現在の位置

広報はやしま令和3年4月号

 3月12日早島中学校卒業式が行われました。リモート中継を取り入れるなど、コロナ禍の卒業式を終えた卒業生たち。校舎のあちこちには色とりどりの飾りつけがなされ、中学校生活最後の日を華やかに送り出そうという在校生や先生の温かい心遣いがあふれていました。式と最後の学活を終えた卒業生は、保護者と一緒に先生の作った花道を歩いて、3年間の学び舎を巣立っていきました。

今月号の主な内容
P2~7 令和3年度施政方針
P8~19 まちからのお知らせ
       「令和3年度当初予算」
       「歩いて暮らせる魅力あるまちづくり」ほか
P20~28 健康&福祉ガイド
       新型コロナウイルスワクチン接種のお知らせ」
      「町の福祉サービスご案内」ほか
P29~31 まちのイベントガイド
P32~33 こどもガイド
P34~36 投句、まちかど情報
P37~39 まちのできごと


令和3年度施政方針
 
~「すべての人が住み慣れた地域でともに生き、人生の豊かさを実感できるまち」~

 新型コロナウイルス感染症は未だ終息の目途が立たない状況で、コロナ禍を生き抜くための取り組みは数年に渡り続くとも言われ、人の移動や日常生活に制限が課せられています。本町でも、小学校と中学校の一斉休校、夏まつりや敬老会、町民運動会など地域を結び付けてきた行事の中止、そして成人式の延期など、町民の皆様の生活環境に大きな影響を及ぼしました。こうした中、本町では、国の臨時交付金を最大限に活用して、全世帯の水道基本料金の免除、子育て世代や事業者・医療従事者への支援、学校現場の環境整備、キャッシュレス決済の導入、自治会へのコミュニティ活動再開円滑化支援、高齢者の方々へのインフルエンザ予防接種費用無償化など、様々な取り組みを続けています。
 現在国では、感染症対策の決め手としてワクチン接種を医療従事者から開始しており、本町においても、国・県と連携し万全な接種体制のもと円滑なワクチン接種が実施できるよう準備を進めているところです。コロナ感染の厄介なところは、人々が一番大切にしている「人との繋がり」を介して感染が拡がる点ではないかと思っています。コロナ感染を防ぐ対策は、マスクの着用、手洗いの徹底、3つの密(密閉、密集、密接)を避けることが基本であり、今こそ、「感染しない」行動と「感染させない」思いやりが必要となります。町民の皆様には、引き続き緩みない感染症対策をお願い申し上げ、また、感染者や医療従事者等に対するいわれのない誹謗中傷や差別は絶対に許さないなど、町一丸となって取り組んでいきます。
 さて、総務省が令和3年1月29日に発表した2020年人口移動報告では、本町における人口移動数は93人の転入超過であり、県内では2番目、中国地方では10番目に多い結果でした。令和3年(2021)1月1日現在の住民基本台帳人口は12,721人となり、平成28年(2016)1月1日の12,292人から5年間で429人の増加となっています。社会動態が増加しているこの好機を着実にものにし、人口増加に繋げていきたいと思います。
【町民アンケート】
 また、令和2年3月に実施した町民アンケートでは、「早島町にずっと住み続けたい。」との回答が93%と非常に高い定住意向が示されました。
人口の増加、そして非常に高い定住意向は、子育て環境の充実、教育環境の充実、高齢者福祉の充実、良質な住環境の整備について重点的に展開した結果、良好な成果が得られたと考えています。この町民アンケートから課題も見つかりました。道路の整備と交通安全の確保、幼児(親子)や子どもの遊び場の確保、誰もが利用しやすい公共交通の整備、住民自治の強化でした。一定程度の満足は得られましたが、町民の皆様は「安全・安心で、より質の高い生活環境」を求めておられ、私が目指す「すべての人が住み慣れた地域でともに生き、ともに支えあい、そして、働き、学び、人生の豊かさを実感し、将来への夢を抱くことのできる 早島」と同じ将来像をお持ちであると認識しました。町民の皆様と共有できた町の将来像の実現に向け、まちづくりに邁進していきます。 
【長年の懸案事項】
 ところで、長年の懸案事項が動き出しました。一つ目は長年町民の皆様からご要望の大きかったJR早島駅のバリアフリー化が、JRとの協議を重ねその実現に向けて確実に動き出しました。広報はやしま1月号に将来イメージ図を掲載し、ご意見等をいただいたところです。JR早島駅を中心とした賑わいづくりを進め、町の玄関口に相応しい駅前にしたいと考えています。その布石として、早島町観光センターに指定管理者制度を導入したところ、民間のノウハウが発揮され人々が集まり賑わいが創出されつつあります。二つ目は国道2号の慢性的な渋滞対策として、国土交通省中国地方整備局が交差点の立体化による緩和策を公表し、こちらも動き出しました。
 現在、第5次早島町総合計画の策定に向け振興計画審議会を立ち上げ検討を進めており、今年9月末の策定予定としています。
 本町は、令和3年2月26日に町制施行125周年を迎えました。先人の思いを引き継ぎながら、今が将来に繋がっていることを常に意識し「早島町をもっと前へ」進める施策を展開していく所存です。

子育て・教育
 子育て支援については、子育て世代の共働きの増加に伴い、保育ニーズも年々増加しており、安心して子どもを生み育てられるよう、子育て負担の軽減や子育て機能の強化に努めています。中でも、保育園の待機児童の解消が最重要課題と掲げ、様々な取り組みを行ってきました。保育の受け皿として町内3か所目となる民間保育園の整備に始まり、不足している保育士の処遇改善及び離職防止対策、幼稚園での給食提供及び預かり保育の実施など、直接的かつ間接的な施策展開に取り組んでいます。この取り組みを更に加速化させるため、保育園、幼稚園の事務手続きの窓口を健康福祉課に一本化します。就学前の子どもに関する施策の一元化を図り、きめ細やかな子ども・子育て支援サービスの提供に努めます。
 育休退園制度については、育児休業取得を理由に保育園に通う園児(0歳~2歳児)が退園となる「育休退園」を見直し、令和3年4月から、退園しなくて済むように運用を始めます。
 本町の持続可能性を支える主役は子育て世代です。働く子育て世帯が十分な支援を得られるだけでなく、子育てを優先しながら柔軟に働き続けられる環境づくりが重要となります。「第2期早島町子ども子育て支援事業計画」に基づき、子育てと仕事の両立支援、地域の子育て支援の推進、母子の健康づくりの推進、子育てのための経済的支援など、総合的かつ計画的に子育て支援施策を展開します。
 学校教育については、「早島町学校教育ビジョン」の具現化を目指し、保幼小中の連携を強化して、小中一貫教育を進めています。キャリア教育とESD(持続可能な開発のための教育)の視点を踏まえたカリキュラムを構築し、体系的に推進することで持続可能な社会づくりの担い手を育てるとともに、町民も共に学び共に育つ「協働・協学・協育」のまちづくりを目指し、「はやしま学」を地域との連携のもと進めています。小
学3年生では、早島の伝統文化である「IGUSA」を題材に探究活動を行い、中学2年生の「起業体験活動」では、地元企業と連携して、生徒自らが商品を開発し販売等を行うなど、早島の魅力を町内外に発信し、郷土愛を育てています。また、国際理解の一環として、英語をツールとしたコミュニケーションの資質・能力を育成するため、小中学生を対象に早島英語暗唱大会を開催していますが、参加者が年々増加し、児童生徒の英語力に感銘を受けています。英語の授業では、海外と回線を結んで現地の先生と直接英会話をする「オンライン英会話」を小学5・6年生は小グループで、中学2年生は1対1で実施することとしており、英語をツールに自分の考えを表現する機会を増やしています。英語検定受験応援制度は、多くの児童生徒が活用して頑張っています。国が掲げるGIGAスクール構想の実現に向け、児童生徒に一人一台の学習用タブレットを配備し、小中学校に情報通信ネットワーク環境の整備を行い、令和の時代に相応しいICT環境の構築に取り組みました。令和3年度もGIGAスクールサポーターを配置し、すべての授業でより効果的にICT機器を活用できる支援体制の強化に努めます。
 学校教育施設については、学校施設個別施設計画で健全度の低い棟から順次、国の学校施設環境改善交付金(防災機能強化事業)を活用して、安全・安心で快適な教育環境への改善に向け計画的に取り組みます。令和3年度は小学校2舎防災機能強化工事を予定しています。
 生涯学習のまちづくりについては、地域課題や社会的課題の解決に向けESDに取り組みながら地域への愛着と誇りを育み、地域コミュニティの活性化につながる学習プログラムの提供、地域の大人と子どもがスポーツを通してつながりあう総合型地域スポーツクラブの実施、ファシリテーター養成講座、親育ち応援学習プログラム、はやしまプレーパークの開催など、地域全体で家庭教育を充実させる環境整備に取り組みます。開催できなかった備中早島夏まつり、町民運動会、マラソン・駅伝大会など、実行委員会の皆様と力を合わせ、予防対策を講じ工夫しながら開催に向け取り組むことが重要と考えています。また、早島IGUSA花ござピンポン世界大会も開催できるよう、中高生、留学生等を中心とした実行委員会の運営を支援します。
 戸川家記念館では2階に民具等を展示するスペースを整備し、当館の1階と2階を見学することで町の歴史に触れることができるなど、展示内容の充実を図り中世から近代に続く早島の歴史を物語る施設とします。
 町立図書館については、学校図書館との連携強化を図るため図書館システムのネットワーク化を行い、令和3年度には「第3次早島町子ども読書活動推進計画」を策定し、システム・人的両面で小・中学校の学校図書館との連携を進め、地域や図書館ボランティアとも連携しながら、生徒・児童の図書館の利用促進を目指します。町立図書館に人々が集い、学び、文化活動の拠点としての役割を果たし、学びの成果が地域活動に拡がることを期待しています。

健康・福祉・環境
 新型コロナウイルス感染症のワクチン接種は、国の指示のもと、岡山県との連携により町民の皆様が円滑に接種できるよう全力で対応しています。引き続き、集団接種やコールセンターの設置など、必要な体制づくりに取り組みます。
 健康づくりについては、若年期から健康管理意識を高め、バランスのとれた食事・運動・休養を中心とした生活習慣づくりに取り組むことが必要です。「第3次健康はつらつはやしま21」に基づき、がんや心疾患、脳血管疾患、糖尿病などの一次予防を強化するとともに、地域医療の連携体制を強化し、疾病の早期発見・早期治療に向けた保健・医療・福祉の一体的な推進に取り組み、誰もが健康で豊かな生活を送れるよう町民の皆様と共に健康寿命の延伸に努めます。
 国民健康保険事業については、特定健診の受診率向上やジェネリック医薬品の使用促進をはじめとする医薬品の適正利用の啓発などに取り組んでいますが、医療の高度化などにより一人当たりの医療費が増加傾向となっています。国保ヘルスアップ事業として加入者の保険診療情報や特定健康診査結果のデータ分析など医療費の適正化に向けた取り組みを積極的に実施し、加入者の健康の保持・増進、生活の質の向上と国民健康保険事業の安定と制度の維持・向上に努めます。
 地域福祉については、地域福祉活動や健康づくり・介護予防の取り組み支援など、令和2年度末に策定した「第4次早島町地域福祉計画」に基づき、地域の保健・医療・福祉を支える基盤づくりに総合的かつ計画的に取り組みます。
 高齢者福祉では、高齢者の重症化予防には健康づくりと居場所づくりに取り組むことが重要と考えています。100歳体操を中心とした「たまり場」事業は、高齢者の心身機能低下予防や高齢者同士または世代を超えた地域住民の交流活動が地域主体で運営されています。新型コロナウイルス感染症拡大の影響で活動を見合わせる時期があったものの、地域の皆様でコロナ対策を講じながら再開し、介護予防活動に取り組まれています。引き続き、より多くの人が「たまり場」に参加されるよう支援します。また、認知症や障がいにより判断能力の不十分な人が、成年後見制度を適切に利用できる仕組みづくりを進めるとともに、制度に関しての普及啓発や後見人等への支援を行うための窓口を健康福祉課に設置します。
 コミュニティバスについては、利用しやすい環境整備として地区を限定したフリー降車の実証実験を7月頃に開始したいと考えています。高齢者などの移動手段として運行を継続するとともに、スマホなどで乗換案内とバス停位置が検索できる民間無料ナビゲーションシステムに参加しており、その周知に努め公共交通としての役割を果たします。
 町外への移動支援については、令和元年11月から令和3年3月までを試行期間とし、町外移動用福祉タクシー助成事業を実施しました。利用結果では、病院がある倉敷・中庄方面への利用が非常に多く、高齢者にとって既存の移動手段(JR)では不便であり、タクシーを使わざるを得ない状況に置かれていることが分かりました。令和3年度から事業化し、高齢者や妊婦の町外への移動支援に努めます。誰もが利用しやすい公共交通体系の整備に取り組み、あらゆる移動手段が選択できる移動しやすいまちを目指します。
 地域包括ケアシステムについては、地域包括支援センターを中心として、町民の皆様への啓発活動や多職種連携等関係団体のご協力をいただきながら介護予防・日常生活支援総合事業を実施するとともに、元気アップ塾を通所型短期集中サービス事業として事業化し、専門員による集中的な指導により総合事業対象者の心身機能の向上に取り組んでいます。令和3年度から、一人で買い物や通院などが困難な人を支援するため、有償ボランティアグループを立ち上げ「外出付き添い事業」を試行的に実施します。令和2年度末に策定の「早島町高齢者保健福祉計画・第8期介護保険事業計画」に基づき、地域包括ケアシステムの深化・推進に努めます。
 循環型社会の形成による地球温暖化の防止については、家庭から排出されるごみの中からリサイクル可能な空き缶や古紙・布・ペットボトル・ビン類など自治会の協力により資源ごみとして回収し、地域と一体となってゴミの資源化に努めています。また、CO2を含む温室効果ガスの削減に向け、役場庁舎及びゆるびの舎の空調設備の更新とLED照明設備の設置を行い、電気代・燃料代の削減とCO2排出量の削減を図りました。引き続き、町民、事業者、行政が一体となって地球温暖化の防止に取り組みます。
 環境衛生については、犬のふん害などのペットのマナーや空き地の荒廃の防止など、美化意識の向上に努めています。令和3年度から、飼い主のいない猫の繁殖を抑制し地域の衛生的な生活環境の確保と動物愛護意識の高揚を目的に、町内で捕獲した飼い主のいない猫の不妊去勢手術費の一部を助成する事業を開始します。財源は、クラウドファンディングを活用し調達します。
 環境施策における分野では、本町においても2015年の国連サミットにおいて採択されたSDGs(持続可能な開発目標)という国際的な目標のもと取り組みを進めています。本年2月2日には、岡山連携中枢都市圏を形成する8市5町で「二酸化炭素排出量実質ゼロ」を宣言し、圏域全体で地球温暖化に取り組むこととしました。1月に始めた「フードドライブ」は、食品ロスの削減に向け家庭で使われずに余っている未開封の食品を持ち寄っていただき、必要としている個人・団体などの寄附する活動で、SDGsの目標12(つくる責任 つかう責任)にあたります。

安心・安全・まちづくり
 防災対策については、自主防災組織連絡協議会の活動支援による防災意識の高揚に引き続き取り組みます。「早島町地域防災計画」は、平成28年熊本地震、平成30年7月西日本豪雨等の災害を踏まえた国の防災基本計画と県の地域防災計画との整合を図りつつ、令和2年度に全面改訂しました。また、防災マニュアル及びハザードマップを出水期前の6月上旬までに全戸配布する予定です。
 災害対策においては、災害大国である我が国において最も重要なことは、災害による被害を最小限に抑えるとともに迅速に立ち直る、「強さ」と「しなやかさ」を備えた強靭な地域を作り上げることです。人命の保護・公共施設の被害最小化・迅速な復旧復興を目的としたソフト対策及びハード対策を盛り込んだ「早島町国土強靭化地域計画」の策定に国や県と連携し取り組みます。
 浸水対策の推進については、主要水路の改修を農業基盤整備と浸水対策の両面から継続して実施していきます。設置から30年以上が経過した弁才天排水機場の改修を令和3年度から県事業として着手します。また、内水による浸水被害の最小化を図るため、内水ハザードマップの作成に取り組みます。
 防犯対策については、警察、防犯ボランティアと行政が一体となった防犯活動が図られるよう、防犯に関する情報提供、防犯ボランティアへの活動支援に取り組みます。また、令和2年度から消費生活相談員を配置し消費者トラブルの未然防止、拡大防止に努めています。
 空き家対策については、空き家等の実態把握に努め、特定空き家に認定した建物の除去と活用策を含めた空き家に関する施策を推進します。
 幹線道路の整備については、事業中の県道早島松島線の早期完了を事業者である岡山県に引き続き要望します。国による国道2号の交差点立体化事業により、渋滞緩和や通過車両、自転車及び歩行者の安全な通行の確保が見込まれます。
 また、計画路線の都市計画道路駅前バイパス線についても、早期事業化に向け取り組みます。この計画路線の整備により、県道倉敷妹尾線及び二間川筋を通る通過車両の抑制が期待でき、歩行者が安心して移動できる生活空間の形成に繋がります。
 基盤整備については、JR早島駅及び役場周辺地区(新定住促進地区)では、近隣都市とのアクセスの優位性から定住促進に向けた暮らしやすい住空間の形成を目指します。特にJR早島駅は、エレベーターと屋根付き跨線橋の整備と併せて住民交流や買い物支援施設を一体的に整備することにより、町の玄関口のイメージアップ、そして、地域の魅力・町のブランド発信に繋げる、地域再生拠点の核となるよう整備に取り組みます。早島インターチェンジに隣接する下野地区(新産業拠点)では、骨格となる道路(町道1号線)整備と併せて上水道と下水道を敷設することで整備期間の短縮を図り、企業進出が盛んなこの好機を着実にものにしたいと考えています。
 国の地方創生推進交付金を活用した事業では、観光による来訪者の増加を目指し、「歩いて暮らせる魅力あるまち」のPR事業と公共交通で来町したくなるまち歩き拠点の魅力UP事業を一体的に進め、「駅に降りてみたい。歩いてみたら、住んでみたい。」という好循環が生れるよう取り組みを進めます。本事業の実施にあたっては、多くの企業から共感をいただき企業版ふるさと納税という形で本町を応援していただき大変有難たく思っています。
 商工振興については、つくぼ商工会と連携し新規出店を目指す起業予定者の支援や既存商店の販路開拓など、中小地場産業の活性化や育成に努めます。
 下水道事業では、下水道ストックマネジメント計画に基づき管渠点検等現地調査に入り施設の現状把握と対応策等の検討を行い、既存施設の長寿命化を図ります。また、下水道事業の持続的で安定的な事業運営を図るため、公営企業会計への移行に取り組みます。
 水道事業については、若宮団地及び日笠山団地の老朽化した配水管を耐震仕様の配水管に順次更新し、将来にわたる重要なライフラインとして安定した水道供給に努めます。また、水道法の一部改正に伴い、水道施設の計画的な更新など適切な資産管理が行えるよう水道施設台帳の作成に取り組みます。
 行政の効率化については、周辺自治体との広域的な連携の推進と、民間の力も活用した幅広い視点での行政運営が必要と考えています。連携中枢都市である倉敷市及び岡山市との連携協約のもと、経済、交通、医療、教育、文化などの分野で連携し、行政運営の効率化、充実化に努めます。
また、民間のノウハウを公共施設管理に活かすことのできる指定管理者制度の導入を更に進めます。
 デジタル化の推進につきましては、国の動きを注視し、IOT(モノのインターネット)、AI(人工知能)、RPA(ロボットによる業務自動化)、5G(次世代通信規格)など、デジタル技術の活用手法について研究を進めます。現在国のシステムを活用し、テレワークの実証実験に取り組んでいます。
  コンビニ納付・スマホ決済の導入については、コンビニ納付に対応した納付書を送付し、既存金融機関に加え、コンビニエンスストアでの納付とスマホ決済アプリを利用した納付を可能とするもので、税(普通徴収住民税・固定資産税・軽自動車税種別割・国民健康保険税)及び水道料金・下水道使用料を対象に、令和3年10月からの開始を予定しています。
 マイナンバーカードの普及については、夜間窓口延長に加え、月に一度日曜日の午前中に休日開庁し、交付、電子証明書の更新の受け付けを行います。また、コンビニ交付や健康保険証として利用できるなど利便性の広報にも努めます。
 男女共同参画については、令和3年度に第3次早島町男女共同参画基本計画の中間見直しを予定しています。国の「第5次男女共同参画基本計画 ~すべての女性が輝く令和の社会へ ~」を勘案しつつ、町民アンケートが反映された計画となるよう、見直しに取り組みます。
 住民自治については、住民が地域コミュニティの中で世代を超えて共に助け合って暮らせるよう、自治会行政連絡会議を活用しコミュニティ活動の情報提供とコミュニティ意識の高揚に努め、自治会が主体的に地域の課題解決に取り組めるよう支援を行います。
 組織の内部統制については、仕組みを整備し適切に運用していきます。また全職員が全体の奉仕者であることの自覚のもと、各種研修を通じて政策形成能力、職務遂行能力や接遇能力を高め、創意工夫で町民ニーズに応えられるよう資質の向上に努めます。
 以上、所信の一端を述べましたが、町政の運営にあたっては、町議会の皆様はもとより関係機関、関係団体、そして広く町民の皆様の御参加と御協力を賜り、互いに相携えて早島町をもっと前へ進めるために全力で取り組む所存です。これからも一層の御協力と御鞭撻をよろしくお願いします。
 


令和3年度当初予算
 令和3年度当初予算が令和3年3月定例会で成立しました。
 予算規模は、一般会計が53億2,800万円(前年度比104.1%)、特別会計28億2,304万円(前年度比104.1%)、公営企業会計9億7,122万円(前年度比122.1%)となっています。
問 総務課 (電話086・482・0611)

予算規模
一般会計 53億2,800万円(前年度比104.1%)
特別会計 28億2,304万円(前年度比104.1%)
公営企業会計 9億7,122万円(前年度比122.1%)
合 計  91億2,226万円(前年度比105.8%)
 
一般会計
歳入の特徴
・町税は、固定資産税と法人町民税の減少により全体で4.6%減の19億3,436万円を見込んでいます。
・地方交付税(臨時財政対策債含む。)は、15.7%増の10億7,940万円を見込んでいます。
・国庫・県支出金は、新型コロナウイルスワクチン接種事業に対する補助金等の増加により13.1%増の12億4,714万円を見込んでいます。
・町債は、防災対策等の起債の対象となる建設事業の増加により50.9%増の2億2,930万円を見込んでいます。
・分担金及び負担金は、保育料の減少等により6.6%減の4,315万円を見込んでいます。
 
用語の意味
1_町民税や固定資産税など
2_基金の取り崩しなど
3_施設の利用料など
4_預金利子、配分金など
5_保育所の利用料など
6_財政力に応じて国から配分されるもの
7_事業に対する国からの補助金・負担金など
8_事業に対する県からの補助金・負担金など
9_地方消費税の一定割合が交付されるもの
10_町の借入金
11_一定の基準により国税が配分されるもの
 
用語の意味
1_障がい者福祉費、小児医療費など
2_職員給与など
3_委託料、光熱水費など
4_特別会計に対する支出
5_団体への補助など
6_借入金の返済
7_道路などの整備費用
8_施設の維持補修費など

歳出の特徴
・扶助費では、障害者自立支援給付事業費、小児医療費給付事業費の増加等により8.5%増の12億9,983万円を見込んでいます。
・人件費では、職員の退職に伴う給与、手当の減少等により3.6%減の10億4,976万円を見込んでいます。
・物件費では、新型コロナウイルスワクチン予防接種にかかる委託料の増加等により15.4%増の8億5,339万円を見込んでいます。
・補助費等では、ごみ収集業務にかかる一般廃棄物焼却委託料の減少等により0.4%減の4億9,359万円を見込んでいます。
・普通建設事業費では、道路新設改良事業費の減少等により9.9%減の3億4,258万円を見込んでいます。
・維持補修費では、水路等浚渫や道路維持補修の費用の増加等により38.1%増の1億8,883万円を見込んでいます。

特別会計・公営企業会計
 早島町には、一般会計のほかに4つの特別会計と2つの公営企業会計(地方公営企業法が適用されるものとそうでないもの)があります。
 これらは特定の料(税)金収入によって運営されていて、一般会計とは区別されています。
特別会計
国民健康保険会計
13億9,557万円(前年度比104.2%)
介護保険会計
(保険事業勘定) 
12億3,098万円(前年度比105.7%)
介護保険会計
(介護サービス事業勘定) 
879万円(前年度比108.2%)
後期高齢者医療会計
1億8,770万円(前年度比94.1%)
公営企業会計
公共下水道事業会計
5億7,538万円(前年度比116.4%)
水道事業会計
3億9,584万円(前年度比122.1%)


 令和3年度の主な事業
 令和3年度の当初予算に計上した主な事業は次のとおりです。(金額の単位は万円)
 主要事業の詳細は、町ホームページでご覧いただけます。
潤いと活力が暮らしを彩るくつろぎのまち
早島駅周辺拠点整備事業 2,317
コミュニティバス運行事業 3,477
ごみ減量化推進事業 286
地球温暖化対策事業 150
斎場施設整備事業 1,210
飼い主のいない猫繁殖防止対策事業 59
ごみ収集処理事業 13,889
埋立処分地等維持管理事業 2,413
ため池ハザードマップ作成事業 185
弁才天排水機場整備事業 1,300
農業用施設修繕事業 4,210
農業用施設整備事業 4,890
地場産業等振興事業 865
歩いて暮らせる魅力あるまちづくり事業 1,978
木造住宅耐震改修等助成事業 196
特定空家除却費用助成事業 50
空家等実態調査事業 290
都市公園等管理運営事業 4,313
町営住宅運営事業 534
町営住宅長寿命化計画策定事業 250

都市の機能と人のつながりが安全と安心を支えるまち
交通安全対策事業 174
防犯対策事業 1,173
県道等建設改良事業 2,920
道路施設点検及び維持修繕事業 5,810
道路新設改良事業 18,902
駅前バイパス線都市計画変更図書作成事業 300
消防業務委託事業 17,065
消防施設整備事業 702
消防団県操法訓練大会出場事業 74
防災体制整備事業 1,148
自主防災組織育成事業 65
町道1号線早島町公共下水道整備事業 8,000
下水道管渠施設点検調査事業 2,450
県道早島大砂線公共下水道敷設事業 1,500
内水ハザードマップ作成事業 550
公営企業会計移行事業 500
配水設備整備事業 16,980

地域とともに学び育む次代を担う人づくりのまち
一貫教育事業 272
はやしま学推進事業 800
放課後学習サポート事業 67
不登校対策事業 313
ICT教育推進事業 1,596
GIGAスクールサポーター配置事業 157
起業体験推進事業 19
学力向上事業 401
1年生グッドスタート事業 445
小学校教具等充実事業 560
小学校給食器具等整備事業 206
小学校語学向上教育事業 514
中学校部活動指導員設置事業 597
中学校教具等充実事業 485
中学校施設整備事業 360
中学校語学向上教育事業 426
中学校給食器具等整備事業 212
幼稚園給食提供事業 735
歴史的遺産保護管理事業 106
コミュニティ施設整備事業 86
民俗資料館整備事業 132
図書館運営事業 2,142
町民総合会館運営事業 6,644
生涯スポーツ推進事業 753
総合型スポーツクラブ運営事業 62
体育施設整備事業 41

心豊かにいきいきと暮らせるやすらぎのまち
はやしまウィズプラン中間見直し事業 231
人権問題啓発事業 41
民生児童委員活動支援事業 174
社会福祉協議会支援事業 3,128
社会福祉協議会設備整備事業 130
高齢者等住宅改造助成事業 167
老人クラブ助成事業 195
シルバー人材センター助成事業 533
在宅ねたきり高齢者等介護支給事業 307
高齢者交通費助成事業 1,079
認知症診断助成及び認知症事故救済事業 21
障がい者医療費給付事業 1,523
障がい者自立支援給付事業 42,321
障がい者地域生活支援事業 1,626
地域活動支援センター運営事業 1,177
保育所運営事業 50,720
児童手当支給事業 26,040
ひとり親家庭等医療費給付事業 453
児童館運営事業 4,973
愛育・栄養委員会活動支援事業 90
健康増進事業 2,414
母子保健事業 3,023
後期高齢者健康増進事業 418
感染症対策事業 5,413
新型コロナウイルスワクチン接種事業 8,625
小児医療費給付事業 7,529
幼稚園預かり保育事業 550
国民健康保険医療費適正化特別対策事業 431
国民健康保険税収納率向上対策事業 212
国民健康保険ジェネリック医薬品啓発事業 6
国民健康保険ヘルスアップ事業 835
国民健康保険特定健康診査等実施事業 925
介護保険介護予防・生活支援サービス事業 2,523
?・ロ険介護予防普及啓発事業 97
介護保険通所付添サポート事業 136
介護保険高齢者のつどい事業 92
介護保険権利擁護事業 19
介護保険在宅医療・介護連携推進事業 18
介護保険生活支援体制整備事業 844
介護保険認知症総合支援事業 538

町民とともにつくる開かれたまち
庁舎等駐車場整備事業 3,000
町有地擁壁維持補修事業 1,100
自治活動推進事業 1,135
ふるさと納税制度推進事業 786
OA機器管理事業 2,167
マイナンバーカード普及促進事業 371
衆議院選挙執行事業 536


マイナンバーカードを作りませんか?
~役場で申請をお手伝いしています~
 今年3月からマイナンバーカードの保険証利用が始まりました。マイナンバーカードの申請は、スマートフォンからも簡単にできますが、町役場でもマイナンバーカードの申請のお手伝いをしています。

受付場所 町民課戸籍係窓口
受付時間 開庁日の9時30分~11時、14時~16時
お持ちいただくもの
1.本人確認資料
・顔写真付きの公的な身分証明書 1点
 又は
・顔写真なしの公的な身分証明書 2点
2.通知カード又は令和3年2月~3月頃に国から再度送付された通知書
  ※お持ちの場合
 1人につき15分程度かかります。
 他の窓口受付とあわせて行っているため、混雑時にはお待ちいただく場合があります。時間に余裕をもってお越しください。
※休日明け、休日前は、特に混雑しています。
自分のスマホでやってみようと思ったけれど、ちょっと不安…。
そんな場合は、ご自分のスマホでの申請もお手伝いします。
※メールアドレスが必要です。
「これならあとからみんなに教えてあげられるわ」
写真は持ってこなくても大丈夫です。庁舎で撮影ができます。
15歳未満もしくは成年被後見人が申請する場合は、法定代理人も来庁ください。
 マイナンバーカードの申請時に一度だけ来庁することで、受け取りは本人限定郵便で送付する方法もあります。詳しくは来庁時におたずねください。

平日日中の来庁が難しい人へ
 ~夜間・休日開庁をご利用ください~
 次の日程で、マイナンバーカードの受け取りや電子証明書の更新手続きができますのでご利用ください。
※混み合うことがありますので、お時間に余裕をもってお越しください。
夜間開庁
17:15~19:00
3月28日(日曜日)
4月4日(日曜日)
5月30日(日曜日)
6月27日(日曜日)
7月25日(日曜日)
8月29日(日曜日)
9月26日(日曜日)

日曜開庁
8:30~12:00
4月15日(木曜日)
5月13日(木曜日)
6月10日(木曜日)
7月8日(木曜日)
8月12日(木曜日)
9月9日(木曜日)
※マイナンバーカード交付・電子証明書の更新手続きのみの取扱いとなります。
※3月4月の日曜開庁時は、証明書の発行や転出入等、他の受付も行います。詳しくはお問い合わせください。
問 町民課  (電話086・483・2482)


固定資産の縦覧・閲覧制度について
<土地・家屋価格等縦覧帳簿の縦覧>
 固定資産税の納税者(免税点未満の人を除く)が、自身が所有する土地・家屋の価格と早島町内のほかの土地・家屋の価格とを比較し、自身が所有する土地・家屋が適正に評価されているかどうかを確認できる制度です。
縦覧期間 4月1日 (木曜日)から4月30日 (金曜日)まで(土日・祝日を除く)
縦覧時間 8時30分から17時15分まで
縦覧場所 町役場税務課窓口
縦覧手数料 無料
縦覧できる人
 早島町内に所在する固定資産の納税者、代理人(納税者からの委任状が必要)など持参するもの
 本人確認ができるもの(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカードなど)、委任状(代理人、法人の場合)
 
<固定資産課税台帳の閲覧>
  固定資産税の納税義務者(免税点未満の人を含む)が、自身が所有する土地・家屋の価格などが記載された課税台帳を確認できる制度です。
閲覧期間 4月1日 (木曜日)から通年(土日・祝日、年末年始を除く)
閲覧時間 8時30分から17時15分まで
閲覧場所 町役場税務課窓口
※令和3年度固定資産税納税通知書は4月13日(火曜日)頃発送します。
閲覧手数料 200円(ただし、4月1日(木曜日)から4月30日 (金曜日)までは無料)
閲覧できる人 早島町内に所在する固定資産の納税義務者、代理人(納税義務者からの委任状が必要)など
持参するもの 本人確認ができるもの(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカードなど)、委任状(代理人、法人の場合)
問 税務課  (電話086・482・2484)
 

ゴミ置き場用地の固定資産税減免制度について
 令和3年度から、次のすべての要件に該当するゴミ置き場用地は、申請により固定資産税の減免が可能となります。
(1)ゴミ置き場として複数人の住民の利用に供しており、他の目的で使用されていないこと
(2)自治会・町内会等からゴミ置き場設置料金等を受けていないこと
(3)ゴミ置き場用地部分が分筆登記されていること
 申請方法等の詳細については、税務課までお問い合わせください。
 なお、減免面積等の認定については、ゴミ置き場用地の土地の整形、立地、建築条件、利用者数などの状況により、個別に判断されます。
※各納期限までに申請していただくと、納期限が到来するものから減免の対象となります。翌年度以降は、減免事由に変更がない限り再度の申請は不要です。
問 税務課  (電話086・482・2484)
 
 
早島町地域防災計画の修正を行いました
 早島町地域防災計画は、本町及び防災関係機関等が処理しなければならない防災に関する事務、又は業務について総合的な運営計画を作成したものであり、これを効果的に活用することによって、町の地域並びに住民の生命、身体及び財産を災害から保護し、被害を最小限に軽減し、もって社会の秩序の維持と公共の福祉の確保に資することを目的としています。
 このたび、国の防災基本計画、岡山県地域防災計画が修正されたことなどから、防災対策を推進するため、早島町防災会議において早島町地域防災計画の修正を行いました。
※修正後の早島町地域防災計画については、町ホームページをご覧ください。
問 総務課  (電話086・482・0611)


 飼い主のいない猫の繁殖を抑制し、町民の衛生的な生活環境の確保を図るため、町内に生息する飼い主のいない猫への不妊去勢手術費用を補助します。
補助の対象となる猫
 町内に生息する飼い主のいない猫
※飼い猫は対象となりません。
補助の対象者
1.早島町に住民票を有する個人
2.町内で活動する動物愛護団体等
補助金額
 1匹につき上限10,000円
※予算上限に達した場合、年度内であっても補助を終了します。
※補助金の支払いは、手術の後になります。
補助の要件
 次の条件をすべて満たすこと
1.手術を行う前に
・地域住民2人以上に飼い主がいないことを確認済であること。
・地域住民に当該猫の手術について事前に適切な周知を行っていること。
2.自ら猫を保護(捕獲)し、不妊去勢手術を行う動物病院に連れていくこと。
3.手術済みであることがわかるように、片方の耳の先をV字にカットすること。
4.手術の実施は、営利目的ではないこと。
手続きについて
 手術の実施前に申請が必要です。「補助金交付申請書」に必要書類を添えて町民課にご提出ください。
※交付申請書等は、町ホームページからダウンロードできるほか、町民課の窓口でも配布しています。

猫を飼っている人へ
 放し飼いの猫は、飼い主の知らない間に近隣に迷惑をかけている場合があります。よい近隣関係を保つためにも、マナーを守って飼いましょう。
・しつけをし、室内飼いを心掛けましょう。
・外に出す場合は、飼い主がわかるよう、首輪や迷い札をつけましょう。
・望まない繁殖を防ぐため、不妊去勢手術をして飼いましょう。
・愛情を持って最後まで責任を持って飼いましょう。
問 町民課 (電話086・482・0613)
 
飼い主のいない猫の不妊去勢手術費用を補助します
 4月17日(土曜日)、18日(日曜日)の両日、町内5か所で、犬の登録受付と狂犬病予防注射を行います。
日時を確認の上、お近くの会場へお越しください。
対象  生後91日以上の犬
注射料 3,200円(注射済票交付手数料550円含む)
※犬の体調に異常がある場合は、注射を受ける前に獣医師に申し出てください。
※注射を受けさせるときは首輪が抜けないようにしてください。
※個別接種を受けた場合は、注射済証を持って町民課で注射済票(550円)の交付を受けてください。
 狂犬病は、人間はもちろん野生動物にも感染し、発病すると死に至る恐ろしい病気です。昨年5月には、狂犬病流行国で犬にかまれ、日本に帰国後に狂犬病を発病し死亡した例が14年ぶりに報告されています。現在、日本では発生はありませんが、世界各国で発生しており、様々な種類のペットが輸入されている現状ではいつ国内に侵入し発病するかわかりません。
 この狂犬病を防ぐため、予防注射を受けるように「狂犬病予防法」で定められています。犬を飼っている人は必ず注射を受けてください。
 また、未登録の犬は、必ず登録してください。(登録は、生涯1回だけで、登録手数料は3,000円です)
 犬の死亡・譲渡・所在地の変更がある場合は、町民課まで届け出ください。
問 町民課 (電話086・482・0613)
 
犬の登録と狂犬病予防注射について
日にち 会 場 時 間
4月17日(土曜日) 大谷荘(若宮) 13:00~13:15
塩津公民館 13:30~13:45
早島町役場 14:00~14:30
4月18日(日曜日) 西コミュニティ
センター(金田)  9:30~9:45
いぶき荘(長津) 10:00~10:15
早島町役場 10:30~11:10


ふれあいの森公園リニューアルのお知らせ
<指定管理者の決定について>
 令和3年4月1日からの早島町ふれあいの森公園指定管理者が決定しましたので、お知らせします。
指定管理者
 名 称 株式会社キッカワ
 所在地 倉敷市粒江20-50
指定期間 令和3年4月1日から令和8年3月31日
<駐車場およびキャンプ場の有料化について>
 指定管理者の導入に合わせ、令和3年4月1日から駐車場およびキャンプ場を有料化します。
 これは、運営スタッフが常駐するなど、安全・安心なサービス提供を行う環境が整ったことによるものです。
 なお、駐車料金につきましては、キャンプの利用だけでなく、公園の一般利用者も対象となりますのでご注意ください。
駐車料金 2時間まで無料。以降2時間ごとに100円

キャンプ場料金(1日あたり)
宿泊キャンプ
 基本料金
1,000円/1団体
 おとな………800円/1人
 こども………400円/1人
デイキャンプ
 基本料金 1,000円/1団体
 小学生以上…200円/1人
<ふれあいの森リニューアルオープンのお知らせ~指定管理者からのお知らせ~>
 ふれあいの森公園が、4月3日にリニューアルオープンします。
 4月3日から4日に、オープニングイベントを行います。詳細は、ホームページ(QRコードからアクセス)でご確認ください。どんどん進化する『ふれあいの森公園』にご注目ください。
オープン日時 4月3日(土曜日)
※キャンプ営業は4月10日(土曜日)から年中無休
事業予定 有料キャンプ場運営、公園イベント企画運営、園内飲食ブース運営、早島町を中心とした特産品販売、企業向け研修企画運営、各種ワークショップ、夏休み子ども教室 等
問 建設農林課(問086・482・0614)
  株式会社キッカワ(指定管理者)(問086・485・2177)
 

入札結果の公表 1月分
 【建設農林課】
■町内一円交通安全施設設置工事(その2)
工事場所 町内一円
請負業者 日進土木株式会社
契約金額 4,715,700円
落 札 率 85.1%
期  間 契約日から
     令和3年3月31日
概  要 防護柵工、道路反射鏡工、区画線工等
■国鉾公園石階段整備工事
工事場所 早島地内
請負業者 日笠土木株式会社
契約金額 2,288,000円
落 札 率 93.3%
期  間 契約日から
     令和3年3月31日
概  要 石階段修繕工、手摺柵工
問 総務課 (問086・482・0611)


早島町水道メータ検針員を募集します
募集人員 若干名
応募締切 4月20日(火曜日)必着
業務内容
・検針機器へ水道メータの指針を入力する作業
・文書配付などの検針に伴う附帯業務
※業務実施前には研修を実施します。
日程
・研修日
 5月17日(月曜日)、18日(火曜日)
・研修終了後
 奇数月中頃の町が指定する2日間 程度(土日祝含む)
※悪天候等の場合、日程変更の可能性あり
※1日当たり200~300件程度を予定
委託料 水道メータ検針1件につき85円+ 税(研修期間中は、1日につき8, 000円+税)
応募資格
・概ね20歳~65歳の人
・心身ともに健康で検針業務に適していると認められる人
・責任をもって検針機器の機械の操作、管理ができ、期日内に検針ができる人
・その他上下水道課が必要と認める条件を備えている人
募集要項・申込書
 町ホームペーからダウンロード、上下水道課窓口で配布。
 募集要項も必ずご確認ください。
選考方法 書類審査を経て、面談により選考します。対象者には後日連絡します。
問 上下水道課  (電話086・482・0617)


早島駅前バイク専用駐車場についてのお知らせ
 令和3年4月1日から、これまで「バイク専用」としていた駐輪場を、自転車の駐輪も可能とするため「二輪車専用駐輪場」に変更します。駐輪場利用者の利便性向上のため、ご協力をお願いします。
問 建設農林課(電話086・482・0614)


早島駅前駐輪場シルバーゾーン廃止のお知らせ
 早島駅前駐輪場の2段式ラックの撤去に伴い、シルバーゾーンを廃止します。シルバーゾーン利用証の交付も終了となりますので、ご理解の程よろしくお願いします。
※既に交付したシルバーゾーン利用証の返却等の手続きは必要ありません。
問 建設農林課(電話086・482・0614)


人権相談
 お困りごとはありませんか?差別・体罰・虐待・いじめ・DV・セクハラ・プライバシー侵害・誹謗・中傷・家族関係・近隣関係・不法行為など
 予約は必要ありません。直接会場へお越しください。
日時 4月14日(水曜日)9時~12時
場所 町民総合会館(ゆるびの舎)   2階集会室 担当者 早島町人権擁護委員
      尾崎 照美
      竹井 悦子
問 町民課(電話086・482・2482)


令和3年4月から国民年金保険料が変わります
 令和3年度の国民年金保険料は月16,610円になります。
 日本年金機構から送付される納付書で、金融機関又はコンビニエンスストアで納付ができます。また、便利な口座振替で納付することもできます。
なお、まとめて前払いすると割引が適用されます。
<学生納付特例制度をご存知ですか?>
 日本国内に住むすべての人は、20歳になった時から国民年金の被保険者となり、保険料を納めていただくことになります。しかし、学生には、学生本人の前年所得が一定額以下の場合、申請により在学中の保険料の納付が猶予される「学生納付特例制度」が設けられています。

対象となる学校
 学校教育法に規定する大学(大学院)、短大、高等学校、高等専門学校、専修学校及び各種学校など
※各種学校は、修業年限が1年以上で都道府県知事の認可を受けている学校が対象となります。

手続きに必要なもの
・年金手帳
・印鑑(認印)
・学生証の写し(両面)又は在学証明
学生納付特例の承認期間
 令和3年度の承認期間は令和3年4月から令和4年3月まで。
※申請は毎年度必要です。なお、令和2年度に学生納付特例の承認を受け、令和3年度以降も在学予定の場合、日本年金機構から「国民年金保険料学生納付特例申請書(ハガキ形式)」が送付されることもありますので、その場合はお早めに返送してください。

承認された猶予期間は…
・障害基礎年金や遺族基礎年金を受けるための必要な期間に算入されます。
・老齢基礎年金を受けるための必要な期間(25年)に算入されます。ただし、受給できる年金額には反映されません。
※承認期間後10年以内であれば、さかのぼって納付することができます(『追納制度』)。この制度を利用して後から納付することにより、老齢基礎年金を満額に近づけることができます。ただし、2年以上経過後に追納する場合は、当時の保険料に一定の加算額が加わります。


離婚時の年金分割制度のお知らせ

 離婚した場合、2人の婚姻期間中の厚生年金を分割して、それぞれ自分の年金とすることができます。離婚後2年以内に手続きを行う必要があるので、お早めにご相談ください。
※年金分割割合を定める調停等の長期化により離婚後2年を経過した場合は、調停等の成立日から6か月以内であれば手続き可能です。(調停等の成立日が令和2年8月2日以前の場合は1か月以内)

【離婚時の年金分割のイメージ】
 サラリーマン等が加入する厚生年金は、給与等の報酬の額に応じて保険料を納付し、報酬額の記録に応じて厚生年金が支払われます。
 離婚時の年金分割が行われると、婚姻期間中について、厚生年金の支給額の計算の基となる報酬額の記録が分割されることになり、年金額を2人で分割できます。
例 サラリーマンの妻である専業主婦の場合(厚生年金)
【年金分割の方法(2種類)】
※いずれの場合も原則として離婚後2年以内に手続きを行っていただくことが必要です。
1.合意分割
・2人からの請求により、年金を分割できます。
・年金分割の割合は、2人の合意または裁判手続きによって決定されます。
2.3号分割
・サラリーマンの妻である専業主婦など、国民年金第3号被保険者※であった人からの請求により、年金を分割できます。
・年金分割の場合は、2分の1ずつとなります。
・平成20年4月以降の第3号被保険者期間中の報酬額が分割の対象になります。
※厚生年金保険の被保険者または共済組合の組合員の被扶養配偶者で、20歳以上60歳未満の人
問 倉敷東年金事務所(電話086・423・6150)


お互いを尊重し合える、優しいまちに!!
あなたは、「性の多様性」についてどのくらい理解していますか
 一般的に人間の性は、男性と女性にだけ分けて考えがちですが、生まれつきの「体の性」と「心の性」は必ずしも同じとは限りません。性は、「自分の性別が何であると感じているか」という要素のほかに、「好きになる相手の性別」や「しぐさ」、「言葉遣い」、「服装」といった要素もあり、人の数だけバリエーションがあるといわれています。
性を構成する要素1.~4.
1.身体の性 (からだの性)
身体的な特徴や染色体などにより客観的に判断されるものです。
2.性自認 (こころの性)
自分自身が認識している性別のことです
3.性的指向 (好きになる性)
恋愛感情や情緒的・性的な関心がどの性別に向かっているかを示すものです。
4.性別表現(表現する性)
服装や髪型、話し方、しぐさを、自分自身がどのように表現したいかということです。

「LGBT」という言葉を知っていますか?
 LGBTとは、次の言葉の頭文字をとって組み合わせた言葉で、性的マイノリティ(少数派)を表す言葉の一つとして使われることもあります。
L レズビアン(女性を好きになる女性、女性同性愛者)
G ゲイ(男性を好きになる男性、男性同性愛者)
B バイセクシュアル(性別に関係なく人を愛する人、両性愛者)
T トランスジェンダー(生れた時の「身体の性」とは異なる性別を生きる・生きたいと望む人)
 民間の調査では、日本人の7<SPA CLS=REL WD=-23>.6%、約13人に1人がLGBTを含む性的マイノリティであると言われています。これは、左利きの人やAB型の人とほぼ同じ割合とも言われています。
 また、早島中学校の生徒が行ったアンケートでは、LGBTの認知度は7割程度という結果が出ています。(詳細は次ページに掲載) あなたの周りに、当事者がいないのではなく、理解度や認知度が不十分で、周りに打ち明けることができないために、その存在に気づくことができないのです。
 近年、性の多様性を認め合おうという動きが少しずつ広がってきていますが、まだ、性的マイノリティは少数であるがゆえになかなか理解されず、特殊なものと思われがちで、偏見や差別などを受けて苦しんでいる人たちが多くいます。
 性の多様性についての理解を深め、お互いを尊重し合える社会をつくっていきましょう。
 早島町は、令和3年度から岡山市など13市町で構成する「岡山連携中枢都市圏」で、パートナーシップ宣言制度について協議をしていきます。
問 町民課 (電話086・483・0613)


私たちにできること
  友人など身近な人から打ち明けられたら、自分を信頼して勇気をもって打ち明けてくれたということをよく考え、まずはじっくり耳を傾け、相手の思いを受け止めましょう。
  また、本人の同意なしに、第三者に伝えてしまう「アウティング」は、本人のプライバシーに関わる重大な人権侵害です。本人の許可なしに、決して他人に話してはいけません。
 常に相手意識に立って、自他を尊重し、思いやりのある言動を心がけていきましょう。

中学生の実施した意識調査の結果
 早島町の教育では、ESDの取り組みとして、差別や偏見に対する見方・考え方を学び、自己や地域課題を見つめる探究活動を行っています。
その中で、早島中学校1年で、早島町のLGB に対する意識を調べた、LGB 2班(森長小晴さん、平松さくらさん、難波美月さん、窪田湊さん、吉沢蒼空さん)の調査結果をご紹介します。
 「LGB に対する意識調査の結果」
調査期間 令和3年1月7日~13日             
調査対象 早島中学校の生徒とその保護者、地域の人 計163名
1.あなたは「LGB 」という言葉を知っていますか?
★年齢別で最も多かった回答★
10代 知っている
20~30代  知っている
40~50代  知っている
60代以上  知っている#
★グラフの数値★
グラフを見ると、LGB について(詳しく)知っている人は、約7割を占めており、言葉については、浸透しつつあるとわかった。
中学生のコメント この結果から、全体でみると「LGB 」という言葉は浸透しつつあるが、年代別で見ると全体的に詳しく知っている人の割合が少ないため、もう少しLGB についての知識を増やす活動をしていきたいと感じた。
2.あなたは岡山市のパートナーシップ制度について知っていますか?
★年齢別で最も多かった回答★
10代       知らない
20~30代  知らない
40~50代  知らない
60代以上  知らない
★グラフの数値★
グラフを見ると、岡山市のパートナーシップ制度について知らないという人が4分の3を占めており、あまり知られていないとわかった。
中学生のコメント この結果から、岡山市のパートナーシップ制度は、早島町民にはあまり聞きなれない言葉であり、パートナーシップ制度についての知識なども増やしていく必要性を感じた。

3.もし、早島町にパートナーシップ制度が導入されることになった場合、 あなたはどのように考えますか?
 
★年齢別で最も多かった回答★
10代   誰にでも優しい町になるだろう
20~30代 誰にでも優しい町になるだろう
40~50代 誰にでも優しい町になるだろう
60代以上  <SPA CLS=REL WD=-10>誰にでも優しい町になるだろう#
★グラフの数値★
グラフを見ると、半数の方は「誰にでも優しい町になるだろう」と回答しているが、「誰にでもは達成できない」という意見も約3割あることがわかった。
中学生のコメント この結果から、パートナーシップ制度導入については、賛否両論があるが、「誰にでも優しい町になるだろう」が約5割占めていることを見ても、導入する価値はあると感じた。

 

新型コロナワクチン接種についてのお知らせ
<接種対象者・接種優先順位>
 接種する日に16歳以上の全国民が対象です。ワクチンの供給は国から徐々に行われるため、一定の優先順位を設けて接種します。
 優先接種対象者は、次のとおりです。
(1)医療従事者等
(2)高齢者(令和3年度中に65歳以上に達する人※昭和32年4月1日以前に生まれた人)
(3)高齢者以外で基礎疾患を有する人や、高齢者施設等で従事している人
(4)それ以外の人
※接種順位は、今後変更となる可能性があります。

<接種開始時期>(全国一斉開始)
 令和3年2月から、接種優先順位に従って医療従事者等から順次開始しています。なお、高齢者への接種の開始は、早くても令和3年4月1日以降になる見込みです。
<接種券等送付時期>(予定)
 新型コロナワクチン接種には、町から個人単位で自宅へ送付する「接種券」が必要です。高齢者(65歳以上の人)には、4月上旬以降の送付を予定しています。その他の人への送付時期は未定ですが、接種開始時期に合わせて個人単位で送付します。
<接種回数・費用>
 2回の接種が必要です。接種費用は無料です。
<接種を受ける際の同意の取得>
 接種を受ける人の同意がある場合に限り接種を行います。強制ではありません。
<接種方法について>
 身近な病院や診療所等で行う「個別接種」または、町が設置する特設会場で行う「集団接種」があります。接種会場・接種可能な病院等については、現在調整中です。今後、決定次第町ホームページや広報紙等でお知らせします。
<問い合わせについて>
 ワクチン接種に関するお問い合わせは、次のコールセンターをご利用ください。
■早島町新型コロナワクチン接種一般コールセンター
 早島町で実施するワクチン接種に関するお問い合わせ
 電話番号  086・482・0619 受付時間  8時30分~17時15分(平日)
■岡山県新型コロナワクチン専門相談センター
 医学的見地が必要となる専門的な相談など
 電話番号 0120・701・327 受付時間 9時~21時(土日・祝日も実施)
■厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター
 ワクチンに関する基本情報などについての電話相談
 電話番号 0120・761770(フリーダイヤル) 受付時間 9時~21時(土日・祝日も実施)

<副反応が起きた場合>
 予防接種によって健康障害が生じ、医療機関で治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に予防接種法に基づく救済が受けられます。救済制度では、予防接種によって健康障害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。救済制度の内容については、厚生労働省ホームページをご参照ください。予防接種健康被害救済制度(厚生労働省ホームページ)外部サイト


令和3年度 高齢者を対象にした肺炎球菌ワクチンの予防接種のお知らせ
定期接種の対象者は毎年異なるため、接種の機会を逃さないようにご注意ください
接種期間 令和4年3月31日(木曜日)まで  接種場所 岡山県内の協力医療機関
接種費用の一部を公費で負担する令和3年度の定期接種対象者
対象者 生年月日
A
65歳となる人 昭和31年4月2日~昭和32年4月1日生
70歳となる人 昭和26年4月2日~昭和27年4月1日生
75歳となる人 昭和21年4月2日~昭和22年4月1日生
80歳となる人 昭和16年4月2日~昭和17年4月1日生
85歳となる人 昭和11年4月2日~昭和12年4月1日生
90歳となる人 昭和  6年4月2日~昭和  7年4月1日生
95歳となる人 大正15年4月2日~昭和  2年4月1日生
100歳となる人 大正10年4月2日~大正11年4月1日生
B
60歳から65歳未満の人で、心臓、腎臓、呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害や、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な人(身体障害者手帳1級程度)

 この制度では、今までに成人用肺炎球菌ワクチンを接種したことがない人を対象に、令和3年度までの間に1人1回、定期接種の機会を設けています。
 対象となる年度においてのみ、定期接種として公費助成が受けられます。対象となる人には対象年齢となる年度にご案内します。
自己負担金 3,500円
接種料金の減免 住民税非課税世帯、生活保護世帯の人で減免を希望する人は接種前に必ず印鑑とハガキを持参して健康福祉課窓口で申請してください。
接種方法 かかりつけの医師にご相談の上、直接医療機関へ申し込んでください。
医療機関へ持っていく物 健康保険証又は後期高齢者医療被保険者証、個人通知のはがき
            上記表のBに該当する人は、身体障害者手帳又は診断書

<肺炎球菌とは> 肺炎球菌は主に気道の分泌物に含まれる細菌で、唾液などを通じて飛沫感染し、気管支炎や肺炎、敗血症などの重い合併症を引き起こすことがあります。
 肺炎はわが国の死亡原因の第5位となっています。また、日常的に生じる成人の肺炎のうち4分の1~3分の1は肺炎球菌が原因と考えられています。
<予防接種の効果> 肺炎球菌には90種類以上の血清型があり、定期接種で使用される「23価肺炎球菌ワクチン」は、そのうちの23種類の血清型を予防の対象としたワクチンです。この23種類の血清型は、成人の重症の肺炎球菌感染症の原因の約6割を占めるという研究結果があります。
問  健康福祉課(電話086・482・2483)

 
第十一回特別弔慰金の請求はお済みですか
 第十一回特別弔慰金の請求期間は、令和5年3月31日までです。この期間内に請求を行わないと、時効により特別弔慰金を受ける権利が消滅します。
支給対象者
 戦没者等の死亡当時のご遺族で、令和2年4月1日の基準日において、恩給法による公務扶助料や戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金を受ける人(戦没者等の妻や父母など)がいない場合に、次の順番による先順位のご遺族お一人
1 令和2年4月1日までに戦傷病者戦没者遺族等援護法による弔慰金の受給権を取得した者
2 戦没者等の子
3 戦没者等の1.父母、2.孫、3.祖父母、4.兄弟姉妹
4 1~3以外の戦没者等の三親等内の親族(甥、姪等)
※特別弔慰金は、ご遺族を代表するお一人が受け取るもので、ご遺族間の調整は、記名国債を受け取った人が行うことになります。
支給内容 額面25万円、5年償還の記名国債
請求期間 令和5年3月31日まで
請求窓口 請求者の住民票のある市区町村援護担当課
※請求に必要な書類などは、戦没者等の事情を聞き取りながら個別に案内します。
問 健康福祉課 (電話086・482・2483)

 

高齢者・障がいのある人のための町の福祉サービスのご案内
 早島町では、高齢者や障がいのある人のためのさまざまなサービスを行っています。ご利用ください。
■福祉タクシー助成事業
 高齢者や障がいのある人の社会参加、生活支援を図るため福祉タクシー助成事業を実施しています。
申請開始 4月1日(木曜日)
申請場所 健康福祉課窓口
持参するもの 印鑑、対象者であることが確認できる書類
対象となる人 町内に住所を有する在宅者で次のいずれかの要件に該当する人
1.前年分の住民税所得割(※)が非課税の世帯の人で、次のア~エのいずれかの要件に該当する人(※4月1日から5月31日までの間に申請する場合にあっては、前々年分の住民税所得割)
ア 75歳以上だけの世帯に属する人(75歳未満の人と世帯分離している人は除く。)
イ 身体障害者手帳1、2級を所持している人
ウ 療育手帳Aを所持している人
エ 精神保健福祉手帳1、2級を所持している人
2.運転免許証を自主返納し、おかやま愛カード、若しくは運転経歴証明書を所持する65歳以上の人
3.母子健康手帳の交付を受けた妊婦
4.1.~3.に該当しない70歳以上の人
助成内容 1.~3.の対象者は500円限度のチケットカードを月4枚とし、4.の対象者は月2枚として、申請月分から年度末分まで一括交付します。

■緊急通報装置設置事業
 ひとり暮らしの高齢者等の突発的な事故や急病等の緊急時に速やかな対応を図るため、緊急通報装置を給付・貸与します。
対象となる人
1.おおむね65歳以上のひとり暮らしの人
2.70歳以上のみの高齢者世帯の人
3.心身に障がいのある人
※利用者世帯の課税状況により、利用者負担額が必要になる場合があります。
■老人日常生活用具給付事業
 在宅支援の必要な高齢者及びひとり暮らしの高齢者に日常生活用具を給付することにより、日常生活の便宜を図ります。火災警報器、自動消火器、電磁調理器が給付対象です。
対象となる人 町内に住所を有する在宅の人で、次の要件に該当する人
・おおむね65歳以上のひとり暮らしまたは寝たきりの人
(電磁調理器については、心身機能の低下に伴い防火等の配慮が必要なひとり暮らしの人)
※利用者世帯の課税状況により、利用者負担額が必要になる場合があります。
■介護手当支給事業
 要介護認定において要介護3以上と認定された人で、寝たきりの高齢者や認知症高齢者を6ヵ月以上自宅で常時介護している介護者に介護手当を支給します。
助成内容 自宅で介護した月を対象に、月額8,000円(6ヵ月ごとに支給)
■住宅改造助成事業
 自宅で生活する高齢者で、手すりの取付け、段差の解消など住宅の改造を行う場合、その一部を予算の範囲内で助成します。※予算には上限があるため、先着順となります。
対象となる人
・要介護認定において、要支援または要介護と認定された人で、介護保険料の区分が第1段階から第5段階までの人
助成内容 対象工事費の3分の2(ただし、上限額333,000円)

 

■高齢者等生活用具給付事業
 在宅の寝たきり高齢者及びひとり暮らし高齢者に生活用具を給付することにより、日常生活の便宜を図ります。杖、老人手押車等が対象です。
対象となる人
 町内に住所を有する在宅の人で、次の要件に該当する人
・おおむね65歳以上のひとり暮らしまたは寝たきりの人
※利用者世帯の課税状況により、利用者負担額が必要になる場合があります。

■特定疾患患者等療養通院費助成
 特定疾患の療養のため医療機関へ通院している人に、通院費の一部として助成金を支給します。
対象となる人
・特定疾患患者で当該疾患の療養のため医療機関に通院している人
・早島町に住所を有し、前年分の住民税所得割が非課税の世帯の人
助成内容
 通院した月が対象で、月額4,000円(6ヵ月ごとに支給)

■難聴児補聴器購入費等助成金交付事業
 早島町内在住の両耳の聴力レベルが30dB以上で、身体障害者手帳の交付の対象とならない18歳未満の難聴のある児童を対象に補聴器の購入費を助成します。
 なお、本人の属する世帯員のうち、市町村民税所得割の最多納税者の納税額が46万円以上の場合は交付対象外となります。
助成内容 新規及び更新の補聴器購入費の3分の2(ただし、別に定めた基準価格を限度額とします。更新の場合は、原則として前回購入日から5年経過後とします。)

■コミュニケーション支援事業
 早島町に在住または在勤の聴覚、言語機能、音声機能その他の障がいのある人に、意思疎通を図りやすくするため、手話通訳者等の派遣を行っています。利用料は無料ですが事前に手続きが必要ですので早めにご相談ください。
 詳しくはお問い合わせください。
問 健康福祉課 (電話086・482・2483)
 

「ほっとパーキングおかやま」駐車場利用証制度
 車いすマークの駐車場を利用できる人を明らかにした上で、その対象者に利用証を交付し、県と協定を結んだ施設の駐車スペースを優先して利用できるよう、車いすマークの駐車場の適正利用を図るものです。
申請場所 健康福祉課窓口
持参するもの 印鑑、対象者であることが確認できる書類
対象者 次のいずれかに該当し、歩行が困難な人
1.身体障害のある人(障害の等級や区分によって対象にならない場合があります。詳しくはお問い合わせください。)
2.知的障害のある人(程度欄「A」)
3.精神障害のある人(等級「1級」)
4.高齢の人(要介護1~5)
5.難病の人
6.けが人(医師の意見書,診断書による)
7.妊産婦(妊娠7ヵ月~産後1年)

問 岡山県障害福祉課 福祉推進班 (電話086・226・7362)

 

はやしままちの保健室だより
妊娠中の食生活について
 妊娠中は、赤ちゃんの成長のために、様々な栄養が必要になります。いろいろな食品を取り入れて、バランスのよい食生活をめざしましょう!
 摂りたい栄養素とポイント!
<鉄 分>
はたらき 体内に酸素を運搬する成分となる栄養素で、お母さんにも赤ちゃんにも必要です。不足すると貧血になることがあります。
取り方の工夫 ビタミンC(キウイ、いちご、パプリカなどの果物、野菜類)を含む食品と一緒にとると吸収が良くなります。
含まれる食品 カツオ、しじみ、あさり、大豆製品、高野豆腐、小松菜、チンゲン菜 など
<葉 酸>
はたらき 赤ちゃんの脳や神経を作り、順調な発育のために必要な栄養素です。お母さんの貧血予防にも役立つ栄養素なので妊娠前から積極的に取りましょう。
取り方の工夫 緑黄色野菜に多く含まれています。いろいろな野菜を組み合わせてとりましょう。また、熱に弱いため、生で食べるたり、煮汁ごと食べると効率よく葉酸をとることができます。
含まれる食品 納豆、ブロッコリー、いちご、アスパラガス など
<カルシウム>
はたらき 骨や歯を作るのに欠かせない大切な栄養素です。お母さんの骨粗鬆症予防のためにも十分とることを心がけましょう。
取り方の工夫 乳製品に含まれるカルシウムは吸収率が高いです。またビタミンDを含む食品(さんま、さばなどの青魚、きのこ類)と一緒にとると吸収が良くなります。
含まれる食品 牛乳、ヨーグルト、チーズ、厚揚げ、ししゃも など
 
 
~これからお母さん・お父さんになるあなたへ~
 赤ちゃんの健康には家庭の食生活も大きく影響します。子どもが生まれる前からお母さん・お父さんの食生活も見直してみましょう。
 最近は色んなものを食べるという食の土台の部分が少なくなっています。朝ごはんを欠食しないこと、主食・主菜・副菜をそろえること、いろいろな食べ物を食べてバランスの良い食生活を送ることなどを心がけて、健康的な食習慣を身につけましょう。

 


4日2日は世界自閉症啓発デー
4月2日~8日は発達障害啓発週間です
 毎年4月2日は、国連が定めた「世界自閉症啓発デー」です。日本では、この日から1週間を「発達障害啓発週間」と定め、自閉症をはじめとする発達障害について多くの人たちに広く知っていただく機会としています。

発達障害ってなんだろう?
 発達障害は、脳機能の発達が関係する障害で、コミュニケーションや対人関係をつくるのが苦手です。また、その行動や態度は「自分勝手」とか「変わった人」と誤解されることがありますが、親のしつけや育て方の問題ではありません。
 発達障害のある子どもは、社会性やコミュニケーションが苦手なため、幼稚園や小学校などの集団に入ると、さまざまな問題や困難に直面する
ことになります。障害が理解され、適切なサポートがされないと、学校に行くことがストレスとなり、不登校や引きこもりなどの二次障害につながる場合もあります。
 発達障害の種類や程度、年齢や性格などによっても、一人ひとり現れ方は違います。生活の中で困難なこと、苦手なこともそれぞれ違います。
そのため、一人ひとりの特徴に応じて配慮したり、支援していくことが重要です。
 発達障害がある場合、早めに気づき、適切な療育(医療や訓練、教育、福祉などを通じて、障害があっても社会に適応し自立できるように育成すること)につなぐことで、社会に適応する能力を身につけ、さまざまな能力を伸ばしていくことができます。もし、「うちの子は発達障害なのだろうか」など、気になることがあるときは、下記の相談窓口までご相談ください。
発達障害相談窓口 おかやま発達障害者支援センター (電話086・275・9277) 
健康福祉課  (電話086・482・2483)


発達支援コーディネーターが配置されています
 お子さんの障害の有無に関わらず、「ことばが遅い」「かんしゃくが強い」「言い出したら聞かない」「一人遊びが多く、お友達とうまく関われない」「落ち着きなく、園や学校で先生の話を集中して聞けない」など、ご家庭や集団の場での発達上で心配なことや対応にお困りなことはありませんか?
 発達支援コーディネーターがお子さんにあった対応やコミュニケーションの工夫等をアドバイスします。個別相談のほか、町内の幼稚園、保育園、小学校へ訪問する巡回相談も行っています。お気軽にご相談ください。
問 健康福祉課(電話086・482・2483)
 

☆発達障害がある人に対する配慮のポイント
・できたことをほめる/できないことを叱らない
 注意する時は、努力している点やうまくいっている点を褒めた上で、出来なかったところはどうすればよくなるかを肯定的、具体的に伝えましょう。
・視覚的な情報を提示して説明する
 言葉で伝えるよりも目で見てわかる情報の方が理解しやすい人もいます。写真や絵などを添えて説明してあげると理解しやすくなります。
・説明や指示は短文で、順を追って、具体的に あいまいな表現を理解することが苦手です。短い文で、一つずつ順を追って具体的にすることで、理解しやすくなり、見通しが持てるようにな
ります。
・安心できる環境を整える
 人混みや大きな音、光などの刺激を苦手とする人が多くいます。そのような刺激による不快感を大きくしないよう、安心できる環境を作ってあげましょう。
・善悪やルールをはっきり教える
 暗黙の了解や社会のルールが分からないことがあります。いけないことや迷惑なことははっきり教えましょう。注意だけでなく、具体的にどうしたらよいかを教えましょう。
・温かく見守る
 子どもが騒いだり、パニックを起こしている時、「なぜ親は叱らないんだ」といらだつかもしれません。しかし、少しの時間待つことで、無理に叱るよりも早く混乱から抜け出せることがあります。周囲の人にこうした意識があるだけでも、本人も家族も楽になれます。

 

地域包括支援センター便り
問 地域包括支援センター(電話086・482・2432)
もの忘れ相談会のご案内
 「最近もの忘れが増えたな」「物を探すことがよくある」等、不安に思うことはありませんか?また、「両親のもの忘れで困っている」「夫(妻)の性格が変わった」等、ご家族の悩みがありませんか?
 地域包括支援センターでは、ご本人やご家族からの不安や心配事の相談に個別に対応しています。お気軽にご相談ください。
日時 毎月第4火曜日
   9時~12時(予約優先)
場所 地域包括支援センター(役場内)
申込 電話または地域包括支援センター窓口までお申し込みください。
※役場まで相談に来ることができない場合等も、まずは電話でご相談ください。
地域の元気な先輩を表彰!
 「めざせ元気!!ころばん塾」に参加している90歳以上のお二人を表彰し、地域のみなさんと一緒にお祝いしました。
「めざせ元気!!ころばん塾」は、体力の維持・向上はもとより、地域のみなさんの交流や楽しみの場となっています。コロナ渦ではありますが、感染対策を行いながら、これからも、みなさんで楽しく続け、もっともっと元気な早島町にしましょう!!
 

出前講座のご案内

 早島町では、住民主体の介護予防活動の支援や安心して生活できる地域づくりのために、出前講座を実施しています。高齢者の健康づくりや介護、福祉などテーマに応じて、保健師、主任ケアマネジャー、理学療法士などの専門職を派遣します。お気軽にご相談ください。
費用 無料(1団体につき原則年2回まで)
申し込み 地域包括支援センター窓口で、申請書を記入してください。
 
いきいきボランティアポイント制度
 いきいきボランティアポイント制度は、活動に応じて集めたポイントを換金できる制度です(年間最大5000円)。ボランティア活動を通して、住み慣れた地域で自らの健康を維持し、地域や人とのつながりを深め、いつまでも元気で安心して暮らしていただけるよう支援しています。
地域のため、自分のためにボランティア活動をしてみませんか?
対象者 町在住の40歳以上
 要介護1~5の介護認定を受けていない人
申込 地域包括支援センター窓口で申請してください。
その他
・ポイント制度は、毎年登録更新が必要です。
・令和2年度の活動によるポイント交換をする人は、4月中に行ってください。
 
ゆめひろば
 毎月感染予防対策を行いながら、交流や情報交換をして、学びを深め楽しく過ごしています。
 4月のゆめひろばは、午前は介護等に関するなんでも相談会(要予約)、午後はオレンジカフェとして家族やご本人からの認知症等に関する相談会や講話も行います。
 ゆめひろばは、どなたでもご参加いただけます。ぜひご参加ください。
2月は、認知症予防についての講話と、節分にちなんだクイズを行いました。クイズはとても盛り上がりました!

地域包括支援センター 4月の行事予定
日にち 時 間 行 事 場 所
6日 (火曜日) 10:00~12:00 相談会(要予約) 栴檀の家
13:30~15:00 ゆめひろば
27日 (火曜日) 9:00~12:00 もの忘れ相談会(要予約) 早島町役場 1階
※新型コロナウイルス感染症の今後の状況によっては、中止させていただく場合があります。ご理解くださいますようよろしくお願いします。


喜楽会会員募集
「喜楽会」とは、早島町内にお住まいの難病の人やそのご家族が、病気を抱えながらも前向きに充実した日が過ごせるように活動している会です。
 気軽にお茶を飲みながら病気のことや日常生活のことについてお話しし、会員同士の交流を深めています。
 主な活動内容としては、茶話会(交流会)、ペタンク、体操教室、製作活動(お飾りづくり等)など、会員で話し合って内容を決めています。気軽にご参加ください。
活動場所 地域活動支援センター「 栴檀の家」
活動時間 13時30分~15時30分(内容により変更あり)
開催日 毎月第2または第3月曜日(内容により変更あり)
 参加してみたい、詳しいことが聞きたいなどご質問・ご相談がある人はご連絡ください。
問 健康福祉課 保健師(電話086・482・2483)
  備中保健所 保健課保健対策班(電話086・434・7024)
 

ほのぼの会会員募集
 「ほのぼの会」とは、早島町内にお住まいの精神障がいをお持ちの人やそのご家族が、病気を抱えながらも前向きに充実した日が過ごせるように活動している会です。
 気軽にお茶を飲みながら病気のことや日常生活のことについてお話したり、いろいろな活動を通して会員同士の交流を深めています。
 主な活動内容としては、ペタンク、体操教室、精神科医師との座談会、季節の行事など、会員で話し合って内容を決めています。気軽にご参加ください。
活動場所 地域活動支援センター「 栴檀の家」
活動時間 13時30分~15時30分(内容により変更あり)
開催日 毎月いずれかの水曜日(内容により変更あり)
 参加してみたい、詳しいことが聞きたいなどご質問・ご相談がある人はご連絡ください。
問 健康福祉課 保健師(電話086・482・2483)
  備中保健所心の保健福祉班(電話086・434・7057)
 

4月保健ガイド
知的障がい者相談
日 時 4月14日(水曜日) 13:00~15:00(相談時間)
場 所 栴檀の家 

こころの健康相談(要予約)
日 時 4月21日(水曜日)13:00~14:00
場 所 栴檀の家
※専門医師が相談に応じます。
問 健康福祉課(電話086・482・2483)
 

早島の人の動き
    前月比
町人口/ 12,724 人 (+8人)
男 性/ 6,124 人 (-3人)
女 性/ 6,600 人 (+11人)
世帯数/ 5,081 世帯 (+6世帯)
(令和3年3月1日)
 
お悔やみ申し上げ
馬越   益子 93歳(2月4日、宮崎)
渡邉  精一  87歳(2月22日、片田)

 

はやしま学 年間スケジュール
英 語 検 定
★第1回英語検定
一次試験 5月29日(土曜日)
試験場所 早島中学校
二次試験 6月27日(日曜日)
申込締切 4月27日(火曜日)
★★第2回英語検定
一次試験 10月9日(土曜日)
試験場所 早島中学校
二次試験 11月7日(日曜日)
申込締切 9月7日(火曜日)
★★★第3回英語検定
一次試験 令和4年1月23日(日曜日)
試験場所 早島中学校
二次試験 令和4年2月20日(日曜日)
申込締切 12月7日(火曜日)

漢 字 検 定
★第1回漢字検定
試 験 日 6月20日(日曜日)
試験場所 早島小学校
申込締切 5月21日(金曜日)
★★第2回漢字検定
試 験 日 10月23日(土曜日)
試験場所 早島小学校
申込締切 9月24日(金曜日)
★★★第3回漢字検定
試 験 日 令和4年1月29日(土曜日)
試験場所 早島小学校
申込締切 12月21日(火曜日)

数 学 検 定
★第1回数学検定
試験日時 6月12日(土曜日)午前
試験場所 ゆるびの舎研修室
★★第2回数学検定
試験日時 10月16日(土曜日)午後
試験会場 ゆるびの舎研修室
★★★第3回数学検定
試験日時 令和4年2月19日(土曜日)午後
試験場所 ゆるびの舎研修室

【早島町英検受験応援制度】
早島町内在住の小中学生を対象に、英検3級(3,900円)準2級(4,900円)2級(5,500円)を受験する際、同級の受験に対して1回のみ受験料を無料とします。しっかり学習して、どんどんチャレンジしてみましょう!!
大人も受験可能です。町民の皆さんも、各種検定に挑戦してみませんか。
問 早島町教育委員会(電話086・483・2211)


はやしま学 ~地域とつながり未来を拓く早島っ子を育てよう~
■土曜はやしま塾 (小1~中3) 一人ひとりの「わかった」「できた」を大切にした楽しい学びの90分
日時 4/24、5/1・8・15、6/5・19、7/3・10・17、8/28、9/4・11・18、10/2・16・30、11/6・13・20、12/4・25、1/8・15・22、2/5・12・19、3/12・19 ・26(全30回)
   9時~10時30分(8時50分集合)予定
会場  いぶき荘(小・中学生)/大谷荘(小学生)
■放課後はやしま塾 (小1~3・中1~3)
★小学1年生(6月から)算数・数学の復習をしながら基礎・基本の定着を目指します。
 日時 毎週金曜日15時5分~15時50分  会場 ランチルーム
★小学2・3年生(5月から)  
 日時 毎週水曜日15時5分~15時50分  会場 教室
★中学1~3年生  
 日時 毎週水曜日15時10分~16時30分  会場 第二パソコン室
■わくわくサマーホリデー(小4~6)夏休みの学習サポートと体験活動
日時 7/20・21・27・28・29・30・31、8/3・4・5・6・17・18・19・20(全15回)予定 9時~12時
会場 小学校ランチルーム他
■Enjoy ・土曜英会話塾(小5~中3) 外国人講師による楽しい15回の英会話レッスン
日時 5/8・15、6/12・19、7/3・10・17、8/28、9/11・18、10/2・30、11/6・13、12/11(全15回)
   13時30分~15時(13時20分集合)
会場 中央公民館講座室2


春の景色を一枚の絵に
早島公園さくら写生大会作品募集中!
 早島公園の桜の写生作品を募集します。美しい早島の桜を絵にしてみませんか。多数のご参加をお待ちしています。
募集部門 保育園・幼稚園児、小学生、中学生、一般
応募締切 4月8日(木曜日)までに、町役場まちづくり企画課までお届けください。
その他 画用紙の配布、画板の貸し出しを行います。希望者はまちづくり企画課まで(数量限定のため、なくなり次第終了します)。
※新型コロナウイルス感染拡大の状況により、入選作品の表彰・展示については中止となる場合があります。
問 まちづくり企画課 (電話086・482・0612)^t
 

待ちに待った晴れの日
令和3年早島町成人式
 新型コロナウイルス感染症拡大を受けて延期となった令和3年早島町成人式を、5月2日に開催します。
日 時 5月2日(日曜日)10:00~
会 場 早島小学校体育館(駐車場は小学校運動場)日程 受付 9:30~
      開式 10:00~ 式典、アトラクション、記念撮影
対象者 平成12年4月2日~平成13年4月1日生まれの人
通知 令和2年12月1日現在で早島町に住民票のある対象者に通知します。該当者で通知のない場合は。生涯学習課までご連絡ください。
 なお、式典には学校や仕事の都合で住民票を町外に移している人も出席できます。また保護者等も入場できます。詳細はお問い合わせください。
※ご出席の際は、マスクの着用、手指の消毒、検温等、新型コロナウイルス感染症予防にご協力ください。
※駐車台数が限られていますので、お車でお越しの際はできるだけ乗り合わせをお願いします。
問 生涯学習課(電話086・482・1511)
 

今年は、非接触で楽しもう!!
早島さくらまつり 作品募集中!
 コロナ禍の春、模擬店などは開催しませんが、「さくら」にちなんだ作品コンテストを以下の部門で実施しています。得意なものやチャレンジしてみたいことなど、多数のご参加をお待ちしています。
テーマ「さくらのまち早島」
 写真コンテスト
応募受付期間 3月20日(土曜日)~4月8日(木曜日)
応募作品 早島公園(城山公園、国鉾公園)周辺で撮影され、他のコンテストなどで入賞していないもの
 手作り弁当コンテスト
応募受付期間 3月20日(土曜日)~4月8日(木曜日)
応募作品 材料費1,000円以内で作った手作り弁当の「レシピ」と「写真(はがきサイズ以上)」
 俳句コンテスト
応募受付期間 3月20日(土曜日)~4月8日(木曜日)
応募作品
・テーマ(「さくらのまち早島」)に沿っており、他のコンテストなどで入賞していないもの
・応募者本人が詠んだ作品に限る。
※新型コロナウイルス感染拡大の状況により、内容変更又は中止となる可能性があります。
※応募方法など、詳細はWEB又はチラシからご確認ください。


No.275“ゆるび”WEEKENDコンサート
ASHTAR ライブ
日 時 4月23日(金曜日) 開場18:30 開演19:00
会 場 ゆるびの舎・エントランスホール ※入場無料
出演 ASHTAR(アシュタール)
ジャンル フォークソング
プログラム 夕月夜、長いこと待っていたんだ、怪物 他
問 ゆるびの舎(電話086・482・4800)
 

図書館だより
☆おはなしの時間(職員による読み聞かせ)
日時 休館日を除く毎週木曜日 10:30~11:00
   4月1日、8日、15日、29日
場所  図書館1階キッズコーナー
※マスクの着用をお願いします。
★4月23日は「子ども読書の日」、4月23日~5月12日は「こどもの読書週間」です。
 図書館では世界の受賞本の展示などを行っています。子どもたちの読書のきっかけづくりなどにぜひお役立てください。
子ども読書の日特別展示
 ケイト・グリーナウェイ賞・コールデコット賞受賞作品
期間 5月27日(木曜日)まで
場所 図書館1階展示コーナー
ケイト・グリーナウェイ賞:イギリスで出版された絵本のうち特に優れたものの画家に年に一度贈られる。
コールデコット賞:アメリカで出版された絵本のうち特に優れたものの画家に年に一度贈られる。
図書館カレンダー 4月のお休み 5,12,19,22,26日
★4/29(祝)は開館し、4/22(木曜日)を館内整理休館とします。ご注意ください。
☆4/22(木曜日)は電話応対可能日☆

■図書除菌機が設置されています
 感染症対策として11月中旬から図書館1階に図書除菌機を設置しています。紫外線と風により30秒で6冊の本を一度に除菌できます。貸出時に利用していただき、より安心安全なご利用と図書館資料を大切にする気持ちも育んでいきましょう。どうぞご利用ください!
問 町立図書館(電話086・482・1513)


ello Babies
こんにちは赤ちゃん

2月生まれの赤ちゃん


鷲野  紬ちゃん女の子(2月5日・大池)父・勝之、母・真優
小島柊也ちゃん男の子(2月16日・前潟)父・典靖、母・涼子

赤ちゃんの写真を掲載しませんか?詳細はまちづくり企画課
 (電話086・482・0612)へ。
e-mail kikaku@town.hayashima.lg.jp


For Health保健情報
予防接種を受けましょう!
 感染症にかからないように、また他の人にうつさないために予防接種で免疫をつけましょう!以下は定期予防接種の一部です。
◎麻しん・風しん混合ワクチンの予防接種
  対象者は下記のとおりです。
 第1期 生後12か月~24か月未満の児
 第2期 5歳~7歳未満で小学校入学前の1年間にある児
◎二種混合(ジフテリア・破傷風)の予防接種
  小学6年生のお子さんは、二種混合の予防接種の対象年齢(11歳~13歳未満)になります。
◎日本脳炎の予防接種
  日本脳炎の予防接種は、標準的には1.期を3歳で2回・4歳で1回、2.期を9歳で1回(合計4回)受けることになっています。また、以下の1.または2.に該当する人には特例措置があります。
1.平成19年4月1日以前生まれで20歳未満の人
 1.期および2.期の不足分(1~4回)を接種可能。
2.平成19年4月2日~平成21年10月1日の間に生まれた人
 1.期の対象年齢(生後6か月~ 90か月未満)の間に1.期の接種が完了しなかった人は、2.期の対象年齢(9歳~ 13歳未満)の期間中に1.期の未接種分(1~3回)を接種可能。7歳6か月~9歳未満の間は不可。
《予防接種の受け方》
 1.かかりつけの医療機関で、受けようとする予防接種の接種日時等確認し、直接予約して接種してください。
 2.予防接種予診票は、医療機関に備えてありますので、直接受診してください。
《持っていく物》
・小児医療費受給資格者証
・健康保険証
・母子健康手帳
 問 健康福祉課(電話086・482・2483)


4月こども保健ガイド
場所 ゆるびの舎・健康づくりセンター
問 健康福祉課・保健師 (電話086・482・2483)
1歳6か月児健診
日時 7日(火曜日)受付時間は郵送の案内をご確認ください。
対象 令和元年8年~令和元年10月生まれ
   ※対象者には個人通知します。
内容 体計測、内科診察、歯科診察、各種相談など
保育相談
日時 13日(火曜日)受付時間はホームページ等案内をご確認ください。
対象 就学前の乳幼児
内容 身体計測、栄養相談、歯科相談など
※母子健康手帳・バスタオルをご持参ください。
乳児健診
日時 13日(火曜日)受付時間はホームページ等案内をご確認ください。
対象 4・7・9・12か月児
内容 身体計測、内科診察、栄養相談、歯科相談
   など
※母子健康手帳・問診票・バスタオルをご持参ください。
ベビママサロン1回目
日時 27日(木曜日)受付時間は郵送の案内をご確認ください。
対象 4~5か月児とその保護者
   ※対象者には個別通知します。
内容 離乳食(初期)の進め方、離乳食作りの体験

 

はやしま児童館だより
問い合わせ先 早島児童館 〒701-0304早島町早島1297-1 電話/ファックス 086・483・2358

○絵本タイム 5日(月曜日)
14:00~14:30
12日・19日・26日(月曜日)
16:15~16:45 小学生対象  三冊ほどの絵本や紙芝居などを読んでいます。ゆったりと聞きに来ませんか。
○避難訓練(火災)  14日(水曜日)
14:00~14:30 全員参加  全員参加で火災の避難訓練をします。雨天の場合は延期です。
新型コロナウィルス感染拡大防止のためのお願い
・マスクをつけましょう。・受付で検温をします。・こまめに手洗いや消毒をしましょう。
・飲み物は必ず多めに準備して来ましょう。・ハンカチやタオル、帽子を持って来ましょう。
・部屋の空気の入れ替えをしています。
利用できる人 0歳から18歳までの子どもとその保護者子どもの健全育成活動を進めている団体など
休  館  日 火曜日・祝日
開 館 時 間 10:00~17:00
※車はトマト銀行の北側駐車場または小学校小運動場に止めてください。自転車で来る人は小学校正門前の土壁の前に止めてください。

かんだ子育て支援センターあそびのひろば
〒701-0304都窪郡早島町早島4849-1かんだ保育園内 電話086・480・0580k-shien@kurukuru.or.jp
利用時間 10:00~16:00
開園日 月~土曜日(ただし、日曜日・祝日・年末年始は除きます)
 上記以外でも園行事の関係でお休みになることがあります。詳細については気軽に問い合わせてください。
 5日(月曜日) 11:00~ ふれあいあそび
 8日(木曜日) 10:00~定員4組要申込 にこにこ赤ちゃん1回目
12日(月曜日) 11:00~ しゃぼん玉あそび
15日(木曜日) 10:30~ にこにこ☆ぱんださん(1歳児)&おさるさん(2歳児)
19日(月曜日) 11:00~ おはなし&わらべうた
22日(木曜日) 10:00~定員4組要申込 にこにこ赤ちゃん2回目
26日(月曜日)~5/1(土曜日) 10:00~ 作ってあそぼう「こいのぼり」
27日(火曜日) 13:30~ 赤ちゃんサロン 対象:1歳半までの親子
★にこにこ☆ぱんださん&おさるさん
 日 時 15日(木曜日)10:30~
 対 象 1歳児(H31.4月~R 2.3月生)
     2歳児(H30.4月~H31.3月生)
 お外あそび(雨天決行)やママトークを楽しみましょう!
★一時保育(要事前登録)
 お子さんのお世話ができない時、一時的にお預かりします。
 早島保育園 直通電話(電話086・486・1231)
 かんだ保育園 直通電話(電話086・480・1489)
詳しくは各保育園にお問合せください。
★にこにこ赤ちゃん〈2回で1つのコースです〉
 日 時 8日(木曜日)、22日(木曜日)10:00~
 対 象 1歳までの赤ちゃん(4組:要申込)
 資料代 200円
 ハイハイのひみつや絵本のことなどについて考えてみませんか?子育て仲間をつくりましょう

 

心映の投句
俳句・短歌

第538回早島俳壇定例句会作品 石井宏幸 選

百畳の半畳に坐す余寒かな     郷原 和美
 永平寺の大広間を想ったが、限定する必要はない。「座れば半畳」の半畳は人間の存在そのものを表す広さで、それで足るという覚悟と裏腹に、存在の小ささを感じさせるものでもある。その感慨と百畳の広さゆえに春となっても残る寒さを重ねる。

棒線となりし我が影半仙戯     石井 淳也
 半仙戯はブランコのこと。午後の日は既に傾き、地に影を曳くが、立ち漕ぎならば、なお長い影を見るだろう。自分の影の有り様をじっと見て、棒線という物理的なかたちに詠い、逆に心を映す詩となった。

あたたかや坂東俘虜の音楽会    佐々木正俊
 坂東は鳴門の地。第一次世界大戦で青島から連行されたドイツ人捕虜の内千人が収容された。所内では様々な文化活動が許され、地域住民とも交流し、伝え、中でも日本で初めて完全版のベートーベン第九が演奏されたことは特筆に値する。訪
れて、「暖か」という季題に全てを託し、正に「歓喜の歌」だと伝える。

つちふるや白壁廻る人力車     石井美由紀
春近し杖をつかずに歩く夢     酒井クミヨ
朱を入れてもらふ臨書や春隣    大崎 弘子
朝光のあまたの影に梅香る     筑後 道明
大阿蘇を煙で隠す野焼かな     佐藤  寛
忘れゐし約束のごと名草の芽    中村 清子
春めくやなみなみと張る手水鉢   坪井 信幸
立春の光とみればまぶしくて    青葉 恵子
助手席の妻の視線に梅の花     谷水 勝利

椿百見し目の中を椿落つ      石井 宏幸
春めくや泥より泡の水面に     坪井日出夫

▽坪井日出夫特選三句
夜の襞の花のごとくに凍てたるよ  石井 宏幸
棒線となりし我が影半仙戯     石井 淳也
百畳の半畳に坐す余寒かな     郷原 和美

*毎月第三日曜日13時30分から中央公民館で句会を行っています。
*俳句は五・七・五であること、季語が入っていることが約束です。
*どなたでも十句を用意してご参加ください。
*問い合わせ 坪井(電話086・483・2157)
      筑後(電話086・482・2339)


早島短歌会1月詠草 濱田 棟人 選 (作者は、あいうえお順)
想い出は嬉しさ辛さを連れて来る今日も呼んだよあなたの名前       岡沢智惠子
ほつこりと日向ぼつこの犬とわれ冬のひととき心つながる         岡本 稔子
オーロラの空を飛びぐるりと日本に来るトナカイに旅行制限は無し     川上 安代
ゆつたりと柚子湯につかり今だけは何も思はず何も考へず         鈴木 信子
今日もまた人に会へずに夕焼けが寒さを誘ふ冬至が間近          溝手 和子
父母に代りてわれを育みし祖父母没して半世紀経つ            安原 敏子
▽選者 濱田 棟人 詠草
暮れながら備前平野は風凪ぎて収穫前の稲の鎮まり
*短歌会は中央公民館で毎月第3土曜日、14時から行っています。
*「一首から五首まで」お持ちくだされば、どなたでも参加できます。
*入会希望者は、ゆるびの舎または中央公民館にお申し込みください。

 

早島町シルバー人材センターだより
講習会のご案内 「子ども一時預かり支援員養成講習」の開催
対象者 概ね60歳以上の人
受講料 無料(交通費・その他の手当はありません)
日時 4月27日(火曜日)9時30分~16時
   4月28日(水曜日)9時~16時30分
場所 早島町シルバー人材センター  事務所 会議室
主催 公益社団法人岡山県シルバー  人材センター連合会
講師 株式会社ニチイ学館
 申込は、早島町シルバー人材センターへ。
新規会員募集中
・保育士の資格をお持ちの人
・高齢世帯等の家事支援事業(町内の高齢者を対象に家事のお手伝い)
・剪定・草刈・草取作業、屋内外の 軽作業
・派遣作業で鉄工所(切粉の運搬など)
・派遣作業で樹脂加工の事業所(原 材料投入など)
今月の入会説明会
日時 4月12日(月曜日)13時30分~14時30分
場所 早島町シルバー人材センター 事務所(早島町早島1291-7)
問 公益社団法人早島町シルバー人材センター (電話086・480・0335)
  (ファックス086・480・0337)
  e-mail hayashima@sjc.ne. jp

協会けんぽからのお知らせ健康保険料率・介護保険料率が変わります
 協会けんぽは、中小企業等で働く従業員とその家族の皆さんが加入する健康保険です。
 令和3年3月分(4月納付分)からの健康保険料率は、10.17%を10.18%へ、介護保険料率は、1.79%を1.80%へ引き上げとなります。(任意継続被保険者は令和3年4月分から変更)
 協会けんぽの健康保険料率については、毎事業年度において、都道府県ごとに地域の医療費等を反映し算定しています。
問 協会けんぽ岡山支部 (電話086・803・5780)


自衛官募集のお知らせ
 令和3年度採用の「一般幹部候補生」及び「一般曹候補生」を募集しています。
一般幹部候補生
一次試験日 5月8日(土曜日)、9日(日曜日)※9日は飛行要員のみ。
募集期間 4月28日(水曜日)まで
一般曹候補生
一次試験日 5月22日(土曜日)、23日(日曜日)※うちいずれか1日指定
募集期間 5月11日(火曜日)まで
 詳しくはお問い合わせください。
問 自衛隊岡山地方協力本部 倉敷地域事務所(電話086・422・7358)


女性大学2021参加者募集!
 令和3年5月~令和4年2月(全4回)
対象 興味のある人30名程度(JA女性部員以外の人も参加可)
参加費 その都度実費
カリキュラム
・第1回 5月 花の寄せ植え
 茶屋町支店
・第2回 11月 ウォーキング
 場所未定
・第3回 12月 門松づくり
 茶屋町支店
・第4回 2月 布コサージュづくり 茶屋町支店
※詳細な日程は未定です。申込時にご確認ください。
申込方法 最寄りのJA各支店窓口又はくらしき東アグリセンターへ
申込締切 4月末
主催 JA晴れの国岡山 岡山西女性部くらしき東ブロック
問 くらしき東アグリセンター  (電話086・428・5000)


親子キッズクラブ参加者募集!

募集人数 15人程度※必ず保護者同伴参加(祖父母の同伴参加も可)
対象年齢 5歳~小学生
参加費 その都度実費
日程(変更の可能性あり)
・5月1日(土曜日)さつま芋の苗植え 菅生のほ場
・7月24日(土曜日)フェイスシールド 作り 茶屋町支店
・9月25日(土曜日)※雨天の場合10月 2日(土曜日) さつま芋の収穫
 菅生のほ場
・11月又は12月 お店やさん
 会場未定
・2月26日(土曜日) 料理教室
 早島町支店
申込方法 最寄りのJA各支店窓口又はくらしき東アグリセンターへ
主催 JA晴れの国岡山 岡山西女性部くらしき東ブロック
問 くらしき東アグリセンター(電話086・428・5000)


子ども日本舞踊はじめませんか?
 文化庁委託事業として10年前から無料で教室を開いています。国際化が進む中、日本の伝統文化を学ぶことは自信のひとつになりますよ。
 電話でお問い合わせの上、お気軽に見学にお越し下さい。
対象 年中~高校生
場所 さつき荘
時間 毎週金曜日 18時~
問 早島町日本舞踊子ども教室 若柳(電話090・7502・5434)

 

リトルプレイスはやしま4月のイベント案内
「第2土曜はまち歩きの日」
 皆で町内を歩いて散策してみませんか。歩きながらの楽しいお喋りや新しい発見、健康づくりにもいいですよ。どなたでも参加大歓迎です!
日時 4月10日 (土曜日) ※雨天中止
10時集合(所要時間 約2時間)
参加費  無料
集合場所 早島中央公民館駐車場
問 リトルプレイスはやしま (電話086・486・1551)
イベントの詳しい内容はコチラ←http://hayashimabp.com/event


早島さくら千年委員会会員募集
 早島さくら千年委員会は、設立15周年を迎えることができました。
 これまでに早島町ふれあいの森公園に1400本余りの桜を皆さんと一緒に植樹を行い、講演会など各種のイベントのほか、災害支援活動なども行ってきました。しかし、会員の高齢化に伴い、下刈などの保育活動に苦心しています。
 つきましては、新たに会員になっていただける人を募集します。活動内容は、植樹した桜の保育活動、里山講演会などの開催、町内各種イベントへの参加などです。『早島町だけでなく、近隣地域の貴重な宝である里山を皆さんで守るとともに、四季折々憩いの場として大切に育てようではありませんか。』
申・問 早島さくら千年委員会事務局   古田(電話080・5236・3415)


早島町観光センターワークショップ
 4月25日 (日曜日)11時~16時
 ポーセラーツ体験 白磁のスプーンやお茶碗にかわいいシールを貼って模様をつけていきます。子どもから大人まで楽しめるワークショップです(予約不要)。母の日用のプレゼントとしてもオススメです。
 その他のお知らせやイベントについては、フェイスブック、ツイッター、インスタグラムでご確認ください。
問 早島町観光センター(電話086・480・1560)


囲碁クラブ例会報告( 2月28日 15人参加)
【成績順位】
1.金子 英雄 八段 四勝
2.佐々木正俊 三段 四勝
▽三勝者  加藤 雅巨 三段 ほか4人
 定例会は毎月第4日曜日開催
 次回は、4月25日(第4日曜日)9:00~
 場所 中央公民館 会費 600円
どうぞご参加ください。

いかしの舎4月
講座・イベント情報のお知らせ
申・問 いかしの舎(電話086・483・1243)

●うたごえ喫茶
  4月1日(木曜日) 13:15~14:45
  4月27日(火曜日) 10:00~11:30
 4月20日(火曜日)は、茶房が臨時休業となります。ご了承ください。


献血のお礼
 3月2日(火曜日)には、お忙しい中、献血にご協力いただきまして厚く御礼申し上げます。
 献血の実施状況についてご報告します。今後ともご支援ご協力をよろしくお願いします。
 早島町で行われる次回献血は、7月29日(木曜日)の予定です。
400ml献血
献血受付者数 33人
献血者数 32人
献血の出来なかった人 1人
問 健康福祉課 (電話086・482・2483)


はやしまふれあい講座 ご参加ください
主催 町民活動支援センター
運営 NPO法人ふれあいネットはやしま
4月の講座 ウォーキング
~わが町の桜の名所見学&自治会 訪問シリーズ『噂島自治会』~
日時 4月4日(日曜日)8時30分~12時 雨天決行
集合場所 早島町中央公民館
講  師 早島観光ボランティアガイド、NPOふれあいネットはやしま担当者
参加費 無料
定  員 先着30名
申込締切 4月3日(土曜日)
申込方法 中央公民館1階「町民活動支援センタ―」または、ゆるびの舎1階ロビーに申込用紙と応募箱があります。記載の上、投函ください。
その他 歩きやすい恰好でお越しください。お茶を準備します。
問 町民活動支援センター(中央公民館内 電話086・482・3771)
  NPO法人ふれあいネットはやしま・渡辺(電話090・4145・2374)


第30回早島町民グラウンド・ゴルフ大会(個人戦)のご案内
 グラウンド・ゴルフ愛好者の皆さん、楽しく親睦交流を深め、健康増進を図りませんか?多数の参加をお待ちしています。
日 時 5月17日(月曜日)※雨天の場合は5月24日(月曜日)
   ・1グループ(午前の部) 8時30分集合
   ・2グループ(午後の部) 13時集合
※午前、午後の部は申込時の抽選で決めます。
場 所 早島町矢尾グラウンドゴルフ場
資 格 早島町在住者、町内企業従事者
ルール 日本グラウンド・ゴルフ協会ルール及びローカル・ルールを適用。
    詳細は参加者に資料配布、開催時周知。
    扇谷・熊野2コースで、各コース2ゲーム連プレーする。4ゲーム32ホールプレーとする。組合せは実行委員会大会開催担当で決定する。
参加費 500円
申 込 早島町中央公民館 町民活動支援センター
受付日時 4月23日(金曜日) 9時~12時厳守
その他 大会参加による事故等による傷害は各人で処理をお願いします。なお、団体傷害保険には主催団体で加入します。
主 催 早島町グラウンド・ゴルフ実行委員会
後 援 早島町・早島町教育委員会・町民活動支援センター
問 実行委員会 加戸(電話090・8242・4172)
 

第29回早島町民グラウンド・ゴルフ大会(選手権大会)
松室冨美雄さん(若宮)が6代目のチャンピオンに
 2月8日(月曜日)矢尾グラウンドゴルフ場で、第29回町民グラウンドゴルフ大会が盛会に開催されました。 開会式では加戸会長から、「ちょうど一年前の冬以降、新型コロナウイルス感染症拡大で世界中が翻弄される中で、今大会中止も検討したが、最大限の防止対策をおこない、愛好者の生きがいと健康増進のために開催に踏み切った」と力強い挨拶がありました。また、中川町長からは、「新しい生活様式を取り入れて安全に、また今後ワクチン接種も進められるので、豊かな日常が戻り益々元気に活動して欲しい」と激励されました。
 大会では、松室冨美雄さん(若宮)が難しいコンディションの中、好スコアで優勝に輝きました。閉会式では、和やかな雰囲気の中、最高齢者表彰他各賞が町長から授与されました。次年度も生涯スポーツ活動の輪が広がり元気で笑顔で大会に多数のご参加お待ちしています
記録・成績表 (敬称略)
1 位 松室 冨美雄(若 宮)74
2 位 中野  政市(真磯台)76
3 位 安原  弘二(市 場)80
4 位 蜂谷  賢一(弁才天)81
5 位 小林  照子(若 宮)81
高齢者表彰 男性 圓山三太郎(片田・86歳)
女性 高瀬 美苗(若宮・86歳)
ベストゲーム賞 男性 中野 政市(スコア:14)
女性 日笠 蓉子(スコア:10)
         ダイヤモンド
出場者 64名(男性36名・女性28名)
平均年齢 77.4歳


早島小学校・早島支援学校へ
交通安全啓発品を寄贈
 3月8日(月曜日)、4月から小学校、早島支援学校へ入学する児童生徒の交通安全に活用してほしいと、倉敷交通安全協会早島支部圓山三太郎支部長から交通安全クリアファイルと夜光タスキが寄贈され、越宗倫生早島小学校長と平松裕史早島支援学校長が受け取りました。交通安全協会では、不幸な交通事故が1件でも少なくなるように願いを込めて毎年新一年生に交通安全啓発品を寄贈しています。
 
模範となる善行で個人6人、2団体が受賞
早島町少年善行表彰
 早島町少年善行表彰は、町内の青少年健全育成に資するため、他の模範とするにふさわしい善行顕著な少年や団体に対する表彰として毎年実施しています。
 令和2年度は、個人の部6人、団体の部2団体が受賞し、2月12日(金曜日)ゆるびの舎で行われた表彰式で、中川町長から表彰状と記念品を授与されました。受賞者は、今後も絵画やポスター、陸上競技やバスケットボールの練習に励んだり、総合的な学習やボランティア活動に取り組んだりしたいと、受賞の喜びとともに、これからの決意を語っていました。
 受賞者(団体)と主な受賞理由は、次のとおりです。(敬称略)
 受賞者(団体) 主な受賞理由
1 早島小学校2学年 齊藤 航成 第10回岡山県児童生徒絵画展で岡山県知事賞を受賞した。
2 早島小学校5学年 齊藤 拓海 令和2年度JA共済交通安全ポスターコンクール岡山県知事賞を受賞した。
3 早島小学校6学年 佐藤 和志 第42回岡山県学童陸上競技大会男子100m走で第3位を収めた。
4 早島小学校6学年 渡邉 梨穂 はやしまプレーパークのジュニアプレーリーダーとしてボランティア活動に取り組んだ
5 早島女子ミニバスケットボールスポーツ少年団 浅沼 来美 チームのキャプテンを務め、俊敏なプレーにより岡山県選抜選手に選出された。
6 早島中学校3学年 三宅唯央里 令和2年度ジュニア陸上競技選手権大会の女子走高跳で第1位を収めた。
7 早島中学校 3学年 早島の伝統産業の「い草」を活用したイグネネーム等の商品開発に学年全体で取り組んだ。
8 早島男子ミニバスケットボールスポーツ少年団  第35回岡山県ミニバスケットボール選手権大会において第4位入賞を収めた。


100歳おめでとうございます
尾上 ちとせさん
 尾上ちとせさんが、2月21日に満100歳を迎えました。町では、中川町長がお祝状と記念品を手渡し、長寿をお祝いしました。
 尾上さんは大正10年2月21日生まれ。真庭市出身で保健所で長年に渡り看護師や助産師として従事しました。長寿の秘訣は、好き嫌いなくバランスの良い食事をすること積極的に外出することだそうです。これからも健康にお気をつけください。
 

100歳おめでとうございます
中桐 照恵さん
 中桐照惠さんが、2月27日に満100歳を迎えました。町では、中川町長がお祝状と記念品を手渡し、長寿をお祝いしました。
 中桐さんは大正10年2月27日生まれ。新見市出身で裁判所で勤務していました。現在は、デイサービスに通うことを楽しみにしています。
長寿の秘訣は、ストレスをため込まず毎日楽しく暮らすことだそうです。これからも健康にお気をつけください。


早島サッカースポーツ少年団
マスカット杯U8の部 優勝
  第23回マスカット杯少年サッカー大会が、2月7日マスカットスタジアム多目的広場で開催されました。
 1試合目は、すごうを相手に4対1と得点ラッシュで波に乗り、残り3試合も先取点を取り順調に勝ち切りました。2年生3人(8人制)がそれぞれの持ち味を発揮し、1年生がつられて頑張りチーム一丸となりました。明日からの練習を頑張るモチベーションになったことと思います。コロナに負けず楽しく頑張るサッカー少年団は新入団を募集しています。


新1年生が英語で交流
キッズ英会話塾
 2月13日、20日、27日の3日間、4月から小学1年生になる園児を対象に、キッズ英会話塾を開催しました。岡山大学留学生のレオ先生とライナ先生が講師で、保育園児と幼稚園児20名が交りあって英語の歌に合わせた手遊びやカードゲームでで交流を深めました。


4月の無料相談
保育相談 13日(火曜日)受付時間はホームページ等案内をご確認ください
 ゆるびの舎・健康づくりセンター 健康福祉課 電話086・482・2483
行政相談 13日(火曜日)13:00~14:00 オアシス早島 総務課電話086・482・0611心配ごと相談・
児童相談 13日(火曜日)13:00~14:00 オアシス早島 健康福祉課電話086・482・2483
人権相談 14日(水曜日)9:00~12:00 ゆるびの舎・2階集会室 町民課電話086・482・2482
知的障がい者相談14日(水曜日)13:00~15:00 栴檀の家 健康福祉課電話086・482・2483
こころの健康相談(要予約)21日(水曜日)13:00~14:00 栴檀の家 健康福祉課電話086・482・2483
教育相談随時(平日)8:30~17:00 ゆるびの舎 学校教育課電話086・483・2211


新型コロナワクチン接種についてのお知らせ
接種対象者について 
 接種する日に16歳以上の全国民
接種優先順位について
1.医療従事者等
2.高齢者(令和3年度中に65歳以上に達する人)
3.高齢者以外で基礎疾患を有する人や、高齢者 施設等で従事している人
4.それ以外の人
ワクチン接種を受けるには
 町から送付する「接種券」が必要です。接種優先順位に従って、対象となる個人宛てに自宅へ送付します。優先順位2.の高齢者には、4月上旬以降の送付を予定しています。優先順位3.4.の人への送付次期は未定ですが、開始時期に合わせて順次送付します。
接種方法について 身近な病院や診療所等で行う「個別接種」または町が設置する特設会場で行う「集団接種」があります。接種会場、接種可能な病院等は現在調整中です。決定次第町ホームページや広報紙等でお知らせします。


ワクチン接種に関するコールセンターが設置されています。
◆早島町新型コロナワクチン接種 一般コールセンター
 早島町で実施するワクチン接種に関する お問い合わせ
 電話086・482・0619
 受付時間 8時30分?17時15分(平日)
◆岡山県新型コロナワクチン専門相談センター
 医学的見地が必要となる専門的な相談など
 電話0120・701・327
 (フリーダイヤル)
 受付時間 9時?21時(土日・祝日も実施)
◆厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター
 ワクチンに関する基本情報などについて の相談など
 電話0120・761・770
 (フリーダイヤル)
 受付時間 9時?21時(土日・祝日も実施)
※詳細なお知らせについては、本紙20ページをご覧ください。

 

広報はやしま4月号 令和3年4月1日発行(通巻1961号)
■編集・発行 早島町まちづくり企画課
 〒701-0303 岡山県都窪郡早島町前潟360-1
■電話 086-482-0612 ■ファックス 086-482-3405
■E-mail  kikaku@town.hayashima.lg.jp
■URL http://www.town.hayashima.lg.jp

お問い合わせ先
早島町 まちづくり企画課
〒701-0303 岡山県都窪郡早島町前潟360-1
電話番号:086-482-0612

お問い合わせはこちらから

外部リンク「電子申請サービス」へ

みなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか。
内容は分かりやすかったですか。
役に立ちましたか。

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。

広報はやしま音声読み上げページ

場面別で探す

  • 手続きナビゲーション
  • 妊娠・出産・子育て
  • 教育・文化
  • 就職・退職
  • 住まい・くらし
  • 結婚・離婚
  • 健康・医療
  • 高齢・介護
  • 障がい・福祉
  • おくやみ
  • その他