現在の位置

広報はやしま令和元年10月号

今月号の主な内容
P 2-3 町長所信表明
P 4-5 特集「考えよう!ゴミのこと」
P 6-12 まちからのお知らせ
「旧姓併記11月5日スタート」ほか
P13-17 健康&福祉ガイド
「女性集団検診を受けましょう」
「インフルエンザ予防接種のお知らせ」ほか
P18-21 まちのイベントガイド、投句
P22-23 こどもガイド
P24-27 まちかど情報、投句
P28-31 まちのできごと

今月の表紙は、9月のはじめ夏休み明けの早島小学校前の1コマです。県下一斉あいさつ運動のこの日、小学校前でも地域の人や先生方がたくさん立って、子どもたちと元気なあいさつを交わしました。秋晴れの空の下、校門をくぐると中には子どもたちのお出迎えもたくさん。
気持ちの良いあいさつで始まると、今日も一日頑張れる気がしますね。

 

 

住んでいてよかったと思えるまちづくり

町長所信表明
 中川 真寿男

この度の町長選におきまして、町民の皆様をはじめ、各方面から力強いご支援と温かいご厚情を賜り、再び町政の舵取りを任せていただくこととなりました。このことは、大変光栄なことでありますとともに、その職責の大きさに身が引き締まる思いです。改めて、初心を忘れず、これからも早島町の発展のために、最善を尽くす決意です。

【新たな決意】
さて、私は1期4年の間、「町民の皆様が、安全、安心して暮らせ、豊かさが実感でき、いつまでも住み続けたいまち、早島の実現」に向けたまちづくりに取り組んできました。平成28年度に実施した町民アンケート調査では、「早島町にずっと住み続けたい」と回答した方が約9割と定住意向の高さが示され、町政を担う者としては非常にうれしい結果となりました。
これからの4年間におきましては、マニュフェストに「継続と挑戦」を掲げました。従来の取り組みを次のステージへしっかりと繋げるとともに、新しいことに果敢に挑戦し「住んでいてよかったと思える」まちの創造に向け取り組んでいきたいと考えております。
【町政運営の基本姿勢】
さて、人口は都市活力のバロメーターとしてよく利用されています。現在の日本は、少子高齢化を背景とした人口減少過程に入り、本町におきましても、高齢者人口が増加している現在の人口構成が続くと、世代交代のたびに町の人口は減少していくこととなります。
本町における人口に関する特徴としては、「町の人口移動は転入超過が続いている(左図1)」、「合計特殊出生率は県と全国を上回っている(左図2)」、「人口は増えているが高齢化が進んでいる(左図3)」、この3点が挙げられ、社会動態が増加しているこの好機を着実にものにしたいと考え、「高い出生率を活かし、いち早く人口の安定を図る」、「働く人に選ばれる住生活の環境・基盤を早急に整える」、「子育てを支える、子育てと両立する仕事を創出する」施策を展開し、若年層を呼び込んだり、企業進出を促進して新たな歳入と雇用を確保するなど、持続可能な都市経営を図るために、引き続き戦略的なまちづくりに取り組んでいきたいと考えております。
中でも中心となる施策は、JR早島駅及び役場周辺における土地利用の転換による、新定住促進地区の整備です。駅周辺を町の顔として、交通結節点だけの機能に留まらず、複合型拠点機能の導入を検討していきたいと考えております。また、地域包括ケアシステムの推進についても、住み慣れた地域で安心して暮らし続けていけるよう、引き続き取り組んでいきたいと考えております。そして防災です。情報の伝達や災害が発生した際の各自の行動が具体的に想定できる、現場からの情報を反映した生きた地域防災計画の改訂に取り組んで参りたいと考えております。
【重点的な取り組み】
これからの町政運営の重点項目として、「子育て・教育」、「健康・福祉・環境」、「安全・安心・まちづくり」の3つを掲げ、具体的な政策を展開していきます。
(左ページをご覧ください)
そして、令和3年を初年度とし、その後10年間のまちづくりを展望する第5次早島町総合計画の策定に向け、行政、議会、そして町民の皆様の英知を結集していきたいと思います。
【終わりに】
以上、2期目の町政を担当するにあたっての所信の一端を述べさせていただきましたが、町政の運営にあたっては、町議会、関係団体、そして広く町民の皆様の御参加と御協力を賜り、互いに相携えて早島町をもっと前へ進めるために全力で取り組む所存でございます。

 

 

【子育て・教育の分野】
・待機児童解消を目指し、保育士の処遇改善、離職防止対策の取り組み
・小学校、中学校での30人程度の少人数学級の継続
・ESD(持続可能な開発のための教育)の視点を踏まえたカリキュラムの構築
・小学校高学年での、専門の教員が指導する「教科担任制」の実施
・新たな国の制度である、義務教育学校に向けての検討
・子供から高齢者までスポーツに親しめる総合型地域スポーツクラブの展開
・「早島IGUSA花ござピンポン世界大会」の推進

【健康・福祉・環境の分野】
・健康寿命アップのための食事、運動、受診率向上に向けての取り組み
・住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続ける、包括ケアシステムの構築
・100歳体操を中心とした「たまり場」事業のさらなる推進
・町外移動のための事業実施
・リサイクル推進、CO2削減に向けての公共施設の整備

【健康・福祉・環境の分野】
・駅および役場周辺の市街化区域編入に向けての推進
・国道2号の渋滞解消に向けて、交差点改良や立体化の推進
・小浜の樋の蔵を活用し、多世代交流の場の提供
・実態に即した地域防災計画の変更、防災マップの更新
・水路改修を、農業基盤整備と浸水対策の両面から実施
・防災機能を備えた総合グランドの整備
・地場産業・農業の活性化や育成、支援
・企業誘致による新たな雇用と税収の確保
・団地等の老朽化した水道管の更新と耐震化
・町北部地区に小売商業施設の誘致
・早島駅のバリアフリー化と子育て支援にかかる複合型拠点機能の導入

 

 

考えよう!ゴミのこと
 
日々の生活でどうしても出てしまう『ごみ』。食べ物の残りや容器、生活品の包装など、毎日たくさんのごみが生まれます。生活をしていればごみが出るのは仕方のないことですが、ごみを燃やせば二酸化炭素の排出につながり、埋め立てごみは限りある埋立地の残量を減らしていきます。早島町のごみ処理料金に跳ね返る経済的な問題でもありますし、地球規模での課題でもあります。
どうしても出てしまうごみだからこそ、一人ひとりの工夫で少しでも減らせるよう考えてみませんか。

■ごみの種類とその量は?

ごみの種類は、大きく『可燃ごみ』『不燃ごみ』『資源ごみ』の3種類に分けられます。それぞれの量は次のようになっています。
皆さんのご協力により、可燃ごみ、不燃ごみともに大きな増加は見られませんでした。しかし、資源ごみの回収量は年々低くなってきています。もしも「資源となるもの」、例えば、段ボールや紙クズ、ペットボトルなどが可燃ごみに混ざっているとしたら、まだまだ可燃ごみを減らせるかもしれません。


■実践!可燃ごみを減らそう作戦!!

・封筒やメモ紙など、ついごみ箱に捨てていませんか?これら紙は小さなものでも紙類として資源ごみに出せます。紙袋や紙封筒など、ごみ箱の近くに用意しておいて、紙ごみはその中に捨てる習慣をつけてみてください。紙袋や紙封筒はいっぱいになったら、そのまま縛るか入口をテープで止めて紙類の回収で出すことができます。きっと可燃ごみの量が減ることを実感できます。可燃ごみのごみ袋の消費量も減って家計に優しい取り組みです。ぜひお試しください。

・家庭からの食品ロス(まだ食べられるのに捨てられている食品)の原因は、大きく「直接廃棄」「食べ残し」「過剰除去」の3つに分けられます。そして、例えば「直接廃棄」がさらに「買いすぎによるもの」や「長持ちしない保存方法によるもの」に分けられるなど、食品ロスの原因は細かく分類されます。食品ロスを減らすため、それぞれの原因ごとに適切な対策を取るよう、日常生活で気を付けることが大事です。
買いすぎをなくすために、「買い物に行く前に冷蔵庫の中を確認する」、「食べられる分の料理を作る」、といった日常生活のちょっとした配慮で食品ロスは削減できます。

 

 

■ごみ処理の費用ってどのくらいかかるの?

平成30年度の早島町のごみ処理経費は約1億2千5百万円で、そのうち約6割を倉敷市に委託している可燃ごみの焼却経費が占めています。
平成30年度も燃えるごみの焼却経費が増えたことにより、前年度に比べ約5百万円増加しました。可燃ごみで生ごみのうち約8割が水分といわれています。ごみの重量が減れば収集車両の燃費が向上するほか、焼却処理の際に水分を蒸発させるために使うエネルギーが減るため、CO2の発生を抑制することができ、環境への負荷が低くなります。生ごみは水分をよく切って出しましょう。
また、生ごみはたい肥にすることで資源になります。町では生ごみをたい肥にするために機器等を購入した場合にその費用の一部を助成する制度があります。詳しくはお問い合せください。


■ごみ捨てルールの確認をもう一度ご一緒に!

早島町でのごみ捨てルールは次のとおりです。
その1 町指定のごみ袋で名前を書いて
その2 袋に入らないものは、収集シールに名前を書いて、ごみに直接貼って(長さ1メートル、重さ20キロ以内)
その3 決められた日に決められた場所へ朝8時30分までに分別して


■リサイクルの取り組みは自治会でも!

ごみの減量化とリサイクルの推進を目的に、自治会・町内会が自主的に行う資源ごみ回収活動に対して奨励金(1キロあたり6円)を交付する制度があります。回収された資源ごみは町がリサイクル業者に買い取ってもらっています。次のグラフはその売上額です。ごみの減量のため資源ごみの回収にご協力ください。

■ごみ袋の売り上げ

ごみ袋の売り上げはごみ処理費用に充てられています。販売枚数は年々伸びており、平成30年度のごみ袋販売枚数(シール含む)は約53万枚で、昨年に比べて1万2千枚程度増加しています。早島町は人口も増えていますし、指定ごみ袋で正しく出されていることの結果かもしれませんが、水分を除いたり紙ごみの混入を減らすことで、まだ減らせるかもしれません。ご協力お願いします。

問 町民課
(電話086・482・0613)
 

 

 

令和元年度全国学力・学習
状況調査全国平均を上回る!
 
4月18日に全国学力・学習状況調査が全国の小学6年生、中学3年生を対象に実施されました。早島町では、その調査結果をもとに学力や学習状況を分析し、前年度までの教育指導の成果と課題を把握し、問題解決に向けて、小中連携した授業改善を進めています。そして、児童生徒一人ひとりが自らの学習習慣を振り返り、家庭学習の充実を図ってほしいと願っています。来年度の全国調査は、令和2年4月16日(木曜日)の予定です。
問 学校教育課(電話086・483・2211)
 

【積極的に取り組んでほしいポイント】
 小学校
○国語では、図表やグラフなどを用いた目的をとらえる問題において、全国平均を上回っており、必要な資料から情報を適切に取り上げ、関連付けることができています。一方で、記述式の問題には、無回答率が1割を超えているものがあり、普段から自分の意見をまとめて書くことを意識して実践しましょう。
○算数では、図形の面積の求め方を説明したり、資料の特徴や傾向を関連づけて判断の理由を記述したりする問題に課題があるため、筋道を立てて考察し、表現する応用問題に積極的に取り組みましょう。
 
中学校
○国語では、文章の構成や展開、表現の仕方について、根拠を明確にして自分の考えをもつことに課題があるため、新聞や読書を通して様々な文に触れたり、文章の種類による叙述の特徴を捉えながら読んでみましょう。
○数学では、連立二元一次方程式、反比例、確率などの短答式の問題に課題が見られたため、基礎基本の定着に向けて、前学年からの復習に取り組みましょう。
○英語では、与えられたテーマについて考えを整理し、文と文のつながりなどに注意して、まとまりのある文章を書くことに課題が見られます。英語で自分の意見や気持ちを表現するような課題に取り組みましょう。また、英検やラジオ基礎英語の聴取などにも挑戦してみましょう。
 

 

 

【平日の読書時間】

★平日の読書時間が30分未満の割合は、小学6年生が77%と全国の差が大きく、読書離れの傾向が見られます。また、新聞をほとんど読まない中学3年生は71%であり、家族で町立図書館を活用し、新聞を読んだり、読書をしたりする時間をもち、感想を話し合いましょう。
★自主学習として、新聞の社説やコラムの書き写や音読、記事を読んで自分の考えを入れて日本語や英語で感想を書くなど、新聞をもっと学習に取り入れましょう。
 

 

 

令和元年11月5日スタート!

住民票とマイナンバーカードに旧姓(旧氏)が併記できます!

11月5日(火曜日)から申請により、住民票、マイナンバーカード(個人番号カード)へ旧姓(旧氏)が併記できるようになります。
婚姻等で氏に変更があった場合でも、氏名とともに従来称してきた氏(旧姓)を住民票やマイナンバーカードに記載することで、契約など様々な場面で、旧性(旧氏)で本人確認の証明が可能となります。なお、記載できる旧姓(旧氏)は一人ひとつです。

◆住民票・マイナンバーカードに載せることができる旧姓

1.はじめて旧姓を載せる際には、任意の旧姓を選べます。
・一度載せた旧姓は、婚姻等により再度氏がかわってもそのまま使用できます。
・旧姓記載は、他市区町村に転入しても引き続き使用できます。
2.旧姓を載せた後、婚姻等により氏が変わった場合は、直前の旧姓に限り変更できます。
3.必要がなくなった場合などには、旧姓併記を削除することは可能です。ただし、再度旧姓を載せたい場合は、削除後に氏が変更した場合に限り、削除後に新たに生じた旧姓の中から一つを選んで載せることができます。

・旧姓(旧氏)を併記するためにはどうしたらいいの?
住民票に旧姓を併記するための請求手続が必要になります。住民票に旧姓が併記されると、マイナンバーカードや公的個人認証サービスの署名用電子証明書、印鑑登録証明書にも旧姓が併記されます。
 
◆申請時に必要なもの

・戸籍謄本等
希望する旧姓が記載されている戸籍(除籍・改製原戸籍)謄本から、現在の氏が記載されている戸籍に至るすべての戸籍謄本
・マイナンバーカードまたは通知カード

STEP1
旧姓が記載された戸籍謄本等を用意しましょう
          ▼
STEP2
用意した戸籍謄本等と一緒にマイナンバーカード(通知カード)を持って、窓口へ!
 
問 町民課
        (電話086・482・2482)

 

 

迷惑してます!野外焼却
 
簡易な焼却炉やドラム缶などで廃棄物を焼却する、いわゆる「野外焼却」はダイオキシンを排出し人体に害を及ぼします。廃棄物処理法に
おいては、以下のような一部の例外を除き、「野外焼却」が禁止されています。
町内でも早朝や夕方、夜にかけて家庭ごみなどの「野外焼却」を行い、黒煙・悪臭を発生させるといった事例もあります。周辺に迷惑な行
為となりますので、ごみは各地区のごみステーションに出して、家庭での「野外焼却」はやめましょう。

<焼却禁止の例外となる焼却>
・風俗習慣上または宗教上の行事
・農業を営むためにやむを得ないもの
・たき火、落ち葉焚きなどであって軽微なもの など

問 町民課
(電話086・482・0613)


あなたの募金は、あなたの町へ
赤い羽根共同募金
 
共同募金運動は、「地域福祉の推進」という目的のもと、募金活動を通じて町民一人ひとりの「思いやりの心」を掘り起こすとともに、寄
付により「福祉のまちづくり」に参加できる仕組みです。
本年度も「じぶんの町を良くするしくみ。」をテーマに10月1日から12月31日まで、様々な形で共同募金運動を実施します。温かい
ご支援とご協力をお願いします。詳細については、折込チラシをご覧ください。

問 早島町共同募金委員会
(早島町社会福祉協議会内)
(電話086・482・3000)
 
 
セアカゴケグモ(毒グモ)にご注意ください!!

若宮団地内で、特定外来生物のセアカゴケグモが確認されました。
セアカゴケグモはオスとメスで姿が異なり、メスは毒を持っているため、咬まれると重症化する恐れがあります。メスの特徴は身体が全体的に黒く、背に赤色の帯状の模様があるのが特徴で、体長は約1センチメートルです。
強い毒を持っていますが、攻撃性のないおとなしいクモです。素手で捕まえたり触ったりしなければ、咬まれる恐れはありませんが、小さいお子さんがいる家庭では注意して下さい。冬でも断熱性の良い小空間で過ごしています。
日ごろからセアカゴケグモが生息しそうな場所に注意し、蜘蛛の巣があれば取り払うなど、生息できない環境づくりを心がけましょう。

<生息場所>
・日当たりが良く、暖かいところ
・昆虫や小動物などの餌が豊富にあるところ
・巣を張る適当な隙間があるところ
・排水溝やグレーチング、フェンスの基部などの低いところ
<駆除方法>
・クモに直接、市販の家庭用殺虫剤(ピレスロイド系)を噴霧するか、靴で踏みつぶして駆除してください。
・卵は、完全に踏みつぶすか、焼却してください。
<咬まれた場合の対応>
・患部を流水や石けんで洗い、速やかに医療機関を受診してください。
(この際、殺したクモを持参すると適切な治療に役立ちます。)

問 町民課
(電話086・482・0613)
 

し尿汲み取り手数料の改定について
 
令和元年10月1日から、消費税の増税に併い、し尿汲み取り手数料が次のとおり改定されますのでお知らせします。
ご理解のほどよろしくお願いします。

現行
36リットルまで330円
36リットルを超える場合、18リットル増すごとに165円

令和元年10月1日より
36リットルま340円

36リットルを超える場合、18リットル増すごとに170円

問 町民課
(電話086・482・0613)
 

 

 

早島観光ボランティアガイド募集

早島観光ボランティアガイドは、町の歴史や特徴について、早島町を訪れる人たちに案内をしている団体です。
町外からのグループや団体のガイドはもちろん、早島町の子どもたちの郷土学習のお手伝いや、公民館行事での歴史紹介ブースの出展などの活動を行っています。この度一緒に活動できる仲間を募集します。
早島観光ボランティアガイドの魅力
1.知識が増える!
新しい学びがたくさん。いつも通り過ぎるだけの建物や史跡の意味が分かるだけで、毎日がちょっと楽しくなります。
2.よく歩く!
早島町を訪れる団体からオファーを受けて、町内を散策しながらガイドします。歩くことも多いので、とても健康的です。
3.いろんな人と知り合える!
町外や県外の人と話をしたり、学校の子どもたちと一緒に勉強したり、いろいろな人との触れ合いがあります。

問 早島町まちづくり企画課
(電話086・482・0612)
 

令和2年度保育園、幼稚園の入園申込について
入園申込書の配布は10月28日から
 
令和2年度の入園申込書を10月28日(月曜日)から町役場健康福祉課の窓口で配布します。(現在、入園中の人は、各園から申込書をお渡しします。)
入園申込受付期間は11月5日(火曜日)から11月25日(月曜日)までです。詳細は広報はやしま11月号をご覧ください。
昨年よりも早い時期となりますので、ご注意ください。なお、入園は申込受付順ではありませんので、あらかじめご了承ください。

問 健康福祉課
(電話086・482・2483)

 
農業用ため池の届出が必要となります
 
「農業用ため池の管理及び保全に関する法律」が制定され、農業用ため池を所有又は管理している人は、施設に関する情報を届け出ることが義務付けられました。
<届出の対象>
農業用に利用される全てのため池
※現在農業用に利用されていない施設でも、過去に農業に利用され、今でも利用可能な状態にある場合には、届出が必要です。
<届出の時期>
現在あるため池については、令和元年12月末まで
※ため池を新設・廃止した時や届出内容に変更がある場合は随時
<届出者>
農業用ため池の所有者
※所有者が不在、不明の場合は管理者
<届出の内容>
1.ため池の名称
2.ため池の所在地
3.所有者・管理者の情報(氏名(名称)、住所など)
4.ため池の諸元(堤高、堤頂長、貯水量)

<届出先> 早島町建設農林課
(電話086・482・0614)


消費生活相談窓口からのお知らせ
 
災害に備えて日ごろから安全対策を!!

いつ起こるか分からない災害に備え、日ごろから安全対策を行いましょう。

◇家具の安全対策点検
地震に備えて、転倒防止器具を使い、家具の転倒、落下、移動防止対策をしましょう。対策を行う家具の形状や重さに合った器具を選び、正しく設置することが重要です。既に設置しているものについても、再確認しましょう。
◇防災用品の点検
災害時に懐中電灯、ラジオ等が使用できないことがないように確認しましょう。
◇避難経路の確保避難の妨げにならないよう、出入り口や避難経路に倒れやすい家具を置かないようにしましょう。
◇連絡方法の確認
近隣の避難場所や家族の間で安否確認のための手段を確認しましょう。例えば各電話会社が提供する災害用伝言板サービス等の使い方を調べておくのもいいでしょう。
また自然災害が起きた後は、住宅修理や便乗商法など様々な相談が寄せられますのでご注意ください。

困ったときはひとりで悩まずお気軽にご相談ください。
消費者ホットライン 188(イヤヤ)
問 まちづくり企画課
(電話086・482・0612)

 

 

安全は地域のきずなとあなたの意識
 
10月11日(金曜日)から20日(日曜日)の10日間は「安全・安心まちづくり旬間」
 
この旬間は、「安全・安心まちづくり」に対する県民の皆さんの理解と活動への参加の機運を高め、ひとりでも多くの人に安全・安心なまちづくりに取り組んでいただくために設けられています。
犯罪等を未然に防ぐためには、警察、町、防犯ボランティア、そして住民が一体となって取り組むことが必要です。身近なところから地域の安全を守るために、まずはご家族で防犯について話し合い、安全・安心まちづくりをすすめていきましょう!
町内では、安全安心なまちづくりを進めるために、各地域の登下校見守りボランティア、青色防犯パトロール活動を行う早島交番自主パトロール隊など多くのボランティア団体が活躍しています。そうした活動により犯罪の発生が抑制され、平成30年の県内の刑法犯認知件数は、平成14年の戦後最多当時の4分の1以下に減少しています。
また、地域の犯罪抑止には、地域の連帯感と絆が大きな役割を果たします。そのきっかけとして、「あいさつ・声かけ」があります。あいさつ・声かけは誰でもすぐに取り組める防犯活動です。みなさんがそれぞれの地域であいさつ・声かけに取り組み、明るく楽しく安全・安心な早島町を作りましょう。
 

入札結果の公表
7月分

【建設農林課】
■町営住宅噂島団地公園内植栽工事
工事場所 早島地内
請負業者 株式会社ふうりん
契約金額 5,611,680円
落札率 86.6%
工期 契約日から令和元年9月30日
概要 団地内公園用地の植栽

■町道286号線道路詳細設計 業務委託
工事場所 早島地内
請負業者 内海建設コンサルタント株式会社
契約金額 4,259,200円
落札率 78.7%
工期 契約日から令和元年12月27日
概要 狭隘道路拡幅等の設計

問 総務課
(電話086・482・0611)
 

 

 

請求手続きはお早めに
10月1日 年金生活者支援給付金制度がはじまります

年金生活者支援給付金は、公的年金等の収入や所得額が一定基準額以下の年金受給者の生活を支援するために、年金に上乗せして支給されるものです。
受け取りには請求書の提出が必要です。ご案内や事務手続きは、日本年金機構(年金事務所)が実施します。
<対象となる人>
■老齢基礎年金を受給している人
次の要件をすべて満たしている必要があります
・65歳以上である
・世帯員全員が市町村民税が非課税となっている
・年金収入額とその他所得額の合計が約88万円以下である
■障害基礎年金・遺族基礎年金を受給している人
次の要件を満たしている必要があります
・前年の所得額が約462万円以下である
<請求手続き>
1.平成31年4月1日以前から年金を受給している人
対象となる人には、日本年金機構から請求手続きのご案内が9月上旬から順次届きます。
同封のはがき(年金生活者支援給付金請求書)を記入し切手を貼って郵送してください。
2.平成31年4月2日以降に年金を受給しはじめた人
年金の請求手続きと併せて請求手続きをしてください。
<日本年金機構や厚生労働省を装った不審な電話や案内にご注意ください>
  日本年金機構や厚生労働省から、口座番号を聞くことや手数料などの金銭を求めることはありません。

  年金生活者支援給付金のご請求でお困りになったときには、お電話ください。
『給付金専用ダイヤル』0570・05・4092(ナビダイヤル)


プレミアム付商品券のお知らせ

商品券販売は10月5日から

プレミアム付商品券は、消費税・地方消費税率の引き上げに伴い発行されるもので、住民税(均等割)が非課税の人、小さな乳幼児(平成28年4月2日~令和元年9月30日生まれ)のいる子育て世帯主が対象となります。
プレミアム付商品券の販売は10月5日から始まります。購入引換券をお持ちの人は、期間内にお越しください。

販売期間 10月5日(土曜日)~令和2年1月31日(金曜日)土日・祝日、年末年始を除く8時30分~17時15分
※ただし、販売初日のみ土曜日(9時~16時)に販売します。
販売場所 早島町役場
持参するもの 購入引換券・本人確認書類(運転免許証・健康保険証等)・現金(購入代金)
※購入の際は、お釣りの出ないようにご準備ください。
商品券使用可能期間 10月5日(土曜日)~令和2年2月29日(土曜日)
商品券使用可能店舗
早島町内にある店舗で、公募により取扱事業所に登録した店舗
※最新の登録店舗一覧は、町ホームページに掲載しているほか、健康福祉課窓口で配布しています。
※対象者と見込まれる人で、申請書や購入引換券が届かない場合はお問い合わせください。
対象者
1.令和元年度(平成31年度)の住民税(均等割)非課税の人(ただし、課税者と生計同一の配偶者、扶養親族、生活保護受給者等は除く)
…申請が必要です。申請受付後、審査の結果該当すれば引換券を送付します。
2.平成28年4月2日から令和元年9月30日までに生まれた子どもがいる世帯の世帯主…申請は不要です。引換券を随時送付します。

問 対象者に関することについて
健康福祉課
(電話086・482・2483)
店舗等に関することについて まちづくり企画課
(電話086・482・0612)

 

 

 

子宮がん・乳がん・骨粗しょう症検診
 
女性集団検診を受けましょう

検診日 10月10日(木曜日)、16日(水曜日) 11月1日(金曜日)、13日(水曜日)
     ※11月1日(金曜日)はナイター検診もあります!
受付時間13時~14時 ※ナイター検診 17時30分~19時
※マンモグラフィ検査(40歳以上の女性が対象)は事前の予約が必要です。
 定員に限りがありますので、早めに健康福祉課までお申し込みください。
会  場ゆるびの舎健康づくりセンター
     (愛育委員による託児もあります。予約不要)
無料クーポン券の対象者の人へ
 下記の年齢の人には、無料クーポン券をお送りしています。対象のがん検診が無料で受診できます。
ぜひご利用ください!
 
無料クーポン券対象者一覧  (令和2年4月1日時点での年齢)
年齢 生年月日 性別 無料クーポン券の種類
21歳 平成10年4月2日~平成11年4月1日 女*子宮がん
41歳 昭和53年4月2日~昭和54年4月1日 女*乳がん(視触診及びマンモグラフィ)

・乳がん
 日本では、乳がんにかかる女性が年々増えています。早くに見つけて治療すれば、良好な経過が期待できます。乳がん早期発見の秘訣は月1回の自己検診を習慣づけるとともに、検診を定期的に受けることです。
 自己検診で異常を感じたら、すぐに医療機関を受診しましょう。
・子宮頸がん
 若い世代に増加しています。初期には症状がほとんどありませんが、無症状の時から医療機関の診察や検診などで、早期に発見することが可能です。検診を受けることは子宮頸がん予防と早期発見への第一歩です。

問 健康福祉課
  (電話086・482・2483)


 
歯周病検診は10月末で終了です!
 
 朝起きた時に口の中がネバネバする、歯磨きの時に出血する、口臭が気になる…などの症状が気になれば、歯周病かもしれません。歯周病は、病原菌が炎症を起こしたり、血液に乗って全身に運ばれ心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすなど、全身の健康に影響を及ぼします。
 いつまでも自分で食べることができる健康的な歯を守るため、早島町では次のとおり歯周病検診を行っています。この機会にぜひ検診を受け、健康づくりに役立ててください。

対象者 町内在住の今年度20歳、30歳、40歳、50歳、60歳、70歳、80歳になる人

20歳*平成11年4月1日~平成12年3月31日
30歳*平成 1年4月1日~平成 2年3月31日
40歳*昭和54年4月1日~昭和55年3月31日
50歳*昭和44年4月1日~昭和45年3月31日
60歳*昭和34年4月1日~昭和35年3月31日
70歳*昭和24年4月1日~昭和25年3月31日
80歳*昭和14年4月1日~昭和15年3月31日

実施時期 6月1日(土曜日)~10月31日(木曜日)
実施場所 歯周病検診が受診できる歯科医療機関については、広報紙6月号に折込のけんしんのご案内

もしくは早島町ホームページ(http://www.town.hayashima.lg.jp/)をご覧ください。
                            

受診方法 医療機関へお問い合わせの上、ハガキ(町からの個別通知したもの)と健康保険証と健康手帳(お持ちの場合)を持参してください。
個人負担 500円 ※住民税非課税世帯、生活保護世帯で減免を希望する場合は、受診前に早島町役場健康福祉課の窓口で「無料券」の申請手続きをしてください。医療機関の窓口で無料券を提示すれば無料で受診することができます。

問 健康福祉課 (電話086・482・2483)
 

 

 

はやしま まちの保健室

【歯についてのお話 ~歯周病について知ろう~】
 
歯周病とは?…歯垢(プラーク)が原因となって歯と歯を支える組織に起こる病気です。また、40歳代以降で歯を失う原因は歯周病が第1位となっており、進行すると生活に大きく影響することもあります。
 
歯周病予防のための食生活 ~よくかんで食べよう~
  よくかむことにより、歯周病だけでなく、肥満予防、味覚の発達、脳の発達、がん予防などにも効果があります。
よくかむためのポイント

1 食材は大きく切る
2 肉や魚は加熱してかみごたえアップ
3 揚げたり、焼いたりして水分を減らす
4 複数の食材を組み合わせる
5 うす味にする
6 好き嫌いせずいろんなものを食べる


かむ回数が多い食材
・豚肉
・牛肉
・いか
・油あげ
・かまぼこ
・高野豆腐
・りんご
・なし
・ナッツ
・ごぼう
・れんこん 等


問 健康福祉課
(電話086・482・2483)

 

 

インフルエンザ予防接種のお知らせ

インフルエンザは普通のかぜに比べて全身症状が強く気管支炎や肺炎を合併し、重症化することが多いのが特徴です。発病や重症化を防ぐためには、毎年流行する前に予防接種を受けておくことが有効です。

接種期間 令和2年1月31日(金曜日)まで
※開始月日は医療機関により異なりますので、ご確認ください。
対象者
1.65歳以上で予防接種を希望する人
昭和29年9月30日以前に生まれた人には個人通知のハガキを郵送しますので、接種日に医療機関へ持参してください。(昭和29年10月1日から昭和30年1月31日生まれの人には、65歳の到達日から自己負担額2千円で接種できるハガキを郵送します。)
2.60歳から64歳で、心臓、腎臓、呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障がいや、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障がいがあり(身体障害者手帳1級程度)予防接種を希望する人(接種時に身体障害者手帳または診断書が必要です)
接種回数 原則1回
※基礎疾患があり著しく免疫反応が抑制されている場合で、主治医が必要と認めた場合は2回
自己負担金 2,000円
接種料金の減免 世帯全員が住民税非課税の人、生活保護世帯の人で減免を希望する人は、接種前に必ず印鑑とハガキ(対象1.の人のみ)を持って健康福祉課窓口にて申請してください。

減免申請の際に本人以外が申請する場合は、運転免許証等の身分証明が必要となります。代理人が代理申請する場合、本人からの委任状をご持参ください。申請書及び委任状は窓口で配布を行う他、ホームページからもダウンロードできます。

接種方法
かかりつけの医師によく相談のうえ、直接医療機関に申し込んでください。
持っていく物
対象者1.の人 健康保険証または後期高齢者医療被保険者証、個人通知のハガキ
対象者2.の人 健康保険証または後期高齢者医療被保険者証、身体障害者手帳または診断書

【インフルエンザの予防】
・家に帰ったら、手洗いをしましょう。
・人混みに入る場合にはマスクを着用しましょう。
・特に高齢者や慢性疾患を持っている人などは、人混みを避けましょう。
・十分な睡眠、バランスの良い食事などに心がけて、抵抗力をつけましょう。
・室内では加湿器を使うなど適度な湿度を保ちましょう。
【かかったかな?という時は】
・ 早めに医療機関を受診しましょう。
・ 必ずマスクを着用して受診しましょう。
・ 周りの人にうつさないように「咳エチケット」を心がけましょう。
・ 水分を十分とり、安静にして休養をとりましょう。
・ 家庭に残っている解熱剤は勝手に使用せず、医師に相談してください。

問 健康福祉課
(電話086・482・2483)
 

10月保健ガイド

知的障がい者相談
日時 10月9日(水曜日)
13:00~15:00(相談時間)
場所 栴檀の家

こころの健康相談(要予約)
日時 10月23日(水曜日)
13:00~14:00
場所 栴檀の家
※専門医師が相談に応じます。

問 健康福祉課
(電話086・482・2483)
 

 早島の人の動き
(令和元年9月1日)
前月比
町人口/ 12,522 人 (-31人)
男性/ 6,029 人 (-18人)
女性/ 6,493 人 (-13人)
世帯数/ 4,996 世帯 (-10世帯)
 

おくやみ申し上げます
 
白根 トミエ 85歳(8月7日、ニュー早島)
岩井 親好 88歳(8月8日、塩地)
坂本 紘平 79歳(8月18日、若宮)
亀山 保 94歳(8月23日、宮崎)
小池 満 75歳(8月24日、中山団地)

 

 

 

地域包括支援センター便り

問 地域包括支援センター
(電話086・482・2432)

認知症予防教室のお知らせ

皆さんで一緒に脳トレをすることで楽しく脳を活性化させましょう。

第3回
10月10日(木曜日)13時30分~15時
西コミュニティーセンター

第4回
11月11日(月曜日)13時30分~15時
オアシス早島 2階会議室

内容
・認知症について、認知症予防についての講話や体操
・脳トレ、レクリエーション
・認知症サポーターについて
・もの忘れ相談プログラム体験等
参加費 無料
申込
地域包括支援センターにご連絡ください。

早島町アルツハイマー月間イベントを開催しました

映画「ケアニン~あなたでよかった~」上映会に94名がお越しくださいました。ご参加ありがとうございました。

感想をいただきました
85歳女性「認知症の方への介護について具体的に分かった。」
79歳男性「あのようなデイサービスなら行ってみたい。」
90歳女性「優しい介護士さんだったら自分も介護されたい。」

アルツハイマー月間に合わせて町立図書館では9月に認知症に関するコーナーが設けられました。認知症に関する本の貸し出しも多く見受けられ、認知症についてより知っていただける機会になったのではと思います。図書館には平素から認知症関係の本もたくさんあります。お気軽に司書までお問い合わせください。

成年後見制度(権利擁護)の相談会

高齢者の権利を守ることの相談や成年後見制度(法定後見・任意後見)に関するご相談があれば地域包括支援センターまでお寄せください。
無料相談日には、司法書士や弁護士等のアドバイザーによる個別相談会も実施します。

無料相談日
(社会福祉士)
第3回
10月30日(水曜日)
14時~16時
※前日までに予約が必要です。

 

 

正しい口腔ケアしてますか?
 
歯や口腔機能を保つことで、健康長寿(元気に自立して日常生活を送ること)に役立ちます! 正しい口腔ケアでいつまでも元気に!!

 お口の健康長寿豆知識
1.歯の本数が多いほど寿命が長い
2.残っている歯が多い、または義歯等で口腔機能が維持できていると、認知症のリスクが低い
3.口腔機能が維持できていると、姿勢や歩行が安定する
4.口の中を清潔に保つと誤嚥性肺炎の予防になる
5.口腔ケアで歯周病が改善すると、脳卒中や心筋梗塞などの病気のリスクが減る

<義歯のケアのポイント>
1.流水で義歯の食べかすを洗い落としましょう
2.義歯専用ブラシ等を使い、丁寧に汚れをおとし、よく洗い流しましょう!
(注意:歯磨き粉は義歯を傷つける可能性があります。使う場合は義歯専用を!)
3.1日1回は義歯洗浄剤を使用し、義歯の細菌を除去しましょう。
4.口の中の歯、粘膜や舌のケアをしましょう


あいうべ体操

お口の体操をしましょう!まずは10回。慣れてきたら30回挑戦!
「最近食欲が減った」「体重が減った」「転びやすくなった」などの兆候は、もしかしたら口の機能や義歯の問題かもしれません。お口の体操や定期的な歯科受診を行う事で、お口の健康を保ち、健康長寿を目指しましょう!

 
地域包括支援センター 10月の行事予定
日にち 時間 行事 場所
1日(火曜日) 10時~16時 ゆめひろば ドリームハウス
2日(水曜日) 13時30分~15時30分 いきいきボランティア養成講座 早島町役場
8日(火曜日) 13時30分~15時 介護予防教室 オアシス早島
10日(木曜日) 13時30分~15時 認知症予防教室 西コミュニティセンター
16日(水曜日) 13時30分~15時30分 いきいきボランティア養成講座 オアシス早島
21日(月曜日) 14時~15時 成年後見制度基礎講座 早島町役場
29日(火曜日) 13時30分~15時 介護予防教室 オアシス早島
30日(水曜日) 13時30分~15時30分 いきいきボランティア養成講座 早島町役場
30日(水曜日) 14時~16時 成年後見制度無料相談会 早島町役場
31日(木曜日) 13時30分~15時 認知症予防講演会 オアシス早島
 

 

 

2019はやしま生涯学習まつり
生涯学習まつりの季節がやってきました

秋はいろいろなものが収穫される「実りの秋」と言われます。皆さんも、この1年間で実った成果や作品を披露してみませんか。この機会に学びの輪が広がり、新たな発見が生まれるかもしれません。
今年の生涯学習まつりのテーマは「心豊かな生活を!」。
生涯学習を通して、皆さんの生活に彩りを加え、心豊かな生活を過ごしていただきたいという願いを込めました。詳しくは今月号折り込みのパンフレットをご覧ください。

問 生涯学習課 (電話086・482・1511)
 

晴れの日を自分たちで演出!
令和1年早島町成人式実行委員募集
 
今年度の成人式(令和2年1月12日(日曜日))対象者の中で、成人式を自分たちで作り上げようという意欲のある新成人、ぜひ実行委員に立候補ください。
募集人数 10名程度
内容 記念品、アトラクションなどの企画・実施
予定 11月上旬第1回実行委員会、以降定期的な会議を行います。(原則月1回程度 平日の19時頃~ もしくは土曜日の日中ゆる
びの舎内会議室など)
応募締切 10月18日(金曜日)
応募方法 町ウェブサイトの専用申込フォーム
または、携帯電話のQRコードから

問 生涯学習課 (電話086・482・1511)
 

五七五のことばの世界へ
第17回はやしま俳句大会参加者募集

早島町の不老の道などを散策しての吟行並びに当季雑詠。
開催日 11月2日(土曜日)
日程 10:00(受付)
12:30(投句締切)
15:00(句会終了予定)
会場 ゆるびの舎・研修室
投句 数 5句
選者 平  春陽子先生
奥山  登志行先生
木村  英一郎先生
伴   明子先生
石井 宏幸先生
賞品(特選句) 選者から色紙・短冊の贈呈
参加費 不要(昼食等は参加者で用意)
募集締切 10月20日(ただし、先着40名)

問 ゆるびの舎 (電話086・482・4800)
 

今年の優勝はどの地区に!?
第62回町民運動会
 
今年もやってきました!スポーツの秋恒例の町民運動会です。隣近所で力を合わせて、大人も子どもも大活躍!大きな声援と活気にあふれる会場にぜひお越しください。

日時10月6日(日曜日)
8:30~13:30
会場 南グランド
詳しくは今月号折り込みのプログラムをご覧ください。

問 生涯学習課 (電話086・482・1511)

 

 

 

世界の頂点を目指せ!!
第2回早島IGUSA花ござピンポン世界大会開催決定!

昨年大きな反響のあった花ござピンポン世界大会を今年も開催することになりました。
花ござピンポンは、い草で織られた花ござを表面に使用したラケットで行う新感覚の卓球競技です。ラバー替わりの花ござの凹凸が勝敗を左右するため、卓球の初心者にも勝利の可能性が広がります。卓球経験のない人も大歓迎です。
「岡山はピンポン伝来の地」「早島は花ござピンポン発祥の地」です。早島の「IGUSA」文化の魅力を世界に発信!!子ども・初心者向けの卓球教室や、中学生・高校生や留学生によるカフェも充実しています。

日時 11月23日(土曜日)祝   9:00~
会場 早島中学校体育館
定員 120名
種目 ダブルス(1人での申込も可能です。ペアは実行委員会で決定します)
大会形式 予選リーグ戦&決勝トーナメント
参加費 無料 全員にステキな参加賞あり!上位入賞者には賞状・副賞があります。ぜひご参加ください!
申込 所定のチラシ(公民館、ゆるびの舎、ホームページからダウンロード)またはホームページから
申込期限 10月31日(木曜日)
主催 早島IGUSA花ござピンポン世界大会実行委員会

問 生涯学習課(電話086・482・1511)

 
あこがれのスタインウェイで演奏を
みんなのスタインウェイ・ピアノリレーコンサート
 
2日間で約200名のピアニストが演奏します。個性あふれる演奏に温かいご声援をお願いします。

日時 10月19日(土曜日) 13:00~18:00

10月20日(日曜日)10:00~18:00※終演
※終演は変更になる場合があります。
会場 ゆるびの舎・文化ホール(入場無料)

問 ゆるびの舎 (電話086・482・4800)
 

今年も響く ふるさとの歌
早島ふるさと音楽祭2019
 
日時 12月8日(日曜日) 開場13:30 開演14:00
会 場 ゆるびの舎・文化ホール ※入場無料
※10月12日(土曜日)からゆるびの舎で整理券を配布します
第1部 ミニ・コンサート:早島少年少女合唱団、さつきコーラス、早島中学校吹奏楽部
第2部 ゲストステージ「アンサンブルくらしきピアノトリオ」
第3部 組曲「ふるさと早島」
指揮 矢内直行
弦楽・ピアノ アンサンブルくらしき、倉敷アカデミーアンサンブル
合唱 早島少年少女合唱団、さつきコーラス、早島中学校吹奏楽部、アンサンブル早島

問 ゆるびの舎 (電話086・482・4800)

 

 

芸術の秋!WEEKENDコンサートを月2回開催します♪

No.262”ゆるび”WEEKENDコンサート
ゴスペルの夕べ
 
日時 10月11日(金曜日)
     開場18:30 開演19:00
会場 ゆるびの舎・エントランスホール
    ※入場無料
出演 Y.S.JoyFriends
プログラム Joyful Joyful, I will follow him, This little lite of mine,Power Praise 他
問 ゆるびの舎(電話086・482・4800)


No.263”ゆるび”WEEKENDコンサート
「黄金に染まる実りの秋」音楽の夕べ

日時 10月25日(金曜日)
    開場18:30 開演19:00
会場 ゆるびの舎・エントランスホール
    ※入場無料
出演 ゆたんぽ(オカリナ演奏)
プログラム いつでも夢を(吉田正)、暖簾(永井龍雲)、
    灰色と青(米津玄師) 他

問 ゆるびの舎(電話086・482・4800)


図書館だより

図書館臨時休館について

 ゆるびの舎 館内工事のため 下記の期間、臨時休館します。
 大変ご迷惑をおかけしますが、ゆるびの舎の円滑な運営のため、ご理解とご協力をよろしくお願いします。
図書館臨時休館期間 10月22日(火曜日)~10月30日(水曜日)
※県立図書館インターネット予約資料の受渡し、一部新聞の閲覧は行いますのでご利用ください。

☆ストーリーテリング
10月5日(土曜日) 15:00~ 1階おはなしのへや
図書館ボランティア おはなしの会かたつ夢り
 ろうそくを灯してお話を語ります。お話の世界を一緒に楽しみましょう。
 
☆かみしばいのじかん
10月13日(日曜日) 14:00~ 1階おはなしのへや
図書館ボランティア はやしま本だいすきの会
 絵本や紙芝居の読み聞かせなどをしています。
 
☆おはなしの時間
休館日を除く毎週木曜日 10:30~11:00 
1階おはなしのへや(10月3,10,17日)
職員による読み聞かせなどをしています。
 
★ブックスタート★
対 象 者
平成30年10月生まれ以降の乳児健診対象者。(町民課でお申し込みいただくと、図書館からお知らせ葉書が届きます。図書館でも随時実施していますが混み合うことがありますので、なるべく下記実施日をご利用ください。)
実施日 10月15日(火曜日)13:30~
実施場所 乳児健診会場(健康づくりセンター)
*ブックスタートについては、図書館にお問い合わせくださるか、ホームページをご参照ください。
 http://www.bookstart.net
 
図書館カレンダー 10月のお休み
7,15,21~31日
☆10/31は電話対応可☆
問 町立図書館(電話086・482・1513)
 

 

 

心映るの投句
俳句・短歌

第520回早島俳壇定例句会作品   石井宏幸 選

顔の皺汗を溜め込み切子吹く 筑後 道明
この句の場合、切子は灯籠(秋の季題)ではなく、硝子。硝子製品の切子をその涼しさから夏の季題とする歳時記もあるが、吹くとあることから、硝子工房のただならぬ熱の中でのこと。この句の季題は汗で、顔中の玉の汗は、流れ滲んで皺にま
で溜まる。俳人の観察眼が見出した丹精の証。

火砕流跡を残して山茂る 石井美由紀
この句の山は島原半島の普賢岳。平成三年の大火砕流では四十四名の犠牲者を出す大惨事となったが、新山の峨々たる溶岩ドームと、今なお縦横にありありと残る火砕流の跡を除き、全山を覆う緑という自然の力を見たのである。

秋暑し壁に残れる釘のあと 郷原 和美
壁一面にある暑さは、とりとめのないただの暑さだ。しかし、作者がそこに釘跡を見つけたとたんに、ただの暑さは釘跡という特定した暑さとなったのだ。釘跡が、残る暑さである秋暑と響き合う。

出目金の尾を振りながら買はれゆく 大崎 弘子
炎天に烏城の姿遠くなる 石井 淳也
蹴り上ぐる膝鋭角に阿波踊 坪井 信幸
海紺青サントリーニの驢馬の汗 中村 清子
道端に被災ゴミなる冷蔵庫 谷水 勝利
夕顔に今日の一ト日を語りかけ 佐藤 寛
海の日やただ海だけを眺めゐる 青葉 恵子

行間は孤独の白さ野の分聞く 石井 宏幸
鉄柵の錆ぶるがままに灸花 坪井日出夫

▽坪井日出夫特選三句
その底に罅てふ虚ろ田水沸く 石井 宏幸
母の後いつしか追うて盆支度 大崎 弘子
かざしてホイ掬うてホイと盆踊 谷水 勝利
 
*毎月第三日曜日13時30分から中央公民館で句会を行っています。
*俳句は五・七・五であること、季語が入っていることが約束です。
*どなたでも十句を用意してご参加ください。
*問い合わせ 坪井(電話086・483・2157)
筑後(電話086・482・2339)


早島短歌会7月詠草 濱田 棟人 選
(作者は、あいうえお順)

誕生日迎へて七十九歳なり頑張つたなあと自
分を褒める 岡本 稔子
金網に縋りて老婆が一歩また一歩と進むまだ
見ぬわれか 川上 安代
工事場で人の出入が日々替り何とはなしに落
着かぬわれら 鈴木 信子
ウイーンに滞在中のわが友よ街に馴染んでい
つ帰るのか 溝手 和子
愛しさと憎さ募れどわが夫は知らん顔して
「おい」と呼ぶなり 安原 敏子
今日も雨樹々のみどりも鬱陶しい白い頭が硝
子に映る 安原 知子

▽選者< 濱田 棟人 詠草
敗戦前夜の勝山の町に谷崎と荷風とがすき焼
きを食ふ面白さ
 
*短歌会は中央公民館で毎月第3土曜日、14時から行っています。
*「一首から五首まで」お持ちくだされば、どなたでも参加できます。
*入会希望者は、ゆるびの舎または中央公民館にお申し込みください。
 

 

 

Hello Babies
こんにちは赤ちゃん
 
8月生まれの赤ちゃん
 
山崎 央雅ちゃん男の子(8月2日・長津・畑岡)父・洋揮、母・智子
西園 令ちゃん男の子(8月3日・長津・畑岡)父・幸弘、母・仁美
今滝 昊良ちゃん男の子(8月6日・大池)父・大翼、母・舞
立古 ららちゃん女の子(8月12日・長津・畑岡)父・智史、母・紗代子
武部 想世ちゃん女の子(8月13日・舟本)父・康春、母・泰子
藤原 哲生ちゃん男の子(8月20日・長津・畑岡)父・隼人、母・愛
川上 莉央ちゃん女の子(8月26日・宮崎)父・友博、母・尚実
前田 紗良ちゃん女の子(8月26日・片田)父・修作、母・真梨
青葉 悠花ちゃん女の子(8月30日・市場)父・寛、母・真里


For Health
保健情報
 
予防接種を受けましょう!
 
感染症にかからないように、また他の人にうつさないために予防接種で免疫をつけましょう!以下は定期予防接種の一部です。
 
◎麻しん・風しん混合ワクチンの予防接種
対象者は下記のとおりです。
第1期 生後12か月~24か月未満の児
第2期 5歳~7歳未満で小学校入学前の1年間にある児
◎二種混合(ジフテリア・破傷風)の予防接種
小学6年生のお子さんは、二種混合の予防接種の対象年齢(11歳~13歳未満)になります。
◎日本脳炎の予防接種
日本脳炎の予防接種は、標準的には1.期を3歳で2回・4歳で1回、2.期を9歳で1回(合計4回)受けることになっています。また、
以下の1.または2.に該当する人には特例措置があります。
1.平成19年4月1日以前生まれで20歳未満の人
1.期および2.期の不足分(1~4回)を接種可能。
2.平成19年4月2日~平成21年10月1日の間に生まれた人
1.期の対象年齢(生後6か月~ 90か月未満)の間に1.期の接種が完了しなかった人は、2.期の対象年齢(9歳~ 13歳未満)の期間中に1.
期の未接種分(1~3回)を接種可能。7歳6か月~9歳未満の間は不可。
《予防接種の受け方》
1.かかりつけの医療機関で、受けようとする予防接種の接種日時等確認し、直接予約して接種してください。
2.予防接種予診票は、医療機関に備えてありますので、直接受診してください。
《持っていく物》
・小児医療費受給資格者証
・健康保険証
・母子健康手帳

問 健康福祉課(電話086・482・2483)
 

10月こども保健ガイド
 
場所 ゆるびの舎・健康づくりセンター
問 健康福祉課・保健師 (電話086・482・2483)
 
ベビママサロン1回目
日時 3日(木曜日)10:00~12:00
対象 4~5か月児とその保護者
※対象者には個別通知します。
内容 同月齢児を持つ保護者の交流、離乳食(初期)の進め方、作り方と試食 など
保育相談
日時 15日(火曜日)10:00~10:30(受付)
対象 就学前の乳幼児
内容 身体計測、栄養相談、歯科相談など
※母子健康手帳をご持参ください。
つどいの広場
日時 15日(火曜日)10:00~11:30
対象 就学前の乳幼児とその保護者
内容 ふれあい遊び、自由遊び、親子の交流など
乳児健診
日時 15日(火曜日)13:30~14:00(受付)
対象 4・7・9・12か月児
内容 身体計測、内科診察、栄養相談、歯科相談など
※母子健康手帳・問診票をご持参ください。
1歳6か月児健診
日時 29日(火曜日)13:30~14:00
対象 平成30年2月~4月生まれ
内容 身体計測、内科診察、歯科診察、各種相談など
※対象者には個人通知します。
 

 

 

はやしま児童館だより
 
利用できる人 0歳から18歳までの子どもとその保護者/子どもの健全育成活動を進めている団体など
休館日
 火曜日・祝日・お盆(8/13~8/15)
開館時間 10:00~17:00
問い合わせ先 早島児童館 〒701-0304早島町早島1297-1(早島小学校の北隣)
 T電話/ファックス 086・483・2358
※駐車場はトマト銀行の北側にあります。
※自転車で来る人は小学校正門前の土壁の前に止めてください

★ピンポンをしよう 5日(土曜日)
14:00~15:00 どなたでも  コーチの喜屋武 昭江 氏の指導で、楽しくピンポンを練習しましょう。自分のラケットやシューズがある人は
持って来てください。初めてラケットを持つ人も参加できます。
★一輪車で遊ぼう 7日(月曜日)
15:45~16:45 どなたでも  一輪車パフォーマーの原田 直人 氏と一緒に楽しく一輪車を練習しましょう。自分の
一輪車がある人は持って来てください。雨天の場合は一輪車の指導はありませんが、遊戯室で一緒に遊びます。
★なかよしひろば
「親子運動遊び」 9日(水曜日)
13:30~14:30 3歳~就学前親子  山本 敬子氏(岡山市スポーツ文化振興財団・親子運動遊び教室)の指導で、親子で楽しく身体を動かし
ましょう。親子の遊びのレパートリーが広がりますよ。動きやすい服装で参加してください。
○おやこひろば
 「どんぐりで遊ぼう」 11日(金曜日)
10:00~11:00 小学生対象  親子でわらべうたやふれあい遊び、絵本などを楽しんだ後、空き容器にどんぐりを入れてマラカスを作って遊
びます。終了後、弁当やおやつを持参して、ゆったりと遊んでいただけます。
★オセロ大会 12日(土曜日)
14:00~15:00 どなたでも  オセロの好きな人、トーナメントで対戦しませんか。ルールのわかる人ならどなたも参加できます。開始時間
に遅れないように来てください。遊戯室2階のわくわくルームで行います。
○ふれあいサロン 18日(金曜日)
10:30~12:00 乳幼児親子  児童館で子どもを遊ばせながら、お母さんたちもおしゃべりを楽しみましょう。10:30から約1時間、役場の
保健師が来ます。子育ての悩みなど気軽に話してみませんか。
○絵本タイム 21日・28 日(月曜日)
16:15~16:45 小学生対象  三冊ほどの絵本や紙芝居などを読んでいます。ゆったりと聞きに来ませんか。
○避難訓練
 (不審者侵入時) 23日(水曜日)
15:45~16:45 全員参加  倉敷警察署生活安全課から不審者対応の指導に来ていただきます。遊戯室で雨が降っても行います。遊びに来て
いる人は全員参加します。
★おやこひろば
 「親子ふれ合い遊び」 25日(金曜日)
10:00~11:00  乳幼児親子  山本 敬子氏(岡山市スポーツ文化振興財団・親子運動遊び教室)の指導で、親子で身体を動かして楽しく遊
びましょう。親子の遊びのレパートリーが広がりますよ。動きやすい服装で参加してください。終了後、弁当やおやつを持参して、ゆったり
と遊んでいただけます。
★…要申し込み(就学前の幼児は保護者同伴)


かんだ子育て支援センター
あそびのひろば
 
〒701-0304
都窪郡早島町早島4849-1
かんだ保育園内 電話086・480・0580
k-shien@kurukuru.or.jp
利用時間 10:00~16:00
開園日 月~土曜日
(ただし、日曜日・祝日・年末年始は除きます)
*上記以外でも園行事の関係でお休みになることがあります。詳細については気軽に問い合わせてください。

1日(火曜日) 10:00~定員8組 要申込 わかみや保育園へいってみよう
7日(月曜日) 11:00~ おはなしなあに&わらべうた
10日(木曜日) 10:00~ 定員8組 要申込 にこにこ赤ちゃん1回目
21日(月曜日) 11:00~ 親子でふれあいあそび
24日(木曜日) 10:00~ 定員8組要申込 にこにこ赤ちゃん2回目
28日(月曜日)~31日(木曜日) 10:00~ 作ってあそぼう「ハロウィン」
29日(火曜日) 10:00~ 定員10組 要申込 わらべうた「伝承のわらべうた」
対象:1歳までの親子
講師:井上 美鈴 氏
場所:早島町地域福祉センター
31日(木曜日) 13:30~ 赤ちゃんサロン対象:1歳半までの親子

★にこにこ赤ちゃん〈2回で1つのコースです〉
 日時 10日(木曜日)、24日(木曜日)10:00~
 対象 1歳までの赤ちゃん(8組:要申込)
 資料代 200円
 場所 早島町地域福祉センター(2F プレイルーム)

〔予告〕
★すまいるキッズ〈2回で1つのコースです〉
 日時 11月14日(木曜日)・28日<(木曜日)10:00~
 対象 1~3歳の親子(8組:要申込)
 給食代 500円
 お外で遊ぼう&ミニ講座、毎回給食体験!
*すまいるキッズで部屋を使います。午前中あそびのひろばは、お外のみOKです。ご了承ください。

★一時保育(要事前登録)
 お子さんのお世話ができない時、一時的にお預かりします。
 早島保育園 直通電話(電話086・486・1231)
 かんだ保育園 直通電話(電話086・480・1489)
 詳しくは各保育園にお問合せください。
 

 

 

令和2年度早島保育園 保育士募集

 早島保育園では、令和2年度保育士を募集します。希望者は早島保育園に電話連絡ください。面接の日時をお知らせします。
資格要件 保育士免許
勤務時間 8時30分~17時15分
     (早出・遅出当番あり)

問 早島保育園
  (電話086・482・1108)


令和2年度かんだ保育園・
わかみや保育園保育士募集
 
 希望者は履歴書を準備の上、かんだ保育園に電話連絡ください。
資格要件 保育士免許
勤務時間 7時~19時の間で希望する時間
勤務期間 ご相談により決めます

問 かんだ保育園
  (電話086・480・0580)


早島町シルバー人材センターだより
 
※新規会員募集中
保育士の資格をお持ちの人
高齢世帯等の家事支援事業(町内の高齢者を対象に家事のお手伝い)
剪定・草刈・草取作業、屋内外の軽作業
樹脂加工の事業所(原材料投入など)
※今月の入会説明会
日時 10月10日(木曜日)13時30分から   14時30分
場所 早島町シルバー人材センター   事務所
問 公益社団法人早島町シルバー
  人材センター
  (電話086・480・0335)
  (ファックス086・480・0337)
  E-mail hayashima@sjc.ne.jp


女性のおしごと相談会&企業説明会」開催!

 岡山県主催の『就職相談会』と『企業説明会』を開催します。現在就職活動中の人や、これから働きたいと思っている就職活動準備中の人など、どなたでも参加いただけます。専門の女性相談員が就職活動のこと、子育てとの両立のこと等お悩み解決のサポートをしますのでお気軽にご参加下さい(参加無料)! 企業説明会は地元企業のお話を直接聞ける貴重な機会です。また「就職セミナー」も同日開催!無料の託児所も完備、保育士などの専門スタッフがお預かりします。お子様向けにバルーンプレゼントも。みなさんのご参加をお待ちしています。
※企業説明会は男性もご参加いただけます。
日時 11月7日(木)10時~14時30分
1.就職相談会 10時~14時30分
2.セミナー 10時30分~12時30分
セミナーテーマ1「応募書類の書き方」、2「家庭と仕事 両立のための再就職プラン」、3「女性のためのキャリアライフとマネープラン」
3.企業説明会 10時~13時
場所 ゆるびの舎
参加費 無料
託児所利用 無料※要予約
専用HP   http://w-ouen.okayama.jp
LINE公式アカウント @383zgvhl
主催 岡山県産業労働部労働雇用政   策課

問 運営事務局株式会社キャリアプランニング 担当:イチダ・フジサワ
 (電話0120・106・776)
 平日9時~18時


くらしき創業サポートセンター起業塾の受講者募集

 起業に必要な基礎知識を分かりやすく学べる講座。参加無料です。
日時 全5回 11月7日~12月5日の毎週木曜日 19時~21時30分
場所 ゆるびの舎研修室
 (第4回のみ、つくぼ商工会早島支所)
対象 起業したい人、起業して5年以内の人
定員 30人
受講料 無料
申込方法 電話、ファックス、メールで。くらしき創業サポートセンターのホームページ(http://www.kurashiki-sogyo.jp/)から電子申請も可。
内容 体験談、経営・販促・開業手続・雇用・会計の手法、創業計画の作成など

問 倉敷市商工課
  (電話086・426・3405)


第25回早島町民グラウンド・ゴルフ大会のご案内~団体戦~
 
 下記の通りグラウンド・ゴルフ大会団体戦を開催します。
チーム力を発揮して親睦交流を深め、戸外での活動で健康増進を図りましょう。多数のご参加をお待ちしています。
日時 11月18日(月曜日)※雨天の場合は11月25日(月曜日)に順延
場所  早島町矢尾グラウンドゴルフ場
資格  早島町在住者
大会内容  団体戦3名1チーム
午前の部 8時30分集合 9時ゲーム開始
午後の部 13時集合 13時30分ゲーム開始
※申し込み時に抽選で午前の部と午後の部に振り分けます。
ルール 日本グラウンド・ゴルフ協会ルール及びローカル・ルールを適用
参加費 1人500円
申込受付日時 10月25日(金曜日)9時~12時厳守
申込受付場所 早島町中央公民館 町民活動支援センター
その他 大会参加による事故等による傷害は各人で処理 をお願いします。なお、団体傷害保険には主催団体で 加入します。
 その他詳細は申込時に連絡致します。
主催 早島町グラウンド・ゴルフ実行委員会
後援 早島町・早島町教育委員会・町民活動支援センター

問 実行委員会 加戸(電話090・8242・4172)
 

 

 

第34回岡山地区矯正展

 地域社会の人々に矯正行政及び受刑者の社会復帰に対する理解と協力を得ることを目的に、当所の受刑者が作った焼き物をはじめ、全国の刑務所で受刑者が制作した様々な製品の展示即売や、日ごろ目にすることのできない刑務所内の見学、ステージショー(和太鼓演奏等)、各種バザー等様々なイベントを行います。
日時 10月12日(土曜日)9時30分~16時
     13日(日曜日)9時30分~15時
場所 岡山刑務所
   (岡山市北区牟佐765)

問 岡山刑務所企画部門作業担当
  (電話086・229・2534)


ご存じですか?
「法定相続情報証明制度」

 法定相続情報証明制度は、登記所(法務局)に戸籍謄本等と「法定相続情報一覧図」(相続関係を一覧に表した図)を提出していただくことで、登記官がその一覧図に認証文を付した写しを無料で交付する制度です。
 この一覧図の写しは、相続登記のほか、金融機関の相続手続や、相続税の申告手続においても利用することができ、各種相続手続をスムーズに進めることができる便利な制度ですので、ぜひご利用ください。
 詳しくは、法務局のホームページをご覧いただくか、最寄りの法務局にお尋ねください。
問 岡山地方法務局倉敷支局
  (電話086・422・1260)


障がい者ふれあい就職面接会開催のお知らせ

 ハローワークでは、障がいのある人の就職とその自立の促進を図るため、就職面接会を開催します。
日時 10月25日(金曜日) 13時30分~16時(13時~受付開始)
場所 倉敷アイビースクエア フローラルコート 倉敷市本町7-2
 (電話086・422・0011)
内容 求人者と求職者との個別面接、 職業訓練相談
参加方法 10月18日(金曜日)までにハローワークへお申込みください。※当日参加も可能
主催 岡山労働局、倉敷中央公共職業安定所
共催 倉敷市、総社市、早島町、岡山県

申・問 ハローワーク倉敷中央
  (電話086・424・3333)


10月1日は「法の日」無料法律・人権相談所の開設

 土地、家屋、交通事故、金銭の貸借、離婚、相続、人権、子供の非行・人権、登記などの法律問題でお困りの人は、お気軽にご利用ください(事前申込不要、1人当たり30分程度)。
日時 10月4日(金曜日)
   9時30分~11時30分
場所 岡山地方・家庭裁判所倉敷支部 会議室 倉敷市幸町3-33
担当 岡山弁護士会、岡山地方法務局
※当日は、駐車場の混雑が見込まれますので、できる限り公共交通機関のご利用をお願いします。

問 岡山家庭裁判所事務局総務課文書係(電話086・222・6771)


サイパン交流40周年記念事業 無料ご招待

 公益財団法人・国際青少年研修協会では、サイパン交流40周年記念事業の一環として、無料ご招待の募集をしています。
内容 ホームステイ・クリスマス体験・文化交流・地域見学・野外活動等
研修先 サイパン
日程 12月27日(金曜日)~1月2日(木曜日) 7日間
対象 小学校3年生~高校3年生
定員 無料ご招待1名、プログラム参加費無料ご招待5名
応募方法 電話またはホームページより資料請求の上、ハガキにてご応募ください。定員を超える場合は、厳選な抽選をおこない、招待状の発送をもって発表にかえさせていただきます。
締切 10月18日(金曜日)※当日消印有効

問 公益財団法人 国際青少年研修 協会(電話03・6417・9721)
 http://www.kskk.or.jp


はやしまふれあい講座

主催 町民活動支援センター
運営 NPO法人ふれあいネットはやしま
10月の講座
「年をとると脳ではどのような変化が生じているのか」 
●日時 10月5日(土曜日)14:00~
●会場 ゆるびの舎 2階研修室
●講師 かわさき医療福祉大学
 リハビリテーション学部 彦坂和雄 特任教授
●参加費 無料
●申込締切 10月3日(木曜日)まで
●申込方法
中央公民館1階「町民活動支援センター」または、ゆるびの舎1階ロビーに申込用紙と応募箱があります。記載の上、投函ください。

問 町民活動支援センター
(中央公民館内 電話086・482・3771)
  NPO法人ふれあいネットはやしま・渡辺
(電話090・4145・2374)
 

 

 

知っていますか?建退共制度

建退共制度は、中小企業退職金共済法に基づき建設現場労働者の福祉の増進と建設業を営む中小企業の振興を目的として設立された退職金制度です。
この制度は、事業主が、労働者の働いた日数に応じて掛金となる共済証紙を共済手帳に貼り、その労働者が建設業界で働くことをやめたときに建退共から退職金を支払うという、いわば業界全体での退職金制度です。
加入できる事業主 建設業を営む人
対象となる労働者
建設業の現場で働く人
掛金 日額310円
詳しくは、お問い合わせいただくか、「建退共」のホームページをご覧ください。

問 建設業退職金共済事業本部岡山 県支部(電話086・225・41 33)


アレルギー疾患対策推進事業
岡山アレルギーフォーラム2019 Part2

「食物アレルギーと緊急時対応 正しく知って、まもろう!いのち」をテーマに食物アレルギーに関心のある医療従事者・教育関係者等を対象に、アナフィラキシーに関する講義と実技を行います。
日時 10月20日(日曜日)13時~15時30分
場所 国立病院機構南岡山医療センター
参加費 無料
事前申込 必要

申・問 南岡山医療センターアレル ギー疾患医療拠点 病院対策室 (電話086・482・1121)


笑顔になる子育て講座

自律訓練法講座&グループ相談会
『アイムヒア 僕はここにいる』上映会 ~発達障害をテーマとした映画~
日時 10月27日(日曜日) 12時30分~16時20分 受付12時10分~
会場 倉敷市民会館 大会議室
倉敷市本町17-1
講師 石川 泰 先生 臨床心理士・東京心理教育研究所カウンセラー・青山学院大学総合文化制作学部兼任講師・作曲家
内容 第1部 12時30分~14時45分 「アイムヒア 僕はここにいる」
上映会・自律訓練法講座
第2部 15時~16時20分 グルー プ相談会
参加費 無料
申込方法 ハガキまたはファックスに参加者の氏名・住所・電話番号をご記入のうえお申し込みください。

申・問 子どもの問題を考える会岡山
〒711-0924
倉敷市大畠1-11-55
(電話090・6833・3113)
ファックス
 086・479・8410


「保護者向け就活セミナー」を開催します

岡山県により、大学生等の県内企業への就職促進の取組として、保護者の皆さんを対象にしたセミナーを開催します。最近の就活状況や就活を行う子どもとの関わり方、県内企業の最新情報など、保護者として知っておくべき情報を詳しくご紹介します。参加は無料で、現在就職活動中の学生や将来就職活動予定の学生の保護者など、お子さんの就職活動に興味のある人は、ぜひご参加ください。
日時 10月12日(土曜日) 13時~16時
会場 岡山県立図書館2階多目的ホ ール(岡山市北区丸の内2-6-30)
※10月26日(土曜日)に津山でも開催

申・問 岡山県中小企業団体中央会 (電話086・224・2245)

 
消費税の軽減税率制度
説明会を開催します
 
10月1日から消費税の軽減税率制度がスタートしました。
倉敷税務署では、飲食料品を取扱う事業者をはじめ、全ての事業者を対象にした「消費税軽減税率制度に関する説明会」を開催します。内容は、10月以降の適用税率の考え方や経理事務における注意点などです。参加を希望される場合は、電話による事前申込みをお願いします。
各会場にお越しの際は、公共交通機関をご利用ください。なお、倉敷天満屋会場には、無料駐車場がありませんのでご注意ください。
<日時・会場>
・10月7日(月曜日)~9日(水曜日)15時~16時30分
倉敷税務署 大会議室
・10月10日(木曜日)、11日(金曜日)15時~16時30分
倉敷天満屋6階 バンケットルーム1
※軽減税率制度に関する説明会は、上記日程以外にも開催しています。詳しくは、国税庁ホームページでご確認いただくか、倉敷税務署にお問い合わせください。

問 倉敷税務署(電話086・422・6440)
 

 

 

リトルプレイスはやしま10月のイベント案内

リトルプレイスはやしま企画
はやしmamaルシェ vol.13
ハロウィンパーティ
日時 10月19日(土曜日)10時~12時
入場無料
 今回のはやしmamaルシェはハロウィーンパーティー!10月生まれのお誕生日会をしたり季節の歌を一緒に歌ったりしましょう★いつもの絵本の読み聞かせやパネルシアター、おかしのつかみ取りも♪ワークショップは10時からオープン!ハロウィンバージョンもあるかも?
はやしまブランディングプロジェクト企画
第11回映画観賞会『1日1ドルで生活』
日時 10月11日(金曜日)、26日(土曜日)、31日(木曜日) 10時~12時
ご予約:1,000円
当 日:1,300円
 今月の上映作品は『1日1ドルで生活』です。10月11日は国際ガールズデー!ということで世界の子どもや女の子たちが直面している課題について、「知って」「関心を持って」「行動を起こす」機会にぴったりな映画。
第12回読書会
日時 10月5日(土曜日)10時~11時
参加費:500 円
 持ち寄っていただいた本を読んだり、感想を話し合ったりします。お好きなドリンクを選んでいただいておしゃべりに花を咲かせながら優雅なひと時をお楽しみください。
今月のスペシャルゲスト!天野珈琲 天野聡さんによる本の紹介は「バビロンの大富豪」について語っていただきます。
はやしmama企画 子育てサロン
日時 10月8日(火曜日)10時~11時
参加費 500円(ママのドリンク付)
 子育て中のママ大歓迎! リトルプレイスはやしまからの景色を眺めながら、楽しく過ごしてみませんか。
親子deリトミック
日時 10月17日(木曜日)10時~11時
参加費: 500 円
 簡単な体操やリズム遊び、親子で楽しめるふれあい遊びを中心にゲームやレクリエーションなど盛りだくさんの時間!親子で音楽に合わせてふれあい遊びを楽しみましょう 。

問・予約
 リトルプレイスはやしま
 (電話080・9795・1140)
 イベントの詳しい内容はコチラ←
 http://hayashimabp.com/event
 

いかしの舎10月
講座・イベント情報のお知らせ
申・問 いかしの舎(電話086・483・1243)
 
●うたごえ喫茶
 10月3日(木曜日)13:15~14:45
 10月29日(火曜日)10:00~11:30
 参加費  1,500円 ※1ドリンク、お菓子付
 会場 母屋2階
●お琴教室
第2第4金曜日10:00~12:00
月2回レッスンで受講料3,500円
会場 長屋門
●不動産売却についての無料相談会
 第2第4火曜日10:00~15:00
 会場 母屋1階 応接室
詳しくはいかしの舎迄お問い合わせください。


囲碁クラブ例会報告( 8月25日 17人参加)
 
【成績順位】
1.福島 幸道 4級 五勝
2.谷本 亮一 初段 五勝
3.文箭 俊章 1級 四勝
▽三勝者  加藤 雅巨 三段 ほか5人
*定例会は毎月第4日曜日開催
*次回は、10月27日(第4日曜日)9:00~
*場所 中央公民館 会費 600円
どうぞご参加ください。
 

 

 

100歳おめでとうございます!
坂井 清さん(8月10日)
 
坂井さんは大正8年8月10日和気郡三石町(現:備前市三石)に8人兄弟の4番目として生まれました。昭和9年に三井物産造船部に入社、昭和14年に2等兵として岡山陸軍病院に配属され、衛生兵として活躍しました。
早島に来られてから約40年になりますが、住みやすくて良いところだそうです。現在は週3回程度、白亜館にデイサービスで通いながら、ほとんどのことを自分でこなすそうです。いつも朗らかで怒ることもない坂井さん、長寿の秘訣は、よく身体を動かし自然にまかせて生きることだそうです。
これからもお元気で。


100歳おめでとうございます!
丸川好子さん(8月20日)

丸川さんは大正8年8月20日生まれ。倉敷市藤戸町天城出身で、酪農業を営む家庭に生まれ、家業のお手伝いをしていました。 結婚を機に早島町で暮らしはじめましたが、43歳でご主人を亡くし、その後は一家の大黒柱として頑張ってこられました。離職後、天城の果樹園に通うために60歳で車の免許を取得し、90歳まで通っていたそうです。
婦人会の役員としても活躍し、中央公民館では木彫りクラブに所属、多くの作品を親戚に贈っていたそうです。長寿の秘訣は機械に頼らず、よく身体を動かすことだそうです。
これからもお元気で。


人権尊重の社会をめざして
第2回・第3回 人権教育講演会を開催しました

8月24日、ゆるびの舎で「LGBTの理解について」をテーマに、第2回人権教育講演会が開催されました。講師の浅沼智也氏(カラフル@はーと代表)は、幼少期から自分の性に違和感があり性別適合手術を受けて男性となった自身の経験や、現在の支援活動の取り組みを紹介しながら、性は男性、女性の二者択一ではなくグラデーションがあることやLGBTの理解の大切さについて訴えました。
また9月3日には、犯罪被害者の会「つなぐ会」会員の加藤裕司氏を講師にお迎えし、「あすを生きる!」をテーマに第3回講演会が開催されました。講師は、平成23年に長女が殺害された経験から、栽判員裁判への参加や死刑求刑と執行など犯罪被害者が直面する様々な苦悩を語り、被害者の視点に立った被害者支援の大切さについて訴えました。
第4回人権教育講演会は、元山陽放送アナウンサーの濱家輝雄氏を講師として、令和2年1月23日(木曜日)14時からゆるびの舎で開催します。どなたでも参加できます。

 

 

 

岡山県栄養改善事業功労表彰(岡山県知事表彰)を受賞
早島町栄養委員会、栄養委員 杉原眞弓さん

6月4日に岡山県医師会館で行われた岡山県栄養改善協議会総会において、早島町栄養員会と栄養委員 杉原眞弓さんがそれぞれ団体・個人の部で岡山県栄養改善事業功労表彰(岡山県知事表彰)を受賞しました。
早島町栄養委員会は、昭和47年の発足以来、乳幼児から高齢者までを対象に地域で栄養たっぷりのおやつの普及、減塩運動の推進、生活習慣病予防のための食生活の呼びかけなど幅広い食育活動を行っています。
また、杉原眞弓さんは平成4年以降、27年間にわたり栄養委員として活躍し、地域での減塩活動や健康食の提供、栄養改善の呼びかけなど、地域住民に寄り添った活動を行っています。地域の健康づくりへの長年の功績が認められ、今回の受章となりました。
 

復興支援に役立てて
アンサンブル早島が義援金を寄託

弦楽合奏団「アンサンブル早島」が被災地の復興に役立ててもらおうと、7月15日に町民総合会館ゆるびの舎で開催したサマーコンサートの収益金623,745円を義援金として町に寄託しました。
8月23日、アンサンブル早島副団長の片山佳夫さん、青葉美代子さん、中尾紀恵さんが町役場を訪れ、「音楽活動を通じて被災地復興のお手伝いをしたい。」と中川町長に義援金を手渡しました。
町長は、「託された義援金は、皆さんの想いとともに被災地に届けます。」と応じ、被災地の一日も早い復興を願いました。
 

秋の夕暮れにお散歩してみては
不老のみちの常夜灯に明かりが灯りました
 
その昔、金毘羅を目指す人々で賑わった早島町には、その名残としてたくさんの常夜灯や道標が残っています。そんな江戸時代の史跡である常夜灯に、この度明かりが灯りました。
このきっかけを作ったのは、早島町の子どもたち。子ども議会で、常夜灯などの史跡や町の見どころを結んだ散策路「不老のみち」があまり知られていないことについて、議事として取り上げました。これを受けて企画されたのが、常夜灯の点灯です。地元企業の協力により小型のソーラーパネルを使った発光器が開発され、昔の人々が残した史跡に優しい明かりが灯りました。
 
この常夜灯を巡る「不老のみちナイトウォーク」を開催します!
日時 10月18日(金曜日)18時~20時
場所 中央公民館に集合
申込 申込書に必要事項を記入のうえ、生涯学習課に提出。申込書は、HP、ゆるびの舎、中央公民館で配布
問 生涯学習課(<問086・482・1511)


ソフトボールスポーツ少年団
早島A交歓大会優勝!!
 
7月21日、深砂公園で早島A交歓大会が行われ、Aチーム(4、5、6年生混合)が見事優勝しました。決勝戦ではライバルの鯉山チームと息を飲む攻防戦を繰り広げ、最後まで諦めず戦い抜いた結果、サヨナラホームランを打ち4対1で勝つことができました。去年の冬からコーチのご協力のもと平日練習を始め、ぐんぐんチーム力が伸びていきました!これからも伸びしろがたくさんあるチームです。まだまだ試合が続くので、この勢いのままチーム一丸となって優勝を目指しています。
 

 

 

地域の人と一緒に楽しい夏休みを過ごしたよ!!
わくわくサマーホリデーで体験&学習を楽しみました

楽しい夏休みに生活リズムを崩さず学習にしっかり取り組み、色々な体験にチャレンジしもらおうと、小学4年生から6年生を対象に「わくわくサマーホリデー 夏休みスペシャル子ども教室」が実施されました。今年は学習タイム15日間、体験タイム7日間の計22日間の日程が組まれ、100名以上の小学生が参加しました。また、子どもたちの夏休みを応援しようと、地域の大人や、中学生・高校生のボランティア、中学校の先生等も多勢参加し、学習の指導や体験活動の運営にあたりました。
学習タイムでは、夏休みの宿題や苦手分野をカルテックなどを活用して学習したほか、絵と習字の日も設けられ、公民館で活動するグループによる指導も行われました。
体験タイムでは、7月には、町内の川で魚を捕まえてゆるびの舎に早島水族館が誕生!!また、早島の名所をとりあげたカルタづくりやサイエンスショー&プラネタリウム見学など、普段はできない多様な体験に地域の人たちと一緒にチャレンジしました。
8月にも読書感想文、ニュースポーツ体験、おいしいピザ作り、古紙リサイクル教室といった、おいしく、楽しく、勉強になる体験が盛りだくさんでした。
充実した夏休みの思い出の一つになったのではないでしょうか。
 

Welcome to  HAYASHIMA ~新しいALTの先生です~

デボラさん(幼・小ALT)
こんにちは、私の名前はデボラです。アメリカのカリフォルニアから来ました。井原市で2年間ALTをしていました。早島で皆さんと勉強ができるのをとても楽しみにしています。一緒に素敵な思い出を作りましょう!

エミリーさん(中学校ALT)
私はエミリーです。カナダのモントリオールの出身です。早島中学校に配属されてとても嬉しいです。生徒の皆さんがもっともっと英語を好きになり、英語力に自信が持てるようになれるよう応援していきたいです。

 

 

 

入賞者続々!!
空手 白蓮会館

6月30日西日本空手道選手権大会が善通寺市民体育館で開催されました。小野孔大さん(小4)が見事優勝。武鑓颯牙さん(小6)も得意の足技で応戦し健闘しました。
また、7月7日には正道会館主催のやればできるCUPがマスカットスタジアムで開催。江國天さん(小6)が優勝を果たしました。石見昊さん(小6)、小野孔大さん、安藤蓮真さん(小3)、石井莉音さん(小3)が準優勝に。武鑓颯牙さんが3位入賞となりました。小野明音さん(小3)も体格の差がありつつも最後まで諦めませんでした。
オリンピック種目にもなり、盛り上がりを見せている空手。『礼に始まり礼に終わる』空手道を通じての人格形成も重要な目的としています。見学大歓迎です。
 

3位入賞おめでとう!
ソフトテニス 早島ジュニア

7月28日水島港まつり協賛第48回ソフトテニス大会が水島緑地福田公園テニスコートで開催され、佐藤心結さん(小4)、小橋翔英さん(小3)ペアが見事、ジュニア3部で3位入賞を果たしました。
梅雨時期でコートが思う様に使用出来ず少ない練習量での参加でしたが、どの選手も大健闘でした。次の試合に向けて、皆で楽しく頑張って練習していきます!
 

同窓会通信
昭和27年早島小学校卒業・昭和30年早島中学校卒業
傘寿同窓会

“人生100年時代”といわれる今日この頃、もうろくするにはまだまだ早いと感じている同期の仲間達が、令和初月の5月31日に、ふるさとのいかしの舎に町内外から“傘寿の同窓会”に三々五々参集しました。
80年という人生の荒波を乗り越えてきた面々が、しばしの間、昔の小・中学生時代の童心に戻っての懐かしくも楽しい歓談に花が咲いて、時が経つのも忘れるあっという間の“人生の思い出”の一駒となって大いに盛り上がりました。
お互い健康に留意しての再会を約して散会しました。
(同窓会幹事 小池宏治)
 

 

 

10月の無料相談

行政相談  8日(火曜日)13:00~14:00 オアシス早島 総務課 電話086・482・0611
心配ごと相談・児童相談  8日(火曜日)13:00~14:00 オアシス早島 健康福祉課 電話086・482・2483
人権相談  9日(水曜日)9:00~12:00 ゆるびの舎・2階集会室 町民課 電話086・482・2482
知的障がい者相談  9日(水曜日)13:00~15:00 栴檀の家 健康福祉課 電話086・482・2483
夜間納税相談9日(水曜日)・10日(木曜日)17:30~20:00 町役場税務課 電話086・482・2484
保育相談15日(火曜日)10:00~10:30 ゆるびの舎・健康づくりセンター 健康福祉課 電話086・482・2483
こころの健康相談(要予約)23日(水曜日)13:00~14:00 栴檀の家 健康福祉課 電話086・482・2483
教育相談随時(平日)8:30~17:00 ゆるびの舎 学校教育課 電話086・483・2211
 

児島湖流域清掃大作戦&
クリーンウォーキング

 今年も児島湖流域清掃大作戦&クリーンウォーキングを実施します。
 役場を起点に不老の道を通る二つのコースに分かれ、道路清掃・用水路の浮遊ゴミの回収などを行います。健康増進のためのウォーキングを兼ねて行う清掃ボランティアに、あなたも参加してみませんか。

日時 10月27日(日曜日)7時30分受付開始8時出発~9時(少雨決行)
    ※荒天の場合は中止し順延はしません。
集合場所 役場駐車場
 ※できるだけ徒歩または自転車でお越しください。

清掃ルート
・東コース 役場→いかしの舎→早島公園→さつき荘→安原備中供養塔→戸川家陣屋跡→役場(ごみ収集場所)約4キロメートル
・西コース 役場→汐入公園→鶴崎神社→天満宮→薬師院→役場(ごみ収集場所)約4キロメートル

問 町民課(電話086・482・0613)
 


 
広報はやしま 10月号

令和元年10月1日発行  (通巻1943号)
 
■編集・発行 早島町役場まちづくり企画課
 〒701-0303 岡山県都窪郡早島町前潟360-1
■電話 086-482-0612 ■ファックス 086-482-3405
 
■E-mail  kikaku@town.hayashima.lg.jp
■URL http://www.town.hayashima.lg.jp
 

みなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか。
内容は分かりやすかったですか。
役に立ちましたか。

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。

広報はやしま音声読み上げページ

場面別で探す

  • 手続きナビゲーション
  • 妊娠・出産・子育て
  • 教育・文化
  • 就職・退職
  • 住まい・くらし
  • 結婚・離婚
  • 健康・医療
  • 高齢・介護
  • 障がい・福祉
  • おくやみ
  • その他