現在の位置

広報はやしま令和4年6月号

 4月23日、ゆるびの舎で早島公園さくら写生大会の表彰式が行われました。
 今年は110点もの応募があり、どれも早島公園のさくらの魅力が伝わる、素晴らしい作品でした。
 その中で特別賞を受賞した作品10点 を本紙29ページに掲載していますので、ぜひご覧ください。
 来年も皆さんのご応募をお待ちしています。

今月号の主な内容
P2〜8 まちからのお知らせ
    「早島駅周辺拠点整備事業の基本設計の概要をお知らせします」
    「大雨、土砂災害に注意しましょう」ほか
P 9〜20 健康&福祉ガイド
    「新型コロナワクチン接種のお知らせ」
    「児童手当の制度が変わります」ほか
P21〜23 まちのイベントガイド、投句
P24〜25 こどもガイド
P26〜27 まちかど情報
P28〜29 まちのできごと


早島駅周辺拠点整備事業の基本設計の概要 をお知らせします

早島駅のバリアフリー化実現を主とした拠点整備事業について、計画の骨格となる基本設計の概要についてお知らせします。
この内容を基に事業費等各種条件を整理しながら、令和7年度の完成を目指し今後実施設計を行います。

主な整備内容】

駅機能ゾーン
北改札口
南改札口
待合室

共有施設
南北通路
エレベーター(南北各1基)
トイレ(男・女・多目的)展望テラス

北交流ゾーン
交流スペース(ホール)
半屋外スペース(縁側)
屋外スペース(広場)

南交流ゾーン
交流スペース(小ホール)
半屋外スペース(屋根付広場)

外観デザインについて
 外観には、駅としての機能性を重視しながらも早島らしさとして、以下の歴史的要素をデザインモチーフとして取り入れています。

【周辺との位置関係】

関係法令や国の財政支援を受けるための条件協議を行いながら進めているため、実施設計を進める中で計画の内容が変更されることもあります。
今後も、まとまった内容は広報紙を通じて町民のみなさんにお知らせしていきます。
事業の実施に関するご意見やご要望がありましたら、右記担当までお寄せください。

 【担当部署】総務課整備計画室 (電話086・482・0611)


長雨の季節がやってきます
〜大雨、土砂災害に注意しましょう〜

これからの季節は、大雨や長雨、集中豪雨により、風水害や土砂災害などの災害が発生しやすくなります。
いざというときのために、非常時の持出品や備蓄品は、事前に準備しておきましょう。


より安全な避難を
〜風水害は早めの行動で命が助かります〜
 日頃から、台風や豪雨などの風水害に備え、ハザードマップを参考に避難の仕方を家族で決めておきましょう。

在宅避難
 自分の住んでいる場所について、避難が必要か確認しましょう。場合によっては、自宅の2階へ避難するという方法もあります。
 
安全な親戚・知人宅への避難
 あらかじめ、親戚や友人、知人宅などへ避難が可能か相談しておきましょう。

青空避難
 身の危険を感じた際は、高台などの安全な場所に、一時的に避難することも重要です。
 
指定避難所への避難
 可能であればマスクや消毒液などは各自で持参しましょう。


避難指示で避難をしてください

 住民の皆さんが災害発生の危険度を直感的に理解し、的確に避難行動ができるようにするため、避難に関する情報や防災気象情報等の防災情報を5段階の「警戒レベル」を用いてお伝えしています。
 警戒レベルと、それに対応する避難情報・避難行動などを確認しておき、避難情報の発令時には迅速に行動しましょう。

 

土のうステーションをご利用ください

 町では、町民の皆さんが必要に応じ、いつでも土のうを持ち出せるように「土のうステーション」(土のう置き場)を町内3箇所に設置しています。
 土のうステーションの中には、約40袋の土のうが入っており、一つの重さは約10キログラムです。災害の備えとして、必要に応じ各自でお持ちください。なお、持ち帰った土のうは各自で処分してください。

設置箇所:町防災倉庫、消防団第6部機庫、消防団第7部機庫


緊急地震速報の試験放送のお知らせ

日時 6月15日(水曜日) 10時頃
 全国一斉の試験放送が実施されます。放送の際には、町の防災行政無線(屋外スピーカー)で放送を行います。
 緊急地震速報を見聞きしてから強い揺れが来るまでの時間はごくわずかです。その短い間に、あわてずに身を守るためには、日頃からの対応を考えておくことが重要です。放送に合わせて、自分の身の安全を守る行動を行いましょう。
 なお、試験放送のため、全国的にテレビ・ラジオの放送や、携帯電話・スマートフォンの緊急速報メール(エリアメール)には流れません。


防災放送アプリ(コスモキャスト)をご利用ください]

 防災放送アプリ(コスモキャスト)を利用すると、雨音などで屋外スピーカーの音声が聞こえにくい場所でも、お手持ちのスマートフォンからリアルタイムに緊急時における防災行政無線の音声が聞こえるようになります(毎日17時のチャイムは流れません)。
 マナーモード設定時には音声は流れませんが、後から聞き直すことができます。
 なお、町メールマガジン(防災メール)でも防災情報の配信を行っていますので、スマートフォンをお持ちでない場合は町メールマガジンをご利用ください。

インストール方法
1.コスモキャストアプリを検索
 端末がAndroidの場合はGoogle Playから、iOS(iPhone、iPad)の場合はApp Storeから、「Cosmo Cast」又は「コスモキャスト」と検索して、アプリ「Cosmo Cast」をインストールします。次のQRコードを読み取る方法でも、インストールできます。
2.アクセスの許可
 インストールの途中で、アクセス許可を求める画面が出 てくるので、全て許可してください。
3.郵便番号を登録
 早島町内の郵便番号を入力し、「検索」を押すと自動で住所 が表示されます。「登録」を押して完了です。
注意事項
・スマートフォンの電源を入れていないときは、情報を受信できません。
・アプリの利用料は無料ですが、通信料は利用者負担となります。
・郵便番号は、早島町内の番号を登録してください。
・フィーチャーフォン(ガラケー)は、ご利用いただけません。
・受信中にアプリを終了するなどした場合は、音声が録音されないことがあります。

 

令和4年度から未就学児の国民健康保険税が減額されます

 全世代対応型の社会保障制度を構築するための健康保険法等の一部を改正する法律(令和3年法律第666号)の施行に伴い、令和4年4月1日から未就学児の均等割額の軽減措置を行います。
減額の対象者 6歳に達する日以後の最初の3月31日以前である国民健康保険被保険者(未就学児)が属する世帯の国民健康保険税納税義務者
減額の内容 国民健康保険に加入している未就学児の均等割額を2分の1減額します。一定の所得以下の世帯における均等割額の軽減が適用される世帯に属する未就学児の均等割額については、軽減措置後、さらに均等割額を2分の1減額することになります。
※未就学児が2人以上加入している場合や所得割額によっては100円未満の端数調整が生じますので、未就学児1人当たりの均等割額が必ずしもこの金額とは限りません。
※未就学児均等割額減額後の税額が賦課限度額を超過している場合は、賦課限度額が税額となります。

申請方法
 未就学児の均等割額の軽減についての申請は、不要です。

その他
 未就学児とは別に、町独自の18歳未満の国民健康保険に加入する子ども(平成16年4月2日〜平成28年4月1日生まれ)に係る均等割額についても、未就学児と同様に2分の1(軽減該当世帯は軽減後の均等割額の2分の1)の減免を実施します。
 なお、6月中旬に発送される当初の納税通知書には、18歳未満の人(未就学児を除く)の均等割額はまだ減免していません。令和4年度の減免額は7月に送付される納税通知書(2期以降)で調整しますので、第1期分は当初に送付された納税通知書での納付をお願いします。

問 町民課(電話086・482・0613)


令和5年度に早島小学校へ入学する児童へランドセルを支給します

 児童の健全育成と保護者の教育費負担の軽減及び経済的不安の解消を図ることを目的に、令和5年4月に早島小学校に入学する児童にランドセルを支給します。
 希望する人は10月の学用品購入手続き時に申し込んでください。
※原則、入学時に町内に住所を有している保護者を対象とします。
※支給するランドセルは早島小学校指定のツーウェイバッグで、紺・赤・緑の3色から選んでいただきます。(市販のランドセルを使用していただいてもかまいません。)

問 早島町教育委員会(電話086・483・2211)


7月25日の任期満了に伴い参議院議員通常選挙が行われます

 7月に第26回参議院議員通常選挙が行われる予定となっています。
 選挙は、私たちの意思を政治に反映させる大切な機会です。有権者のみなさんは、投票に行きましょう。

【投票】 
時間 投票日の7時〜20時
場所 早島小学校体育館
【開票】
時間 投票日と同日の20時45分〜
場所 早島町中央公民館多目的教室
 第26回参議院議員通常選挙の投票日などの情報は、早島町ホームページでご確認ください。

問 総務課
  (電話086・482・0611)


マイナンバーカードはお持ちですか?

マイナンバーカードのオンライン申請をお手伝いしています
 マイナンバーカードの申請は、ご自宅でスマートフォンなどからも行うことができますが、町でも申請のお手伝いをしています。顔写真を撮影するので、必ずご本人が来庁してください。
 15歳未満の人又は成年被後見人が申請する場合は、本人の他に法定代理人も来庁していただく必要があります。

実施場所 町民課 戸籍係窓口
受付時間 平日開庁日の9時30分〜11時、14時〜16時
必要なもの
1. 本人確認資料
A 顔写真つきの公的な身分証明書(運転免許証、パスポート等)を1点 
 もしくは
B 顔写真なしの公的な身分証明書のうちから2点(健康保険証、年金手帳、医療受給者証等)
※有効期限のあるものは有効期限内のものに限ります。
※原本をお持ちください。
2. マイナンバー通知カード(真ん中部分が申請書になっています。)
 もしくは再送された申請書
※なくても申請可能です。
・予約は不要ですが、窓口の混雑状況により、お待ちいただく場合がありますので、時間に余裕を持ってお越しください。
・申請後、約1か月でマイナンバーカードの受け取りについての通知を「転送不要郵便」でご自宅にお送りします。
※申請時来庁方式(窓口に来るのは申請時の1回で済みます)による交付申請も可能です。詳しくはお問い合わせください。 
問 町民課戸籍係(電話086・482・2482)

 マイナポイント第2弾を実施しています
【対象者】
1.マイナンバーカードを取得された人のうち、マイナポイント第1弾に申し込んでいない人は、最大5,000円相当のポイント
※2021年12月末までにマイナポイント第1弾に申し込んだ人で、まだ20,000円のチャージやお買い物を行っていない場合(最大5,000円分までポイント付与を受けていない人)は、2022年1月以降も引き続き、上限(5,000円相当)までポイントの付与を受けることができます。
2.マイナンバーカードの健康保険証としての利用申し込みを行った人は、7,500円相当のポイント
3.公金受取口座の登録を行った人は、7,500円相当のポイント
※2.3.のポイント付与の開始時期は6月頃を予定しています。最新の情報については、マイナポイントホームページをご確認ください。

マイナンバーカード申請期限(マイナポイント第2弾に申し込む場合) 2022年9月末まで
マイナポイント申込期限 2023年2月末まで

  問 マイナンバー総合フリーダイヤル(電話0120・95・0178)
    まちづくり企画課(電話086・482・0612)

 

6月23日〜29日は「男女共同参画週間」です

キャッチフレーズ
「あなたらしい」を築く、「あたらしい」社会へ
 毎年6月23日から29日までの1週間は、「男女共同参画週間」です。
 男性と女性が、職場で、学校で、地域で、家庭で、それぞれの個性と能力を発揮できる「男女共同参画社会」を実現するためには、政府や地方公共団体だけでなく、みなさん一人ひとりの取組が必要です。
 私たちのまわりの男女のパートナーシップについて、この機会に考えてみませんか?
 
パートナーからの暴力にお悩みの方
 専門の相談員が一緒に考えます。どんなご相談もお気軽にご連絡ください。
DV相談プラス
 電話0120・279・889
 (24時間受付)
岡山県女性相談所
 電話086・235・6060
 (月〜金 9時〜16時30分)
DV夜間相談
 電話086・235・6101
 (月〜金 16時30分〜20時)
岡山県男女共同参画推進センター
 電話086・235・3310
 (火〜土 9時30分〜16時30分)

倉敷市男女共同参画推進センター
 電話086・435・5670
 (火〜土 9時〜17時30分)
社会福祉法人クムレ
 電話086・441・1899
 (日・祝・年末年始 9時30分〜 16時30分)
男性相談員による男性のための電話相談
(岡山県男女共同参画推進センター)
 電話086・221・1270
 (原則 毎月第2金曜日 17時〜 20時)
※令和4年8月のみ、8月19日(第3金曜日)

問 まちづくり企画課
  (電話086・482・0612)


消費生活相談窓口からのお知らせ

「キャッシュバックで実質無料」
「自己負担なし」などの勧誘にご注意!

【事 例】
 SNSのアカウントに、「モバイルWi−Fiが無料で使えるモニターに興味はないか」とのダイレクトメッセージが届いた。
 興味があったので話を聞くと、「モバイルWi−Fiを契約して使い、SNSでPRすれば、月額利用料金がキャッシュバックされるため、実質無料になる」と言われ、実質無料ならと思い契約した。
 しかし、Wi−Fiルーターが届き、商品をPRしているが、キャッシュバックが一度も振り込まれない。

【アドバイス】
「キャッシュバックで実質無料」などと言われても安易に契約しないようにしましょう
 費用の負担はないと言われていても、後から請求されたり、別の商品等の購入を勧められたりすることもあります。
 無料で利用できるお得な話としてSNSのメッセージ等で勧誘されても、慎重に判断してください。
 商品やサービスによっては違約金等にかかる費用が大きくなります
 勧誘時に提示されたキャッシュバックが入金されず、一時的に負担するつもりで購入した金額がそのまま残ってしまったり、月額利用料金の支払いだけが続くトラブルが目立ちます。また、解約を申し出ると、違約金を請求されることがあります。
 「怪しいな?」と思ったらお気軽にご相談ください。消費者ホットライン

電話188(いやや)
問 まちづくり企画課
  (電話086・482・0612)


全国一斉特設人権相談

 お困りごとはありませんか?差別・体罰・虐待・いじめ・DV・セクハラ・プライバシー侵害・誹謗・中傷・家族関係・近隣関係・不法行為など
 予約は必要ありません。直接会場へお越しください。

日時 6月1日(水曜日)10時〜15時
場所 町民総合会館(ゆるびの舎)
    2階集会室       
担当者 早島町人権擁護委員
    田中 良 ・日笠 清 
    尾崎 照美・加藤 和子

問 町民課
  (電話086・482・2482)

 

児童手当の制度が変わります

児童手当制度のご案内
 所得制限限度額・所得上限限度額が変わります。      
 児童を養育している人の所得が、下記表の1.(所得制限限度額)未満の場合、児童手当を、所得が1.以上2.(所得上限限度額)未満の場合、法律の附則に基づく特例給付(児童1人当たり月額一律5,000円)を支給します。
 なお、令和4年10月支払分から、児童を養育している人の所得が2.以上の場合、児童手当等は支給されません。
※児童手当等が支給されなくなったあとに所得が2.を下回った場合、改めて認定請求書の提出等が必要となりますので、ご注意ください。
※扶養親族等の数は、所得税法上の同一生計配偶者及び扶養親族(里親などに委託されている児童や施設に入所している児童を除きます。
 以下、「扶養親族等」といいます。) 並びに扶養親族等でない児童で前年の12月31日において生計を維持したものの数をいいます。
 扶養親族等の数に応じて、限度額(所得額ベース)は、1人につき38万円(扶養親族等が同一生計配偶者(70歳以上の者に限ります。)又は老人扶養親族であるときは44万円)を加算した額となります。
※「収入額の目安」は、給与収入のみで計算しています。あくまで目安であり、実際は給与所得控除や医療費控除、雑損控除等を控除した後の所得額で所得制限を確認します。

 現況届が変わります      
 児童の養育状況が変わっていなければ、下記に該当する人を除き、現況届の提出は不要です。
【現況届の提出が必要な人】
・配偶者からの暴力等により、住民票の住所地と異なる市区町村で受給している人
・児童と別居されている人
・支給要件児童の戸籍がない人
・離婚協議中で配偶者と別居されている人
・法人である未成年後見人、施設、里親の受給者
・その他、早島町から提出の案内があった人
※現況届は、毎年6月1日の状況を把握し、6月分以降の児童手当等を引き続き受ける要件(児童の監督や保護、生計同一関係など)を満たしているかどうかを確認するためのものです。
 現況届の提出がない場合には、6月分以降の手当が受けられなくなりますので、ご注意ください。

 以下に該当する場合は届出が必要です。
1.児童を養育しなくなったことなどにより、支給対象となる児童がいなくなったとき(施設入所者等を含む)
2.受給者や配偶者、児童の住所が変わったとき(他の市区町村や海外への転出を含む)
3.受給者や配偶者、児童の氏名が変わったとき
4.一緒に児童を養育する配偶者を有するに至ったとき又は児童を養育していた配偶者がいなくなったとき
5.受給者の加入する年金が変わったとき(受給者が公務員になったときや、厚生年金から国民年金に変わったときなどは届出が必要ですが、転職などをしても加入している年金の種類が変わらない場合は届出不要です)
6.国内で児童を養育している者として、海外に住んでいる父母から「父母指定者」の指定を受けるとき

問 健康福祉課(電話086・482・2483)

 

児童手当の制度が変わります

児童手当制度のご案内
 所得制限限度額・所得上限限度額が変わります。      
 児童を養育している人の所得が、下記表の1.(所得制限限度額)未満の場合、児童手当を、所得が1.以上2.(所得上限限度額)未満の場合、法律の附則に基づく特例給付(児童1人当たり月額一律5,000円)を支給します。
 なお、令和4年10月支払分から、児童を養育している人の所得が2.以上の場合、児童手当等は支給されません。
※児童手当等が支給されなくなったあとに所得が2.を下回った場合、改めて認定請求書の提出等が必要となりますので、ご注意ください。
※扶養親族等の数は、所得税法上の同一生計配偶者及び扶養親族(里親などに委託されている児童や施設に入所している児童を除きます。以下、「扶養親族等」といいます。) 並びに扶養親族等でない児童で前年の12月31日において生計を維持したものの数をいいます。
 扶養親族等の数に応じて、限度額(所得額ベース)は、1人につき38万円(扶養親族等が同一生計配偶者(70歳以上の者に限ります。)又は老人扶養親族であるときは44万円)を加算した額となります。
※「収入額の目安」は、給与収入のみで計算しています。あくまで目安であり、実際は給与所得控除や医療費控除、雑損控除等を控除した後の所得額で所得制限を確認します。

 現況届が変わります      
 児童の養育状況が変わっていなければ、下記に該当する人を除き、現況届の提出は不要です。
【現況届の提出が必要な人】
・配偶者からの暴力等により、住民票の住所地と異なる市区町村で受給している人
・児童と別居されている人
・支給要件児童の戸籍がない人
・離婚協議中で配偶者と別居されている人
・法人である未成年後見人、施設、里親の受給者
・その他、早島町から提出の案内があった人
※現況届は、毎年6月1日の状況を把握し、6月分以降の児童手当等を引き続き受ける要件(児童の監督や保護、生計同一関係など)を満たしているかどうかを確認するためのものです。現況届の提出がない場合には、6月分以降の手当が受けられなくなりますので、ご注意ください。

 以下に該当する場合は届出が必要です。
1.児童を養育しなくなったことなどにより、支給対象となる児童がいなくなったとき(施設入所者等を含む)
2.受給者や配偶者、児童の住所が変わったとき(他の市区町村や海外への転出を含む)
3.受給者や配偶者、児童の氏名が変わったとき
4.一緒に児童を養育する配偶者を有するに至ったとき又は児童を養育していた配偶者がいなくなったとき
5.受給者の加入する年金が変わったとき(受給者が公務員になったときや、厚生年金から国民年金に変わったときなどは届出が必要ですが、転職などをしても加入している年金の種類が変わらない場合は届出不要です)
6.国内で児童を養育している者として、海外に住んでいる父母から「父母指定者」の指定を受けるとき

問 健康福祉課(電話086・482・2483)

 


6月から個別けんしん
【特定健診・後期高齢者健診・がん検診等】が始まります

 生活習慣病は日々の生活の積み重ねが要因となり起こる病気であり、日本人の死亡者数の約6割を占めています。また、がんは日本人の死因の第1位であり、男性の2人に1人、女性の3人に1人は何らかのがんにかかると言われている身近な病気です。
 生活習慣病やがんは早期には自覚症状が無く、症状が現れたときには、かなり進行していることがあり、健康寿命の妨げとなるだけでなく、医療費にも大きな影響を与えます。
 生活習慣病やがんの早期発見には、日頃から定期的に健診(検診)を受け、自分の体を知ることが大切です。
 個別けんしん(特定健診、後期高齢者健診、がん検診等)は6月から始まります。また、集団けんしんは、9月と11月に実施し、女性けんしん(集団)は、9月から12月にかけて実施します。
 集団けんしんは一部事前申込みが必要です。詳しくは今月号に折込の「令和4年度早島町けんしんのご案内」をご覧ください。

 感染症の流行状況により、一部又は全てのけんしんを中止・延期する場合があります。
 ホームページ等最新の情報をご確認ください。
 また、災害等の状況により急に中止になる場合があります。
【医療費にも影響します】
 特定健診を受診した人と受診していない人では、かかる医療費に大きな差があります。特定健診を受診していないと自分の健康状態の変化に気がつかず、かえって長く病院にかかってしまう可能性があります。

健診(検診)を受けることは、ご自身だけでなく、家族の安心にもつながります。
年に一度はけんしんを受けましょう!


心身障害者・ひとり親家庭等医療費受給資格証の更新及び新規申請について

 現在交付している心身障害者・ひとり親家庭等医療費受給資格証は、6月30日(木曜日)で期限切れになります。6月10日(金曜日)までに更新手続きを行ってください。
 前年度所得超過等で対象とならなかった人も、所得の減額などにより対象となる場合がありますので、詳しくは広報5月号をご覧ください。
 もしくは役場健康福祉課までお問い合わせください。

更新期間 申請書送付後〜6月10日(金曜日)まで(土・日曜日を除く8時30分〜17時15分)
提出方法 役場健康福祉課窓口もしくは郵送

問 健康福祉課
  (電話086・482・2483)けんしんの受診費用を一部助成します

次の検診(健診)については、受けられた人へ受診費用の一部を補助します。

対象:町内に住所を有する令和5年3月31日時点の年齢が40歳以上で、令和4年度の1年間を通じて早島町国民健康保険に加入している人又は町内に住所を有する後期高齢者医療保険加入の人
対象となる検査項目
〇必須項目…身長、体重、腹囲(後期高齢者健診は除く)、血圧、診察、血中脂質検査、肝機能検査、血糖検査、尿検査
〇詳細な健診を受けた人…必須項目に加え貧血検査、心電図検査、眼底検査
補助額:上限5,000円
受診回数:令和4年4月1日から令和5年3月31日までに1回
※町が行う集団けんしん又は個別けんしんを受診された人、職場等で費用の助成を受けている人、保険診療として受診された人は対象になりません。

対象:町内に住所を有する令和5年3月31日時点の年齢が40歳以上の人
対象となる検査項目:ヘリカルCT検査またはマルチスライスCT検査のいずれか一方
補助額:上限3,000円
受診回数:令和4年4月1日から令和5年3月31日までに1回
※町が行う集団けんしん又は個別けんしんで肺がん検診を受診された人、職場等で費用の助成を受けている人、保険診療として受診された人は対象になりません。

対象:無料クーポン券の配布を受けた人で人間ドック等でクーポン券を使わずに対象の女性検診を受診した人
対象となる検診:子宮がん検診、乳がん検診(視触診・マンモグラフィ併用のみ)
補助額:上限3,000円
受診回数:令和4年4月1日から令和5年3月31日までに1回

《申請の方法》
 町民課および健康福祉課の窓口において令和5年3月31日までに申請してください。後日、指定の口座に受診費用の一部を振り込みます。
【申請に必要なもの】
1. 領収書
2. 検診(健診)結果の写し
3. けんしん受診券(特定健診・後期高齢者健診)※町が発行する未使用のけんしん受診券
4. 振込口座が確認できるもの
5. 印鑑
6. 未使用の令和4年度版無料クーポン券((3)の申請のみ)

受付窓口  町民課(特定健診)………………(?086・482・0613)
健康福祉課(後期高齢者健診・がん検診等) (?086・482・2483)

 

国民健康保険・後期高齢者医療に加入している皆さんへ

 新型コロナウイルス感染症の影響により、収入の減少が見込まれ、次の要件を満たす人は、申請により国民健康保険税・後期高齢者医療保険料の全額または一部が減免になります。

対象となる世帯
1.新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡し、又は重篤な傷病を負った世帯⇒全額免除
2.新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の収入減少(※)が見込まれる世帯⇒一部を減免                     
※保険税(料)が一部減免される具体的な要件
世帯の主たる生計維持者について
(1)事業収入、不動産収入、山林収入又は給与収入のいずれかが、前年に比べて10分の3以上減少する見込みであること
(2)前年の所得の合計額が1,000万円以下であること
(3)収入減少が見込まれる種類の所得以外の前年の所得の合計額が400万円以下であること
※「前年」とは、令和4年度分の保険税では令和3年、令和3年度分の保険税では令和2年を指します。
注:申請にあたっては、収入を証明する書類が必要となります。
次の項目すべてに該当する国民健康保険被保険者の人は、別途ご相談ください。
・転入・社会保険の喪失等により、令和3年度末に早島町国民健康保険に加入した。
・右記に伴う令和3年度分の保険税の納期限が、令和4年4月以降に設定されている。
・国民健康保険の加入手続きを、資格の取得日から原則14日以内に行っている。
保険税(料)の減免額
 減免対象保険税(料)額(A×B/C)に減免割合(D)をかけた金額です。
減免対象の保険税(料)額(A×B/C)
A:世帯の被保険者全員について算定した保険税(料)額
B:世帯の主たる生計維持者の減少が見込まれる収入にかかる前年の所得額
C:主たる生計維持者及び世帯の被保険者全員の前年の合計所得金額
D:合計所得金額に応じた減免割合

300万円以下の場合 :
全部(10分の10)
400万円以下の場合 :10分の8
550万円以下の場合 :10分の6
750万円以下の場合 :10分の4
1,000万円以下の場合 :10分の2
※主たる生計維持者の事業等の廃止や失業の場合には、前年の合計所得金額にかかわらず、対象保険税(料)の全部を免除。
※B、Cが0円もしくはマイナスの場合は、減免対象外となります。
 ご自身が減免の対象となるか、申請に必要な書類等の詳細については、次の連絡先までお問い合わせください。
申請期限
 令和5年3月31日(金曜日)まで
 (郵送の場合は必着)

問 町民課
  (電話086・482・0613)


早島町国民健康保険加入の40歳から74歳の皆さんへ

 職場健診受診や医療機関受診のため、特定健診を受診していない人は、健診・検査結果の情報提供をお願いします。
 早島町では、40歳から74歳の国民健康保険被保険者を対象に、特定健診をお勧めしています。早島町の特定健診を受診していない人で、医療機関で定期受診している人や職場での健診を受けている人は、特定健診の検査項目について結果の情報提供をお願いします。
 結果をいただいた人には早島町の特定健診を受けた場合と同様に、それぞれの人にあった健康教室や運動教室、特定保健指導等の情報の提供や、生活習慣改善のアドバイス等をさせていただきます。
対象となる人
 次の(1)〜(3)すべてにあてはまる人
(1)令和4年4月1日以降持続して早島町国民健康保険にご加入の人で、令和4年度内に40歳から74歳に到達する人
(2)早島町の特定健診を受診しない人で、人間ドック等の補助を受けていない人のうち
1.かかりつけ医を定期的に受診している人 又は
2.令和4年度(令和4年4月1日から令和5年3月31日)に職場の健診を受診している人
(3)指定の検査項目の全てを令和5年3月31日までにご提供できる人

 結果を提供いただいた人には粗品をプレゼント!指定の検査項目や持参物など、詳しくは町民課へお問い合わせください。

問 町民課
  (電話086・482・0613)

 

早島町の介護保険について

●介護保険制度のあらまし
 高齢化の進展に伴い、要介護高齢者の増加、介護期間の長期化など介護ニーズが増大している一方、核家族化の進行、介護する家族の高齢化など、要介護高齢者を支えてきた家族をめぐる状況も変化してきたため、従来の老人福祉・老人医療制度による対応は限界がきていました。
 そこで、高齢者の介護を社会全体で支えあう仕組みとして、平成12年(2000年)介護保険制度が創設されました。

●介護保険制度のしくみ
 介護保険制度は、市町村が保険者となって運営しています。40歳以上のみなさんが被保険者となって介護保険料を納め、介護が必要になったときには一部を支払うことで介護保険のサービスを利用できる仕組みです。

●早島町での取り組み
 早島町では、介護が必要な高齢者、または介護が必要となるリスクの高い高齢者を対象とした介護サービス等の基盤整備を計画的に進めるための基本となる介護保険事業計画を策定し、介護及び介護予防を必要とする被保険者が自立した生活を送るため、様々な取り組みを行っています。
 また、高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、地域の包括的な支援・サービス提供体制(地域包括ケアシステム)の構築を推進しています。
 介護サービスに必要な費用は、年々増加しており、高齢化の進展に伴う高齢者世帯や認知症高齢者の増加などから、今後さらに伸びていくと予想されます。また、認定者数についても、年々増加していましたが、近年はやや減少傾向にあります。
 介護や支援が必要になったときに安心してサービス利用できるような安定した介護保険を運営するため、また、元気でいきいきとした生活が送れるように、日頃から健康を意識した活動を続けていきましょう。
 早島町でもいきいき百歳体操など様々な活動を行っていますので、是非ともご参加ください。

 早島町の介護保険料については、第4期〜第6期までは県平均を上回っていたものの、第7期からは県平均を下回っています。
 また、40歳から64歳までの人(第2号被保険者)の保険料は、加入している健康保険組合等ごとに定められていますので、詳しくは、加入されている医療保険の担当窓口にお問い合わせください。

 


●早島町介護保険料(令和3〜5年度)

段階 対象者 保険料の設定 年額
第1段階 生活保護の受給者・世帯全員が住民税非課税かつ老齢福祉年金受給者・世帯全員が住民税非課税かつ「課税年金収入金額(公的年金
等分)+合計所得金額-公的年金等所得金額」が80万円以下 基準額×0.3 21,600円
(月額1,800円)
第2段階 世帯全員が住民税非課税かつ「課税年金収入金額(公的年金等分)+合計所得金額-公的年金等所得金額」が80万円を超え120万円
以下 基準額×0.5 36,000円
(月額3,000円)
第3段階 世帯全員が住民税非課税かつ「課税年金収入金額(公的年金等分)+合計所得金額-公的年金等所得金額」が120万円を超える 基
準額×0.7 50,400円
(月額4,200円)
第4段階 本人が住民税非課税(世帯課税者)かつ「課税年金収入金額(公的年金等分)+合計所得金額-公的年金等所得金額」が80万円以下
 基準額×0.9 64,800円
(月額5,400円)
第5段階 本人が住民税非課税(世帯課税者)かつ「課税年金収入金額(公的年金等分)+合計所得金額-公的年金等所得金額」が80万円を超
える 基準額 72,000円
(月額6,000円)
第6段階 本人が住民税課税で合計所得金額が120万円未満 基準額×1.2 86,400円
(月額7,200円)
第7段階 本人が住民税課税で合計所得金額が120万円以上210万円未満 基準額×1.3 93,600円
(月額7,800円)
第8段階 本人が住民税課税で合計所得金額が210万円以上320万円未満 基準額×1.5 108,000円
(月額9,000円)
第9段階 本人が住民税課税で合計所得金額が320万円以上 基準額×1.7 122,400円
(月額10,200円)
※合計所得金額…収入金額から必要経費に相当する金額を控除した金額のことで、扶養控除や医療費控除などの所得控除をする前の金額です。
第1〜5段階については、合計所得金額に給与所得金額が含まれている場合は、給与所得から10万円を控除した金額を用います。
第6段階以上については、合計所得金額に給与所得または公的年金等に係る雑所得が含まれている場合は、給与所得及び公的年金等に係る雑所得の合計額から10万円を控除した金額を用います。
また、長期譲渡所得及び短期譲渡所得は特別控除額を控除して得た額を用います。
※介護保険料には、消費税による公費を投入した低所得者の保険料軽減強化の仕組みがあり、所得段階1〜3段階の方の介護保険料が軽減されています。


●介護保険料の納付について
 65歳以上の人の令和4年度の介護保険料は、6月中旬に保険料決定通知書を郵送してお知らせします。介護保険料の納付は、2種類に分かれます。

○特別徴収(年金天引き)
 年金が年額18万円以上の人は、年金から介護保険料が天引きされます。

○普通徴収(納付書払い)
 年金が年額18万円未満の人、65歳に到達されたばかりの人、他の市区町村から転入された人、修正申告などで保険料の所得段階が変更になった人などは、町から送付される納付書で期日までに金融機関などでお支払いください。なお、令和4年度から納付書の様式が変更になります。 また、口座振替によりお支払いいただくこともできますので、詳しくはお問い合わせください。


問 健康福祉課
  (電話086・482・2483)

 


歯周病検診を受けましょう

 いつまでも自分で食べることができる健康的な歯を守るため、早島町では次のとおり歯周病検診を行います。この機会にぜひ検診を受け、歯周病の早期発見・早期予防に努めましょう。
対象者 町内在住の今年度20歳、30歳、40歳、50歳、60歳、70歳、80歳になる人(対象者にはハガキで個別通知します。)
実施時期 令和4年6月1日(水曜日)〜10月31日(月曜日)
実施場所 歯周病が受診できる歯科医療機関については、広報紙6月号に折込のけんしんのご案内
もしくは早島町ホームページ
http://www.town.hayashima.lg.jp/)をご覧ください。

対象者 生年月日
20歳 平成14年4月1日〜平成15年3月31日
30歳 平成4年4月1日〜平成5年3月31日
40歳 昭和57年4月1日〜昭和58年3月31日
50歳 昭和47年4月1日〜昭和48年3月31日
60歳 昭和37年4月1日〜昭和38年3月31日
70歳 昭和27年4月1日〜昭和28年3月31日
80歳 昭和17年4月1日〜昭和18年3月31日

受診方法 歯科医療機関へお問い合わせの上、検診案内のハガキと健康保険証、健康手帳(お持ちの人)を持参してください。
個人負担 500円 住民税非課税世帯、生活保護世帯の人で減免を希望する人は、受診前に印鑑と検診案内のハガキを持参のうえ、健康福祉課の窓口で「無料券」の申請手続きをしてください。
 申請手続きの際は左記の持ち物が必要です。
※申請者により持ち物が異なります。
1.本人が申請…検診案内のハガキ、本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)
2.本人以外が申請…検診案内のハガキ、申請に来る人の印鑑及び本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)
〜新型コロナウイルス感染防止のためのお願い〜
・当日は、マスクを着用のうえ受診してください
・発熱や風邪症状等がある人は受診をお控えください
・受診日が近づき、発熱や風邪症状など体調が悪い人は、受診前に必ず歯科医療機関へ確認のうえ、体調がよいときに受診してください


~みんなで育む食育の輪~
6月は食育月間 毎月19日は食育の日

 みなさんは食育という言葉をご存じですか。食育基本法では、さまざまな食の経験を通して、知育・徳育・体育の基礎づくりとなるものと位置付けされ、健全な心とからだや、豊かな人間性をはぐくみ、生涯にわたって健全な食生活が実践できるための、「食の知識」や「食を選択する力」を身につけることであるとされています。
 近年は、食の欧米化や、朝食欠食、孤食等、食に関するさまざまな問題が多く存在しており、食の重要性が改めて認識されています。
 6月の食育月間を機会に、日頃の食生活について振り返ってみてはいかがでしょうか。

【食事のこんな「こ」はありませんか?】
 孤食(1人で食事をする)
 子食(子どもだけで食事をする)
 個食(それぞれが別々のものを食べる)
 固食(同じものばかり食べる)
 濃食(濃い味付けのものばかり食べる)
 小食(食事の量が少ない)
 粉食(パン、麺類など粉から作られたものばかり食べる)
 あてはまったものはありますか。食事は内容だけでなく、誰と食べるか、いつ食べるか等食卓の状況も重要です。日頃のちょっとした習慣を見直して、望ましい食生活を目指しましょう。

【早島町での食育の取り組み】
 栄養委員さんによる食育活動
・ベビママサロンで離乳食作りの体験に使うお粥や野菜スープの調理
・いきいき広場でおはしの使い方、甘いものとの付き合い方の啓発
 など
 保育園・幼稚園での取り組み
・はしの持ち方、食事のマナーの指導
・野菜づくり など
 小・中学校での取り組み
・給食をブログに掲載し、献立のねらいや食材の説明
・授業で、野菜や地場産物、朝食の大切さについて啓発 など
 行政での取り組み
・ベビママサロン、健診等における食育 など

問 健康福祉課
  (?086・482・2483)

 

はやしままちの保健室だより

歯とお口の健康づくりについて
健康なお口で、美味しく食べよう、元気に過ごそう!

むし歯や歯周病とはどんな病気ですか?
むし歯 むし歯菌により、歯が壊されている病気
歯周病 歯周病菌により、歯を支える歯ぐきや骨が壊される病気

むし歯や歯周病が進んでしまうと…
・食べ物が食べづらい
・歯が抜けてしまう
・歯周病が進行すると、糖尿病や心臓病などの全身の病気につながることがある
いつまでも元気でいきいきとした生活を送るために歯の健康づくりはかかせません!

むし歯・歯周病予防のための生活習慣

1.歯みがきをしっかりしよう
 歯間ブラシやデンタルフロスを併用すると効果的です。

2.かかりつけ歯科医を持ち、定期検診を受けよう
 定期的に歯や口の状態を、歯科医師にチェックしてもらいましょう

3.食生活を見直そう
 バランスのよい食生活と噛みごたえのある食材を食べましょう

4.生活習慣を見直そう
 ストレス、疲労をためない、睡眠をしっかりとる、禁煙などの生活を心がけましょう


いつまでも自分の歯で食べるために
目指そう!「8020」

8020運動とは?
 「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。20本以上の歯があると、たいていのものを不自由なく食べることができます。
 日頃から、むし歯予防や歯周病予防、口腔機能の維持・向上など、歯と口の健康を心がけましょう。

8020を目指して

よく噛んで、美味しく食べる習慣をつけよう!

「ひみこのはがい~ぜ!」
よく噛むことの8つの効果
ひ  肥満予防
(満腹中枢が刺激され、食べ過ぎを予防できます)
み  味覚が発達
(食べ物の味がよく分かります)
こ  言葉の発音がはっきり
(口のまわりの筋肉が発達し、発音がはっきりします)
の  脳の発達
(脳への血流が増え、脳の働きが活発になります)
は  歯の病気を予防
(かむと唾液がたくさん出て、歯のよごれをきれいにします)
が  ガン予防
(唾液が発がん性物質の働きを抑えます)
い~  胃腸の働きを促進
(消化酵素がたくさん出て、消化吸収を助けます)
ぜ  全力投球
(歯をくいしばることで力を出すことができます)

 6月4日から10日は歯と口の健康週間です
いただきます
人生100年
歯と共に
(令和4年度 歯と口の健康週間標語)

 


地域包括支援センター便り 問 地域包括支援センター(電話086・482・2432)

体操教室

 いくつになっても自分らしく、自立した毎日を過ごせるよう健康運動指導士の指導のもと体操に取り組んでみませんか?

日時 6月22日(水曜日)10時から11時30分
対象 町内在住の65歳以上の人
定員 25名(定員になり次第締め切り)
会場 早島町中央公民館 多目的教室
参加費 無料
申 込 地域包括支援センターまでお申し込みください。


認知症予防教室

 あたまを使って、からだを動かして、 元気に認知症予防
 認知症に対する正しい知識を学び、脳トレや頭を使いながら体を動かして認知症予防に取り組みます。いつまでも元気な脳を維持するために、ぜひ参加してみましょう!
対象者
 認知症予防に関心のある人、楽しく学びたい人
定員 各20名
参加費 無料
申込
 地域包括支援センターまでお申込みください。

日にち 時間 会場
6月20日(月曜日) 10:00から11:30まで オアシス早島 2階
7月21日(木曜日) 13:30から15:00まで さつき荘


介護給付費通知書を確認しましょう(6月中旬ごろにハガキを発送します)

 介護給付費通知書は、町が、サービス事業者からの請求に基づき、利用者のサービス利用状況を定期的にお知らせする大切な通知で、町から年に4回(6月、9月、12月、3月)通知しています。
※介護サービス費の請求書や支払い通知書ではありません。
 通知書が届いたら、サービス内容や回数などを、その月のサービス利用票や領収書と見比べ、記載内容に誤りがないか確認しましょう。
※記載内容に、誤りや不明な点がある場合は、地域包括支援センターへお問い合わせください。


権利擁護・成年後見制度無料相談会

 早島町では成年後見制度(生活や財産を守ったり、契約を代わりにしたり法的な手続きをしてくれる制度)や高齢者の権利擁護に関することの相談窓口を設置しています。
 詐欺や悪徳商法に騙されないかな、将来について不安だなということはありませんか?
 専門家による無料相談会を行っています。本人や家族、支援を行っている人の相談も可能です。まずはお問合せください。

日にち 時間 担当
6月22日(水曜日) 14:00から16:00まで
(上記時間内で30分程度) 司法書士
対象者 本人・家族・支援者  *要予約
会場 早島町役場
申込 早島町地域包括支援センター
    電話086・482・2432


ゆめひろば

 ゆめひろばでは、様々な人が集まり、楽しく過ごしながら学びを深め、他者との交流・情報交換をしています。5月は脳トレゲームをして楽しくみなさんと笑い合いました。

 6月は、「これからの自分を考えよう」と題して、終活についてのお話を予定しています。茶話会もありますのでぜひご参加ください。
日時 6月7日(火曜日)
    なんでも相談会 10時から
    ゆめひろばでの茶話会等 13時30分から
会場 栴檀の家 


地域包括支援センター6月の行事予定
日にち 時間 行事 場所
7日(火曜日) 10:00~12:00
13:30~15:00 なんでも相談会(要予約)
ゆめひろば 栴檀の家
20日(月曜日) 10:00~11:30 認知症予防教室 オアシス早島 2階
22日(水曜日) 10:00~11:30 たいそう教室 中央公民館 多目的室
22日(水曜日) 14:00~16:00 権利擁護・成年後見制度無料相談会 早島町役場
28日(火曜日) 9:00~12:00 もの忘れ相談会(要予約) 早島町役場 1階
※新型コロナウイルス感染症の今後の状況によっては、中止させていただく場合があります。ご理解くださいますようよろしくお願いします。

 


早島ふれあい・サポート・センター おまかせ会員募集中

 『早島ふれあい・サポート・センター』は、「子育ての援助を希望する人(おねがい会員)」と「子育ての援助を提供する人(おまかせ会員)」の相互援助を行う町の子育て支援事業です。
 おまかせ会員は自分の活動できる範囲内で、子育てのお手伝いをしていただいていますが、現在、おまかせ会員が少なくなっています。おねがい会員の多様な依頼にお応えするため、おまかせ会員として登録してくださる人を募集しています。
 おまかせ会員になって、地域の子どもの送迎や預かりなどをしてみませんか?
おまかせ会員の条件
・早島町在住の人(年齢・性別・資格は問いません)
・心身ともに健康で、積極的に活動できる人
援助活動の一例
・保育園などの施設や習い事への送迎
・保育が困難な場合の一時保育など
援助活動の料金等
 600円/時間(おねがい会員からおまかせ会員に直接支払います)
※兄弟姉妹も預かる場合2人目からは半額
援助活動時間帯 7時から20時

問 早島ふれあい・サポート・センター(早島児童館内)
  電話/ファックス086・482・1777


早島町権利擁護・成年後見サポートセンターについて

 早島町では、高齢者や障がいのある人の権利擁護に関することや成年後見制度の相談にのる窓口を健康福祉課に設置しています。
 窓口での相談や制度の説明を行うほか、予約制で法律等の専門家等による無料相談会を開催しています。お気軽にご相談ください。

令和4年度無料相談会日程
日程 アドバイザー
6月22日(水曜日)
14:00から16:00 司法書士
8月24日(水曜日)
14:00から16:00 弁護士
10月26日(水曜日)
14:00から16:00 社会福祉士
12月28日(水曜日)
14:00から16:00 司法書士
2月22日(水曜日)
14:00から16:00 弁護士
*要予約 お1人30分程度
会場:早島町役場

問 早島町権利擁護・成年後見サポートセンター
  (健康福祉課)電話086・482・2483


6月保健ガイド

知的障がい者相談
日時 6月8日(水曜日)
    13:00~15:00(相談時間)
場所 栴檀の家

こころの健康相談(要予約)

日時 6月22日(水曜日)
    13:00~14:00
場所 栴檀の家
※専門医師が相談に応じます。

問 健康福祉課
     (086・482・2483)


早島の人の動き
(令和4年5月1日)

  前月比
町人口/ 12,659人  (-6人) 
男性/ 6,079人  (-4人) 
女性/ 6,580人  (-2人) 
世帯数/ 5,132世帯 (+3世帯)


お悔やみ申し上げます

水畑 秋一  92歳(4月12日、金田)
陶南 多惠子 84歳(4月13日、備南台)

 


No.289“ゆるび”WEEKENDコンサート
箏コンサート  紫陽花の夕べ

日時 6月24日金開場18:30 開演19:00
会場 ゆるびの舎・エントランスホール
    ※入場無料(要整理券)
出演 箏曲濤の会有志
     栗坂 祐子、三木 祐子
     石井 陽香
プログラム さくら舞曲、都踊、紅蓮華 他

問 ゆるびの舎(電話086・482・4800)


災害復興支援
アンサンブル早島サマーコンサート2022 in YURUBI

日時 7月10日日開場13:00 開演14:00
会場 ゆるびの舎・文化ホール
入場料 一般1,000円、高校生以下500円(全席自由)
(チケット収入は全額寄付させていただきます)
チケット発売 6月1日(水曜日)からゆるびの舎で販売します。
指揮 江島幹雄
ゲスト 大倉理佐(ヴァイオリン)、江島直之(チェロ)、
    長治昴志(ピアノ)、中尾俊直(ナレーション)
プログラム ミスター・ロンリー、オリーブの首飾り、
      チャルダッシュ、情熱大陸 他
問 ゆるびの舎(電話086・482・4800)


大人のための花ござ手織り教室
受講生募集!

早島の伝統産業である「花ござ手織り」。早島町中央公民館隣接の花ござ手織伝承館では、今も現役で織機が動いています。
また、ここにはミニ織機といって、簡単に花ござの織れる小さな織機があり、地元早島小学校の体験や県外の修学旅行生などが多く訪れる人気の体験スポットです。
 町ではこのたび、大人のための花ござ手織教室を開催します。ミニ織機を使って花ござの手織り技術を学ぶ早島町ならではの教室です。
どこか懐かしい音を聞きながら、花ござの手織りに挑戦してみませんか?
 教室終了後も伝承館で技術の保存活動を続けられる人をお待ちしています。
講座を修了した人は、大型の織機での教室にステップアップできます。その後は、伝承館で技術の保存活動に携われます。早島町の伝統技術を後世に残す活動をしつつ、子どもたちへのミニ織機体験の指導ボランティアや、各種イベント時の体験ブース出展等にも参加できる機会があります。
手織り作品の作成だけでなく、地域活動に興味がある人のご応募もお待ちしています。

日時 7月8日金 毎週金曜日13:30~15:00
         全10回 以降修了生は、毎週金曜日の大型織機での教室にステップアップできます。
定員 若干名(応募者多数の場合抽選、町内優先)
参加費 無料
申し込み 所定の申込用紙で生涯学習課まで。
     ホームページからの申し込みも可能です。
締め切り 6月30日(木曜日)必着
問 生涯学習課(電話086・482・1511)

 

成人向け講座
はやしま学「まなびの舎」開講

早島町では、平成25年に「はやしま学」を創設し、学校と地域で、町民とともに早島について学び、未来を考える取り組みを行っています。
その一環として、全ての町民が学び合い、早島への愛着を深め、持続可能な教育の町づくりをめざす生涯学習の場である、「まなびの舎」を平成27年度から実施しています。
 令和4年度も引き続きまなびの舎を開講します!
 まなびの舎は単位制となっており、受講後は取得された単位数により認定書を授与します。認定された人には、講座の企画・運営にご参加していただくとともに、得た知識を地域で役立てていただく予定です。
 知識を深め自己を磨き、地域で活躍できる人材をめざしませんか?
 なお、新型コロナウイルスの状況により、日程や内容が変更になる場合がありますので、ご了承ください。

対象講座 ・まなびの舎講座
     ・町内で実施されている既存の講座で、生涯学習課が指定するもの
※各講座の詳細については生涯学習課にお問い合わせください。
対象 町内在住・在勤の成人、岡山市・倉敷市在住の成人
開講 令和4年7月23日(土曜日)
     ※新型コロナウイルス感染症の状況により変更になる場合があります。
受講料  年間1,000円
申込方法 申込書に必要事項を記入の上、受講料を添えて生涯学習課に提出してください。
※申込用紙はゆるびの舎、公民館で配布しています。(随時受付しています。)
※個々に申込が必要な講座もあります。
単位制度について
 講座を受講することにより、単位が取得できます。
 単位は、複数年にわたり取得することができます。(令和元年度以前に取得した人は、令和2年度に引き継げます。)また、複数の講座を受講し取得することもできます。取得された単位により、修了証、はやしま学応援サポーター認定証、講師認定証を授与します。
・15単位以上取得→修了証
・30単位以上取得→はやしま学応援サポーター認定証
・100単位以上→講師認定証

問 生涯学習課(電話086・482・1511)


図書館だより

◇図書館ワークショップ「ブックカバー体験&しおりをつくろう」
日時:6月5日(日曜日)14:00~15:30
場所:図書館2F 閲覧室
持ってくるもの:ブックカバーをかけたい本1冊、色えんぴつ
定員:20名(先着順)要申込

里親パネル展「子どもに優しいまち、 里親のいるまち」
里親制度について知り、
子どもについて考えてみませんか?
日時:7月1日(金曜日)7月27日(水曜日)
場所:ゆるびの舎1F エントランス

ストーリーテリング

6月4日(土曜日)15:00~ 1階おはなしのへや
図書館ボランティア おはなしの会かたつ夢り
 ろうそくを灯してお話を語ります。お話の世界を一緒に楽しみましょう。

かみしばいのじかん
6月12日(日曜日)14:00~ 1階おはなしのへや
図書館ボランティア はやしま本だいすきの会 絵本・紙芝居の読み聞かせや工作などをしています。

おはなしの時間(職員による読み聞かせ)
毎週木曜日10:30~11:00(休館日を除く)
1階おはなしのへや(6月2,9,16,23日)
 職員による読み聞かせなどをしています。

ブックスタートについて…
対象者 令和3年6月生まれ以降の乳児健診対象者。(図書館でも随時実施していますが混み合うことがありますので、なるべく下記実施日をご利用ください。)
日時 6月14日(火曜日)13:30から
場所 乳児健診会場(健康づくりセンター)
*ブックスタートについては、図書館にお問い合わせくださるか、ホームページをご参照ください。http://www.bookstart.net

問 町立図書館(電話086・482・1513)

 


心映るの投句
俳句・短歌

第552回早島俳壇定例句会作品  石井宏幸 選

叱られてゐるやうなるを花の宵   中村 清子
 闇に桜が咲き満ちている。桜は、桜に繋がる過去の記憶を呼んで咲き誇るが、作者も大切な人との記憶、作者のために叱ることさえ厭わない人の記憶を呼び覚ましたのではないか。花の存在を柔らかい闇に感じつつ。

蒲公英は御霊の如し爆心地     石井 淳也
 広島。それも原爆ドーム周辺。どこにでも太陽に向かい明るい黄を開くたんぽぽも、そこでは、被爆という大きな過去を背負う。御霊の言葉が、爆心地の言葉が、平和の大切さが重くのしかかる。

球根を植ゑてパタパタ土叩く    石井美由紀
 移植ごてか、掌か。パタパタという軽妙なオノマトペにより、句に臨場感をもたらし、土いじりの楽しさと、これから花がさくまでの楽しみをよく伝える。

石南花やけふ満願の阿弥陀堂    郷原 和美
風の色濃くして桜蘂の降る     坪井 信幸
余命知り花見上げしも遠き事    大崎 弘子
傘寿来て春のよろこび新しき    青葉 恵子
男坂女坂へと躑躅濃し       筑後 道明
日本は平和なる国春の空      谷水 勝利
菜の花の一気呵成の黄なりけり   佐々木正俊
大橋を淡く照らして朧月      佐藤  寛

初花の襞に織り上げゆく未来    石井 宏幸
風を得しよりの柳のはづみやう   坪井日出夫

坪井日出夫特選三句
ひとひらの花の綺羅はた風の綺羅  郷原 和美
蒲公英は御霊の如し爆心地     石井 淳也
瞼閉ぢ乳を飲む嬰春の風      坪井 信幸

*第三日曜日13時30分から中央公民館で句会を行っています。
*俳句は五・七・五であること、季語が入っていることが約束です。
*どなたでも十句を用意してご参加ください。
*問い合わせ 坪井(電話086・483・2157)
       筑後(電話086・482・2339)


早島短歌会3月詠草     濱田 棟人 選
(作者は、あいうえお順)
コロナ禍を弾き飛ばさん勢いで木の芽膨らみ光燦々              
                岡沢智惠子
風寒く川に氷の模様あり水にも心ありやと思ふ
                岡本 稔子
もう三月見上げる朝の空青し西に向かつて一機飛び行く            
                鈴木 信子
耕した畑に鳥がやつてくる夫は一羽を「もずちゃん」と呼ぶ          
                平井トシヱ
鴨達は今日は岸辺で憩ひをり過ぎゆくわれを知らん顔して           
                溝手 和子
右膝の関節手術をしなければ寝た切りになる運命と知る            
                安原 敏子
選者 濱田棟人 詠草
「厄年」の掲示板のなど眺めつつわれも初詣の行列に在り

*短歌会は中央公民館で毎月第3土曜日、14時から行っています。
*「一首から五首まで」お持ちくだされば、どなたでも参加できます。
*入会希望者は、ゆるびの舎または中央公民館にお申し込みください。

 

Hello Babies
こんにちは赤ちゃん 4月生まれの赤ちゃん

味野 仁香ちゃん 女の子(4月5日・若宮)父・慎太郎、母・仁美
立古 丈ちゃん 男の子(4月15日・長津・畑岡)父・智史、母・紗代子
菅井 悠翔ちゃん 男の子(4月25日・弁才天)父・浩文、母・未菜子


For Health
保健情報

予防接種を受けましょう!
 感染症にかからないように、また他の人にうつさないために予防接種で免疫をつけましょう!以下は定期予防接種の一部です。
◎麻しん・風しん混合ワクチンの予防接種
  対象者は下記のとおりです。
 第1期 生後12か月~24か月未満の児
 第2期 5歳~7歳未満で小学校入学前の1年間にある児
◎二種混合(ジフテリア・破傷風)の予防接種
 小学6年生のお子さんは、二種混合の予防接種の対象年齢(11歳~13歳未満)になります。
◎日本脳炎の予防接種
 日本脳炎の予防接種は、標準的には1.期を3歳で2回・4歳で1回、2.期を9歳で1回(合計4回)受けることになっています。また、以下の
1.または2.に該当する人には特例措置があります。
1.平成19年4月1日以前生まれで20歳未満の人
 1.期および2.期の不足分(1~4回)を接種可能。
2.平成19年4月2日~平成21年10月1日の間に生まれた人
1.期の対象年齢(生後6か月~ 90か月未満)の間に1.期の接種が完了しなかった人は、2.期の対象年齢(9歳~ 13歳未満)の期間中に1.期の未
接種分(1~3回)を接種可能。
《予防接種の受け方》
 1.かかりつけの医療機関で、受けようとする予防接種の接種日時等確認し、直接予約して接種してください。
 2.予防接種予診票は、医療機関に備えてありますので、直接受診してください。
《持っていく物》
・小児医療費受給資格者証
・健康保険証
・母子健康手帳

問 健康福祉課(電話086・482・2483)


6月こども保健ガイド
場所 ゆるびの舎・健康づくりセンター
問 健康福祉課・保健師 (電話086・482・2483)

保育相談
日時 14日(火曜日)受付時間はホームページ等案内をご確認ください。
対象 就学前の乳幼児
内容 身体計測、栄養相談、歯科相談など
※母子健康手帳・バスタオルをご持参ください。
にこにこサロン
日時 14日(火曜日)受付時間は案内をご確認ください。
対象 2歳6から8か月児とその保護者
内容 歯と栄養のミニ講話
※保護相談と同日開催

4か月児健診
日時 14日(火曜日)受付時間はホームページ等案内をご確認ください。
対象 令和4年2月から3月生まれ
内容 身体計測、内科診察、栄養相談、歯科相談など
※母子健康手帳・問診票・バスタオルをご持参ください。

ベビママサロン1回目
日時 28日(火曜日)10:45~12:00
対象 4~5か月児とその保護者
※対象者には個別通知します。
内容 離乳食(初期)の進め方、離乳食作りの体験

 


はやしま児童館だより

 早島児童館 〒701-0304早島町早島1297−1
 電話/ファックス 086・483・2358

ピンポンをしよう 
4日(土曜日)14:00〜15:00 どなたでも、コーチの喜屋武 昭江 氏の指導で、楽しくピンポンを練習しましょう。自分のラケットやシューズがある人は持って来てください。初めてラケットを持つ人も参加できます。

絵本タイム 6日・13日・20日・27日(月曜日)16:15〜16:45 小学生対象 三冊ほどの絵本や紙芝居などを読んでいます。
ゆったりと聞きに来ませんか。

避難訓練(火災) 22日(水曜日)16:15〜16:45 全員参加 全員参加で火災の避難訓練をします。雨天の場合は延期です。

要申し込み(就学前の幼児は保護者同伴)


新型コロナウィルス感染拡大防止のためのお願い
マスクをつけましょう。 受付で検温をします。 こまめに手洗いや消毒をしましょう。
 飲み物は必ず多めに準備して来ましょう。 ハンカチやタオル、帽子を持って来ましょう。
 部屋の空気の入れ替えをしています。

利用できる人 0歳から18歳までの子どもとその保護者子どもの健全育成活動を進めている団体など
休館日 火曜日・祝日
開館時間 10:00~17:00
問い合わせ先 早島児童館 〒701-0304早島町早島1297-1(早島小学校の北隣)
電話/ファックス 086・483・2358
※車はトマト銀行の北側駐車場または小学校小運動場に止めてください。自転車で来る人は小学校正門前の土壁の前に止めて下さい。
※大雨や暴風などの警報が出された場合は休館となります。


かんだ子育て支援センター
あそびのひろば

701-0304
都窪郡早島町早島4849-1
かんだ保育園内 電話086・480・0580
k-shien@kurukuru.or.jp
利用時間 10:00~16:00
園日 月〜土曜日
(ただし、日曜日・祝日・年末年始は除きます)
*上記以外でも園行事の関係でお休みになることがあります。詳細については気軽に問い合わせてください。

6日(月曜日) 11:00〜リトミックごっこ
7日(火曜日) 10:30〜にこにこ☆ぱんださん&おさるさん
9日(木曜日) 10:00〜定員4組要申込 にこにこ赤ちゃん 1回目
13日(月曜日)〜18日(土曜日) 10:00〜 作ってあそぼう〜父の日プレゼント〜
20日(月曜日) 11:00〜 おはなし&わらべうた
21日(火曜日) 13:30〜 赤ちゃんサロン 対象:1歳半までの親子
23日(木曜日) 10:00〜定員4組要申込 にこにこ赤ちゃん2回目
27日(月曜日)〜7/7(木曜日) 10:00〜 作ってあそぼう〜たなばた飾り〜

 にこにこ赤ちゃん〈2回で1つのコースです〉
 日 時 9日(木曜日)、23日(木曜日) 10:00〜
 対 象 1歳までの赤ちゃん(4組:要申込)
 資料代 200円
 場 所 かんだ子育て支援センター
 *はいはいのひみつや絵本のことなどについて一緒に考えてみませんか?おしゃべりしながら子育て仲間をつくりましょう♥
コロナウイルスの感染拡大防止のため企画が中止になる場合があります。ホームページをご確認ください。

 にこにこ☆ぱんださん&おさるさん
 日 時 7日(火曜日)10:30〜
 対 象 1歳児(R2.4月〜R3.3月生)
     2歳児(H31.4月〜R2.3月生)
 お外あそび(しゃぼん玉あそびの予定・雨天決行)やママトークを楽しみましょう!

 一時保育(要事前登録)
 お子さんのお世話ができない時、一時的にお預かりします。
 早島保育園 直通電話(電話086・486・1231)
 かんだ保育園 直通電話(電話086・480・1489)
詳しくは各保育園にお問合せください。

 

早島町シルバー人材センターだより

今月の入会説明会
日時 6月10日(金曜日)
   13時30分〜14時30分
場所 早島町シルバー人材センター事務所(早島町早島1291-7)
 右記以外でも随時ご説明します。 また入会し就業を希望する60歳以上の人は、無料で技能講習を受講できます。
新規会員募集中
◦ビン・カン、不燃物の選別作業、 ダンプカー(2トン)運転手
◦剪定・草刈・草取作業、屋内外の 軽作業
◦事業所の清掃作業
◦保育士の資格をお持ちの人

問 公益社団法人早島町シルバー
  人材センター
  電話086・480・0335
  ファックス086・480・0337
  メールhayashima@sjc.ne.jp


おかやま出会い・結婚サポートセンター
早島特設会場開設のお知らせ

 このセンターは、岡山県の少子化対策の一環として、結婚を希望する若者を支援する拠点として設置されたもので、インターネットを活用して1対1の出会いの場のサポート等を行っています。
 現在、岡山センター(新岡山ビル4階)、倉敷センター(天満屋倉敷店6階)及び津山センター(アルネ・津山4階津山市地域交流センター内)の3か所が常設されています。このたび、次のとおり早島町で特設会場が開設され、登録・閲覧等ができますので、ぜひこの機会にご利用ください。

開設日時 6月12日(日曜日)
     10時00分〜
会場 早島町中央公民館
受付可能人員 9名
 会員登録がまだの人は、ホームページ「おかやま縁むすびネット マッチング」から入会申込を行い、入会申込受付番号が返信されたら予約ページから来所予約をしてください。

問 おかやま出会い・結婚サポートセンター
  (電話086・236・0802)


求職者支援訓練受講者募集のご案内

 求職者支援訓練とは、雇用保険を受給できない求職者などを対象とした早期就職のための職業訓練です。
 今回、7月〜9月に開講するコースの受講者を順次、募集しています。
【募集科】
 事務・デザイン・介護福祉分野など、様々な分野で募集を行っております。
※開講日、訓練期間(2〜6か月)等は各コースによって異なります。
 詳しくは、「高齢・障害・求職者雇用支援機構岡山支部」のホームページをご覧ください。

【受講料】
原則無料 (テキスト代などは自己負担)
※一定の要件(収入・資産等)を満たす人に対しては、「職業訓練受講給付金(月10万円+交通費(所定の額))」が支給されるケースがあります。
 (所定の手続きが必要となります。)
 受講相談は最寄りのハローワークへ

問 ハローワーク倉敷中央
  (電話086・424・3333)


リトルプレイスはやしま6月のイベント案内

毎月第2土曜はまち歩きの日」
 まち歩き情報誌ALKARE早島との連動企画です!
 いっしょにまちを歩いて散策してみませんか。歩きながらの楽しいお喋りや新しい発見、健康づくりにもいいですよ。どなたでも参加大歓迎です。

参加費  無料
日時   6月11日(土曜日) 10時出発
     ※雨天中止
集合場所 早島中央公民館駐車場

問 リトルプレイスはやしま
  (電話086・486・1551)
イベントの詳しい内容はコチラ←「https://alkare.jp」

 

早島町観光センターイベント・ワークショップ

 6月14日(火曜日)
 受付1.10時〜 2.11時〜
未就園児さん向け「親子で一緒に作ろう!レジンのネクタイピン&イニシャルキーホルダー作り」
参加費 3,000円(材料費込み)
・ネクタイピンかイニシャルキーホルダーのどちらかをお選びください。
・フォトグラファーによる親子ショット、制作風景の写真データ付きです。
 6月18日(土曜日)
 受付10時〜15時
「トルコのモザイクランプ作り」
参加費 7,000円〜 /予約推奨
・トルコ出身の先生が丁寧に指導してくれるので初心者でも安心です。
・約2時間ほどで完成できます。 

 その他のお知らせやイベント、最新情報は、フェイスブック等でご確認ください。

問 早島町観光センター
  (電話086・480・1560)


はやしまふれあい講座 ご参加ください

主催 町民活動支援センター
運営 NPO法人ふれあいネットはやしま
健康講座
6月の講座
「高齢者を元気にする
日時 6月11日(土曜日)14:00~
会場 社会福祉協議会 2階会議室
講師 岡山済生会総合病院
      主任医長 犬飼 道雄 氏
参加費 無料
申込締切 6月9日(木曜日)まで
申込方法
 中央公民館1階「町民活動支援センター」または、ゆるびの舎1階ロビーに申込用紙と応募箱があります。記載の上、投函ください。
※新型コロナウイルス感染防止のため、マスクを着用してご参加ください。
問 町民活動支援センター
      (中央公民館内 電話086・482・3771)
  NPO法人ふれあいネットはやしま・渡邊
           
(電話090・4145・2374)食事、ダメにする食事」


いかしの舎6月
講座・イベント情報のお知らせ
申・問 いかしの舎(電話086・483・1243)

うたごえ喫茶
6月2日(木曜日)13:30〜15:00
6月28日(火曜日)10:00〜11:30
父の日イベント開催
6月17日(金曜日)から19日(日曜日)父の日イベント開催!
 詳しくはいかしの舎までお問い合わせください。
モーニングのご利用ができます
9:00〜10:30まで
いけばな小原流による「みんなの花展」開催
6月4日(土曜日)13:00〜17:00
6月5日(日曜日)10:00〜15:00
母屋1階および2階にて 入場無料
※新型コロナウイルス感染症の拡大状況によっては中止となる場合もあります。


囲碁クラブ例会報告( 4月24日 12人参加)

【成績順位】
1.野口 義太 初段
2.別府 啓介 三段
3.山崎 敏昌 四段
*定例会は毎月第4日曜日開催
*次回は、6月26日(第4日曜日)9:00〜
*場所 中央公民館 会費 600円
どうぞご参加ください。


はやしまアートフェスタ

2022
出品者募集

 町内で芸術文化活動をされている方を対象に広く募集しています。募集要項・出品票は早島中央公民館等で配布しています。
 皆さんのご応募お待ちしています。

日時 7月8日(金曜日)〜7月14日(木曜日)
    10時〜17時(最終日は12時まで)
場所
 山陽文化会館展示館(早島町早島4156)
出品票提出締切▶6月19日(日曜日)15時まで
出品料 1点につき500円(1人3点まで)
問 はやしまアートフェスタ2022実行委員会  澤田(電話090・8719・5599)

 

国際ソロプチミスト岡山さつき
早島小学校新一年生に学用品を寄贈

 4月1日、国際ソロプチミスト岡山さつきの皆さん(小村敬子会長ほか)が早島小学校を訪れ藤本真砂子校長に今年の新入生144名分の自由帳と鉛筆のセットを贈呈しました。
 新一年生の勉強に役立ててもらおうと、会では子どもたちの支援・育成事業の一環として毎年新学期に向けて寄贈しています。
 藤本校長からは「お志大変ありがたく、感謝します。子どもたちも喜んで、一層勉強に励んでくれると思います」とお礼の言葉が伝えられました。


交通安全に役立てて
トマト銀行から交通安全啓発用品が寄贈されました

 4月15日、トマト銀行早島支店の小西達也支店長が町役場を訪れ、横断旗50本と夜光タスキ50本を中川町長に手渡しました。トマト銀行からは、交通事故防止を願い、毎年交通安全用品が寄贈されています。
 町では、横断旗を通学路へ設置するとともに、夜光タスキは、交通安全教室や街頭啓発活動等で配布し、交通事故防止に役立てていきます。


ありがとうございました
企業版ふるさと納税の感謝状贈呈式

 「早島町のまち・ひと・しごと創生推進プロジェクト」に対し、令和3年度に寄附をしていただいた企業4社へ感謝状を贈呈しました。
 4月18日の贈呈式には、株式会社ソーデン社の代表者が列席され、町長から感謝状を手渡しました。
 頂いた寄附金は、早島町ふれあいの森公園整備のために活用させていただきました。

ご寄附をいただいた企業のご紹介
年度 企業名 所在地 寄付額
令和3年度 株式会社ソーデン社 様 岡山県岡山市 100万円
※他3社は非公表


心地よい春風の中で
早島町老人クラブ連合会ペタンク大会開催!!

 4月22日(金曜日)、南グラウンドにてペタンク大会が開催されました。
 各地域の老人クラブから総勢72名が参加し、楽しくプレーをしました。
 良い結果を残せた人、いつも通りの結果を残せなかった人がいますが、他地域の老人クラブと交流を深め、笑顔のあふれる大会となりました。

大会結果
1位 宮崎鶴崎クラブA
2位 舟本恵美須クラブB
3位 長津老人クラブ/
舟本恵美須クラブA

 


早島公園の桜を絵で楽しんで
第48回早島公園さくら写生大会

 毎年恒例の早島公園さくら写生大会が開催され、今年もたくさんの作品が寄せられました。応募作品全110点の中から選ばれた特別賞10点と入選20点が、4月23日から5月8日までゆるびの舎に展示され、春の暖かな雰囲気があふれました。

早島町長賞
上村 侑生(早島小学校 1年)

早島町観光協会長賞
齊藤 拓海(早島中学校 1年)

早島町議会議長賞
小野 明音(早島小学校 6年)

早島町副町長賞
藤原 茉央(早島保育園 年長)

早島幼稚園長賞
江原 大登(早島幼稚園 年長)

審査員特別賞
鶴川 陽菜(早島小学校 4年)

審査員特別賞
林  為子(一般)

 

6月の無料相談

全国一斉特設人権相談 1日(水曜日) 10:00~15:00 ゆるびの舎・2階集会室 町民課 電話086・482・2482
知的障がい者相談 8日(水曜日) 13:00~15:00 栴檀の家 健康福祉課 電話086・482・2483
行政相談 14日(火曜日) 13:00~14:00 オアシス早島 総務課 電話086・482・0611
心配ごと相談・児童相談 14日(火曜日) 13:00~14:00 オアシス早島 健康福祉課 電話086・482・2483
こころの健康相談(要予約) 22日(水曜日) 13:00~14:00 栴檀の家 健康福祉課 電話086・482・2483
権利擁護・成年後見相談(要予約) 22日(水曜日)  14:00~16:00 町役場 健康福祉課 電話086・482・2483
教育相談 随時(平日)   8:30~17:00 ゆるびの舎 学校教育課 電話086・483・2211


太陽光パネル・蓄電池の
共同購入参加者を募集します

 早島町を含む岡山連携中枢都市圏の3市3町で、太陽光発電設備等の更なる普及拡大を図ることを目的とした「太陽光発電設備等共同購入事業」を実施いたします。
 希望者が共同で太陽光発電設備(太陽光パネル・蓄電池)を購入することで、通常よりお得に設置することができます。参加者が多いほどお得に購入できる仕組みです。地球環境に優しい再生可能エネルギーの導入をぜひご検討ください。

対象設置対象建物の所有者
  (個人及び事業者) 
期間令和4年8月31日まで

参加登録・見積りは無料です。
参加登録しても購入の義務はありません。見積りを確認してから購入の判断ができます。
早島町住宅用スマートエネルギー導入促進補助金との併用も可能です。
太陽光パネルの設置容量は、10㎾未満です。

問 岡山みんなのおうちに太陽光事務局
  電話0120・623・100
  (10時〜18時 土日祝を除く)


広報はやしま6月号  令和4年6月1日発行  (通巻1975号)
編集・発行 早島町まちづくり企画課
 〒701-0303 岡山県都窪郡早島町前潟360-1
電話 086-482-0612 ファックス 086-482-3405
E-mail  kikaku@town.hayashima.lg.jp
URL http://www.town.hayashima.lg.jp

 

 

 

お問い合わせ先
早島町 まちづくり企画課
〒701-0303 岡山県都窪郡早島町前潟360-1
電話番号:086-482-0612

お問い合わせはこちらから

外部リンク「電子申請サービス」へ

みなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか。
内容は分かりやすかったですか。
役に立ちましたか。

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。

広報はやしま音声読み上げページ

場面別で探す

  • 手続きナビゲーション
  • 妊娠・出産・子育て
  • 教育・文化
  • 就職・退職
  • 住まい・くらし
  • 結婚・離婚
  • 健康・医療
  • 高齢・介護
  • 障がい・福祉
  • おくやみ
  • その他