現在の位置

広報はやしま令和3年3月号

「フードドライブ」という言葉を聞いたことがありますか?ご家庭で余っている食品を持ち寄って、必要としている人へ寄付する活動のこと
です。
 早島町では今年1月からフードドライブの取り組みが始まりました。役場庁舎のフードドライブコーナ―には少しずつ食品が持ち込まれるようになっています。いただきものや買いすぎて余ってしまったもの…ご家庭にそんな食品があったら、あなたの「もったいない」を誰かの「ありがとう」に変えてみませんか。
※フードドライブの詳しい内容は、本紙5ページでご紹介しています。


今月号の主な内容
P 2~3 特集 早島町地域再生計画「歩いて暮らせる魅力あるまちづくり」
P 4~11 まちからのお知らせ「二酸化炭素排出量実質ゼロ 宣言」「防災放送アプリをご利用ください」ほか
P12~19 健康&福祉ガイド「フレイルについて知ろう」「あなたのこころ、お元気ですか?」ほか
P20~23 投句、まちのイベントガイド
P24~25 こどもガイド
P26~27 まちかど情報
P28~31 まちのできごと

内閣総理大臣認定 早島町地域再生計画
歩いて暮らせる魅力あるまちづくり

JR早島駅・いかしの舎・ふれあいの森公園をはじめとする、まち歩き拠点のPR及び魅力UP事業

地域再生計画とは
 地域経済の活性化、地域における雇用機会の創出といった地域活力の再生を総合的かつ効果的に推進するため、国の支援を得ながら町が自主的、自立的な取り組みを進めるものです。
 地域再生計画に認定された事業には、国からソフト事業で100%、ハード事業で63.5%の財政支援(交付金)が受けられます。
 それに加えて企業版ふるさと納税(寄付金)を受け入れて財源とすることも可能となります。
 事業には具体的な数値目標を設定し、効果検証を行い、個々の事業で収益を得られる仕組みを作ることで、将来は交付金に頼らずに自立できることが求められています。

歩いて暮らせる魅力あるまちづくり
 公共交通の結節点である早島駅が名実ともに地域再生の拠点となるためには、バリアフリー化(広報はやしま1月号でお知らせ)と併せて、JRの運行本数を将来にわたって確保することが不可欠です。このため、観光による来町者の増加を目指し、早島町が「歩いて暮らせる魅力あるまち」であることをPRするソフト事業と、公共交通で来町したくなるまち歩き拠点の魅力UPを行うハード事業を一体的に、令和2年度から6年度(5か年)で実施予定です。
 休日は近隣都市の大型商業施設で過ごすという人にも、町内で過ごすという選択肢を加えていただけるよう、町の魅力を高め、まち歩き拠点をはじめとする飲食店や小売店等、町全体での経済活動を盛んにすることを最終目標としています。
 なお、取り組みの達成度を示す具体的指標として、来町者の増減は「早島駅」の乗降客数、飲食店への経済効果は「まち歩きの拠点」いかしの舎の年間売上高、町全体の経済活動の活性化は「空家バンク」物件登録数を設定しており、国に毎年度報告することが条件となっています。

令和3年度予定事業
 令和3年度は、令和2年度事業で実施した仕組みづくりが生かせるよう、まち歩き拠点を活用したイベントの実施、まち歩き及びまち歩き拠点のPR、ふれあいの森公園キャンプ場の魅力UP 事業を予定しています。
【事業統括】総合政策監・理事(長坂)問 (電話086・482・0611)


「二酸化炭素排出量実質ゼロ」を目指します
~岡山連携中枢都市圏で宣言~

 近年、日本各地で地球温暖化による気候変動が一因とみられる豪雨や猛暑などの異常気象による災害が発生し、甚大な被害をもたらしています。
このまま地球温暖化が進行すれば気候危機のリスクはさらに高まるおそれがあります。こうした危機的な状況に向き合い、豊かな自然環境を次世代に引き継いでいくために、この度、岡山市や早島町など岡山連携中枢都市圏を形成する8市5町が、2050年までに二酸化炭素排出量実質ゼロを目指すことを共同で宣言しました。2月2日に開催された岡山都市圏連携協議会において宣言されたもので、地球温暖化対策に連携して取り組んでいきます。
※宣言した8市5町とは…早島町、岡山市、津山市、玉野市、総社市、備前市、瀬戸内市、赤磐市、真庭市、和気町、久米南町、美咲町、吉備中央町

家庭で余っている食品を必要な家庭へ
「フードドライブ」が始まっています

 早島町では、家庭で余っている食品を集めて必要とする家庭等へ無償で提供する「フードドライブ」を、今年の1月から始めました。
 開始から約2ヵ月ですが、すでに多くの食品を持ち寄っていただいています。寄附していただいた食品は、「ほっとけんネット早島」の事務局である早島町社会福祉協議会を通して、必要な家庭にお届けします。

※『ほっとけんネット早島』とは?
 早島町内の5つの社会福祉法人の連絡協議会で、本フードバンク活動のほかにも専門職による地域への相談対応や、施設備品・車両等の無償提供等の地域貢献活動を行っています。

フードドライブへの 寄付方法
持込場所 役場1階町民課窓口前
持込時間 8時30分~17時15分(土日、祝日、年末年始を除く。)
対応食品 穀類、缶詰、インスタント食品、レトルト食品、お菓子、調味料、乾物、飲料(アルコール類は除く)で、次の条件を満たすものに限ります。
・賞味期限が明記されており、 かつ賞味期限が1ヵ月以上あるもの・常温で保存が可能なもの
・未開封であるもの
・破損しておらず、中身が出ていないもの
 フードドライブで集まった食品を支援が必要な家庭に配布しています。希望する家庭は早島町社会福祉協議会へお問い合わせください。(食料品には限りがあります。)
 問 早島町社会福祉協議会 (電話086・482・3000)
問 町民課(電話086・482・0613)

こちら早島町消防団
 早島町消防団出初式が1月17日、ゆるびの舎で開催されました。出初式は、新年を迎えるにあたり、消防団員が職責の自覚を新たにし、「自分たちのまちは自分たちで守る」という気概を示すために行われます。
 今年は新型コロナウイルス感染予防対策のため、規模を縮小し、時間を短縮した上で行われました。中川町長、溝手団長のあいさつのほか、表彰の授与、来賓の祝辞などが行われ、団員一同、心を新たに消防団活動に取り組むことを決意しました。表彰受賞者、退団者、新入団員は次のとおりです。     (敬称略)


表彰者
岡山県知事表彰
【永年勤続功労章】
 団本部  副団長  河津 義信
 団本部  分団長  上村 伸幸
【優良消防団員章】
 第3部  元部長  横山 秀樹
 第11部  副部長  渡邉 敏生

岡山県消防協会長表彰
【表彰章】
 第7部  副部長  亀山 敦之
 第9部  部 長  平川  晋
 第11部  部 長  青葉 輝通
【青年章】
第10部  部 長  上化田圭一
【精勤章】
第1部  元部長  平松 宏章
第7部  元部長  岡本 至正
第11部  副部長  渡邉 敏生

備中地区消防連絡協議会長表彰
【表彰章】
団本部  副団長  河津 義信
団本部  分団長  上村 伸幸

早島町長表彰
【優良部表彰】
 第3分団 第5部
【団員賞詞】
機動部  班 長  山本 泰史
機動部  団 員  石井 貴将
第1部  副部長  楠戸 幸二
第6部  副部長  小郷 朝生
第6部  班 長  坪井 進悟
第7部  部 長  國澤 勇太
第10部  団 員  小川 浩二

早島町消防団長表彰

【優良部表彰】
第3分団 第6部
【団員賞詞】
機動部  団 員  川? 敬史
第2部  団 員  大道 敏之
第3部  団 員  中西 雅博
第3部  団 員  上田 剛士
第4部  副部長  中谷 良昭
第4部  班 長  綱島 健二
第5部  副部長  井上 洋幸
第10部  団 員  林  浩一

退団者
第7部  元部長  楢村 良介
第11部  元団員  福光 一真

新入団員
令和3年1月1日入団
第7部  上田 大貴

  早島町消防団は、現在3分団11個部で構成され、153名の団員が「自分たちのまちは自分たちで守る」という気概のもと、日夜、消防活動を行っています。各地区を管轄する消防団担当部は次のとおりです。消防団と地区の皆さんと連携して防災対策を進め、安全安心な早島町を築きましょう。

早島町消防団の組織
 管轄区域
団本部 第1分団 第1部 矢尾、日笠山、中山、ニュー早島、大池
第2部 塩津
第3部 市場、塩地、花町、頓行、小浜
第10部 無津、真磯、若宮
第2分団 第4部 前潟、下前潟
第9部 舟本、三軒地、久々原
第11部 片田
第3分団 第5部 長津、畑岡
第6部 金田、下野、噂島、備南台
第7部 弁才天、宮崎
機動部 町内全域

団  長 溝手照明
副団長 佐藤眞治
副団長 河津義信

第1分団分団長 上村伸幸
第1部部長/末吉大輔 副部長/楠戸幸二班長/小野瀬弘之(外10名)
第2部部長/竹田利彦 副部長/河本篤典班長/谷本章浩(外9名)
第3部部長/佐藤宏之 副部長/藤谷裕次郎 班長/元根和行 (外12名)
第10部部長/上化田圭一 副部長/仲田拓勝 班長/山下和哉 (外12名)

第2分団分団長 斉藤孝史
第4部部長/安原 学 副部長/中谷良昭 班長/綱島健二 (外10名)
第9部部長/平川 晋 副部長/佐伯謙一郎 班長/佐藤眞人 (外10名)
第11部部長/青葉輝通 副部長/渡邉敏生 班長/瀧本貴仁 (外10名)

第3分団分団長 綱島浩仁
第5部部長/松田直樹 副部長/井上洋幸 班長/東 晃一 (外10名)
第6部部長/吉田宏幸 副部長/小郷朝生 班長/坪井進悟 (外12名)
第7部部長/國澤勇太 副部長/亀山敦之 班長/北 憲介 (外12名)

機動部部長/宇治田翔吾 副部長/水嶋基隆 班長/山本泰史 (外7名)
令和3年1月1日現在/団員数153名

春の全国火災予防運動 
「その火事を防ぐあなたに金メダル」
 火災が発生しやすい季節を迎えるにあたり、3月1日から7日の間、全国一斉に「春の全国火災予防運動」が行われます。この運動を契機に今一度、地域・家庭で防火意識の向上に努めましょう。
 みなさんのご家庭には住宅用火災警報器の設置が必要です。まだ設置していないご家庭は、大切な家族の命を守るため、すぐに設置してください。設置済みのご家庭は、電池切れで万が一の時に作動しなかったということがないように、定期的に作動確認をしてください。


消防団員 募集!
 あなたも消防団の一員となって「自分が暮らしている地域の安心と安全を守る」ための活動をしませんか。
 消防団は、消火活動をはじめ、風水害時の水防活動、震災時の救出救護のほか、住民の避難誘導や火災予防広報等の活動を行います。通常は、仕事が休みの日や仕事の終わった後などに集まって訓練等を行っています。
 全ての活動に参加できなくても、一人ひとりにできることがあるはずです。大切なのは「地域の安心・安全を守りたい」という気持ちです。
 20歳以上の男性で、町内居住または勤務の人が入団できます。消防団活動に興味のある人は、地区の消防団員か町総務課までお問い合わせください。
問 総務課(電話086・482・0611)

3月・4月の窓口時間延長と日曜日開庁のお知らせ
 3月下旬から4月上旬は、引っ越しなど転入転出による手続きで窓口業務がたいへん混雑します。
 このため窓口の混雑緩和と住民の皆さんへの利便性を図るため、下記のとおり窓口延長と日曜日の開庁を行います。異動の手続きの際には、ぜひご利用ください。
 
【窓口延長・日曜日開庁実施日】
◆ 窓口延長 3月18日(木曜日)(20:00まで)※マイナンバーカードの交付及び電子証明書の更新は19時まで
◆ 窓口開庁 3月28日(日曜日)・4月4日(日曜日)(8:30~12:00まで) 
 
●窓口延長・休日開庁を実施する課と取扱い業務
【転入転出等の異動手続き、国民健康保険の手続きなど】 
町民課 戸籍係
電話086・482・2482 ・住民票の写しの交付
・戸籍謄抄本などの交付
・印鑑登録及び証明書の交付
・転入・転出・転居などの住民異動の手続
・マイナンバーカードの交付及び電子証明書の更新(3月18日は19時まで)
※マイナンバーカードを利用した特例転入及び転出の手続きは、できない場合があります。
※マイナンバーカードをお持ちの人の転入及び転居手続きは、後日再来庁が必要な場合があります。
※広域相互発行サービス(他市町村の住民票などの証明書交付)は利用できません。 
町民課 国保年金係 電話086・482・0613 
・国民健康保険の各種手続
・国民年金取得、免除などに関する手続
・後期高齢者医療制度の各種手続 

【小中学校への転入学手続き】 
学校教育課 電話086・483・2211 
・小中学校への転入学の手続
 
【幼稚園・保育園に関する手続き、介護保険など】 
健康福祉課 福祉係 電話086・482・2483 
・身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳に関する手続
・自立支援医療に関する手続
・医療費助成(小児・ひとり親家庭・重度心身障害者)に関する手続 
健康福祉課 こども係 電話086・482・2483 
・児童手当、児童扶養手当、特別児童扶養手当に関する手続
・幼稚園、保育園に関する手続
・留守家庭児童会に関する手続 
健康福祉課 介護保険係 電話086・482・2483 
・介護保険に係る各種手続 
健康福祉課 保健係 電話086・482・2483 
・母子健康手帳の交付に関する手続
・各種健康相談
※ 他の市町村、関係機関への照会を必要とする届出については、取り扱えない場合があります。詳細は担当課(係)にお問い合わせください。
※ 諸証明書の交付などでは、本人確認できる身分証明書(運転免許証など)を持参してください。代理の人の場合は、委任状が必要になります。
※ 手続によっては、印鑑、個人番号の通知カード又はマイナンバーカードが必要な場合があります。


防災行政無線の聞こえにくさ解消に!~防災放送アプリ(コスモキャスト)をご利用ください~
 雨音などで屋外スピーカーの音声が聞こえにくい場所でも、戸別受信機のようにお手持ちのスマートフォンからリアルタイムにJアラート情報や避難情報など緊急時における防災行政無線の音声が聞こえるように防災放送アプリ(コスモキャスト)を導入しました。
  このアプリをインストールし、町内の郵便番号を登録することで、操作不要で防災行政無線の音声が流れます(毎日17時のチャイムは流れません。)。なお、マナーモード設定時には音声は流れませんが、後から聞き直すことができます。
 アプリのインストール方法等詳細については、ホームページをご覧ください。
 インストールは次のQRコードから行うこともできます。
※アプリの利用料は無料ですが、通信料は利用者負担となります。

 町メールマガジン(防災メール)でも防災情報の配信を行っていますので、スマートフォンをお持ちでない場合は町メールマガジンをご利用ください。
問 総務課 電話086・482・0611)
 

人権相談
 お困りごとはありませんか?
差別・体罰・虐待・いじめ・DV・セクハラ・プライバシー侵害・誹謗・中傷・家族関係・近隣関係・不法行為など 
日 時 3月10日(水曜日)9時~12時
場 所 町民総合会館(ゆるびの舎)2階集会室
担当者 早島町人権擁護委員
    田中 良
    日笠 ?
問 町民課(電話086・482・2482)


新型コロナウイルス感染症の影響による保険税(料)の減免
~国民健康保険税・後期高齢者医療保険料・介護保険料~
 新型コロナウイルス感染症の影響により30%以上の収入の減少が見込まれ、一定の要件に該当する人は、申請により保険税(料)の全部または一部が免除となります。申請期限は、令和3年3月31日です。
 自身が減免の対象となるかどうかや、申請に必要な書類等の詳細については、それぞれの担当課にお問い合わせください。
問 国民健康保険税 税務課(電話086・482・2484)
  後期高齢者医療保険料 町民課(電話086・482・0613)
  介護保険料 健康福祉課(電話086・482・2483)
 

令和2年分の所得税の確定申告相談について
 申告相談受付期間は次のとおりです。各会場で受付期間等が異なりますのでご注意ください。
会場名 受付期間 受付時間 予約方法等
イオンモール倉敷会場 1月25日(月曜日)~3月15日(月曜日) 9時~16時 入場整理券は当日会場で配布。LINEでも事前発行しています。
倉敷税務署 3月16日(火曜日)~4月15日(木曜日) 9時~16時 入場整理券は当日会場で配布。LINEでも事前発行しています。
早島町役場税務課 2月16日(火曜日)~3月15日(月曜日) 9時~16時 完全予約制です。お電話等で事前にご予約ください。
問 倉敷税務署(電話086・422・1201)
  早島町税務課(電話086・482・2484)


早島町営第1・第2駅前駐車場定期利用者募集
 駅西側にある第1駅前駐車場(45台収容)と駅東側にある第2駅前駐車場(37台収容)の定期利用者を次の要領で募集します。
申込資格 次の2つの条件を満たす人
1.JRの通勤・通学定期を所有している人
2.自宅及び通勤・通学先から早島駅まで500m以上ある人
募集台数 25台
使用期間 令和3年4月1日~9月30日(6か月間)
申込受付 3月1日(月曜日)~3月12日(金曜日)土・日曜を除く8時30分~17時15分
使用料 1か月 5,000円(ただし、6か月分まとめて前納)その他
(1)申込者多数の場合は抽選となります。 
(2)満車の時は利用できませんのでご了承ください。
(3)申込書に記入捺印の上、JR定期券・車検証の写しをご持参ください。
 なお、詳しくは建設農林課までお問い合わせください。
問 建設農林課(電話086・482・0614)
 

令和3年度放課後子ども教室指導スタッフ募集
 早島町では、子どもたちに、放課後の安全・安心な居場所を設け、そこで学習や遊び、体験活動等に取り組むことで自主性や社会性を身につけて地域社会の中で心豊かにたくましく生きる力を育むため、「放課後子ども教室」事業を実施しています。この事業の運営にあたり、「学習支援員」と、そのまとめ役の「コーディネーター」を募集します。

コーディネーター
 教育委員会・学校・学習支援員との連絡調整、学習支援員の配置、活動プログラムの企画、学習指導等
学習支援員 小学校4年生~6年生の放課後の学習・体験の指導や安全管理、生活のサポート等
期間 令和3年4月1日~令和4年3月31日
場所 早島小学校ランチルーム
日時 学校授業日 月火木金曜日(16時~18時)、水曜日(15時10分~18時)※シフト制
応募要件
1.町や学校の方針に理解があること
2.児童の学習や生活面を指導する能力を有し、多面的な児童理解ができること
3.豊かな教育的愛情をもち、児童と接することができること
謝礼等
・コーディネーター 1,200円/1時間
・学習支援員  1,000円/1時間
申し込み 所定の用紙(ゆるびの舎で配布)に必要事項を記入の上、3月5日(金曜日)までに生涯学習課に提出
選考方法 申込書提出後、面接を実施し、後日合否をご連絡します。(面接日時は申込後にご連絡します。)
問 生涯学習課(電話086・482・1511)


国民年金に関するお知らせ 住民票上の住所以外にお住まいの人へ
 介護施設への入所等で、住民票上の住所以外に居住する場合、日本年金機構に居所登録を行えば、異なる住所で年金に関するお知らせを受け取ることができます。
 たとえば、住民票上の住所に誰も居住する人がいなくなってしまう場合などに、希望すれば通知書等を実際の居住先で受け取ることができます。
※「居所登録」とは日本年金機構に住民票住所以外に通知書等の送付を希望する旨を届け出ることをいいます。
居所登録せず、住民票上の住所に住んでいないと…年金に関する大切なお知らせが、お手元に届かなくなるおそれがあります。場合によっては、年金の支給が一時的に保留されることもあります。
居所登録の対象者(例)
・介護施設や医療機関に長期入所・入院し、住民票住所と異なる場所に居住している人
・ご家族の家などに一時的に居住している人で、そちらでの受け取りを希望する人
届出先 年金事務所
※居所登録をした人で、その後、居所登録をやめて住民票住所地へ通知書等の送付を希望する場合(介護施設や医療機関を退所・退院して住民票住所地へ戻る場合など)や、居所登録における通知書等送付先を変更する場合などは、原則として年金事務所への届出が必要となります。
 居所登録に関するお問い合わせは、『ねんきんダイヤル』またはお近くの年金事務所へ
受付時間
 月曜日………8時30分~19時、
 火~金曜日…8時30分~17時15分
 第2土曜日…9時30分~16時
※月曜日が祝日の場合、翌開庁日は19時まで
 祝日(第2土曜日を除く。)、12月29日~1月3日はご利用いただけません。
◇050から始まる電話でおかけになる場合には (東京)03・6700・1165にお電話ください。
◇お問い合わせの際には、年金手帳など、基礎年金番号がわかるものをご用意ください。
問 ねんきんダイヤル(電話0570・05・1165)
 

公衆無線LANサービスをご利用ください
 町では、ゆるびの舎や中央公民館など主な公共施設に公衆無線LANを整備しています。
利用可能時間
 施設が開館している時間内で、最大30分×8回/日
利用可能施設
・早島町役場・ゆるびの舎
・中央公民館・さつき荘・いぶき荘
・西コミュニティセンター
・いかしの舎・観光センター
・地域福祉センター(オアシス早島)
・早島幼稚園・早島小学校体育館
・早島中学校体育館
・県立早島支援学校体育館
利用について
 ご利用は無料です。利用にあたっては、メールアドレスまたはSNSアカウントが必要です。
 詳しくはホームページ等から利用案内をご覧ください。
問 まちづくり企画課(電話086・482・0612)
 

入札結果の公表 12月分
【建設農林課】
■町内一円舗装修繕工事
工事場所 早島・矢尾地内
請負業者 東洋建設工業<SPA CLS=REL WD=-1>株式会社
契約金額 7,789,100円
落 札 率 84.4%
工  期 契約日から令和3年3月31日
概  要 舗装工、区画線工
■公園遊具基礎等設置工事
工事場所 早島地内
請負業者 庭やサカモト
契約金額 2,420,000円
落 札 率 85.9%
工  期 契約日から令和3年3月31日
概  要 コンクリート基礎工
【上下水道課】
■床田地内配水管改良工事
工事場所 早島地内
請負業者 信江工業<SPA CLS=REL WD=-1>株式会社
契約金額 5,020,400円
落 札 率 89.3%
工  期 契約日から令和3年3月31日
概  要 配水管・給水管布設工、舗装工
問 総務課(電話086・482・0611)


3月は自殺対策強化月間です 
3月は、就職や転勤、引っ越しなど生活環境が大きく変動する時期で、自殺者数が増加する傾向にあります。さらに、今年は新型コロナウイルス感染症による経済活動や社会生活への影響が大きく、自殺者数が増加することが心配されています。自殺の多くは、過労や生活困窮、育児や介護疲れ、いじめや孤立など、様々な悩みを抱えて心理的に追い込まれてしまった末のものといわれており、自殺に追い込まれるという危機は「誰にでも起こり得る危機」です。

?ひとりで悩んでいませんか?
生きることがつらい気持ちになっている人、悩みを抱えている人は、その悩みをひとりで抱え込まずに、誰かに話してみませんか。身近に相談できる人がいなくても、話を聴いてくれるところがあります。

相談窓口
・岡山いのちの電話
 相談電話 086-245-4343
 【年中無休/24時間対応】 
・いのちの電話フリーダイヤル
 相談電話 0120-783-556
 【毎日:16時~21時】【毎月10日:8時~翌日8時】 
・岡山県自殺対策推進センター
 相談電話 086-224-3133
 【火・金曜日(祝日・年末年始を除く)
 9時30分~12時、13時~16時】 
・こころの健康相談(専門医の相談)
 月1回(3月24日)13時~14時
 要予約・役場健康福祉課 086-482-2483
問 健康福祉課電話(086・482・2483)


令和2年度の接種期間が間もなく終了となります
~高齢者を対象にした肺炎球菌ワクチン予防接種~
 定期接種の対象者は毎年異なるため、接種の機会を逃さないようにご注意ください。
令和2年度に接種費用の一部が公費負担となる定期接種対象者  
 対象者         生年月日 
A 65歳となる人 昭和30年4月2日~昭和31年4月1日生 
70歳となる人 昭和25年4月2日~昭和26年4月1日生 
75歳となる人 昭和20年4月2日~昭和21年4月1日生 
80歳となる人 昭和15年4月2日~昭和16年4月1日生 
85歳となる人 昭和10年4月2日~昭和11年4月1日生 
90歳となる人 昭和5年4月2日~昭和6年4月1日生 
95歳となる人 大正14年4月2日~大正15年4月1日生 
100歳となる人 大正9年4月2日~大正10年4月1日生 
B 60歳から65歳未満で、心臓、腎臓、呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害や、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害がある人(身体障害者手帳1級程度)

接種期間 令和3年3月31日(水曜日)まで
接種場所 岡山県内の協力医療機関
 この制度では、今までに成人用肺炎球菌ワクチンを接種したことがない人を対象に、令和2年度までの間に1人1回、定期接種の機会を設けています。
 対象となる年度においてのみ、定期接種として公費助成が受けられます。対象となる人には対象年齢となる年度にご案内しています。

自己負担金  3,500円
<接種料金の減免について>
 住民税非課税世帯、生活保護世帯の人で減免を希望する人は、接種前に必ず印鑑と個人通知のハガキを持参して健康福祉課窓口で減免の申請をしてください。
接種方法 かかりつけの医師にご相談の上、直接医療機関へ申し込んでください。
医療機関へ持っていく物 健康保険証または後期高齢者医療被保険者証、個人通知のハガキ(上記Bに該当する人は、身体障害者手帳又は診断書も必要です。)

肺炎球菌とは
 肺炎球菌は主に気道の分泌物に含まれる細菌で、唾液などを通じて飛沫感染し、気管支炎や肺炎、敗血症などの重い合併症を引き起こすことが]あります。
 肺炎はわが国の死亡原因の第5位となっています。また、日常的に生じる成人の肺炎のうち4分の1から3分の1は肺炎球菌が原因と考えられています。
予防接種の効果 肺炎球菌には90種類以上の血清型があり、定期接種で使用される「23価肺炎球菌ワクチン」は、そのうちの23種類の血清型を予防の対象としたワクチンです。この23種類の血清型は、成人の重症の肺炎球菌感染症の原因の約6割を占めるという研究結果があります。
問 健康福祉課(電話086・482・2483)

早島ふれあい・サポート・センター会員募集のお知らせ
 町では、「子育ての援助を希望する人(おねがい会員)」と「子育ての援助を提供する人(おまかせ会員)」の相互援助を行う『早島ふれあい・サポート・センター』を運営しています。
会員を随時募集しています(一年更新)。登録は無料です。
会員の条件
おまかせ会員(援助を提供する人)
・早島町在住の人(年齢・性別・資格は問いません)
・心身ともに健康で、積極的に活動できる人
おねがい会員(援助を希望する人)
・生後3ヵ月から小学6年生の子どものいる人
・早島町在住または在勤の人
援助活動の一例
・保育園などの施設や習い事への送迎
・保育が困難な場合の一時保育
 など
利用料金等 600円/時間(おねがい会員からおまかせ会員に直接支払います)
 ※兄弟姉妹も預かる場合2人目からは半額
援助活動時間帯 7時~20時(宿泊はできません)
問 早島ふれあい・サポート・センター(電話 ファックス 086・482・1777)


令和3年度木の実会(親子クラブ)会員を募集
 木の実会は、早島町在住の、幼稚園入園前または保育園3歳児までの乳幼児とその保護者の親子サークルです。親子のふれあい活動や、同世代のお友だちと遊んだり、育児の悩みを相談したりできる、新しい仲間づくりの場です。
 毎月1回程度定例会を開催し、夏祭り、遠足、クリスマス会など季節の行事や親子でできるからだあそびなどを行っています。木の実会で楽しい時間をみんなと一緒にすごしませんか?
会費 1人2,000円/年
   2人目からは1人1,200円/年
問 健康福祉課・保健師 (電話086・482・2483)


3月保健ガイド

身体障がい者相談 
日 時 3月2日(火曜日)
    10:00~12:00(相談時間)
場 所 栴檀の家
 
こころの健康相談(要予約)
日 時 3月24日(水曜日)
    13:00~14:00
場 所 栴檀の家
※専門医師が相談に応じます。
問 健康福祉課(電話086・482・2483)

早島の人の動き
(令和3年2月1日)
   前月比 
町人口/ 12,716 人 (-5人) 
男 性/ 6,127 人 (+3人) 
女 性/ 6,589 人 (-8人) 
世帯数/ 5,075 世帯 (+1世帯)
 

お悔やみ申し上げます 
佐藤  茂 92歳(1月5日、片田)
住吉 由紀子60歳(1月29日、中山団地)


地域包括支援センター便り
 
問 地域包括支援センター
 (電話086・482・2432)
 


外出付き添い事業
モデル事業(試行)をはじめます!
  外出付き添い事業とは、一人での買い物や通院に不安を感じている高齢者が安心して外出できるように、支援する事業です。研修を受けた有償ボランティアが外出に付き添います。
 利用希望やお問い合わせは、地域包括支援センターまでご連絡ください。
対象者 要支援1・2、総合事業事業対象者
内 容 自宅から目的地までの付き添いや商店、病院でのお手伝い。(定期的な利用)
範囲 町内の商店、病院
回数
・買い物:週1回程度
・通院:月2回程度
(1回あたり1時間30分~最長3時間)
移動手段 徒歩、タクシー(タクシー代は利用者負担)、コミュニティバス
利用料 100円/回(1時間30分を超える場合は、加算あり)
※モデル期間中は無料

体操教室
参加してみませんか?
 いくつになっても自分らしく、自立した毎日を過ごせるよう、健康運動指導士の指導のもと体操に取り組んでみませんか?
日 時 3月24日(水曜日)10時~11時30分
対 象 町内在住の65歳以上の人
定 員 25名程度
会 場 早島町中央公民館
    多目的教室
参加費 無料
申 込 地域包括支援センターへ\お申し込みください。 


介護給付費通知書を確認しましょう
3月中旬ごろにハガキを発送します
 介護給付費通知書は、町が、サービス事業者からの請求に基づき、利用者のサービス利用状況を定期的にお知らせする大切な通知で、町から年に4回(6月、9月、12月、3月)通知しています。
※介護サービス費の請求書や支払い通知書ではありません。
 通知書が届いたら、サービス内容や回数などを、その月のサービス利用票や領収書と見比べ、記載内容に誤りがないか確認しましょう。記載内容に、誤りや不明な点がある場合は、地域包括支援センターへお問い合わせください。


ゆめひろば
 毎月感染予防対策を行いながら楽しく過ごし、学びを深めたり情報交換をしたりしています。
 3月のゆめひろばは、午前は介護等に関するなんでも相談会(要予約)、午後は介護者のつどいとして介護の悩みや困りごとについての相談会や講話を行います。
 ゆめひろばは、どなたでもご参加いただけます。ぜひご参加ください。
 1月のゆめひろばでは、新しい年を迎え、参加者でシルバー川柳を考えました。ユニークなもの、ゆめひろばのこと、今年の願い等幅広いアイデア作品となりました。


シルバー川柳
◆もうコロナ やめてよ今年は 明るい年に!
◆新年の 挨拶交わし 誰だっけ
◆ゆめひろば 月一回を たのしみに げんきなみんなに 会える今日の日

認知症について勉強しました!
~認知症キッズサポーター 養成講座~ 
 2月5日、早島小学校4年生が認知症について学びました。
 認知症の人への接し方等を学び、これから自分たちが地域でできることについて考えました。
 小学校で認知症について学ぶことは今年で2年目を迎えます。これからも若い世代の皆さんに認知症について学びを深めてもらえるように今後も講座を行っていきます。


地域包括支援センター 3月の行事予定 
日にち         時 間                 行 事                 場 所 
2日(火曜日) 10:00~12:00 相談会(要予約) 栴檀の家 
      13:00~14:30 ゆめひろば 
23日 (火曜日) 9:00~12:00 もの忘れ相談会(要予約) 早島町役場 1階 
24日 (水曜日) 10:00~11:30 健康づくりのための体操教室 早島町中央公民館 
※新型コロナウイルス感染症の今後の状況によっては、中止させていただく場合があります。ご理解くださいますようよろしくお願いします。


心映の投句
俳句・短歌

第537回早島俳壇定例句会作品 石井宏幸 選

烈風の角度氷柱の角度かな     郷原 和美
 氷柱が下がるほどの厳寒地。烈風の当たる向きや角度を感じながら、氷柱をじっと見ると口では言えても、耐えることなど困難な寒さに違いない。
それを正によく見て、烈風の中では氷柱でさえも烈風の吹く向きに造形されるという真実を得た。
貴重な真実だ。

雪の夜やわが足跡の追うて来る   石井美由紀
 雪。しんしんと降る夜の雪だ。ふとふり返ると、当たり前だが雪の上の足跡は自分から続き闇に消えている。そのことを「追う」と詠うことにより、先ほど歩いていた自分の過去が、今の自分を追い立てているようにも思わせ、迫力のある句となった。

生くることのみを糧とし去年今年  坪井日出夫
 病を克服し、句作のほか、多くのことに取り組まれておられる作者。生きることのみと強く詠い出すことにより覚悟を伝え、読む者の胸を揺さ振る。
不断のその思いを新年を迎える去年今年という季題に託した。

美しき歳時記を得て冬ごもり    中村 清子
寒鯉の行先知らず撓りけり     石井 淳也
寒月や空押し上ぐる波がしら    坪井 信幸
探検と言うて家中年始の児     大崎 弘子
幼子の小さき闘志歌留多取り    谷水 勝利
万の影蒼天に差し冬木の芽     筑後 道明
折取りて樹液の滲みたる冬芽    青葉 恵子
相輪の光る初空雲流る       佐々木正俊
厳寒の児島平野は色もなし     佐藤  寛

水蹴つて雲を蹴立てて鳰潜る    石井 宏幸

▽坪井日出夫特選三句
すべからく祝詞は空へ明の春    郷原 和美
一鍬にひかり打ち込む農始     坪井 信幸
白といふ淑気句帳に連れ歩く    石井 宏幸
 
*毎月第三日曜日13時30分から中央公民館で句会を行っています。
*俳句は五・七・五であること、季語が入っていることが約束です。
*どなたでも十句を用意してご参加ください。
*問い合わせ 坪井(電話086・483・2157)
      筑後(電話086・482・2339)


早島短歌会12月詠草 濱田 棟人 選
 
(作者は、あいうえお順)
夜にひとり満月眺めふともらす溜め息あなたに届きましたか        岡沢智惠子
方向を変へて歩めば虹ありてだんだん伸びて半円となる          岡本 稔子
どこまでも一人なり昼の丸山古墳の石棺に身を横たへてみる        川上 安代
下津井の浜風に揺れる干しだこよ炙りてつまみにしたいと見てをり     鈴木 信子
暖かき色のセーターを着たる人見てゐるわれも温かくなる         溝手 和子
古着をリニューアルせし割烹着がおしやれ着となりて町を闊歩す      安原 敏子
雀が二羽花水木の芽を啄みてわたしは温かいコーンスープを飲む      安原 知子


▽選者 濱田棟人 詠草
街なかは顔半分にマスクして目もと涼しき美人が行き交ふ
 

*短歌会は中央公民館で毎月第3土曜日、9時30分から12時まで行っています。
*「一首から五首まで」お持ちくだされば、どなたでも参加できます。
*入会希望者は、ゆるびの舎または中央公民館にお申し込みください。


令和3年度スポーツ少年団団員募集
 早島町スポーツ少年団では青少年の心身の健全な育成に資することを目的としています。
  スポーツを通して仲間づくり、身体づくりをしてみませんか。
※スポーツ少年団は第3日曜日は原則休みです。
受付期間 3月2日 (火曜日) ~20日(土曜日)
受付場所 生涯学習課(ゆるびの舎内)
受付方法 保護者が印鑑持参の上、お申し込みください。

問 生涯学習課
  (電話086・482・1511)
  
早島サッカースポーツ少年団 
 「プレイヤーズ・ファースト」で個の育成(精神と技術)をビジョンとしています。子どもたちは「サッカーを楽しむこと」、楽しいから努力をすることを学びます。保護者はサッカーを通して子どもとのコミニュケーションと子どもの成長を実感できます。子どもも大人も「楽しい」をサポートします。卒団後も年1回(11月)町内サッカー大会を開催し、交流しています。まずは気軽に見学・体験に来てください。
入団資格 幼稚園~小学6年生 男・女
定例活動日 8:00~12:00(土・日)月1回休み
      2年生以下は9:00~12:00
      18:30~20:00(火・木)夜間練習(任意参加)
会 場 宮山グランド (火・土・日)小学校 (木曜日)
会 費 1,500円/月(幼稚園は1,000円)
問 大崎 宣洋(電話090・1018・8812) 
 
早島女子ミニバスケットボールスポーツ少年団 
 「全力・集中・元気」をモットーに仲間と楽しく活動しています。定例活動では技術の向上だけでなく、礼儀を学ぶことも目的として活動しています。また、夏季合宿やクリスマス会などの行事を通じて、仲間とのコミュニケーションを図ることでチームプレーに活かしています。練習の見学や参加は、随時行っています。あなたもチームの一員になりませんか?
入団資格 新小学2年生~6年生 女子
定例活動日 17:30~19:30 (水曜日)9:00~12:00 (土曜日)
会 場 小学校体育館  会 費 1,500円/月

問 中川 真寿男(電話086・482・0879) 

 
早島少林寺拳法スポーツ少年団 
 少林寺拳法は、1947年に開祖・宗 道臣によって人づくりを目的に創始され、これまでに世界28ヶ国、150万人の人々に愛好されています。日頃の練習では、二人一組で互いに技を掛け合い、練習を楽しみながら体と心を強く鍛えて自分に自信を持たせ、他人を思いやる気持ちを育みます。
入団資格 幼稚園年長~小学生
      ※成人は保護者の人なら練習参加できます
定例活動日 19:00~20:00(火・木)
      20:00~21:30(火・木)※中学生以上対象
会 場 武道館  会 費 1,500円/月

問 虫明 千秋(電話090・9463・4401) 

 
早島VBCスポーツ少年団 (バレーボール) 
 「身体を動かす楽しさ」「相手を思いやる心」「できた!の喜び」を大切にし、健全でスポーツ好きな子ども達を育て、その先の「生涯スポーツ」へとつなげる事を目的に活動しています。みんなが笑顔で楽しいと感じることが1番!週1回の参加でもOKです。気軽に見学・体験に来てください。
入団資格 小学1年生~6年生
定例活動日 火・水・金(第2・4・5)19:00~21:00      (小学3年生までは~20:30)
会   場 火・金…早島小学校体育館
      木………早島中学校体育館
会   費 1,500円/月

問 井藤 綾子(電話090・4574・7179)

  
早島剣道スポーツ少年団 
 剣道を通して人間形成をはかり、礼儀正しく健康な身体と健全な心を持ち、困難なことに挑戦する児童・生徒の育成を目的としています。段級位は、小学6年生で一級、中学3年生で二段の取得を目標にして、現在これを全員達成しています。定例活動日に見学に来てください。
入団資格 幼稚園・保育園年長生~中学生 男女
定例活動日 18:30~20:00(月・水)
      18:30~20:30(土曜日)
会 場 武道館  会 費 1,500円/月

問 少年団代表 植田 秀樹(電話086・482・1612) 
 

早島ソフトボールスポーツ少年団 
 ソフトボールを通じて、健全な身体と精神力を育むことを目的に活動しています。一緒にプレーし、最高の思い出を作りませんか?楽しい行事も盛りだくさんです。体験入団、随時実施しています。女子団員も大歓迎!
入団資格 幼稚園・保育園年長生~小学6年生 男女定例活動日 9:00~12:00(土・日)
※練習予定表により、月に数回午後練習があります。
会 場 南グランド  会 費 1,500円/月

問 藤原 一(電話090・8994・9693) 
 

早島男子ミニバスケットボールスポーツ少年団 
 友情・ほほえみ・フェアプレーの精神をモットーに活動しています。主に基礎練習を中心に、楽しく、時に厳しく練習をしています。倉敷市、県大会の公式戦、また県外チームとの練習試合、その他クリスマス会などの行事があります。チームプレーの楽しさ、ゴールに入れた時の嬉しさを体験してください。いつでも見学、体験をしてください!
入団資格 幼稚園~小学6年生 男子
定例活動日 17:30~19:30 (木曜日)14:00~17:00 (土曜日)
会   場 小学校体育館  会   費 1,500円/月
問 渡邉 義弘(電話086・482・2816) 
 

早島バドミントンスポーツ少年団 
 子どもたちにバドミントン競技の『楽しさ・おもしろさ』を知ってもらい、バドミントン競技を通じてマナーとルールの大切さを教え、心と身体を育てる活動をしています。見学や体験はいつでも結構です。ぜひ来てみてください。
入団資格 幼稚園・保育園年長~中学生
定例活動日 【昼の部】12:00~14:00 (土曜日)
      【夜の部】18:00~21:00 (土曜日)
会 場 早島小学校体育館  会 費 2,800円/年

問 田中 良治(電話086・483・1767)(電話090・9416・4926)


春の景色を一枚の絵に
早島公園写生大会 作品募集!
 早島公園の桜の写生作品を募集します。美しい早島の桜を絵にしてみませんか。多数のご参加をお待ちしています。
募集部門 保育園・幼稚園児、小学生、中学生、一般
応募締切 4月8日(木曜日)までに、町役場まちづくり企画課までお届けください。
その他 画用紙の配布、画板の貸し出しを行います。希望者はまちづくり企画課まで(数量限定のため、なくなり次第終了します)。
※新型コロナウイルス感染拡大の状況により、入選作品の表彰・展示については中止となる場合があります。
問 まちづくり企画課 (電話086・482・0612)


生き抜く力を育てるために 子育て講演会
 今日、社会を生きていく上で小さい頃からの「非認知能力」の大切さが指摘されています。そこで、3月6日にゆるびの舎で、岡山大学の中山芳一氏を講師にお迎えし、非認知能力をテーマに「子育て講演会」を開催します。どなたでも参加できます。
日 時 3月6日(土曜日)14:00~16:00
会 場 ゆるびの舎文化ホール ※入場無料
講演テーマ「非認知能力を育てる家庭教育の在り方」
講 師 岡山大学全学教育・学生支援機構准教授 中山 芳一氏
申 込 3月4日(木曜日)までに、電子申請または、申込用紙(ゆるびの舎窓口)に必要事項を記入して生涯学習課(ゆるびの舎内)まで。
その他 新型コロナウイルス感染症拡大の状況によっては、講演会を中止することもあります。
※検温、手指消毒、マスクの着用をお願いします。
問 生涯学習課 (電話086・482・1511)


今年は、非接触で楽しもう!! 早島さくらまつり
 コロナ禍の春、模擬店などは開催しませんが、「さくら」にちなんだ作品コンテストを以下の部門で実施します。得意なものやチャレンジしてみたいことなど、多数のご参加をお待ちしています。
テーマ「さくらのまち早島」
写真コンテスト
応募受付期間 3月25日(木曜日)~4月8日(木曜日)
応募作品 早島公園(城山公園、国鉾公園)周辺で撮影され、他のコンテストなどで入賞していないもの
手作り弁当コンテスト
応募受付期間 3月25日(木曜日)~4月8日(木曜日)
応募作品 材料費1,000円以内で作った手作り弁当の「レシピ」と「写真(はがきサイズ以上)」
俳句コンテスト
応募受付期間 3月25日(木曜日)~4月8日(木曜日)
応募作品
・テーマ(「さくらのまち早島」)に沿っており、他のコンテストなどで入賞していないもの
・応募者本人が詠んだ作品に限る。
※新型コロナウイルス感染拡大の状況により、内容変更または中止となる可能性があります。
※応募方法など、詳細はWEBからご確認ください。


No.274“ゆるび”WEEKENDコンサート
歌で巡る世界の旅PART2.
日 時 3月26日(金曜日)開場18:30 開演19:00
会 場 ゆるびの舎・エントランスホール ※入場無料
出演 CLOVER(クローバー)
内容 女性ヴォーカルグループによるクラシック、ポップス、シャンソン、タンゴなど幅広いジャンルの歌で世界を巡ります。
プログラム アヴェマリア、ハバネラ、ラストダンスは私に 他
問 ゆるびの舎 (電話086・482・4800)


図書館だより
 3月の定例お話会は新型コロナウィルス感染予防のため、お休みします。
☆ストーリーテリング ☆かみしばいの時間
★ブックスタートについては、感染防止のためお申込いただいた対象者にはブックスタートパックを郵送でお届けしています。

☆おはなしの時間(職員による読み聞かせ)
日時 3月4日・11日・18日(休館日を除く毎週木曜日) 10:30~11:00
場所 図書館1階キッズコーナー
※マスクの着用をお願いします。

★春のお話会中止のお知らせ
 毎年3月に行っている恒例の春のお話会「あたらしい春」は、新型コロナウイルス感染予防のため、中止します。ご了承ください。また元気にお会いできる日を楽しみにしています。
早島町立図書館ボランティア「はやしま本だいすきの会」

図書館カレンダー3月のお休み
1,8,15,22,25,29日 ☆/25(木曜日)は電話対応可☆
問 町立図書館(電話086・482・1513)


新着図書紹介
『手作りを楽しむ 蜜ろう入門』
安藤 竜二(著) 図書館1F(646ア)
 日本で初めて蜜ろうキャンドル製造に着手した著者が、蜜ろうとの楽しい付き合い方を紹介。「収穫・精製する」から「作る」「灯す」までを解説するとともに、蜜ろうの歴史や、さまざまな利用術も伝える。


『ながれぼし』
小杉みのり(構成・文) 図書館1F(Eタ)
 流れ星は、高い空の、そのまたむこう、宇宙からやってきた、星のかけら。空をすべるみたいに、すーっと流れて、あっというまに消えていく…。流れ星の写真絵本。流れ星やさまざまな種類の星(天体)のかんたんな紹介も掲載。


『父と娘の認知症日記』
長谷川和夫,南高 まり(著)
図書館2F(493.75ハ)
 誰もが無関係ではいられない「認知症」に家族として、どう向き合っていくか。認知症専門医で自身も認知症になった父親との歩みを振り返る。人生100年時代に、認知症とともに心豊かに生きるヒントが満載。


『武漢 脱出記』
ビンタオ・チェン(著) 図書館2F(498.6チ)
 感染源であり、最も苛烈なロックダウンを行った生地、武漢での日々。そこから脱出し、仕事をしているパリで再びロックダウンにあった日々…。対照的なロックダウンを内側から描いた貴重な記録。写真帳も収録。


Hello Babies こんにちは赤ちゃん
1月生まれの>赤ちゃん
?森 結心ちゃん女の子(1月5日・若宮)父・悠輔、母・真由美
福森 郁斗ちゃん男の子(1月11日・弁才天)父・大介、母・奈津美
竜口 統守ちゃん男の子(1月24日・舟本)父・拓也、母・季沙
浅野 心碧ちゃん男の子(1月29日・若宮)母・青空

赤ちゃんの写真を掲載しませんか?詳細はまちづくり企画課(電話086・482・0612)へ。
e-mail kikaku@town.hayashima.lg.jp


For Health保健情報
予防接種を受けましょう!
 感染症にかからないように、また他の人にうつさないために予防接種で免疫をつけましょう!以下は定期予防接種の一部です。
◎麻しん・風しん混合ワクチンの予防接種
  対象者は下記のとおりです。
 第1期 生後12か月~24か月未満の児
 第2期 5歳~7歳未満で小学校入学前の1年間にある児
◎二種混合(ジフテリア・破傷風)の予防接種
  小学6年生のお子さんは、二種混合の予防接種の対象年齢(11歳~13歳未満)になります。
◎日本脳炎の予防接種
  日本脳炎の予防接種は、標準的には1.期を3歳で2回・4歳で1回、2.期を9歳で1回(合計4回)受けることになっています。また、以下
の1.または2.に該当する人には特例措置があります。
1.平成19年4月1日以前生まれで20歳未満の人
 1.期および2.期の不足分(1~4回)を接種可能。
2.平成19年4月2日~平成21年10月1日の間に生まれた人
 1.期の対象年齢(生後6か月~ 90か月未満)の間に1.期の接種が完了しなかった人は、2.期の対象年齢(9歳~ 13歳未満)の期間中に1.期の
未接種分(1~3回)を接種可能。7歳6か月~9歳未満の間は不可。
《予防接種の受け方》
 1.かかりつけの医療機関で、受けようとする予防接種の接種日時等確認し、直接予約して接種してください。
 2.予防接種予診票は、医療機関に備えてありますので、直接受診してください。
《持っていく物》
・小児医療費受給資格者証
・健康保険証
・母子健康手帳
問 健康福祉課(電話086・482・2483)

3月こども保健ガイド
場所 ゆるびの舎・健康づくりセンター
問 健康福祉課・保健師 (電話086・482・2483)

保育相談 
日時 9日(火曜日)受付時間はホームページ等案内をご確認ください。
対象 就学前の乳幼児
内容 身体計測、栄養相談、歯科相談など
※母子健康手帳・バスタオルをご持参ください。 
乳児健診 
日時 9日(火曜日)受付時間はホームページ等案内をご確認ください。
対象 4・7・9・12か月児
内容 身体計測、内科診察、栄養相談、歯科相談など
※母子健康手帳・問診票・バスタオルをご持参ください。 
わんぱく広場(むし歯予防教室) 
日時 16日(火曜日)受付時間は郵送の案内をご確認ください。
対象 2歳6~8か月児とその保護者
   ※対象者には個別通知します。
内容 2歳児のむし歯予防、栄養についてなど 
ベビママサロン2回目 
日時 23日(火曜日)受付時間は郵送の案内をご確認ください。
対象 7~8か月児とその保護者
   ※対象者には個別通知します。
内容 乳児のむし歯予防、歯の手入れについて、離乳食(中期以降)のポイントなど

はやしま児童館だより
問い合わせ先
 早島児童館 〒701-0304早島町早島1297-1
 電話/ファックス 086・483・2358
○絵本タイム 1日・15日・22日(月曜日)
16:15~16:45
29日(月曜日)14:00~14:30 小学生対象  三冊ほどの絵本や紙芝居などを読んでいます。ゆったりと聞きに来ませんか。 
★一輪車で遊ぼう  8日(月曜日)
15:45~16:45 どなたでも  一輪車パフォーマーの原田 直人 氏と一緒に、楽しく一輪車を練習しましょう。自分の一輪車がある人は持って来てください。雨天の場合は中止です。 
○避難訓練(火災) 24日(水曜日)
16:15~16:45 全員参加  全員参加で火災の避難訓練をします。雨天の場合は延期します。 
★…要申し込み(就学前の幼児は保護者同伴)


新型コロナウィルス感染拡大防止のためのお願い
・マスクをつけましょう。・受付で検温をします。・こまめに手洗いや消毒をしましょう。
・飲み物は必ず多めに準備して来ましょう。・ハンカチやタオルを持って来ましょう。
・部屋の空気の入れ替えをします。
利用できる人 0歳から18歳までの子どもとその保護者子どもの健全育成活動を進めている団体など
休 館 日 毎週火曜日・祝日
開館時間 10:00~17:00
※車はトマト銀行の北側駐車場または小学校小運動場に止めてください。自転車で来る人は小学校正門前の土壁の前に止めてください。
 

かんだ子育て支援センター
あそびのひろば
〒701-0304
都窪郡早島町早島4849-1
かんだ保育園内 電話086・480・0580
k-shien@kurukuru.or.jp
利用時間 10:00~16:00


開園日 月~土曜日
(ただし、日曜日・祝日・年末年始は除きます) 上記以外でも園行事の関係でお休みになることがあります。詳細については気軽に問い合わせてください。
 
1日(月曜日) 11:00~ ふれあいあそび(おひなさまバージョン) 
8日(月曜日) 11:00~ おはなしなあに&わらべうた 
15日(月曜日)~19日(金曜日) 10:00~ 作ってあそぼう「手作りおもちゃ」 
22日(月曜日) 11:00~ 2、3月誕生会
23日(火曜日) 13:30~ 赤ちゃんサロン対象:1歳半までの親子親子のふれあい遊びとママたちのおしゃべりタイムだよ。 
29日(月曜日) 11:00~ 新聞紙あそび&お掃除ごっこ 

〔予告〕
★にこにこ赤ちゃん 〈2回で1つのコースです〉
 日 時 4月8日(木曜日)、22日(木曜日)10:00~
 対 象 1歳までの赤ちゃん(4組:要申込)
 資料代 200円
 場 所 かんだ子育て支援センター
★一時保育(要事前登録)
 お子さんのお世話ができない時、一時的にお預かりします。
 早島保育園 直通電話(電話086・486・1231)
 かんだ保育園 直通電話(電話086・480・1489)
詳しくは各保育園にお問合せください。
 ハイハイのひみつや絵本のことなどについて一緒に考えてみませんか?おしゃべりしながら子育て仲間をつくりましょう

早島町シルバー人材センターだより
新規会員募集中
・保育士の資格をお持ちの人
・高齢世帯等の家事支援事業(町内の高齢者を対象に家事のお手伝い)
・剪定・草刈・草取作業、屋内外の軽作業
・派遣作業で鉄工所(切粉の運搬など)
・派遣作業で樹脂加工の事業所(原材料投入など)
今月の入会説明会
日時 3月10日(水曜日)
   13時30分~14時30分
場所 早島町シルバー人材センター 事務所(早島町早島1291-7)
問 公益社団法人早島町シルバー人材センター
  (電話086・480・0335)(電話086・480・0337) E-mail hayashima@sjc.ne. jp


求職者支援訓練受講者募集のご案内
 求職者支援訓練とは、雇用保険を受給できない求職者などを対象とした早期就職のための職業訓練です。今回、4月~6月に開講するコースの受講者を順次、募集しています。
【募集科】
 事務・デザイン・介護福祉・理美容関連分野など、様々な分野で募集を行っています。
※開講日、訓練期間(2~6か月)等は各コースによって異なります。
 詳しくは、「高齢・障害・求職者雇用支援機構岡山支部」のホームページをご覧ください。
【受講料】
原則無料(テキスト代などは自己負担)
※一定の要件(収入・資産等)を満たす人に対しては、「職業訓練受講給付金(月10万円+交通費(所定の額))」が支給されるケースがあります。(所定の手続きが必要となります。)
 受講相談は最寄りのハローワークへ
問 ハローワーク倉敷中央  (電話086・424・3333)


「借金・滞納、その請求に困ったら司法書士へ」
電話相談会開催のお知らせ
 岡山県司法書士会では、借金・家賃・奨学金その他の金銭の請求にお困りの人を対象として電話相談会を開催します。
日時 3月27日(土曜日) 10時~15時
電話相談(当日専用電話)
 電話086・224・2334
 請求書など、ご相談に関する資料をお手元にお持ちの上お電話ください。
 予約不要。相談料は無料です。秘密は厳守します。


リトルプレイスはやしま3月のイベント案内
「第2土曜はまち歩きの日」
 皆で町内を歩いて散策してみませんか。歩きながらの楽しいお喋りや新しい発見、健康づくりにもいいですよ。どなたでも参加大歓迎です!
日時
 3月13日(土曜日) ※雨天中止
 10時集合(所要時間 約2時間)
参加費 無料
集合場所 早島中央公民館駐車場
問 リトルプレイスはやしま (電話086・486・1551)
 イベントの詳しい内容はコチラ← http://hayashimabp.com/event


 どでカボチャ栽培者募集
'まちづくりフェスタ’in早島では、9月開催予定の「どでかぼちゃ祭り」に出品していただける、どでカボチャの栽培者を募集します。
 早島町内外を問わず、世界一のどでカボチャに挑戦したい人に、先着20名様にどでカボチャの苗2本無料で差し上げます。
締め切り 3月10日(水曜日)
 なお、栽培地が無い場合には栽培用地をお貸ししますので合わせてお申し込みください。
申・問 どでかぼちゃ祭り準備会 林(電話090・7135・7272)


いかしの舎3月
講座・イベント情報のお知らせ
申・問 いかしの舎(電話086・483・1243)
・うたごえ喫茶
 3月4日(木曜日) 13時15分~
 3月23日(火曜日) 10時~
・子ども食堂
 3月31日(水曜日) 11時半~
・ワークショップ
 3月31日(水曜日) 
「玉島だるま虎製造所」による「だるまの絵付け体験」(参加費600円)要予約
※3月16日(火曜日)は、茶房が臨時休業となります。ご了承ください。 

 
はやしまふれあい講座3月中止のお知らせ
  3月に予定していた「ふれあい講座」は中止します。
問 町民活動支援センター(中央公民館 電話086・482・3771)
  NPO法人ふれあいネット早島・渡辺(電話090・4145・2374)


囲碁クラブ例会報告(1月24日 13人参加)
【成績順位】
1.中村 行雄 六段 四勝
▽三勝者  安原 弘二 二段 ほか3人
*定例会は毎月第4日曜日開催
*次回は、3月28日(第4日曜日)9:00~
*場所 中央公民館 会費 600円
どうぞご参加ください。


消費生活相談窓口からのお知らせ
電力・ガスの契約内容をよく確認しましょう!
 電力・ガスの小売全面自由化が行われ数年が経過しましたが、全国の消費生活センター等には消費者トラブルに関する相談が引き続き寄せられています。

【事例】
 大手電力会社を名乗る者から「電気料金が安くなるので検針票の内容を確認したい」と電話があった。検針票を見ながら名前、住所と何かの番号を答えたが、契約についての話はしていない。後日、契約した覚えのない電力会社から『契約締結のお知らせ』というハガキと電気料金の請求書が届いた。
【アドバイス】
 氏名(契約名義)や住所だけでなく、顧客番号、供給地点特定番号など検針票の記載情報は重要な個人情報です。契約に関わる大切な情報なので、電話勧誘や訪問販売で聞かれても、すぐに教えないよう気を付けましょう。
 また、事業者からの電話や訪問販売で勧誘を受けて契約した場合は、契約書面を受け取った日から8日以内であれば、原則としてクーリング・オフができます。慌てずに対処しましょう。
 困ったときはひとりで悩まずお気軽にご相談ください。消費者ホットライン電話188(いやや)
問 まちづくり企画課(電話086・482・0612)


早島町観光センター

 瀬戸内の食材セレクトショップ、駄菓子屋さん、テイクアウトのドリンク、たまご屋さんが入っています。その他にも、曜日替わりでいろいろなお店が入っているので、ぜひお立ち寄りください。
 詳しい情報は、フェイスブックやインスタグラムで発信しています。
問 早島町観光センター(電話086・480・1560)


答申が行われました
高齢者保健福祉計画・第8期介護保険事業計画
 2月5日、早島町介護保険事業計画等策定委員会の竹中麻由美会長から、中川町長に同計画の答申書が提出されました。策定委員会では、令和3年度から3年間の高齢者に対する福祉事業や介護保険事業の計画、介護サービス費の見込量などの審議検討を行い、同計画の答申として取りまとめました。


答申が行われました
第4次早島町地域福祉計画
 平成28年3月に策定した第3次早島町地域福祉計画が令和2年度で最終年度を迎え、引き続き、計画の基本理念である「みんなつながり 住み続けたいまち」の実現に向け、第4次早島町地域福祉計画策定委員会で審議検討がなされ、1月28日に策定委員会会長の直島克樹川崎医療福祉大学医療福祉学部講師から中川町長に計画書が答申されました。


受賞おめでとうございます
明るい選挙啓発ポスターコンクール入賞
 明るい選挙の推進を図るため、岡山県選挙管理委員会が啓発ポスターコンクールを実施したところ、早島小学校から1作品、早島中学校から29作品の応募があり、その中の1作品が入選に選ばれました。入賞作品は、12月18日から1月8日まで岡山県庁1階県民室のポスター展で展示されました。
 

交通事故防止に役立てて 交通安全寄贈
 2月9日、晴れの国岡山農業協同組合及び全国共済農業協同組合岡山県本部から、町へスポークリフレクター160個が寄贈されました。
 JAグループでは、交通事故のない安全・安心な地域づくりに向けた様々な活動を実施しており、その一環として今回の寄贈が行われました。
これらの交通安全用品は、交通事故防止のために有効に活用していきます。

高齢者の人権を学びました
第5回人権講演会&まなびの舎講座
 1月14日ゆるびの舎で、水島中央病院脳神経外科医師(元理事長)で医学博士の秋岡達郎氏を講師にお迎えして「高齢者と人権~認知症と物忘れについて~」をテーマに、まなびの舎講座と連携した人権教育講演会が開催されました。
 講演では、「物忘れは昨日の夕食に何を食べたかを思い出せないことで、認知症は食事をした事実を思い出せないこと」など物忘れと認知症の違いについて事例を交えて分かりやすく説明がありました。また、認知症の予防として食生活や運動、社会参加の大切さなどがあげられました。
 超高齢社会における高齢者と人権、認知症の理解と予防等について学び、大変充実した時間となりました。


生き方を考える 中学生だっぴ
 1月9日の土曜授業日に、中学生だっぴが開催されました。今年は感染症予防対策として6つの特別教室に分散してリモートで開催し、中学1年生125名と大学生40名、おとな45名の3者が、40グループに分かれて、様々なトークテーマに沿って語り合いました。
 誰かに話すことで、今まで「自分の知らなかった自分」を改めて発見したり、普段話さない世代や分野の人の人生観や思いを聞くことで、互いの意見の違いから発見や学びが生まれました。参加した中学1年生からは、「いろんな職種の人と話すことで、コミュニケーション力が身についたと感じた」「今日の経験は改めて自分を知る良いきっかけになった」「視点を変えることで、勉強も楽しくなるという発見があった」などの感
想が寄せられました。
 参加していただいた町内外の大人のみなさん、大学生のみなさん、ご協力ありがとうございました。
 

「畳製作」技術が
ユネスコ無形文化遺産に登録されました

 12月17日(日本時間)、ユネスコの第15回政府間委員会において、「伝統建築工匠の技:木造建造物を受け継ぐ技術」がユネスコの無形文化遺産に登録されることが決定しました。 
 工匠の技は、国が選定した文化財保存に不可欠な「選定保存技術」の17件を構成要素としており、その中に「畳製作」も含まれます。この度登録されたのは、板入れや紋合わせといった高度な技法を駆使した伝統的な畳製作の技術(保存団体:文化財畳保存会)です。
 登録されたのは文化財などに活用される伝統的な畳製作技術で、一般家庭に供給される畳とは異なりますが、この度のユネスコ登録が、畳文化全体の活性化と伝統的技術を継承する技術者の確保につながれば、と町内の畳関係者からも喜びの声があがりました。
 古くから畳表や花ござで栄え、イ草文化を今も大切にしている早島町にとっても、この度の登録は、喜ばしいニュースとなりました。


早島のESDの取組をご紹介します!
~ESDの資質・能力の育成に向けた中学校区での一貫カリキュラムの充実~
1.研究に向けて
 早島町では、平成29年度から令和2年度までの4年間、最初の2年間は小学校を中心に、次の2年間は中学校を中心に、国立教育政策研究所の研究指定を受け、生活科・総合的な学習の時間等を中心に付けたい力を明確にした探究活動の充実や、校種を越えたカリキュラムの構築をしています。
 ESDの視点で身に付けたい「6つの構成概念」と「7つの能力・態度」に非認知能力の一つである「やり抜く力」を8つ目の力として定義し、単元学習プログラムを作成しています。カリキュラムではSDGsのゴール目標を踏まえた課題を設定し、ESDの視点で身に付けたい『6つの構成概念』『8つの能力・態度』と、キャリア教育の基礎的・汎用的能力の視点を関連付けながら、地域をフィールドにした探究活動の実践に取り組んでいます。
 総合的な学習の時間や教科等横断的な学習では、『課題設定→情報収集→整理・分析→まとめ・表現・行動化』の学びを2サイクルとしたW型探究活動を行っています。こうした探究的な学習を通して地域課題の解決に取り組みながら、「やり抜く力」や「生きる力」を育成しています。


2.ESDで身に付けたい力を明確にした単元学習プログラムの構築
 主な研究内容として、総合的な学習の時間等のカリキュラム・マネジメントを柱とし、保幼小中の相互連携による一貫カリキュラムの充実を図っています。

3.具体的な実践例
(1)総合的な学習の時間の単元学習プログラムの実践<小学校5年生>「防災~台風から守ろう、みんなの命~」
 自助、共助、公助の視点から、自分や友達や家族、近所の人たちの命を守るために自分にできることは何かを考え、実際に行動に移すことができるような力を身に付けることをねらいとしています。学校が火災に見舞われたときの避難経路を考える活動をきっかけに、身近で起こり得る災害からどうやったら自分や家族を守れるか、防災方法を自助の視点から考えます。そして、模擬避難活動や避難所生活を行うことで、被災後のことまで考えた防災計画の必要性に気付くようになります。更に、理科「台風と天気の変化」の単元において、台風の動き方や地上への影響について学習することで、台風の動き方や影響範囲、被害の想定をすることができるようになり、その学びを防災計画に役立てています。このように、総合的な学習の時間と理科の学習内容とを結び付けながら、双方に学びを深めて、防災意識を高めています。


(2)教科等横断的な単元学習プログラムの実践<中学校3年生>「誰もが安心して利用できる避難所へ」
 「誰もが安心して利用できる避難所へ」をテーマに、各教科で探究的な学習を行っています。まず導入として道徳の授業で「社会からの無言の賞賛を感じる感性」を題材に取り上げ、社会参画の意識と社会の一員としての自覚を深めています。社会の授業では、大震災の被災者の現状をアンケートを通して学び、理科の授業では、早島町で起こりうる被害の現状と問題点を挙げていき、保健体育の授業では、感染症の予防について今までの知識を活用して考えていきます。そして、国語の授業では、避難所についての新聞記事を比較しながら、誰もが安心して利用できる避難所について考え、美術の授業では、避難所で必要となるピクトグラムを作り上げ、英語の授業では、外国人にも分かりやすいように、そのピクトグラムの説明を英語で表現しています。
 中学校では、9月の一週間をSDGs週間として位置づけ、2年生は「Be an ECOSIAN!~森林保全のために私たちができること~」をテーマに、1年生は「目指せ!エコサポーター~エコな心の育成を目指して~」をテーマに、全教科でSDGsのゴール目標を踏まえた授業を行っています。


まとめ
~地域とつながり未来を拓く早島っ子の育成~
〇ESDの8つの能力・態度を育てるグレード表を、発達段階に合わせて小・中学校統一の評価規準を作成することで、児童生徒の自己評価能力を高め、メタ認知する力を育てています。
〇地域と連携・協働して探究活動することで、小・中学校の活動を理解し応援する企業や住民が増え、学校理解が深まるとともに、児童生徒に早島への郷土愛を育てています。

3月の無料相談

身体障がい者相談 2日(火曜日) 10:00~12:00 栴檀の家 健康福祉課 電話086・482・2483
保育相談 9日(火 受付時間はホームページ等案内をご確認ください ゆるびの舎・健康づくりセンター 健康福祉課 電話086・482・2483
行政相談 9日(火曜日) 13:00~14:00 オアシス早島 総務課 電話086・482・0611
心配ごと相談・児童相談 9日(火曜日) 13:00~14:00 オアシス早島 健康福祉課 電話086・482・2483
人権相談 10日(水曜日)  9:00~12:00 ゆるびの舎・2階集会室 町民課 電話086・482・2482
法律相談 17日(水曜日) 13:00~16:00    町役場    総務課 電話086・482・0611
夜間納税相談 18日(木曜日) 17:30~20:00 町役場 税務課 電話086・482・2484
こころの健康相談(要予約) 24日(水曜日) 13:00~14:00 栴檀の家 健康福祉課 電話086・482・2483
教育相談 随時(平日)  8:30~17:00    ゆるびの舎 学校教育課 電話086・483・2211
 

広報はやしま 2月号
令和3年2月1日発行  (通巻1959号)
■編集・発行 早島町役場まちづくり企画課
 〒701-0303 岡山県都窪郡早島町前潟360-1
■電話 086・482・0612 ■ファックス 086・482・3405
■E-mail  kikaku@town.hayashima.lg.jp
■URL http://www.town.hayashima.lg.jp

お問い合わせ先
早島町 まちづくり企画課
〒701-0303 岡山県都窪郡早島町前潟360-1
電話番号:086-482-0612

お問い合わせはこちらから

外部リンク「電子申請サービス」へ

みなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか。
内容は分かりやすかったですか。
役に立ちましたか。

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。

広報はやしま音声読み上げページ

場面別で探す

  • 手続きナビゲーション
  • 妊娠・出産・子育て
  • 教育・文化
  • 就職・退職
  • 住まい・くらし
  • 結婚・離婚
  • 健康・医療
  • 高齢・介護
  • 障がい・福祉
  • おくやみ
  • その他