の人々が避難してきたことや、片山家では宮山に避難した人々に度々米や薪を送り、粥の炊き出しを行うなどの救援活動を行ったことが記されています。

小瀬戸堤の修復
通常大きな洪水が起きると、上流の村から順番に堤を切り下流の村へ水を落とすのが慣例でした。早島でも洪水の時には、村次に堤を切り、最後に沖新田村の堤を切って、児島湾の干潟に水を落としてきました。
ところが当時、その干潟は干拓され備前領の興除新田となっていたため、事は簡単ではありませんでした。東高梁川から倉敷川の間には幕府領(天領)や備前領の村々があり、倉敷川の東は帯江や早島の旗本領、そしてその東南の興除は備前領と、早島や帯江は東と南を幕府領や備前藩の村々に囲まれたようになり、問題は複雑でした。
この時も早島・帯江の村々は慣例どおり沖新田の堤を切って、興除に水を落とそうとしたのですが、開発間もない興除では、それは困ると役人が大勢出て作業を妨害しました。それではと、水が流れ込む小瀬戸の堤を修復しようとすると、今度は倉敷代官所から高梁川の堤の修復がまだなので少し待てとの指示。小瀬戸も修復させず、興除との境堤も切らせないとは、あまりに理不尽勝手な申し分であると代官所に抗議すると、「もっともな申し分である」と代官は直接備前の郡奉行に掛合い、「このような大洪水に、水下の新開地が水を受けなくてどうする、特に興除は幕府の替地になった場所。古地の排水の妨げに成らぬよう取り計らうのが道理である。たって不承知というならば、替地を差戻す。ぜひとも切払うべし」と命令、その結果沖新田と興除の境堤は切放され、小瀬戸の修復も延期になりました。
この沖新田と興除の境の堤の切放しには、もう少し余談があります。興除方は、沖新田との境堤を切る代わりに、興除新田の受けた水を落とすために干潟との境堤の切放しを早島に要求しました。「洪水絵図」によると、「この堤(興除と干潟の境堤)を切る替わりに沖新田の堤を切ってやると、備前の小役人たちは、早島の村人を朝から夜まで五百人ほど飲食もさせず、遣い立て干潟の堤を切らせた。しかし、沖新田の境堤は少し切っただけだった。この備前の人面獣心の所業は心外の至り」と、備前への怒りをあらわにしています。

再び大雨、小瀬戸は一触即発
こうした堤の切放しをめぐる村々の対立もありましたが、6月11日には、水もしだいに引き、決壊した東高梁川や小瀬戸の堤の仮復旧も始まりました。
そして、18日にはほぼ工事も終え、一同ひと安心していたところ、20日の晩からの大雨で21日、東高梁川の仮復旧場所がふたたび決壊、粒浦から天城まで倉敷一円が再び水浸しになってしまいました。
そこで、倉敷代官所は22日、帯江の役人に修復した小瀬戸の堤を切り下げ、水を帯江、早島へ落すように申し入れました。帯江役所では、興除新田との境堤の切放ちが確認出来れば、堤を切下げると回答しましたが、切放しの知らせを受けた後もあれこれ理由をつけて引き延ばしをはかりました。
それに業を煮やした備前や幕府領の者たちは、実力で堤を切ろうと舟で大勢小瀬戸へ押寄せ、帯江や早島の者たちも「他所の者がたとえ数万人やって来ても、苦しからず」と、竹やりや石俵を用意して小瀬戸の山で今や遅しと待ち構えました。
一方、知らせを受けた備前藩では、郡目付金光清右衛門が急ぎ百余名の手勢を連れて出立、郡奉行の福田甚左衛門も3、40人を引き連れ、松島村まで出陣し、その様は「誠に合戦の勢い」であったといいます。まさに小瀬戸は一触即発の危機を迎えました。
こうした事態に帯江役所では急ぎ堤を切放ち、幸い水も引き始めたため村人たちも退散したので、その場は事なきを得ました。
「洪水絵図」は、この様子を次のように述べています。

「倉敷の百姓たちは灘を切り帯江・早島へ水を流そうと役人ともども舟でやって来た。帯江ではよくこれを防ぎ、早島からも大勢出てこれを防いだ。備前の役人は恥知らずにも前潟や沖新田の水難を顧みず、灘を切るとは言語道断である」

と、倉敷や備前の仕打ちを非難しています。
その後、6月26日、ようやく高梁川の堤の仮復旧が終わり、水も7月1日には完全に引き、いよいよ村の復興が始まりました。

この洪水で早島がどのような被害を蒙ったのか具体的な数字は分かりませんが、備前藩の郡奉行が藩に提出した報告書には、被害を受けた田畑が1046町余り、水に浸かった家屋は2166軒、その被害額は高1万4113石余りであったといいます。当時の米価や金銀の為替レートから換算すると約2万170両余りになります。これは、備前領だけの損害ですから、これに天領や早島など旗本領の村々の損害を加えると、いかに大きな損失であったかが想像できます。

今から約170年前、早島を含め児島湾北西部の新田地帯を襲った高梁川の洪水。もちろん、大正時代に大改修された今の堤防が破れるということは考えにくいかも知れませんが、相手は自然。何が起こるか分かりません。
「前代未聞の大変、天災恐るべしとの想いを図に致し子孫に与えん」という「洪水絵図」に託された思いを、私たちはしっかりと受け止め、まさかの時に備えるとともに、自然への畏怖の念をいつまでも失ってはならないのではないでしょうか。
今月は、あの西日本豪雨から、ちょうど一年です。

※今回ご紹介した「高梁川嘉永洪水絵図」は畳一畳ほどある大きな絵図で、戸川家記念館に常設展示しています。本物をぜひ御覧ください。


参考文献
高梁川嘉永洪水絵図
早島の歴史1 通史編上
倉敷市史5冊 天災地変
帯江村史
倉敷雑記「高梁川嘉永の洪水」
佐藤宣明家文書「家事日記」
岡大池田家文庫

 

 

 

初夏の恒例行事、花ござまつりが今年も開催されます。昨年豪雨で中止となった分も、27回目となる今年、元気いっぱい開催します。県南のメーカーや問屋を多数迎え、特別価格での畳表替えや、国産の花ござやい草小物など、多彩な「い草製品」が集結します。い草にまつわる楽しい体験も盛りだくさん。い草文化の根付く早島ならではの初夏のおまつりにぜひお越しください。
 
早島・倉敷花ござまつりにお越しください
 
7月6日 9:00~17:00
7月7日 9:00~16:00
会場 早島町役場西特設会場
(早島町役場西駐車場、早島町中央公民館等)
(2日間)※雨天決行
荒天の場合は中止する場合があります。

問 岡山特産花ござまつり実行委員会事務局
(早島町まちづくり企画課)電話086・482・0612

オープニング
倉敷商業高校書道部による書道パフォーマンス!
7月6日(土曜日)9:20 ~

 

夏に向かって、い草製品が欲しい!

・地元メーカーや問屋がイベント特別価格で大直売!
花ござ、上敷き、その他高品質のい草製品が格安です。
・畳表消費拡大キャンペーン!
花ござまつりの特別価格を機に表替えしてみては?
・お楽しみ抽選会も
い草製品3,000円以上の購入で、抽選券がもらえます。

見る!遊ぶ!学ぶ!

・花ござピンポン(卓球)
早島で誕生し、昨年は初の世界大会が開かれた今熱い競技「花ござピンポン」!花ござまつりでは気軽に花ござピンポンの体験ができます!
ゴザの凹凸で跳ね返りは予測不能?!新スポーツの体験をぜひ。
・花ござ手織実演&ミニ織機体験
昭和の手織り織機が今も心地よい音を響かせる花ござ手織り伝承館。時代を超えて受け継がれた伝統の技を見学してみよう!ミニ織機での手織体験もできます。
・畳製作実演&ミニ畳製作体験
畳製作の実演とミニ畳のワークショップ。好きな畳縁を選んで自分だけのオリジナルミニ畳を作ってみては?
・い草の小物づくり体験
うちわやコースターなどのい草を使った小物づくりができます。小さな子どもさんでも楽しめる体験コーナーです。
・歴史民俗資料館見学
い草の歴史を展示した早島ならではの資料館。花ござまつり期間中は観光ボランティアガイドから詳しい解説が受けられます。い草の歴史を学んでみませんか?
・早中美術部い草アート作品展
早中美術部の皆さんが花ござまつりのために、い草をテーマにした作品を作ってくれました。会場を彩るい草アート作品にもご注目!
・昔あそびコーナー
公民館2階和室では百人一首やかるた、将棋などの昔あそびコーナーを設けています。昔あそびととも
に畳の良さを再認識できるのでは?
・赤ちゃんハイハイ大会
on the 畳  7日10時~
1歳未満の歩き出す前の赤ちゃんによる畳上のハイハイレース!
見ているだけで楽しくなるレースに熱い応援を!

食べる!

・商工会など地元の業者によるグルメテントが多数!
産直野菜の販売もあります。
お食事は畳敷きの休憩室でどうぞ。
※イベント開催時は利用できない時間帯があります。

 

 

 

7月21日(日曜日)
参議院議員通常選挙
◇投票
投票日 7月21日(日曜日)
投票時間 7時~20時
投票場所 早島小学校体育館
◇開票
開始日時 7月21日(日曜日)20時45分
開票場所 早島町中央公民館多目的室
◇期日前投票
期間 7月5日(金曜日)~7月20日(土曜日)
時間 8時30分~20時
場所 早島町役場 2階


8月4日(日曜日)
早島町長選挙
◇投票
投票日 8月4日(日曜日)
投票時間 7時~20時
投票場所 早島小学校体育館
◇開票
開始日時 8月4日(日曜日)20時45分
開票場所 早島町中央公民館多目的室
◇期日前投票
期間 7月31日(水曜日)~8月3日(土曜日)
時間 8時30分~20時
場所 早島町役場 2階

問 早島町選挙管理委員会事務局(電話086・482・0611)
〒701-0303 都窪郡早島町前潟360-1


平成30年度における情報公開制度・個人情報保護制度・審議会等の会議公開制度の運用状況をお知らせします

■個人情報保護制度運用状況
平成30年度末現在、実施機関が届け出た個人情報を取り扱う事務は次のとおりです。なお、自己情報の開示請求は4件でした。

実施機関名 届出件数
町長 330
教育委員会 104
選挙管理委員会 12
監査委員 3
固定資産評価審査委員会 2
議会 10
農業委員会 7
計 468

■審議会等の会議公開制度運用状況
審議会等の会議の公開状況は次のとおりです。

公開した審議会等の名称 会議の開催回数 傍聴者数
国民健康保険運営協議会 2回 0人
地域支え合い協議体会議 6回 0人
包括ケア懇話会 3回 0人
地域包括支援センター運営協議会 1回 0人
上下水道料金等審議会 3回 0人
子ども・子育て会議 1回 0人

問 総務課(電話086・482・0611)


人権相談

お困りごとはありませんか?差別・体罰・虐待・いじめ・DV・セクハラ・プライバシー侵害・誹謗・中傷・家族関係・近隣関係・不法行為など
 
日時 7月10日(水曜日)9時~12時

場所 町民総合会館(ゆるびの舎)
2階集会室
担当者 早島町人権擁護委員
田中 良
尾崎 照美
問 町民課 (電話086・482・2482)

 

 

 

いかしの舎駐車場について(お願い)
 
今までご利用いただいていた「いかしの舎駐車場」につきましては、令和元年6月30日をもってご利用できなくなりました。
ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力の程、よろしくお願いします。なお、7月1日からは、「ゆるびの舎駐車場」をご利用ください。
これからも「いかしの舎」のご利用をよろしくお願いします。
問 生涯学習課
(電話086・482・1511)
 

はやしまナビをご利用ください
 
スマホ向けの便利な無料アプリ「はやしまナビ」をご存じですか?
早島町の生活情報アプリで、防災、防犯、子育て情報、ゴミ収集日などの生活密着情報をプッシュ通知でお届けします。興味のある分野を選んで受信ができます。
そのほか、町施設マップや施設までのナビなどの便利機能もあります。ぜひご利用ください。
問 まちづくり企画課
(電話086・482・0612)

 
公衆無線LANサービスをご利用ください

早島町では、ゆるびの舎や中央公民館など主な公共施設の公衆無線LANを、昨年度リニューアルをしました。災害時の屋内避難場所となる主な施設に整備していますが、平常時にもご利用いただけます。
 
利用可能施設
早島町役場
ゆるびの舎
いかしの舎
中央公民館
さつき荘
いぶき荘
西コミュニティセンター
観光センター
地域福祉センター(オアシス早島)
早島幼稚園
早島小学校体育館
早島中学校体育館
県立早島支援学校体育館
※一部の施設は教育施設のため、平常時は一般利用できません。
 
利用可能時間
施設が開館している時間内で、1日あたり8回かける最大30分
利用について
ご利用は無料です。利用にあたっては、メールアドレスまたはSNSアカウントが必要です。詳しくは町ウェブサイト等から利用案内をご覧ください。

問 まちづくり企画課
(電話086・482・1511)
 

入札結果の公表 4月分
 
【建設農林課】
■町道1号線道路法面復旧工事(その2)
工事場所 早島地内
請負業者 株式会社ふうりん
契約金額 2,398,680円
落札率 84.8%
工期 契約日から
令和元年6月14日
概要 掘削工、盛土工、
植生工他

■弁才天地内水路護岸修繕工事
工事場所 早島地内
請負業者 東洋建設工業株式会社
契約金額 3,453,840円
落札率 86.0%
工期 契約日から
令和元年6月28日
概要 嵩上げコンクリート工、暗渠排水管工他

問 総務課
(電話086・482・0611)
 

 

 

 

地球温暖化計画を改訂しました

早島町では、平成29年度に第4次早島町地球温暖化対策実行計画を立て、防犯灯のLED化など温室効果ガス排出量の削減に取り組んでいます。
しかし、国が地球温暖化対策計画において、温室効果ガスを2030年度に2013年度比で26%削減するという目標を掲げました。この、目標を達成するため町の事務事業「業務その他部門」のエネルギー起源二酸化炭素の排出量は、基準年度比で約40%の削減が必要とされ、より高い目標を設定するため、平成30年度に見直しを行いました。
目標達成に向けた具体的な取り組みとして、施設への省エネルギー設備導入などに取り組んでいきます。

主な改正点
項目 第4次実行計画 第4次実行計画改訂版
対象施設 65施設(無人施設を含めた本町所有の施設整備、公用車) 67施設(65施設に町営住宅共有部分、街路灯を追加)
基準年度 平成28年度 平成25年度
計画期間 平成30~令和4年度 令和元~令和5年度
目標 令和4年度エネルギー起源二酸化炭素を基準年度比10%削減 令和12年度エネルギー起源二酸化炭素を基準年度比40%削減

【平成30年度の温室効果ガス排出量】
平成30年度の温室効果ガス総排出量は二酸化炭素換算で1,750トンで、29年度と比較して94トンの減となりました。
今後も職員の省エネ行動の推進や設備を省エネタイプに更新するなど今後も引き続き電気、ガスなどの使用量の削減に努めていきます。

主な施設別内訳
二酸化炭素排出量(t-CO2)
年度   30年度   29年度     比較
庁舎 303.65 308.39 マイナス4.74
町民総合会館 394.33 434.37 マイナス40.04
早島小学校 187.96 183.67 プラス4.29
早島中学校 162.32 162.71 マイナス0.39
地域福祉センター 166.50 172.15 マイナス5.65

地球温暖化対策のためのCOOLクール
CHOICEチョイス(=賢い選択)

早島町は「COOL CHOICE」に賛同し、地球温暖化対策を推進しています。
クールチョイスとは、2030年度に温室効果ガスの排出量を、2013年度比で26%削減するという目標を達成するため、省エネや低炭素型の製品への買替、サービスの利用や行動など、地球温暖化対策のために賢い選択をしていこうという国民運動のことです。マイバックの活用や公共交通機関の利用、エアコンの適温調整や緑のカーテンの設置など身近なことからできる様々な取り組みがあります。
一人ひとりが暮らしを見つめ直し、地球に優しいクールチョイスを始めませんか。
 
問 町民課
(電話086・482・0613)
 
 
申請はお済みでしょうか?
子ども災害見舞金を支給しています
 
平成30年7月豪雨以降に岡山県の区域内で発生した災害により、住家が全壊、大規模半壊、半壊、床上浸水のいずれかの被害を受けた子ども(被災日を基準として、18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者)を養育している人に、岡山県より見舞金が支給されます。
支給額 子ども一人あたり2万円
申請期限 被災日から1年間(平成30年7月豪雨災害分は令和元年10月末まで)
申請方法 岡山県保健福祉部子ども家庭課「子ども災害見舞金」係にお問い合わせのうえ、申請してください。

問 岡山県保健福祉部子ども家庭課(電話086・226・7874)

 

 

 

早島町ふれあい農園利用者募集
 
早島町ふれあい農園は、町内で野菜や花などの栽培を通じて、のびのびと自然に親しんでもらうため平成12年4月に開園し、多くの人に利用されています。申込方法は、次のとおりです。

応募資格
1.町内在住者、町内勤務者で家族を含め農業者ではない人
2.町内在住者、町内勤務者で構成されたグループ、事業所等
貸付区画 1世帯又は1団体につき1区画(募集数に達しない場合は複数可能)
空き区画 16区画
(令和元年6月1日現在)
利用金額(年額)
・30平方メートル未満=4,700円
・40平方メートル未満=5,500円
・40平方メートル以上=6,300円
・プランター農園=2,400円
利用期間 契約の日から令和3年3月31日まで
申込方法 建設農林課に備え付けの利用申込書に必要事項を記入のうえ、建設農林課に提出してください。(他人名義では申込みできません)
申込期間 随時(祝日を除く月曜日~金曜日の8時30分~17時15分)
利用決定 先着順
留意事項 定められた事項を守らなかったり、農園の放置、営利栽培や過剰農薬の使用など、他人や農園等に迷惑を及ぼすときは、利用を取り消す場合があります。詳細は建設農林課に備え付けの募集のしおりに掲載しています。

問 建設農林課
(電話086・482・0614)
 
 
警戒レベルを用いた避難情報の発令について
 
内閣府は、平成30年7月豪雨を教訓に、大雨や土砂災害時に市町村が発令する避難情報などを警戒レベルに応じて5段階に分け、住民に分かりやすく発信することを盛り込んだ「避難勧告等に関するガイドライン」を改訂しました。
各レベルに対応する住民の行動と防災気象情報を明確にしたことで、的確な避難行動につなげることが目的です。
気象庁の発表する気象情報に普段から注意し、市町村が発表する避難情報に従って迅速に行動しましょう。

問 総務課(電話086・482・0611)
 
警戒レベル 行動を促す情報     住民の取るべき行動
警戒レベル5    ・災害発生情報     命を守る最善の行動
警戒レベル4    ・避難勧告
             ・避難指示(緊急) 速やかに全員避難
警戒レベル3    ・避難準備・高齢者等避難開始            
           高齢者等は避難、その他の人は準備
警戒レベル2   ・注意報(気象庁) 避難場所等の再確認等
警戒レベル1    ・警報級の可能性(気象庁) 災害への心構えを高める


消費相談窓口からのお知らせ
室内でも熱中症予防を心がけましょう

7月~8月は最も熱中症になりやすい時期です。熱中症は、高温多湿な状況下で体温の調節機能の乱れや体内の水分や塩分のバランスの崩れからおこり、死に至る可能性もあります。
【事例】
家族が昼過ぎに帰宅すると、室内の冷房が止まっており、高齢の母親がベッドの上でけいれんし、意識がなかったため救急車を呼んだ。
【アドバイス】
1.エアコンを上手に活用しましょう。
高齢者は室内で熱中症になるケースが目立ちます。エアコンや扇風機を上手に使用して高温多湿にならないよう注意しましょう。
2.時間を決めて、こまめに水分補給しましょう。
高齢者は暑さやのどの渇きを感じにくくなっています。のどが渇いてから水分を取るのではなく、あらかじめ時間を決めるなど意識的に水分を取るようにしましょう。
※熱中症を疑う症状がある場合は涼しい場所に移動させ、衣服をゆるめて体を冷やし、水分と塩分を与えるようにしましょう。重篤な場合は救急車を要請しましょう。

困ったときはひとりで悩まずお気軽にご相談ください。
消費者ホットライン 188(イヤヤ)

問 まちづくり企画課
(電話086・482・0612)

 

 

 

 

国民年金保険料の免除制度をご存知ですか

所得が少ないときや失業等により保険料を納めることができない場合には、本人の申請によって、保険料の納付が免除される制度があります。
1.免除(全額免除・一部免除)申請
本人、配偶者、世帯主それぞれの前年所得が一定額以下の場合や、失業等の事由がある場合に、保険料が全額免除または一部免除となります。なお、一部免除は、減額された保険料を納めないと未納期間となりますので、必ず納めてください。
2.若年者納付猶予制度
50歳未満(学生を除く)で、本人、配偶者それぞれの前年所得が一定額以下の場合に、納付が猶予されます。
3.学生納付特例制度
学生の人で本人の前年所得が一定額以下の場合に、納付が猶予されます。
※付加年金または国民年金基金に加入中の場合に、免除等が承認されると脱退となります。

■過去2年まで遡って免除申請ができます。
平成26年4月から、過去2年間(申請月の2年1ヵ月前の月分)まで免除を申請できるようになりました。過去2年間に国民年金保険料の未納期間がある場合は、お近くの年金事務所へお問い合わせください。
申請が遅れると万一のときに障害年金が受け取れないなどの不利益が生じる場合がありますので、すみやかに申請してください。

■「納付・全額免除・一部免除・納付猶予」と「未納」の違い
問 倉敷東年金事務所
(電話086・423・6150)
町民課
(電話086・482・2482)
 

 
献血のお知らせ
 
交通事故での負傷、手術で輸血をする、病気の治療等、血液を必要とする人が多くいらっしゃいます。
血液を必要とする人々に血液を届けるため、今年度も次の日程で献血を行います。一人でも多くのご協力をお願いします。

日時 7月30日(火曜日)9時30分~13時
場所 ゆるびの舎 健康づくりセンター
対象者 男性17~69歳、女性18~69歳までの体重50キログラム以上の人
献血の種類 400ml献血
※65~69歳の人の献血については、献血する人の健康を考え、60~64歳の間に献血経験がある人に限ります。
その他 次の人はご遠慮ください。
●エイズ(HIV)検査が目的の人
●輸血や臓器の移植を受けたことがある人
●B型やC型肝炎ウイルスやエイズウイルスの保有者
●昭和55年以降、ヨーロッパの対象国に滞在(居住)した人
●海外から帰国(入国)して4週間以内の人
●献血日前3日間に、出血を伴う歯科治療(歯石除去を含む)を受けた人
●妊娠、授乳中の人 等

問 健康福祉課
(電話086・482・2483)
 
早島町愛育委員会から先着80名様に粗品のプレゼントがあります。
 

母子(父子)自立支援相談
家庭児童母子(父子)自立支援相談を行います

相談はいずれも無料で、女性の相談員がお話をお聞きします。個人の秘密は守られます。

日時 8月2日(金曜日)、9月6日(金曜日)、 令和2年1月10日(金曜日)
13時~15時
相談員 備中県民局健康福祉部
ひとり親自立支援員
場所 町役場
内容 ひとり親家庭の悩み・相談対応 ※事前予約もできます。

問 健康福祉課
(電話086・482・2483)
 

 

 

 

はやしままちの保健室

今月号から、「はやしま まちの保健室」を掲載します。このコーナーでは、保健師や栄養士が健康に役立つコラムなどをご紹介します。

【たばこと健康のおはなし ~防ごう、受動喫煙~】
「健康増進法」が改正され、受動喫煙の防止が強化されます。(2020年4月1日施行)
受動喫煙とは、他人の喫煙によりたばこから発生した煙にさらされることです。受動喫煙によりリスクが高まる病気には、肺がんや虚血性心疾患、脳卒中、乳幼児突然死症候群(SIDS)があり、受動喫煙によって年間1万5000人が亡くなっていると言われています。
今後、屋内施設(多数の人が利用する施設)は原則禁煙が義務づけられます。(施設の種類により、喫煙できる場所が決められます。)

◇「加熱式たばこ」 の安全性は?
現在、3種類の加熱式たばこが国内で販売されています。
たばこ会社の研究では、有害物質が著しく軽減されていると言われていますが、有害物質の軽減が健康リスクを低減させるかどうかについては、現時点では科学的根拠はありません。また、加熱式たばこであっても受動喫煙は発生すると言われています。(厚生労働省「健康増進法の一部を改正する法律 参考資料」より一部抜粋)

◇サードハンドスモークにも要注意!
たばこの先から出る煙以外にも、たばこを吸った人が吐き出す息や衣服、部屋の壁紙、カーテン、カーペットなどに付着した有害物質を吸い込むサードハンドスモーク(三次喫煙)も問題になっています。喫煙後30~45分間は、喫煙者の息から有害物質が出続けています。みんなで「望まない受動喫煙」をなくしていきましょう!
塩は体のはたらきを保つうえで大切なものですが、とりすぎると血圧をあげ、心臓病、脳卒中などの重大な病気を引き起こす場合もあります。
食塩のとりすぎに注意して、健康な食生活を目指しましょう。

【塩と健康のおはなし ~はじめよう、減塩生活~】

塩は体のはたらきを保つうえで大切なものですが、とりすぎると血圧をあげ、心臓病、脳卒中などの重大な病気を引き起こす場合もあります。
食塩のとりすぎに注意して、健康な食生活を目指しましょう。

減塩ワンポイントテクニック!

1.麺類の汁は残して減塩! 全部残せば2~3グラム減塩になります。
2.しょうゆやソース等は、「かける」より「つける」
3.加工食品・インスタント食品は控えめに
4.野菜や果物を食べよう
果物や野菜に含まれているカリウムは体内のナトリウム(塩分)を排泄する効果があります。
野菜は1日350グラム以上、果物は1日100~200グラム以上を目標に食べましょう。
※腎臓に病気がある人は、カリウム摂取について医師に相談しましょう。

問 健康福祉課
(電話086・482・2483)


目標の量(1日)
男 8グラム
女 7グラム

実際とっている量(1日)
男 10.4グラム
女 8.7グラム
※1 平成28年県民健康調査(岡山県)より
※2 高血圧の人の目標は1日あたり6グラムです。
治療中の人は医師等の指示に従いましょう。

 

 

 

 

後期高齢者医療制度のご案内
 
「後期高齢者医療制度」は、75歳以上の人全員と一定の障がいがある65歳以上の人で申請により認定された人が加入する高齢者の医療制度です。

・75歳以上の人(生活保護を受けている人は対象となりません。)
・65歳以上75歳未満で、一定の障がいがあり、広域連合の認定を受けた人

一定の障がいとは…
・身体障害者手帳1級から3級
・身体障害者手帳4級のうち、音声、言語に関する障がい、下肢に関する障がいの一部
・療育手帳の重度障害A
・精神障害者保健福祉手帳の1級、2級
・国民年金法などにおける障害年金の1級、2級
※障害認定を受けた人については、脱退することもできます

【保険料の決まり方】
保険料は、被保険者全員が負担する「均等割額」と被保険者の所得に応じて負担する「所得割額」の合計額になります。(均等割額と所得割率は2年ごとに見直されます。)
岡山県後期高齢者医療広域連合の保険料(平成30年度、令和元年度)年額


※保険料は年度(4月から翌年3月までの12か月)で計算され、年度の途中で加入した場合は加入した月から計算されます。
※所得とは、雑(年金)所得、事業所得、給与所得、譲渡所得などの合計額をいいます。(遺族・障害年金等は除く。)
 

 
【保険料の軽減】
所得の低い人は、世帯の所得水準に応じて保険料の「均等割額」が軽減されます。なお、令和元(平成31)年度の後期高齢者医療保険の保険料について、世代間の公平の観点等から見直されることになり、均等割の軽減割合が、9割軽減から8割軽減に変更になります。
また、会社の健康保険などの被扶養者であった人に対する特例についての軽減も変更になります。
 
【後期高齢者医療制度の対象となる人】
 

 

 

 

後期高齢者医療被保険者証の更新について

現在お持ちの被保険者証の有効期限は令和元年7月31日です。

<被保険者証の更新>
新しい後期高齢者医療被保険者証(被保険者証)は、7月下旬に送付します。8月以降に医療機関などを受診する際には、必ず新しい被保険者証を窓口に提示してください。

<一部負担金の割合の見直し>
医療機関などの窓口で支払う一部負担金の割合は、所得区分に応じて決まります。所得区分は前年の所得により毎年判定されるため、新しい被保険者証では、割合が変更されている場合があります。
【一部負担金の割合】
現役並み所得者…3割
一般・低所得者2.・低所得者1. …1割
 

【所得区分】
現役並み所得者
  住民税の課税所得(各種控除後)が145万円以上の被保険者及び同世帯の被保険者※。
ただし、次の要件に該当する場合には、申請により1割負担となります。
・世帯内の被保険者が1人であり、収入額が383万円未満
・世帯内の被保険者が2人以上であり、収入額の合計が520万円未満
・世帯内の被保険者が1人で、世帯内の70歳以上75歳未満の人も含めた収入額の合計が520万円未満
※昭和20年1月2日以降生まれの被保険者及びその属する世帯の被保険者については、旧ただし書き所得(総所得から基礎控除33万円を差し引いた額)の合計が210万円以下の場合は1割負担となります。
一般
現役並み所得者、低所得者2.、低所得者1.以外の人
低所得者2.
世帯の全員が住民税非課税の人(低所得者1.以外の人)
低所得者1.
・世帯の全員が住民税非課税で、世帯全員の所得(年金の所得控除額は80万円として計算)が0円となる人
・世帯の全員が住民税非課税で、老齢福祉年金を受給している人
 

限度額適用・標準負担額減額認定証の更新について

所得区分が住民税非課税世帯の低所得者2.または1.の被保険者の人が、医療機関などを受診する際には、申請により交付される減額認定証を医療機関などに提示することで、窓口で支払う医療費が自己負担限度額までとなり、入院時には1食あたりの食事代も減額されます。
<減額認定証の更新>
現在お持ちの減額認定証の有効期限は令和元年7月31日です。
現在、減額認定証をお持ちで、8月以降も所得区分が低所得者2.または1.となる場合には、新しい減額認定証を被保険者証に同封し、7月下旬に送付しますので、申請の手続きは必要ありません。ただし、世帯内に所得の未申告者がいる場合は、新しい減額認定証は送付されません。
 

限度額適用認定証の更新について
 
所得区分が現役並み所得者2.または1.の被保険者(課税所得145万円以上690万円未満の被保険者及び同世帯の被保険者)の人は、申請により交付される限度額認定証を医療機関などに提示することで、医療機関での自己負担額が限度額で止まります。1ヵ月に1つの医療機関で負担額が高額となる可能性のある人は、申請の手続きを行ってください。
<限度額認定証の更新>
現在お持ちの限度額認定証の有効期限は令和元年7月31日です。
現在、限度額認定証をお持ちで、8月以降も所得区分が現役並み所得者2.または1.となる場合には、新しい限度額認定証を被保険者証に同封し、7月下旬に送付しますので、申請の手続きは必要ありません。ただし、世帯に前年の所得を申告していない被保険者がいる場合、新しい限度額認定証は送付されません。

問 町民課
(電話086・482・0613)
岡山県後期高齢者医療広域連合 (電話086・245・0090)
 

 

 

 

~地域の健康づくりボランティア として様々な活動をしています~
 
愛育委員・栄養委員の活動をご存じですか?

早島町愛育委員・栄養委員は、健康で明るく、住みよい町にするため行政と協力しながら活動する地域の健康づくりボランティアです。早島町長から委嘱をうけ、愛育委員37名、栄養委員27名で活動しています。

問 健康福祉課(電話086・482・2483)

愛育委員
 
愛育委員は赤ちゃんからお年寄りまで、皆さんの健康づくりをお手伝いする健康づくりボランティアです。
 
*いきいき広場で健康チェック
ピドスコープ(足裏の接地が見れます)や複十字シール募金(結核予防活動)、健康に関する展示など生活習慣を見直す様々な楽しい体験や測定を通じて、自分の健康について考えるきっかけづくりの場を提供しています。
 
*禁煙啓発
世界禁煙デーの活動として、中学校・早島駅前で、たばこの害についてのパンフレットを配り、「たばこを吸わないように」と呼びかけを行っています。

*地区活動
地区の健康教室やサロンなどで、旬の健康情報の発信や参加者同士の交流を行い、地域のつながりづくりを行っています。
 
*各種検(健)診への協力
町内の幼稚園・保育園・スーパーなどで「検(健)診を受けましょう」とチラシを配って、呼びかけています。
 
*声かけ・見守り
保育相談などの行事で、お母さんたちとの交流や、託児を行っています。ベビママサロンでは離乳食エプロンをプレゼント。欠席者には訪問して手渡し、地域の身近な相談者となれるよう見守りをしています。
 
*こころの健康づくり
ゲートキーパー養成講座を受け、自殺予防について自分たちにできることは何か学びました。地域での活動の中で、皆さんの身近な相談者となれるよう心がけています。

 

 

 

 

栄養委員

栄養委員は食や栄養、食育の推進を通じて地域の皆さんの健康づくりをお手伝いする健康づくりボランティアです。

*子ども料理教室
夏休みに小学生4・5・6年生を対象に料理教室を実施しています。調理実習や食べ物に関するクイズ等を通して食の大切さについて伝えています。
 
*ベビママサロン・わんぱく広場
ベビママサロンでは「離乳食」、わんぱく広場では「栄養たっぷりでこどものかむ力を育てるおやつ」を作っています。
お母さん、子どもたちの食生活の支援をしています。
 
*栄養教室
地域の健康づくりに役立つ知識を講話、調理実習を通して学んでいます。
 
*いきいき広場
いきいき広場での体験コーナーを通して、食育の推進を行っています。
 
減塩みそ汁の試飲を通して減塩の大切さについて伝えています。
試飲した方からは「だしの味が美味しい」「薄くてびっくりした」等様々な声が聞かれました。
 
シガーフライタワーを使って、正しいおはしの使い方について啓発しました。
 
簡易食育SATでは料理カードを使って、日ごろの食生活の栄養バランスチェックをしています。
「主食・主菜・副菜がそろっているか」「主食ばかり食べていないか」等、日頃の食生活の改善ポイントが分かるコーナーです。
 
来場者に食事に関する目標を書いていただいて食育ツリーを作っています。目標を書くことで、健康づくりのきっかけ作りと日ごろの食生活の振り返りになるように願っています。
 
*地区活動
地区サロンで健康食の提供、地区でのレシピの回覧、塩分濃度測定などを行い、地域の健康づくりを推進しています。
 

 

 

 

地域包括支援センター便り
 
問 地域包括支援センター
(電話086・482・2432)

介護予防教室のご案内
健康寿命を伸ばし、介護が必要な状況を先送りするためには早くから介護予防に取り組むことが大切です。介護予防教室では、運動・口腔・栄養・認知症予防等介護予防に必要なことを学びます。

開催日(全10回)
・5月28日(火曜日)
・6月11日(火曜日)
・6月25日(火曜日)
・7月9日(火曜日)
・7月23日(火曜日)
・8月27日(火曜日)
・9月10日(火曜日)
・9月24日(火曜日)
・10月8日(火曜日)
・10月29日(火曜日)

時間 13時30分~15時
※9月10日は調理実習のため10時~
会場 オアシス早島 2階会議室
対象 65歳以上の町民で現在介護保険サービスを利用していない人
持ち物 水分・筆記用具
*運動がしやすい服装
申込
各回空きがあれば随時参加が可能です。申し込みや内容等詳しいお問い合わせは地域包括支援センターへ。
 

成年後見制度を知っていますか?

認知症や知的障がい・精神障がいなどにより、不動産や預貯金などの財産管理、医療や福祉サービスを利用するための手続きや契約が難しくなる場合があります。また、悪徳商法や詐欺などの被害にあう危険も高くなります。成年後見制度は、このような判断能力が不十分な人を法律面や生活面で保護・支援する制度です。
 
【法定後見制度の手続きの流れ】

1.申し立て
本人の住所地を管轄する家庭裁判所に申し立てをします。
2.審判
家庭裁判所が、もっとも適切と思われる後見人等の選任を行います
3.後見開始
後見人等による支援がはじまります。
地域包括支援センターでは法律の専門家と連携し、成年後見制度に関するご相談をお受けしています。お気軽にご相談ください。
 

 

 

 

いきいきボランティア交流会

4月24日(水曜日)、いきいきボランティア交流会を開催しました。地域で活動しているボランティアさんや、ボランティア受け入れ機関が参加しました。
「初めてのボランティア活動~地域と人とのつながり~」としてボランティア活動をしている加藤和子氏による体験談の発表や参加者間での意見交換などを行いました。秋ごろにも交流会を開催する予定です。多くのご参加をお待ちしています。


認知症予防教室~あたまを使って、からだを動かして、元気に認知症予防!!~
 
認知症について正しく理解し、いつまでも元気な脳を維持していきましょう。
暑い夏も元気に認知症予防!!
第2回 8月21日(水曜日)
10時~11時30分
会場 いぶき荘
内容
・認知症について、認知症予防についての講話や体操
・脳トレ、レクリエーション
・認知症サポーターについて
・もの忘れ相談プログラム体験等
参加費 無料
申込 地域包括支援センターにご連絡ください。


「はやしま認知症サポート
ブック」をご活用ください

早島町では、「認知症になっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしができるまち」を目指して、『はやしま認知症サポートブック』を作成しました。
冊子には、認知症についての基本的な知識や症状、認知症の人への対応方法、知っておきたい制度や状態に応じてのサービスが掲載されています。一人でも多くの認知症の人やその家族が少しでも不安を軽減でき、いつまでも住み慣れた地域で安心して暮らし続けられるように認知症サポートブックをご活用ください。
※冊子は、地域包括支援センターの窓口に置いてあります。お気軽にお尋ねください。


 ゆめひろばのご案内

5月から「ゆめひろば」を開催しています。初回の「ゆめひろば」は、「水分の大切さ」の講話や脳トレが行われ、朝から大勢が参加しました。茶話会では地区を超えて話が盛り上がりました。誰でもいつでも自由に出入りができるので、訪れる人たちは、お昼で帰ったり、午後から来たり、1日楽しんだりと様々でした。

「ゆめひろば」は高齢者に限らず、町民どなたでも気軽に集える場所です。ご家族や友達同士でお気軽にお立ち寄りください。男性やご夫婦での参加もお待ちしています。
次回の開催日時
7月2日(火曜日)10時~16時
会場 ドリームハウス
(早島幼稚園の東側)
参加費 100円

 

 

 

早島町栄養委員会レシピ
~糖尿病を予防しよう!~

★糖尿病とは?
血糖値を下げるホルモン(インスリン)の量が少なくなったり、働きが悪くなったりすると、血液中に糖が増えすぎた状態になります。この状態が長期間続く病気を「糖尿病」と言います。
糖尿病がすすむと全身の血管に負担がかかり、失明や腎症など合併症を引き起こす可能性があります。
★糖尿病予防食って?~食生活の5つのポイント~
糖尿病を予防するための食事は、特別な食事ではなく、栄養バランスのよい健康食です。
季節の食材を取り入れ、美味しい糖尿病予防食を楽しみましょう!

1 エネルギーのとり過ぎに気を付けよう
2 主食・主菜・副菜をそろえて栄養バランスのよい食事をしよう
3 1日3食規則正しく食べよう
4 よく噛んで食べよう
5 薄味をこころがけよう
 
問 健康福祉課(<電話086・482・2483)
 

7月保健ガイド

身体障がい者相談

日時 7月2日(火曜日)
10:00~12:00(相談時間)
場所 栴檀の家
 
こころの健康相談(要予約)
 
日時 7月24日(水曜日)
13:00~14:00
場所 栴檀の家
※専門医師が相談に応じます。


早島の人の動き

(令和元年6月1日)

      前月比
町人口/ 12,563 人 (-25人)
男性/ 6,061 人 (-11人)
女性/ 6,502 人 (-14人)
世帯数/ 5,011 世帯 (-13世帯)
 

お悔やみ申し上げます
 
 渡邉 一義 82歳(5月7日、舟本)
 安原 政子 65歳(5月18日、前潟)
 増成 學 74歳(5月31日、日笠山)
 
問 健康福祉課
(電話086・482・2483)
 

 

 

 

食生活の3つの力を手に入れよう!!
夏休みこども料理教室のご案内
 
早島町栄養委員会では、こどもたちの「料理ができる力」「食べ物をえらぶ力」「食べ物のいのちを感じる力」を養うことを目的に夏休みこども料理教室を開催します。
栄養や食生活について学んでみませんか。当日は、美味しく、栄養満点メニューの調理実習と食べ物に関するクイズを行います!みなさんの応募をお待ちしています!

日時 8月1日(水曜日)
9:30~13:00(受付9:15~)
場所 オアシス早島(地域福祉センター)
2階 会議室・調理室
対象 早島町在住※(早島町に住民票のある)の小学校4・5・6年生(先着20名)
※教室は児童のみの参加です。
参加費 無料
持参物 エプロン、三角巾、ふきん、筆記用具
申込先 健康福祉課
申込方法 電話でお申し込みください。
※土・日曜及び祝日を除く8:30~17:15
申込期限 7月25日(木曜日)まで
※定員になり次第締め切ります
主催 早島町栄養委員会

申・問 健康福祉課(電話086・482・2483)


まだ涼しい朝のうちにお越しください
第52回アサガオ展
 
早島花の銀行友の会会員の皆さんが大切に育てたアサガオを展示します。ぜひご覧ください。
日時 7月 24日(水曜日)~26日(金曜日)
場所 早島町中央公民館
問 生涯学習課(電話086・482・1511)


早島の夏の風物詩
備中はやしま夏まつり2019開催
 
町内団体による模擬店、見どころいっぱいのステージと故郷自慢の盆踊り。ぜひ総踊りにご参加ください。フィナーレの花火もお楽しみに!
日時 8月 10日(水曜日)※雨天の場合11日(日曜日)に順延
場所 南グランド
プログラム
16:00~ おまつり広場開店
17:00~ 開会
ステージイベント
20:00~ いぐさ太鼓
20:25~ 花火
21:00~ 閉会
協賛金・花火募金を募集しています。詳しくは生涯学習課窓口または町ウェブサイトをご覧ください。
問 生涯学習課(電話086・482・1511)
 
※当日はコミュニティバスの臨時運行をします。

 

 

 

出演者募集
早島ふるさと音楽祭2019 出演者募集

早島ふるさと音楽祭は、ゆるびの舎開館15周年記念事業として町民の皆様から募集した「詞」を基にして創られた、組曲「ふるさと早島」の発表の場として、2013年から開催しています。早島の良いところがすべって詰まった、組曲「ふるさと早島」を一緒に歌いませんか。
下記募集内容に承諾していただける団体の参加を心よりお待ちしています。

日時 12月8日(日曜日) 開場13:00 開演14:00
会場 ゆるびの舎・文化ホール
入場 無料(要整理券)
内容 第1部:グループ発表
第2部:ゲスト演奏
第3部:組曲「ふるさと早島」演奏
募集内容 第1部・第3部出演。もしくは第3部のみ出演。
参加資格 1.団体のみ。コーラスグループでなくても可。
2.前日のリハーサル、当日リハーサル・本番すべてに参加できる団体。
募集期間 7月1日~7月31日
(定員になり次第募集は終了します)
募集定員 先着5団体(昨年の出演団体を優先します)
申込方法 ゆるびの舎窓口で申込ください。

問 ゆるびの舎(電話086・482・4800)


親子のためのクラシックコンサート「音楽の絵本」
 
日時 9 月29日(日曜日) 開場13:30 開演14:00
会場 ゆるびの舎・文化ホール
入場料 一般2,500円、中学生以下500円(全席指定)
※3歳児未満ひざ上鑑賞無料。(座席が必要の場合は有料)
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者福祉手帳保持者、または、介護保険区分の要介護1~5までの人は減免措置があります。
チケット発売 7月13日(土曜日)からゆるびの舎で販売
プログラム
ウィリアムテル序曲(ロッシーニ)、愛の挨拶(エルガー)、となりのトトロメドレー(久石譲)他
※プログラムは変更になる場合があります。予めご了承ください。

問 ゆるびの舎(電話086・482・4800)
 

さあふれる
吹奏楽フェスティバル2019inゆるび

日時 7月20日(土曜日)開場13:00開演13:30
会場 ゆるびの舎・文化ホール
出演 早島中学校吹奏楽部、東陽中学校吹奏楽部、倉敷高校吹奏楽部
プログラム 各校の発表
[倉敷高校吹奏楽部紹介]
平成30年度
・第59回岡山県吹奏楽コンクール金賞県代表
・第59回全日本吹奏楽コンクール中国大会銀賞
・第31回岡山県マーチングコンテスト金賞県代表
・第31回全日本マーチングコンテスト中国大会金賞

問 ゆるびの舎(電話086・482・4800)

 

 

 

 

No.258“ゆるび”WEEKENDコンサート
楽しいシャンソン「見て聞いて 一緒に歌って」

日時7月26日(金曜日)
     開場18:30 開演19:00
会場  ゆるびの舎・エントランスホール
     ※入場無料
出演 倉敷シャンソン ラ・フルール、西 真理子(ピアノ)
プログラム ラストダンスは私に、人生を歌う、サン・トワ・マミー、オー・シャンゼリゼ 他

問 ゆるびの舎(電話086・482・4800)


図書館だより

☆チャレンジ図書館員 募集!

 図書館の仕事を体験してみたい小学生を募集します。どんな仕事があるのかな?

日時 8月3日(土曜日)
 午前の部
 9:30~11:30
 午後の部
 14:30~16:30
対象 小学生
定員
 午前、午後それぞれ 6人ずつ
 希望者が多い時は 抽選。今までに参加 できなかった人を優先します。
申込
 7月2日(火曜日)~
 7月20日(土曜日)


図書館カレンダー 7月のお休み
1,8,16,22,25,29日
☆7/25は電話対応可☆
問 町立図書館(電話086・482・1513)
☆ストーリーテリング
7月6日(土曜日) 15:00~ 1階おはなしのへや
図書館ボランティア おはなしの会かたつ夢り
 ろうそくを灯してお話を語ります。お話の世界を一緒に楽しみましょう。

☆かみしばいのじかん
7月14日(日曜日) 14:00~ 1階おはなしのへや
図書館ボランティア はやしま本だいすきの会
 絵本・紙芝居の読み聞かせなどをしています。

☆おはなしの時間
休館日を除く毎週木曜日10:30~11:00
1階おはなしのへや(7月4,11,18日)
 職員による読み聞かせなどをしています。

★ブックスタート★
対象者
平成30年7月生まれ以降の乳児健診対象者。(町民課でお申し込みいただくと、図書館からお知らせ葉書が届きます。図書館でも随時実施していますが混み合うことがありますので、なるべく下記実施日をご利用ください。)
実施日 7月16日(火曜日) 13:30~
実施場所 乳児健診会場(健康づくりセンター)
*ブックスタートについては、図書館にお問い合わせくださるか、ホームページをご参照ください。
 http://www.bookstart.net

 

 

 

Hello Babies
こんにちは赤ちゃん
 5月生まれの 赤ちゃん
 
河野 暖ちゃん男の子(5月7日・無津)父・大、母・友里子
長谷川 紗凪ちゃん女の子(5月7日・前潟)父・幸、母・千尋
原田 理帆ほちゃん女の子(5月8日・長津・畑岡)父・俊種、母・理恵
武田 菜瑚ちゃん女の子(5月20日・舟本)父・尚樹、母・麻里
秋田 唯織ちゃん男の子(5月24日・舟本)父・豊、母・志織
榎 渚々美ちゃん女の子(5月30日・片田)父・翔、母・真姫
 
赤ちゃんの写真を掲載しませんか?
詳細はまちづくり企画課
 (電話086・482・0612)へ。
e-mail kikaku@town.hayashima.lg.jp


For Health
保健情報
 
予防接種を受けましょう!
 
 感染症にかからないように、また他の人にうつさないために予防接種で免疫をつけましょう!以下は定期予防接種の一部です。
 
◎麻しん・風しん混合ワクチンの予防接種
  対象者は下記のとおりです。
 第1期 生後12か月~24か月未満の児
 第2期 5歳~7歳未満で小学校入学前の1年間にある児
◎二種混合(ジフテリア・破傷風)の予防接種
  小学6年生のお子さんは、二種混合の予防接種の対象年齢(11歳~13歳未満)になります。
◎日本脳炎の予防接種
  日本脳炎の予防接種は、標準的には1.期を3歳で2回・4歳で1回、2.期を9歳で1回(合計4回)受けることになっています。また、以下の1.または2.に該当する人には特例措置があります。
1.平成19年4月1日以前生まれで20歳未満の人
 1.期および2.期の不足分(1~4回)を接種可能。
2.平成19年4月2日~平成21年10月1日の間に生まれた人
 1.期の対象年齢(生後6か月~ 90か月未満)の間に1.期の接種が完了しなかった人は、2.期の対象年齢(9歳~ 13歳未満)の期間中に1.
期の未接種分(1~3回)を接種可能。7歳6か月~9歳未満の間は不可。
《予防接種の受け方》
 1.かかりつけの医療機関で、受けようとする予防接種の接種日時等確認し、直接予約して接種してください。
 2.予防接種予診票は、医療機関に備えてありますので、直接受診してください。
《持っていく物》
・小児医療費受給資格者証
・健康保険証
・母子健康手帳

 問 健康福祉課(電話086・482・2483)

 
7月こども保健ガイド
 
場所 ゆるびの舎・健康づくりセンター
問 健康福祉課・保健師 (電話086・482・2483)
 
ベビママサロン2回目
日時 9日(火曜日)10:00~12:00
対象 7~8か月児とその保護者
   ※対象者には個別通知します。
内容 離乳食(中期)のポイント、乳児のむし歯予防、歯の手入れについて
保育相談
日時 16日(火曜日)10:00~10:30(受付)
対象 就学前の乳幼児
内容 身体計測、栄養相談、歯科相談など
※母子健康手帳をご持参ください。
つどいの広場
日時 16日(火曜日)10:00~11:30
対象 就学前の乳幼児とその保護者
内容 ふれあい遊び、自由遊び、親子の交流など
乳児健診
日時 16日(火曜日)13:30~14:00(受付)
対象 4・7・9・12か月児
内容 身体計測、内科診察、栄養相談、歯科相談など
※母子健康手帳・問診票をご持参ください。
1歳6か月児健診
日時 31日(水曜日)13:30~14:00
対象 平成29年11月~平成30年1月生まれ
内容 身体計測、内科診察、歯科診察、各種相談など
※対象者には個人通知します。

 

 

 

はやしま児童館だより
 
利用できる人
 0歳から18歳までの子どもとその保護者/子どもの健全育成活動を進めている団体など
休館日 火曜日・祝日
開館時間 10:00~17:00
問い合わせ先 早島児童館 〒701-0304早島町早島1297-1(早島小学校の北隣)
 電話/ファックス 086・483・2358
※駐車場はトマト銀行の北側にあります。
※自転車で来る人は小学校正門前の土壁の前に止めてください。
 
○絵本タイム 1日・8日(月曜日)16:15~16:4522日・29日(月曜日)14:00~14:30 小学生対象  三冊ほどの絵本や紙芝居などを読んでいます。
ゆったりと聞きに来ませんか。
★ピンポンをしよう 6日(土曜日)14:00~15:00 どなたでも  コーチの喜屋武 昭江氏の指導で、楽しくピンポンを練習しましょう。自分のラケットやシューズがある人は持って来てください。初めてラケットを持つ人も参加できます。
○おやこひろば「水遊び」 12日(金曜日)10:00~11:00 乳幼児親子  園庭にプールを出して遊びます。水着(またはそれに代わる物)やタオルを持って来てください。雨天時にも軒下で水に触れて遊びますので、着替え等を持って来てください。
★オセロ大会 13日(土曜日)14:00~15:00 どなたでも  オセロの好きな人、トーナメントで対戦しませんか。ルールの分かる人ならどなたも参加できます。遊戯室2階のわくわくルームで行います。ぜひ友だちを誘って、時間に遅れないように来てください。
★はやしま朗読ボランティア福来朗 20日(土曜日)10:00~10:45 どなたでも  ゆったりと、絵本やことば遊びなどを楽しみませんか?ぜひ友だちや家の方と一緒に聞きに来てください。遊戯室で行います。
★けん玉教室 24日(水曜日)
1.10:00~10:20
2.10:25~10:45
3.10:50~11:10
4.11:15~11:35 どなたでも  森岡 雅夫氏と一緒にけん玉の基本を楽しく練習しましょう。初めてけん玉を持つ初心者向けの教室です。城山学級の小学1年生の人と一緒に練習しますが、学年に関係なく参加できます。好きな時間帯に申し込みをしてください。
○避難訓練(火災) 24日(水曜日)13:00~13:30 全員参加  20分間ほどの防災のDVDをみます。来ている人は全員参加します。
★作って遊ぼう 「スノードームを作ろう」 25日(木曜日)10:30~11:30 小学生以上定員:16名  瓶の中に小さなフィギュアや造花、ラメなどを入れて水のりを注ぎ、涼しそうなスノードームを作りましょう。申し込みは7月6日(土曜日)から受け付けします。
★カプラのインストラクターと遊ぼう 26日(金曜日)10:00~12:00 どなたでも  日野 定幸氏の指導で、たくさんのカプラ(長方形の板ブロック)を使って、不思議なカプラの世界を楽しみましょう。
★けん玉教室 31日(水曜日)
1.10:00~10:30
2.10:35~11:05
3.11:10~11:40 どなたでも  森岡 雅夫氏と一緒にけん玉の基本を楽しく練習しましょう。初めてけん玉を持つ初心者向けの教室です。城山学級の小学2年生の人と一緒に練習しますが、学年に関係なく参加できます。好きな時間帯に申し込みをしてください。
★…要申し込み(就学前の幼児は保護者同伴)
 

かんだ子育て支援センター
あそびのひろば
 
〒701-0304
都窪郡早島町早島4849-1
かんだ保育園内 電話086・480・0580
k-shien@kurukuru.or.jp
利用時間 10:00~16:00
開園日 月~土曜日
(ただし、日曜日・祝日・年末年始は除きます)
*上記以外でも園行事の関係でお休みになることがあります。詳細については気軽に問い合わせてください。
 

1日(月曜日)~6(土曜日) 10:00~ 作ってあそぼうたなばた飾りを作ってお家に飾ってね♪
2日(火曜日) 10:00~定員8組要申込 わかみや保育園に行ってみよう
4日(木曜日)5日(金曜日) 10:00~ お楽しみDAY(たなばた会)
8日(月曜日) 10:30~ 子育て教室~夏の病気~何でも病気相談
対象:子育て中の親子 看護師:松尾 千恵子氏
11日(木曜日) 10:00~定員8組 要申込 すまいるキッズ1回目
22日(月曜日) 11:00~ 親子ふれあいあそび


★すまいるキッズ〈2回で1つのコースです〉
 日時 11日(木曜日)・25日(木曜日)10:00~
 対象 1~3歳の親子(8組:要申込)
 給食代 500円
 お外で遊ぼう&ミニ講座、毎回給食体験!
*すまいるキッズで部屋を使います。午前中あそびのひろばは、お外のみOKです。ご了承ください。
 
25日(木曜日) 10:00~
定員8組
要申込 すまいるキッズ2回目
29日(月曜日) 11:00~ 6・7月誕生会
30日(火曜日) 13:30~ 赤ちゃんサロン
対象:1歳半までの親子
31日(水曜日) 10:00~
定員8組
要申込 わらべうたベビーマッサージ
対象:8か月未満の親子
講師:杉本 洋子氏
場所:わかみや保育園
持参物:バスタオル

 
〔予告〕
★にこにこ赤ちゃん<SPA CLS=REL WD=4>〈2回で1つのコースです〉
 日時 8月8日(木曜日)、22日(木曜日)10:00~
 対象 1歳までの赤ちゃん(8組:要申込)
 資料代 200円
 場所 早島町地域福祉センター(2F プレイルーム)
★一時保育(要事前登録)
 お子さんのお世話ができない時、一時的にお預かりします。
 早島保育園 直通電話(電話086・486・1231)
 かんだ保育園 直通電話(電話086・480・1489)
詳しくは各保育園にお問合せください。
 

 

 

 

早島町シルバー人材センターだより

高齢者活躍人材確保育成事業
「技能講習のご案内」
 高齢者の皆さんに、自信を持って新たな分野で活躍するために、知識・技能が習得できる技能講習です。
受講対象者
 60歳以上の高齢者で、シルバー人材センター会員として就業を希望する人
受講料 無料 
講習名
*いきいき女性会員養成講習
*ハウスクリーニング講習
*介護送迎運転手講習
*子育て支援講習
*チェーンソー・刈払機取扱講習
*樹木剪定講習
*襖・障子・網戸張替講習
 詳しくは、シルバー人材センター事務局までお問合せください。
新規会員募集中
 保育士の資格をお持ちの人
 剪定・草刈・草取作業、屋内外の軽作業
 高齢世帯等の家事支援事業
 (町内の高齢の方を対象に家事のお手伝い)
 派遣作業(簡単な仕分等経験がなくてもできます)
お仕事募集中
 皆様のお役にたちます。お気軽にご相談ください。
今月の入会説明会
日時 7月10日(水曜日)
   13時30分~14時30分
場所 早島町シルバー人材センター 事務所(早島町早島1291-7)

問 公益社団法人早島町シルバー
  人材センター
  (電話086・480・0335)
  (ファックス086・480・0337)
  e-mailhayashima@sjc.ne.jp


6次産業化初心者講座(全3回)参加者募集!

 「6次産業化」とは、1次産業としての農林漁業だけでなく、加工などの2次産業、さらにサービスや小売りなどの3次産業までを一体化した産業として農林漁業の可能性を広げようとするものです。6次産業化に取り組もうとしている農業者を対象に「6次産業化初心者講座」の受講生を募集します。我が家の農業経営に新たな活動を取り入れたいというお考えをお持ちの人は、受講してみませんか。
 詳しくはお問い合わせください。
日程(全3回)
 8月29日(木曜日)、10月21日(月曜日)、11月1日(金曜日)10時~16時
会場 JA岡山西総社西支店
   (総社市久代4700)
参加費用 各回1,000円程度
     (昼食及び実習材料費)
募集定員 20名(原則全3回参加)
申込締切 8月15日(木曜日)
問 備南広域農業普及指導センター (電話086・434・7047)


求職者支援訓練(8~9月開講コース)

 求職者支援訓練とは、雇用保険を受給できない求職者などを対象に、全国の民間教育訓練機関が実施する「就職」を目的とした公的な職業訓練です。
 今回、8~9月に開講するコースの受講者を順次、募集しています。
【募集科】基礎コース・実践コース
 (介護福祉、医療事務、事務分野等)
※開講日、訓練期間(2~6か月)等は各コースによって異なります。
【受講科】原則無料
 (テキスト代などは自己負担)
※一定の要件(収入・資産等)を満たす人に対しては、「職業訓練受講給付金(月10万円+交通費(所定の額))」が支給されるケースがあります。(所定の手続きが必要となります。)
問 ハローワーク倉敷中央
  (電話086・424・3333)


公開技能講座受講生募集 

日時 7月28日(日曜日) 9時~12時
場所 岡山県立南部高等技術専門校
講座内容 1.水鉄砲の制作 2.黒板の制作 3.風見鶏の制作
受講料 無料(作った作品は差し上げます。)
対象者 小学生(保護者の同伴が受講条件)
定員 いずれも10組(20名)
 定員を超えた場合は、抽選により受講者を決定します。なお、申込者にはその結果を封書でお伝えします。
申込期間
 7月8日(月曜日)~7月19日(金曜日)
申込方法 申込期間内に、講座名・受講者名(ふりがな)・保護者氏名・住所・電話番号を記入して郵送またはホームページで。
申・問 岡山県立南部高等技術専門校(電話086・424・3311)
 〒710-0038 倉敷市新田 3241 http://www.pref.okayama.jp/soshiki/199/

 

 

 

 

小笠原アドベンチャースクール 参加者募集

 世界自然遺産に登録された小笠原諸島父島のジャングルに囲まれたバンガローで全国から参加する子どもたちと自炊生活を共にしながら、助け合う楽しさや大切さを学び、友情を深め、一生の思い出に残る夏休みを体験してみませんか?
日程 8月15日(木曜日)~8月22日(木曜日) 7泊8日(東京1泊)
場所 東京都小笠原村父島
内容 海の自然体験(シュノーケリング、ウミガメ飼育体験教室)、森の自然体験活動(トレッキングハイク、ナイトハイク、島特有の動植物の観察)など
定員 25名
   (小学3年生~中学3年生)
プログラム参加費 90,000円
旅費 小学生 86,000円 中学生 119,000円(岡山駅発着)
申込締切 7月19日(金曜日)
詳しくは、お問い合わせください。
申・問 公益財団法人 国際青少年研  修協会
  (電話03・6417・9721)
  http://www.kskk.or.jp


おかやまCOOL CHOICE! 宣言
企業・団体 募集中!

 岡山県では、地球温暖化防止の取組の一環として、国民運動「COOL(クール) CHOICE(チョイス)」(=賢い選択)」の輪を県内に広めるため、「COOL CHOICE」に賛同いただける企業・団体を募集しています。どこよりも環境に優しい「ふるさと岡山」を目指し、ぜひ一緒に取り組んでください!
申・問 岡山県環境文化部新エネルギー・温暖化対策室
  (電話086・226・7298)
  ontai@pref.okayama.lg.jp


放送大学入学生募集のお知らせ

 放送大学は、10月入学生を募集しています。
 10代から90代の幅広い世代、約9万人の学生が、大学を卒業したい、学びを楽しみたいなど、様々な目的で学んでいます。
 心理学・福祉・経済・歴史・文学・情報・自然科学など、約300の幅広い授業科目があり、1科目から学ぶことができます。全国に学習センターが設置されており、サークル活動などの学生の交流も行われています。資料を無料で差し上げています。お気軽にご請求ください。
 出願期間は、第1回は8月31日まで、第2回は9月20日まで。

問 放送大学岡山学習センター
  (電話086・254・9240)


はやしまふれあい講座

主催 町民活動支援センター
運営 NPO法人ふれあいネットはやしま

7月の講座
落語「はやしま寄席」
 
●日時 7月21日(日曜日)14:00~
●会場 ゆるびの舎 2階研修室
●講師 噺の会 じゅげむ岡山支店
●参加費 無料
●申込締切 7月19日(金曜日)まで
●申込方法
 中央公民館1階「町民活動支援センター」または、ゆるびの舎1階ロビーに申込用紙と応募箱があります。記載の上、投函ください。

問 町民活動支援センター
(中央公民館内 電話086・482・3771)
  NPO法人ふれあいネットはやしま・渡辺
(電話090・4145・2374)
 
 
地域に出向いて講演をします
南岡山医療センター

南岡山医療センターでは、地域の自治会やサロンなどを対象に、出張講演会(スピーカーズバンク)を行っています。健康にまつわる身近で役立つテーマをたくさん揃えています。講演は無料です。興味のあるテーマがありましたら、まずはお問い合わせください。
 
スピーカーズバンク テーマ一覧
No テーマ
1  パーキンソン病について
2  認知症
3  小児の熱性痙攣
4  小児のてんかん
5  思春期のてんかん
6  小児の食物アレルギーについて
7  小児の肥満について
8  スギ花粉症の発症予防法
9  アレルギー性鼻炎と舌下免疫療法
10 アレルギー性鼻炎と機能性健康食品
11 人工呼吸器について

 

 

 

 

リトルプレイスはやしま7月のイベント案内

・夏休み特別企画親子de映画観賞会『バベルの学校』
日時 7月6日(土曜日)14時~16時
11日(木曜日)、22日(月曜日)10時~12時
料金 ご予約1,000円、当日1,300円、親子券(1,500円※親1人1,000円、子1人500円)
 今回の上映作品は、親子で映画観賞できる『バベルの学校』です。世界中の11歳から15歳の子どもたち24人がフランスで1年間一緒に過ごすことになります。世界の縮図のような多文化学級で、宗教や国籍の違いを乗り越えて友情を育むことは出来るのか…私たちに未来への希望を見せてくれる作品です。日本では感じることができないことを知り、こういう世界もあるということを親子で共有してみませんか。
・はやしmamaルシェ@リトルプレイスはやしまVol10
日時 7月6日(土曜日)10時~12時
※入場無料
 七夕直前スペシャル!七夕の歌を歌ったり、お誕生日会をしたり、パネルシアターや絵本の読み聞かせ、おかしのつかみ取りなど盛りだくさん!
・はやしmama企画 子育てサロン
日時 7月9日(火曜日)10時~11時
参加費 500円(ママのドリンク付)
 子育て中のママ大歓迎!同じ子育ての悩みを抱えるお母さんたちとの交流、子育て先輩ママからのアドバイス、など飲み物を飲みながらおしゃべりを楽しみましょう。
・親子deリトミック
日時 7月12日(金曜日)10時~11時
参加費 500円
 簡単な体操やリズム遊び、親子で楽しめるふれあい遊びを中心にゲームやレクリエーションなど盛りだくさんの時間。親子で楽しみましょう。

問 リトルプレイスはやしま
 (電話080・9795・1140)
 イベントの詳しい内容はウェブサイトから http://hayashimabp.com/event
 
囲碁クラブ例会報告( 5月26日 15人参加)
 
【成績順位】
1.加藤 雅巨 三段 五勝
2.福島 幸道 4級 四勝
3.藤原 栄二 5級 四勝
▽三勝者  中村 行雄 六段 ほか1人
*定例会は毎月第4日曜日開催
*次回は、7月28日(第4日曜日)9:00~
*場所 中央公民館 会費 600円
どうぞご参加ください。
 
いかしの舎7月
講座・イベント情報のお知らせ
申・問 いかしの舎(電話086・483・1243)
 
●うたごえ喫茶
 7月4日(木)13:15~14:45
 7月23日(火)10:00~11:30
 参加費1,500円
 ※1ドリンク、お菓子付
 会場 母屋2階
●平山郁夫展
 7月12日(金曜日)~15日(月曜日)
 9:30~17:00 入場無料
●お琴教室
 7月12日(金曜日) 10:00~12:00
 7月26日(金曜日) 10:00~12:00
●ママぱれっと~気楽な赤ちゃん相談ひろば~
 7月23日(火曜日)~25日(木曜日)
 12:00~15:00
 ※0~3才のお子様とお母様対象
詳しくはいかしの舎迄お問い合わせください。
 

前潟・下前潟合同夏まつり2019
 
 今年もやります!カワイイ&美味しいデコ巻き寿司も!どうぞお越しください。
日時 7月28日(日曜日)
   16時30分~19時30分
場所
 早島町役場前駐車場

 

 

 

 

 

心映の投句
俳句・短歌
第517回早島俳壇定例句会作品 石井宏幸 選

噴水の しぶき歩いてをりにけり 石井 淳也
噴水の穂を離れ十方に飛沫は散るが、上向きの力はすぐに地球の重力が勝り落ち始める。風にも影響されるその有り様を歩くと詠うことにより、飛沫に命を与えた。ストップモーションで一粒ずつを見ているよう。

ぺちやんこの 草鞋干しあり滝行場 大崎 弘子
ぺちゃんこという詩に繋がりにくい言葉が、磨り減るほどの荒々しさやこれまでの行の時間の長さを雄弁に物語る。干されながらも草鞋は激しい滝音に打たれ、涼しく震えているようだ。

一水の 花のごとしや更衣 坪井 信幸
水面を満たす影を花のようだと言うからには、人が相当数集まっているに違いない。その水影がこれまでと違い華やいで見えるのは、夏服の明るさのためで、水影を通して更衣による景の明るさを知り、夏を知る。

車夫の背の ぐいと前傾桜東風 郷原 和美
桜蘂降るや無人の滑り台 石井美由紀
これ以上 咲けぬ牡丹や昼だるし 青葉 恵子
豌豆が 採つてくれろとぶらりぶらり 中村 清子
歳時記を 捲る手元に若葉風 佐藤 寛
老鶯の 青空広げ鳴き続く 筑後 道明
蟻の道 踏む子跨ぐ子通学路 谷水 勝利
八重桜 落花の嵩となりにけり 佐々木正俊

その奥の もののひかりに葭障子 石井 宏幸
大甕の 底の闇より金魚浮く 坪井日出夫

▽坪井日出夫特選三句
おのが尺 取つて尺蠖風探る 石井 宏幸
南壁の 襞濃く深く夏来る 石井美由紀
蜻蛉生る 一身に雨受け止めて 石井 淳也

*毎月第3日曜日13時30分から中央公民館で句会を行っています。
*俳句は五・七・五であること、季語が入っていることが約束です。
*どなたでも十句を用意してご参加ください。
*問い合わせ 坪井(電話086・483・2157)
  筑後(電話086・482・2339)


早島短歌会4月詠草 濱田 棟人 選

(作者は、あいうえお順)
手術せし弟の見舞ひにゆきたればいつもと違ふ笑顔を見せる 岡本 稔子
共同体の一人と思ひし人が逝き残りし者のさみしさにゐる 川上 安代
校庭で走り回れる児童らにもう終りだと桜舞ひ散る 鈴木 信子
夕刻に燕飛びをり今はまだ四月は十日もう渡り来て 溝手 和子
残雪の大山見上げて思ふことわが人生はたちまち過ぎぬ 安原 敏子
春霞が児島の山を匿したり背伸びをしつつ探せど見えぬ 安原 知子

▽選者 濱田 棟人先生 詠草
以前にも同じものを見たやうな気がしつつ今年の桜を仰ぐ

*短歌会は中央公民館で毎月第3土曜日、14時から行っています。
*「一首から五首まで」お持ちくだされば、どなたでも参加できます。
*入会希望者は、ゆるびの舎または中央公民館にお申し込みください。
 

 

 

 

 

仲間を募集しています
早島町総合型地域スポーツクラブ始動

5月17日(金曜日)総合型地域スポーツクラブの活動が始まりました。幼児から大人まで30名を超える参加があり、ボルダリング・スラックライン・花ござピンポン・グラウンドゴルフの4種目を楽しみました。
町では、活動を続けていく仲間を募集しています。詳細は生涯学習課までお問い合わせください。
~総合型地域スポーツクラブとは~
多世代で、それぞれのレベルに合わせて複数の種目を選択できるスポーツクラブです。参加者個々のニーズに合わせた活動ができ、スポーツ活動を通じて健康増進・基礎体力の向上が期待できます。

問 生涯学習課
(電話086・482・1511)
 

第1回人権教育講演会「がんと共に生きる」

5月24日(金曜日)、ゆるびの舎で、「がんと共に生きる」をテーマに第1回人権教育講演会を開催しました。
人権教育推進協議会総会の後に一般参加者を交えて行われたもので、「岡山造血細胞移植患者会きぼう」の山邊裕子代表を講師にお迎えしました。
山邊代表は、父のがん発病にはじまり、自らが急性骨髄性白血病を発症。その上に父の看病、夫の大腸がん発症・看病。そうした心身ともに厳しい状況の中でも常に前向きな姿勢で、あきらめず生きることに立ち向かいました。がんのおかげで「生きる」ということを見つめ直し、自分と同じ立場の人を一人でも多く救いたいという願いから、患者と家族、医療関係者の会である岡山造血細胞移植患者会きぼうを発足しました。
さらに、岡山県・岡山市・倉敷市議会等に陳情を行い、骨髄・末梢血管細胞ドナー支援制度の創設を実現し、現在、県内全市町村で助成制度が導入されるようになりました。
こうした山邊代表の闘病や看病の体験談や献身的な社会貢献活動に感動し、涙を流す参加者も多く見られました。
人権講演会は今年度あと3回を予定しており、どなたでも受講可能です。

 

 

 

青少年健全育成の模範
早島絆の会、塩津子供を守る会 中村賞受賞

5月28日(火曜日)、岡山県天神山文化プラザで開催された岡山県青少年育成会議総会で、早島絆の会と塩津子供を守る会が第38回中村賞を受賞しました。中村賞は、毎年県下の青少年健全育成について模範となる個人や団体を顕彰するものです。
早島絆の会は、平成24年度から7年連続で、福島県内の高校合唱部やフラダンス部などを早島町に招待し、早島少年少女合唱団、早島中学校吹奏楽部など早島の青少年たちを交えたステージを企画、人々の交流を通じて東北の復興を応援する活動を続けています。
また、塩津子供を守る会は、小・中学生の通学路である松尾坂交差点で、毎日、登校時には2名以上、下校時には3名以上で、あいさつ運動や交通安全指導を20年以上継続しています。2団体のこうした取組や活動が認められ、今回の受賞となりました。
 

ぜひご覧ください
町役場に芸術作品を展示しています

町役場では現在、1階正面玄関横の展示ケースに、守屋裕悦氏(若宮)から寄贈いただいた芸術品の展示をしています。
今回は、洋画家 猪熊弦一郎の版画「進化」のほか、牡丹唐草文大皿や芙蓉手牡丹唐草文大皿、色絵鳳凰花唐草文大鉢といった、江戸中期から後期の古伊万里大皿9点を展示しています。
町役場へお立ち寄りの際は、ぜひご覧ください。
 

令和元年個人戦 盛会に開催
第23回町民グラウンド・ゴルフ大会

5月20日(月曜日)、南グランドで第23回町民グラウンド・ゴルフ大会が行われ、午前午後で総勢168名(平均年齢77歳)の愛好者が集いました。 誰もが健康でプレーできることを喜びながら、楽しくプレーをしました。
開会式では加戸会長から、「昭和の厳しい時代に生まれた人が多く、令和の時代は楽しく元気で充実した日々を過ごしましょう。」と挨拶があり、続いて中川町長から、「健康で過ごすため活発に活動し、多くの人とプレーして健康増進に努めて頂きたい。」と激励がありました。
当日の天気予報は70%の雨天予想でしたが、参加者の熱気で雨雲を吹き飛ばし、午前・午後ともにプレーオフで優勝者を決める熱戦を繰り広げました。令和新時代も美しく、たくましく、健康で過ごしていきたいものです。
 

記録・成績表(敬称略)
午前の部 高齢者表彰
男性 林 計治(矢尾・85歳)
女性 田辺 信子(金田・89歳)
1位 綱島 文代 市場 73
2位 綱島 雅之 市場 73
3位 亀山 光子 宮崎 74
4位 駒井 賢二 噂島 76
5位 安原 弘二 市場 79

午後の部 高齢者表彰
男性 佐藤 昭督(前潟・91歳)
女性 西本 房子(若宮・85歳)
1位 松室 冨美雄 若宮 78
2位 吉田 和栄 片田 78
3位 蜂谷 賢一 弁才天 79
4位 合田 行男 弁才天 80
5位 林 敬一 若宮 81

 

 

 

 

7月の無料相談
 
身体障がい者相談       2日(火曜日) 10:00~12:00 栴檀の家 健康福祉課 電話086・482・2483
行政相談               9日(火曜日) 13:00~14:00 オアシス早島 総務課 電話086・482・0611
心配ごと相談・児童相談 9日(火曜日) 13:00~14:00 オアシス早島 健康福祉課 電話086・482・2483
人権相談              10日(水曜日)  9:00~12:00 ゆるびの舎・2階集会室 町民課 電話086・482・2482
夜間納税相談          10日(水曜日)・11日(木曜日) 17:30~20:00 町役場 税務課 電話086・482・2484
保育相談              16日(火曜日) 10:00~10:30 ゆるびの舎・健康づくりセンター 健康福祉課 電話086・482・2483
法律相談              17日(水曜日) 13:00~16:00 町役場 総務課 電話086・482・0611
こころの健康相談(要予約) 24日(水曜日) 13:00~14:00 栴檀の家 健康福祉課 電話086・482・2483
教育相談 随時(平日)            8:30~17:00 ゆるびの舎 学校教育課 電話086・483・2211


防ごう!熱中症
 
~熱中症は、ちょっとした注意で防ぐことができます。元気に夏を乗り切りましょう!~

1.休息・睡眠を十分に取る!
 疲労の蓄積は集中力の低下につながり、体の機能が正常に働かなくなります。睡眠不足も免疫機能低下によって熱中症を引き起こしやすくなります。睡眠を十分にとり、生活リズムを整えましょう。
 夏場は暑くて眠れないときもありますが、クーラーや扇風機で冷やし過ぎないようにしてください。

2.水分と塩分(ミネラル)の補給を適度に行う!
 のどが渇いていなくても水分はこまめに取ってください。のどが渇いた状態になってからでは遅いので、水分は常に携帯しておきましょう。
また、発汗によって失われた水分と塩分を補給するためにもスポーツドリンクなどの飲み物を用意しておくと良いでしょう。

3.服装に気をつける!
 夏の直射日光を防ぐためにも、外で活動するときには帽子をかぶるようにしましょう。有害な紫外線を浴びないためにも帽子は有効です。
服装の色については、白めの服装が良いとされています。白い色は熱を吸収しにくいためです。反対に、黒めの服装は避けるようにします。

4.涼しい場所を確保しましょう。
 できるだけ直射日光を避け、日陰になっているような涼しい場所にいましょう。通風を確保することも大切です。作業服にも通風に優れたものがあります。家の周りに水をまいて、水の気化熱を利用して体温を下げるのも効果的です。
 また、屋内と外気温との温度差が大きくなると体に負担となることがあります。クーラーなどは、風が直接体にあたらないようにする、扇風機と併用して効率的に冷気を循環させるなど、上手に使うコツを身につけましょう。

問 健康福祉課
  (電話086・482・2483)
 

 

 

広報はやしま  7月号
 令和元年7月1日発行  (通巻1940号)

■編集・発行 早島町役場まちづくり企画課
 〒701-0303 岡山県都窪郡早島町前潟360-1
■電話 086-482-0612 ■ファックス 086-482-3405

■E-mail  kikaku@town.hayashima.lg.jp
■URL http://www.town.hayashima.lg.jp

みなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか。
内容は分かりやすかったですか。
役に立ちましたか。

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。

広報はやしま音声読み上げページ

場面別で探す

  • 手続きナビゲーション
  • 妊娠・出産・子育て
  • 教育・文化
  • 就職・退職
  • 住まい・くらし
  • 結婚・離婚
  • 健康・医療
  • 高齢・介護
  • 障がい・福祉
  • おくやみ
  • その他